「歯」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
歯に衣を着せて申す  歯のたつ  歯で食べるべきだらう  歯をかめども  歯の痕がはっきりついて居たからである  歯で咬まれた  歯でつけられた  歯によって出来た  歯を咬みつかせました  歯は脆くなると言いますが  歯を考える  歯の引致が出来なかった  歯を出して笑いながら  歯にしみる  歯がうづいて  歯が二枚ぬけるだらう  歯を持ちつ  歯がへやさんが歯がへしてゐる  歯がいけなくな  歯がほろりと抜けた  歯はすでに抜けてしまつてゐる  歯が少々邪魔になる  歯の根も合わず  歯を喰いしばり  歯はぬけてしまふ  歯は抜ける  歯がぬけた  歯がぬけて  歯がぬけ  歯をみがいた  歯を投げた  歯のぬけないな  歯がいたみます  歯が微かに見え  歯を出して笑った  歯を噛んで  歯を出して歩く  歯があらわれたかと思うと  歯をくいしばっていた  歯が抜けた  歯は残つてゐる  歯として役立たないばかりでなく  歯寒きの間に立ち  歯が寒くなる  歯の争闘に倦怠の世は旋風の壁模様に眺め入る  歯をむきだしていがむ  歯を喰いしばって  歯がとうてい梳けなかったかの  歯を食いしばって  歯を喰い縛って  歯が二三枚牙のやうに飛び出してゐる  歯が顔の下半分にニュッとひろがり  歯を食ひしばり  歯をくひしば  歯を見せてほえている  歯がみをして  歯がいたみでもする  歯をかんだ  歯をもって  歯のお医者のところへおつれになりました  歯をむき出して  歯をむき出しました  歯を吸い落すほどに  歯の根が合わない  歯で磨滅している  歯がのぞきはしまいかと  歯をくひし  歯に浮べながら黙  歯の根に血を持つ  歯は落葉の上層を蹴飛ばした  歯で叫んだ  歯を噛み  歯が真黒んなって  歯を当てて噛み砕いて  歯の欠けた  歯の低くなった  歯をむきだして  歯がみをした  歯の音が聞こえてくる  歯にあたるたべ  歯の光る  歯にビスケットの一片を噛みはじめていた  歯を出して笑っていた  歯の間に弄びながら  歯をくいしばりながら  歯をくいしばってる  歯向つてくる  歯をむきたがる  歯をむいて跳びかかってくる  歯が立たぬよ  歯に当って  歯を浮かす  歯が立たねえ  歯を鳴らしながら  歯のようにときどき方向を急にかえて走る  歯がみをしました  歯をばりばりかんで  歯をくいしばって  歯をくいしばり  歯のように角ばった妙なかっこうの山があるのに  歯のような形をした  歯のような岡があり  歯をむいて  歯を蔽うている  歯を食いしばり  歯を衝突させた  歯を噛みしめて泣いていました  歯をぎりぎりとかみ  歯をくいしばってしまった  歯を少しその唇の間から見せ  歯の虫封じを約束しました  歯にかかり  歯をむき出した  歯を引いたという  歯が痛む  歯の痛みが早く取れる  歯のすっかりすり減った  歯のすり減った  歯の音が冴える  歯の抜けた  歯をせせる  歯を剥出した  歯ごたへのある  歯のようなものを剥き出しながら  歯をもって行く  歯の根がカチカチと鳴り出した  歯を一パイに剥き出した  歯を光らしながら  歯をみがいて来ると  歯を見せて  歯さえ喰い  歯の立つ  歯は立ちませんが  歯がみをする  歯が闇の中に剥いてみえる  歯向いながら黙った  歯を噛み合せて  歯向う必死な争闘の幕は開かれた  歯が痛んだ  歯を病んで寝ていると  歯の浮く  歯のないお婆さんはきんちゃくをしぼった  歯をそめている  歯が金物のようにガチガチ鳴った  歯がガチガチふるえる  歯を噛む  歯が痛いから寝てるって云って下さい  歯がじんと浮いた  歯をきざむ  歯がズキズキする  歯で噛みながら  歯をみていました  歯をみてゐました  歯を食ひしばる  歯がないのですからむにゃむにゃやるより  歯を食いしばる  歯で食いちぎったらしい  歯の咀嚼能力は退化し  歯の立たぬ  歯を鳴らしながらいった  歯を我から不要のものとして抜きすて去っているとしたら  歯の根を押して見る  歯がみを覚えずにいられぬ  歯に舌のねばり  歯を吸込んで  歯がほとんど入れ歯になってしまっている  歯が立たぬと思はれる  歯が立つまいという  歯を喰ひしば  歯につまった  歯を食いしばって振りほどこうと試みたが  歯の立たない  歯をガタガタと鳴らしている  歯を見せた  歯が立つ  歯をみせれば  歯だか耳だかわからない  歯を食ひしばるであらう  歯を黒くそめた  歯の下駄を穿いてゐた  歯で士を掻いてゐた  歯を黒く染めた  歯で稗粒ほどの大きさに肉を噛みとり  歯を喰ひしばり  歯の間から舌の尖を見せて  歯が音もなく手にとる  歯にからんで  歯がみをしながら  歯が下唇をかみしめた  歯でぷつっと切って  歯をがちがち鳴らす  歯を黒くそめて  歯が痛くなって  歯がいたくなった  歯の骨と歯の骨と噛み合って  歯に食いつかれ  歯と頭髪にさしていた  歯へ風を入れた  歯をむき出し  歯をむき出していななくと  歯の間でそれを押し潰して  歯の間を通す  歯で破つて出るの  歯の穴の中に出す  歯を上顎に持つてゐる  歯であんなに荒らされてゐる  歯を造る  歯がひとりでにそうする  歯は極く堅い石で出来てゐる  歯になる  歯を食い  歯で噛まれたらしく  歯の跡のついた  歯の奥でかみころしながらの  歯を出しかけたが  歯を洗って  歯の根のわななきをこらえながら  歯の根が咬みしまる  歯のあいだで囓んだりしました  歯が立たなかった  歯が二三枚覗かれた  歯はもう永遠に発育しないらしく  歯で噛んでいった  歯が見えるに  歯がみをさせた  歯を立てる  歯がみを洩れる  歯の根が合わぬ  歯をちらりと見せた  歯がずきずきうずく  歯の事なんか言って聞かしても  歯は大事にして下さい  歯から拭取った  歯の無い口でむぐむぐと唱えて  歯を浮かせるに  歯をちらと見せて  歯をせせりながら  歯の根にかんで  歯の間で呻く  歯を見せて笑ったが  歯も軋むか  歯に毒をもった  歯でも抜けた  歯が立たず  歯をむきだして笑った  歯の間からしいしいと云いながら擦っている  歯をむいて笑う  歯どめがなくっちゃ自転車へ乗れない  歯のない口を歪めて  歯をくいしばった  歯に合わないと思ってたわ  歯のやうなものがころがつてゐた  歯が敷石に触れてく  歯の一本もない口をあけて  歯を染めた  歯と歯が内向きに喰い込んで  歯は食いしばられて  歯も立ち  歯を鳴らした  歯を噛んだ  歯を現わしてゲラゲラと笑い  歯にくッついている  歯の上に載せて  歯を喰いしばった  歯をすこしばかり洩らした  歯を露わしつつ眼を細くして笑い  歯の出た痩せこけた  歯を見せて笑った  歯がみをしたが  歯にも肉漿がかかって  歯で咬んで  歯をむいたが  歯の奥まで見せた  歯の根があわないほどの  歯を咬みしめた  歯を現して  歯をきしませながら  歯がはえかけで  歯がはっきり見えない  歯の根を噛んで  歯に秋のこゑ立ておちにける  歯の間から返事した  歯に衣きせぬ  歯の間から云っている  歯をほじくりながら  歯は大きな唇を噛み  歯がみをしながらいった  歯がみしても  歯もやはりキリストさまのと同じに前歯から生える  歯からもれる  歯など大方揃っていた  歯を噛むばかりである  歯を噛み合わせて  歯がみをしておるばかりですが  歯をギリギリ咬み鳴らしたと思うと  歯をわるくする  歯が引っかかる  歯に衣着せずいった  歯を見せると  歯のように梳いている  歯を浮かせたが  歯をくいしばっている  歯とあたたかそうな湯上りの耳朶を早い春の風が掠める  歯を入れた  歯が揃って  歯にも噛むべく  歯が陶器のやうに浮いて  歯が素焼の陶器になる  歯を撫で  歯を浮かせてゐたので  歯が浮いてし  歯を浮かせて  歯を喰ひ  歯には歯をもってむくいようとした  歯をくいしばって叫んだ  歯も見えた  歯を食いしばった  歯をくいしばっていたりする  歯を出し  歯をむきだし  歯をちらと見せて笑って  歯をきりきり言わせました  歯にもふれず  歯をむいて怒った  歯で噛んで  歯を剥きだして笑った  歯をギリギリと噛み合わせた  歯を磨いた  歯をひく  歯も立ちません  歯がみして  歯に蹴返される  歯の廻らないほど  歯にて噛む  歯の根を顫わせながら狭山良吉が帰って来る  歯で動かしてみた  歯を露出にして  歯でぬけるでしょう  歯でぬくもんよ  歯を磨きだした  歯に障る  歯咬みをした  歯を食いしばってこらえた  歯をせせり  歯が立たない  歯の減った  歯が一本残らず抜け落ちているので  歯の下駄をはいて  歯の下駄を鳴らしながら  歯で私の舌を噛みき  歯をあらわして  歯の鈍痛のやうやく薄らいだ  歯の療治とか執筆に苦しむ  歯が浮く  歯を磨いたりする  歯が鐙にはさまる  歯があらわれた  歯のあいだから出た  歯が疲れてしまう  歯が出る  歯を持っている  歯を見た  歯を隠した  歯をあらわした  歯がかすかに光った  歯がまた光った  