「重んずる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 重んずる[動詞]
名を重んずる  旧習を重んずる  先生の重んずる  我等が重んずる  指揮を重んずる  文を重んずる  儒を重んずる  これを共に重んずる  典型を重んずる  個性を重んずる  垢抜けした通人的気品を重んずる  心を重んずる  動機を重んずる  物的福利を重んずる  ことを重んずる  婦人を重んずる  平和を重んずる  事業を重んずる  力を重んずる  彼を重んずる  責任を重んずる  彼の重んずる  体面を重んずる  詩的精神を重んずる  万事旧慣を重んずる  我輩も固より重んずる  ところを異にするが故に、その重んずる  血統を重んずる  家名を重んずる  栄誉を重んずる  政を重んずる  伝来を重んずる  盟約を重んずる  信誼を重んずる  道理を重んずる  才能を重んずる  經驗を重んずる  格式を重んずる  面子を重んずる  方を重んずる  六日間を、重んずる  身を重んずる  こと鴻毛のごとく、約を重んずる  義を重んずる  風儀を重んずる  たちの重んずる  家系を重んずる  我國民の最も重んずる  禮儀を重んずる  供述を重んずる  孝弟を重んずる  孝道を重んずる  義務を重んずる  権利を大いに重んずる  男系を重んずる  師道を重んずる  主観的心想を重んずる  禄を重んずる  理性を重んずる  内容を重んずる  真を重んずる  交際を重んずる  生を重んずる  節操を重んずる  職業を重んずる  装飾を重んずる  人間として最も重んずる  幸福を重んずる  愉快を重んずる  裝飾を重んずる  荘厳を重んずる  形を、重んずる  心持ちよりも重んずる  農を重んずる  歴史を重んずる  何物よりも重んずる  極端に重んずる  国権を重んずる  しろ利益を重んずる  理を重んずる  傳來を重んずる  衛生を重んずる  信用を重んずる  先例を重んずる  財産を重んずる  前よりも重んずる  真理原則を重んずる  実用を重んずる  人命を重んずる  ものを重んずる  趣味を重んずる  労働を重んずる  ものだ、その重んずる  面目を重んずる  不自由などを重んずる  太甚しく重んずる  婦女威儀を重んずる  馬を重んずる  法律を重んずる  知識を重んずる  政治的実践を重んずる  體面を重んずる  名誉を重んずる  人柄を重んずる  約束を重んずる  人格を重んずる  気節を重んずる  上流社会にもっとも重んずる  形式だけを重んずる  習俗を重んずる  地方色を最も重んずる  地方色を重んずる  受動的状態を重んずる  経験を重んずる  結果を重んずる  デモクラシーを重んずる  實踐を重んずる  自由を重んずる  殊に家柄を重んずる  何よりも重んずる  夢を重んずる  大乗仏教を重んずる  印象は重んずる  自国を重んずる  要ももとより重んずる  義理を重んずる  礼節格式を重んずる  平均を重んずる  人権を重んずる  遥かに重んずる  儀を重んずる  特に火を重んずる  科学を重んずる  創意性を重んずる  彼等理想を重んずる  人道を重んずる  徳義を重んずる  人民ますます血統を重んずる  習慣を重んずる  さを重んずる  遂行を重んずる  恋を重んずる  技巧を重んずる  妙味を重んずる  態度を重んずる  生をも愛し重んずる  其教訓を重んずる  婦人の最も重んずる  内的省察を重んずる  



前後の言葉をピックアップ
重んじ  重んじよ  重んじる  重んじろ  重んず  重んずれ  重んぜ  おもんぜ  重んぜよ  


動詞をランダムでピックアップ
突っぱなさ現われんおどんさしはさん脱ぎ覚め漕げ錆付い立並ん言い寄ら狙う苦しますがれかつぎ込ままさぐら赴き渇れほかなる現ずるふるわせん
形容詞をランダムでピックアップ
くちおし残り惜し生々しい淋しい親しけれ心安かれ心無きあさぐろくくろっぽい力強しさうないいわけない口さがなき香ばしくさやけし湿っぽかっすっぱい未練がましい欲しきおぼつかない