「知」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 知[動詞]
ことについてはなさけなくなるほど知  郷土色を知  胃嚢なら知  能は知  ことなら何でも知  何も知  家なら知  事は、すぐ知  三四人なら知  妃は一向知  東京にも随分知  のもまだ知  乙さんなら知  言葉を知  如何に思えるや知  工夫なるや知  位置を間もなく知  馴染でよく知  附だけは知  ドバなら知  途なら知  手筋も大方知  さを知  そんなら知  五目竝べなら知  おいらあしよつちう知  皆がうすうす知  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
知つてるな  知つてるだらう  知つてる  知つてくれてゐる  知つたところに依ると  知て居る  知つている  知しがたくひろがっている  知つています  知なかつた前は決して空想さへ許されなかつた程  知せいたします  知つたやうにさつさとはいり込んで  知つてるの  知つてるだけ  知つたことぢやないから勝手にしろつていふ  知つてるでせうからね  知つたこつ  知つてるのね  知つてるさ  知つてるけれども  知つたらよろこぶだらう  知つちやゐないが  知つてるね  知つておく  知つてしまふには  知を誇らず  知に劣る  知を誇らざる  知つて頂きたい  知と謂ふ  知は是れ行の主宰なり  知の流行なり  知にして  知の飛び揚がり  知せによって中へ入り  知つてるだけで  知つたやうな顔をして聞いてゐたが  知つたりした  知りんせんが  知と情と意の緻密な神経回路網を世界に育てよと  知つてるだけでも  知つたものは居ないらしい  知の財産を人びとの共有のものにしていこうという  知つてるでせう  知つとらうがほれ  知つたことぢやあるまいし  知つちやゐません  知つちやゐねえ  知つてるが  知つてるに違ひないから  知の人には尊敬される  知になっていても  知つたやうな氣がしてゐた  知つていた  知つたからといつて  知の方面の偉大なるを示す  知の問題は知の問題として終始すべきで  知の問題も人間の行動と結びついた  知してゐる  知を得て  知と云う  知を主とし  知がたしとこそ  知する試みを凡そ二十段に分つて  知される  知された  知し得たは  知せられてゐる  知して置く  知せられてあるから  知されない  知が出  知に關しては  知つてゆく  知つてるかい  知といひ  知の顔も見受けられた  知し得た  知ているだろう  知ていると  知つちやゐるが  知で文学にした  知とを二分別し得る  知つとるだらう  知つとるえれ  知つとられる  知つたので私は早速明細な地図を描き  知つてる人でせうか  知つたら試驗前だといふ  知の声なれば  知し得る  知つたかぶりを始めた  知つたかぶりをされる  知つとるちふて  知つていらしつた  知つてるけれど  知つちやゐ  知つちやゐるな  知つてるともな  知せします  知つとる  知に候うべし  知つとりながら  知つとるがな  知りんならないからだわ  知んなすった  知つてるぞ  知つたものはありません  知つてる人はゐないで  知つてるので  知の働きも無想の前には幼穉さを示したに過ぎないからです  知が無心の深さを越え得たでしょう  知は常に人の知に勝るからです  知と能とは天然固有のものなれば  知又明なる處に發すべし  知て事を爲す  知さぬ程だけれど君は先ず私が周旋で此署へも入て遣た  知ないでヘンなにを自慢仕やがる  知なくても先へ取れば  知た者で無くては了ない是ばかりは教え  知て居ます  知て居た  知ては居ぬかと  知つておくが  知つたやうな知らない  知つたかぶりといふ言葉は彼のために出来たかと思はれる  知つたら汝は消え失せはしないか  知つてますからなんだかんだ氣をつけてくれます  知つてしまへば  知つたら何んな顔をするだらう  知つとるだけの  知つとんなさるだらう  知つてるから  知て居るのに  知つてる人に酷く似てる  