歯なしのせいのただ口をもぐもぐする  歯を見せ  歯ぎしる  歯で食い切り出した  歯には歯をもって  歯にしむ  歯が新川のミケン深く食いこんだ  歯の劇痛に二ヶ月というもの苦しめられて  歯を食いしばらなければならない  歯を露わしてニヤリと笑った  歯の根が同時にガタガタと音を立て  歯をくいしばっていたが  歯は立たぬなどと云われますから  歯を喰しばって居りますから  歯の間から薬を入れ  歯をお染めになろうとすると  歯を染めようとする  歯が見えて  歯が痛くなつてし  歯にかかってしまいました  歯に引きちぎられ  歯でひどくいたんでしまった  歯をみせてわらって  歯のある  歯の間から舌の先を出しながら唸っていた  歯を露出して泣きだし  歯が浮くとは  歯が欠けて  歯の汚いのも忘れて  歯の形とその配列状態によって起る  歯を透して  歯を抜けても入られ  歯を喰緊めて口が利けず  歯を食いしばらされた  歯が見え  歯でくい切ってある  歯で食いちぎりながら  歯が一枚ぬけ落ちた  歯の一本もない老婆の顔が見えた  歯を誇らし気に光らして見せた  歯を出して笑っている  歯がぎしぎし軋る  歯をそっくりみせて  歯にはさまった  歯をむいてくる  歯をムキ出す  歯にはさまったする  歯をきりきりと鳴らし  歯にも一面に金を入れて  歯を当てると  歯の間にかみしめて  歯が引啣えていたと言おう  歯ときてる  歯の帳消しにはならない  歯が彼女の反歯にふれあって  歯がかちあって  歯が目立たぬ  歯の跡を残す  歯がちらちら見えました  歯出して力んでいる  歯の音も合わぬほどの  歯を通し  歯で小さい音を立てている  歯を見て  歯を同じようなやり方でうめる  歯をくいしばっておりました  歯の下駄をはき  歯の間に挟んだ  歯をガチガチと打鳴らしながら  歯をガチガチ寒さうにならしながら  歯の下駄のことについては言及しなかつた  歯の痛みがこめかみの上まで這ふ  歯がぼろぼろに欠けて  歯が立ちませんや  歯を見たり  歯の根も合わぬ  歯をのぞかせて  歯には合いますまいが  歯の間からちょっと舌を出し  歯の隙とかそういう狭いところから無理に外部へ出ようとするので  歯のような一流記者を出し抜いて  歯を喰いしばっている  歯が通って  歯を剥き出して  歯をむく  歯をこすっている  歯を抱いた  歯のない頤をもぐもぐさせながら  歯ではある  歯がぬける  歯で竹のよろしさは朝風のしづくしつつ霽れて  歯の疎い丈夫な櫛でゴシゴシと掻いて整え揃えて行く  歯にこたえた  歯を切って  歯の音も合わぬ  歯に当てると  歯をぎりぎり喰いしばって  歯が一本抜け落ちた  歯でがりがりとやった  歯でかじった  歯ががちがちと打ち合う  歯でブリブリと噛み破る  歯の折れ  歯の上で唇をすぼめる  歯の間から響かせる  歯をかみあわせた  歯をくいしばりつつ  歯を染めなさった  歯の根をくいしめて  歯をむいた  歯がガチガチする  歯の抜ける  歯にかぶせて  歯に黄金の板をかぶせて  歯の根も合は無え程ふるへながら  歯を出して微笑んだ  歯とあるが  歯が浮いたよ  歯に引っ懸る  歯の治療を受けている  歯が一本ぐらぐらになってね  歯を食ひし  歯が二本ちらと唇の間から見えていた  歯の間で折っている  歯を洩らしたが  歯を噛んで戦いたが  歯を切緊ってしまったから  歯がみをしながら聞いていましたが  歯をむいている  歯を鳴らす  歯をよく調べてみた  歯の間にくわえられながらも  歯を向き出したり  歯と髪の毛が抜けてしまいます  歯で引き裂いています  歯はがたがた鳴り  歯の根も合わなかった  歯が手にかみつく  歯をそなえて  歯で咬み砕いて  歯の根もあわず  歯が無慈悲に突き当てる  歯の所々かけた  歯でつぶして  歯から落し  歯の幅に下の方に泥が黒くついて居る  歯の高さから二三寸も高くはさまった  歯のない口をしっかり結んで  歯がカチカチ鳴って  歯をくいしばっていて  歯で一思いに激しくかんで見たりした  歯をくいしばって震えている  歯の間から雷のように葉子の耳を打った  歯をかみならしただけで  歯が悪くて貝の役は勤められず  歯を食い縛って堪えても  歯の疎な口を喘ぐ  歯をむき出しながら  歯が鳴るわ  歯が落ちた  歯の根がカチカチと鳴りはじめました  歯を砕かれたり  歯のまばらに脱け落ちた  歯をむきだしてる  歯をむきだしもせず  歯に何の骨折り  歯を入れ替えてやろうと思いましてね  歯の音が日本的騒音で石の床から硝子の円天井へ反響した  歯を喰いしばる  歯が欠けてゐる  歯をくいしばって耐えた  歯の間から覗かせた  歯のあとなど見えない  歯をタヽキにきしませながら  歯と四角な口を持つた  歯の隙いた  歯を見せて笑いながら  歯をかみくだく  歯をくいしばりながらも  歯を立てて  歯も爪もとがって見えた  歯がゆるんだ  歯を吸った  歯に衣着せた  歯がみした  歯を喰いしばって歩き続けた  歯がすっかり浮いて  歯のうく  歯がみをなし  歯をみがきながら  歯の丈夫な人がよくやる  歯を光らせていた  歯がカチカチと噛み合いました  歯を出して笑って見せた  歯のように所々が空いていた  歯をぎりぎり噛んだ  歯に絡まる  歯のなかへ太い釘を叩き込む  歯を渡しました  歯を紙に包んで  歯のことを忘れる  歯どめをかけない  歯どめを感じると共に  歯を出して  歯を喰し  歯で一皮一皮むいて  歯できって  歯を噛い  歯を浮かせてゐる  歯は自然に堅く噛み  歯を穿いた  歯の間から呟いた  歯がたたないと  歯を見せて笑ったりもしていた  歯が新川の眉間へソックリくいこんだ  歯の根もあわずに  歯でくわえて  歯を病んだ  歯の痛みを持って行くよりも  歯を立て得なかった  歯にかかったら  歯をギリギリと噛み締めて  歯の根を戦かしていた  歯はすっかり乾燥して  歯を見せながら  歯が浮いて  歯は黒く鉄漿で染めている  歯の根も合わずに震えていたが  歯を見せていた  歯を洩れる  歯を見せて笑い出した  歯を並べている  歯をひくが如し  歯が出ていた  歯はほんの算へるほどだ  歯をいちいち補ふ  歯をガツガツと鳴らしながら  歯についた  歯を喰ひし  歯をくいしばって打ち下した  歯を剥いて笑いかける  歯を咬み鳴らし  歯で帯の端を咬み裂き  歯がガツガツと鳴る  歯して青々とうちもわらへる  歯が抜けたらしく  歯に満ちし  歯を剥いて  歯のない口をふにゃふにゃ動かすだけで  歯の根の合わない  歯がみをし  歯をガチガチ鳴らしながら  歯をバリバリ噛んで  歯の生え初めた  歯の土手を見せて  歯を重ねた  歯にしみ入る  歯をむき出して笑い  歯が長くて細目のマツゲの体ゆゑの名といふ  歯ありてマブタに似をる  歯が細く裂けたを  歯向って来るか  歯が鳴り  歯のならび  歯をみせて笑う  歯をみせて  歯を剥き出した  歯を剥いた  歯がみをしている  歯を白く見せた  歯を剥きだして  歯だけが不思議な白さを持っていた  歯をむきだして微笑んでいる  歯の根も合わない  歯がカチカチと音をたてた  歯を喰い締めて  歯の根がガクガク鳴り出して  歯の根がガタガタ云い出して  歯で真っ赤な花を咬んでいる  歯がないと見えて  歯のあいだで噛みしめたら  歯のない唇のまわりの梅干皺を巧くかくしている  歯で笑った  歯とが描かれてある  歯から区別がつかなかった  歯があれば分る  歯列びをよく見せる  歯を噛みならし  歯が脱出る  歯が抜けない  歯咬みをしながら  歯ががたがた鳴りだす  歯をがたがた言わせているね  歯の間にブリキのぼんをくわえて  歯をせせって  歯をむき出すと  歯の間にくわえた  歯を食いしばっていた  歯のように海に迫り  歯のない口を一ぱいにあいて笑った  歯をお歯黒で染めた  歯で笑われると  歯が目に残った  歯じゃ喰えもしないさ  歯をだして  歯をいたくなく抜いてくれる  歯は茄子色につやつやしていた  歯がカラカラ鳴って  歯をわるくして  歯のうろへ挿入て欲しいのだと言ふ  歯くさが着いては居りませぬか  歯はがたがた鳴って  歯はがたがた鳴っていた  歯を見せたり  歯をして  歯はおそろしい笑い顔のうちに光った  歯をむき出して笑った  歯がみをしてゐたといふ  歯のうろへ挿入て欲しいのだと言う  歯くさが着いてはおりませぬか  歯が外側と内側とふた並びになっている  歯に合わぬ  歯を見せつつ  歯がみんな丈夫になって  歯が出た  歯の療治に行きたいが  歯の間から洩れる  歯の根も合わぬくらい  歯を洗ふ  歯を噛みながら  歯をパクパクと噛み合わせて喘いだ  歯が立たん  歯の痕跡の付いた  歯をむき出したとかで  歯を全部売ったり  歯を見せようとはしなかった  歯を鳴らしていた  歯を磨いていた  歯で梳く  歯をみがき顔を洗う  歯がたたない  歯もろくに役立たず  歯の一本欠けてる  歯の裏を見ましたが  歯は黄いろく煙草のやにに染まり  歯をむいてつぶやいた  歯が寒さにがたがた震えている  歯が浮き  歯を浮せて  歯の根も合はぬ程の歓喜の身震ひに  歯も立たぬ  