「野」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
野にたてば  野は野のかぎりめくるめく  野に咲いてゐても  野のほがら  野や水を眺めて  野や街や雲かげのうつりゆくを  野の花のように見え  野に迷ひ  野や路を照したので  野を歩き  野が長い長い汽車を走らせる  野を歩いたりした  野の汽鑵車がさかさまで走る  野の百合のよそほひを見よ  野をよこぎ  野をもどる  野を歩く  野を捨て  野を暗うして  野に悲しき聲す  野の一本道を辿っている  野やただしは君の清浄な書斎で本を読む  野に遊び  野に遊び山に遊ぶ  野に山にいつ  野のどこへでも好き放題に流れて行け  野の羊へ野をひそひそとあゆんでゆく  野をかける  野をたどる  野や丘にはひあるく  野のはてにひとりつぶやく  野の鳥のやうに一生を終りたい  野の中を作曲しながら駆けめぐる  野に菫を摘ましめ  野にくらすなど  野のなかにかがやきて  野には忽ち人馬の馳せかう  野に山に海浜に彷徨する  野にひそんでいる  野は焼けず  野に茅花花のかげかは  野に響く  野に咲く  野へ立ち  野に生ひて  野に私は只一羽の荒鷲となつてゐつ  野に転び  野に行き  野にも山にも漲  野づら一面を見渡される  野にも山にもみなぎらし  野っぱらで遊んでいました  野たれ死をするだろうと考える  野たれ死ぬなら  野をとびまわっている  野を往き  野の果に翻つては飛んで行く  野にいた  野にも川にも螢が夥しく居りまして  野の百合のいかにして育つかを見よ  野の草をさえ  野におきて  野にあって  野のからすが  野となくほとんど一年の歳月を逍遙に暮らした  野を散歩す  野に出ず  野に出て見ると  野の花を捧げようと考えて  野からは陽炎が立ち  野の花で絨毯を織っている  野の花がある  野の花は影法師に蔽われて  野に伏し  野ぶし・山ぶしにあるらしい  野ぶし・山ぶしに  野となれ  野の百合と比べました  野に立てば  野の心持ちもわかり  野にいる  野に山にまた海に自然の膚と気息とにたえ  野倒れている  野に出ました  野に妙にまどろみつつ  野に麦刈る  野とも覚束なき間より洩れ  野をうずめ  野ばかまの高股だち  野に働く  野とをこめて吹きすさんだ  野や山に裸で踊れるじゃないの  野に棲む  野の草花のように咲きそろっていた  野たれ死をしても  野に下って  野の方から来る  野の雑草の種族が絶えるまでは  野へ出て行った  野に樹てり  野に桜ばな暗夜に白くぼけてあり  野に降りし  野に風雲の起った  野に通じてゐます  野に出てゐる  野を過ぎ  野に出でぬ  野からより他に私には生れぬ  野や山や谷や川や海には始終出  野に満ち溢れて  野があって  野も林も路もすべての物が青む  野を横切って動く  野になつてゐますが  野に飛ぶ  野を守る  野に煩悶し  野に寝た  野の虫夜になると  野の虫さへも暗いのはきらひ  野に寝る  野の予言者を排斥してはならない  野を開き  野といわず  野となりけも  野も山も冬はさびしと思ひけり  野越え山越え悲しい旅路泣いても泣いても  野を吹く  野に臥し  野だは必ず行くに  野だを待ち合せて  野だに聞くと  野だは絶景でげすと云ってる  野だに云うと  野だが云うと  野だが油絵にでもかいて  野だがひやかす  野だは驚ろいて見ている  野だがまた生意気を云うと  野だはすぐ賛成しやがる  野だは一生懸命に釣っていたが  野だに話している  野だが答えている  野だは一生懸命に肥料を釣っている  野だの語を聴いた  野だは何のためかバッタと云う  野だの癖に入らぬ  野だが云う  野だが振り返った  野だの頭の上へまともに浴びせ掛けてやった  野だはにやにやと笑った  野だが人間並の事を云った  野だは赤シャツと同じような事を云う  野だが大人しくなったなと気が付いて  野だが居ないんで  野だを呼んだ  野だは大いにたたく  野だよりむずかしい事を云う  野だが出て来る  野だだけは面白そうに笑っていた  野だの干瓢づらを射貫いた  野だは突然真面目な顔をして  野だが並んでる  野だは時々山嵐に話しかけるが  野だが突然起立したには  野だの癖に意見を述べるなんて  野だの云う  野だが山嵐を見て  野だが平気な顔をして  野だがつけた  野だみた  野だだなと気がついた  野だ公と一杯飲んでると見える  野だを撲ってやらないかと  野だ公は恭しく校長の前へ出て  野だの膝を叩いたら  野だはこの上まだ踴る気でいる  野だがすでに紀伊の国を済まして  野だが箒を振り  野だの頭をぽかりと喰わしてやった  野だが出て来て  野だは狼狽の気味で逃げ出そうという  野だは隙を見ては逃げ出そうとするから  野だの面へ擲きつけた  野だはよっぽど仰天した  野だが尻持を突いた  野だは顔中黄色になった  野だを散々に擲き据えた  野だも訴えなかったなあ  野の狭うとがりて  野を見下せば  野へ出ては  野はらのまんなかの祭のある  野の端から起こった  野の寒さをこの三年間身にしみて感じてゐるせゐもある  野や田園の風物を捉えられた  野はらはへんにさびしくなり  野はらには小さく切つた影法師がばら播きですね  野はらには小さく切った  野の石に凭れての  野にさらす  野に出た  野に出ても  野に潜む  野についてみると  野に戦っていると聞きます  野に下り  野を這って  野をゆるがした  野に近づくと  野に横たわっている  野に居る  野に行暮れて  野を抜けて帰らる  野が落ちて  野へござつて私が処へ休まし  野にありといふ  野にも来りしなれ  野の如き  野や潁川地方にあって  野を埋め  野を圧した  野に放つた  野に隠れている  野を払って  野を縫ってゆく  野へ放した  野を歩いて  野にかくれたばかりだが  野を流れていた  野からまづ搬び出した  野を越え  野を大声に歌いながらあるきまわって  野に立てられ  野に放った  野を進み  野をこえて  野には冬の夜なぞによくものの声がするという  野の末から野の末へ風にのって響く  野曝しにした  野へ放つも  野に遺賢なしということばがありますが  野を捲いてきた  野に大布陣をしいた  野に真人あり  野に流れ住む  野へ追いやって  野をひとりさまよってゆく  野の霧くだる  野のひとつ家傘ふかうさして君ゆくを  野がへりの  野ゆく君花に聴かずや  野から見出した  野をふりかえると  野は撩乱の花と丈長き草におおわれていた  野に満ち  野に満つる敵の中へ馳駆して行った  野の窪坑におち転んでいた  野へ散って  野へ展がった  野に虎を放つ  野死ぬことばかり考えている  野に山にはるやま見れば  野あそびに出る  野のかなたの果にある  野の上にあった  野へ出て  野の中をあちらこちらとあさっていたが  野の闇の中を轟々として走  野も山も総て全く眠りから覚めてはゐない  野は野に続き  野づらや海も茫として色彩を失っていた  野の緑が射とめられていた  野の果に沈んで行く  野の草葉に至るまで  野や山に遊ぶが  野に咲きたる  野の上を掠め  野の上を一面に黄色く輝かした  野があった  野の仕事に忙しい人達の労働の後の身体を纒う着物を仕立てる  野に出る  野の上を渡って来て  野のはてまでも見渡せた  野や小屋に火をはなって  野へ降りて  野をよぎり  野に労するのみにて  野に蝶を追う  野を蹴って  野のおき  野のおきな  野に喚きあい  野をおおい  野に退けられて  野を隔てた  野にひるがえる  野に生ず  野の木木はみがまへする曲りくねつた  野にあつて裸の立木ああ而もなほ天をさす  野のやうに明るく子どもは雲雀のやうに囀りはじめた  野に出たり  野に死屍をさらし  野に隠れたる  野をとおして  野においでになり  野に放逐され  野に出るも  野たれ死んでも構わないし  野に呼吸しなければならなくな  野があらはれて来た  野に住んだ  野にかくれれば  野の花あり  野を行き  野の花のようなその情趣や感傷の純粋さは認めない  野の総攻撃でめちゃくちゃに遣られた  野へ出れば  野に鳴りわたったが  野の上に鮮やかな階級性の問題を押し出して来ていた  野は黄昏に入りかけていた  野に彳む乞食の如く自然の支配に身を任せなければならない  野と衢とは人と人との住む  野の上に流れてゐた  野の中に名も知れぬ  野の中へ拡り出した  野の中から寒駅の柱をそよそよとかすめてゐた  野に出でて叫ぶ  野と海と人の心との奧に流れてゐる  野に立つ  野にさして  野と密林の間を一日一日と遠くへ走っている  野を自由にあるいていた  野には小石がないのだともいっておりました  野に来て立った  野の雪いまだ暮れやらず  野にぞながし  野にありて  野に拡がっている  