「葉」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
葉が散込むにしては  葉に白い強飯を乗せて出し  葉を振り落していた  葉のまばらになった  葉の上にきらきらときらめいているばかりでした  葉は小さな声で云って  葉と婢が入ってきた  葉は婢と親しい間と見えて  葉とちょと目まぜをした  葉は婢の方を見ていた  葉はビールを注いでから  葉はそう云って  葉はみるみる一串の肉を喫ってしまって  葉は汚れた  葉が云った  葉がだいぶ赤らんできた  葉からこぼれる  葉となつてゐた  葉がちる  葉がちるばかりの  葉も落ちぬ  葉を振ひ落せし如き  葉が落ちる  葉をおとした  葉はすつかり散  葉がちらほらとんでくる  葉からとべばとべる  葉ばかり出来て  葉におもう  葉の間に五色の花をつけて  葉に映る  葉と葛蔓で纏き厳る野間権現の神霊を移す  葉も残りなく責めて  葉はすっかり縮んで  葉はもう黄色に枯れかかって  葉を探し  葉ほどもある  葉を思ふ  葉と葉とささやく  葉が雨をためてゐる  葉の枯れて落ちない  葉の枯れて  葉が鳴る  葉につもつた  葉のゆれてなる  葉のそよぐより  葉掃きよせて  葉に雨がきて  葉に雪がちらつく  葉のちらつく  葉をふるい落した  葉のひろがる  葉の若葉の雨となつてゐる  葉の大きさや月かげいつ  葉をひろげてやる  葉のおちるだけ  葉のそよげども  葉のゆふなぎは  葉に風のある  葉の枯れぬ  葉も実もすつかりおとして  葉の鳴る  葉のうごくとも  葉を喰ふから紙袋で囲うて  葉で蝶はもう寝てゐる  葉のよみがへる  葉もやぶれ  葉のいちまい  葉からのぞいてきた  葉や実やおしみなくふる  葉おちるわおちるわ  葉のちるや  葉が生もののやうに舞ひ散る  葉をおとして  葉は落ちて  葉がいつと  葉や落ちた  葉をちらす  葉の濡れた  葉を見  葉のいちはやく音たてて  葉のあた  葉の鳴るを  葉の落ちる  葉のあまりない桜の木があったが  葉となり  葉もなき花の白妙は雪間がくれに  葉は二度と見られぬ  葉の面に朝露が水晶の玉を綴っている  葉を立てて  葉をゆすって  葉の影のところどころに春の日がこぼれた  葉掘りうるさく聞いていると  葉のにおいをつけた  葉のうつくしさ木の葉は散る  葉にもる  葉はみ山もさやにさやげどもわれは妹思ふ  葉をあげる  葉の中にかじかんでゐる  葉と紅の花がさきみだれて  葉を余に贈れり  葉がまじめに落ちはじめた  葉をしきりにおとす  葉は漬けて  葉がしきりに落ちる  葉はひろい大様な胸にねむる  葉を追ひかける  葉のとぐろをまいて  葉のなかに真夜中をねむる  葉と葉とのあひだをながれる  葉のねむる  葉などに卵を生みつける  葉にとまつて  葉が流れて来たが  葉に乗り移った  葉は流れくだって  葉の地に落ちて朽ちた  葉があればと  葉の下をぬけて  葉がさやぎを止めた  葉の青きうづだちしまし見て居り  葉をそよがせる  葉といえば  葉に啼く  葉にかへる  葉に降つた  葉で切りました  葉の上から真つさかさまに地上に転落した  葉に霜のみ冴ゆる  葉よりつもりて  葉が散り初めた  葉が粉のように顔や肩や足元に散りかかった  葉がちりかかりました  葉の颯々と吹き荒れて  葉のみんな気ぜはしいやけなそ  葉のかずほど赤坊がいた  葉をふっさり垂れていた  葉が揺れるだけだ  葉つぱのやうなものも靴の中から出るので  葉も切り捨てられて  葉をむしっていた  葉や紅葉や松などに変っていくが  葉などとうたっていた  葉を重ねた  葉は溜息をつき  葉にこぼれ出た  葉に鬱蒼と飾られて  葉が月の光でよく見えた  葉の散りつくした  葉をつけた  葉を連ねている  葉をふるひ落した  葉は目を明けた  葉は安心した  葉は黙した  葉の方を見ながら  葉の身の上をかなしんだ  葉は静かに晴れた  葉の心のなかには空想が働いて居た  葉は片輪になったので  葉は足がないので立ち上る  