歯を取られ  歯も立たないので驚きました  歯で時々雨上がりの庭をほじくられた  歯を突き出して  歯咬みをして  歯を噛んだり  歯の外には洩らさなかったけれども  歯がチクチクいたむ  歯がみなうごく  歯をしみ  歯をい  歯がある  歯がいたいと  歯が全身全心を支配する  歯を投げる  歯がぬけてゐる  歯がわるいから小供にくれて  歯が立たぬ  歯でがぶりやられたら  歯があって  歯のない牝馬のうえにのっかったと思うと  歯の根が合いません  歯を噛んで憤った  歯の根を一本一本にめぐりめぐって  歯を咬み鳴らす  歯が若すぎる  歯の間を開けさして  歯をくいしめてすすり泣きつ  歯の根が合わぬくらいであった  歯の根も合はず戦きつ  歯には合いません  歯を噛みならして  歯は七兵衛の肉へは透らないで  歯がぼろぼろに欠けて来たとか書いてある  歯がぼろぼろに欠けている  歯の悪いところを見せてあげる  歯も欠けていません  歯の根が合わなかった  歯で噛み締めている  歯の根も合わないまでに  歯の根が合わないまでに  歯の多い口をあいて笑った  歯がみで耐えていられた  歯を剥く  歯には合わねえ  歯も立つ  歯は見せちゃいけないよ  歯の根が合わなくなりました  歯でさえもある  歯が犬の歯を想わせる  歯が現われた  歯が見えた  歯の間からは美くしいそして  歯の間から細いふるえた  歯でぼろぼろに咬みしだいてしまった  歯がみをしよるわい  歯をくいしばりたい  歯はぬけないかい  歯が合わねえ  歯を食いしばりつつ  歯を剥いて罵ると  歯をくひしばり  歯がかち  歯の根も合わないで  歯をもって咬み殺すとは  歯を噛み合わせた  歯にくいしめて  歯の脱けたようになっているではないか  歯に合わねえという  歯をキリキリと噛み鳴らした  歯咬みをしている  歯を咬鳴らしました  歯をだした  歯に衣せずに云うならば  歯をかみならして  歯がちらちらと見えた  歯を軋らせた  歯と歯の間からとび出す  歯も抜けますれば  歯のない口をもぐもぐさせて  歯をせせりだした  歯をせせりつづけた  歯を外に向けて  歯をむいていた  歯のようにたってきた  歯にも見えた  歯でもこぼす  歯の根が合いませんでした  歯の音まで歴々と聞える  歯をみがこうとしない  歯の根元まですりきれてから捨てる  歯のすりきれた  歯を持った  歯を食いしばりました  歯を食いしばって唸ると共に  歯を鳴らして  歯のすぐ目につく  歯がのぞいてゐた  歯の間から泡の混った  歯をバリバリ音させて  歯をカチカチ鳴らしながら  歯が立つまい  歯を噛むと  歯を噛み鳴らして  歯をギリギリと噛んで  歯を併せて  歯を当てました  歯を当てて  歯が立ちません  歯を食い折ったか  歯をギリギリと噛み鳴らしました  歯にも合わない  歯の齦と表を磨き  歯の表を磨き  歯の裏を磨き  歯の間々を掃除いたします  歯がみをしながら云った  歯を見てみろ  歯を喰いしばってこらえている  歯に鬼歯が一本ずつ出て居ますから  歯がみんな無くなりゃ  歯のお手入れをなさらなかったのに  歯がみを噛んだ  歯で喰い欠いてみて  歯に沁む  歯の根が合わなくなっている  歯をチラリと見せた  歯が七十枚あるぞ  歯からつやつやした  歯に衣を着せねえ  歯がみではございませぬが  歯のように細かくついている  歯に合わないほどの  歯も欠けて  歯がたたん  歯がだんだん見えてきて  歯が痛いと医者にこぼしだした  歯を食いしばりながらささやいて  歯をくいしばると  歯を磨きに午前中だけ通って来る  歯の根の浮く  歯をギリギリと噛み鳴らしましたから  歯のお医者様は笑つて言ひました  歯をみがいて  歯をしらべられる  歯をよけて歩きながら  歯がたたぬ  歯をならして  歯にもらした  歯をむいて笑っていた  歯がない一人さう  歯を抜く  歯はいよいよ痛んで  歯なしとなって  歯はみな年々にぬけて  歯が俄に痛み出した  歯はいよいよ痛む  歯の痛みも全く去ったからである  歯の痛みが去った  歯を把って海へ投げ込んだ  歯はこの魚腹に葬られるかと見ていると  歯はそのまま千尋の底へ沈んで行ったらしい  歯に当られて  歯を噛みしめ  歯を出して笑って  歯の無き時はいたく面変りてさらに二十年も老け込み  歯を煩はれ居り  歯の痛み甚しく  歯をギリギリ音を立てて噛み鳴らした  歯が痛むと  歯やに我れにもなくじっと見入っている  歯がみを噛んでおります  歯をくひ  歯の生える  歯の生えた  歯をおもんじ  歯はし  歯をギリギリとかみ鳴らしました  歯にあわないから  歯は立たないのに  歯が立たないと見て  歯とが笑つてゐる  歯はすれて曲がって  歯をむいたり  歯を病んでいるらしく  歯の根を噛んだりしていたが  歯を引き抜こうとする  歯を抜くとは  歯の根をかんでいる  歯は抜くにかぎります  歯の力を失った  歯でも欠けたと思った  歯が自然と開いて  歯を喰い  歯いせられぬ  歯が出て来る  歯がみんな星になった  歯の光りだ  歯がたたないの  歯をみがき  歯がみをして居る  歯をみがかなければいけないという  歯を鳴らして飛ぶ  歯がみをしたが及ばない  歯のかけた  歯と歯とがガクガク噛み合せられ  歯をむいて笑ってゐる  歯も見えぬが  歯をぎりぎりと噛んだ  歯を挽くが  歯の根のふるえを禁じえなかった  歯の下駄を履いていた  歯に本金の入れ歯を光らせ  歯がみをして憎がる  歯がみをして叫びました  歯をむき  歯の根も合わぬほどに  歯を染めている  歯に噛まれたら  歯をもった  歯の間でそのこじれてかたまった  歯ぬかりのする  歯の間にあかのたまって居る  歯の根をカチカチと鳴らしながら  歯を持って  歯ぜせりをしながら  歯がいたまねば  歯をいたむにつき  歯をいたむ  歯を磨き  歯には歯を以て酬いよ  歯の根が鳴る  歯のない口を平たくした  歯を喰ひしばらずには居られなかつた  歯なしになる  歯が立たないという  歯で潤す  歯にきぬを着せぬ  歯と同じ関係を有しているという  歯が二たび光った  歯が三たび光った  歯が落ちず  歯を見せて微笑んだ  歯を覗かして  歯をわるくしているので  歯には智恵をかみわけ  歯に衣きせた  歯をむきだした  歯をばりばりとかみあわせて  歯を噛みしめて  歯の根がガチガチ鳴り出して  歯を吸い込まれる  歯のあとが残っていた  歯をみせて笑いながら  歯の悪い人の年々に増えて行く  歯が役に立たぬ  歯咬みをしても  歯をむいてゐる  歯を喰切ッて見て  歯を囓切ッて差俯向く  歯に合わないので  歯も爪も立たず  歯がにょきんと出ていました  歯もいたくありませんでした  歯に衣着せず  歯がみさせた  歯で啖いはじめました  歯の透き通る  歯を染めているので分る  歯も笑う  歯がのぞいている  歯がちらちらした  歯に合うまい  歯に合う  歯に衣着せぬ  歯の間から荒い呼吸をしていた  歯が見えたり隠れたりしていた  歯の下駄の響が冴えて  歯の性がよっぽど悪いと見えるね  歯を指で動かして見せた  歯がさほど苦になるほど痛んでいないと云う  歯をちょっと揺って見たが  歯の根へ穴を開け始めた  歯を通した  歯を押匿す  歯でドルカの白い胸を傷つけた  歯の咀嚼を受け  歯を磨きながら  歯に息を引取るまで  歯で日やけした  歯をちらと覗かせて  歯も抜け落ちてしまつてゐる  歯のない口に火の消えた  歯のあとがたくさんあって  歯の跡がすこしもついていない  歯のない男が吸った  歯をしていて  歯の跡があるが  歯の音も合わず  歯を浮かせ  歯へ付いて食べた  歯がみをして憤ったが  歯がカチカチと鳴った  歯の根も合わぬまでに  歯に踏みにじられる  歯を磨き出した  歯を磨き終ると  歯の磨き方は次第にぞんざいになり  歯であしらって  歯をむき出して笑っていた  歯をおさえて  歯をもみながらいった  歯に当る  歯が抜けるなどと嚇されており  歯抜けばばアといい  歯が抜けると信じられていた  歯を含み  歯にぶつける  歯を加えると  歯を喰い締めた  歯を一パイに剥き出すと  歯を御見せになりながら  歯で破きながらいい続けます  歯をきしる  歯の生えている  歯をむきだすと  歯が一つちらりと見える  歯が光り  歯が痛いとか頬が脹れたとかいって  歯が痛むといって  歯をすすりながら  歯を喰い縛る  歯でもある  歯ではござらぬかな  歯を見せろ  歯がちびた  歯で抜く  歯の細かくかち合う  歯をすげた  歯を見せる  歯をがたがたさせながら  歯をきしらせ  歯を喰いしばっていたが  歯は全部味噌歯になってしまっていた  歯は十枚ばかりしか残っていなかったが  歯をがたがた震わせながら  歯をうち震わし  歯を用いるは  歯を病む  歯を二本立てた  歯をガタガタふるわせながら  歯つ欠け婆ばかりの出て来る  歯を喰縛りながら  歯をむき出していな  歯を染めていた  歯が少しばかり見えてゐましたので  歯をはじきました  歯を喰ひしばって  歯がギラギラ光った  歯をむき出して笑うと  歯のいたみ  