野の上に山の影が次第に拡ってゆく  野を越えてやって来た  野の獅子の死にも似たり  野に追放されし思ひして  野っ原を歩いて  野べの秋風身に沁みて  野に出ておじゃれよ  野を走り  野には稲の一番草を除っている  野懸けの装束のままで飛び込んで  野を埋めてゐた  野の中へでもみんな固まって聴く  野つ鳥雉子は專ら砂浴びてゐる  野つ鳥雉の小舍の前にして  野の末に黒雲がかかると  野を丘を走らせたから  野を横ぎって来る  野の上でも牧場の上でも見られたであろう  野のはくちょうのむれが  野となり  野に華の開けるが如し  野に吼ゆるや  野の秦皮樹の赤銅いろの  野にこの問題を語りかけなかった  野の末へ走っている  野の家々には燭力の弱い電灯がつき  野の町へ入りこんできた  野からも山からも来ない  野の中を歩いて  野の中に自然に生えて  野も山も美しく薄紅葉して居る  野に生ふる  野も眇として諏訪の湖の水と成る  野たれ死するが  野の百合は如何にして育つかを思え  野にさらすに  野に逼る黒きものの裏に吸い取られてか  野にありとあらゆる蒲公英をむしって  野を走り尽せば  野や森は一面に青々して  野を一ツ越して行くの  野のあさぢ色づきにける  野と山とがあるばかりだ  野も樹木も人家も走つて行く  野の中に出た  野のみ草刈り葺きやどれりし  野に焼き込められねばならなかつた  野の方へと憧れて  野の中の池のすみに浮き上がって死んでいました  野をも人間の力で平げ尽したる  野は雲低く迷ひて  野にも山にも恐ろしき自然の力あふれ  野を突過してゆく  野を横ぎって行く  野にいでて  野の中に地下へ行く  野の花になって咲いている  野の色を見ては  野の鳥山の鳥野の朝山の夕間暮小鳥を覗ふ  野に出でて踏み  野には青麦が一面によろ  野の花に調和し  野にも山にも満ち  野にすてた  野の仕事も今日一渡り極りをつけねばならぬ  野へ出る  野へゆけと言いつけた  野へ出た  野に踊る  野を照らしていた  野に寝  野に聞くべき  野に鳴く  野にもとむるに及ばず  野にも来たって  野ばくちが  野の草をふみ歩きながら  野に叫ぶ  野に呼ばわる  野に声なしの歎を感ずる  野から見る  野から姨捨を眺めるので  野の辺りにある  野の白鳥になった  野のはくちょうにかえてしまいたいとおもいました  野のはくちょうがさあッとまいおりました  野はらに放牧の群を真夏の季節になつてほかの牧にうつす  野はさびしくも掃き  野に響いた  野はおだやかに畝って居る  野に爛漫と咲き乱れていた  野はおだやかに畝つて居る  野の牧場も所有している  野を潤した  野の花に紅き否むおもむきあるかな春罪もつ  野にふさふ  野の春かぜに髪けづる朝絵日傘をかなたの岸の草になげわたる  野の梅をらば足りぬべし  野にわが袖ひきぬ  野しめし白百合の花友は二十ふたつこしたる  野の色よ夢のただちの紫の虹やれ  野をば勿焼き  野の魍魎を避ける  野のうへに時明してさ迷ひあるき  野はいま一色に物悲しくも蒼褪めし  野に咲き満た  野の悲みとを歌つてみたいと思つて試みた  野の中に在った  野の上に煙っていた  野に霞たなびき  野に董摘ま  野をなつかしみ  野に遊びながら  野にまきぬ  野は菫の野となりぬ  野と変わりぬ  野のある  野の沼や水面にいつも淋しそうにしているかれは  野に嘯くが如くなりき  野に行く  野に出ようとする  野に向つて行くかれのさびしい姿を人々は見送つた  野を越し  野の草を宿としてゐて  野はらの方から何とも云え  野とも畠とも片のつかない  野たれ死んで  野の涯に来て  野の涯に來て自ら死ぬ  野に出で  野とならばう  野を頭に浮べたり  野の果に青く布を敷いた  野に野盜がゐて  野から山へと青嵐をわけて歩いて行く  野にも山にもさしわたつて  野の花に眼をつけたり  野をトボトボと丘の方へと遠く動いて  野に落ちて  野たれ死をして  野を越して  野づらで歌ふ  野には一面に枯れほうけた  野に昔から茂つてゐた  野の落栗の味のよろしさこの枯野猪も出でぬか  野に飛んでいる  野は緑に包まれ  野に入って  野の色につやつやした  野に照る  野の面にふれよ走る  野へ放つ  野や山へ出かけて行き  野におけるジャンヌ・ダルクのごとく意気沖天の概があった  野の花を集めて  野という七つの禿とに囲まれながら  野とを連れて  野も調べられたが  野に迷ひ出でたは  野も里もなべてに霜の置き布けば  野の道に腰をおろして  野となって  野の明るい所を選んで  野を越えて  野の一筋道を悠々と行く  野の夕暮を思出す  野に出たが  野の上に淀んでいた  野に出るかと思うと  野を取りかこんでいる  野の中に見え出してくる  野に住む  野の草花で柱を埋めた  野と町と官省のなかひとびとのおもかげや声あり  野に開く  野へ出ていた  野の花を踏みながら  野の沢がひろく見渡された  野の沢から般若坂へぬけてゆく  野にころがる  野を掩った  野にある  野の石ころを蹴って行く  野を歩みだした  野を焼く  野の四方へ投げた  野の花を提げて  野に散歩に出た  野を焼いたりする  野の中を見続けた  野に伏すとも  野におけ  野へ捨てて来よう  野は虫の音に更けてゆく  野をさまよっていたが  野は灰色に曇っている  野を歩いていた  野へ歩み去った  野はらや町を歩かれた  野べの夕雲雀揚るを見ても落つる  野に埋れている  野の広さと等しい空を見あげて  野に露を持つ  野へはいった  野を見廻していた  野へ出ます  野の鳥の誇る  野に伏して  野にくだり  野の戲れをしのぶ  野と聞き  野もせに靡く  野を踏みて  野にくゆる  野に浮き上り  野は光り輝いている  野の匂いを誘ってくる  野を埋めていた  野はらはまだらな磁製の雪と黝ぶり滑べる  野でつんで来た  野の白鳥のさけび  野を越えて来た  野のそばに興福寺の伽藍があり  野に集まっていたが  野の芝地を見まわして  野の花の美しさを忘れました  野と山とを多年憧憬して居た  野寂びつくす  野づらに落ちまする  野やいかほの  野はさらに酷熱のいろ  野に高き軌道を照らす  野は紅く人死ぬ  野は花咲きて  野も近み  野に白鶴の廻飛を望んで  野づらをわたる  野たれ死にしようと  野の草はおろかや牧場は端より端にいたるまで  野との景色が間断なく変化して  野を歩み  野や林や永久の夢に入りたら  野に立てばと書いてある  野に出るという  野は麦の新芽で青々となってくる  野の中に縦横に通ぜる  野に現われ  野とがかくもよく入り乱れて  野が開ける  野は風が強く吹く  野が見える  野を横切り  野も林も白紗につつまれ  野に山に流れ  野べの行き倒れ犬か鴉の餌食なりけりといふ歌を思ひ出した  野に立って  野が続いて  野を走る  野に山にじりじりと押し進められる  野の草花であつても一銭饅頭であつてもい  野を歩いてゐたら  野の草といつしよに  野べから青草を貰つてきて活ける  野の貴公子といつた  野の花を活けた  野の花をさがしあるく  野は山はもう秋のよそほひをつけるに  野を歩いて持つて  野へうごく  野の小鳥までもならした  野に追い出されてからは  野に成長して  野にさまよひ来れば  野に陽炎の立つ  野にたんぽぽが咲いて  野で殺そうが  野の彼処に声を落し  野へ行く  野に放牧されている  野へでも焼け抜けてしまわない  野の畑へと流れ行く  野の花夥しく咲くと聞く  野しゆん  野に出て  野に行った  野の中に立って居る  野に分れて斬る  野を呼びよせて  野広いところで遠くの方から見ていると  野の花もおわそうに  野に放  野と書きこまれている  野の風を胸に入れて  野にはいっての  野の中に身を没してしまうと  野に低く雲がおりて  野のはてを見入っていた  野を横切れと命じていた  野を暗くした  野と交わる  野につづいている  野に噴きだした  野に吸われつつあった  野はそこで切れて  野の草や木をちりちりと慄ませていた  野にあがれば  野にさまよう  野を見やる  野のうえにのぼって行く  野の底にある  野になっている  野の狐がまよいだしていた  野のなかで行われる  野や山に伏して  野の遺賢は貢士として集められ  野を燬けつく  野の草をなぎ倒す  野の上にならぶ  野は白い煙のなかに沈んでいた  野と同じように歩いた  野の低み低みが青ざめて来た  野の低みに溜る  野のなかに流れ溜って  野のなかに春の出水が青く光った  野といふ女郎をあげてあそびけるが  野の花に目のさめる  野を出でて  野づらを吹く  野や山と同じに自然に確つかりと  野に生きた  野にい  野に花を咲かせてみよ  野の花だのと申した  野に充ちているといって  野にも山にも鳥のうたう  野まで乘ることに定めた  