葉をすてた  葉の寝てゐる  葉の肉体は遂に事実にぶつからねばならない  葉は毛布の上に手を投げ出して  葉は清らかな浴衣に着かへて  葉は輸送車の廊下を走る  葉は抱かれて  葉の黒い瞳を見た  葉の姿は見えなかった  葉は居ない  葉は心の中に起る  葉はあをむけに  葉は静かにうなづいたが  葉の髪の毛を静かに撫で  葉の心は少し落ちついた  葉は少しもゆるがせにしては  葉はそれを無心にみつめて居た  葉の輸送車はうごき出した  葉の周囲は拡がった  葉の目の上に置いた  葉のやうにふるへる  葉の心は静かに茫然となりかけた  葉は自分自身の身体を一人で魔睡にかけてしまったかもしれない  葉の枕の方に来た  葉の身体は運ばれて行った  葉の意識はすっかり魔睡してしまった  葉はまだ自分の手や足や胴がどこに置かれてある  葉は周囲を見  葉は起き上る  葉の為めでもあり  葉の顔を見つめながら  葉は廊下の足音を出来るだけ  葉は眠らないので疲れ切ってた  葉は母親から渡された  葉はそれを横になって  葉の眼はすべて曇って  葉は幕間から見てゐた  葉の淋しさを眺めて居た  葉を見た  葉には今病気をしてるといふ  葉の枕を高くしながら  葉は御飯をたべ終った  葉は歩く  葉には解らない  葉は悲しくってならなかった  葉には書いてよこさなかった  葉が目を見はって  葉の歩くべき  葉には海山の隔りのやうにも思へた  葉は涙を持って仰ぐより  葉はまた浮草のやうにたよりない身体を杖と人とにさ  葉は歩かねばならなかった  葉は見る  葉はそのはかない夢を見つづけて  葉が繁って  葉のむかふにあった  葉のような葉を採って来て  葉になっていた  葉になってしまったが  葉を川添ひの  葉のきんかなしみの手をのべ  葉をとって鳴らそうとした  葉を何か好もしいものに思い  葉のような脆くて而も強い生に対する探求の触手を身体中一ぱいに生やし  葉をちぎって  葉をなめて  葉の食える  葉も大きくなってゆく  葉を大きくした  葉を折りしいて  葉をならす  葉がうなだれる  葉が疎らに影を落としている  葉を点出している  葉ごしに  葉を残した  葉の隙から射し落ちて来る  葉のあいだを抜けていく  葉が風に吹かれ  葉が風に揺れ  葉の音にかき消されていた  葉が灰色の空に狂った  葉のあいだをもれてくる  葉が風に鳴っていた  葉が風に揺れると  葉が見えた  葉に当たる  葉が鳴り  葉が風に鳴り  葉はゆたかに繁っていた  葉のざわめく  葉などがあり  葉から枝から幹までぼっと燃え上りました  葉は落ちつくし  葉が踏みにじられている  葉は萌黄色のへりに  葉に一任と決めた  葉が勢ひよく伸びてゐた  葉の一枚一枚の点々は先きに  葉を以て其家の屋根を覆ひたる  葉にて葺かれたりと信ずるにはあらす  葉に包まれて  葉にて覆ひて  葉を以てせりと言ひ  葉にて覆ひ  葉の大なる蕗は北方にのみ生ずる  葉に育つと  葉が天宝銭ほどに育った  葉の面に父の顔が描き出される  葉をもつて摺りて  葉を枯らしたり蘇らしたりして  葉に包み  葉と新葉とある  葉が落ちつくして  葉や蔓ばかし馬鹿延びに延びて  葉のしげりで隠れて見えぬ  葉や花を互いにぶっつけて  葉をちらっとも動かしません  葉がきらきら光り  葉の上にのせておきました  葉でうずまってしまった  葉は眼に痛いくらい光を反射する  葉はにほひ  葉広檮のかがやく  葉は繊く  葉と山いもの葉に宿るなり  葉の炎を洗ふごとくなり  葉をもった  葉は縮緬の皺のようにちぢれていて  葉をもつた  葉は縮緬の皺のやうにちぢれてゐて  葉や材木の片が泡に混って流れている  葉が眼にしみる  葉も殘してゐ  葉が重苦しく茂つてゐる  葉が重苦しく茂っている  葉の色は東京などよりも一層鮮かに濃いやうに見えた  葉の再び浮き上る  葉が小さく折って入れてあるだけでした  葉のそよぎでも  葉がくれに  葉掘りされる  葉が散り  葉へチョッチョッとかけて  葉の間から艶めかしい  葉を落した  葉をふるい落して  