歯を抜いた  歯をうち合して震え  歯をあてると  歯がみをしいしい  歯が抜けてゐた  歯が合わなかった  歯でかみとったりしていた  歯を噛みしめた  歯を剥いていました  歯は結核性に皓く  歯の間を洩れる  歯や爪で印をつけます  歯をかつかつと鳴らしながら  歯の生えたる  歯が生えて  歯を生じ  歯は真白だが口の香が甚だ臭いとまでいっている  歯がよく冴えて響く  歯をくいしばって力んでいて  歯に合わなくなった  歯や舌に触れた  歯にぶつかる  歯の無い婆さんが出て来た  歯の無い口を一パイに開いて笑った  歯の根も合わずに  歯を叩いた  歯をかんで  歯の雪をたたきながら  歯でこわし  歯の上下をさかんにせせくっていましたが  歯はむろんのことにおはぐ  歯をせせくっていましたが  歯をくいしばる  歯をかすかにのぞかせながら  歯が震え  歯と歯の間に鼻緒の結びの跡がいずれも内側に残っていて  歯ががちがち噛み合ってでもいる  歯の立てた  歯で食い切った  歯を喰いしばって縛りつけようと試みていた  歯も立たない  歯を食いしばっちゃ  歯とをもっていた  歯があると  歯をかち合わしていた  歯の抜けて落ちくぼんだ  歯もむいている  歯もむいているとすると  歯のねえげたみて  歯をくいしばってこらえながら  歯を鳴らし  歯にあてると  歯で作った  歯を露出して光らせて居る  歯は閉じた  歯の手術に上京して来ていて  歯の形状から見てもわかる  歯を食いしばって泣いたり  歯は何枚あります  歯に混食が丁度適当だというのに  歯で私の手にちょっとした傷をつけた  歯を見せてせせら  歯と齷齪した  歯を喰いしばりながら  歯を楽しまされ始めてゐた  歯で空を引割っている  歯のような鋭い圭角をいら立たせて  歯を刻んでいる  歯のように尖った  歯の間に溜った  歯の間に居しこるばかりだった  歯を咬み  歯が利かなくって  歯を残らず  歯を一パイに剥き出して見せた  歯を損じた  歯の根をゆるめなかった  歯にはさまる  歯のぬけた  歯の折れる  歯の音がカチカチと鳴った  歯をむき出して嘲り笑っている  歯をかんでいる  歯を一パイに剥き出してね  歯の根を震わせていた  歯を使って噛み切ったので  歯まで生えていたという  歯がバリバリとくだけ落ちて  歯がくだけ  歯が生えなくなってしまい  歯の附いた  歯の物は雨が降  歯を竪に返すや  歯を食いしばって答えません  歯が氷のやうにかがやいて  歯が氷のようにかがやいて  歯をむき出してゐる  歯をむき出している  歯を食いしばってまでも囁いた  歯に合わねえ  歯にかける  歯の露出せる  歯が抜ける  歯を落して  歯を落した  歯に衣を着せずに  歯で噛み砕いて  歯とでにっと笑った  歯を喰いしばって堪らえて来た  歯の根が合わないほどになった  歯をくいしばって考えた  歯は欠け  歯に立つも立たぬも  歯のように並んでいたと覚えていたが  歯をキラキラさせて笑いながら  歯があるなら  歯の間からつぶやいた  歯のあいだからはきだす  歯と爪とをもって  歯をむいて見せても  歯の斜に踏み  歯の歪んだ  歯もある  歯が一列に並んでいる  歯の女中に問はれて  歯をかち合わせ  歯をがたがたさして震えていた  歯が闇の中にあった  歯を喰いし  歯の隙間から唸る  歯はおおかた痛んでおり  歯を黒くさせた  歯が抜けて  歯を染めたり  歯が少し朽ちて  歯の少なくなった曲がった  歯に小径は縦横に踏開かれ  歯が縦横に小径をつけ始める  歯をめり込ます  歯がきらきらと光る  歯のない齦を見せて笑った  歯にがちりとさわる  歯を染めて出る  歯が染めてなかったりする  歯を染めるべきであるという  歯をこわすであろう  歯は磨滅しています  歯を当てるまでの  歯を染め  歯を見せて微笑み  歯の黄楊の櫛で邪見に頸足のそそけを掻き  歯を黒く染める  歯で物が噛みたい  歯のいたみを  歯にてくわえさせ  歯にて食いきらぬ  歯の落ちしを見れば  歯はよわいにして  歯を抜きて  歯の痛みを止める  歯の間から物を見る  歯が立たないなら  歯の落ちこぼれた  歯の浮き  歯もどの歯も欠け落ちて  歯のように下っていた  歯を食い縛った  歯をあてて食いつく  歯がぎりぎり鳴り出すと  歯があたる  歯をハーモニカのように口にこすって  歯を抜いて貰った  歯が痛んで  歯の根をカチカチ鳴らしていた  歯でかみ砕かれて  歯を見せて笑いかけている  歯をわるくしたのに  歯ぎしみに  歯と人の気風は一度ゆがみて  歯で喰えと云わる  歯を見せて笑う  歯を吸う  歯に衣を着せず  歯の細かい櫛を使うので  歯かけ下駄をはいて  歯でかみ切って食う  歯を一度に抜いてしまった  歯の接触点から始まった  歯の根もとと先端との間の機械的結合を弱めた  歯の清算をしておく  歯が後面の金板から脱落した  歯の隣の歯を軽くつついて  歯はだんだん悪くなるばかりであった  歯が一本もないが自分には上の左の犬歯が一本残っている  歯というのがもうすっかりむしばんで  歯を意味し  歯は各個人にとってはそれぞれ年齢をはかる  歯を保有している  歯が悪くなると言って  歯に現われるという  歯の字が動詞になると  歯がずらりと並んでいる  歯の一本がむしばみ  歯へ腐蝕が伝播して行く  歯がみんなむし歯になったら  歯の役目は食物を咀嚼し  歯や舌が同時に言語の器械として二重の役目をつとめている  歯に二役掛け持ちをさせている  歯があってくれたら  歯を保存する  歯を涅めた昔の女の顔は化け物のように見えるかもしれない  歯で噬む癖がある  歯を貸してあげます  歯を露わして微笑した  歯の間から凩のような音を立てて  歯の間から薄い水の様な血がにじみ出た  歯はその頃丁度ぬけ替る  歯が何本もあった  歯がガクリとわけなく抜けた  歯の根の膿みを持った  歯に代首を銜えた  歯が上下ともすつかり抜けて  歯が上下とも一本も残らず抜けて居た  歯を露き出す  歯のない口を異様に尖らし  歯の痛みは生れて  歯の治療をして  歯が光つてゐる  歯をかみながら  歯をしめた  歯の抜けている  歯にしみた  歯のない唇にもつれる  歯が立ちませんでした  歯に合わないと  歯がみをしたけれど追っ附きません  歯をみがく  歯で噛み潰した  歯はぱりぱりと鳴った  歯に噛まれでもする  歯をひくが如く  歯が若々しく見えた  歯をあてて見たり  歯の無い口を大きく開けて  歯を立てた  歯をタバコの脂だらけにして  歯を洗う  歯の間で寝ている  歯を清めた  歯を潔めやると見え  歯の根をぎりぎりかんだ  歯がうごめいている  歯を見せたと思うと  歯のように尖んがった  歯をしっかりと喰いしばっていて  歯でそれを開いて  歯が音を立てたくらいであった  歯で啣えていた  歯みてえに突き出てる  歯をがちがち鳴らしている  歯の如く並びて  歯を以てなす  歯の根も合わぬがごとし  歯がひどく疼むというと  歯もうずくなれ  歯が最も疼むと答うるに限る  歯とただ一つの眼を共有し  歯と眼を奪い  歯の三五郎といふ仇名おもふべし  歯を磨いている  歯と手は白きを要し  歯と耳と足は短きを欲し  歯の出た  歯の根を噛んで云う  歯をバリバリ噛みあわせながら  歯をギリギリ噛みあわせると  歯の足駄を庭先へ持ち出して  歯の間へ真白なにんにくの一片をくわえて  歯が出て来たと言うので  歯がそれも二枚出て来たと言うので  歯のように映った  歯の鋭い虫が噛みきる  歯をすっかりぬいてもらう  歯が立たないほど  歯でかみ切り  歯にさ  歯を少し喰い  歯のよく通った  歯のところを拾いあげたと思いなさい  歯に彫りつけたという  歯をひねくりまわしていたが  歯を治療した  歯にアブリダシで字を書いておいたら  歯にアブリダシを書いた  歯など見た  歯に文字を書いたという  歯をとりあげて  歯をおしあけて  歯のように抜けだしている  歯を見せて笑っている  歯あ磨かないでは磨いた  歯をガリガリと鳴らして  歯をむき出して対する  歯にくっついて閉じていた  歯を抜いて  歯も労する  歯を見せてくれない  歯をくいしばりぬ  歯を刻んで  歯の一つが高く大きくなった  歯のない真っ黒な口をあけて笑いました  歯も紫になってる  歯をゴシゴシみがく  歯にきぬを着せない  歯に挾まった  歯の軋む  歯を思はず  歯にて噛み切りたるがごとくに  歯のような岩壁を天外にうねらせて  歯が徹らなかった  歯が徹らなかつた  歯を洗った  歯の痛みが昨夜よりひどくなった  歯とは真紅に染まって  歯をむきだしていました  歯がハッキリ見えた  歯がチラッと彼の眼をすべった  歯を削っていた  歯にも透る  歯の根がゆるむ  歯を削る  歯がすっかり抜け落ちてしまった  歯くそのついた  歯がすえる  歯の間から漏れた  歯もぬけてうら  歯をつけて  歯がぬけてほ  歯のなやみ  歯のようにとがり立った  歯がたわしのように摺り減った  歯をくいしめて堪えたが  歯が全く磨滅してゐる  歯はもつてゐるが  歯をそちらに向けたが  歯にしみわたったり  