「涙ぐみ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 涙ぐみ[動詞]
人は涙ぐみ  私は涙ぐみ  気の毒恩師から慰められて涙ぐみ  佐太郎は涙ぐみ  頬杖をついて涙ぐみ  百合子も涙ぐみ  顔を見しが、涙ぐみ  溜息をつきながらだまって涙ぐみ  耳に押しつけながらもう涙ぐみ  埠頭に立って涙ぐみ  両方とも涙ぐみ  幾度となく涙ぐみ  言葉を洩らしかけて、涙ぐみ  八重子は涙ぐみ  静は涙ぐみ  右内は涙ぐみ  伸子は、涙ぐみ  体で涙ぐみ  渠はさんざんに苛まれてついに涙ぐみ  色をうかべて、涙ぐみ  そうに涙ぐみ  みな、涙ぐみ  たまひたるまでにて、ただただ涙ぐみ  那珂は、すぐ涙ぐみ  夫人は涙ぐみ  女がせき込み、涙ぐみ  さに涙ぐみ  登和嬢少し涙ぐみ  登和嬢忽ち少しく涙ぐみ  心地がし、涙ぐみ  源氏も涙ぐみ  愛を持って、涙ぐみ  音を聞きながら、涙ぐみ  手紙を涙ぐみ  宮は涙ぐみ  渠はそぞろに涙ぐみ  私はふっと涙ぐみ  眼は涙ぐみ  星に向けて涙ぐみ  敏子さんは涙ぐみ  われは覚えず涙ぐみ  緒子は涙ぐみ  話を聞いて涙ぐみ  桜島を眺めていても、涙ぐみ  お姉さんは、涙ぐみ  糸が焦れて涙ぐみ  二人とも涙ぐみ  ことにも涙ぐみ  口惜しげに涙ぐみ  日にもかく涙ぐみ  思ひ出は時には涙ぐみ  胸にすがりついて、涙ぐみ  ツイわれ知らず涙ぐみ  車夫は涙ぐみ  ことを訊かなかったし、涙ぐみ  彼女は涙ぐみ  娘は、涙ぐみ  われは思わず涙ぐみ  風に涙ぐみ  さよと、涙ぐみ  神妙に、涙ぐみ  ため、涙ぐみ  まことに涙ぐみ  空気銃を抱いて涙ぐみ  色を蒼くして、涙ぐみ  ひとりで涙ぐみ  顔をうつむけて涙ぐみ  杉子は涙ぐみ  さに、つい涙ぐみ  河辺に立って、時々ふと涙ぐみ  僕等が、涙ぐみ  



前後の言葉をピックアップ
涙ぐましい  涙ぐましかっ  なみだぐましき  涙ぐましき  涙ぐましく  なみだぐみ  涙ぐむ  なみだぐむ  涙ぐん  なみだぐん


動詞をランダムでピックアップ
こしかけよことわっ突きつめれ運び込む食い入る発た力付けゆるみおよぼすなぞっ背負うまぜっかえす踏まいへなおら閉め出すわきいらせられる枕するはげま
形容詞をランダムでピックアップ
難しゅうつまらなくっ望ましけれはしたなく小気味よかっ賢しくほこらしいもろ浅ぐろく空空しい旨うくかろ用心深き恨めしくっおそろしく少なかっいざとくさやけしわかわかしかっ