「慌しく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 慌しく[形容詞]
いちばん慌しく  それから慌しく  愛吉慌しく  さまで慌しく  度慌しく  実に慌しく  再び慌しく  かく慌しく  いかにも慌しく  また慌しく  こんなに慌しく  そう慌しく  かに慌しく  たちまち慌しく  十二月慌しく  五助慌しく  から慌しく  どんなに慌しく  あまりに慌しく  

~ 慌しく[形容詞]
やうに慌しく  切りに慌しく  下女が慌しく  以上に慌しく  中を慌しく  手巾で慌しく  鐘が慌しく  ように慌しく  廊下を慌しく  刑事が慌しく  交互に慌しく  彼女は慌しく  妙に慌しく  足取りを慌しく  ために慌しく  松本が慌しく  夏は慌しく  向方から慌しく  人通りが慌しく  姿の慌しく  池部は慌しく  山木は慌しく  人力車夫は慌しく  階段を慌しく  彼は慌しく  ざわざわと慌しく  侍は慌しく  光が慌しく  老若男女も慌しく  方から慌しく  口を慌しく  ベルが慌しく  梯子段を慌しく  少年は慌しく  予は慌しく  助は慌しく  お茶坊主が慌しく  正夫は慌しく  千六は慌しく  ゴジゴジと慌しく  女中が慌しく  誰かが慌しく  群が慌しく  心が慌しく  村正氏は慌しく  声々が慌しく  衝突隔蓆が慌しく  女房たちは慌しく  勇美子も慌しく  奥から慌しく  雑沓へ慌しく  若者が慌しく  彼等は慌しく  男は慌しく  真夜中に慌しく  小宮山は慌しく  トタンに慌しく  砂山を慌しく  外から慌しく  年も慌しく  中野さんは慌しく  箸先で慌しく  生活ほど慌しく  日鷲郎は慌しく  黒衣は慌しく  前を慌しく  殊にそれが慌しく  手巾を慌しく  友人は慌しく  通りに慌しく  名を慌しく  自転車で慌しく  昭和二十年が慌しく  ところへ慌しく  孫八が慌しく  警部が慌しく  家ンなかへ慌しく  

慌しく[形容詞]
慌しく結末  慌しく拳  慌しく話しているよう  慌しく階  慌しく津藤  慌しく惨澹  慌しく二  慌しく階段  慌しく鬱金  慌しく口  慌しくポケット  慌しく眼  慌しく頭  慌しく領  慌しく馳  慌しく入って来て司法  慌しく非常  慌しく己  慌しく駆け込んでしま  慌しく幾  慌しく其処  慌しく廻る身  慌しく戸  慌しく日夜  慌しく食事  慌しく三  慌しく行われること  慌しく外出  慌しく行交うの  慌しく急  慌しくもなかった  慌しく立  慌しく踏絵  慌しく梶棒  慌しく駈け上って来る靴  慌しく窓  慌しく鰓  慌しく発作  慌しく視線  慌しく身  慌しく中  慌しく土間  慌しく懐  慌しく飛び退いて私  慌しく駆歩  慌しく日  慌しく左右  慌しく右  慌しく押しよせる真夏  慌しく受話器  慌しく腰  慌しく昇  慌しく鉄瓶  慌しく書斎  慌しく靴  慌しく船頭  慌しく答  慌しく自分  慌しく言葉  慌しく玄関  慌しく給仕  慌しく居眠り  慌しく驚  慌しく起  慌しくそこ  慌しくどこ  慌しく危い  慌しく立つ処  慌しく顔  慌しく奥  慌しく止め桶  慌しく出迎  慌しく映るもの  慌しく肩  慌しく扉  慌しく門  慌しく空地  慌しく引込ませるを拍子  慌しく一文字  慌しく手  慌しく電話  慌しく病院  慌しく私  慌しく駆け込むやう  慌しく眼前  慌しく居住  慌しく佐渡  慌しく一散  慌しく他  慌しく枝  慌しく松  慌しく發程  慌しく看護婦  慌しく引っ張り  慌しく踵  慌しく這身  慌しく坪井  慌しく表  慌しく問い返す玄  慌しく彼  慌しく田中  慌しく四隣  慌しく四  慌しく読んでも印象  慌しく様々  慌しく汽笛  慌しく親友  慌しく二言  慌しくこと  



前後の言葉をピックアップ
慌しき  あわただしき  遽しき  あわただしく  遽しく  慌ただしく  あわただしけれ  慌しゅう  泡立た  粟立た


動詞をランダムでピックアップ
いけどり物慣れめぐま譲れる追返さいりくん置きかわる出直そ引込む掻き暮れ印象づけ撃ち込み申し受けれやつさ喚かにあいバラつかくり貫い透通り
形容詞をランダムでピックアップ
口惜しかろつめたき汚かっやましき哀しきやむをえなかっねばうきよ悪けれいいっ著し旨い恐ろしせんなきわびしけれちいさ憂い嬉しかろさうなつれなし