葉が真黒にこげて  葉が針のように光っていました  葉の上にゐる  葉をかざしたり  葉の繁った  葉を簇がらせた  葉を吐き出す  葉が微な風に動いていた  葉ばかりなる  葉のこぼるる  葉は多分ヴィクトリア・レジアの広葉を指す  葉で味噌を包む  葉はおそらく胎盤を指す  葉がヘッドライトの光を受けとめ  葉が頭上で重く鳴った  葉が自動車のヘッドライトを小屋の天井に反射させたと  葉といっしょにパフド・ライスが入っている  葉の枯れている  葉の蔭に入る  葉の中にも不思議な争闘がひそんでいる  葉の中で遅く発育した  葉をもがれてゆく  葉がみえる  葉の細かな並樹がしつ  葉のひろがりに  葉の影を映して  葉の作用の秘密をつかめたならば  葉がもの淋しく落ち散ってゆく  葉掘り今度の事をすつかりばらさせて  葉のやや白みを帯びたる  葉を画けるに  葉に似たる  葉がザワザワ鳴っている  葉を二つ三つ千切った  葉が散り出した  葉が散った  葉をたたきながら  葉をふるいおとした  葉をたくさんに葺いておいたが  葉がガサガサと動いたので  葉をムシっては  葉をしいてかぶれば  葉を抱いて寝ると  葉もみなうなだれ眠っている  葉に散る  葉の黒きひまよりうす紅ざくらミケロアンゼロの憂鬱はわれを去らずけり  葉の一葉一葉に濃やけく照る  葉の茂りは  葉の萎れながらに  葉が飽和した  葉を喰ひちぎられ  葉もスクリーンの裏側に眼を挙げた  葉が眺めて  葉はひどく気色ばんで弾き返した  葉も好い顔はしなかつたのに  葉も常々顔を顰めて  葉の寝室を覗き  葉の床へ飛び込んだ  葉の雛段の上に飾られる  葉の読まうとする  葉の頬は涙で濡れ放題になつて居り  葉は急に起きあが  葉にはそんなことは在り  葉は更に開き  葉は矢庭に跳ね起きるが  葉は慌て  葉は毎晩おそく酔ひ倒れて来る  葉も唇を噛んでゐた  葉が何うしても自家には戻らないと頑張つて  葉は里方の母親の姿を見出すと  葉の病気が何か知らなかつたが  葉も漸く健康を取り戻すと  葉の里方の桑畑に土地を定めて  葉は同じ小学校の唱歌科に教鞭をとる  葉は紫の長い袴を穿いて  葉にザブザブ水を撒いてやりながら  葉の上にとまつて鳴く  葉の蔭にかくれて鳴いた  葉に吹く  葉も揉まれて  葉に待つばかり  葉の上に書いて  葉につく  葉をよく見る  葉つぱの茎でも強い円柱になる  葉つぱで用に足りる  葉の裏には数へる  葉から起して呑む  葉をつけて  葉を噛つてゐた  葉の上で新芽を食べる  葉で袋をつくるし  葉を置く  葉を除いては  葉の定食を食べる  葉から高価な織物の材料を引き出す  葉をうんとその体に詰め込んだ  葉の密集した  葉を食べる  葉を食べてゐる  葉を混ぜた  葉が半分むしられてゐる  葉をした  葉は大変広くて槍の形をしてゐます  葉は光沢やかな緑色で四方に切れてゐます  葉も花も実も杏や桃の核のやうな苦い匂ひを持つてゐます  葉はクリイムや牛乳に香ひをつける  葉が輪になつたものへ真中から出てゐる  葉で出来てゐて  葉は萼片と云ふ  葉は細い緑色のリボンに似てゐる  葉の繁つた強い枝がありますが  葉のやうなものがありますが  葉にたとへる  葉のついた  葉をもち  葉をひろげて  葉が出来て  葉の如く押被さって  葉もすらすらと透通る  葉を残しているだけで  葉もすべて香りのある  葉は枝から離れて  葉を振るい落として  葉はこういう形をしているか  葉はああいう  葉の手入れをするのに  葉に置く  葉のうちに隠し  葉は小さいなりに皆ふちが白ずんでいる  葉の黄ばみそむる  葉を引っぱったりして  葉は一葉もついて居らぬ  葉を押し揉んだ  葉へ乘せた  葉の緑は立つ  葉の色づく  葉を片側に付けた  葉で切ったほどな  葉に雪が載つてゐる  葉を渡る  葉から降りかかつた  葉に石を載せただけです  葉の間から粉雪が家の中に降り込んで  葉を覆ふ  葉の痕に持つてゐます  葉を落としません  葉は實際に新鮮な色をして居ます  葉を捲いていた  葉に涼しい風が吹いて  