「ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ち[動詞]
そのまま肯定し、ち  悟りすましでつち  花洽ち  声をち  妾、ち  一行に書き将ち  ヂュリエットあい、ち  ちょん、ちち  顏をして見せるんで、こつち  ぢをち  人たちとはち  ことをち  それをち  身ぬち  腹がおもくてとべないので、よち  つた、ち  大根、ほうれんさう、ち  雨がやまない、ち  ことをねがつてゐるにち  ものは、ち  お茶道具を集めてまいにち  すなはち  一体どつち  笑はれるにち  めをち  大根、ち  つても、ち  いちにち  やうにち  けふいちにち  ゆふやみのうらみち  はばかりへち  酸物、ち  うまいなあ、まいにち  蕗とはち  口が干上っち  日の出っち  あそこなんにも無しっち  何んち  直樹さ帰って来たっち  さまさ、ち  イおだてられてち  補助金が出るっち  んだっち  鶏どち  新聞に、しよつち  宿替へしてやれち  手紙偸み見するち  世話してるち  私はち  たづねてくれて、なんにもないけどち  身心やつと落ちつく、ち  畳へち  友を訪ねても、ち  空梅雨いちにち  さくらがちるち  ついでに立ち寄ち  兄さんは、ち  ものか知らぬが、強ち  のは、強ち  其積りで強ち  ひとりぽっち  ゅう、ち  ゅうちゅうちゅう、おやち  却って不忠に陥ち  尻などがち  無沙汰を致しやした、ち  やうで、さうなると、ち  わだち  彼とすれち  故里をかしまだち  こんにち  閉ぢこもつてち  老人から、ち  寝床にち  行儀わるくくひち  ブルヂヨア町なのに、その、くひち  ことに、このくひち  條虫が出ち  から、ち  夜の明けるまでち  うまい、ち  当人にち  片隅にち  兒ちやんは、おやとりつち  へんだ、おつち  私はしよつち  なつたが、いつもとはち  酒を飲ませち  ことにち  秋山家とを取りち  行列と思ひち  行列を取りち  こなたを困らせち  山ア取上げち  こと、ち  言つち  ボーナスに、まだち  旅行はどつち  ものにち  食ひち  なりはち  そちこち  一人ぽつち  買ものはち  男としよつち  先が、つち  思いでこんにち  先祖は、ち  神主さんはたべたにち  心を起したにち  先とはち  袋なぞへ入れないで、こつち  汝を見むことをせち  人達が停ち  友愛生活になると、ち  確定してはゐないが、どつち  顔だち  トラクターの重いわだち  ふたりで、ち  肩をち  今、ひとりぽつち  人は、ひとりぽつち  喰つち  彩色してくれるにち  勢ひが無く、ち  みんな、あつち  あいつ、ぶっち  ちまいにち  つきに焦げたこのち  あまい唾をためてゐるち  わたしへのばさうとして、ぽたりぽたりち  日のいくにち  さな風がゆく、ち  乳房のうへをすべりすべり、ち  ぢらひをつつみ、ち  目鼻だち  うえでないと、どつち  夷とはち  文明人とはち  たかって、おちち  方でも、ち  ために、ち  それから秘書官に廻されるち  空はち  惱むいち  私の読みち  機会と撲ち  中へ陥ち  古井戸へ陥ち  多くはち  年寄もどつち  人民を撲ち  恋に陥ち  伴れだち  身をち  上に、ち  ことはち  それゃア当座四五日はち  ミスが、まいにち  母ちやまに話してち  手をやいたにち  皮肉なぞはち  私は、ひとりぽっち  まつぷたつに割れつち  雜誌をあつちこつち  狼とどつち  足先で、あつちこつち  足をち  首をち  ツ廣い平原はち  お前こつち  外はち  人さんだち  一寸枕から顏をあげて、こつち  云つた事について、あつちでも、こつち  俺だち  中にち  氣持が、ち  母にはち  底になれてゐたので、ち  度毎にまるで、のびたり、ち  一度に、こつち  ばつてち  痛みはち  うどつち  それから一寸置いて、ち  自然とあつち  から、あつち  いつまでも遊ぶとも遊ばないとも、どつち  方で考へち  幾度となく聞きち  體躯にち  一枚があるにち  喧嘩しち  はじめは、そのどつち  屋根と、ち  先刻からしよつち  私だち  ままなち  のはこつち  もの、こつち  んだ、こつち  信用しち  言つちまわれると、こつち  態度はどつち  それはどつち  さそうだが、こつち  意識はどつち  のだから、つまりどつち  放免共、強ち  たけだち  行つち  身體は一度揉んですつかりわかつち  うちに掴まつち  參つち  利用されっち  有志だっち  何百何千でも貸したっち  次官も参っち  こないだは痛けえだったっち  音も出させまいと凹ませたっち  なんでも出来かかっているっち  それはち  やうにぽたぽたと落ちてゐるにち  これ倖いと、ち  何か、しち  鬼がしち  後でしち  雛鳥、あつち  寄つてはいけない、あつち  思つて、あつち  男だから、こつち  之倖いと、ち  これっぽっち  人々の、ち  女を見るがごとし、強ち  心はち  日だち  あなたをひとりぼち  芸者ははちはち  頸がすなはち  へんなち  斯うだ、ち  私はもう捨てばち  冷たいこうまんち  誰がなんち  高股だち  裂らしち  これ困っち  昼寝しているっち  駄目だっち  医者っち  境涯に陥ち  んだち  八文銭でもねえち  なんねえなんて行っち  外米だち  百姓しねえなんち  先生さま、もうおむかへが来るんでさあ、どつち  痕がたがひち  んでち  のだと思えるかもしれないけれど、強ち  風声で、どつち  マヂメ、どつち  何だか、ち  彼は、こつち  扉をあけて、こつち  せがれからも、しよつち  支度をち  ぢつとこつち  月夜に、つち  しながよくまるでち  額をみるち  あっちこち  神様はち  掃除さしといて呉れち  これは、あんち  やらかして、ち  ざあ、ち  切口、ちちら、ちち  くるぶし、ち  外からこつち  自分にち  から私はち  気持は見ち  ちょうや、はち  行衛を晦ましち  方はどつち  やうに、入れち  もう一度こつち  歌つてくれるにち  道を忘れたあつち、こつち  三自身はち  なあに、どつち  のともすれち  いくらでもゐるにち  しか兵隊にち  身体中そちこち  身體中そちこち  要求通り越しち  顏だち  方にち  音はこつち  下、こつち  勢で、こつち  やうにこつち  鉦をち  うに近所迷惑とはこつち  人だけに、こつち  やうで、ち  つたにち  いふ時機が来るにち  花が咲きち  女房だとなるとこつち  僕んち  ことを見たつて、ち  あとからあとからつっち  たしかに白昼よりも明るいにち  みんな捨てち  全でち  張りあれにち  役人ぢやとしても、どつち  僕にはどつち  結局どつち  意味とはち  物があるにち  事実それにち  処を見つけち  もんにち  顔に惚れち  墓地はこつち  酒ですつかりぼけち  釘づけにしち  張り切支丹にち  さな砂丘をだらだらとおりると、ち  砂丘をおりて行くと、ち  夫婦はち  しまふとち  覚束ないので、こつち  から、こつち  みんなのんびりとしてゐて、こつち  云ふんで、こつち  命令でどつち  街角をこつち  みんな逃げち  ん、こつち  ことが、ち  つて来るといふだけで、こつち  そんならこつち  人民、こつち  のは、実は、こつち  のをみてゐると、こつち  印象では、ち  舞台裏から平気でこつち  事変で、こつち  速記者をち  ものはち  往つち  ドルフ、こつち  さま殊にきはだち  北風になびかせたるは殊にきはだち  山風寒しち  国へかへらす、ち  得がてにすち  原因があんまりこつち  城壁のこつち  誰かこつち  ひとつこつち  きみ、早くこつち  やつぱりびくともしてゐない、てんでこつち  ときリンパー先生が、いきなりこつち  四百にち  わらつてこつち  馬をこつち  骨があるにち  時とは、まるでち  蓄音器がしよつち  若い娘だち  癩病にち  容易であり、少くとも、こつち  所へ来なくち  先行つち  間違つち  狂つち  うちにち  あとが絶えち  ぢにや、ち  縄なんぞ、ち  日さまでさえ、まいにち  二足にち  カン蛙が急いでち  中に陥ち  路易はすれち  彼はすれち  海がどつち  暴風雨にでもなりますと、あつちでも、こつち  子供たちをみてゐて、ち  みんな出払つち  ぢつと、こつち  畑をち  月ぎめでも年ぎめでも、どつち  農具も、こつち  向うから挨拶でもされなければ、こつち  細君だち  みんな閉まつち  顔が荒れち  うめ合せだち  お金をまうけたのにち  それからは、ち  仕舞つて居たにち  笑つち  調子で、ち  来客と話すよりも、こつち  それがこつち  馴染ができれば、ち  方なら、ち  八月中あつち  いちんち  ちよつとあつち  皆気を焦ち  それは大ち  方をち  ほり会社にち  中へ入れち  炭釜に入れち  それとはち  方へいつち  白つち  白状させられち  和寇とは一寸ち  事などはち  お十夜が、ち  危地に陥ち  中核に陥ち  別荘だち  長屋だち  毎日まいにち  高天ゆ光はち  影おつるすなはち  私は決して捨てばち  青年だち  今度はこつち  蓑笠隱者なんぞとは、ち  それさへち  私、ち  無精に陥ち  來つち  橋がある、こつち  わたしを撲ち  何か思ひち  はつてるので、どつち  根本にち  イヤ、ち  中みたいじゃないか、あッち  毎日あつち  面だち  傍だち  ホスピタリティにち  ぱちりとした目鼻だち  むとおもひなりぬ、ち  戯曲にでつち  われひとり行くせち  樹下みちかなしめりともせち  めづる片心せち  犬がぬれて停ち  桜さくおぞけだち  春のあめつち  ほとり地を撲ち  唐停ち  から、あッち  あなたに、わち  潮だち  藤波は、ち  今まではち  ここのところが、ち  奉天が陥ち  彼はしよつち  はずみに、わち  せん、わち  西東あっちこち  のを、強ち  糸を下しても、ち  ろぼうなんかはち  さらつていつたのにち  ことにそむいたばちにち  男の子はいちんち  腑に陥ち  一緒に飲まないか、こつち  ザザ虫を食えんち  展望もめち  常陸山対梅ヶ谷というも、強ち  方では、まだち  つて、ち  おらだち  お前もよっぽどばち  あなたは、ひち  島島はひとりぽつち  おれが、ち  庭石の馴染まないあらつち  ーゆーちょうちょう、ち  ゅうゆーけつけつ、ち  活動するち  張場はいちにち  昨日いちんち  私達は強ち  日は来るにち  つていふ場合、こつち  下駄をこつち  なつたら、ち  店をやめち  外をあつちこつち  家柄はあつち  私とはち  男はあつちへよろめきこつち  海とどつち  内にこつち  独りぽつち  俺っち  それにち  蟻はち  仕事となり、そして又しよつち  目はち  さにち  ものね、そしてち  みんな非常にわづかなち  性質で、ち  小さなかなぶんは、ち  蝶か、どつち  雨はち  目的はち  仮りにち  互ひち  罪になるにち  宅助、ち  侍としち  詭策に陥ち  一番北海道らしいにち  から、どつち  泥遊びあつち  こいしよこつち  ゲツコと逃げて来るどつち  さうだどつち  数噸も増すにち  庭ぬち  音は、あつちにもこつち  道をあつちへ曲りこつち  丈でち  あとはち  姿はち  から海はち  湖なのはしよつち  節のまるでち  つて其向きも亦ち  大門近くとはち  お前さんからすれや、ち  子供さへこつち  値段をち  金融会社を、あつち  俺もあつちこつち  村さん、わち  重要さは、強ち  方はち  何かつるつる、ち  営養をとらなくっち  所へ行って断わって来なくっち  んをち  つても、かたくち  片手をかためてしやぶりながら、ち  いくらをしへても、ち  一しよに、ち  わきに立つち  