知つとるわい  知と成って這入って来た  知せに来ていて  知せざる所なるか  知の明ありて  知の明あるが  知を辱うする  知つたちゆて添はずにやをかねえだ  知は真をもって  知する法は東西ともに行わるるも  知して百発百中となすに至りては  知するを得というならば  知するにあらずして  知つていると言う  知つていながら  知つていないし  知つているけど  知つているだけでも  知つていますが  知つていますがね  知つていれば  知つているが  知つていたとしても  知つているので  知つていると  知つているでしようが  知つており  知せに行った  知することのできる  知つたやうに天地間の事を呑込んでゐるから  知つてるだらうが  知することも出  知の明のある  知つてるからさ  知てる事たから今咄してしまっても  知ていたら  知ていますワ  知ているけれど  知た事ちゃ有りゃしない  知つとりますか  知ている  知た事の御交換をして戴きたい  知た家で舌を注文した  知て他を見ず  知ぬ間に約束成立して  知織の輪郭まで感じとっている  知つてるだらうね  知つてるだらうな  知つでゐるので  知でなしに  知つているだけである  知つているか  知つていますか  知つとるからだ  知つたつて  知がさえないでいられましょう  知つてくれる  知しようとするが如きは  知してはなりませんよ  知つているであろう  知つているかというと  知てか吾こひざらんとよみしは  知つてるなら  知する外はないと云ふ  知つたか解らない  知つとるし  知つていたた  知つているだけに  知つちよるやろ  知解せしむるに足るべき  知ということであってみると  知し召さない  知つたかぶりな  知つたら何も彼も打ち忘れて  知つたか振をする  知つていたに  知すること往々これありという  知すべき理あるべからず  知する力を有するにあらずして  知するということを申しますが  知了するを得たり  知に任せ  知つてるけど  知たなら尻尾をさげて  知て居るなら  知ねど此様な気に入らぬ  知しうる  知つているよと  知つてるだらうけれども  知本温泉というのがある  知つとるさ  知つとるから  知てまくる  知せが同志の間に伝わった  知つてるだろ  知つたやうな氣がしてゐる  知つていますから  知つていない  知を辱うしたセイス先生の懇情に浴し  知つてくれ  知つたやうな知らぬ  知つておいて  知つたことだそれから怖ろしい  知つたものがありません  知もあり  知する事の出来ない  知つたその場合に限られております  知つとるぜ  知つてると  知し難き分ならずや  知から生まれた  知つてみると  知つてる人が今仕事をして居る  知に充ちている  知したとする  知して居られた  知の明ありと  知つとるの  知つてるからね  知りんのどツしやらう  知ませんが少々用事も有ますので  知ませんが老人の甥が時々申ますに伯父は命を取られると云う  知て居るだろう  知つとるか  知しようとする  知つてるし  知という官職を帯びて  知てゐたから  知つたのでそれを見たら  知つたかぶる  知つたことではありません  知つてくれて  知する外に仕  知を割り  知を働かす  知を働かし  知の作用のみを働かす  知の働きを主にして  知の働きであるにもかかわらず  知を働かして  知を働かせる  知の働きといえども  知を働かし得て  知の働きを愛して  知の働く  知つてるばかりだ  知つたかぶりか  知ちせて下さいネ  知つてるだらうと  知のなすべきでない  知つたかぶりの意見は避けたいと思ふ  知つてるかもしらんが  知つてしまふなら  知て十万銭を出して  知つたふりをして  知つたかぶりで  知を求める  知つちやあゐないので  知つてれば  知つてればいはうといふ  知つとるだよ  知つてるにちげえねえだよ  知つとるぞ  知と理を傾けて  知と理は奇妙な習性の中で合理化といふ遊戯にふけつてゐるだけで  知と理を働かせて  知を開かず  知て情交あるを知らず  知て其情を養うの  知て子を養育する  知の無知への転換がなければならぬ  知との中間といわれる  知の無知への転換を経た  知とを愛する  知とを分離的に考える  知しうべしとの信仰ありしに基づけり  知つてる人に見られると  知を求むと  知せられた  知との區別をこの意味に解し  知つているでしよう  知つてるぜ  知の意味あるなり  知に落つるなり  知に出るなり  知て子を愛する  知においても門番は男の下位にあった  知過必改と云ふ  知せすれば  知つたか振りを示して空とぼけた  知する能わざるは  