葉を吹き溜めた  葉の中の花を見詰めた  葉の瞼を尖の  葉の単衣が長身の身体に目立たぬ  葉の囁きを聴き  葉が絶えず微動している  葉の失せたりし  葉が注連と一緒に風にざわめいている  葉の線のやうに延びて行く  葉を入れた  葉が枯れて  葉は跨  葉の裏を見上げる  葉を分けて  葉のない林の中に入ってゆきました  葉が礫のようにけし飛んでいた  葉を出している  葉に黄色い斑ができて  葉は落ち  葉を見かけ出しました  葉が伸びる  葉が濃く色づいて  葉ばかり堂々と丈高く繁った  葉の繁り  葉の露がこぼれた  葉が降りしきっている  葉が三ツ四ツ溜った  葉にくるまれていた  葉が塵になって飛んだ  葉に統べ  葉の形を見ているという  葉を重ね  葉の茂っている  葉のように翻えり胸を張って駈ける  葉は葉と囁き枝は枝と揺れ幹と幹とは擦れ合って  葉がのびた  葉ひらに降りし  葉が叢がって出た  葉を出しはじめた  葉の如く容易には自分にも分からない  葉を叩く  葉が勢好く頭を上げる  葉に一分五厘から二分くらいの青虫が這っている  葉の数々を裏返してみると  葉が茂って  葉も露に濡れた  葉などに染まっていた  葉を動かして  葉も無いことを申しました  葉がそよぎ  葉をザワザワとそよがせ  葉ほどに小さく幽かになつて行く  葉をのこした  葉を噛んでも  葉で滿たされた  葉が物をいつてゐる  葉はみ山もさやにさやげども吾は妹おもふ  葉が伸びるばかりである  葉と葉との間からは総て蕾がめぐんで来た  葉に触れた  葉の裏に潜めて  葉は重い雫に堪えない  葉を通して絶間なしに降り注ぐ  葉もついていた  葉まできらきらひかりながらゆれていました  葉のかげにかくれました  葉のかげにかくれて  葉に見えた  葉のあいだにその白い花が夢の如くに開いて  葉といい  葉が埃を浴びた  葉を美しいと思ふ  葉の大波を掻き分けて行くと  葉が消え失せ  葉や青薦に捲いて  葉なんぞもすっかり萎れかえってしまっていた  葉がさあっと  葉は枯れ出しながら  葉さえ戦がない  葉と吊橋を照し  葉ぐらいかかっていて  葉を被せて  葉の暗い中に隠したに  葉になり  葉ばかり茂って  葉を払っても  葉に日の当る  葉がしげって  葉の一葉又一葉凋落の秋をさとす  葉はなめらかな硅孔雀石でできていました  葉に落ち  葉の底に沈んで行きました  葉も茎も今はみなめざめるばかり  葉の向うをさぐりつづけた  葉の肌ざわりなどの中へ連れ戻して行った  葉のみだれを叙したる  葉を煮てのんでいるが  葉も落ちて  葉が青々とつく  葉がからから鳴っていた  葉を三つの長さに手折り  葉は夏の夜の雫をもうポトポト落して居りました  葉いちまい  葉を解くと  葉の太く湿  葉を俯せて睡っている  葉いまだ秋を告げざる  葉が付き始めた  葉が育ち  葉についた  葉を食べた  葉を取られた  葉だか青いのが絶え間なく打たれて躍ってゐる  葉をふるわせて  葉をならし  葉を沢山もって  葉でもわけなしでむしると云う  葉で屋根をかけた  葉と一緒にかえてある  葉のかげにほのめいているが  葉は砂利の上にも散ってる  葉を拾っていた  葉で作った  葉は光をあびて  葉に吹かれ居る  葉のもみぢ積みこそ参れ  葉をさらさらと鳴らしている  葉は一面に灰を浴びて濡れながら  葉を落すより  葉っからみつからない  葉がゆれている  葉を垂れてゐた  葉が挿してある  葉は風に吹かれてさわさわと  葉が俥の幌で揺り動かされた  葉を巻いていた  葉を延ばして  葉つぱのお金で酒買うた  葉を船にして  葉が落ちてしまって  葉にとまって  葉の一つ一つに日光を浴びなければならないと思いましたが  葉がしぼんで  葉が散りはじめました  葉の上にも落ちた  葉を動かした  葉の一つづつがその風に動いた  葉へは月が射してゐた  葉が真つ直ぐに立つてゐた  葉のかげに  葉は垣根の上やがて五尺もこえつべし  葉にばかり懸るかと  葉の露を払ひて  葉で僅かに汗疹を凌いだ  