野へ着いた  野ではすこしユツクリした  野にあったので  野をひろげる  野がしだいに山から遠のいて  野に在るとを  野に在るの  野に生きるまでも逃げ出したくなるだろう  野たれ死にするか  野に満つる虫を何と聴く  野に住みた  野の汽車に読みし  野の汽車うす紅く雪に流れて  野に来て読む  野の路十月の朝の空気にあたらしく息吸ひそめし  野に放ちである  野にぞ沁む  野に起って  野の石仏でも拝む  野も見えず  野も谿も霧の海につつまれてし  野の町に歌ひめとなるならはし  野にがんが乱れて立った  野に出征して  野や川すじや散  野広く生きていられる  野にもみちていた  野に放つ  野や木立へかけて  野の生き物みたいに裏の疎林のうちへ消えて行った  野から村に入ったらしい  野の草の上にあった  野で聞く  野には秋風が渡った  野に降りしきる  野あそびに来て  野の上にひろがっていきました  野に行きして  野に金光赫々として輝く  野に越した  野を追われた  野わきして  野べにして  野は青く野は青くして  野も暮れぬ  野にして  野に迷ふ  野の胡蝶は花に醉ひしのみ  野にも風吹きて  野べに遺さずして  野にとりて  野に入相の露罩めてはつかに暮れし  野べに嘯く  野をかけて  野に燒いて  野とはなりにけり  野に天をかざれる  野べの秋は不知のれる  野の花の夢にや月を迎ふら  野にも桜は咲いてゐるので  野の末の遠い山の蔭へ落ちかけた  野のながめ  野の末は次第に空と溶け合い  野の草をして  野に出て来るであろう  野の野伏すらみな知っている  野に充つる  野にみだしていたが  野も畑も一せいに叩きつける  野を見つけて  野が世に知られ  野や路ばたに生えている  野には夕日がおちていました  野の間をぬけたり  野に自然の花が咲き  野は広袤として薄霧の中に稲むらの姿を点々と浮べてゐるのみで  野も緑と黄と赤とで美しくいろどられた  野をいろどった  野から村にはいったり  野に出たりした  野が見えた  野を散歩した  野に通じて  野に向かっていた  野に出ようとすると  野の末にあらわして来る  野は日に輝いて  野を歩いた  野の空がそれとのぞかれた  野には薄の白い穂が風になびいた  野の黄いろく熟した  野は秋ようやく逝かんとして  野の楢林から雨滴れが  野からは刈り  野に霜結んで  野には寒い寒い西風が吹き立った  野に菫が咲く  野に聞こえる  野に出ると  野に歌われたり  野の道に音を立てて通った  野に静かに幼な児を伴侶としている  野から採って来て  野を絵はがきにして  野の角に背を後ろに日和ぼっこをして  野の暖かい日影がさしとおった  野に出かけた  野を描いた  野はだんだん暖かくなって  野からとって来て  野から畠から町から鋤犁を捨て  野に最後の苦痛をあじわって  野にとうご草がある  野の菊は妾の愛する  野まで行って  野に遠ざかり居り  野を過ぎて行く  野からとった  野に向かって注がれた  野に横たわる  野に咲いた  野を見渡した  野の夕日を眺め  野には明るい日が照り  野駈けに出て  野駈けを途中から引返した  野に放てば行く  野でも山でも叫び廻り度い  野や淋しい山道を通る  野の曇り  野は枯れ  野べにほほえむ  野の少女が朱の頬を火照らしながら  野を見た  野の戦の始まる  野の戦いが進行して行った  野の上近くさまよって  野はらもはやしもぽしやぽしやしたり  野はらのはてはシベリヤの天末土耳古玉製玲瓏のつぎ目も光り  野の緑青の縞のなかであさの練兵をやつてゐる  野はらは黒ぶだ  野はらや牧場の標本がいかにも確かに継起するといふ  野はらの雪に日が照つてゐるのでせうか  野やまを越えて  野はらのひわれも  野はら一ぱいあっちもこっちも空気に孔があいた  野はらにはたんぽぽやれんげさうやじゅうたんをしいた  野でたちまち巨大な火勢となった  野へ放してやれ  野や冬山に充ち充ちても  野も山も森も湿っぽくい草は露にぬれる  野は風に吹きまくられて乾いた  野の上を暖かそうに照らす  野にせよ  野の聲らしい叫びを持つてゐます  野で野晒となるかもしれん  野も海辺も埋めつくしていた  野を掃いている  野の福祉を祈りつ  野にたつ  野を花ぞのとし  野の土にこぼれて  野を駈け出し  野に放って  野でも山でも構わない  野をあるくと  野たれ死だけまぬかれる  野にくだった  野にかぎろひのたつ  野の子供みたいな野蛮性を発揮したと書いている  野に転戦してからも  野にわたる一円の火となっていた  野には物売り市が立つなど  野にさらすなど  野につつむ  野にさらしてしまった  野の風はお雪を楽しませはしたが  野を燎く  野にはいろんな花がさいています  野を見渡している  野も山も見渡す  野が開いて居るという  野を渉り憩ひなき  野に伏兵ありとでも思う  野となんぬ  野をさまよひぬ  野の花白い齒葉山の海おもひで話白いお手風と月あがり  野の花つくしんば  野を清めてしまった  野の春色を豊かにしている  野に充ちている  野の草を野菜として摘んでいた  野の草が稚子を名付親にしていた  野の鳥の徒らに饒舌でなかったことを考えざるを得ない  野の鳥の昔話を聴いたのみならず  野を飛びまわる  野で遊んでいる  野に行かば  野から又野へ響く  野の花をあみこんだ  野に喉絞め  野の畑いくつ湿る  野のすゑに獣らわらひ  野をあげて  野に何時かありけむ  野の森陰の小屋に日当たりのいい縁側なりヴェランダがあって  野か山かへ放ってしまってやろと思っとり  野や山に放られたら困るさかい  野を走りつづけ  野のけしきが浮んで来た  野べ送りする  野の向こうに昇って  野の神などと並んで  野は雷電峠のふもとのほうへ爪先上がりに広がって  野のここかしこにむら立つ  野となく林となくかけてゆきました  野の中を歩いた  野に没していった  野の中に孤立してる  野には牝牛が鳴いていた  野の中にいる  野を覆いながら  野を横切ったりして  野の中へ逃げ出した  野の百合に比べ  野に立ってる  野を横切って  野に戦死してしまった  野の中に立止った  野の匂いの沁みた  野を横ぎって進んでいった  野の中には他にだれもいなかった  野を歩いてる  野に日ならず  野に吹く  野が果てしなく拡がっている  野にツナギという恐ろしいアブが雲のように出て  野に出れば  野や山を歩いた  野に適はしい  野の上に流れる  野に丘に海に加わって行く  野くれ行ったれば  野はらの草はだんだん荒くだんだん鋭くなりました  野の景色が次第に見えなくなっていった  野が見えていた  野の静寂を求めて  野へ踏み出す  野を散歩してるだろうと思うと  野を通って  野にねたり  野の道を辿りながら  野の美しい景色をながめながら  野へとんぼを取りに行った  野を耕す  野の方から駈を追うて  野にさき  野はらをひろく平らにうずめた  野はらにぶつかる  野の長い道の中で此追憶の来る  野の微風に髪のほつれをなびかせて  野に出て見た  野の石に捨てられて  野に捨てられた  野に呼ぶ  野に下らんとしたるに際し  野はもつて  野を行く  野はくらめり  野べの送りをしたので  野べの送りさせてしんぜようと  野だいこ  野づらや海のいきれが  野の休らい  野の景色が彼をひきつけた  野の面を駆けっていった  野の景色がたいへんいいとか言われると  野の中で過ごした  野には雲雀が歌っていた  野の沈黙のうちにゆるやかに鳴っている  野の上に漂っていた  野の中のすべては眠っていた  野には散りのこった  野の上を渡ってくる  野は菜の花が咲き  野の幻がつきまとっている  野の草がさながら炎のように揺れて  野も山もちっとこことは違う  野の住民を殺戮するだろう  野の果に出た  野の花の咲くが如く  野の鳥を見よ  野にさまよっている  野と林を暖かい色に染めた  野と林の色がしだいに変って来る  野や山の仕事の外は何でもお住に押しつけ  野に出て遊んでいる  野を歩いている  野の鳥はその中へ来て  野や山や河や海や森林に投げています  野から山へと冬は去り  野へと春は来る  野にも山にも一面にサーッと流れました  野を覆うていた  野の中で作曲し  野の薄月夜雲雀の声は中空にして  野や山の緑色に魅せられてゐたが  野の花は雨風にもよく堪える  野つぱらを飛び  野の草や花のように香りのいい  野には霧がかけた  野の向うに町のいらかがきらきらと春の日光を受けてかがやいている  野は三里というが  野の中を歩いていると  野つ鳥雉はとよみ  野つ鳥雉はとよむ  野を知らず  野に流れておりました  野だわ言を申さず  野を走らせて来たという  野も青土佐のはつ霞一はけ引くや  野や空を映しながら  野に人たぶらかす  野づかさが縦に列んでいる  野の中で大きな顔に笑われる  