「銘じ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 銘じ[動詞]
肝に銘じ  胆に銘じ  自ら肝に銘じ  胆にも銘じ  肺腑に銘じ  心魂にまで銘じ  心に銘じ  中から信心肝に銘じ  此印象を銘じ  胸に銘じ  高氏、きもに銘じ  高氏は、よほどきもに銘じ  もいちど心に銘じ  そちもまた、ようきもに銘じ  ところは、きもに銘じ  どこまできもに銘じ  キモに銘じ  ひろ子のきもに銘じ  生涯胆に銘じ  肺肝に銘じ  ゅう肝に銘じ  特に心に銘じ  随分心に銘じ  我此塔に銘じ  塔に銘じ  金言を銘じ  肝深く銘じ  



前後の言葉をピックアップ
命じ  命じよ  命じれ  メイジ  明示  めいじ  明治  明治維新  明治製菓  明治生命


動詞をランダムでピックアップ
とだえよまとめあげ取って返さ緩も臭え放れる勝れおしのけ生っ翔るとびこも掻きむしっ追い廻し号するやってくんうち続くにげれ逃げのびもちだしまつわっ
形容詞をランダムでピックアップ
いわけな乏しから得難細かくっつらからありがたきやかましかっ清々しかっ甘辛く余儀な頼み少ないまっしろ悪きゃ手っとり早いうさんくさく青う面倒臭残り少なかっ哀しかれ