葉のもみぢの色はまだ褪せず埋めてぞをる  葉へ我置きて行く  葉ははや八月に散りかかる  葉が散りかかる  葉の上へ新しい葉が伸びてゆく  葉から落ちる  葉を打つ  葉がヒラヒラしている  葉を縮めている  葉を振り落した  葉の色も霜や雪に焼けて  葉まで深紅に染った  葉を乾かして  葉を自分でためしてみては  葉がカヘデのやうに五つに割れた  葉は直ちに皮膚を切りつけて  葉を窓よりみる  葉が黒い土の中から伸びている  葉が散る  葉を装い  葉の黄色くなって行く  葉をしみ  葉が蒼穹の色を映している  葉から宵やみが立ち昇って  葉を入れる  葉をむしり捨て  葉が跳ねていた  葉の青く揃って  葉の中から出  葉が伸びて  葉を一またぎ  葉が一靡き  葉を吹く  葉は照りゆらぎきら  葉は照りゆらぎ雲の影おつるすなはち  葉の落ちきつた痩せた  葉が薄れて行くので  葉はないので屋根には音はしなかつたが  葉もないヨタ話を一席伺いました  葉もない作り事を申上げまして  葉が出ている  葉も好いにほ  葉の降る  葉は冬月落ち散り  葉とを採り  葉とまぜて漬けた  葉をふりこぼし  葉をこびつかせてしまっていた  葉を除りにくそうにしながら  葉のだいぶ少くなった  葉の黄いろくなりかけた  葉を僅かに持ち上げながら  葉のない落葉松が無数に並び出しているのに  葉が二つ三つ残って  葉を洗って  葉を垂れて  葉の合口へ少々ふりこんでやりますと  葉や茎や根の受ける  葉の青い影がはいっていて  葉でたてた  葉をつんであるので  葉とるづど専売局にうんとしかられるぞ  葉を置きました  葉も幾枚も吹き飛ばされ  葉の濶い  葉にもさわらず  葉も二三枚飛び吹きちぎられた  葉はひらひらと吹きとばされます  葉がときどき散っています  葉などは雪のように真白にうつって見えた  葉つぱああ大旋風も斯る草の葉つぱからはじまつてやつぱり此の道をはしる  葉つぱをふきちらし頑丈な樹幹をへし曲げる  葉つぱのどこかのかげで啼いてゐる  葉つぱの詩晩秋の黄金色のひかりを浴びて  葉つぱ一まいの草の葉つぱですら人間などのもたない  葉つぱの上を素足ではし  葉つぱが騷いでゐる  葉つぱがゆれてゐるその葉がかすかになびいてゐる  葉つぱその葉の落ちてくる  葉つぱの上に痛痛しい雪のやうな大霜なにもかもはつきりとした  葉つぱ冷い  葉となりました  葉の匂もそこら一ぱいに朝のよろこびを  葉つぱにぴかぴか光る  葉をつけ  葉が風にゆらぐ  葉つぱに何ぢやらう  葉つぱでねんねする  葉のささやきを弾く  葉が何杯も手桶に入れてあって  葉もまだ露を含んでいる  葉の色が夜じゅう眠らなかった  葉が西南の風になびいていた  葉まで生でも煮ても  葉と共に重厚な花をひらいて  葉が力なく低れて  葉も痛む  葉が痛むといつたお品の言が胸に浮ぶと  葉は茂つて峰を蔽ひ  葉も食切ると痛む  葉が擦  葉の繁つた處をお目に懸けようと  葉に手の届かざるあり  葉は考へた  葉の弱い心は定められない  葉の顏を見て  葉は初めて自分の身を振り返  葉は赤い帶の下につつましく重ねられた  葉はそこに瞑想した  葉はすべての幸福を死に求めた  葉と行き  葉に對して  葉の體から離れなかつた  葉が振り返  葉の姿に驚きを感じた  葉はまたこみ上げて  葉はふとそれを考へて  葉が矢來垣の靜かな片道を歩いた  葉を見上げたので  葉は遠く幼子の影を見返  葉は見しらぬ  葉はまた賑かな街を歩いた  葉は最初身がすくむ  葉が眞に幸福な滿足な死を思ふ  葉はやがて考へまい  葉は道具屋の軒下を伏し目に歩いてゐた  葉と同じ松葉杖に身をよせて  葉は本當に恥しいものを見たと  葉の亂れた  葉の姿を見くらべた  葉は人の少い通に出た  葉はあく迄死を信じた  葉は年齡の醜い影を見たかなかつた  葉は死を定めて  葉は自分が三十三に死が斷行された  葉は二十五に死んでも  葉は本當に強く生きなければならない  葉はいま紫いろの海のやうに暮れてゆく  葉はその青年の姿を見た  葉が夢から覺めたやうに首を上げた  