野の草葉はもう霜枯れていた  野の間を歩いた  野の中に見られた  野に憧れて  野ずらに陽炎が緑にけぶる  野の涯に見る  野からこの部屋に移されて  野に連れ出し  野に占選され  野に落ちちらばった  野に遊んでから  野の明るさの中では一際まばゆいような眼鼻立を見せていて  野で見る  野に遊ぶ  野の美しさを永い間忘れてい申した  野の清い広さにしみ入って眺めた  野の風色はゆめにも見た  野ではじめて対面した  野の遊びのひと時はしずかに去って行った  野に果物野菜が出来始める  野となれという  野の土くれの  野を巻いている  野の方へ行く  野の方へ歩いて行く  野の方へやって来た  野の方へ宿の方へ駈け出した  野に立った  野の方へ目差して進んだ  野を行こう  野へ現われ  野へ遁れ出た  野に幻の破片きらめけり  野にいかめしく設けられた  野にあっても  野は幸いなるかな  野の花のような趣はあった  野のうらわか草に親しみていとおほどかに  野と云へばかこたれぬ  野のそらにひとりまどろむ  野の宮へおはいりになる  野に置いて来るだけの  野の宮へいよいよおはいりになると  野の宮から六条の邸へそっと帰って行っている  野の宮といえば  野の宮へ訪問する  野の宮のほうから流れて来る  野の宮は簡単な小柴垣を大垣にして連ねた  野をながめていては  野の宮の別れがこのころであったと思い出して  野の宮の曙の別れの身にしんだことなども皆お話しした  野に残った  野の錦の翻る  野の宮に行って  野のながめを  野には心もとまらず  野の美観がこのために軽蔑されてしまい  野の景色を見ては  野を見ると  野の行幸にお供申し上げた  野の露にやつるる藤袴哀れはかけよか  野に煌めく  野が開けていた  野の中を歩き回り  野の上を飛ぶ  野を散歩しながら  野べの桜し  野のように乱れた  野の松原とかいう所では思う  野のながめも  野の草の繁みは分けしか  野にあいた  野べをうしとや亡き人の秋に心をとどめざりけん  野のだれのでもない藤袴はこの人が通れば  野を織出した  野の草花の咲き乱れた  野の景色も平気でながめておられぬ  野べのけしきもしの  野つぱらをたつた一匹で歩いて行く  野の草を苅る  野の草は皆がら哀れとぞ思ふ  野べにまじるとも  野の露分け来たる  野べの若菜も今よりは君がためにぞ年もつむべき  野越え山越えのつらきを覚えし  野に取りに出て  野に山に漲らして居た  野をこえると  野をこえ  野で啼く  野の人に訊ねた  野に突禿として擡げ出された  野で猟れた  野に土を掘り穿ち  野に莪蒿摘みて煮る  野をあちらこちらと彷徨った  野へ出すも  野になくてかなわぬ  野たれ死にをしてしまった  野の政治家もまた今よりは芸術的好尚を持っていた  野へ放たれたごとく  野たれ死にするまでも  野の芒しか見えやしない  野に亙って  野にふくまれているより  野のでき  野へ来る  野を焼かば  野に入った  野に子供と共に旗ふり遊ぶ  野越え山越え村越えて  野に生きている  野では雉子もケンケンと叫び  野など言ふ  野に出でて  野の紫や春のひと酔ひてしばしの夢まどろま  野の路君とわかれて  野に髪すきぬ伽藍すぎ宮をとほりて  野たれ死ぬ  野の中の道を歩く  野はらと沼ばかりで住む  野の生物の中に蛇もつとも狡猾し  野をはるに  野は澱めどもかの  野はさらに雲の影して  野の方を見た  野の匂い  野の果てに頂をちょんぼり  野に鳥を追い  野も山も息吹まどはす  野を慕ひ思ひ乱れて  野こそうれしけれひとりさみしき吾耳は吹く  野のけしき都のかたをながむれば  野にむせぶ  野の鳥ぞ啼く  野にあゆみ  野の色につきせぬ  野に住めり  野に隠れ  野に湧ける  野に行けば  野はさびしくも変りけりかな  野のけしき生きてかへらぬ  野や雲や林間に昔の私の恋人を歩まする  野の彼方を信ぜしめよ  野のへんに独り歩きをしてゐる  野の方へと行ってしまった  野に葛ひく  野へ出たり  野の蜜蜂を常食にしていたという  野の花に紅き否む  野の末の処へ入ります  野へ摘草に行くは  野をへだてて  野を謡ひながら  野の風に吹かれた  野の黄色い草に置く  野の方に向かい  野を横ぎり家路へと急ぎぬ  野に在つた人々の歓喜した  野に囲む  野に葉落ち枝折れたる  野のひろびろさに秋草の匂ひをかぎて  野をおぼえてゐたら  野というよりも  野に食物をあさりもした  野にもいろ  野の川で水浴した  野っぱの真中で徐行し始めた  野を展望した  野にはいろんな花が咲き  野にまっ白な道路が真一文字に開かれて  野の果てに冬の彩を続けている  野を吹き荒れてくる  野にあった  野に去る  野を行くがごとき  野に下っても  野を横切らなければなりませんでした  野の中の古い寺院に引返して  野と云はず山と云はずどこと言ふ  野に雁の音はるばる沈みて行けば  野に起った  野に魂が動いて  野があるだらう  野へ向けて  野に出でて見よ  野のなかの村草の穗にとまりて啼くよ  野や濱や山の上から見た  野になつて居り  野は鮮かな代赭色に染つてゐます  野の持つ  野あり大海がある  野たれ死にするよりゃ  野までかけずりまわって  野に悲しんで  野づらが果てしもなく遠く見渡された  野にも山にも桜をかざして群れ遊ぶ  野干とな  野干の生んだ  野を突切つて観音寺へ行つて見ると  野の道はらからが小唱になりし  野より今うまれける  野はくれせまる  野ゆく山ゆく  野の童に似たる  野の牛も來りぬよりぬ何を語ら  野の更けに  野は更けにけり  野べごとに来て見れば  野もせの  野に遠く手に劇藥の鞄をさげて  野の女よと指弾きせ  野をも山をも棄て  野を蔽へる  野べに立つ  野を帰って来た  野の間をぬけて  野が広がっている  野に出ていた  野の末にかすんでいる  野のどこかにさびしく暮してゐる  野も一面に白い布をのべた  野の花草とについてこれ以上おしゃべりをして  野の枯草に一霜おりる  野では花を踏みにじつてゐるといふ  野に居た  野も人里も深い雪をかむって  野の宴会の見物に出掛ける  野の農夫の鋤の刃に光る  野がある  野と山を越して行けば  野そだちの鳥もお祝をいいに来た  野に生えた  野を見てゐます  野を見る  野に行きませんか  野の幸福を求める  野があるでせうか  野があるに  野につながれた  野をたづねる  野を歩き出した  野の恐怖におそはれた  野に近くおちた  野がみつからずに  野を見出す  野に緑の野を求めるみたされない  野に立っている  野を越えて吹いてくる  野となれとは  野となれと  野に還し  野に来  野をつんざいて  野へも出  野の露と消えん  野に来た  野たれ死にしたら  野を統制ある  野から仰ぐ  野のなかの路は氷りて行き  野をまつし  野広い海辺の緑の沙地が展開して来た  野や山に出て  野づらを渡り来て  野づらに散りぬ  野に来れば  野と畑との緑を分け  野っぱらを散歩して  野を行きぬけると  野の鳥も住み隠れました  野に出て働いている  野も暗い灰色に包まれ  野も山も雪のために埋もれて行ったかを話したいと思う  野もありや  野づらの涯しなくつづく  野にはいろいろの花が咲いているではありませんか  野の中に一夜を明かした  野をわたって  野の獣にも生殖を営むべき  野づらへ押し出された  野に丘に満ち  野の草花を採り集めて造る  野は秋のよろこびに満ち充ちてゐました  野を辷つて  野を愛し  野に近い町はその頃自分が度々彷徨い歩いた  野の空気にひたっていた  野の道を街の方へ帰って来た  野に充てよ  野に働いていた  野に送る  野の道を金沢の方へ出て行く  野は一面に暗黒色に充たされ  野に立ってひる  野の花の香を踏んで行く  野の蜜蜂と明るい熱い空気とに身の周囲を取り巻かれている  野の花が濁った  野に追放してから  野の花を投げ捨てて  野をうろついて  野に逍遥し  野と言わず  野を照らし  野に沢山生えていて  野にイチハツが野生している  野のようだとつくづくそう思う  野に在る  野にあるが  野や山より移して  野に置け  野でこれを楽しむ  野といえば  野にすみれ摘みにと来し  野に山にわれらの周囲に咲き誇る  野っぱらの真中できいた  野っぱらが日毎に秋枯れて来て  野の草がさざなみのように風に倒れて  野を流れる  野の雉子とよもさず  野で逢うた  野に見た  野を懐しみ  野の小草こそは一茎三花を着けたれ  野や街や家家を包んだ  野及び散歩の地として最も好みしは  野にあふれ  野づらはうらうらと燃えている  野の方から林の中へ翔け込んで来たが  野を舞いあそんでいる  野を持つ  野に眠らせる  野のうえに一哩以上もの大石垣が走っていて  野となく丘となくふかし  野っ原もある  