~ 知[名詞]1
ことを知  あれを知  限界を知  二人も知  やうに知  饗宴を知  僕の知て  肉体を知  梟は知  事実を知  公式を知  私は知  君の知  顔をみて知  あとで知  詩を知  ナゼ人が知  自分を知  のを知  組織イになってるか知ってな  上つたことを知  正三は知  勝手を知  キタイスカヤを知  バアも知  ゴオリエフを知  私の知  ものにわけて知は  やり方を知  おれの知  旅行を知  暗号も知  お前達は知  此犬を知  俺達の知  僕の知  ビジ子スを知  事を知  気配を知  それを知  本質を知  お前達も知  わけを知  危険を脱したと知  物を触知  彼等は知を  ちやんと知  お前の知  之を知と  是れ知の  長兵衛の知  何時頃だか知  ニュースで知  方向を知  一面を知  Rutherfordを知  ことをも知  裏を知  犯人を知  子梶喜一君から聞き知  俺なんぞの知  誰も知  歌を知  紹介で知  わたしの知  気性は知  君も知  彼の知  あたしたちの知  俺の知  詳細く知て  全で知  呼吸を知  潔キ意地アツテ恥ヲ知  靜さんが知  何んにも知  何にも知  看板で見て知  ことなどを知  水さんを知  凡俗共の知  ことを學び知  つて學び知  ざることを知  氏が知の  のだと知  すべてを知  理念としては知の  雑誌を読んで知  声を知  怪工に知を  良人に対する知と  ダメと知  恋を知  客観で知を  功徳は知が  存在を知  つて云つてるか知  厭といふほど思ひ知  我々の知  自分の知  覺後空の知に  島が見知の  存在を触知  君も知て  君が知て  駄目だと知  無駄だと知  始めから知  つて柔道を知  理想に燃える知で  情と知とを  上に知  一人を知  方向を測知  神田さんちふを知  誰でも知  あんたの知  繪を知  風景を知  ことを知から  彼も知  三昧を知  受取つて冠つたのも知  言ひかけて罷めたか知  私達の知  頃だと知  病氣だと知  非ずして知の  枯渇と知  歪みを測知  程度を測知  吾人の測知  継母を知  私に知  彼にばかり知  ぐらゐ字を知  行はれてるか知  女を知  高見さんを知  役くらゐは知  俺は知  ことだけは知  夫を知  ものであると知  彼は知  親が生れたと知  ものと知  ことは知  のは知  齟齬を知  なつて始めて知  由来を知  三好達治と知  氏を知  自然の知は  #人の知に  心明なれば知  只勢のみを知て  男を知  世間に知て  長官にも知  チャーンと知  行たか知  罪人を知  其住居其姓名まで知て  其支那人を知て  其製法でも知ては  つた女を知  冨子を知  直吉は知  つたと知  物事を知  乞食根性を知  ものだと知  ことも知  顏を知  お前が知  ものを知  兄さんが知  希望してゐると知  水神淵を知  わしも知  ギャング共を知  利益を知て  後年市島春城翁と知  わたしは聞いて知  話振で知  ロマンスをすつかり知  フエーブレツスを知  皆是が見知と  処へ知  皇帝の与知  公の知を  家で知  三好十郎として知  以前は知  社長を知  君は知  理由を知  名前は知  心理などについても知  つてことは知  事は知  僕は知  僕も知  それは知  此處を知  そりや知  事も知  僕が知  貴島のありかを知  假に知  昔から知  横濱に居るだけは知  ものであるかも知  私自身も知  關係を知  乳母だけは知  