歯をだして笑いあった  歯が丈夫になる  歯が二列に並んで見える  歯と歯が触れあふ  歯に感じた  歯をもつた  歯を光らして  歯を美しく輝やかした  歯の音きく  歯が獣の牙のようにちらちらした  歯をくいしばって考えこんでいた  歯の根もあわないほど震えている  歯のように疼く  歯を噛合わせる  歯の間から舌のさきを出して  歯が走って  歯がかんで  歯をかみ合わせて  歯を食いしばっているらしい  歯で紅い下くちびるをかんで  歯のあいだからうめいた  歯の顔を見ている  歯を飛ばし  歯にかんだ  歯を使って  歯はおそろしく長い牙になっていて  歯としか持っていない  歯をむき出して笑ってる  歯をむき出して笑っている  歯をもっていました  歯をむき出したりする  歯いたみて堪へ  歯を引く如く  歯をくいしばりながらいう  歯のようなその葉に明るく射していた  歯を剥きだすといつた  歯をむき出して笑ったから  歯におはぐ  歯削りになるし  歯を少しみせたが  歯が立たないので  歯をむき出して見おろしている  歯を食いしめて  歯は硝子戸を叩く  歯をあらわに曝しながら  歯されない  歯軋をした  歯を時々あらわして  歯を露わしているが  歯を病んで  歯で噛んでいつた  歯ざれのいい  歯が一本も欠けねえ  歯はがちがちと打ち合い  歯のあいだを一々にあらためた  歯を露出して  歯を少し見せて笑う  歯を磨く  歯をニッとみせて  歯の根が合わぬほど  歯に眼を止めた  歯を痛がっている  歯が鳴りも止まなかった  歯を喰いしばっていた  歯を入れたばかりです  歯をはたく  歯のたたない  歯ががりりと噛んだ  歯くいしばって坐っていた  歯を磨きなさい  歯も立たないで  歯がガチガチと戦慄を伝えてかち合う  歯が出たとかで  歯からズーッと齦まではかなり急な角度で出っ歯になって居て  歯を被うには  歯をチラチラさせて  歯はいつもの通り堅そうで美くしかった  歯の間よりもの言う  歯の女はいとど顔を長くして  歯はまばゆきまで皓くみがきぬ  歯にて歯を償い  歯を食いしばりぬ  歯をくいしばりて  歯を見せてほほえみしが  歯を漏れぬ  歯は鉄漿で染めると云う  歯をぎりぎり噛み合わせて  歯をぎりぎりいわせた  歯をガタガタ言わせながら  歯を磨いて  歯を剥くでも  歯で下唇を噛みながら  歯につく  歯がたたないばかりか  歯もすっかり修理する  歯をくいしばってがんばった  歯の立ち  歯の鳴る  歯を見せて笑いました  歯でカリッと噛み割ると  歯は白く光っている  歯のような影を立てた  歯をくいしばってやった  歯が立たなかつた  歯の根が合わなくなり  歯のような岩礁がところどころに崛起して  歯のように出入している  歯がみをして立ちあがった  歯をむきたてて  歯が一朝にしてぬけおちた  歯をがりがりかんで  歯をむき立てて  歯で噛み挟み  歯のまっしろな唇の真赤な女は自分の力を信じて  歯の間からもらした  歯の足駄を器用に履いて  歯を一本ずつ見てゆき  歯のためにできた  歯を剥いて追っかけている  歯をひくが  歯をくいしばるより  歯が渾身の力でくいしばられている  歯をめったに開かず  歯を咬みしめつつ  歯の折れた  歯を噛みしばっていった  歯の痕が残っていた  歯は真珠色がかった  歯ががちがちと鳴り  歯の根が合わず  歯をがちがちいわせながら  歯がぎりぎりとなり  歯を食いしばっている  歯が唇から洩れ  歯にあたる  歯でくわえて曳いて行こうとする  歯をみせて笑いました  歯の間にねじ込んだ  歯の痛みがとまらなきゃ  歯が痛い人間以外は誰も同感してくれない  歯の数が違う  歯も両顎とも抜け落ちて  歯でその皮を割り  歯かみをした  歯でよくよく噛んでこなして  歯の根が浮くくらいになるまで考えてみた  歯はばくばくになる  歯を露出せし  歯を食い縛って  歯を食い縛り  歯をぎりぎりかみしめながら  歯をならしていた  歯をぬいた  歯とその歯が根気よく噛んで呉れる  歯に衣をきせず  歯をあてたぐらいでは  歯を見ただけでも  歯をもつ  歯を見せずに笑った  歯と襯衣の白い小亜細亜生れのヴィクトル・アリ氏があった  歯がみをしたに  歯をあらわすであろう  歯と歯の間に引延ばす  歯を噛み合わせる  歯を喰いしばるかと思うと  歯の無い口からし  歯を梳く  歯は鑿のように見えた  歯に沁みるほどに  歯も透通つて  歯の根も合はない頤ばたきが巻き起つて来た  歯が痛むと言い出して  歯が三重に生えて  歯をくひしばりました  歯を具えていて  歯も指も黄いろくして  歯がずきんずきん痛んでいた  歯の痛みの方を見つめていた  歯をゆすった  歯をひっこぬいてしまった  歯が痛むくらい  歯の痛みはけろりとなおっていた  歯の話をした  歯でかみしめながら  歯を噛み出した生きた  歯をギリギリと噛み鳴らし  歯の間にガッチリと啣えた  歯は砥がれて  歯のように縁を刻んだ  歯で噛み砕いては  歯の根が合はないと云ふ  歯が髪の毛のあいだにはいるかはいらない  歯を一枚一枚挽く  歯に食いあてし  歯を脱いてから  歯は見せないぞという  歯の療治に通っている  歯にくっつく  歯が立ったなら  歯を持っとるのう  歯をタタキ割るという  歯で引抜いた  歯の間に残っていたにした  歯を露わして笑った  歯もみがかずに  歯を光らせながら  歯の間でする  歯をその人は持って居た  歯は落ちくれど  歯のこぼれる  歯が一本ずつ突出している  歯でこつこつかんで  歯だけが残っている  歯のあいだに挾んで  歯とで妹に接吻しましたので  歯のない口を開いて  歯のない口をあんぐりと開いて  歯が脱けていて  歯を出して笑い  歯をむいたりしてみせる  歯の抜け落ちる  歯がザクザク口一杯にひろがった  歯のような神経をもっている  歯に引っかかった  歯の無い口の中を飴玉を彼方へやったり  歯の無い土手でゴリゴリと持ちあつかいながら  歯を片手で掴み  歯を見詰めていたが  歯が三本虫くいになっている  歯がたたなくて  歯をさし代えてははく  歯というか  歯がカチカチ云ふ  歯ががちがち鳴りました  歯でかみしめて  歯せざる所となり  歯をみせ  歯の疎らな口を開け  歯をきしきし噛みながら  歯を喰い縛って唸りつづけている  歯の根をガタガタいわせていた  歯を剥出して  歯を現わして冷笑している  歯をした  歯を見せたかと思うと  歯を見せるから  歯がちかと光った  歯から先へ押し出すだけで  歯を出して微笑み  歯をうかべて  歯をみがいておく  歯が悪くって血脇さんに行った  歯の間に生れる  歯に挟ったほどの  歯と膝がしらへしがみついた  歯が痛みでもする  歯をカチカチ言はせる  歯の無い口を開いて  歯のない口をあけて笑った  歯のない口を開いて笑った  歯がみをしてゐる  歯のようになった  歯の脱けた口をばくばくやって  歯を噛みならしながら  歯の細かい櫛でわたしの亜麻いろの  歯をガタガタ鳴らしてゐる  歯をぎりぎりかんだ  歯をくいしばってたえていた  歯にかかりて  歯をこぼして  歯がすべって  歯の間から少し舌が出  歯なしがしゃぶる  歯の間にお箸をたてて  歯の金のことは調べます  歯のことは市内では闇で使っています  歯のこともわかりました  歯のかけてる  歯で破って  歯を剥き  歯をすかす  歯ぎしみする  歯を斜めにとる  歯が下に張っている  歯が下に張った  歯の中までじゃりじゃりになる  歯もてその糊を剥ぎ  歯がいっぱい突き出ていて  歯をちらと覗かせて笑いながら申されました  歯の夢をみてゐた  歯をくるりと撫でた  歯の痛みはとれてゐた  歯を染めしが  歯を想いだし  歯の間からぺろりと舌をだした  歯でむいて  歯をくいしばってざんねんがりました  歯をガクガクと震わせながら  歯の根も合わない程  歯をむき出してる  歯の爪皮の上について待っていると  歯を噛鳴らす  歯こそ抜けて  歯と唇の間からたてる  歯っかけのくせに何て姉さんぶるでしょう  歯をかいて  歯を抜かれ  歯も生えぬ  歯がぼろぼろに欠けて来た  歯の一つが欠けている  歯も出なかったし  歯の間がすくと  歯が出ない出ないと言っていたのに  歯は焼いても  歯がないないって言っていたのに  歯は早くなおさなくては  歯をがりがりやった  歯の神経をぬいたりけずったりしなくてはならないの  歯をぬくなんてやりきれないと思います  歯は放っておけない  歯まで心配の種ではやり切れないから  歯のジージーガリガリは一層汗が出ます  歯へまわり  歯をやりはじめたとの  歯と歯の打ち合う  歯をたたき破って押し込むと  歯をぎりっと一つやって  歯抜けになった  歯を癒して  歯をがちがちいわせて  歯が痛いと言いながら  歯のような皓い  歯をギラギラ光らせながら  歯でおさえて  歯をくいしばってぶるっと震えた  歯を見せてはならぬ  歯に附いた  歯の痕は正確に認める  歯しか動かないので  歯は全部抜けたが  歯をたがいの  歯を楽に頭蓋骨へ嵌入させようという  歯を合せて  歯などが一ト時瞳の先に映り動いた  歯を切ってすすむに  