「裃」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
裃をきてゐても  裃をつけた  裃をつけて立っていた  裃を着けて  裃の肩先が細かく震えている  裃の肩がざわざわと揺れ動く  裃を着ている  裃を着て  裃こそ着ていないが  裃こそきていないが  裃を着た  裃をつけ  裃をつけて現れた  裃に調和している  裃は着ませんけれども  裃を取り出して  裃の肩を脱いで  裃も見えなかった  裃ともみえ  裃というのも見ました  裃に鉄扇を持って  裃に正装した  裃の肩をつけた  裃に似る  裃といふものがある  裃をつけて  裃のやうな古めかしい背広服に顔色の悪い丸顔を載せて  裃を着ていやがるぞ  裃を着けず  裃をさえ取ろうともせず  裃を着たい  裃は着て  裃を着けて踊り出すという  裃を着した  裃を着し  裃を着てゐる  裃の素地として主に織られましたが  裃を脱いだ  

~ 裃[名詞]1
手水鉢へ裃を  アバタ面に裃  衣裳の裃  伊右衛門が裃を  眼まぜとともに裃の  定紋を置いた裃を  紋のついた裃を  人形が裃を  刺繍した裃を  霰小紋の裃を  立派な裃を  ちょんまげや裃に  前には裃も  梨子地の裃という  麻の裃に  ドテラに裃の  後世の裃に  私たちは裃を  錦襴の裃を  彼等が見てこそ裃  頭巾冠りし裃の  太夫には裃を  ほうへ裃を  鬘に裃を  今日は裃を  人が裃を  ひとが裃を  学校ぢや裃を  西洋人が裃を  ちやんと裃を  色の褪せた裃といった  袴や裃の  引取ると裃を  

~ 裃[名詞]2
恰も裃  臭い裃  必ず裃  ともかく裃  いくら裃  

複合名詞
麻裃  裃紋附  裃姿  裃はだし  熨斗目麻裃  熨斗目裃  裃着用  やつぱり裃  昔裃  元来裃  水裃水色  みんな裃  繼ぎ裃  



前後の言葉をピックアップ
かみしめよ  かみしめる  噛み締める  噛みしめる  噛みしめろ  カミシモ  上庄  上正  神城  上新


動詞をランダムでピックアップ
ひたる減らいやがるひれふすすけれ組め行過ぎる飲めりゃ切りかかり貸し出す話し込む書き入れる剪み飛びだす担ぎ訝れわななきせめ闌け喜ばす
形容詞をランダムでピックアップ
恐れ多う根づよい由無きてっとりばやいこの上なき惜しゅうまぶしゅう継しき甲だかいつまらなくっ軽々しくものうき短けれ数多う浅まし耳遠くものたらなゆかしけれ紛らわしくきしょう