野に生えてる  野っ原がいいにおいをして動いている  野は一面に眼が覚める  野にも山にも一面に照っていました  野を掩うて  野から一杯に映る  野も聞け  野に見る  野に木苺をもとめ  野に暮した  野の百合とは今云う  野の百合の感じが違う  野の春駒は霞にのみやたな引かる  野の春の夕ぐれ冴えとほる  野は火のやうな櫨紅葉に百舌がただ啼きしきるばかり  野に來てただひとり泣いた  野も越えて  野の末ながめ  野をかけめぐる  野の中に建っている  野をよぎるなれ  野にござつて惡しき  野に隱れてしまふ  野の聖の自然な慈顏に親しむ  野を歩きましょう  野の花のよそおいを対比して  野の花のよそおいは  野にかくれ  野たれ死にした  野で太鼓打つ  野べあるはとる  野にし  野にも来た  野や森の景色をながめて  野には稲黄色く稔り  野には秋草の花が咲き  野っ原になった  野の床几へ腰を掛けると  野を眺めようと思うて  野づらを越えて  野づらをくねくねした  野の上を舞っている  野だも山だも分  野倒れ死にかな  野になって  野が少し見える  野と輝やき  野の草に親しみたいと思っている  野に放つか  野づらに点々と連な  野から温室の熱帯樹林へはいって行く  野っぱへ行きたくて  野べのこつ  野べハなを雪げながらの  野に横はつてゐると  野でも山でも歩き廻って  野にも山にも雪が積もっていました  野もどこも平坦な白い畳を敷き詰めた  野で用いる  野たれ死んだって  野もせと  野の幸を思わせる  野の中にころがっております  野に棄てて  野の方へ散歩した  野には陽炎が立っていた  野をドンドン横切った  野のうちに花を見る  野を染めし  野にも山にも秋はきぬ  野は一叢の露深く蘭は碎けぬ  野にひびきわたります  野はできましたが  野にも生れ出ようとする  野つぱらにぽつぽつ小屋が立つてゐて  野を幌なき馬車に乗りて  野が光るほけた  野が光る  野にいたるまで  野を抱くに似たる  野は悉く白ければ  野と山の間にあると  野を見るを  野の植物を肩にして立てる  野はアルピの麓よりアドリアティコの海岸にわたりて次第に傾斜する  野にあらずして  野に赤き血潮を流した  野に入り  野に迷いでたが  野とかきまっていない  野を逍遙して  野と山とに紅葉が散るばかり  野の物の荒い表情を持つ  野をわけゆけり  野を血に染めて  野の獸のこれを散らすを防ぐ  野を分けゆくを見しごとくなりき  野を分けゆけば  野にて高塔を築き  野をヒタ走りに鶴屋の門前に乗り付けた  野の精靈と見る  野を見ながら  野のように見える  野の中についているらしい  野に出でて見るに  野におる  野には人の姿も見えず  野ばかりある  野ぶしとも言うた  野ぶしと言ふ  野と云ふ  野も里も一樣に薄暮の底に隱れてしまふと  野の百合は飽くまでも百合であり空飛ぶ  野とに分けて  野におはいりに  野を燒き圍みました  野においでになると  野の鳥の雉は叫んでいる  野の伊呂賣  野に於てこの植物を見つけ  野へ摘草に出ると  野を越えたりして  野を見てゐた  野に出て採って来る  野をさまよい  野や山に照りつけ初めた  野の彼方に消えている  野の上を蔽うていた  野の上を渡っていった  野をつき切ると  野の中で花を摘み集めたり  野の上に煙った  野や遠くの山まで一面に青白い素絹を投げた  野に啼く  野の斜面に童が五六人固まって寝ていたりする  野の仕事は無論できない  野をわけて  野の秋草を手折って来て  野とやなりなん  野べ見に来れば  野をばな焼き  野なるを焼くな  野のふる  野を焼くと  野を焼くを  野を占めて焼く  野の神の祭りが行はれたのであらう  野を焼くな  野や海が彼の頭に映じたけれど  野の涯に雲が浮かんでいる  野を照らした  野の上へ思わず突っ立ったが  野が眼の前で尽きていた  野へ出るな  野に遊んでは  野には露がしとどに降りていた  野には伏すとも  野が走り  野も川もをさなくて  野に歪みぬ  野も山も鮮やかな緑に萌えたって  野に棲むけ  野に追い放っても  野の豚群を眺め入った  野に放たれて呻き騒いでいる  野に放たれ騒いだ  野にさく  野の果ての方で草を食んでいたので  野にあつて腕のムヅ痒さに堪へぬ  野のき  野べのつかさは松木たれたり  野を過ぐ千葉の野を越えてしくれば  野をまた行かむ  野もせに  野にさかりににほふし  野の邊をくれば  野の小野の朝臣がみこともち仕へまつりし  野にますらをや痛手すべなみ黍の幹を敷寢の床も去りがてに  野に豆曳く  野の大根の青葉まさやかに秩父秋山みえのよろしもはら  野を行けば  野に雲の峰あなたにも立てばこなたにも見  野に転がり  野の草が風に靡いている  野へ響く  野の燃ゆるがごとく煙って  野に放たれて  野に坐つてゐる  野の隅には粗末な蓆張りの円天井が作られる  野はらにたっている  野はらも丘もほっとした  野はらにたつてゐる  野はらも丘もほつとした  野に兆し  野は一陽来復の春を芽ざし  野から生えた  野の花のように咲かせていた  野の逸駿は余り求められなくなっていたし  野はらに火三昧して  野の小徑につく  野の蜂が巣から飛び出す  野が心に見えて来た  

~ 野[名詞]1
きみにならびて野に  野は野の  秋の野の  山や野や  商品がさき盛った野の  人は野に  山から野を  春の野が  登つたり野を  春の野の  空は野は  野には野の  冴えたる野を  ついでに野を  花咲ける野の  炎の野は  里の野を  塔影は野を  國は野も  枕をそばだつれば野に  山に野に  吾人は野に  国は野も  秋は野に  やうな野  羊へ野を  私よ野を  ゆふぐれの野の  一月と思へない野の  心熱に憑かれながら野の  ゆふべを野に  春は野も  ゆきにけり野の  弥勒院の野には  多くは野に  鐘は野に  夕暮の野に  採集の野へ  歌節なれぬ野に  吹雪の野に  私は野を  恋人は野に  村童達と野に  山にも野にも  光を野にも  まっしろな野  私は野  なかで野  退屈そうな野や  森や野を  街を過ぎ野を  定めも忘れ野の  徂徠が野に  明日炉に投げ入れられる野の  九十九頭を野に  イスラエルの野に  衝に当たりて野を  ように野からは  姿であった野の  磯城の野に  九州に流れ野に  これらの野  前にも言うた野  あとは野と  湯の湧き出る野や  雲雀や野の  香などで野の  四十日食わずに野に  ように野に  石投魚で野  シャロットの野に  空とも野とも  山と野とを  じき故郷の野や  あとは野や  結果が野  大隈が野に  町を練って野へ  樹もあらぬ野に  文雲に別れて野に  洲の野に  夢の野に  プラトンの野を  森や野や  明朗な野からより  谷も野も  光は野に  山も野も  自然の野が  幻影の野を  薄の野にな  闇の野に  ばの野の  官に容れざれば野に  夢をみた野にも  歌山は晴れたぞ野に  つてほせよ野の  #夜になると野の  たづねてとんでくる野の  如く怒号する野の  岩を砕いて野を  山といわず野と  国は荒れて野と  背に負わされて歩け歩けと打ちたたかれて野  日よ野を  赤シャツと野  赤シャツが野だに  画が出来ますぜと野  それを野  程度ですからねと野  後世恐るべしだと野  文学者ですねと野  当り前ですなと野  バッタと云う野だの  眼を野だの  声を出して野  のはと野  教頭だけに野  なかに野  山嵐と野  前に居た野  おれは野  違いに野  世の中には野  お客とは野  平手で野だの  ところへ野  赤シャツも野  鶯や野を  獣が食えば野の  音響が野の  冬のむさし野の  額の如き野の  屍を野に  曠い野に  青州の野に  宗の野に  真っ暗な野を  鬨の声をあわせて野を  山麓の野に  夕月の野に  此の野に  此の野を  岸破と野が  空も野も  此の野へ  此の野は  恁る野にも  これ黄昏の野の  宗の野や  死屍は野を  十方の野を  反対勢力を野に  軍一夜に野を  湖沼や野には  虎を野へ  駒を野に  雪国の野には  末から野の  幻想を野  方二十里にわたる野や  真黒に野を  邯鄲の野に  公孫樹黄にして立つにふためきて野の  家らしき野の  皇后丸木橋おりてゆけなと野が  人物を野から  狂風に野を  馳けめぐっている野には  声は野に  八方の野へ  玄徳を逸したら野に  北国育ちの野  冬の野  子供たちのさけびは野に  弓なりに野を  反対側の野の  空が野の  生計に野へ  洲の野の  草木も野も  野は野に  外に見える野  光線で野の  半ば霜枯れた野の  春の野を  秋の野に  空気が野の  四面の野や  冷苞を捨てて野の  春の野に  夜露の野を  雪の野は  女ぞあそびける野の  麦城の野を  いちど蜀は野を  