歯を磨きはじめる  歯のないよぢれた  歯から外へは出さないで来た  歯の綺麗なのが取柄で笑顔にちょっと愛嬌のある  歯を喰しばった  歯を黒め得ざりしと言えるをさえ  歯でそれを噛んだ  歯を一枚一枚をつくつていく  歯の間から呻き  歯の間から長い舌をペロリと吐いた  歯に咋ふ  歯にあてつつ  歯をむき出してほざいた  歯をくいしばって働きぬいて  歯をみがくと  歯の様に落ちて  歯なのを隠さうとする  歯を喰絞りながら  歯のねもあわず  歯をばりばりかみあわせたが  歯がぼろぼろにかけている  歯と歯の間にさし入れると  歯の悪いのに蛤の吸物などは一番当惑する  歯を出して笑いながら答えました  歯を現はして  歯が牙のやうに飛び出してゐた  歯から心臓に伝って来た  歯をコップにぶつけた  歯でぱくりと食いつこうとした  歯がたたないと言われ  歯がじんと浮いてきた  歯の皓い  歯がふるえて  歯にしみとおる  歯は水くぐる  歯を吹き飛ばし  歯の揃った  歯を剥きだした  歯を喰い縛っていられる  歯を覗かせた  歯も綺麗に磨く  歯が震える  歯も染めていない  歯のちらっと光る  歯もぼんやり見えました  歯のちらつと光る  歯の根がワクワクいう  歯をみがいている  歯の悪い志ん生君は豆を食べる  歯をたてる  歯を食いしばりながら  歯に啣えながら苦もなく二つに折って見せた  歯を噛みしめながら  歯がきっちり合い  歯を叮嚀に揃え  歯をまた叮嚀に揃え  歯に噛まれる  歯だして笑ってる  歯になりゃ  歯を耳から耳までむきだして  歯は手拭に食い込んだ  歯で噛まれたり  

~ 歯[名詞]1
自分の歯の  無念の歯を  何ものかの咬みついた歯の  血は歯の  人間の歯で  女の歯で  女の歯によって  奥さんの歯を  火に焼けた歯は  谷村夫人の歯を  咬傷を作った歯の  黄色な歯を  さの歯に  へやさんが歯が  私は歯が  白船君の歯が  私の歯は  さうな歯が  さうでぬけなかつた歯が  さうな歯の  一本の歯が  私の歯とは  下妻じゅうに歯の  とくに歯を  黄金色に輝いて歯は  乱ぐいの歯が  暗涙にむせんで歯を  唇ほろびて歯  唇がなくなると歯が  櫛の歯が  今日までは歯を  ラスキン大尉が歯が  ぐみをして歯を  下駄の歯を  吸口は歯で  みそつ歯が  明子は歯を  刺笑を歯に  村瀬が歯を  下駄の歯の  下駄の歯は  猪口に歯を  ほんとうの歯の  オンドリは歯を  無念の歯が  ものをかむ歯の  ためには歯が  りっぱでも歯の  ように歯の  塊を歯の  息をつめて歯を  繰り返しの歯  言葉をくっつけて歯を  力では歯が  櫛の歯に  櫛の歯を  鋸の歯の  小浜兵曹長は歯が  小浜兵曹長は歯を  のこぎりの歯の  怪塔王は歯を  鉄の歯を  いつまでも歯を  あなたは歯が  君の歯の  彼は歯の  カチカチと歯の  何かしら地球の歯の  すつかり歯の  プラチナの歯を  奥には歯さえ  そちに歯の  あいつに歯は  綱は歯を  敵に歯が  車の歯の  風に歯  自然に歯  私は歯の  ように歯が  先を歯で  皓い歯を  これは歯を  私は歯を  自分の歯で  そこだけ歯の  さには歯の  お前田舎者だぞと歯を  自分らの歯を  彼が歯を  愚かさに歯が  カチカチと歯に  媼さんの歯の  日本人には歯が  駄目だろう歯が  事も出来ずに歯を  雪駄の歯に  万吉は歯を  日本人ならば歯を  俯向き乍ら下駄の歯で  孫四郎は歯の  五十前後の歯を  介は歯を  上下の歯の  綺麗な歯を  筋が歯に  ろの歯を  万吉の歯が  縫糸を歯で  口をあけたり立てたりし歯を  方へ歯を  急に歯が  骨と歯の  ような歯に  彼女の歯  女の歯と  口をまげて歯へ  虚空に向けて歯を  道具の歯の  鋼鉄の歯の  繭は歯で  毒液を歯の  孔のあいた歯を  毛虫の歯で  ちやんと並んだ歯を  歯齦が歯に  彼は歯を  鬼が歯を  欠伸を歯の  例の歯を  気に歯の  女は歯を  笑いを歯で  釘抜きの歯が  びへ歯を  目と歯が  下駄の歯が  手の歯を  あとの歯を  人猿どもは歯を  足駄の歯の  虚空を掴み歯を  今は歯だけが  金持ちなので歯が  お爺さんが歯の  そうに歯を  岩は歯を  自分も歯の  眉を落して歯を  やうな歯と  彼女には歯も  黄い歯を  拳に歯を  数の子を歯の  女中は歯を  父親は歯を  車の歯にも  頑健な歯の  口を歯の  呂布は歯を  ような歯を  怨恨を含んだ歯を  妙に歯が  ほかに歯の  唾をのみ歯の  顔も振向けず歯の  市民気質に対する歯に  爪楊枝で歯を  われわれが歯が  カチカチと歯を  孫の歯も  上下の歯など  忠蔵は歯を  お産で歯を  櫛の歯の  櫛の歯と  鉄漿を含んだ歯が  日は歯が  指先きで歯を  徒らに歯を  閉ぢて歯を  眼をもってむくい歯には  手にして歯を  隠居は歯  気持ちがして歯を  唇にも歯にも  マサちゃんは歯を  舌を歯で  真黒に染まった歯を  上下の歯を  小勢では歯も  さように歯が  下駄の歯に  路は歯の  喰物は歯にて  黒漿の落ちた歯を  足駄の歯で  自殺一歩手前で歯を  鼾や歯  彼女に持って行くという歯の  戸を睨んで歯  小楊枝で歯を  横倒しに歯の  駒下駄の歯を  口あくと歯に  少年期にもあったが年取ってからも歯の  マタ・アリにも歯が  きれいな歯が  下から歯を  きれいな歯を  まっ白な歯を  歯には歯を  不動岩の歯が  ツと歯を  膝頭と歯の  血だらけにして歯を  田舎侍が参っても歯は  確かり歯を  水を掬んで歯を  唇が開き歯が  のこぎりの歯に  のこぎりの歯で  色になっていて歯の  歯糞のついた歯を  唇や歯の  ばりかんの歯を  車の歯を  一緒に歯を  丈夫な歯で  糠パンを歯で  最中に歯が  顎がひきつって歯が  三十二枚の歯を  波が歯を  怪の歯が  眼血走り歯が  如水は歯の  主人を噛む歯が  怒髪天をついて歯が  片野さんの歯が  やうな歯が  げに言って歯  二番目の歯を  彼の歯を  漱石氏などは定めて歯の  奴さんは歯を  泥を歯の  さに歯を  癖で歯を  彼の歯によって  知つてゐる歯の  老婆は歯の  俺は歯を  うして歯の  どこにも歯の  花子は歯の  ような歯の  穴とか歯の  剃刀の歯の  窓が歯の  ところに歯の  私が歯を  なかに歯を  さうな歯で  髪を歯の  ギリギリと歯を  小松原は歯を  細君は歯の  カチリと歯に  グレン隊じゃ歯が  眉根をしかめ歯を  眼をつぶり歯を  腹痛に唸りながら歯を  やつを歯で  上下の歯が  袖口を歯で  瀬戸ものの歯の  ハルクは歯を  莞爾した歯が  境も歯の  板を歯に  健全な歯に  原文には歯と  嫁に行って歯を  足駄の歯に  椅子にもたれて歯の  あとが歯の  妻楊子を歯の  鉄漿つけた歯を  色の褪せたのに歯を  男3は歯を  上部に飛びついて歯を  四足でかじりついて歯を  時によって歯を  私の歯を  うち震えて歯の  人間の歯は  下駄の歯から  処で歯の  人前では歯を  言葉がくいしばった歯の  縦令ば歯を  白な歯を  而かも歯が  叮嚀に歯を  イリイッチは歯を  日和下駄の歯を  真白な歯を  突張らせ歯を  葉子は歯を  胸に歯を  二の腕に歯を  葉子の歯も  震えを立ててかみ合っていた歯が  吾妻下駄の歯を  葉子は歯が  娘が歯を  一番奥の歯が  さまの歯の  僕は歯を  鋸の歯を  横楊枝で歯を  疎らな歯を  老人の歯の  常は歯を  誰でも歯が  今度は歯の  焦茶色の歯を  蔵はれた歯の  いふ要求に歯  そこに歯  入歯の歯を  私は歯で  糸を歯で  皆が歯を  彼の歯は  佃が歯の  文芸評論に歯の  探偵は歯が  列国が歯を  俺の歯に  丈夫そうな歯は  がたがたと歯の  鮫の歯を  ろしい歯が  私の歯の  一本二本の歯を  黄金色の歯を  丁坊は歯を  妙に歯の  老翁が歯を  武蔵は歯を  ふちへ歯が  さかなの歯  美くしき歯に  丈夫そうな歯を  死に神の歯の  癖底光のする歯の  女の歯の  黄色の歯を  端の歯が  マツゲ様の歯  花びらの歯が  三ツ四ツ七ツ足駄の歯の  奴の歯の  間から見える歯の  込銃に歯の  手をかけて歯を  侮辱に対して歯が  上に眠るので歯だけが  皓い歯で  一本も歯が  自分の歯が  蠅男は歯を  少年は歯を  のだなと歯  カピが歯の  器用に歯を  腹を立てて歯を  ものを歯の  ざるは歯を  お婆さんは歯の  傍に歯を  音がして揺いていた歯が  小粒な歯を  いつだったか歯を  まっ白なとんがった歯を  マチアは歯を  頑丈な歯が  何か歯に  皎い歯を  日本人の歯が  馬の歯が  女中は歯の  私が歯の  底に歯を  一室は歯の  蔵元屋に限って歯が  人間の歯の  黒吉は歯を  顔色をして歯を  櫛の歯で  トテも歯の  わけだか歯を  最初三目置いたが歯が  云はれながら歯も  引開て歯の  ように歯を  そうに歯が  野良犬どもの歯が  伴なへぬ如く歯を  淫猥な歯を  下駄の歯で  与八は歯の  じい唸りと歯を  名を歯の  私の歯で  ちやつた例の歯を  