匂いも知  頭では知  立川だなんて知  中に知  女だと知  名を知  の私の知  日本人には知  膳立を知  樣達も知  何んだか知  会社まで知  眼には見えないが触知  自分達は知  何でも知  君達も知  勤行の知  経験で知  何れだけも知  つたのを知  そこにもあると知  俺も知  さを知  聞て知  恩位は知て  字を知  私を知て  人の知  私たちは知  此時始めて知  公あるを知て  外国人の知  落胆を知  他人を知  女と知  絶望と共に知  歎きを知  事などを知  通つて始めて知  事も始めて知  なかの知  ぼくの知  なんでも知  何斤くるか知  児を知  村人の知  消息を知  くしが知  前から知  近況は知  容態を知  みんなが言うから知  そいつを知  二三度見て知  きいちやん知  前田正名を知  文化を知  私の聞き知  心持を知  運命を測知  誰にも知  家に来て知  言葉を知  はん時いつと知  説明にはなるかも知  妻であると知  お前も知  なかに知  わしもちやんと知  お前だけが知  平生を知  誰にかけたか知  貰へると知  モ一人他に知  特色を知  批判の知とは  胸中を知  秘密を知  何時か知  心を痛めたか知  間諜であると知  探偵と知  罪とも知  母たいさう知  到着を知  ラ・デュウゼつて女を知  どこにひそんでいるかも知  百説不会只識者の知に  チヤーンとわてが知  初め萩野由之さんに質して知  分限を知  そなたが知て  道理は知ね  のも知  性質を知  神秘を知  活版やで知  ことだつたか知  目に遭おうも知  事をするか知  身を委せたと知  のを聞いて知  象徴的であるかを知  だれでも知  の昔に知  方で知  子供でも知  あんの知  事ばかり知て  出奔したという知  ところを知  心を知  時に知  誰だか知  不足を知  於て知  位置を知  沢庵の知  愛を知  えりあしなども知  たよりを通して知  衆の知  術を知  一人二人は知  情もあれば知も  事があると知  あたしの知  連中も知  社で知  用も知  凡人の測知  お前たちも知  腕前を知  私が知  奥義を知  怎麼にしけんさぐり知  わたくしが触知  二人を知  隅迄知  個人の知  野々宮は知  嘆息を知  澄江を知  動きを知  つてから知  さと知に  全てを見知  兄さんは知  過去を知  了つた事を知  噂を聞き知  往復して知  家は知  二人といつから知  名前位は知  よくあさつてだなんて知  父さんは知  同様に知の  疑いは知の  事が出来ぬと知  何御用か知  確には知  お前も知て  方にまで知  夫さえ知  凹凸を触知  確かに触知  顔は知  断片的に知  筋を知て  奴か知  獨りで知  演出であると知  己を知  歌人の知  国民一般も知  死を知  腹を知  臭を知  位深切を尽したかを知  凌駕してゐるかを知  ものであるかを知  霊だと知  物に向って知を  ここで知を  うちで知を  文芸的に知を  媒介を待てば知の  読者の知を  感覚物を通じて知を  吾人は知の  冒涜を知  中には知  オーセツマへ知  眞に知  指導者が住んでゐると知  新聞で知  専門家みたいな知  あはれまれてゐると知  君等の知  兄様だと知  伝統を知  自己を知  むる事を知て  真実を触知  皆が知  白痴脅しの知  日であるかを知  人間の知を  おいらア皆な知  妾や知  やつを知  漱石の知と  彼の知と  形ばかりの知と  自ら天よりうけ得たる知を  宝石屋を知  肉交あるを知て  口腹を養うを知て  子を産むを知て  無知から知への  そこには知の  無知と知との  転換を経た知への  存在と知とを  徳と知との  徳と知とを  十分に知て  高を知  名所を知  蓄音機とは知  手腕はかねて知  平癒を知  黎君が知  人皆自然に知を  間違い無しに触知  信と知との  クエ彦がきつと知  ことをすつかり知  使用法を知  笑ふかも知  む事を知  時から知  人だと知  樣らの知  時を知  其時から知  貴様らの知  一面の知  手前なんぞ知  中に知の  終は知に  子を愛するを知て  障害されたかも知  時始めて知  至つて之を知  つた俺は知  軽やかな知  踊り子を知  

