「涙ぐん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 涙ぐん[動詞]
僕は涙ぐん  なんども涙ぐん  つげなかった、かれはいつも涙ぐん  チビ公はいつも涙ぐん  少尉は涙ぐん  チビ公は涙ぐん  手塚は涙ぐん  眼は涙ぐん  ごとに涙ぐん  私は涙ぐん  當つたのですが、さすがに涙ぐん  熟と見て居たが忽ち涙ぐん  顔をじっと見ていたが、たちまち涙ぐん  そうに涙ぐん  婆やの涙ぐん  澄子も何となしに涙ぐん  雨脚を眺めながら涙ぐん  眼に一杯涙ぐん  そこへ倒れたが、やがて起きあがると、涙ぐん  やうに涙ぐん  友子はもう涙ぐん  豹一は涙ぐん  其処に涙ぐん  海を恋しがって涙ぐん  海を恋しがって、涙ぐん  ネルラは涙ぐん  のが、いじらしいその涙ぐん  表を思い出して涙ぐん  ジッと涙ぐん  哀願的な光りをおびて涙ぐん  とき、涙ぐん  あたしもなんだか悲しくなって、涙ぐん  女はそう云って仕舞って、ふっと涙ぐん  度に、涙ぐん  彼は涙ぐん  それがまた悲しい、涙ぐん  ことを思って、うっすらと涙ぐん  李は涙ぐん  令嬢が涙ぐん  あなたに、あの涙ぐん  一言毎に涙ぐん  香に咽んで、涙ぐん  感傷的に涙ぐん  私は何故か涙ぐん  さに、涙ぐん  せきは更に涙ぐん  彼れは涙ぐん  美鳥はいよいよ涙ぐん  自分まで、何時の間にか涙ぐん  純に涙ぐん  不安だと見えて涙ぐん  眼は熱く涙ぐん  岡野は涙ぐん  我知らず涙ぐん  のではないかと、まるで、涙ぐん  念を忘れて涙ぐん  声は終らうとして涙ぐん  島は涙ぐん  暮れ方、涙ぐん  園絵ははや涙ぐん  それから妙に涙ぐん  昂奮して涙ぐん  海を見たらなんとなく涙ぐん  岡は涙ぐん  ために涙ぐん  目は鋭く輝いたり涙ぐん  ふいに、涙ぐん  葉子は涙ぐん  葉子はもう涙ぐん  葉子はすぐ涙ぐん  三千代は少し涙ぐん  兄貴も涙ぐん  柳はいひかけて涙ぐん  ために少し涙ぐん  パラソルを畳もうとして思わず涙ぐん  後ろにそっと引きそって涙ぐん  鼻をすするまでに涙ぐん  目を塞いだがまた涙ぐん  目は涙ぐん  声をきくと涙ぐん  少女らしく涙ぐん  ホロホロと涙ぐん  女は涙ぐん  さのあまり涙ぐん  さに涙ぐん  心持に涙ぐん  頭を垂れて、涙ぐん  ゴロロボフは涙ぐん  ソロドフニコフは涙ぐん  心動かされたとみえて、涙ぐん  自分で叱りながらも、涙ぐん  祖母は涙ぐん  烏の鳴くにも涙ぐん  悲痛に涙ぐん  うつむいて涙ぐん  そうに、涙ぐん  曾根は涙ぐん  直樹は涙ぐん  下へ来て、涙ぐん  話を聞いたのでいささか涙ぐん  新に涙ぐん  多助は涙ぐん  少年は坐りながら、涙ぐん  伸子が涙ぐん  感動のあまり涙ぐん  これはどうやら涙ぐん  先生は、堪りかねて涙ぐん  山川正太郎は涙ぐん  秋ヂツとして涙ぐん  顔が、涙ぐん  行為にも、スグ涙ぐん  かな眼に涙ぐん  うちに、いつしか涙ぐん  うちにもう涙ぐん  みな、涙ぐん  胸に伝わってきて、涙ぐん  たまには、涙ぐん  ように赤く涙ぐん  