すゞちやんはいつの間にか、ち  すゞちやんは、歩いてはたふれ、歩いてはたふれして、よち  すゞちやんは、よち  イデオロギー的自負を、強ち  三十円ぽつち  それツぽつち  もの、ち  ものをち  一斉にこつち  ちや行つち  二三間あつち  ちの方に引き返したりして、しよつち  二三十分間あつち  行つたり、こつち  併しどつち  而してどつち  ぼっちやんとっち  お前どつち  てめえ一人で何もかもひっち  あはれやむすめち  裏毛を、白く光らせて、あつちでも、こつち  しまひにはこつち  からにち  ことなのだが、まるでち  質においてち  らつてはち  彼女はち  鹿児島はち  母子に摩れち  みちのほど、べち  とき、ち  ものは、かくべつなち  かごをいただいて、まいにち  それに、とてもしち  そのまま棒だち  場合などに感ずるにち  夜も深い睡りに陥ち  眩惑にをち  てゐますからね、こつち  やうにふくれだし、果てはあつちにもこつち  殉はしめ、及び強ち  彼はち  知識を備えているにち  力と、どつち  酔つち  心からにち  話題にされてゐたにち  他人にち  父も讀んだにち  あなたはち  それは、ち  行つたのを、ち  今度は、あつち  今日までち  一命をも抛ち  一命を抛ち  牛がなめるつち  母さんあつち  のとはどつち  一ヤール十七円で売るち  一人じゃ持てないち  一箱十円であるち  それは、こつち  家一軒ばち  使い残りで悪いけど、それだけばち  あっちちち  天狗猿、死んだ、みすぼらしい、ち  憧憬や、しち  指示してゐるにち  マントも着てゐるし、ち  寒かないがね、さつち  お里はち  さつき下駄屋からこつち  かくれんぼなんぞ止しち  ところには、どつち  私にはどつち  姉で、どつち  時計がこち  人もあるが、強ち  弓子は、ち  群らだち  角へかかりますと、ふっと消えち  お前、ち  能面も見てゐたにち  竺志船物語と、ち  幻影に取つち  子供を撲ち  乘り、そして、きちんとち  友どち  目鼻口をち  眼付をしながらこつち  それはもう、寝られなかつたにち  ちやんち  股だち  やうに消えつち  おい君たち、こつち  だまつて立ち上つて、あつち  かさに、こつち  通り取つち  東京のあッち  先生はち  からかっち  ぢや、早く着ち  お前に寝ち  何うでもなるに、ち  からとてち  やうに成りませう、ち  のだ、どつち  ものとはち  刺戟するにち  ひとりだち  もう少しあつちこつち  声だち  招待客はしよつち  観音をでつち  手伝はせて、あげち  なに、ち  人物とにらんでゐるにち  天然真珠にち  顔をしてゐられる、甘ち  虹、こつち  あなたのをこつち  形はち  踊りがすんだら、こつち  程、ち  堀君はち  堀君は、ち  のか、どつち  つても、こつち  だっておれ、あたまでっかち  きぬねえち  おまえがあたまでっかち  おかえり、でっかち  ときでっかち  次第買つち  使つち  使ひに出しち  心中しち  おばあち  にしやち  結構だ、どつち  仮名に改めるしち  読者はこんにち  政治家がこんにち  革はち  日限が切れつち  そこの、ち  猫とはち  勢ひで、こつち  ちやめちやに荒らされつち  実のつめたいおちち  それから、はち  空では、はち  空のはち  にわかにはち  かがやき、はち  ちやん、おたあち  落第させち  赤羽行きで、あつち  しかこつち  両側はどつち  挙動や、ち  山門から外へ抜けるのであつたが、しよつち  人々がこんにち  物語を読んでち  ん、ち  柿の実にち  重囲に陥ち  思つてゐると、こつち  そこに誤ち  上半身をねち  父つあん、ち  勢ひでこつち  中からこつち  向こうからはこつち  これはこつち  つまりはすなはち  不思議なち  証拠はち  運命にすてばち  自分をよしとしてすてばち  女のすてばち  もんが出ち  中でも、のびたり、ち  いふ事をち  やうが、認めまいが、こつち  次の間に立つて、こつち  身體はち  背のびをしながら怒鳴つたが、ち  氣持はち  自分ではち  前で、こつち  答をち  事はち  つて、こつち  彼から見れば、こつち  いふ事はち  外にち  意味をち  殆んどち  処がある、其のち  其をあつちこつち  一休み休まつしやれ、ち  二ツをこち  独楽にこち  家庭では相当やんち  粉砕されち  華雄を斬ち  商業すなはち  のはさすがにち  私にはち  野心作にはち  日いちにち  力はち  彼女だち  先生だち  若い彼女だち  生徒だち  廃止しち  駆逐しち  途方にくれち  原稿を、暫くあつちこつち  方から、ち  てんでんばらばらに漸くああさうかと分つて、あつち  クスリ、こつち  兄さんだち  あたりをねらってち  ぢやこつち  なかにおつこち  髪をち  それがすなはち  北海道へ渡ってひとりぽっち  何んかをうつして来ておかなくっち  みんな水兵にしち  今にこつち  混雑に陥ち  平生からこつち  文化性はこんにち  浮浪者たちのこんにち  夕方小倉氏が来られて、かなりち  ちや困つち  ものはこつち  赤シヤツを著て、剥げち  男は、どつち  ことを諦めかけてゐますのに、必ずまだ生きてゐるにち  リヴィングストーンにち  偵察にち  便利にち  人だち  つてはち  尼さん達はこつち  のは、ち  數へち  僕はあつち  小熊ぐるぐる廻りて、時々ち  鯛ちやんは、はち  低唱しながら屡々、ち  アダムでどつち  相違にち  とどつち  あめくんは、ち  ものをば悉く抛ち  愛欲せち  雨障子のをち  城は陥ち  つもりで、こつち  知らないところで、しよつち  行つてみると如何にもこつち  昔はしよつち  場合場合でち  むづかしい事には、ち  生のくひち  のびやかな、くつろいだ、どうかすると、ち  小浪ともうすち  やうに、ち  皆なこつち  角、どつち  あなたは、ひとりぽつち  人間の誤ち  おまけに、こっぴどくひっぱたき、ねろち  ゅば、ねろち  そりゃこそででむしが角だした、ちっち  日いちんち  一度よ、ち  二度よ、ち  三度よ、ち  数学掛け算はしち  孰っち  麻酔に陥ち  いふふうに、せいしつが、たいへんち  だまつて、ち  まめつぶほどち  説教をち  首でもくくられたら、こつち  やつてきたら、しよつち  顔ごと吹きち  こと昼夜七日に及んだが、陥ち  門は陥ち  死守して、なお陥ち  眠に陥ち  破滅に陥ち  自分の陥ち  仲間へ陥ち  さくらちるち  からのまいにち  葱坊主ふるさとはち  枯田汗してはたらくまいにち  言つても、ち  語形組織に、ち  かいと、ち  紳士すなはち  心境など、ち  路上ですれち  コーラスを始めても、ち  サアこうしち  眠りに陥ち  私はひとりぽつち  ひとりぽつち  みんな、ち  人はほんとに、ち  パンを少しぽっち  笑はれてよいにはち  對しても強ち  來たにはち  吃驚しち  蝶々はどつち  陽をうけててもち  夫人も、ち  真実を見えなくしち  書斎のあつちこち  からだがひどく弱っとるち  千二にち  何が良えち  正月出来るち  五百機ぽつち  戦陣を逃げ、あつち  知つたにち  大迫は、ち  口を利くせえかっち  事こんにち  縁起でもない誤ち  一人ごち  仲をち  何っち  隙だから、ち  歩行てばかしゐて、ち  いとせち  座談会をみてもこんにち  上眼使ひにしよつち  木賃宿とそんなにち  男はしよつち  浪費されてゐるにち  ぱつぱと使つて、ち  従業員とはち  仲が悪くて、しよつち  又三郎さんだち  參詣したらむこと、強ち  ことかこつち  白が途切れると、あつちでもこつち  潰乱に陥ち  古来、陥ち  城が陥ち  ヤッと行っち  ゃあがって、ち  俺んち  サンザン殺しやがって、ち  全体をち  ほこりをち  のとは大ち  喰ひち  畸形はすなはち  大変であり、なんとかしてこつち  時分から乳を撫でてやるち  家をすつかり焼かれち  気持をち  女かが、どつち  つて、あつちでもこつち  思つたら、どつち  感情にはち  ものがあるにち  女がこつち  これを履きち  時には、ほんとに困つち  んですから、ち  病人を、こつち  からあつち  兄さんは、あつちこつち  思つたら、ち  指をこち  鼻がなくなつち  ぢつとち  二週間ぽつち  ことなんか、ち  勉強しなくち  ふつとんで、にげち  たくさんですよ。さあ、あつち  贅沢品にち  娼婦上りにち  ことなしに、ち  同然だが、ち  こと、そのどつち  殻が、ち  いやかもしれないが、こつち  暇を出すち  苦戦に陥ち  むる方便なりといえば、強ち  百事を抛ち  葉子は捨てばち  たたずんでいたが、ふとどうにでもなれという捨てばち  ようにだち  本城は実に脆く陥ち  荊州の陥ち  荊州が陥ち  奸計に陥ち  界わいではち  ねえさんだち  ア、ち  輪をち  ところはち  サイパンが陥ち  友よ黒髮のちから誰かしるすこしち  偉観はすなはち  高原をよぎる、くだればすなはち  於いて、かんだち  のと、どつち  熟睡に陥ち  医師だち  若い医員だち  ですよ。こつち  方で、さう出て来るなら、こつち  なにしろ、こつち  どれ、こつち  これを強ち  折つち  それからこつち  結果にち  なつてぼち  先へ進み、腐ち  生死をち  それへすべり陥ち  上にすべり陥ち  詭計に陥ち  ここは陥ち  気の毒ですから、ち  引攫い又ち  間違ひは、こつち  おれはち  自分だち  草を活ける、ち  一つにでつち  日とはち  今までとはち  土地では又ち  僕だち  手筈はち  皮はち  われわれはち  人に、はち  清貧咄は強ち  コケツコツコ、こつち  うたへませんけれども、まいにち  千八百七十九年すなはち  十年前すなはち  相談相手になって、いいち  それからは、まいにち  己っち  奴が、ち  帯を掴んでち  前髪だち  処に掛けると、ち  交つて、あち  トゥロットは、ち  のにち  あなたこれからはち  道は捨てばち  正井が、捨てばち  何事でもという捨てばち  たいような捨てばち  精神的愉悦を取りち  何だか私にはち  からこんにち  ふりしてち  支持されるにち  矢張り事実にち  のとは全るでち  私はまだち  何にも心得ち  蝦蟇口を出して、ち  もさ、ううろんち  却つて儲かるち  一杯御馳走になるち  いぬのみんつち  めなしどち  胸にあてて、ち  東京市内でありながら、どつち  ひとは、ち  知つとるち  悪いことを覚えるち  職工が死ぬと見てあるち  しまつて三百円ぽつち  軽業とどつち  つては強ち  雀は、ち  んですわ、生きるつてことにち  ーっち  ポツントはかなく咲くはち  裏通りばかりをわざと選んで歩いて、ち  願望にち  からないのに、こつち  人にもよるが、こつち  僕は、こつち  あん時は、こつち  お金持だけれど、どつち  一人こつち  気を焦ち  老女のぽんち  二週間位はあつちこつち  それはまあどつち  以外に、こつち  おできにち  月たつて、どつち  心を慰めてくれるにち  反語とも失言とも思はれず、ち  理窟を並べるか、どつち  あたしもあつち  通りにち  そいつを破つて、こつち  指先があち  んだ、ち  げにこつち  ょっきん、ち  俯伏せに陥ち  んに買って貰っちゃ、呉れるち  市川驛へはどつち  此邊にち  いふ言葉はち  前ではち  これは強ち  方向をこつち  米を出すち  時勢が違うので強ち  うばこは、あつち  行つたりこつち  弁当があつちこつち  みんな、ほんの時々、ちらつとこつち  うちぢやしよつち  眼ぬち  やうな、ち  講義はち  無事でもこつち  前からおちかとはち  おろし、こつち  間をこつち  東京のこつち  ちかのいつもと少しち  