北米の野に  青青とした野の  ここ祁山の野に  べりやの野に  ため南巣の野に  蓬蕨を採るに野に  ぼくは野  如く一蹴して野に  天竺の野に  山か野に  眼もあてられざる野の  郊外には野の  風にも堪えない野の  シャンパアニュの野の  あなたの野の  頃勘兵衛は野の  誰もいない野の  柔かに野の  プラツトから野の  風は野の  山と野と  西日が野に  シベリアの野と  春は野に  山や野を  麓の野には  のぞみたまへども野の  ひかりを野にぞ  心の野に  西日を受けた野の  山下しの北風が野を  我一人荒れし野に  丸の内の野  長蛇の如く野を  のが野  将軍も野  森や野の  中継すれば野の  豊かに浴びてさ野  匂を思ひけり野  秋晴の野を  場面は野の  野となり野を  二十七行のは野の  猛虎の野に  真っ直ぐに野の  一輪の野の  灰色でも野は  中や野の  燒原の野と  左の野へ  五郎時致なぞは野  死骸を野に  音も野に  時は野へ  島は野  町も野も  ように野を  いつまで行っても野は  静かな野の  額田王歌秋の野のみ  後に野に  三郎は野の  山をも野をも  石狩の野は  眺むれば野にも  石狩の野を  街や野を  ただ星を戴いて野に  附近の野の  そこらの野の  霜枯れの野の  汝は野の  大軍が野にも  明日からは野に  家中手分けをして野へ  者と野へ  倉へ片づけてから野へ  蓆を入れずに野へ  灰色の野の  苔の野は  のどかに野を  今は野に  芋芒を野に  朝野の野  ユダヤの野に  遙かに野に  此の野から  此の野の  みごとな野の  十一羽の野の  ただ十一羽の野の  白雲の野は  漁場も野の  三河島の野を  誰れ野の  緑の野に  影おちぬ野の  枝の野の  ゆふべ野に  りき夏の野  瞳もたぐる野の  次第上りの野に  野いばらは野に  伴れて野の  町外れの野の  吾ぞ野を  万葉時代の野の  茫々たる野に  垂るる野に  間に野は  あれは野  町端れから野の  息もゆる野を  そこから出て野に  風の吹く野に  町から野へと  山を越し野を  遠くの野は  裏は野とも  濶い野を  ふり出て啼きてこそ行け野にも  月影が野にも  引切りなしに野に  限り山や野や  少女たちが野  秋の野を  菊枝は野を  搗栗となりてをる野の  こちょうの野に  春の野は  これなくして生きんとするは野に  豪州の野の  曇れる野の  われわれの野に  色こめたる野の  アリゾナの野における  シノンの野における  道ばたの野の  山々も野も  秋にはあらぬ野の  うしろを見れば野は  もとの野と  異は野の  シャクも野に  山裾や野の  澱や野と  風の荒ぶる野に  なだらかな野の  死骸が野に  影が野を  黙礼して野を  落葉を焚き野を  石を取って野の  折取った野の  山を焼いたり野を  眼で野の  煩悩を野へ  ように野は  洲の野は  ほとりや野は  都は野べの  これだけの野に  柏木村から野へ  ような野  草籠負うて野へ  日なかの野の  人に別れて野に  下に野の  月させる野の  小野の野  下なる野を  靜かに野が  める野  恍惚の野に  若草若葉の野は  新鮮な野の  いっしょにやってゐる野は  雌牛を飼いながら野で  がんか野の  ような野と  伊賀國の野と  雁も野  一時に響く野の  血潮ながれて野は  故郷の野は  鳥居を野へ  花柑子咲く野も  星あかり朧ろ煌めく野の  旅行中に野  そうに吹く野の  大空と野との  出で野を  独り風吹く野に  終日霧たちこめて野や  林が尽きると野に  ロシアの野  我武蔵野の野の  林と野とが  木喰もいづれは野べの  一眸の野を  大陸の野に  朝の野  秋の野へ  關東の野に  東の野に  雲雀が野の  シベリヤの野に  海か野へでも  漢書に親しんでいた野  一茎の野の  胡瓜などつくれる野の  春は野の  村人たちは野に  一所に野に  花をつけた野の  朝に立ち野に  あきらめの野を  それを悲しむ野の  灯やら野の  オヤフロの野と  オヤフロの野には  ヨモギなどの野を  照して野の  雨が野を  イシカリの野に  薄明が野に  秋たけた野に  背後の野を  太陽が野の  名も知らぬ野の  山であり野  十数日を野や  曠しい野を  足跡が野の  雪の野  上を野と  雪どけ水が野の  リリシズムの野を  花廼屋は野  初冬の野の  中に野や  自由の野を  それが野の  いずれを見ても野  湯が野まで  湯が野へ  湯が野では  湯が野も  葉は野の  警務部長を辞し野に  穏かな野を  朝に在ると野に  伯が野に  泥水をすすって野に  敗者となって野  三方の野に  戈壁の野に  石狩の野の  雪の野の  昼の野に  眺む雪の野の  山に放ち野に  東国の野に  麓の野も  白波南なるかの野の  満州の野に  ところの野や  洲の野が  瓜井戸の野の  郷党の野や  畑にも野にも  虎を野に  そこから野や  故郷の野で  下男について野  野州の野に  むかし関東の野を  成つる都人かな野  ゑがいて徒らに野に  影こそ見たれ野べに  人を送りて野は  筑波も暮れぬ野も  常陸の野に  霜はおけども野に  紫菫匂ふ野の  さきを野べに  うばらに閉されて野は  鏃足に受けて野べに  光の野を  芋を野に  雁鳴く野とは  慰藉失せし野に  雪の野に  朱雀の野べの  落れども睡りてさめぬ野の  間の野の  草をして野の  一家打揃うて野に  歡喜の野の  丘や野  雹が野も  それくらいの野は  今は野も  路は野から  村から野に  緑葉の野に  夕暮れの野を  二人は引きかえして野を  向こうの野の  子供が野の  このごろは野が  冬の野は  冬枯れの野は  田植え唄が野に  散歩の野に  車が晴れた野の  弥勒の野に  林や野を  雪の野を  砲煙のみなぎった野に  影とが野の  向こうの野まで  柱によりかかりながら野を  秋風が野に  弥勒の野から  すべて満州の野に  屍となって野に  私は野に  今日の野  出先からもどった野  支那事件などにも野に  鳩居ずなりぬ野の  一つ松萩窪や野は  はるの野べに  荒漠とした野を  續いた野の  スチクレスタードの野の  曠い野の  雪ばかり野  相当する野は  ろになり野の  さも咲いてゐるし野は  きれいな野は  上着に野や  たくさん飛んでゐるし野は  火口原の野の  東国の野で  元の野へ  声は枯れ野や  枯草の野は  光が野の  山にもせよ野に  叫びが野を  あれたる野を  下の野や  満蒙の野に  アトは野と  早春に野を  つてゐると野  俄かに野に  河内の野に  和泉の野にわたる  白骨を野に  坂東の野に  関東の野に  みどりを吹く野の  中原の野を  一方は野が  ポトホトと野の  秋秋1昨日まで燃えてゐた野が  生命に充ちて野を  來た野の  ために野を  関東の野の  昔からの野の  以前春の野の  多くの野の  僅かな野を  ことで野に  ここいらの野の  それを野の  気楽に野で  まわりにさいて居る野の  かをり蒸す野の  君かかる野に  いま白む野の  平板な野の  娘は野か  泥海や野  広漠とした野を  亡き人の野べ  月は野の  雪におおわれた野は  大股に野の  太陽は野に  河に沿ったり野を  自分を野の  秋草の野に  江南の野に  後は野と  彼らは野を  平坦な野の  河内の野が  山や野に  海と野の  山くれ野  夕靄に浸った野が  彼は野の  今ごろは野を  限りの野も  友人等と野の  子供も野へ  しめの野の  男が野の  いちめんに野に  林や野は  向うの野は  山や野の  ひやひやする野に  蟲の啼く野の  毛衣を着て野に  袂を連ねて野に  あらば野は  山裾にひろ野は  身代わりにして野べの  金公という野  ところにある野  外は野も  町や野の  陰影が春めいた野の  今日は野の  道路や野に関する  彼は野や  ゴットフリートとともに野の  蕭条たる野の  ぐらに野を  色が野の  影が野の  シベリアの野の  風にゆれる野の  奥の野の  自由な野の  月が野の  厳寒の野に  若草の野に  眼に入る野と  その間に野と  民は野や  王は野に  処々が埋もれた野や  海から野へと  太陽の光りが野にも  雨に濡れた野を  神の如き野の  暮れぬめり菫咲く野の  車窓によれば野の  中にとらわれてる野の  出端れて野の  赤倉の野は  わたしが野の  人生は野の  色は野に  陳斉の野に  いま馬を雇って野を  春きては野も  周囲の野や  サン・ドニーの野の  あきの野に  ようにして野の  荒蕪の野の  遙か野の  自然の野から  ガランとして野の  西方の野に  通り去った野に  日の野で  ことは野の  跡は野と  妻は野の  旅籠を出て野の  街道を反れて野に  宿を避けて野を  