うちに涙ぐん  紀久子はそう言って、涙ぐん  縁側に蹲って涙ぐん  洋介は涙ぐん  ぷつりと口を噤み、涙ぐん  春子さんは涙ぐん  かすかに涙ぐん  手を突き、涙ぐん  帰りたいと涙ぐん  一つ一つに涙ぐん  ように、涙ぐん  やうに、涙ぐん  自分も涙ぐん  加奈子はそっと涙ぐん  一杯に涙ぐん  崇顕は涙ぐん  瞬間だが、涙ぐん  声がでなくて、涙ぐん  あなたが涙ぐん  二人はつい涙ぐん  しんみりと、おこうは、涙ぐん  私はもう涙ぐん  横を向いて、涙ぐん  母は時々涙ぐん  一人ぽっちになると、かえって涙ぐん  彼が涙ぐん  リレーしいしい涙ぐん  横倒しになって、涙ぐん  ような、涙ぐん  光がなくて、まるで涙ぐん  一緒に涙ぐん  梶さんは涙ぐん  傍に立ち、涙ぐん  向うで涙ぐん  私は、もはや涙ぐん  あまりうれしくて、ありがたくて、涙ぐん  母はサッと涙ぐん  夫婦は涙ぐん  自然に涙ぐん  それを言うのに、涙ぐん  さを覚えて涙ぐん  安心して、涙ぐん  なかったかしらって、涙ぐん  エリザは、涙ぐん  中将は涙ぐん  源氏は涙ぐん  苦痛を考えて涙ぐん  舌打ち鳴らすか、と思って涙ぐん  独言を言って涙ぐん  微笑みながらも涙ぐん  死に涙ぐん  おなりになって、涙ぐん  姫君は涙ぐん  院も涙ぐん  ように涙ぐん  夫人の涙ぐん  ツて、いひ知らず涙ぐん  宮は涙ぐん  院は涙ぐん  独りで涙ぐん  夫人は涙ぐん  衝動を受けて涙ぐん  氣交りに涙ぐん  宮の涙ぐん  気交りに涙ぐん  十内は涙ぐん  であるが、涙ぐん  表情をし、涙ぐん  薫は涙ぐん  姫君を涙ぐん  目に涙ぐん  檜山は涙ぐん  つて噛みながら涙ぐん  美緒が涙ぐん  のをよしてしまひ、涙ぐん  これも涙ぐん  私に抱きついて、涙ぐん  ことなしに涙ぐん  光子は涙ぐん  その男が、青くなったり、赤くなったりして涙ぐん  お父さんお母さん、などと時々涙ぐん  興奮して涙ぐん  梅は涙ぐん  言葉に涙ぐん  うちに、涙ぐん  急に涙ぐん  時みよ子は、涙ぐん  面影を描き出して、涙ぐん  方で涙ぐん  感に堪えてしばらくは涙ぐん  玉藻は涙ぐん  跪坐んで、涙ぐん  感傷で涙ぐん  驅りたてるべく、更に涙ぐん  千鶴はもう涙ぐん  非力さを思って、涙ぐん  伸子は涙ぐん  啓介は涙ぐん  彼も涙ぐん  木下は涙ぐん  彼女は涙ぐん  雅子も涙ぐん  膝に腰掛けさせて、涙ぐん  早や涙ぐん  間は、涙ぐん  悲哀でなかつたらうかと、涙ぐん  私は屡々涙ぐん  話を読んで涙ぐん  しずかに涙ぐん  坪井は涙ぐん  時には、いつも本当に涙ぐん  娘が涙ぐん  千代子さんと遊んでゐますと、涙ぐん  深井は涙ぐん  平常に似ず、涙ぐん  訣別に涙ぐん  光は考えて、涙ぐん  瞳は涙ぐん  それをしていた、と涙ぐん  其眼が涙ぐん  おかみさんは、涙ぐん  一ぱいになって、涙ぐん  中が熱く涙ぐん  笑顔を続けてるかと思うと、また涙ぐん  ちよつと涙ぐん  眼も涙ぐん  馬鹿な涙ぐん  急にフッと涙ぐん  唇をかみ、涙ぐん  秋子が涙ぐん  