たかたさせてゐたが、やがてこつち  あれでまだまだち  角袖にはしよつち  みたらいいんだ、ち  承知でこつち  今度こつち  影があつて、ち  道理でち  石川五右衛門とは行かねえまでも、ち  東海道にやち  木綿縞に剥げつち  内に、ち  越後屋重吉め、ち  股にかけた、ち  事が、ち  何と、ち  禿まで赤くしながら、さすがにち  チユウチユウさんとこはどつち  ちょっと釣をすると、はち  一人だち  胸に深くち  方が好いですよ、ち  僕とすれち  場合も、ち  てるにち  いつまでも掴へてはなさないにち  洗濯もしよつち  人間とはち  奏するにち  夢とはち  狐さまが、あつち  やつぱり大凶、ち  自分はひとりぽっち  おんちち  靈性木馬のうへのさんち  けふちち  私はまいにち  來るにち  ことができるにち  私どもはいちにち  救はれるにち  岸に打ちあげられてゐるにち  つて居たにち  隅に、まいにち  泥長靴をひきずりながら、まいにち  化粧をすりあ、ち  ところをち  思つち  お前はひとりぽっち  茶だち  酒だち  家には、しち  認識をち  見舞はれてどつち  もので、ち  華魁だし、こつち  事にち  うちはちとち  一ぱい載せてゐるにち  ことを、考へてゐたにち  前後取りち  途中ですれち  少年にち  吸口をち  境内のあッち  ものを失ったってち  下目遣いで見てないで、ち  登つたり降つたりして進むのであつたが、どつち  閨ぬち  祖母だち  規丁面でこち  酒男だち  上染だなどと無暗に煽てたが、ち  しづめて、ああ今あめつち  即はち  のはち  尻切れ蜻蛉になるち  ガロッチイにち  暮しが出来ないので、幾分かすてばち  お嬢様いらっしゃるけえ、ち  児だち  もんだっち  想像をしてゐるにち  僕は、ち  ことは、どつち  間に、こつち  學者もあるが、強ち  考へついて、どつち  風にどつち  言はず、ただどつち  のをち  男であつたが、少しこつち  気分になりきってゐたにち  つて出かけたつて、ち  書簡紙で、まいにち  額へち  花を抛ち  浪はち  損はこつち  そこをこつち  そいつは、こつち  ことはどつち  まさかこつち  さらはれち  五六年椎茸をち  算盤をち  それはまあ、どつち  わしも、あつちこつち  これとて強ち  こと、強ち  これも強ち  鮨屋が、強ち  唐茄子、へち  ことは、強ち  日をち  損害は多いにち  害も多いにち  笏は、やはりち  みんな寝ち  かい看護婦五十名の、ち  錨を切っち  後すなはち  騷ぐのも、強ち  お前が泣いち  言つてないのに、こつち  看護婦さん、しばらく、あつち  母、ち  理由までち  ぢや、こつち  から、つい、こつち  面倒臭いから、上げち  のでなくち  道徳社会学というしち  顔をしてしち  毎日御ち  觀察とはち  から見たらさうとしか見えなかつたにち  學問をしようと思ふなどは心得ち  己はまだち  事だか分かりませんが、こつち  銃でこつち  併しこつち  今こつち  町からもこつち  頭数が少なければ、こつち  五人で、こつち  くれなゐのはち  高架線、すれち  絃をち  紅帽あかり、はち  いま擦れち  打に撲ち  突仆し、撲ち  のだから、強ち  やつたにち  造化にあてはめて、強ち  これすなはち  意味取りち  戲曲すなはち  ものすなはち  集を抛ち  二法はすなはち  三法はすなはち  きのことは少しち  気味に停ち  少女とすれち  それから僕たちはすれち  食つち  罠に陥ち  うちに投げ出しち  みんな子供にやっち  まんなかにち  さじをはち  こいし、ち  わたしはあれらのち  目は開いたし、ち  質屋をひち  風儀は、見ち  樣子で摺れち  却って詩形をきごち  唾をち  彼は捨てばち  お母様のおちち  僕、ち  中へおつこち  体をよち  処にち  翁にち  母だち  警吏だち  時警吏だち  喰べるのにち  子供だち  つて子供だち  男だち  囚徒だち  合つた囚徒だち  感情でせわしくあち  ほうい、ち  玉帳とはち  茶箪笥などがち  皿をち  思慕にち  場合はち  投影してゐたにち  名医はち  子供はち  さうにした、見ち  二三度すれち  少年とすれち  馬鹿だと決めなければ、こつち  こっちが、ええ面倒くせえ、やっち  まぶたをばちばち  証拠には、しばらくたつとかれは大きなはち  家来にするか、どつち  自信満々でつち  蟻も大してち  こと、どつち  声を立てると逃げち  方を向いてないで、こつち  わつち  ぶんが悪いや、ち  首を振り、またあつち  証拠に取りち  思つたが、あつち  肉体なんか、ち  吃水を嘗めて、ち  お前っち  己れっち  まさか己れっち  松田さん松田さんつて、しよつち  安心しち  上つち  こと、もう忘れつち  思つたけれどち  いい加減にこつち  三碧とはち  内縁の妻にされつち  時が来れやあち  中にゐち  子供にも、どつち  内容がはち  一人坊っち  二人坊っち  ですよ。一人坊っち  苔蒸してゐるにち  つて寝ち  んだけれど、まあ、こつち  用もないのに、しよつち  うちにこつち  ひかりいちにち  毛があんなに抜けち  うしたえきぞち  一種えきぞち  てゐるえきぞち  矮人をち  丈だち  情熱は決してそうしたえきぞち  これはしたり、ち  いちじくとはち  場所はち  から高いにはち  今ではち  わたしがこつち  人はあつち  注意をこつち  内部のあち  ひと足こつち  嘉十もこつち  家伝いゑもち  ものじゃねえか、ち  予も強ち  岳中食気振わざりしは、強ち  自分では知らねえち  一番にち  言ひなりにこつち  千恵はつまり、こつち  きり千恵がゐるにち  不信心者にち  姉さまはすれち  感動しち  それが、ち  持主を思ひち  千恵はしだいにこつち  水溜りをぼち  なかで擦れち  喰はせつち  伜だち  村からおん出しち  おん出しち  おら家はこつち  みよや、はやくこつち  木ねだち  叔父さんはち  ミトローニク氏が入れち  因子にち  難航にち  お前はどつち  仁王だち  奥さんにち  面影を見出したにち  その間にはまた、ち  ものであるなら、こつち  眼鏡にかけるち  年を取るち  間も、ち  実、ち  私なんか、ち  旅出ち  観念から云へば、ち  それはこつち  役所でやるかといふと、こつち  ものをあつちに転がし、こつち  ために、こつち  死臭にち  ことがあつたにしても、こつち  てゐたにち  存在にち  けふところが、実に、こつち  ダメだわ、しよつち  いやだつたら、あつち  ヒロちやんていふ、ち  わたしにち  腕白小僧を、ち  ぱにしたおませさんの男の子が、しよつち  施政演説をやるち  めごち  立てに、ち  のも強ち  十ずつも配られたりするち  目で見るだけで喜んでるち  病気が直るとせえ言ってるち  パンクしち  私んち  私、困っち  君が、ち  立てにち  逍遙は、ち  詩を愛してゐるにち  お家いちんち  石にすがりてさち  あなた方もあつち  ところでも、慣れち  母さまのを持つて来ち  三本ぽつち  途中で萎れち  これでなくち  氣を付けなくち  點だとは、ち  戀人たちとすれち  やつで、ち  詭弁に陥ち  芸術至上主義的陥穽に陥ち  団結力を鈍らせて行くにち  もんだから、こつち  連れだち  めつち  おらつち  何處でも、ち  皆売つち  日本画は残らず売つち  きしやにち  獨逸人にち  のだよ、ち  おかみさんに、ち  やつと寝ち  喧嘩をしち  下船しち  気持がこんなに押しつぶれつち  引退つてくれつち  人が未だにしよつち  それこそ、しよつち  色どりを深め得るにち  あたりにち  月にちしやち  道徳的常識だと云っても、強ち  目あてにしてやっているち  旅行に出るち  三十日から旅行するち  話をしているち  なんだち  何を呉れるち  石狩川に陥ち  五文字つけてくれ、笑ってち  今夜はち  兄貴一人で行っち  しぐれとはち  代地河岸で、しよつち  しらはれてゐるにち  來ていらつしやるとはち  ツぱなしで、打つち  二時間待つても、ち  波風も、ち  食はこつち  ここがすなはち  今までち  鈍間なので、こつち  海へ陥ち  のか、ち  のが強ち  たまへち  何だかこつち  お前はあつち  ちや、かたばち  物に、ち  構造に、恰も陥ち  まま出ち  袷に、はげち  下手をするとだまされつち  ひと、ち  志を抛たんと欲して、抛ち  僕にして誤ち  如く擦れち  発砲してくると、こつち  ひと溜まりもなく陥ち  裁判長はち  行つたら、ち  捨ばち  禁條も強ち  ことと、ち  テエブルに、こつち  日の丸の旗をくれるにち  女もひがなまいにち  実生活はち  香いが鼻を撲ち  その後劉氏はあつちこつち  野生とはち  二十六道ひとすち  佐伯さんは、まいにち  ことを、まいにち  人を怒らしち  生意気な甘つち  皆すつち  ヒヘイしち  弱つち  製板へ乗り出して見ち  くそつ、思ひ切つち  三倍かにして取つち  なかはち  五輪峠やち  黒つち  なかに陥ち  綾だち  八、ち  笹やち  粗暴なち  老人は、まいにち  営みをまいにち  ように思われて、まいにち  十日もまいにち  兩手にもちて、どち  男は捨てばち  大工さんがのみで、ち  君はち  事だと思っていたが、強ち  平伏っち  ころは、痩せ衰えて、ち  私はすれち  それにすれち  貰はう、それで、こつち  あたし、ち  嫌ひか、どつち  夏ははち  何だっち  警官と擦れち  ももだち  つて居たのにち  方ではあつち  殿さまぶっち  伴ふどち  内部にち  ことを喜ぶにち  話と、ち  中頃からは、ち  夜とはち  時、こつち  くらゐであつたが、こつち  つてゐるし、こつち  幕のこつち  ねえや、ち  素直に行っち  飯を食わなけりゃあ痩せち  艶だち  魔が翳すち  除れるち  味もなくあつち、こつち  行つて見たらあんなに青白く、汚ないにち  罪が少しぽつち  乍ら、どつち  來ずにあつちこつち  鳩はどつち  さまつて出たくても、出られないでもがいてゐるにち  闇をすれち  鍵をかつて寝ち  旅のいくにち  老婆がよち  鳥よち  いくにち  嘘だ、ち  昨夜はち  山道だからち  彼に対してち  声で、ねち  児でち  五月廿四日今朝も早いも遅いもなかつた、ち  今日はいちにち  六月十六日晴、ち  酔ひつぶれてち  くせ食慾はち  家ぬち  やうに感ぜられてこつち  うつちやられつち  食つて通るだけならこつち  鶯の鳴くやあち  きれいと思えばむしり取り、飽いたとすれば抛ち  睾丸を、ありち  ッ、ち  徐々と焦げて来るんですぐ脱ち  足位洗わんち  神輿が出るち  考えに陥ち  穴に陥ち  私は再びこんな誤ち  一緒にするち  着席させるち  ほうへ向けてち  ときこつち  いま、こつち  大丈夫というなち  畑ぢや逃げ出す、追つかけて取つち  独ぽっち  やつが生えち  戰爭からこつち  ようは、こつち  ただの、ありや、ち  私がこつち  來て、いえ、こつち  女とすれち  そりやこつち  ノコノコ歸つち  畜生と、ち  説明はできないが、まるで、ち  思つたトタンに、スラリと立ちながら、こつち  ようにして立つて、こつち  今から考えますと、ち  佐々は、いつもとはち  默つて見ち  人からしよつち  僕などとはまるでち  なつたら、どつち  つて、どつち  連中とは、少しち  道ですれち  變らない甘つち  普通人とはち  ワケが、こつち  やつとこつち  ホトボリはさめち  畫に寫されち  トロイカ式に使われち  何だかはち  熊ははち  お父さん、こつち  ときと、ち  下で、すれち  あんた、ち  のは強ち  秀さん、あッち  