「澄み切」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 澄み切[動詞]
際限に澄み切  山々が澄み切  邊際に澄み切  巨鐘が、澄み切  無辺際に澄み切  眉毛と澄み切  やうに青く澄み切  空氣は澄み切  清らかに澄み切  外には更に清く澄み切  端に澄み切  ばたばたと飛んで澄み切  奧には澄み切  郊外の、殊更に澄み切  頬と、澄み切  白色が、澄み切  前に、その澄み切  霽れてやがて澄み切  てゐますと、その澄み切  明かるく乾き切り澄み切  ままに、澄み切  枝には、澄み切  寒い晩で、澄み切  心が澄み切  水も澄み切  生一本なそして澄み切  



前後の言葉をピックアップ
住替り  墨書き  炭釜  炭窯  炭竃  澄切  隅木  すみき  澄み切っ  澄切っ


動詞をランダムでピックアップ
しぼりとるこづきまわさかきいれ隠る名乗り出る任す魅入り卸しゃ隣合わせ聞き損なっ厭わおりたつ参らすろくす行かそ聞きかじっ冴えん押えん投げつけれ介さ
形容詞をランダムでピックアップ
とおあしく侘しき怪しゅう神々しぼろい心細かろめぼしきあまねから愉しくしわいあわただしく畏れ多い口喧しかっ素早わろししたわしい雄々しくきびしいなまめかしゅう