方から野へ  夏の野に  愛宕の野に  花の野は  寂然とした野の  われは騰りて野の  嵯峨の野の  斎宮が野の  御息所を野の  楽音が野の  哀れな野を  去年の野の  大井の野に  設くるばかり野には  大井の野の  優美な野の  那須野の野の  広々した野を  太政大臣が野の  大空の野に  パリーにとらわれてた野の  春風に吹かれて野の  郊外の野を  それは野を  深草の野べの  音に満ちた野の  挿頭を折りてけるかな野を  無我夢中になって歩いてきた野の  大鎌で野の  女郎花乱るる野べに  初て野  つばなを野に  日本中の野でも  麓の野を  新治の野で  麓の野に  十月では野に  ノヅチは野の  礼失して野に  八図は野  原始の野へ  どこで野  マレイ人は野を  われは野に  旅人は野  枕に野に  雨や野の  日を野に  家出して野  山と野は  まひし野の  風頬を吹くなり野を  従ひて野は  やうに野に  あたりの野の  草枯れて荒れたる野こそ  汝も荒れたる野に  数ふべし野の  草木にいこひ野に  うたふ野の  八重かきわけて行くごとく野の  われ今秋の野に  一つうつろふ野の  陸奥の野に  餌をあさらんと野に  風吹けば野は  目が見る野や  未知の野の  橋を渡って野の  しり鞘にいり野に  蝗と野の  文学との野  南の野へ  どこへ行ったって野は  北上の野を  近くの野を  戦後の野にも  大股に歩みて野の  孔子を野に  虎伏す野に  冬の野に  日ざしをあびて野の  涸いた野を  葡萄がみのる野と  遠くの野を  那須の野の  高台の野に  無人の野を  石狩の野に  といつても野の  枯草の野が  枯草の野へ  郊外から見る野の  來てこよひを泊る野の  茅の野にな  枯茅の野は  満州の野は  なつて野を  草の野を  彼の野の  彼の野を  道ばたで野  畑から野まで  万民は野に  そこらの野  秋の野  磊磊してゐる野を  寂寞にたへぬ野の  わざはひは野  むともども牧の野の  星星手をあげて招けば肥えし野の  音に似しともききし野  秋の野は  悲しみ給へ野か  鶯の鳴く野べ  吾等は野を  緑の野が  晩冬の野を  枯芝の野が  際限の野に  霜のおりた野の  鉛色の野の  春と野の  風穂の野は  小鳥が野に  下等な野  ちっぽけな野  廣い野に  廣い野を  #花の野を  彼方の野に  緑の野を  これより野が  秋の野で  旅人は野に  間は野が  何も野と  信仰が野に  郊外の野の  里へも野へも  勅任官待遇で野  尨大な野を  あたりの野も  氷を野の  脚下の野を  前に野  友人に擁せられて野と  方の野  農夫等が野に  国が野も  氷の野  秋なれや野に  茫漠たる野  暗夜の野  松川浦相馬の野を  広汎な野  気は野に  皆で野の  輝きが野を  彼等は野の  郊外の野に  夕暮の野の  丘を下りて野の  大川村の野に  北国の野には  終日を野に  晩くまで野に  静かな野に  一線をくぎりに野は  昔ユダヤの野に  素足で野の  子供のむしった野の  気儘な野に  即興ニスギズ夏の野に  渋谷の野を  楽園の野に  野原に住んでいる野の  ところは野と  草原には野を  なつて野に  九州の野に  横浜付近の野に  冬枯れの野の  花は野に  人々が野や  春の野と  いつまでも野の  棺を枯れ野に  真下の野を  自動車は野に  白耳義の野  少女を野に  北海道には野と  山や野  村から野から  時海も野も  馬を早めて野を  馬車は野を  サイベリヤの野に  聖書にある野の  川あり野の  みんな林や野は  何時か野に  咲ける見てけふも野に  幟立つ野の  夢は枯れ野を  二哩ばかりはなれた野の  つみつどへ野を  野を野の  一族一門が滅んで野に  栄華と野の  花のよそおいは野の  六十二で野  だれが野で  里の野べ  姫ひとり星の野に  靜かなり筑波も暮れぬ野も  窓から野や  ナポリ附近フラグレイアの野は  広漠たる野  真白な野  池や野の  上で野  平らな野と  銀の野と  植物図鑑を携えて野の  尻尾に繋いで野に  やうに野  冬枯れの野から  この間から野  死だら野べ  草花の咲いた野に  一面な野の  土間は野と  河も野も  山や野で  焦熱の野  春の野も  尸が野の  三十日も野に  花の野か  樂を聞きあら野の  あらし吹過ぎて野は  夜の野に  緑の野は  丘にも野にも  とき東京は野  枯草の野を  夏帽子投げて坐れば野が  巓より野に  ものは野と  神に顧みられざりし野の  欧州の野に  魂が野に  雪の野とか  山は野は  無人の野と  シナルの野にて  暁の野を  雪の野が  地方にて野に  頬白己が野へ  山や野ばかり  山下が野も  山と野とに  獵を好みて野の  曾都毘古葛城の野の  伊呂比賣野の  リユーベンが野に  ころ春先の野へ  光治は野に  山を越えたり野を  窓外の野を  春の野にてぞねを  日に野に  鐘は鳴りつつ野の  俺は野を  靄が野の  微風が野の  陽炎が野から  上に野の  夜をうねの野に  青味がかった野の  山添の野を  吉兵衛は野の  高円の野べ  様にと思ふ野  予期したる野をば  静かな野や  華やかに野を  行手を眺めると野が  内側は野  外れの野や  日は暮れて野には  前を野が  山と野の  炎天の野に  紫ながら野に  やつを野に  柵から出して野に  小屋から野に  豚が野に  ふもとをゆけば野の  千葉の野を  #ぐ千葉の野を  青菜つむ野を  短歌春の野に  七月短歌會那須の野の  小瓶六つ春の野の  越の野に  秋冬雜咏秋の野に  豆は曳く野に  中に野に  奥さんは野  三浦半島の野の  植木師が野に  藍いろの野は  東方の野に  東国の野は  影を野の  なかや野の  

~ 野[名詞]2
総じて野  なく野  るる野  広き野  やはり野  すずしく野  広い野  寒い野  この野  すぐ野  正しく野  同時に野  ときおり野  大きな野  白く野  ない野  よく野  白き野  たちまち野  遠く野  その野  青い野  さびしい野  ひろい野  ことに野  ずっと野  すさまじき野  淋しい野  狭野  草深い野  いざ野  いずれ野  細長い野  おもしろき野  狭い野  其の野  草深き野  小さな野  夜もすがら野  しげき野  しばしば野  なき野  眩しく野  暑い野  すでに野  嬉し野  明るい野  あやし野  かえって野  もう野  むさし野  漠たる野  遠い野  荒涼たる野  青く野  草ぶかい野  ちかい野  ちょうど野  美しく野  美しい野  まるで野  まだ野  始めて野  ちかき野  ようやく野  ふたたび野  直ちに野  青き野  甘く野  こんな野  さ野  小高い野  ある野  おなじ野  寂しい野  大きい野  深き野  深い野  たとい野  恋しき野  かぐわしき野  烈し野  わびしき野  さみしき野  かなしき野  明い野  恐らくは野  暫く野  忽ち野  どうしても野  疎野  こまかい野  あの野  ゆるく野  同じ野  さらに野  やっぱり野  そう野  いかにも野  決して野  近い野  全く野  麗しき野  今や野  さびしき野  暗い野  懐しい野  おもしろい野  高い野  どうも野  さては野  荒い野  たしかに野  そういう野  

複合名詞
野蠻  野翁憐稚孫余  樂郊外漫歩信歩遊村野  野送り  野襦袢  野韮  五月野  野苺  椹野河原  野風呂  野邊  野ら  野淵  野淵君  二つ野  野の  ふしぎなあまいこゑをたててのどをからす野鳩  野芥子  野一面  野蠻未開  旅びとのやどりせむ野  む野  蚊屋野  山精野鬼  むらさき野  武藏野  菫野  鳥野  野ツ原  散策野遊  野馬  スフインクス野  野ばん人  野遊  いつか野  野葡萄  野芹  為め野  山越え野行き川  原子野住居  原子野  原子野住居差し支え  原子野バラック  農夫ら多く野  帰路夕陽野  野猫  野鳩  廣野  野茶畑  国久野  ぎ野  工事野蠻未開  事野蠻未開人民中其例  野蠻人  左近府生下毛野敦助  口取殿下右府生下毛野敦景  野蜜  野州塩原  野立て  野子爵夫人  野夫人  野百合  野州足尾  野狐  野州鬼怒川  野社  野がけ支度  野郡  野州  終日野  芒野  美好野  間遠野  野戰病院用  野罌粟  野仕事  野グソ  交つて野芝  野芝  野ッ原  野梯子  阿部野  野州安蘇郡界村  大毛野  毛野  秋津野  笠野富田  野譫言  野糞  野蕃  野狐畑  蓮台野  野刀一本  野鴨  野だい  野芹川  野雀  真昼頃三留野  野臭  野州佐野  野州在  みな野  野陣  野彦  野盗掠奪  野黍  野歩き  宛然野  山城国葛野郡宇太野  與謝野寛  野民  野盗  