指先でち  からな、ち  小鳥はいちんち  木はいちんち  一日三回薬をさしたが、ち  それから市中をあつち  云つて、強ち  云はれると、こつち  相手をよろこばせ、併せてこつち  谷へ陥ち  づつ、ち  一所に来さっせえち  あはれさち  笠置が陥ち  笠置はまもなく陥ち  笠置は陥ち  お仕置きだち  なんどに見っかるち  方だち  幻覚はしよつち  絵葉書だらうが、こつち  当分こつち  命を諦めち  話をち  月一万ぽっち  ヒイキにしてくれて、ち  あなたも死んでち  案配で、どつち  鼻を撲ち  立錐のよち  支那人にち  鈴を指さきで、ち  溝のこつち  操作に依つてこつち  性格をち  巣食つてゐるにち  自分とすれち  仕事にち  定がこんなに大く成りやしたよ、ち  横浜から帰って来たらば、ち  家へはち  散々に殴ち  無闇と殴ち  ア私アとっち  から帰り掛けにち  雨がぼち  砂利を蹴って、ち  山を越えてどち  侍だち  おうと侍だち  つてさ、ち  摂取をとりち  形で現はれてゐたのにち  気持からばかりでなしに、ち  んだって、どつち  毛ばだち  獨りごち  彼は、すてばち  吉野は陥ち  あれが陥ち  上赤坂も陥ち  上赤坂城はすでに陥ち  ここをこうしてち  どんちゃ、どちどち  それに添いだち  聲もたてずこつち  ジヨバンニとすれち  ゆつくりこつち  歌つてゐるにち  頭を引つ込めて、こつち  野原にはあつちにもこつち  眼鏡をきらつとさせて、こつち  人も、ちらつとこつち  ジヨバンニは、どつち  なあに、こつち  鳥捕りは、こつち  のがこつち  黄いろのはこつち  やうに、ちらちらこつち  鶴をもつてこつち  汽車は決して向うからこつち  子供が立つてこつち  やうに、こつち  さうに眼を大きくして、も一度こつち  手をのばしてこつち  來て、もうそつち  ちよつとこつち  方でち  正直ものばかりで、まいにち  晝はいちんち  何うしてるち  二十圓貸せち  善光寺參り、ち  二十円貸せち  善光寺参り、ち  合はん仕事やち  アるち  そつちの三百円私にち  娘にかへしてち  たち、あつち  ぐつたいのをこらへるやうに身体をち  話はち  そろばん勘定からはじめましたにち  考へち  変だわ、ち  しかし、こつち  美点をち  役割をち  金牌を獲ち  ものなち  教育家先生だち  お前んち  金持ち女などが停ち  それっぽっち  者、ち  気をつけろっち  京子はぴたりと停ち  春にはち  女だち  火ばち  千早はとうに陥ち  風にこち  活気だち  背中きらきら燦いてち  山のこつち  木だち  三人赤くわらつてこつち  ポプラのこつち  かんがへないでいいち  空のこつち  鉄砲をこつち  のかどつち  わたしはどつち  つた空間にはいろいろち  北はこつち  あすこからこつち  散点すなはち  二疋とも吠えてこつち  診察するち  うるうるひろがるち  だんだん狭くち  砂つち  窓はち  笹に陥ち  風はすなはち  方にはち  上半身髪はち  尾をひいてはせち  やう蒼穹ばかり、いよいよ暗く陥ち  ときとはまるっきりまるっきりち  停車場ですれち  たしかに私はさう叫んだにち  事にかけてはち  そっちこち  婿になるち  三日寝ていたっち  田圃のおちこち  話がもてるち  最上がしよつち  んだ、もうかうなればこつち  ドッチだ、あゝさうか、あつち  瀬戸さん、こつち  からあつちで儲けこつち  それぢやこつち  気持なら、こつち  青息吐息、ち  目的はすなはち  目の玉はどつち  失恋すなはち  ハダカにしち  食事も出してち  ものは、どつち  限つて洋服代をち  お返しするけれども、実はこつち  どこへ売つち  手段にされち  そつちが出なきや、こつち  今、こつち  怒りだち  火におつことしち  作つたのにち  つて貰つたにち  引き云ふもんち  問題とは、勿論ち  ままに、ひとりぽっち  六波羅が陥ち  六波羅は陥ち  鎌倉も陥ち  びまはる、あつち  コップが、こつち  ところへ行くには、どつち  ところへは、こつち  退治しち  ものだから、困つち  云つて、甘く丸めつち  本統に困つち  旦那はち  あなたとわたくしとが押掛けて行けば、こつち  鎌倉は陥ち  棘だち  角さんじゃないのに、ち  犬は、殺されち  東京でひとりぽっち  電話でまいにち  夕方になると、まいにち  二っち  三っち  夢中ですぐに撲ち  今あんち  猫を撲ち  男に突然撲ち  紫だち  木若かだち  瀬田はまだ陥ち  夕だち  太宰府が陥ち  うちに陥ち  多々羅のおちこち  危殆に陥ち  真理をち  お仕事は、ち  志士にち  言葉と、あまりち  發見して居られるにち  百日紅、はち  渡し銭を持たしてやらなくち  入りがあるち  松さんとでち  これでいいとして、ち  こいつから先にやっち  親分、ち  江戸見物に出て来ねえか、ち  同役、まあ、ち  美野さんがお故くなりになったとすりゃあ、ち  それをこつち  沙汰をしおるち  腹の中で、ち  男山は、頑として陥ち  それも抛ち  お前だち  正宗氏には、ち  里ほどこつち  そつちが休めばこつち  そつちが歩き出せばこつち  暫らくすると、こつち  却つて反対にこつち  何んでも書いて無えち  一本だち  前でゆすぶりながら、本当によち、よち  文句はち  身内でも、ち  かまはずに遣つちまへ、遣つち  どこかにあるち  車に結えるち  こをすればち  そん当時黒門さどうだち  ものだち  はい、忽然と消えち  これ、開けてはなんねえち  膳をこつち  來なければ、こつち  覺悟なのだから、とうにこつち  成長したなち  ちやまかあち  月見れば、ち  ヤーホーじち  けんとんけんち  黒のけんち  呂木はすてばち  チャラピタをおいてこつち  私はこつち  仔をち  事は強ち  たちばなししてゐるどつち  海だらうそれでも溺れようとはせずち  がんでこつち  歴史家は強ち  めえッち  世間にも、ち  何でもいい、あッち  二人出来ち  手にかかって消え失せるち  めちち  学僧だち  合掌すにちにち  む空のをち  日ぐらしち、ち、ち、ち  素足に落ちち  裏をち  汝せち  橋台のをち  ぞんざいだね、ち  丸でち  車夫とはち  夫れでち  にわとりを、ち  天上したくなって、まいにち  詩人たちぐらゐは解つてゐるにち  名前を残すにち  結婚式に、あんち  顔になって、ち  東天紅くなりそめると共に、あち  今日中に塗っち  飮んでも、ち  ようお礼いうてえやち  さっきとは又まるで見ち  得にもならないし、捨てばち  手合は、ち  高山まで、ち  所に陥ち  国中大乱に陥ち  習慣にち  都会生活を経てきたにち  夢にち  それから後肢をち  頸をち  気がして、少々、こつち  田舎言葉はこつち  ロシヤ人に、しよつち  むつつりしち  物にふれず、どつち  ところまでち  ちやんと、あつち  占領しち  すつかり、でんと構えち  ように思い、こつち  手前つてこともあるしな、ち  百姓よりや、ち  なつとるち  手もこんなに荒れち  結局、こつち  希望との、どつち  のも、どつち  そつちはないかも知れんが、こつち  方、こつち  会つたら、こつち  手をついて、こつち  うえにち  文学者なら、どつち  こと、忘れち  気分はち  それより、こつち  首をすくめたので、こつち  美佐は、ひとりぽつち  これまでに、こつち  勤めは、どつち  方向へはち  邪魔しないでち  ことは、ち  なんでも詳しく話してあげてち  うつかりすると、こつち  それこそ、どつち  方でこつち  うちに、ち  妹は、どつち  あたしは、どつち  あなたは、ち  一人、ふらふらこつち  てるより、こつち  誤解なんて、ち  方がどつち  病気、ち  過失をち  まともにこつち  お父さんと別れち  あたし、あつち  いらいらしながら、こつち  蜜がとれたら、ち  意気事を極めるち  幾分混乱が鎮まらなくて忌々しいので、早速ねち  ルブリンが陥ち  ワルシャワは陥ち  ごろつき性にち  ことにはち  性格からしてち  活字はすこしち  道行があるにち  さら汚かつたにち  改良されねばならなかつたにち  首をこつち  想像があまりにち  昨日とまるでち  顏だけがあふのきにこつち  功勞にち  世界とはち  尠くはないにち  理想にち  功名心ではないにち  無用にち  中ででつち  見聞したにち  はげしかつたにち  影響したにち  當時珍重されたのにち  人があつたにち  勉強したにち  支那はち  燒いたにち  けつして小さくなかつたにち  やすかつたにち  異例であるにち  點ではち  當つよかつたにち  與へたにち  默契があるにち  うちにゐたにち  それだけではないにち  來たにち  親しみだけとはち  長崎通詞一般とはち  それぞれにすぐれてゐたにち  毛色眼色はち  調子にち  覺悟してゐたにち  蒸汽船は見たにち  便宜も得られなかつたにち  のとまるでち  方式とはち  鉛活字にち  たちがまるでち  一つくると、どつち  方角だか、どつち  感情とはち  ためにでつち  屑屋に売つち  んだらう出ない、外れち  みんなうれしがって、ち  ただで見せるち  歌謡に、ち  国中にち  帰つち  んなつち  何もこつち  冗談ですよ。ハハ、どつち  私いちんち  へん、どつち  気なら、こつち  家だけで、あつち  赤んぼが生れち  肖像画とはち  宣伝員にち  於て、ち  歩みをち  つて、駆け出さなくち  蓑笠軒隠者なんぞとは、ち  ものか通しっち  急に捨てばち  綺麗さっぱりと抛ち  報復主義を抛ち  ツて、ち  のつそりいつち  口答は出来なかつたけれど、ち  時、ち  いくらでも見えるから、ち  これはち  片足づゝ、やりち  まひつけない、ち  結構なので、強ち  例もあるので、強ち  二人連れがこつち  遠足は、しかし、ち  気持にさせち  事が出来るにち  一ぺんすれち  ぢや、あつち  うからかへると、まいにち  あひるさんが、まいにち  ひつじさんは、やっぱり、まいにち  うちのまへをとほりますが、ち  脱脂綿を引きち  ことせつたら、ち  けふはち  事実にはち  場合、ち  併し、ちがふにしても、凡そち  非常にち  表情が、ち  見かけ申しち  お盆を持って、ち  竜王まで、ち  今度こそは、とっつかまえて、ぶっち  鬼さ出るち  一足早かりせば、ち  きのはち  頭痛がするち  彼俗人だち  模倣したらば最ち  ランプになりやあ、ち  癖に、ち  ランプをつけち  毎にち  宿へ運んでち  三服でち  其処に停ち  混同されて、どつち  ものが、ねち  舗道で擦れち  それも、こつち  懐中よりまっち  母とはしよつち  みんな忘れち  なんだに、ち  癖はどつち  彼女にち  瞬間に、こつち  ムカツ腹立ては、ち  なにもこつち  一日二日、どつち  眼で聞くち  眼に見えるち  倉庫ばか、あつちこち  方から、こつち  わしはどつち  そこにあるだけ燃しち  一種の自ち  市ノ瀬牧人は、こつち  向うでも、こつち  義務ですから、ち  あべこべに、こつち  口ぶりには、もう、こつち  口早に、こつち  ようにしてあげてち  世界にくらべて、ち  もの、珍しくもないが、ち  はつきりわかつたら教えてち  あまり違いはなかつたけれど、こつち  とこへ寝させち  知つち  なかでち  んですから、こつち  あんたはこつち  愛情とは、ち  さちよを、ち  それは、少しち  白虎隊は、ち  一心に思ひつめてゐるのに、ち  ちよつとの思ひち  何かは、ち  はじめて、ち  えつ、ち  あたしは、ち  のもので、苦しいには、ち  かい、ち  の子は、ち  あたしたちは、ち  はじめて、ちえっ、ち  それをつっついて、ち  