葉はその青年が堪へられなく  葉を愛してゐた  葉は青年と共に微笑んだ  葉は再び微笑んだ  葉は自分の肉體を見る  葉はタオルを胸にあてて  葉の心を和げたので  葉が再び顏を上げて  葉は布を腰にまき  葉の家は一時湯殿のない家に引き移らねばならなかつた  葉は色々道具と共に荷車の上につまれた  葉の兄は荷物の上に繩をかけながら  葉は母親とならんで  葉の瞳が茫然とうるんだ  葉が空を見上げて  葉はその義足をつけた  葉の動く  葉がすべてのバンドを解いて  葉は新しい家の二階に上つて見た  葉の心はいづ  葉の瞳はいつか物珍らしげに向ひの  葉は茫然した  葉はなんとなくそんな事が考へられた  葉は母親と二人靜かな朝の冷たい湖のやうな浴場の姿見の前に立つて  葉は慘忍な健康者の態度を見入りつつ  葉の身體に驚きの聲を放つた  葉は睫毛をながく伏せた  葉の前にのびた  葉は湯ぶねのへりに  葉の肩から胸に斜に影を投げた  葉はいまあまりに緊張きつた一脚の足の肉にふれて  葉は生きんとする  葉は夕暮その家を辭して  葉は矢張り死ぬので  葉は醜いことを見たくも知りたくも  葉は松葉杖の古きによつて  葉はベッドの上に起き  葉はその時清らかに終るべき  葉の爪を見た  葉は淋しく肯いた  葉はいま迄切り取つた  葉の爲めに泣いた  葉が浴衣をぬいで  葉はひそかに浴場を出る  葉が狹い  葉は出  葉の家はまた移らねばならなかつた  葉は親しんだ  葉もまたこまつた  葉はそれを障子の影に聞いてゐた  葉は兄と嫂が結婚して  葉は解もなしに泣けて泣けて  葉は門にぴたりと身をよせて  葉はその時かすかによせて  葉の現に見る  葉はなほ臺所に腰をかけた  葉の兄は失つた子のあとを追ふ  葉がかうして坐  葉の姿とを見くらべて  葉の兄はやがて旅に出た  葉は一人炬燵に入りながら  葉は杖をとめて見返つたので  葉はその時思ひながら  葉はその事を考へて見たが  葉にとつては淋しい言ひ  葉の良心は命じた  葉の肌には赤黒く垢が浮いて  葉は靜かに見上げながら  葉の涙はうつむいた  葉は涙の絶えない  葉は漸く頭を上げて  葉の植木を照している  葉ごしに  葉の蚊遣の煙を澁團扇で追ひ  葉が鳴つて  葉の蚊遣の煙を渋団扇で追ひ  葉のあしたの霜にうづむごとあゝわが戀はきゆべしや月はし  葉を切り落したりして  葉がはえしげっている  葉のように青い川の水になって  葉だろうと思うが  葉の裏には松の脂が出るらしい  葉を落としてしまう  葉が右のような松の枝に何千何万と並んでいて  葉が右のような欅の枝に同じく何千何万と並んでいて  葉など投げ込んでみると  葉は落ち尽くし  葉が頭を出して居る  葉を振い  葉の尖は  葉が黄色く蝕んで  葉に蔽はれぬ  葉の間から模様の様になって  葉の寐返り  葉の裏を白い蝋で塗っている  葉だけは烈しく慄えている  葉が髪の毛の脱ける  葉を母木の胸に翳し  葉の中にちらばっている  葉に載せて  葉は何をしてゐる  葉は言ふんで  葉は命の恩人の八五郎親分のことを一刻も忘れた  葉といふ女を御存じありませんか  葉と前からの知り  葉がお前を引き摺り込んで  葉に一杯擔がれたと  葉は喜びますぜ  葉の茶屋へ立ち  葉の茶屋のことを訊かれた  葉にうんと怨まれたか  葉に取  葉はあわてて  葉の顏は緊張して  葉はすつかり萎れてしまひました  葉はあわてた  葉は躍起となつて抗辯する  葉は一生懸命に辯ずるので  葉は完全に沈默させられてしまひました  葉は激しく手を振つて  葉は必死と辯解しましたが  葉は泣く  葉の口から出て  葉はプリプリしてをります  葉はその隣りの  葉の抗辯に負ける  葉が知らずにゐるとすると  葉は少し呆れてをりました  葉のために助け舟を出す  葉への義理が濟まないやうに思ふのでせう  葉は急に活氣づいて  葉とわかる  葉を兩國橋で助けた  葉は鈴川主水に捨てられて  葉を嫌ひにな  葉が飛出した  葉はもとの夫の鈴川主水への面當てにお氣に入りの  葉が出てくる  葉はさう言ひながら  葉は團扇でちよいと打つ  