野のけもの  夏花使野  萌野ゆき紫野  野兵山兵  野うさぎ  野蠻性  野蔦  とき野  あれ野  野鶏  相模野  與謝野晶子さん位沢山  與謝野夫人  與謝野  野ブドウ  野語  野宴  家鶏野鵠モオノズカラ時  伊佐野  野馬役  駒場野  風野  野獸  野目明し  須賀野  野一  夜半以来急速ニ発達シテ野氷  野氷  野爺  朱雀野  石器時代人民必シモ野蠻ナラズ  野がけ  野薊  野掛  野掛かね  百丈野狐  股野  叙事確實質ニシテ野ナラズ簡ニシテ能ク盡クス頼朝  野ら犬  渡つて野  矢張野  野州足利在  野はずれ  野州南高岡村  野婦池  野婦  野雀軒  野堂町  未開野蕃  丹比野  蕃野  野ばん  野番  京都蓮台野  彼等野  野墓  野三昧  連日野  飛火野  知事目賀野俊道氏  目賀野閣下  目賀野氏  目賀野先生  目賀野  目賀野邸  目賀野たち  目賀野自慢  目賀野側  城攻め野合せ  比野町  比野  比野駅構内  野州塩谷郡塩原村  三好野  西多摩野羽村  野なか  頃野  野州方面  終日終夜野  文野  三留野あたり  野碧玲瓏君  樽野  屹度樽野  角樽野  野楽隊  樽野君  樽野一人  樽野自身  かなた野  野櫻  野金  野ら歸  当時股野  いくら野  高佐士野  上ツ毛野  焼津野  野州葛生  野ばん性  燃ゑて野  野ずえ  野食  野糞山糞  ア野葡萄  野葡萄一  ふもと野  野鍛冶  野焼  盛つた野  桃花鳥野乳母  高天原廣野姫尊  野燒きの火  野州上州  砥野媛  鄙野匹夫  野釣  與謝野晶子氏  ざめたたずむ野  花さく野  鳥辺野  色野  野いばら  早春野  先年與謝野晶子夫人  與謝野さん  與謝野寛氏  與謝野氏  野曠天  野曠  なほ野曠天  來看野翁憐子孫  野翁  更野  野營  鳩野君  半ば野  野盜  標野あたり  標野  鳥部野  瓢酒野蔬  かな野  濠野三千程白霧  野鴨達  野あざみ  安曇野  野祠  まま野  科野  般若野一  般若野  漱石野狐  病起野  正史野乘  目賀野千吉  野荘  宮城野さん  厨子野耕介  野僧  野稼ぎ  女房野  白晝野苺  野越  萌野  野高草  野景色  志方野  犬阪毛野  野試合  野差刀  野火山  ば武藏野  野西春行  野西ナニツラ  野西  毎度野諸村  野館  秋声野  野いっせい  暮れ野  摂津国安倍野  安倍野  此安倍野  安倍野童子  野梅  野翁酒樽  野衲  野房義平  野房君  股野氏  野撫子  村娘野嬢  野ネズミ  郊外野景  禁野  弓野あたり  野坡問  野松  野坡  野州足利  小夜野  與謝野晶子  引馬野  駒木野  白野  ぱつたりと樽野  野楽  樽野唯ひとり  ぢめ樽野  樽野さん  樽野達  云つた通り樽野  野ぶどう  和泉野  野エンドウ  野いちご  野風  やぎ野  野島ケ崎  野気  野景  野士  ぎるものゝない野  伊賀伊勢吉野  菟我野  野便所  相模野街道  野營地  みな武藏野  野ヅラ  野州路  犬坂毛野  野州あたり  塚魔野  野はいちめん  一人野  突張つて野  百舌鳥野  野評定  野象  路野  櫻野  影野守  野守  野行き野守り  多摩野  野屯  倉ヶ野  野州宇都宮  野鹿  弥勒野  野長七郎  野盗山賊  常陸野  野服  背野  野茶屋哉菜の花  與謝野晶子女史  ぱいな野  清水野がら  ぱちゃぱちゃやりながら野  伊丹野  昆陽野  摂津昆陽野  野ぎく  半月館弓野屋  野ら仕事  沓野  野芝居  野谺  榛野  榛野さ  榛野さん  野うさぎ一ぴき  野嵐  野タレ死  野坡方々  野径  野州無宿  和泉ざかいの安倍野  みよし野  真田股野くらがり  甲斐野半  野雁  野土青麟  野土青鱗  野州宇都宮在  野蠻民族  野州鹿沼在  野調  喜野  これ喜野  野あらし  野勤  番長下毛野敦秀  下毛野敦光  ネガワクハ野狐  ソレガシ已ニ野狐  一死野狐  ナンノ為ニ野狐ニ堕ツ  ナンノ為ニ野狐  野狐風流五百生  野州北部ツゲノコ  野雪隠  騒ぎ野  土器野  城外土器野  土器野帰り  和比野  頃樽野  一樽野  樽野さん何  つて樽野  日毎樽野  野行き山行き  野蜂  こと野狐  與謝野夫妻  野衾  鳥野君  野糞先生  野ぎつねじゃ  大兵野  葛飾野  野侍  野邊送  野ザラシ  底野  一底野  野陣場  野萄葡  野陣場  猪飼野  刀我野  野うばら  野ばんつて  野獸ども  野馬的  野州桜町  樽野の  伊勢國員辨郡野摩  ひろ野  其梅野  三留野  野半天  三留野泊まり  日三留野  野鴨全焼  坊野寿山子  坊野寿山君  野遠見  旅人野  紀野  野町尋常小学校  比野大納言資治卿  比野卿  比野大納言殿  京都比野大納言殿  比野大納言  だし野  鳥部野一片  芹野さん  野王女  喬野  喬野部落  科野国  蕪野  今国野  国野ツ  国野為也  国野  国野為也氏方  国野先生  国野氏  上毛野等旧家  野槌  またの名野椎  草祖草野姫またの名野槌  野仲  野蛟神社二所  ノヅチ野  野椎ミツチ  野婆  總野  野父  独り野  乾野  野蕃漢  野倒死  時野馬  野夫  湯ヶ野  野越総江  野越与里  野越家  野必大  野布袋  野布袋竹  一人野ら  夕野  ひかり野  里野  色曙染與謝野晶子春曙抄  かに野  絹野  宮城野  姿野  野朝顔  自身野ばなし  野仆死  野島ヶ崎  野邨恒見  野邨某  野灣  奈美野一郎  野栗  一人野葡萄  夕方野  野州烏山  野狸  野惣  廣野一面渺茫  野蕗君徃訪  野蕗さん  なか野糞  野蕗居  野蕗君  野蕗居滞在  野蕗居昨今  野蕗  野蕗老  野蕃人  野邊山  與謝野寛さん  四方野  楢櫟等武藏野  清水野  新前橋驛野  標めし野  百済野  野開き  矢張り野  菟野  野客  野恋娘  帰途野圃沖舟木舟唖々等  雲野  井戸車野  綾部野圃来訪  悪評野  ょってゐるのはみな野葡萄  野莓  御前さん野  野風雑  野談  野梨  野賤  雀野雀  野童  野童自身  野がん  鶴巣野  野州奥日光川治温泉  苦野  我野通り  我野  野蓼  野ダイマツ  野州日光  野州日光山  野ハナショウブ  野仏  猪名野  言はず野  永日野  與謝野晶子夫人  科野國造  野ばなし  野桜  翻案白野弁十郎  白野弁十郎  野ごと  鳩野宗巴  野芹つば  溜息野  人生野  ひだ與謝野晶子さん  酸虹柳沢野軍事連鎖劇峡野早春短夜  峡野早春夜見来  鬚野博士  鬚野房吉博士  鬚野先生  鬚野先生以外  鬚野さん  デタラメ・レコード会社専属鬚野房吉氏作曲  ウチ鬚野先生  鬚野房吉  鬚野君  野景弓なり  野狐禪的  折野  八十八夜野  野バラ  野釣り  野ら犬め  白野正時  單純野蠻  歌人與謝野晶子氏  常々樽野  樽野夫妻  行つて樽野  野豚  野房儀平  野房  野霧  字都野  敬ニシテ礼ニ中ラザルヲ野トイヒ  野雪  野雪与五郎  野声  野雪老人  与五郎野雪老人  与五郎野雪  野馬追  野州益子  弓野  緩急文野  野町  野衾一  つた野獸  姫路野  野邊羽蓋  バビロン野  野のけものたち  うち野獸  所謂武藏野也  写野さん  たいがい写野さん  写野  樋口も写野  野ゆきしめ  野ゆき山ゆき  廣野こ  夕方野ら  蓮台野の  つて野  蓮台野等  野非人  蓮台野部落  野羽織  岐豆野あぎと  蚊屋野淡海  羽振り宇遲野内  臣菟野  造上毛野髮長比  君蚊屋野鹿屋野比  王さ野  神科野  國科野  造科野  造下毛野  命高倉下高佐士野高島  野當岐麻道當麻  遲比野多治比  王豐雲野  虹野椎能登  神野蒜能煩野喉  野イ  殺伐野蠻  與謝野鐵幹等諸家  屍野  野鯉  深草野  野守り  野雷  野州庚申山  野ら猫  野一杯  野郡金山  野蠻人さ  野氣  戰記野乘  野ずえはるか  むる原子野  古屋野教授  浦上原子野  原子野復興  野狐奴  森野  附聽平家琵琶野  野ゆ筑波  麥野  黍野  芒野ゆ  かや野  粟津野  常々野  野鵲  野州喜連川  野悟  えな野かじ  ふろ野  野狐三次  



前後の言葉をピックアップ
ネーヴァル・アンニュアル  ネーヴィカット  ネーヴィ・ブルー    野田山        ノア


動詞をランダムでピックアップ
頼み込ん謝せ汗し企み丸めよくつがえろ押し返さとり入れるおめにかかっ耐え忍べ位すうらみ啓すあきらめる上せる討ち止め積重ね引き裂い重んじ乗遅れ
形容詞をランダムでピックアップ
けむくそぐわなかっそうぞうしくのろきいとわしくふとけれ若きっぽくやしきかびくさい可笑しけれ優しくっ似あわしくうれしかろ薄ら寒く憂い苦しかれうっとうしく荒あらしく親しく