「諷し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 諷し[動詞]
隠微を諷し  のでも、諷し  社會を諷し  グレンジール家を諷し  時事を諷し  山狩評議を諷し  時世を諷し  武田とを諷し  先生を諷し  ウメに諷し  人心を諷し  改革を諷し  点を諷し  底意を諷し  新政を諷し  経文を諷し  遺憾なく諷し  事を暗に諷し  差別待遇を諷し  半ばヤユとをもつて諷し  仮りて諷し  不品行を諷し  裏を諷し  裏に諷し  世の中を諷し  図を諷し  不心得を諷し  太閤を諷し  頃を諷し  私を諷し  婉曲に諷し  それを諷し  



前後の言葉をピックアップ
風骨  封鎖  風采  封殺  風刺  諷刺  風姿  夫子  風車  風趣


動詞をランダムでピックアップ
押し込めよ見回し繰る択ぼ過ごさ遠ざけれ仕入れるみまもら壊さ出し切れる図ろ出廻らべんするふらつくさかのぼる洗い上げる述べれ踏み躙るこじあけらっせ
形容詞をランダムでピックアップ
気持ちよく何気無いてあらく優しくそうぞうしい欲しとぼしからこす敏いかよわきゆるい黴臭くはがゆく慕わしい慕わしかっ薄寒く清かれつれなし醜きむごたらしく