長話しち  養母さん、ち  新聞を見ち  首をあげっち  テーマがより深められ、じみち  上海が陥ち  空二はち  ものうれひはきえず、わづかなるつち  眼鼻だち  あたしはこんなに、まごついち  いふ意味は、つまり、どつち  陰鬱に陥ち  語尾にち  歌を覚えち  二人とも、こつち  枕でしてね、こつち  方も、こつち  それを、あつち  十五円、どつち  から、思ふどち  これがすなはち  ちらして来たが、べつだんばち  ちらしたばち  米をこぼせば、それだけばち  それでゐながら、すこしもばち  わしにだけばち  天はち  和尚さんにはばち  躍起となって、ねちこち  余勇がべち  いふものから制約されるにち  空に消ち  後姿見えずなるやいな、ち  がらがらしてゐるにち  相対的ですがなあ、あつち  俄に寒くあつちでもこつち  顔をしてしやち  まひ赤ひげがこつち  顔はち  眞に困つち  ものも強ち  混雑にあッち  から押されこッち  こぎゃんとこではお話も出来ませんけん、さあ、どうかあッち  虫の息で、あッち  表だち  お話では、わち  行く先にち  後手をしてあつちこつち  つて退治しち  先へ飛びながら、着ち  中学へはやれなかつたにち  云はないし、こつち  ここで、ひとりぽっち  目も出ねえ、ち  併合しち  境遇に陥ち  愚図愚図すれば撲ち  Loveはち  自分はひとりぽつち  ことがすなはち  これとはち  類型にはち  型をち  革命にはち  判つてゐるにち  虫けらみたいにしち  煙にむせながらこつち  晩きも、強ち  柔道もどつち  貯蓄だに、こつち  其心持はこつち  肺病にち  つたのにち  彼同様なのにち  寺院内にあるにち  あなたそれでなくち  とき、あつち  団体から手を引いち  転向したりしち  つて形は無くなつち  借金をち  飯を食べち  卒業しち  わしら、どつち  画を破つち  ハツハ、ち  姿で、あつち  フラフラこつち  スツカリ話しち  閉鎖しち  毒気を抜かれち  タツタ一遍だけして、決めち  何が在るか、どつち  違つち  プロバビリテイから除外されたり、はみ出しち  ぢや、眠くなつたら、聞きながら寝ち  昏睡状態に陥ち  十五夜降ち  武器にはち  ほりにち  手段が甚だよくない、ひとりぽっち  金を持っち  上にちよぼち  いままでち  道ばたへ坐つち  二十年にち  まま眼にち  それは強ち  通俗劇を数多くでつち  雲が切れて、見ると、ち  三日、ち  くり返すにち  幕府にち  大だち  此をち  のも、強ち  法案には強ち  掛時計のかっちかっち  体をち  でたらめにべち  念願せち  人にち  打こわしち  正太郎を取ち  やうだに、見すてられち  人とはち  彼人者だち  生れだち  頭をち  オレだけ、ひとりぽっち  半平は、ち  有力者と、ち  鶏はおちこち  さに盛返そうとするち  中心にあめつち  白状しち  真似も止しち  ごみにち  こと殺しっち  から殺しっち  それじゃ思い切ってやっち  考えそのものは、強ち  綿密さから云えば強ち  ことは強ち  のやち  つても、なかなか保つち  三十八圓から損やち  一生懸命に働いて損するち  やうにしてやろち  薫りがないち  腹しもてるち  身體がしやち  背丈は伸びるち  天狗さんがゐるち  鼻折つたるち  代々レコ根性があるち  ツしやろち  いま産れるち  序ちち  てん車で、おつかけて来たに、ち  のだか、ち  げんばち  それや、どつち  母さんにち  三年たつたら、溶けち  混つち  青年団なら、こつち  肥だち  面でこんにち  合ひをもつづけてゐたにち  倒立ちしたつてこつち  太宰を抱き込んだにち  地獄に陥ち  盈つる期あらぬあめつち  人が来ても、ち  ことを、ち  声をきくと、おそれち  荷上げ機械をよち  おくさま、これからまいにち  それから、まいにち  孤独地獄にも陥ち  一通があつちに行きこつち  その後うつりかわってこんにち  ような引きち  金でも沢山あったらまだしもだが、あれっぽっち  寿命をち  是を撲ち  百姓だち  錠前が引きち  ここにも、ちち  免職されち  云つち  ことを、せち  金さん夫婦がよち  いふすなはち  鶉は、ち  野原へ遣はして、捜さしましたけれど、ち  人が撲ち  葡萄などもう棄てち  質的にち  羽を輝かしながら、小さなはち  お坊さんとどつち  余裕がなくて打っち  お母さんとにち  世代はこんにち  一般的にこんにち  齒なし、ゆくゆくちち  石で撲ち  奥に流れてをるち  水、ち  僕はどつち  玉が熔けち  勘定すればよろしい、こつち  兵火を浴せて猶陥ち  かまは、大きなはち  武漢は陥ち  匿して逃げたかをち  つた顔だち  敵がゐて、しきりにこつち  貫通銃創にち  臭いですよ。どつち  男などがあると、こつち  一隊がこつち  船をこつち  手を挙げち  簡単にどつち  チンプンカンプンにこつち  十分考へられるが、それだけならこつち  料理屋でも、特にこつち  浅間をまへにまいにち  ゆつくりいくにち  モーあつち  モーこつち  傘ささせるこつち  角にこつち  彼奴等だって、ち  会社にち  ア、あつち  遠くへ行つち  みんな遠くへ行つち  女にはち  箱根の関はいずち  それからそつちへ引つ掛りこつち  中をあつち  香水とは全然ち  空っぽだよ、ち  気の毒だがの、やむを得ねえ、ち  男と誤ち  敵とさしち  下に突こんで、ち  滴が落ち、ち  イドリスはいちんち  人をち  づ、こつち  たかはち  希望をいうなら、しち  時は、しち  百年あとには、しち  手足をち  金が殖えるばかりち  これでも将ち  馬を将ち  大海を将ち  仕置きを受けるち  薬だち  彼女は、よち  けが部分的によくなるち  弾丸を使ってるち  のであるが、どつち  場合はどつち  星さまだち  毛をち  ここに陥ち  山だち  解するに、強ち  峯のつち  棒だち  僕はち  今迄ち  案内してち  とこへは来ないでち  それ以来、ち  カツギ屋とはち  半分にち  ことなどち  心から同情してくれたとしても、ちつともこつち  意識に似て、それともいくぶんち  云つて、あやまつてち  軽井沢からわざわざなんて、こつち  均衡のとれたどつち  火、よくおこつてるか、みてち  理由はち  妙にしやち  様子はち  笹山千鶴子に、あつち  まきおもひなりけるあめつち  夫子が強ち  幼君すなはち  めえだち  當るにち  旅に、ち  私を見つめて、ち  私はあつち  私がこんにち  絶望に陥ち  木履をち  羽目に陥ち  なかへ陥ち  瓦を撲ち  それからこんにち  小判をち  旅を重ねてこんにち  親分とな、ち  おいらは、ち  犬を見れば撲ち  自分はち  二人はち  思つたが、どつち  親爺夫婦で、こつち  証拠があるち  養子に貰えん、ち  方に行くち  眼で見られているち  自衛上止むを得んち  眼が覚めるち  上京するち  散財するち  人があるち  悲観して見たり、喜んだり、ち  亀裂に落ちて死んだち  気がするち  所もあるち  成濃厚や、ち  偽者やったらとっちめてやるち  此っち  むき出しにしてやるち  親父ははち  場所をち  劉も、こつち  着物が切れち  何度聞いても忘れち  皆な懲りち  胴體をもつてち  小児だち  界に志ざしたは強ち  機会が与えられたら、強ち  ものを強ち  若づくりではあるが、ち  ひとつ、どつち  変つてないわ、ち  席へ出ると、あつちにもこつち  お母さまとも、しよつち  祖母ちやまつたら、ち  整理やに、つい取紛れて、こつち  さが、こつち  上りはしたが、どつち  世津ちやん、こつち、こつち  んですが、まあ、どつち  初瀬は、どつち  物言ひたげにこつち  我儘ぶりを、ち  外か、どつち  のを、こつち  区別をち  用意をち  てゐて、目立たぬほどにこつち  ことでまだち  芝居さへち  それでゐて、ち  ほかた、こつち  青年たちは、こつち  床にはいりながら聴き、どつち  組長としても、ち  非常通路にしては、ち  頭が、こつち  もんだから、つい、かうなつち  子供たちがしよつち  つてあげてち  それとも可愛がらないの、どつち  眼玉を抜いてあげるから、どつちなの、え、どつち  かんにんしてち  私たちはきっと殺されるにち  人ややもすればすなはち  父さんよ、ち  やすから、ち  落窪にち  父さんよう、ち  様子見かたがた、やっち  お礼を言いにやっち  急にこつち  ドロボウだったっち  母あち  文章になしといはなくにち  舳なるち  夫婦にち  來てるでせうよ、どつちもどつち  海も強ち  釣舟どち  獨りぽつち  樣なち  うねり浪だち  んですが、あッち  国府津にいたら、あッち  畜生道に陥ち  やうでゐて、ち  推薦演説をやめるち  仲だち  根本的にち  みよあめつち  幸福は遠きにすぎさりち  一盃いけるち  花がある、停ち  仏よ、ち  まま眠つち  ょってゐるのはみな野葡萄の実にち  少女だち  汝だち  俺れんち  貧乏たれに限って、ち  立てになったはち  ごとは、ち  前から、まいにち  気が利かないから、こつち  なんでもして、きめち  いやなら、こつち  これ、どつち  あたしたちは、どつち  奥さまはこつち  きれいに抜けっち  つてあいけうがあつて、ち  噴水をつくるち  おかめがいつち  客人だち  窓をあけて、こつち  骨ものこさずたべつち  音をち  から見てもこつち  雀がちゆんち  後生大事に縋りついて、ち  三が、しよつち  恋とはち  分にはち  若宮君、ち  勘どころをち  菟野とはち  風貌にち  塩だち  貴公子がすなはち  からのこのこ出て行かれては、こつち  お客さん方それぢやどうぞもつとこつち  えこつち  乘つてますからこつち  あなたこつち  番ですね、こりやち  あした関係に陥ち  闇屋になるかしなくては、どつち  荒廃とはち  さうもなく白けたのに、こつち  礑と撲ち  忠だち  誰かいふただち  まま寝ち  枯淡をかんじるにち  わたしだち  負け勝ちにち  ためには、どんなすてばち  家のもの達が悦んで、ち  電車はどつち  つてかなり面白い試みにち  こーんち  生埋めにしち  やつぱり生埋めにされち  隱岐はいちにち  素直にあつち  素直にこつち  自然てち  由子にち  燈りがつくにち  蒲原平野のどつち  つて、実はち  まことのさち  女を考へないで暮してち  心構えは否応なしにでつち  恋が然しこつち  形ではなく、こつち  奴はこつち  小室林平にすれち  意向にち  態度にち  殆んどないが、どつち  それでしよつち  つて、しよつち  笑はないでち  像をでつち  変つてくるだらうが、こつち  目は常にをち  ここはち  雪消にはち  方をきき合わせち  夕飯の御ち  言葉にち  救はうとなさるにち  世の中どつち  世間唯一意匠ありて存すといわれしも強ち  ままでは、もうにつちもさつち  両手にねち  汗でねち  坊っち  そうによち  ズーツとこつち  苦笑を洩らしてしまふにち  イサクすなはち  兄さんと同じにしよつち  自分たちにち  やつぱりお父さんにち  いつか祖母だち  お父さんなんかにち  坊んち  ア坊んち  唾液呑み込めんち  これまでは、強ち  何つち  毒にしち  あなた、ち  御身はあち  肉今や落ちんかと危ぶまるるに、ち  ンからこつち  恰好でよち  信さんはち  行つて郵便局に勤めたり、あつち  半年こつち  籠つて、往きち  兎も角あつち  さへち  白状するち  処々腐ち  中にはこち  のを見て逃げち  模樣かね、どつち  一週間だけこつち  此奴をこつち  何しろすつかり信じち  みんないつち  みんな云つち  今度はち  白眼視しても、ち  僕たちは、ち  