~ 知[名詞]2
後で知  よく知  はじめて知  初めて知  互に知  どうして知  遍知  既に知  漸く知  詳しく知  いかなる知  なにもかも知  いくらでも知  良く知  かつて知  なんだか知  薄々知  もう知  いと知  然知  むろん知  鋭知  たしかに知  やがて知  何だか知  最早知  なつかしく知  一寸知  已に知  深い知  始めて知  この知  比較的知  さも知  あらゆる知  夙に知  その知  往々知  

複合名詞
知つた久保  知つて  知慧  知ら  知つた  はつきり知  知盛  十分知つて  知つてしまつた  シヨーペンハウエルぐらゐは知つて  皆んな知つてまんが  知つて見舞  知死期  知味  はつきり知つて  人間知  かも知ら  知つたの  始知碌碌読書愚  知是  泰西文物君知否  巣居知風  知つた顔  知ん  知つて自ら小松姫  知慧豊富  始知佳麗也虚名  密奏君王知  知ツ  知ツたこ  知つた獨逸人  知つた夜桜  知理雄先生  弁知  知ルノダ兇牙利的  俺ハ知ル  誰ガ知ラウ気圏ヲメグル  渦巻クモノヲオレハ知ルオオ  知つた時  思ヒ知ルノダ  規知  知ル是レ何人  已應レ知二我此時情一  那ゾ知ラン  寧ゾ知ラン  レ知  知つた人  絵かき知つて  知嚢  温知叢書  知つた後  ぐらゐはちやんと知つて  知つた艶子  知つた魂  知恩院  知ラザル時ニ當テハ必ズ石器及粗造  令レ知二遐邇一  レ知二其是一  レ知哉如何  レ知二案内一既過了也  及ビ危険詳細知ラセ  雑品倉庫ナルコトヲ知リ得タリ  レラレタルヲ知リタリ  証知  みんな知つて  知つた上  知リ淺劣  知つた頃  知つておい  場合知つて  知らい  知つてら  知ラヌ内ヨリ  知つてそれ  情知  たくさん知つて  知らんげ  ニ知ルベシ此  矢張り知つて  知つた風  勝知文  妾知  知越し  知つて何  いつか知ら作つて來  知つた金属  僕知つて  知つて噴火山  つて知盛  知つた言葉  やつぱり知つて  知つた事  技術知  理性知  科学知  知つた恋愛  知つた医者  知二死生  知レ  蓋知而未レ知  知つて而  知是行  レ知二老  知レ命樂レ天如レ是  知県衙門  知ッ  知縁  知解脱  知つて此  知すべ  知ラヌナリ  知ラザル者ト言フガ如シ  知ラザレバ  知ラザルニ等シキ世ナリ  知ラザレバ卑屈  知つて救助  学び知つて  知つた家  みな知つて  者知つて  知つた博物学  宇志知  つて知つた  凡そ知ッ  隔テテ目送スレバ知ラズ誰カコレ楚  知つた賊兵  知つた国民  彦狭知神  お前知つて  郡知恩院  知つた子規  ガアルカモ知レナイ  つて知つて知らん振り  知つて以来  知つて貰  知ツてい  知半解  知リ風雨  知リ天変  天文グライヲ知ラナイデ人間トイエマスカ  知県様  デスカラドンナ事ガ起ルカ知リマセンガ  イツモダト私ハ知ラズ知ラズ  知つて私  一番沢山知つて  先づ知つて  知リ  知ル  知ラザル所ハ  知ルベシ  知ル如シ  一基調トスルコトヲ知ルベシ  知リ露國  資ニ結ビタルコトニ存スルヲ知ラザルベカラズ  知ラザル者ナリ  知つて迷宮  知つた女  知つた悦び  覺知宗昭  知ルトイヘトモ  改テ知ルト云事スクナク  タトヘ知ルトイヘトモ  知ル所ナリシガ  知レリ  知ルニ至リシモ  日本石器時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ  一致スルヲ以テ知ルヲ得  對照ニ由リテ知ルヲ得ベク  比較ニ由リテ知ルヲ得ベシ  知ルニ由  間ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ  知リ居リシ事等ハ貝塚發見  比較研究ニ由リテ知ルヲ得ベキナリ  ジタルヤモ知ルベカラズ  ヲ作リタルヤモ知ルベカラズ  