「まわさ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まわさ[動詞]
手をあげなさいと、見まわさ  巧みにまわさ  監獄へまわさ  社会文化費にまわさ  風に掻きまわさ  敵にまわさ  町を引きまわさ  しろにまわさ  眼をまわさ  弓をひねくりまわさ  攪きまわさ  理論がこねまわさ  山河をしつらえて、引きまわさ  承知して引きまわさ  柵がまわさ  亢奮とをもって読みまわさ  乱雑にひっかきまわさ  手すりからも張りまわさ  四谷署へまわさ  風に吹きまわさ  中を掻きまわさ  お蔭でどのくらい引っかきまわさ  ファシスト的デマゴギーに引きまわさ  講師にまわさ  反省につつきまわさ  出版書肆へまわさ  街を引きまわさ  樽御輿がかつぎまわさ  ウソにいじりまわさ  あとについて、引きずりまわさ  勝手に使いまわさ  芸人に売りまわさ  顔を撫でまわさ  方々へ引張りまわさ  引ッ掻きまわさ  間に、順にまわさ  生垣が、高く大きくゆいまわさ  座敷へまわさ  前を引きまわさ  冷やかにまわさ  手へまわさ  私にまわさ  矢来が結いまわさ  死体をいじりまわさ  警戒網が張りまわさ  それから六月ごろオキナワにまわさ  間で小づきまわさ  目をまわさ  伊賀方面へまわさ  位置も、そっと、見まわさ  まわりを見まわさ  中を引きまわさ  小道へまで引きまわさ  ゃったけにイツモ走り使いに逐いまわさ  五十嵐から小突きまわさ  いちばんひどく引っかきまわさ  北に立てまわさ  前線から後陣へまわさ  学者にいじりまわさ  ますます引っ掻きまわさ  軍法会議にまわさ  南北を引きまわさ  ほうぼう父に引っぱりまわさ  粗相をして叱りまわさ  杯がまわさ  景色ばかりがながめまわさ  静かに見まわさ  車をまわさ  側にまわさ  順々にまわさ  脳味噌を引っ掻きまわさ  ように、掻きまわさ  計算係にまわさ  ほうへまわさ  前にまわさ  前をまわさ  それから機械場へまわさ  金屏風が建てまわさ  風に撫でまわさ  吹きまわしに吹きまわさ  月島署へまわさ  幔幕が引きまわさ  のだが、随分キリキリまわさ  もとにまわさ  空中勤務にまわさ  りりと推しまわさ  建物に張りまわさ  脛で掻きまわさ  それを掻きまわさ  屏風が立てまわさ  なかでしばらく捏ねまわさ  嬰児健康相談所かにまわさ  魔法でひっぱりまわさ  実情に押しまわさ  郡部へまわさ  役にまわさ  少女達に、小突きまわさ  原稿がまわさ  身体検査にひねくりまわさ  木津さんに、またうるさく追いかけまわさ  ときはあんまり引っぱりまわさ  落葉がひっかきまわさ  古木をまわさ  縦横無尽にひっぱりまわさ  中へもちまわさ  縦横無尽に張りまわさ  差しこんでまわさ  ろぼうにひっかきまわさ  防備にまわさ  投り込まれ、掴みまわさ  棲家を引っ掻きまわさ  こッちの女中にまわさ  地獄まで引きずりまわさ  顔をなでまわさ  下にまわさ  ポスターが貼りまわさ  その男につれまわさ  迷路に引きまわさ  船がぐるぐるまわさ  次から次へとまわさ  縦横無尽に引張りまわさ  方へまわさ  これ以上引きまわさ  把手をまわさ  範囲で引きまわさ  語学にひっぱりまわさ  金に引きずりまわさ  胸倉を取って小突きまわさ  手あたり次第引っ掻きまわさ  あたりが見まわさ  手から手へまわさ  あべこべにまわさ  月賦にまわさ  四と引きまわさ  手によってまわさ  



前後の言葉をピックアップ
マローン  舞わ  まわ  間脇  マワキ  廻さ  回さ  まわし  廻し  回し


動詞をランダムでピックアップ
寄すがからみつか言い淀み逆らえ目ざすうべなっ諒せよ切り替え学び取り指し示し掃き釣上げれ聞及ん変わるおしつぶそせつく打ち切ら取り組ま強がるせき立てよ
形容詞をランダムでピックアップ
にがうまずくっ乏い忌わしけれねむたく情な深かっいとしかっかがやかし詳しくこきゃなまぐさ良し狡く清けれやわうあしい荒けれやりきれなく