三本の歯が  溝部では歯が  物を言うと歯の  助も歯を  簪で歯の  ときは歯の  魚の歯  子供らの歯には  ムクの歯は  私も歯の  紀久子は歯の  曰猿の歯  為定は抜け歯の  野性の歯を  俺らの歯には  束になってかかったからとて歯も  らの歯には  角は歯  襲撃と聞いて歯の  言葉で歯の  例の歯の  犬の歯を  一列の歯が  かすかに歯を  ところを歯  俺とは歯が  最後首が飛んでも離さない歯の  意味で歯を  ガスパールは歯を  探偵は歯を  棒で殴られたと言って歯  像を見ながら歯を  歯と歯の  篠崎は歯の  楊枝で歯を  恰好で歯を  めったに歯の  さが残っている歯にも  銀様の歯の  蝶の噛み合う歯の  根元まで歯の  技術には歯が  なりで歯を  女官は歯の  君一人では歯が  神尾主膳は歯を  恐怖に襲われて歯の  結び目へ歯を  自分たちには歯の  米友は歯を  眼にも歯にも  狸も歯を  御新造は歯を  歯磨を附けまして歯の  楊枝で歯の  これで歯の  石子刑事は歯が  髑髏の歯を  試練に歯を  方は歯を  大根を歯で  病ある歯に  幽霊は歯が  私は歯に  物を言うにも歯に  あとの歯が  中に入って歯が  女は歯が  虚空で歯が  同志では歯が  一夫は歯を  医者は歯を  わたしは歯を  狆の歯を  おっちょこちょいが歯の  晩から歯が  ブラシで歯を  下駄の歯をよけて  母は歯が  父は歯が  完全に歯  馬琴も歯が  午頃から歯の  のと歯の  今朝まで痛みつづけた歯  鱒の歯に  鼠の歯の  眼を怒らし歯を  面貌も歯の  魚の歯の  斎は抜け歯を  頽廃派だから歯が  純白な歯やに  房子は歯を  涙をのんで歯を  人は歯を  おれの歯は  顔に歯を  ホヤホヤにだって歯は  胴震ひが巻き起つて歯の  足駄の歯は  猿が歯を  毛抜きで歯を  #どこの歯か  ほか感情の歯の  車の歯でも  うちに歯を  武士仲間で歯  下駄の抜け歯が  なか爬虫がけはしく歯を  富士は歯が  歯と歯とが  櫛の歯も  善吉は歯の  尊氏は歯の  いたずらを歯が  米友が歯が  ギオン祭には歯が  お祭にだけは歯が  爪と歯を  面相をとって歯の  横顔で突ぷして歯を  スウーと歯ぜ  頃より歯が  歯みがきで歯を  歯には歯を以て  附焼刃では歯が  前には歯が  唇を歯で  和上は歯に  顎や歯と  必死に歯を  涙を落すまいとして歯を  七は歯を  紳士は歯を  下駄は歯が  二本の歯の  唇と歯には  母さんは歯が  杉田は歯を  上に歯を  鉄漿の歯を  ライオンの歯を  ものかと歯を  不思議に歯を  のは歯の  日本人の歯という  養神様は歯を  ブッ座ッて歯を  拳を握り歯を  トいって歯を  ッて歯を  僕たちの歯も  腹も歯も  さに歯が  怪物が歯を  髑髏の歯も  口には歯が  乾は歯が  おれは歯の  例の歯が  宗助の歯の  滋養分を取らなければなりませんが歯の  一に歯の  此の歯に  大息をして歯を  男には歯が  みな丈夫な歯を  パイプにも歯の  ブラウンには歯が  答うる歯の  モチモチして歯へ  水野は歯が  朝夕熱心に歯を  うして歯を  外れを歯で  上から歯を  ことに歯が  虎杖の歯に  口に入れると歯が  南部でも歯  花を折っただけでも歯が  碧の歯を  そこだけは歯が  水差しなんか歯に  ハンケチを歯で  終には歯を  一本も歯の  金をかぶせた歯が  他の歯は  金冠の歯が  私今日昼から歯が  この間から歯が  お宮は歯が  彦が歯を  馬の脚は歯でも  人間の歯では  人間の歯  それを歯で  スケートの歯を  向うに廻して歯の  そうになって歯を  母が歯の  菓子を食べるので歯は  オットーは歯を  悪魔の歯を  加久が歯を  我々の歯が  唇を洩る歯の  一郎は歯を  ーと歯を  彼はにたっと歯を  風に歯の  頤は歯が  ところに歯が  それは歯の  小豆を歯で  ボーイ長は歯を  泣き声は食いしばった歯の  波田も歯を  鮮かに歯を  万端姉サンに歯が  彼の食いしばった歯の  熊は歯や  女中が歯の  稀には歯が  異様に歯や  顔をした歯の  婆さんは歯の  自嘲の歯を  楊子で歯を  跡は歯と  中で歯が  あきらかに歯で  福松は歯が  ガッチリと歯を  相も変らず歯の  門燈を見せて歯の  前には歯も  素敵な歯とを  僕には歯が  青年らは歯を  目も歯も  必死と歯を  眼をつぶって歯を  摘立てのを歯に  狼の歯で  苦痛に噛み附いたと云う歯の  何か歯の  諸君の歯は  人類の歯に  ッくりと歯が  貴婦人達は歯を  大鋸の歯で  路が歯を  大鋸の歯を  鮫の歯の  かたではいつこう歯の  無念骨髄に徹して歯を  悪口を言うまいと歯を  彼は震える歯を  ちからで歯  目をとじ歯を  犬は歯を  アントアネットは歯の  ヒゲばかりか歯まで  象徴に歯の  そこに生えていた歯が  カッカの歯が  二つ三つ残った歯を  鑿の歯を  少佐は歯を  くらゐでは歯の  魚類を歯に  一つの歯が  お辞儀をしては歯を  真白な歯とで  俊子が歯を  ジッと歯を  彼女は歯を  銀様には歯が  これは歯に  自分で見ては歯の  現実で歯が  夢になっても歯が  ところは歯が  ことになると歯が  近藤勇も歯が  アグーシャが歯の  私は歯と  エセックスは歯を  アンリ王に歯を  反逆の歯を  僕も歯の  口には歯も  不揃いに欠け落ちた歯が  残念そうに歯を  午後じゅう彼は歯を  傷を抑えて歯を  祝ひかな歯が  そばへ来て歯の  女が歯を  人の歯にが  眉を落し歯を  眉を落させると歯が  己が歯を  塊りに歯を  四ばかりになる歯の  気のする歯で  夢に歯の  人の歯を  そこで歯を  三度書いて歯に  車輪の歯の  大名では歯が  口中満足なる歯は  逆さに生えた歯の  裏に歯を  歯医者に歯を  下駄の歯と  まばらの歯で  みんな綺麗な歯  婆芸者の歯を  若干の歯を  二枚の歯の  両方に広がって行って歯の  陶器の歯が  治療した歯の  町に住まってからも歯は  一本の歯という  のは歯を  自分の歯を  人は歯が  さが歯に  隣の歯へ  天下の歯が  器械としての歯や  舌や歯に  年をとったら歯が  みんな鉄漿で歯を  眉を落とし歯を  顔で歯を  処を歯で  虫ケラの歯を  鉄漿をつけた歯を  度に歯の  一生けんめい揺すっていた歯が  鉄漿をつけた歯に  歯医者さんに歯の  綺麗な歯が  水が歯に  憎まれ口も歯の  何物であるかに歯が  こっちとらが行ったって歯が  兵馬は歯が  明智如きに歯が  終戦を迎えるまで歯を  一本残らずムシ歯  なにも苦しんで歯を  老いの残れる歯で  男の歯は  毒の歯に  皓い歯が  銀貨に歯を  屍で歯を  齶に歯  新鮮さで歯を  夜の歯を  信吉が書きもしなかった歯の  やにだらけの歯を  信吉も歯が  後口を洗い歯を  袖は歯の  鋸の歯が  残念ながら歯が  ウムムと歯を  間から歯を  私の歯が  短剣を歯で  てっぺんが歯  桟橋櫛の歯の  鼠の歯を以て  玉抜いてこそ歯も  一つの歯と  一つある歯と  膚と歯と  真白な歯の  人の歯が  部分まで歯の  怪力をもってしても歯が  祖母ちゃんが歯で  ために歯  間と歯を  死人の歯を  骨になった歯など  ソノ子は歯を  蓉子のくいしばった歯を  清らかな歯を  塩を附けて歯  前で歯を  唇が歯に  骨も歯も  尾だけが歯の  口にくわえて歯を  子供が歯を  路は歯と  爺やは歯の  けいは歯を  唇も歯も  文化主義者達共の歯の  物が歯に  芸者風情には歯も  上下につかって歯を  朝起きたら歯を  歯齦と歯とは  お年よりには歯が  昨日から歯を  歯齦が腐って歯が  口をあけて歯  中年の歯を  最後の歯も  さうで抜けない歯  前の歯の  さうな歯を  歯には歯  狼の歯の  彼等は歯が  通り私の歯は  人造の歯  口髭を生やすと歯が  心中では歯  らな歯を  歯と歯が  骨とを歯に  鋭利な歯を  瓦ころがる抜け歯の  三人の歯が  音蔵は歯を  何者か歯を  くちびるを歯が  啓介は歯を  木下は歯を  源様に歯の  ゴーゴン達の歯は  一つの歯としか  一本の歯の  彼に向って歯を  彼女にむかって歯を  口を引裂けるほど開いて歯を  官僚には歯が  セエラは歯を  炎熱甚しく歯  彼等に歯を  首の歯に  下駄の歯  死体にもかの歯の  滝の歯は  三十二本の歯を  脂だらけの歯を  労働者にさえ歯  これでもかと歯  自分は歯を  奇麗な歯を  雪白の歯を  次男が歯を  儀作は歯  大粒な歯を  小粒にそろった歯を  ために歯の  自分でも歯の  お手伝いが歯を  蛮勇には歯が  ガチガチガチガチ歯と歯が  聴水は歯を  レモンに歯を  丈夫な歯が  ヤニのついた歯を  突出た歯を  久美さんの歯は  まれに漏るる歯は  歯にて歯を  嗚咽は食いしばりたる歯を  エミリーも歯を  坊の歯は  塩で歯を  身では歯が  牛丸は歯を  母のいれ歯も  やうに歯の  巳之助は歯を  小石が歯の  さに歯の  犬の歯の  赤鬼のごとく歯が  完全した歯が  イバンスは歯を  心の歯で  穴には歯も  