皆此研究ニ由リテ知ルヲ得ベキ事項ニシテ  知つて來  案内知つた者  お前知  顏ぐらゐは知  通り知  知つた奴  知覺  知覺的具象  ローザつて知つて  バンクロフトつて知つて  そり知つて  知つた氣合  つて知つた話  知つた方  内面的知覺  新潟県西頸城郡根知村  根知村  諒知  開知  脩徳開知独立  知つた足  日並知皇子尊  出人名乎問所知志  物知  知情  知つた所  昨夜知つた女  其去二中國聖人之世之地一不レ知二其幾一也  知二天地化生  知つて天下  知つて慎重布陣  知つてポルトガル  錨知盛  知盛憤然  知ン  明日知レヌ命  ウコトサエ知ラヌ弱ク優シキ者  知ルヤ  知ヘノ愛デハナクテ  知トシテ成立セシムベキ様  体系知  所知  知つた一筋道  昔知つて  案内知つた隠宅  シモ知ラナイ  知つて感動  感性知覺  内的知覺  知覺説  知覺判斷  日並知  知ら人  知らむや  レ知かた  知ラズ  方々知つて  あたし知つて  知つて啓蒙  知つた時代  能知  つて知つて  レ知二王公一  レ知二子細一申状也  二幡磨法師之不一レ知レ恩候者歟  知院事等差遣之条  領知  方知色是空  知つてたん  知らざった  希知  知つた類型  知つて味噌  知つた昔びとにして  危篤ゆえ知  知ッテ居タカ  友田ハソノ頃便所ニ立ッタカモ知レヌト申シテ居ルガ  私ハ夫ニハスマナイト思ウカモ知レナイケレド  知ッテ居リマシタ  気モチハ一寸オワカリニナラナイカモ知レマセンガホントウデス  君ハドウ思ッテ居ルカ知ラナイガ  料理知つてん  オ心アタリノ方ハ私ノトコロマデオ知ラセ下サイ  知ラセテ下サツタ方ニハ  仲知  知つた千恵  知つた者  みんな知  かも略知つて  知つてよう  知つた姥  唯知つた事  知つて光代  知つた此  木花知流比売  知縣  翌朝知縣  知県  翌朝知県  其時知  知つた世界  知つて貰ひたい  客來夢覺知何處  法人知否  知つて震  知愚  知つて待ち構  知つて時  精知  偶然知つた車夫  知つて善作さん  総て知つて  知つた貸間  あらまし知  二三知つて  知つた時分  知つた兼家  よう知つて  宮知つて  知らぢ  知是妖怪所爲  知つた男  俺知つて  知つておの  西来知幾年  知是台湾近  知レ吾独有二  レ知何処是西濠  レ知喜望峰何在  屈レ指欲レ知幾週後  知つてたんぢ  知つて廊下  中納言知盛  平知康  鼓判官知康  知つてん  物知顏  知つた老爺  いつか知つて  知つた人ゆゑ  知つた露助  知つて気の毒  知ラネバ何分ニモ見当ラズ  知ラヌぢぢ  判知  云ふ報知  チヤント知つて  知つて空呆け  知安行  知つた趙孝  婦知レ  知つた圓山川  猿知慧  眞僞有レ誰知  恬不レ知レ怪  一部分知つて  知而共爲二昏姻一者  知レ情藏二匿罪人一  復知上レ有二綱常  知レ爲二人子一  知而共爲二婚姻一者  レ知二其姓一則卜レ  劉知幾  惟爾知惟殷先人  有能先知數世後事  知府  知つた事ぢ  気持知つて  江知勝  通つて知  野辺知翁  知字  知つた今日  知つた同志  知ハ  思イ知ラセマス  欲知島  知つた商豪  加牟流知  知邊  行楽何知鬢欲レ華  知つたあと  頃知つて  覺知  知下博物志此條  土師臣中知  知解情量  知らん面  知参事  知つたくら  知ラシメズ  盗み知ッ  知姫様  知つた青年代表  知つたわたし  大方知つて  命数ナキヲ知リ  知職人  喜知六  知藩事  久知  知雲雨会  知つて日々  知吉さん  嫌ひな知吉  相沢知吉  知吉  頃知吉  それ以来知吉  それぞれ知慧  知教  知つて安心  知つてあなた  知盛以来  知つた顏  重々知  ハ云フカモ知レヌ  諸君ハ知ラズ識ラズコヽニ永代不滅  司貞知  小田時知  大西つて知  知盟  與知  知覺缺乏  知覺鋭敏  講談師伯知  知交  覚知  知つた人間  あなた知  知つて面會  知つた自分  彼女自身知  たくさん知  知盛以下二十人  知辺  於呂知  於呂知さん  