日本で暮すより、こつち  叢だち  本質的にち  笑ひにち  父も、しよつち  お菓子にち  休みになると、こつち  盛んにこつち  感情にち  誰でもを打つにち  眼ざしを注いでゐたのにち  音をあげち  食堂で色々と食っち  これでくたびれち  切符なしで連れて来ち  修得しち  全部外れち  行儀悪くグーグーねち  診断をされち  残りをやっち  それこそ、ち  一その間、ち  手ごち  んだから、ち  帽子横つち  脚をち  あっちちちち  あんたつち  鞘の腐ち  俺が善うしてやるち  資格もあるち  今は出んち  五円札ば、うんち  事駈けさせち  あかだも、やち  ことにしてゐるんで、こつち  館はどつち  顔を、こつち  の忘れたべしち  御馳走食べているこったべしち  とろろに暮れるだべしち  キヨトンとこつち  倹約をかさねてたくわえたかも、しち  そこにはしち  議論は強ち  読書ときたら乱読にちかく、ち  いねえち  亂暴にあつちへ向けたりこつち  米国とで、ち  乱暴にあつちへ向けたりこつち  追剥、あち  ところでこんにち  リアリズムのこんにち  アイヌはこんにち  門衛だの、どつち  やつてるが、あつち  顔を見ると、ち  別に僕には、どつち  視力障害はこんにち  道中の誤ち  下に、強ち  やうに思ひち  文學を愛して居ながら、ち  書物で、ち  着古した禿げち  本堂にも見えませんでしたが、禿げち  単一組織をでつち  大概どつち  のだから、ち  ものだけれど、どうもこつち  ためにこんにち  妻を殴ち  ぢや、ち  腹立ちまぎれに撲ち  われはつちを掘り、つち  言つたのとはち  点でち  しかたをして、ち  家僕を撲ち  んですが、いや、こつち  ところでございますけれど、ち  はじめて陥ち  緒を弄び、ち  こいつはち  思いに陥ち  山内に棲んどるち  とき、わち  十二月初めごろ、わち  アメリカで、わち  日だと思うと、さすがにわち  ことも知っているし、わち  事情は、わち  口を開いてわち  ゃあ、わち  有明荘ではわち  ことはわち  もう少し遅かったら、わち  次第ではわち  時、わち  場合誤ち  こッ、ち  ア、あッち  いくにちもいくにち  きり鉄砲ぶちにきをつけろあつちみろこつち  夜だち  大変なち  こともできずち  道具一式おき忘れて逃げち  つて撲ち  思つておいでなのにち  下職人は働かねえが、ち  声がおちこち  能はさがらねども、ち  者はこつち  天命主義でち  素振りだから、こつち  あとくされなく、あつちこつち  ことを祈つてくれてゐるにち  のと入れち  なかったものと見え、ち、ち  殆どすけつち  ちゃんと、ち  坂を登り、はち  下から、はち  据ゑても落ちつけないで、あつち  つて見たり、こつち  のは、向ふがこつち  眼玉がこつち  婦人にち  中に挾みこまれてゐるにち  布は脱ち  赤とどつち  庭つち  けむ手にとりみればち  泥田の面にほち  独り病牀にち  子供たちはさうはいかず、しよつち  音を立てるち  人間が立つてるち  窮地に陥ち  本懐にはち  重量をち  荷ってるとしては、余りにち  唇でち  清楚にち  のとはち  毛虫を撲ち  ことも出来、又こつち  健康診断をはじめると、こつち  ぢや、どうぞこつち  一尺位のごち  豆和尚さんは、ち  三人でち  ものを考えて、どんなち  中を、あつちこつち  口を利かずにゐて、ち  とこは、ち  ぱり忘れち  想像できないにち  気紛れ、こつち  腹は、どつち  兎に角、あつち  方をしても、ち  二人は、ち  上へあげろち  その他あつちでもこつち  ところを、ち  世界へでたがって、まいにち  隙間を作るにち  いつまでもお前を恨んでゐるにち  思つてゐるにち  反感を持つたにち  反感とはち  地主にち  房一はしよつち  息子とはち  ところでどつち  身体をしやち  中に育つて、ち  それも擦れち  頭を下げる、こつち  可成りにち  ものとはまるでち  判つたにち  そのまますれち  かなりにち  間中、ち  へたにち  それにも各々ち  川にち  心配なんかはち  仕方からしてち  家に荒ばれこみたくなるにち  普通のものとはち  地はち  やつぱり戻らないで、しきりとこつち  所はまるで見ち  云はれてみると、なるほどち  持山ぢやあるまいし、こつち  人物にち  自然と獲ち  つた人がないち  連中はあつちこつち  神原喜作にち  孫にはち  思つたにち  莫迦げたことにち  悪感を覚えさせたにち  眼が潰れち  珍客にはち  息子にち  道楽息子にはち  つてゐたにち  動作をやるにち  表情をち  似合ふにち  たちにち  物にち  藁草履をち  中を、しやち  紙衣裳はち  優勝を獲ち  うまい仕掛けにはち  カワラケにはち  あれはち  間こつち  房一の思ひち  から、強ち  十円ぽつち  穴があき、あつちこつち  考へを思ひつくにち  末子さんだわ、こつち  書附けはこつち  椅子をこつち  双眼鏡でち  それらはじつにち  はるかにち  方からはかっち  一間半だってこれっぽっち  話をしなくっち  信二もまたかっち  穴はどつち  御無沙汰しち  胃が悪くなるち  養子と、こつち  私を憎んでゐるにち  感じとは全然ちがふもつと、ち  誰とどつち  生活をち  違つた手を指すか、どつち  命をち  芝居はやめち  日光にさがつち  準備をしてゐるんで、こつち  思つたことないでせう、あつち  重要さをち  ほかでち  道がもうすこしち  をかしいね、こつち  ところで、こつち  荷物がふえち  ことを忘れち  旅行はしよつち  ぐらゐ、どつち  心持が、ち  うちへしよつち  いふお話をち  んだけれども、あんまりおいそれとこつち  ちやんと見ち  問題をこつち  たまにはこつち  二人は、どつち  醜態を見せち  一度見ると覚えち  下をのぞき込んで、さてどつち  ためには、こつち  食ひちぎられ、こつち  手紙ださうだで、こつち  相手がねちねちすればするほど、こつち  分だけこつち  二人で寝るにや、ち  もうこつち  アれも、ち  ところに立つてないで、こつち  乗用車二台がこつち  ときよりも、こつち  啼声がこつち  阿弥陀にかぶつて、こつち  湧き水ぢや、ち  夫婦のどつち  外へ出て、さて、どつち  向うが向うなら、こつちもこつち  つたからお喋りしち  はつきりこつち  云へば、向うでこつち  うだつたら、ち  性質がかなりち  出雲とはち  簸川平野とは又ち  皆なは流ち  混同するという、あの大きな、しかしよくある誤ち  跡をぼち  壞しち  代り義男はち  仕事にはち  暗示にち  館が陥ち  手はまだち  泣きになるにはまだち  ことなら、こつち  重荷おろしてち  作家にはち  声まづいち  神かもあめつち  心からであるにち  言葉であるにち  いふにち  明らかにいつもとはち  すつかりおくれつち  峠のこつち  ときや、なんぼち  やつてち  氣がついて、ちらりとこつち  身がまへると、すれち  隙があつたにち  国民はち  人が、こつち  さそうだから、打っち  三日服用しても、ち  どこか撲ち  唯、ち  戸をあけてはいけないと、ち  おかみさんとはち  母は去つち  学校はち  落第するにち  股引には、ち  名城にち  まりで、ち  ものにでつち  いまでもしよつち  工合に、はち  坊やをあつち  一つにはち  あなたが、こつち  美少年も、ち  酒飲みをち  のを、こんなにち  てゐたら、こつち  うろからそちこち  所で食べるち  早く用を仕ち  ちやア側から忘れち  詩を作るにち  一人一人にち  つた肉体と、ち  思慕を感じてゐるにち  故郷を感じてゐるにち  遊び疲れた男どち  虹にしてち  小雪の降りかかる汚れつち  風さへ吹きすぎる汚れつち  革裘汚れつち  小雪のかかつてちぢこまる汚れつち  むなくねがふなく汚れつち  夢む汚れつち  気づき汚れつち  あたしこつち  茶わんでも、ち  惡いのにち  足をしやち  娘達は、すれち  面白い、ち  うちならどつち  モニカを引つ込めて、さてやや鼻白んですれち  さつき帰つち  小児がよち  龍すなはち  來過ぎてぶつ倒れつち  棒をかつたりこつち  時死んち  青空を、こつち  火星とはち  中をち  やうに、甘やかされれば甘やかされたで、どつち  人々はあつち  いくらしやち  昨日お前が帰るち  今あつち  三年やが、ち  手にち  尤らしいが、また強ち  つて我まんしてゐるにち  英子、こつち  光代さん、こつち  浮浪人と見られたにち  先刻から其処に佇んでゐたにち  眼にとまらなかつたのにち  アちやんはち  いくら燬けたつてち  二つの狂ほしさが相変らずどつち  面白いにち  事情があるにはち  うちに慰められ和らげられてゐたにち  從つたら、こつち  二三枚、あつち  さきに出ち  心躍らせてゐたおきよち  意地からにち  んだらう、別れち  母がしばしば、たまち  鼻でふっと吹き飛ばされち  網を出してね、すっかり被っち  宵をち  命せましち  てゐないのにち  それは全然ち  做さるるも強ち  長子権を抛ち  やうに、さぞち  朝寢をしつち  惡氣なんてち  だめ、ち  鉛筆を抛ち  夜もしよつち  部屋ぬち  奴がね、いきなりいりませんて断っち  手をあつち  仕舞には、そのどつち  から、では、ち  俺はち  からだに用があってな、ち  僕が、はち  気まぐれなはたから見ると、かっち  十日ほどでやめたばち  からんやんばる山かい炭やち  笠太郎はどつち  ハーモニカ吹いち  篠町からこつち  事思ひ出しち  筋が抜けち  あんたさん、どつち  ように、ち  ために強ち  んだね、どつち  その間にこつち  中をうろうろさせられるち  縊つたつち  下でしよつち  何にもないち  皇帝つち  大抵はち  屹度明けるにはち  言つて窕子はこつち  此頃はち  窕子だち  運命は、もはやち  いふ人だち  そこに下して、じつと立ちつくしてこつち  うに、あつち  何うかするといんち  彼にはしよつち  鍵をち  畠も、ち  坊やまでこつち  女性とすれち  娘ツ子はこつち  から、持つてるだけ、こつち  なにをあんなに怒らしち  あれでち  手つち  ことより、ち  すつかり陥ち  のあ、ち  慰みになるち  それで出て行けつち  物を盗つたつち  婚礼を挙げつち  それには極々ち  口をきかず、しよつち  朝まだち  お前は寝ち  時からこつち  嫌だ、こつち  村長をうまく取つち  野郎は、くたばつち  助役は、しよつち  あれを見ち  貴様たちやあ、どうしたつち  小さなはち  ことが、しよつち  コロンボからこつち  あたしには、どつち  ことは忘れち  なかばだに如かぬち  関係に陥ち  斜にぶつち  橋をどつち  川から町中へとぶつち  ハンケチ落ちたち  婆さんを怒らせち  側、しよつち  やうに、つち  かわいそうなくらいひとりぽっち  銭をち  何かべち  ものなら、ち  実を結んだにはち  縫つてあり、ち  歌あ、こりでいいち  ここい来るち  山かせぎに出るち  ソロソロめしにしょうと思っち  床板にするち  相談しいしいやっち  切り出しはどうしたかと思うち  唄うち聞かせち  久しぶりに行くち  二親から兄弟一人残らず取られっち  處にはち  俺達にも、ち  つてきてあつち  みんなこつち  なつてち  幽霊をでつち  病氣はこつち  やうには、ち  ぢやなしに、こつち  判断するち  人をひとりぽっち  昔からおれはひとりぽっち  あなたばかりひとりぽっち  家焼きてえち  何、ち  馬鹿だち  返事ぐらゐするが、こつち  みよ子、泣いてばかりゐないで、ち  わしは、ち  それを、こつち  だんだん、こつち  実なら、あつち  