美くしい歯の  部屋で歯の  笑をする歯は  笑を歯の  君が歯の  熊内中尉は歯を  清君は歯を  大宅壮一の歯  そこで歯の  母は歯を  めしをかむ歯の  後には歯の  皺を溜めて歯を  怪物は歯を  六人かかったって歯が  わたしの歯に  豚の歯の  一人の歯の  大辻に歯の  娘の歯は  態度に歯  下より出来り歯を  幾度か歯を  ここまで歯を  幼ごころに歯を  諭吉は歯に  眼と歯を  さで歯を  合理精神の歯を  チューインガムを歯と  青筋を立てて歯を  乳母は歯の  俄かに歯が  伊代は歯も  力任せに歯を  事もなげに歯の  眼を剥き歯を  反対に歯の  風の歯は  岩を歯の  氷を歯で  多くは歯の  あざやかな歯と  血相を変えて歯が  自分が歯の  子供が歯の  唇がひからびて歯に  一人ずつ歯の  まばらな歯だけが  旗を歯の  唇と歯とで  くらは歯の  中でにやり歯を  眼を釣りあげたり歯を  千歯の歯に  飴玉を歯の  千歯の歯を  何かで歯が  範囲というか歯と  お歯黒のはげた歯を  涙を歯で  士林の歯  土神は歯を  手前なんかに歯の  からだには歯が  答えを歯から  入浴前に歯を  痛みが歯の  一筋が歯に  震えが歯と  五十年配の歯の  万事思切って歯の  しきたりに歯が  やうに歯を  水車の歯に  氷砂糖でも歯  合金の歯などは  坊主刈りにして歯の  チョッと歯ぜ  黄色なる歯を  つりと歯を  外を歩くと歯の  剱の歯が  ために歯を  僕の歯を  僕の歯の  表皮を歯で  馬は歯を  家老といえども歯が  十六枚の歯  方は歯こそ  これは歯と  ニイチェをかじって歯を  一本の歯を  歯車の歯の  中に埋っていた歯は  ときに歯の  家にいられる歯を  二人とも歯と  軒並を見せたら歯を  お前は歯の  ライオンの歯の  夫人は歯を  山に歯の  良民とは歯  一方の歯しか  竪皺を刻み歯を  真相を歯から  あまりの歯の  閉り歯を  年長じても歯を  老人の歯が  半分開いた歯を  やうな歯を  自分一人が歯を  大口をあけて歯を  無念そうに歯を  歯車の歯が  それは歯に  黄ろい歯を  二本の歯が  二つの歯が  学生は歯で  論拠も歯が  真白な歯は  セルロイドの歯の  わたくしの歯の  ガチガチと歯が  ジルベールは歯の  口も尖った歯も  口も尖つた歯も  必死と食いしばった歯の  切先を歯に  ようにして歯を  一本の歯に  蝮の歯は  御新造は歯が  

~ 歯[名詞]2
その歯  白い歯  何だか歯  もう歯  大きな歯  白く歯  きみわるく歯  少し歯  かなり歯  ろくろく歯  美しい歯  ばりばり歯  まだ歯  思わず歯  とても歯  汚い歯  相当歯  すっかり歯  手早く歯  よく歯  痛い歯  そのうえ歯  鋭い歯  そんな歯  この歯  多少歯  黄色い歯  小さい歯  薄く歯  長い歯  細い歯  ちょうど歯  小さな歯  げに歯  丁度歯  ほそき歯  いよいよ歯  たまらなく歯  悪く歯  こんな歯  穢い歯  ようやく歯  まるで歯  むしろ歯  しじゅう歯  まったく歯  そろそろ歯  殆ど歯  きたない歯  時々歯  いきなり歯  たえず歯  同じ歯  高い歯  いっしんに歯  ちょっと歯  しつこい歯  ところどころ歯  キリキリ歯  恐ろしい歯  ことに歯  しばらく歯  強い歯  ひどく歯  堅く歯  黒く歯  さうな歯  黄いろい歯  こい歯  にゅっと歯  黒い歯  硬い歯  実に歯  するどい歯  どうも歯  たしか歯  固く歯  ぎりぎり歯  深い歯  ほんとに歯  悪い歯  一向に歯  とうてい歯  ない歯  真白い歯  またも歯  どうしても歯  いくら歯  じっと歯  涼しい歯  てんで歯  互に歯  いつも歯  余り歯  今に歯  細かい歯  たちまち歯  薄い歯  今さら歯  あえて歯  わが歯  用心深く歯  突然歯  ぐっと歯  しきりに歯  到底歯  やはり歯  多分歯  必ず歯  いい歯  青黒い歯  大抵歯  もはや歯  さも歯  とつぜん歯  しまいに歯  真白き歯  尽く歯  ほとんど歯  白き歯  疎い歯  今にも歯  どの歯  なおも歯  ニヤリ歯  いわゆる歯  ごく歯  短く歯  わるい歯  ひどく歯  とにかく歯  殊に歯  全く歯  にわかに歯  さっぱり歯  えて歯  青白い歯  あたかも歯  夥しく歯  どうにも歯  好い歯  きびしく歯  別に歯  パチ歯  ぎゅっと歯  よしんば歯  めったに歯  堅い歯  ちゃんと歯  てんでに歯  なく歯  ひょいと歯  鋭き歯  真っ白い歯  其の歯  つと歯  時には歯  くやしく歯  強く歯  荒き歯  

複合名詞
飢ゑたやうにがつがつと歯  とき歯  歯骨  歯附釘抜  一本づつ歯  上歯  後歯  乍ら出ツ歯  外歯  切歯  切歯腕  志士何勝唇歯寒  残つた歯  数年間歯  きり歯  歯入屋  一本歯  唇歯  歯癢  歯ぎれのよい仁義  らんぐい歯  むき出し歯  歯並み  歯型  歯なみ  ニソノ時オレハ歩イテヰタソノ時オレハ歯  海豹ノヤウニ歯  酷薄曝ラサレタ歌殷賑タレ歯モ露ハニ眠ルモノ死ノヤウニ  歯モ露ハニ  つて歯  二本歯  歯唇音  中歯下駄  歯向き  向う歯  荒歯  歯ぎれのいい音  歯向う獣  歯ぎれがよくて下町人  ほお歯  塗歯  毎朝歯  歯櫛明神  歯力  歯ざわりに  出ッ歯  みんな歯  歯型一つ痕ら  乱杭歯  歯い  ひとり歯  やえ歯  あたし歯掻  歯止  歯止沓  荒歯櫛  ツ歯  両国唇歯  かな歯  歯質  歯ざわりは  びのした歯  あたしゃ歯  歯ぐきがくさってそこからくさい血  ボロッ歯  ムシ歯  いま歯  ソレニイマ一ツ活字トイウモノハ歯ギレガヨクナクテハイケナイ  歯切り  毎日歯  歯輪  歯あと  歯ブラッシ  味噌ッ歯だらけ  歯ふき仏  歯吹仏京都府乙訓郡  歯糞  んざ歯  時歯  歯ぎれのいい口調  歯刷子  歯先  馬歯蚤くも桑年  云つて歯  歯みたい  歯固め  歯列  組み歯  歯切  びょうびょう歯  歯数  歯性  歯刷子くら  余り歯  のこぎり歯  歯止機  幾度歯  口びるからもれる歯並み  銀歯  歯跡  歯がた  瑞歯  歯あざやか  立ち歯  牙歯  歯痛み  位歯  歯ぎれのよい文章  ウワワワワワ歯  瑞歯別天皇  瑞歯別天皇一  瑞歯別  歯間  歯クジラ  いくら歯  歯ぎれのよい江戸っ子  赤歯山  歯薬  歯あら  歯ぎれ  歯あたり  黄歯  歯ぎれのよさをとどめた  歯黒蜻蛉  面々歯噛  歯楊子  缺けた歯  まま歯  下駄歯  ギリギリ歯  虫食い歯  そつ歯  歯叩き  歯痕  ホウ歯  歯咬  みそッ歯  歯噛  歯ぎれよく一笑  たいがい歯  上顎門上歯  とき上顎歯列  上顋切歯  ゃばしゃで歯  歯ぎれのよいのが  三枚歯  歯ぎれのよい  上歯二枚  歯六枚  歯一枚  上歯一枚  ミソッ歯  乳呑歯  歯黒  歯ハ馬  歯一つ  一尺歯  一歯  虫くい歯  歯私  歯ガミ  一人歯  歯ぎれのいい女  歯ぎれのいい  一枚歯  歯当たり  三つ歯  板歯  歯ぎれのよい英語  ッ歯  ト歯  歯ぎれのよい大柄  歯掻ゆ  欠歯  歯ぎれのいい女っぷり  歯ざわりが  歯医師  朝歯  歯太郎さん  歯ぎれのよい口調  ニチャニチャ歯  カチカチ歯  ハカゲバナ・ハモギ・ハンモゲ・歯  歯刷子はじめ二三  含レ歯戴レ毛者  恩歯  中歯  歯入  ほおの木歯  歯ざはりまで味  獣歯  歯二つ下  歯二つ  歯ぎれのいいワラビ  歯ぐろ  五つ歯  歯ぎれのよい弁舌家  膚色潤沢ニ歯整ヒ且強ク  何かしら歯  もろ歯  誰一人歯  嫣然歯  歯剥き出し  波形歯  切歯痛憤  歯鏡  茄子歯  上下歯クイ違テ  唇歯相  鼠歯  継ぎ歯  之歯  瑞歯別皇子  歯二列  歯垢  歯ぎれのいい支那語  銀歯組  切歯ヤクワン  通歯髪紺青色  通歯  平生歯  ムシ歯以外  歯抜き  切歯瞑目  歯ぐろをつけた  仏歯  所謂歯  乱杙歯  翌朝歯  歯豁  歯癢さ  歯ぐろをつけ小股  歯ぁみがぐ  さうに歯  つた歯  鈍歯  ガチガチガチガチ歯  歯ひとつ  学者先生切歯  歯ぎれのいい掛声  牙歯山  ほう歯  糸歯  歯楊枝  わに歯  ニ牙歯  初め歯  三重歯  味噌ッ歯  歯鳴り  千歯  二足中歯  ばつた歯  歯一点  通り歯  歯なみあらあら  大分歯  歯イシャ  まま歯かけ  糸きり歯  歯たたき  三ツ歯  歯触り  歯麿  忍歯王  黒子歯  歯ぎれのいいとこに色気  歯ミガキ粉  歯ガユ  時馬歯三十二歳  四つ歯  



前後の言葉をピックアップ
葉茶屋      葉鶏頭    パアパア  把握  ハアセナム  ハアタナ  ハアヂ


動詞をランダムでピックアップ
浮立た頼める腰掛けるとびあるい目指すくたばら祝い潤せ追っかけるよびかけまとっ取りのけろ切りつめれ薫り指せ考え付く動きだそもえ出引き渡さ
形容詞をランダムでピックアップ
おさなかっ正しくつれなき焦臭い物淋しかっいたうかいがいしくかよわく軽々しいなにげな深き長うなまめかしゅううらやましい快し花はずかしい明いはかなかれ眠くっ