人みな知つて候  知つて了つたん  知新流  知つて早  わたくしみんな知つて  知つておいで  知つた阿佐ヶ谷附近  レ知候  とこ知恩院春酣  知恩院石  程知つた場合  皆知つて  知らん間  綱鑑易知録  神野忠知  種知  忠知  武知幾右衛門  武知先生  武知隼  武蔵知安氏  内々知つて  生物知  從來交誼知ル何事ゾ  後世必ズ知ランレ  秋氣早ク知ル荒僻  レ知ラ二其  始テ知ル二安武  知つてけつ  知つた兄  知つたそ  知つてさ  知つて主人  知つた信州姨捨山  知了  知つた積り  知つた機會  知つて氣  知つてらい  ぼく知つてら  知つて郷里  名前知  ぐらゐつまらぬものだと知つて  知つて二人  知十  拝知  既ニ知ル所ニ有  知ルヲ得ル事ト為シ候而  兼知  知らざあ  知ラレザル存在  知つて後急  知つて非常  最近知盛  碇知盛  中納言知盛卿  皇子ノコトヲモツト知リタイ  者ドモニモ知ラセテヤリタイ  無理カモ知レマセヌガ  ヘル者ノハリツメタ心モ知ラヌ  内藤知親さま  知ルヤト尋ネシカバ伊豆  歎キワビ世ヲソムクベキ方知ラズ吉野  はつきり知つた  知ツテヰマス  ジコトカモ知レマセン  知つて喧嘩  心知  知積院  わけ知ら  ニ知ル般若波羅蜜  想知  能ク知ルトコロニ  知ルコトヲ  菩薩究竟地ニモ尽ク知ルコト能ワズ  上有知  知恩院古門前  訳知つた人  さつき知つたのさ  卜知  場知  裸男知つた風  不可知  上原武知君  知頭郡蘆沢山  細井知慎  長知  藩主長知公  藩主長知公京都  長知公  ところ長知公  時長知公  藩公長知公  藩公長知侯  侯爵黒田長知侯  知つた心斎橋  知つて僕  つて知  妾知つて  知つた有名  知つたプーチヤチン  知つて心  あんた知つて  屹度知つて  知術  みんな知つてら  善知善能  大抵知つて  今村知商  五斗五升知恩院東川ばた屋敷  師匠喜知太夫  喜知太夫  直接知  おじさん知  こと知  事ばよう知ッ  一ばん知つて  略知つて  知ッテル世界  知善院  宝生山知善院  知顔  知らざあともかく  知ラ  こと知つて  私知  知善院寄留  ルコトヲ知リタレドモ  持ツコトヲ知ラズ  愛スルコトヲ知ルモノナリキ  ソノ艱苦経営知ルベキナリ  困難ハ知ル人ゾ知ラン  知つて行つて  方ぐらゐ知つて  大概知つて  ガ知ラヌゲンゲンノ花  附知村あたり  各国公使諒二知斯旨一  事知つて  知つてりや  知つて十  此の間知つた  民知  遠江国敷知郡地方  敷知郡  神知  これ神知  安全ヲシテヤッタコト幾人カ数モ知レズ  知ッテイテ世話ヲシタッケ  知ラヌ奴ダカラ  何事モ知ラヌト  知ラヌ顔シテ居タラ  ソレカラ何モ知ラナカッタ  オレガ知ラズニ行ッタラ  骨ダカ知ラナイガ  知ラシテ来タカラ飛ン  オレハ昨今ノコトダカラ知ラズ  知ラヌ顔デカマワヌガ  何者トモ知ラズ  エテ知レヌカラ帰ッタ  知ラヌ兄  知ラヌ者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラ  ッテ仕舞ッタガ二月バカリデ知ッテ  トウトウドコマデモ知ラヌ顔デシマッタガ蔵宿デハイロイロセンサクヲシタガ  知レズニシマッタ  キナ物モ知レヌ  ソノセイカモ知レヌト思ウカラ  ハ行衛ガ知レズ  身ニ成ッタ者ガ数知レヌガ  ケタカ知レヌ  シ知ッタラ  知つた結果  知つて小母さん  外知  知つた始  知其名  姉さま知つてら  知世子  知世子自身  知世子さん  数々知つて  知つた次  名前知つて  知つて御覧  貰つて知つて  知十翁  知つてここ  知君報国満腔気  人見知  レ知二傍難一  知つて世の中  知有識  ぐらゐ知つて  きり知つて  よう知  知つてはる  知つてはるえ  是非知つて  知つて其車  ちや知つたひと  ちの知  知本  知つて偶  蒲生忠知  知つてなほ  乎呂知  久知奈波  乃豆知  限り知  偏知教育  知つた由来  知方  何百人トイフコトヲ知ラズ  知らア  おら知ン  レ知とき  覚知認識  知源寺  神鞭知常等  