葉の茶店が繁昌し過ぎると  葉が派手作りになると  葉の茶屋に立寄り  葉と暫しの逢ふ  葉の茶店の前にゐた  葉の阿  葉の退路を遮  葉の袖を抑へてゐる  葉が口を出しました  葉の差出した  葉の手に返します  葉は急に口を緘みました  葉と連れ立つて  葉が佐野松を嫌になつた證據にはなりませんね  葉はもう次の男を引摺り込んで  葉はお前が考へた  葉は佐野松と杵太郎の兩天秤をかけて  葉がこの家にゐる  葉のやうに燃やし  葉は何やら抱きしめて  葉を死なせる  葉は人に隱れる  葉の惡戯に引つか  葉は怖くて仕  葉の部屋の格子を釘付けにしたりしたので  葉は用心棒にお前を呼んだ  葉が若作りにした  葉と佐野松を殺す  葉は今度は杵太郎を引ずり込んで  葉と杵太郎を燒殺さうとした  葉はうんと脅かして置いたから  葉を越えて  葉はすでに蒼黒く繁っていて  葉捲の函も買い入れて  葉と葉のあいだは染めた  葉を茂らして  葉が時々落ちてくる  葉がわずかばかり残っている  葉と葉の重なる  葉は便所の窓の上にある  葉が平に隙間なく衣装の恰好となる  葉が見える  葉掘りあやめのことをお訊きになる  葉や枝を延ばし  葉と宣っている  葉を加担者に引き入れた  葉は受け取り  葉に裏門まで来て貰って  葉は恐ろしそうに訊いた  葉は夢中のように歩き出した  葉が現われた  葉は背中に藤八と名付ける  葉は云って  葉は取って  葉の手にまで延びている  葉は何と思って  葉は眼を四方へ配った  葉の背へ両手を廻し  葉は云った  葉も云った  葉は黙って  葉の肩から飛び下りた  葉はひしと握りしめ  葉が生い出でた  葉という娘とも別れ別れとなった  葉の冠っている  葉も遁れる  葉はこう思って  葉は躍り上って  葉は思った  葉は肩から藤八猿を下ろした  葉は土間へ入って行った  葉の母親だけあって  葉の片手が上り  葉は烈しく云った  葉のくわしい説明によって解った  葉は一人離れて  葉は館の方へ走る  葉やお葉や堪忍しておくれ  葉がいた  葉は躍り上って叫んだ  葉は梯子へ足をかけた  葉は無言で二階を見上げた  葉は叫んだ  葉がお前さんを引っ張って  葉やお葉やその女を捉え  葉がいなければならない  葉に逢って訊ねたならば  葉が建物の姿を隠している  葉とが立っていた  葉も叫び  葉によって孝養されたという  葉が良縁を求めながら  葉を洩る  葉から立つと  葉ばかりになった  葉ごしに見える  葉を隣りの  葉をおとす  葉にこまかいむく毛がある  葉ににてるだろう  葉の色をめづると云ふ  葉は蕗のやうにひろがり  葉にそよぐ  葉と花との関係でなくてはなりません  葉と花との親密を失ってしまう  葉をなくして死のうが  葉を風情もない様な茶色にかえて  葉の上にただよった  葉を食ふ  葉の上にかたつむりがのそ  葉なぞの上をうごいて  葉で笹舟を作ってもってきたりする  葉で眼をお突きなされた  葉を忌んで  葉で目を突かれたからといって  葉の目印の格子をあけて  葉と入りまじって  葉の方は針金でからげ上げて  葉をさらさらいわせて見たくなる  葉は色つやをなくして  葉をつけていました  葉やみごとな花をたわわにつけた  葉をわなわなとふるわせる  葉にまわる  葉のむらがり茂った  葉がどうなろうと  葉を振り落として  葉と葉の間からは大きな蕾が顔を出して居た  葉に電気がかがやいて  葉がついてゐる  葉につかまってはならぬぞ  葉を見ても  葉の上にとまってはならぬぞ  葉があるじゃないか  葉を目指して上っていきました  葉の上に乗って  葉の上に乗ってはいけないといわれた  葉は岸に着きました  葉に止まって  葉につかまってはならない  葉に隱れて  葉に夜露の流れて落ちる  葉で足や手さきを少し擦り切っただけで  葉のそよぐ  葉と茎とその実との霜に染められた  葉を垂らした  葉を一枚一枚むしりとってやった  葉が秋風に吹かれて  葉にこびりついてゐる  葉を育てる  葉を切り放して  葉を透して  