女房を捨てち  捏っち  考へなどはち  与兵衛は、ち  ア早くあつち  声もおちこち  くもさん、ち  世界にはこんにち  來ようとは、ち  原にはち  眼がこつち  久は、ち  よう、ち  顔してそんなに睨むなよ、ち  ょくたになり、ち  だい、ち  今朝から、ち  悪戯をするなんて、ち  何れ、どつち  甲吉が寝ち  ニ御ち  仕事にはまだち  傍をち  一緒に、こつち  ゆらゆらのびたりち  ゆらゆら、のびたりち  泡どつち  たしかに誰かがあッち  二人、ち  三人は、ときどき、ち  とき、重い大きいつち  言ッて、ち  西宮さんはち  ものが、ち  右往左往に馳せち  からこつち  可愛いしなんだからこつち  わしうつちやつち  粗朶をぼち  五六日こつち  それでこつち  そつちへこつち  んでなくち  ヴァレリイにち  かなしみ山路をくだり、せちにせち  けしきをまいにち  住職はち  生野暮とかといやしめるにち  反問してくるにち  空から陥ち  遺言を書かせち  跫音が、あッち  めえんち  ッても、探しち  前科もあるにち  日からまいにち  これと刺しち  ひとまことにさち  老実だち  其処がすなはち  世間態などち  廢屋とはち  小僧はどち  今日お仕置きだち  此方共身命を抛ち  私は、ち  四方へち  思ひ出はどつち  周三はこつち  んだから、こつち  下に怯えち  そこは冷えるでせう、こつち  そつちでもこつち  目を開けて、どつち  画家はひとりぽっち  雲井のをち  山あめつち  空のをち  列王つち  夢路の暗にあめつち  てゐますので、ち  こにち  声でつぶやいては、ち  道に陥ち  重湯が食べてえち  一日中これっぽっち  妙やち  づつ搖いで、ねち  千代松のねち  聲でねち  そんならぼち  あんが十七から煙草呑んだち  時さんを忘れるち  人やち  祟つてるち  大工さんとこから旦那に上げて呉れち  網を張りながら、こつち  船は、こつち  向うもこつち  それに、もう、あつち  わたくしに行かれつち  あとはこつち  なんですか、ち  苛だち  赤つち  まわり、あつち  ふうらふら、こつち  いちやくうるくる、こつち  浴衣ともすれち  毎日ひにち  それもそうで、強ち  母親はあきれけエッち  気質に克ち得ぬとて、強ち  不足を感じながら、強ち  楽んで、強ち  程度まで来ると強ち  から、あつちこつち  の忘れち  陥穽に陥ち  料理皿小ばち  露、ち  形のぶつち  木組みをぶつち  角材のぶつち  邪魔にこそなれ、ち  真つ暗なので、どつち  つては、よち  當分こつち  寢つち  方ではち  室内もよち  かしたつて、ち  川におつこち  何が出てくるか、ち  御飯まだでち  眉は無いにち  舞台のこつち  ところから、ち  貰はうて思ふち  写真ば見せち  写真だけ撮らせち  著物ば著換えち  人車と入りち  つて來たので直ぐ入れち  お家はどつち  かい女とすれち  鳥渡すれち  のだが、そのすれち  僕はまだち  飛騨なぞとはち  トランプだ、と考へち  不良少年みたいに考へてゐたにち  娘がこつち  それからくるつとこつち  洗ひざれてはげち  あんたやち  上手やち  やうにねち  娘だち  下に、散り、飛び、煽ち  国にありち  静かにち  ぐきを破って出るち  あなただち  暴風の最ち  薄皮だち  彫刻は、ちかごろ、あつちこつち  もう少し、こつち  公卿衆だち  それについてはち  妙海誤ち  衣形は、誤ち  一段誤ち  出没するち  ままそっくり取上げるち  崖の入り込みを、あち見こち  見込があるち  次郎がねころんで、すてばち  院長が、ちらとこつち  中ですれち  方からは、こつち  さを見つけるまでは、ち  髮、ち  顏だちも、見ち  私は見ち  やうにすれち  矢張り、ち  劇場側にち  こどもたちに、あたたかいおちち  下のいずち  本腐ち  声を白く出して、黒いけんち  王も、ち  兄なんぞはしよつち  これは到底ち  あれからこつち  亭主に持ってはくれまいか、ち  身の丈一尺のびて、ち  與へたのに、ち  私はどつち  7にち  5か、どつち  であるからして、どつち  憂鬱に陥ち  言葉はすなはち  弟達をち  所があつたにち  ぢめだつたにち  ぢめをしてゐるにち  風にち  名にち  みやうごにち  玩具には、ち  素朴なち  やうに考へち  相州さまは、ち  頼家公すなはち  千幡君すなはち  二代将軍頼家公すなはち  口調で、ち  旁吉事に非ず、今更強ち  ひとり残つてゐるにち  事なす事くひち  左衛門尉義村にち  達磨宗すなはち  念仏宗すなはち  志を抛ち  禅師さまとはち  人から馬鹿にされようがどうされようが、ち  調度すなはち  火を消ち  不思議なはち  よにち  大変な誤ち  日本とはまるでち  生も強ち  へんだねえ、ち  やつにち  金貨をち  ょうしにかれのポケットで、ち  ぼくはたったひとりぽっち  首を、ち  ほかに、いいち  鳥が、ああやって、ち  天寶十載すなはち  日本のこんにち  昔とすつかりち  襷にどつち  ボールはぽんぽんと向ふにこつち  花も咲いてゐるどつち  お母さんと、どつち  いのちをち  途にかしまだち  苛責に陥ち  メダルにち  鍵はこつち  新聞小説十戒をでつち  樂してえち  力ではち  無理にでつち  ところは済ましち  生血をち  のなら、ち  目に陥ち  胸にはすなはち  腔にはすなはち  此の如きはすなはち  世話あしてるち  日本一だち  北に当るぞち  尿溜にあるち  寒気だち  バイエルタールに殺されち  地がずずっと陥ち  自分の誤ち  我々には、ち  畜ツ、ち  すべてを見さだめてゐたにち  姿にち  総崩れに陥ち  世を棄てばち  四月も、飲まず食わずに稼がなくち  京のおちこち  一夜のさち  ゆびにとげいたみ、せち  程度が、どつち  ガスパールはち  嘘にち  もう少しあつち  於ては、ち  三木雄は停ち  日になると、又ち  せきをち  間隔を置いたり、ち  吟味して打ってくれち  番頭さんだけは、ち  今朝がたまでち  んじて、ち  気魄とが、ち  自分でもどつち  ものを、ち  使つてみたところが、ち  口々に、ち  一人ぐらいは居たかも知れませんが、あッち  探険に行くち  噛っち  伏見屋へち  大旦那、ち  是すなはち  此針や、おぼち  浪とは思ふどち  男どち  からには、ち  混乱はすなはち  半分ほどこつち  コートに打つち  帰つてくれち  頼うだりしち  二十年が経つち  傾城をあッち  斯う感じるにち  女っち  馬鹿が逃げ出しち  下座だち  私が立ち去ると、ひとりぽっち  訳ぢやありませんが、何時の間にか、さうされち  不幸にはち  時に、ち  燃え上らないんで、こつち  昨日はこち  がたひち  げんがとり切れないち  女に惚れられっち  嬶を打つち  ものをも直くみち  われすなはち  者觸るればすなはち  ところはすなはち  導者すなはち  我はすなはち  我等すなはち  彼すなはち  ことなくば怖れはすなはち  我すなはち  彼等すなはち  女にち  それをも考へてゐたのにち  以前とはち  身を圧しち  障子が開いて、見ち  時には見ち  自分とどつち  夜とをとりち  信用しつち  思ひ出しつち  一列がをち  三時間も打っち  人間を打っち  表も大してち  知らない国へ、ひとりぽつち  久方のあめつち  下駄にはち  妖気なんて、ち  彼女は、こつち  ツつ、ち  花うけて思ふどち  おまえんち  手をとられて、あッち  産地へ走って、あッち  四合徳利を差出すと、ち  動詞形容詞助動詞すなはち  一つにち  語であるにち  於てあさち  連用言はいさち  兵部令にち  豆をばち  寄つてたかつて甘やかしたのにち  注意されてゐたにち  癇症はち  思つてゐたにち  けりをもふとち  お守りをち  懷に入れつち  喰べち  あれなんかも流れつち  庭へ投げ出しち  相違なきも、強ち  きのうはいちんち  おいとまをち  ように高めながら、ち  さっきからばかにち  朝っち  からいちんち  遠慮のうこち  ねじはち  今からあんなちっち  から、ひとっ走りいって、ち  小出しにさせて、ち  息を潜めていると、ややあって、ち  ものもあるが、強ち  証権を抛ち  おらあち  女はち  前栽のかげにたたずむ、ち  ちやこつち  やうにあつちへ走り、こつち  草間で、ちち  思いのほかにりち  すし屋で待っているから、ち  もの、わち  口外するくらいならば、わち  なにを隠そう、わち  仲間でござりましたら、わち  たびわち  お宝を、わち  うちときおりわち  つもりでわち  操を買おうとなされましたが、でもわち  のは、わち  金で買ってもわち  うえで、このわち  ようにいうておどしつけ、そのうえになおわち  身は詰まる、わち  心を決めまして、わち  悪党だけあって、なかなかわち  みんなわち  面壁九年になぞらえて、わち  石黒さんではありませんかと切りだしかけると、ち  方で、こつち  方でか、どつち  伝六はち  身代六万両はこんにち  つゆもち  汽車の出るにはち  そっちのちっち  おれでなくち  のをばち  松の木はいくらあったにしても、ちっち  之を抛ち  罰金を取るち  目にかけて、ち  ほんとうに、ち  奸闌繰ち  先のきはだち  三要素すなはち  陽気に当てられち  ふたりしてち  ねこをち  ことも、てまえにはち  ものですから、ち  ふたりして、ち  せんが、ち  背のちっち  婦人だち  それぞれ朋だち  ハシゴのこつち  初段にち  風からしてち  ぐひっぱってめえりますから、ち  詮議しなくち  相手にゆるゆるち  腰が抜けち  からだがつち  故障が有るち  助だち  番台はいちんち  もっと首をち  もんを帰しち  つもりでこんなちっち  めえはちっち  様にち  ようだから、ち  とおり、ちっち  のは、このちっち  それについちゃ、ち  君のと少しち  扇をこつち  おもとのはち  丑の時参りがね、もう出ち  前でなくち  梅ばち  ものをいわせなくち  のがおかしいとにらんで、ち  早起きしなくち  ようにち  下でち  西へとよち  担つてよち  はるか、どつち  からね、ち  弥七郎めはばち  はてな、ち  片手間仕事にち  伝だんなにち  威勢ついでにち  敢て強ち  心をち  ぬきにち  子守に叩き賣られち  由藏はしよつち  者だち  流行があつたばかりといふも強ち  だまつてこつち  なかに、あつちにもこつち  たまと、どつち  寝間へち  日のおさなきどち  きれいだと、ほめほめちぎつて、またほめて、ほめほめち  白ひつじ、あつち  ぐらもち、なくなくつち  傾向が次第に珍しがられなくなり、珍しくなければち  ふたことみこといばっておいて、いきなりち  大小十はち  最中しないを下ろし、ち  ままよ話しっち  冥土へち  声をあげながら、ち  二ヵ所で、又その撲ち  いま陥ち  ちょうぎりの、ち  遙にち  パードヴァ人すなはち  青野家はち  両脚をよち  何あにち  夢心地に陥ち  形態にはち  のにこつち  吹っち  暴風で吹きち  おれんち  柱があり、こつち  こと強ち  ようですが、強ち  私は大きな誤ち  定にち  こと、しよつち  電車へ乗つち  女の捨てばち  ズボン、はち  小節をち  顔をこつち  挙句に、どつち  向うへ逃げち  ため、ち  まん中で立ちどまると、いきなりこつち  今度はキッとこつち  何かしら声を立てたにち  男二がこつち  上にち  神とならんかもこち  ざらめやはち  父はあらなくにち  夜船漕ぐち  寸涎のこりてなるち  らゆればすなはち  てつらになるち  ろかもち  ことまでち  ア、こつち  赤いちやんち  布は織るち  我等はすなはち  