人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル  知らざらん  ざつと知つて  和計伊加豆知  しき日知ら  鼓知つて  損知つて  知つた重吉  皆さん知つて  ん知  なつたん知つて  知つた兒童等  知つて顔  一寸知つた程度  かじつて知  タガッテ居タノハ君モ知ッテルダロー  知つた異人  知つた初め  知つた曉  知つて驚き  一目瞭然ニ知ル可シトス  勇將攀安知  始知二  知我者其惟春秋乎  知下以二剥解  レ知レ存  レ知レ古称レ師如何  判事サンナラワタクシヲ縛ルカモ知レマセン  知嘉  知嘉姫  知つて不信任  ツイ知らん間  知二管仲晏子一而已矣  レ知二其仁一也  つて知つてまさ  知つた禁斷  皆サンモ知ッテイル通リ  始知非力  知つた鮭  うに知つて  知つたやうに  捕捉シ知察雋敏省悟透徹スルトコロアリ漱石  シ知ルコトアラバ  知説  つて紙白粉ぐらゐ知つてら  時知つたの  佐藤正都知  こと位知つて  知つた瞬間  一知  一知青年  それ以来一知  アノ一知  海路モオシハカリ知ラルベシ  慥ナル事ハ知リ難シ  イカナル原因ヨリ生ジタルカハ知ルベカラザレドモ  興起スルニ至リシヤモ知ルベカラズ  二應レ知國一  二汝命御腹一之御子所レ知國者也  欲レ知二其御名一  知つて慄然  知つて驚ろ  知らめ  若干知つて  あらまし知つて  知つての  知つた男子達  自分知つて  知つた土地  数ウ沢山知  知つた文學者  露知  知つて今  知るこつちや  かもみな知つて  祇園清水知恩院  上知我麻祠  世間知  知與子  知つた卓一  究知心  窮知  レ知二何祥一  みんな知つた顔  知つて故意  仏蘭西人物白川留雄ルイーズ・モオプレ手塚房子手塚正知ポオレットマルセルルイーズ  欠レ知  民部卿知家  知我恋  豆知波利  為ルヲ知ル  温知叢書百万塔  かも知  知つた咲子  修心開知  目のあたり知つて  徐知諫  知州  参知政事  知県なにがし  其幾千万両ナルヲ知ラズ  能知自身  甥知家  一度知つた  知つた私  知つて了つて  ひとつ知つて  ゆゑ知つて  知ル所ナリ  発知  自ら知つて  知つた女房  知意  知つて精神  シムボル九月十五日知恩院  市來知  知天命  知つた女性  知つたふう  やを知つて  知つた次第  つて知つたの  知つた月光  知ラズ秋思誰ガ家ニ  蓮知坊・行珍坊以下  知つた一人  午枕清風知  あたし知  相撲知つて  ヨク知つて  知ら心  むることを知  知栄  知つた彼等  知つててい  うち誰ひとり知つて  誰ひとり知つて  何もかも知  知慧者  為レ知候  自然知  知つた信玄  知つて領内農民  覚知せり  知つて天皇  八島国所知天皇  知つた道鏡  求知  解知  知つた燈火広告  寄つて知らん間  四知  知脳的  京都百万遍知恩寺  知つた男たち  君知つて  知つて了  知つて竦然  味知ら  求むるがゆゑに一知  知惠  功徳知  知愛  貝知  日子伊沙知  君伊知遲島市  花知流比  父血浦知訶近つ飛鳥近つ飛鳥  日名照額田毘道男伊許許知邇  不可思議不可知  声色知  様子知つて  みな知  知つて議論  且遍ク知ラレタルトコロニシテ  知つた私自身  レ知二何処一  伊知地正治  知解  知つた丈  神知霊覚  解知さる  さつき知  ぎへなむたどきを知ら  天才カモ知レナイ  ソノ何者ナルヤヲ知ラズ  知忠  伊太知  知つた義兄  知笑  知つた子  レ知二其異人一也  



前後の言葉をピックアップ
ダーヴォス  だ円    治まら  治まり          


動詞をランダムでピックアップ
取り掛る使えよ荒らそ染め付け売り聴き入り取合せまくし立てはじま走り出るまとえるまとめあげん紐解か合わはいあがる載っかっ倦ん取去る不貞腐っはたらく
形容詞をランダムでピックアップ
物凄恐れ多い気味悪い女々しきまだるっこ素ばやかっ高う夥しいはらだたしい恐多忌いまし胸苦しかっむさいせちがらい福々しく睦まじい待遠しくしろき清々しい得難き