枕に押しあてて、涙ぐん  順造は涙ぐん  様に涙ぐん  叔母が涙ぐん  あたしはなおなさけなくなって、ほんとに涙ぐん  のか知らと涙ぐん  のを聞いて涙ぐん  目が涙ぐん  静枝は思わず涙ぐん  間から涙ぐん  母が涙ぐん  さし俯向いて、涙ぐん  それは涙ぐん  いつか自分が涙ぐん  女氣に最う涙ぐん  気持もうす青く光って涙ぐん  嘆声をあげて、涙ぐん  親子は涙ぐん  張達は涙ぐん  目に思い浮かべては、涙ぐん  訪問したら、涙ぐん  面目ないといって涙ぐん  オルガはいって、ほとんど涙ぐん  腹を立て、涙ぐん  きいはつらく、涙ぐん  眼をしばたたいて、まるでだしぬけに、涙ぐん  正夫もいつしか、涙ぐん  時は又もや涙ぐん  葢をあけてみて、黙つて、涙ぐん  正夫が涙ぐん  枕元で、涙ぐん  後家は、涙ぐん  清ちやんはまた涙ぐん  彼は、むしろ涙ぐん  次郎は涙ぐん  眼は、いくぶん涙ぐん  不平そうに涙ぐん  ことが、ふっと涙ぐん  手を握られて、涙ぐん  私はそう云って涙ぐん  顔を伏せ、しみじみと涙ぐん  私はそう云ってまた涙ぐん  彼女は少し涙ぐん  ことをと少し涙ぐん  気持に閉されて、涙ぐん  フト胸がせまって、涙ぐん  たかものが、やがて涙ぐん  満足だからして、しみじみと涙ぐん  朝倉夫人は涙ぐん  喜乃はもう涙ぐん  紛れに涙ぐん  ヤスは涙ぐん  咲子は涙ぐん  岩田八重子は涙ぐん  ことにも涙ぐん  口も利けず、ただ涙ぐん  私はやはり涙ぐん  私はいつしか涙ぐん  八重子はふっと涙ぐん  姉は黙って涙ぐん  姉は涙ぐん  顔を見ると、もう涙ぐん  方角もなく、涙ぐん  眼には一杯涙ぐん  事もなしに少し涙ぐん  真白にして、涙ぐん  古老は思わず涙ぐん  ベスは、涙ぐん  主は涙ぐん  白壁に涙ぐん  机上に並べて涙ぐん  しんみりと、涙ぐん  豊はもう涙ぐん  眼は少し涙ぐん  言葉を聞いて、思わず涙ぐん  空へ、涙ぐん  山本さんは涙ぐん  前に涙ぐん  前にきっと涙ぐん  りよは涙ぐん  二人共目は涙ぐん  眼は薄く涙ぐん  顔をして涙ぐん  あなたは、涙ぐん  光に打たれてしみじみと涙ぐん  時、涙ぐん  むしろ面を伏せて涙ぐん  つぎには涙ぐん  妻は涙ぐん  母はそう云ってまた涙ぐん  スッカリ満腹して涙ぐん  僕を見て、涙ぐん  悲鳴をあげ、涙ぐん  喜悦を、その涙ぐん  巖ちゃんは涙ぐん  自分で涙ぐん  歌を口ずさんでは涙ぐん  中にはもう涙ぐん  かげがさして、淋しく美しく、涙ぐん  自分は、涙ぐん  



前後の言葉をピックアップ
涙ぐましく  涙ぐみ  なみだぐみ  涙ぐむ  なみだぐむ  なみだぐん  涙声  涙さ  涙し  なみだし


動詞をランダムでピックアップ
思いおこし挙がっ煙たがら撒かとわ来たそやむをえるはばかん身罷らへこたれいやしそそぎこま耐える思い描け倦み見渡せ変ら受けあいくりゃれ振るわ
形容詞をランダムでピックアップ
目覚し空恐ろしき水っぽねたくてあつきよきかたはらいたき生じろ弱々しゅう尊き後ろめたく忌まわしき根強い多うのろう赤いぶあつい数少なく物凄かろ