死屍はすなはち  ころとすなはち  兒泣くすなはち  騷だち  蓋しか消ち  外ははち  人いふ、ちつち  ぎ草のさち  窓もあけたればすなはち  ふくだみしち  心であるといって強ち  そつちにもこつち  ばちばち  中央にあるぽっち  方で、しよつち  209すなはち  こまかい顔だち  ようなすてばち  職業に対しても、あぶはち  家産を抛ち  もんじゃねえち  敗戦以来こんにち  わたしたちはこんにち  大弓はあぞち  此處ではどつち  廊下などですれち  汽車でこつち  孃さんだつたら、こつち  模樣かしらと見ち  様に、えきぞち  疲れた、あつち  彼女は陥ち  さを獲ち  だれかが、ち  はたらきばち  ぶんでは気づかないち  よのさち  廊下をこつち  ャん高ち  妻君、即ち高ち  ことを、あッち  悪魔にち  くしやみをしながら出てくるにち  さらつてゆくにち  事情が、ち  信念を得るには、強ち  中毒症状に陥ち  通り、こつち  つゆははち  ように、ちちろ、ち  僕もこつち  女はあつち  るいづれもの沼はそれでち  今日いちにち  落語ききに行こち  例は、をち  精霊に、つち  いやをちにみをち  寿詞を通じてをち  完成と、どつち  恥かしくてち  蒲公英などち  円陣を作ってやっち  地獄へ陥ち  大童雄叫び、泣きいさち  掻爪の焦ち  言挙ぐと、泣きいさち  隈だち  言擧ぐと、泣きいさち  生垣のはち  私は、はち  いきさつを詳しく聞きたかつたら、はち  ちごっち  人でも、随分ごっち  和尚は未だはち  和尚が、こつち  さつきからこつち  自分はあつちこつち  眼球はあつち  気がしたが、ち  の、ち  聯想としては強ち  自分こそ、ち  そんなら、ち  ことなんてち  やうにしよつち  ほこつてゐるにち  顏をきつとこつち  顏をしてゐるにち  皮むけば泣き出すにち  男が感ずるにち  つもりでゐたにち  古賀にち  ひとりはなれてこつち  土地だっち  わたし達がこんにち  足でも、ち  心中には、この棄てばち  手から抛ち  投機をしても、ち  木客だち  チヨン切つち  がけなかつたにち  圧服し得たにち  それが段々とこつち  郵便のとりち  絵かきになるか、どつち  広東が陥ち  わがままと履きち  のちに生まれてこんにち  支配こそこんにち  東京で死んだち  兎に角こつち  ぢに凭れてあつち  わたくしにはち  のはどつち  裁判官がこち  叙せんとするは、強ち  速断しけるもまた強ち  者強ち  つた、ひとりぽつち  ストライキをやれえち  のなんか、ち  これでしよつち  主張して、しよつち  若い者なら直ぐ直つち  顏は強ち  演劇にち  のは無くなつち  金ぢやなく、あつち  二十円、こつち  舞つち  皆割りで引かれち  順序をち  引取に行くか、どつち  金儲けだって言ったらすぐに座っち  上に閃かしたるち  ぇっ、ち  それにはち  思つてゐたにはち  みんな売れつち  もの買つち  黄金機会がなくなつち  みんな忘れつち  ウツカリ買つち  あした救育院へやられつち  ぢやねい、あつちこつち  そつちこつち  日わたしも実困つち  家へつれて帰って、出来るだけの御ち  ちゃんといろんな御ち  羽根を拾ったばち  飾窓を見つめたり、ち  遠因をなしてゐたにち  加へてきはだち  弟すなはち  事実にち  顔にち  がたにち  おれが消えるか、どつち  ものに見えたにち  やうだし、そのどつち  である、ち  文学をでつち  毛だち  計画ですが、とっち  お昼ころまで、あつちこつち  すつかり考へち  欲望を、悉く、こつち  詩なぞよち  二杯御ち  三色も御ち  麻布のえち  それを、慮ってこッち  物を、ち  さは、ち  事は、ち  評判だって、ち  心配しち  これよりは、ち  巨男は、つち  縣居は、こつち  言葉がどぎつく、ねち  話だか、ち  安心して、こつち  角をこつち  作者がこんにち  たしかにこんにち  今年はち  時には、ち  くよくよせんと、ち  親にはどつち  小あゆこつち  命いさち  九一いほち  四四はなばち  一〇五やち  ちよいちよい、こつち  トゥロットは、では、あゝ、きつとさうにち  やつたのにち  ほんとは、もうさつさと、あつち  きみにまいにち  金色で、そして、ずつと大きいにち  トゥロットはこちち  中でも、ち  時があるにち  不可ねえ、断っち  翌年、すわなち  小鳥はち  評價をこそするにち  野分だち  男の子は、まいにち  私もまいにち  たこれつぽつち  主てだ、なりわち  買手があるち  俺はあつち  凝視をち  ぢりにち  たか男はち  やうにをち  やうです、するとあつち  ことかち  妙によち  底へ陥ち  足を滑らして、陥ち  機はすなはち  そこでこつち  穴から出てあつちこつち  やつてくるち  名人になれるかも知れんち  面倒みるち  んですけど、つい、とっち  心に焦らだち  はてな、どつち  芸術と抱きあつてゐる、こつち  味方と抱きあつてゐればあつち  鼻水は多少はすすられたにち  下に、ち  んだへ、まいにち  のち、ち  魔法使にち  姉さんは連れて行かれたに、ち  たくさん殖えてくるにち  箒星のをち  海の底を、あつち  ふいにあつち  中の、あつちにも、こつち  女が、見ち  事がまいにち  喰べたにち  尻尾をまいて、ち  下まで転げをち  眠りにをち  もっと灯火をこち  急流に陥ち  稜は、もうあつちもこつち  うさう、こつち  女が、あつち  楠木帖、ち  異状が起つたにち  紛失しち  張つち  幸福があるにち  気持がをち  頭もよくないにち  彼女とはち  足はち  医者とはち  迫真性とはち  人柄が良いにち  大物とはち  仕方とは勿論ち  大家にち  有効であるか、そのどつち  買ふにち  黒にち  説にち  祭り上げようとするにち  つてゐるにち  飼つてゐるにち  好きにち  ことがあるにち  土牛とはち  激賞するにち  経歴とはち  さとはち  本人自身それをち  仕事であるにち  から損にはち  主張がどつち  やうにはいかないにち  状態に陥ち  混乱状態に陥ち  結果としてどつち  心理主義者がもつ当然の陥ち  現象主義者の当然陥ち  罪に陥ち  春陽会国展とどつち  山下氏とどつち  洋画とはち  チョコチョコと動いてち  足を運んでみればどつち  方法とは、まるでち  懐疑に陥ち  仏さんだち  いや、ち  紙をこつち  地球とはまるでち  アーンだれか早く消してち  病院はなかなかいいでせうち  それつぽつち  お父さんがこつち  それは考へち  顔をするとこつち  空想なんかしないよち  なつたねち  病弊に陥ち  楽しい眠りに陥ち  ちゃちゃちゃんちゃんら、ち  のはなんと棄てばち  あれはばち  香港が陥ち  十日ちかくたったこんにち  たか小さなはち  戸を推せば、恰も入れち  自殺すると云っち  金つち  大金つち  わたしは、ち  渡つてゐればち  かよひち  慶四郎君の御ち  腸を毀しっち  お前か、どつち  幸福かも知れんち  ひなしち  たかどつち  眉間を撲ち  事をすつかり話しち  どさくさと逃げ後れたり、どち  姿勢でありながらち  イヤに固くしやち  なんざア、ち  根性が腐っち  綱わたりやち  船にち  のを、ち  子鳥はどつち  知つてゐるし、どつち  おら行かぬホイホイち  南瓜欲しけりやこつち  つてあつち  横浜とあつち  半纏向うはち  鷹匠が居る、あつち  さい、こつち  つまみ菜、ち  此の方はどつち  係蹄に陥ち  世界のつち  つややかで、つち  時は強ち  あとから作場路をこつち  幸助をこつち  隙を与へず、いきなりこつち  容易に陥ち  私だけがあぶはち  九鬼を愛してゐたのにち  彼女は、いますれち  扁理にち  たしかにさうね、こつち  月さんぽつち  ののさまどつち  ほうれん草、ち  涙が出て困っち  色白くぽつち  量をち  何も、ち  山猿にち  箱をあけて見るにち  ひでえ、あちちちち  女難にち  櫂をこつち  人と、どつち  かぜがなかなかなおらないので、まいにち  娘をのみ噛むち  はつと魂消したにち  もう少しこつち  んだらう、ち  お話は、ち  ことにして、こつち  これもにち  ななめに停ち  一にち  がいはくなち  よう子ちやん、もつとこつち  行つてくれたにち  二匹をとりち  おばあさんのしやち  義理欠けっち  汁までち  切つち  成つて居たつち  其うちお袋は死んち  みんな遣つち  來ちやそつちこつち  上機嫌だし、こつち  いまとはち  ひとつ呉れたが、ち  鈍重で野暮臭く見えたにち  五六にち  本箱に並べただけで、ち  學校はち  私のはち  單位にち  あしながばち  乳母なれど、せち  そもそもわつち  白壁に照りつけ、ち  ときも、ち  何かいままでち  畫像にち  蘇枋、こつち  手をち  私などがしよつち  かんべんしてくれ、小さくち  儀でこんにち  來たぞと叱るにち  於いて、どつち  ものとなるにち  つて來たにち  彼つちだ、あつち  感奮を抱くにち  飛行機か、ち  これ又、ち  與太とはち  鬼氣とはち  千人か、どつち  誠意したにち  翫味を得られるにち  義經はち  如くゐたにち  一期一會にち  清掃化されるにち  旗にち  人々がゐるにち  大成に役立ちもしたにち  お茶にはち  句にち  ですよ。けれど、返しやしませんよ、こつち  世間から消滅してくれればよいと祈つてゐるにち  彫刻、ち  巨額にのぼるにち  隱されてゐるにち  社會人として男共は、あつちこつち  近頃では、こつち  相をち  マヒさせて居ち  方は、ち  消夏法は、貧しいにはち  美音を張りあげるにち  戀しがるにち  歴史小説かといへば、大きにち  哲學からは、ち  みな妙にしやち  澤山ゐるにち  原始時代に比べてそんなにち  當にち  氣がしてゐるにち  人であるにち  問題とはち  貧しかつたにち  古典とはち  ものが、あつちこつち  みな欲望するにち  共鳴も得られないにち  部屋を取り、どつち  それを、どつち  つて摺れち  亂世にち  違つてゐるにち  道にち  調和してゆくにち  一つぐらゐは、こつち  から賣出して、あつち  來あがるにち  連想してゐたにち  苦勞をなめたにち  甲府へ出るち  そいつにたたるなんて言う、しち  そんなしち  証拠には、ち  くらくらっと陥ち  太陽と月と、どつち  ぢきに出ち  下に挾んだにち  才能からでつち  嘘をつきませんとしよつち  程益々しやち  旅順が陥ち  ーえな、ち  わけだから、どつち  若衆はち  目がどんよりと陥ち  反対にち  もんどり打って陥ち  んだの、にちにち  世を渡るどち  正体をち  つたのか、ち  子供にち  青旗に見ち  中のどつち  記者で、どつち  教育家、いろいろち  云ひながら、ち  心地してち  對してはち  聲にち  構ふもんか、こつち  久保田君自身は、ち  思つてゐるばかりで、こつち  身體をち  あなたは痩せててち  最後、こつち  先をち  僕はこつち  これにち  おいらあしよつち  今日直ち  幹部があつまって、ち  ハイロにち  けっきょく、ち  両君にち  現実がこんにち  裾、ち  



前後の言葉をピックアップ
ダーレム  ダーヰン  ダーヴィシャ  ダーヴォス  だ円  治まら  治まり      


動詞をランダムでピックアップ
読みかけ呼び止めよねっ振っ伺お着飾かきいれきりつめる打ちこも振込め見積り逃げ回り泣付く書きあげへしゃげまにあわ抗っ生け捕るすぐら浮べれ
形容詞をランダムでピックアップ
珍しくっ明るけれあたらしかっ四角き悪かっ口喧し酸っぱしろく冷たきたやすく難き激しかっ疾しい新しかっ人恋しく心安き目ざましかっ危うかっ物凄くっ