葉が一斉に靡くと思うと  葉がほろりと落ちた  葉も殊更に写生の色を避けて  葉の数なども実際のものはもっともっと混み合って繁っている  葉が挿されてゐる  葉を飾った  葉に於いては  葉も延び切つて  葉は静かにうなづいた  葉枯れたる樹下の隠  葉に音立てて降る  葉をして  葉の間から見えた  葉を落しつくした  葉をちぎってた  葉が垂れて  葉の一片を持つて  葉も重なれり  葉をかき分けて  葉をかぶりておどりいず  葉を地にしきて坐す  葉のかげにかくれる  葉をかぶりて寝る  葉に眼をつける  葉のそばへ行き  葉のあいだより顔を出し  葉をかぶりし  葉に露があって  葉の濃かさの裏表に似つかわしく添って建っている  葉が光って  葉のない桜のこずえにもう朝日がさしていた  葉も稲の葉も茗荷の葉も皆葉先を捲いて  葉も稲の葉も茗荷の葉も皆葉端を捲いて  葉の間から蚕豆の花が客を珍らしそうに覗く  葉と一所に映る  葉とともに転がった  葉うらに留まった  葉がくれの  葉を拡げて  葉がくれに咲いている  葉のさざめきに  葉と凧がゆれ動くだけで  葉がいくつも散って  葉が落ちた  葉は最早朽ちかけてゐる  葉などを食べていた  葉が日にひかり出す  葉を重たそうに背負ってくる  葉の黄いろくなった  葉を失っていた  葉が天蓋のように空を蔽っている  葉の芽が出ようとしている  葉を採って来て  葉にのせて  葉の枯れた  葉が生々と朝の露霜をうけた  葉がさらさらと鳴る  葉のそよぎに  葉の音がすると  葉のことを語った  葉もない嘘のもありましたが  葉のように蒼々と見えた  葉のしなやかなことといったら  葉のあいだからす  葉を焚いてゐる  葉に見えて  葉と花の影の映る  葉を掛けて  葉を照したる  葉にぼそぼそと云う  葉をもふるひ落さんとす  葉なども交って  葉が皆薄小豆色をして居て  葉の重り重りの作って居る  葉の末から彼方に一つ離れて居る  葉に散らす  葉は益々悲しげに震える  葉は青々と乱れ  葉はもう緑が褪せて  葉がぢつと立つてゐた  葉もぐしよ  葉の垂れた  葉がじっと立っていた  葉のすれ合う  葉のやうに円い物が一めんに浮んだ  葉の上に匐い上りながら  葉が散っちゃった  葉もない悪口を言って歩く  葉を浮かべて下さい  葉を浮かべました  葉で笛を拵えて遊んで居た  葉の色に照つてる  葉をこう葉の中から見る  葉をつけ茎が延びて  葉が浮きだして  葉のわびしく散りしいた  葉のしずかに散りしいた  葉が動物のように動いている  葉を見ている  葉がそれぞれ意志のある  葉を一枚一枚はっきりかいてみると  葉の上に霜がおりたか  葉を大方落し  葉もほんの少しは殘つてゐるので  葉の色で畑の健康を維持している  葉を伝って  葉と戦い  葉を縫い  葉でつづくった  葉の色も若やいで来たという  葉の裏にすがりついている  葉が揺れ  葉を振い落してしまうと  葉の蔭から小さな盃を持ち出して来る  葉を食べ  葉を伸し  葉を伸ばし  葉が少し描き添えてあるのみな  葉を食べあるく  葉で自らを償い  葉は思いきり匂を撒き散らしている  葉は力無げに垂れ下り  葉かなけさもよい日の星一つすつかり枯れて  葉のおちるだけけふは  葉咲くは茶の花ざかりうれてはおちる  葉や萱の穂や何か足らない  葉の雨となりく  葉ひらひら傷が癒えゆく秋めいた  葉になる  葉のおちる  葉のおちるおちる  葉はない太陽何事もない枯木雪ふる  葉のない木そこに月を死の  葉と葉とが昼も夜もささやいている  葉でも連ねた  葉を採っている  葉の間から白い手が見えて  葉の影とを浮べて流れて居る  葉は天上の舞を舞ふて  葉がしきり  葉も亂れ亂れて  葉の茂った  葉が瀬を造って  葉が黒くなって  葉ばかりの菖蒲の伸びた  葉を漏る  葉が垂れると  葉が大きく上にかぶさる  葉尖から崩れて来て  葉みぢんに砕けてしまひ  葉を摘んで  葉にさされながら逃げのびて  葉を振った  葉をさやさやと掻き分けて出て来た  葉を以て隙間なきまでに綴られているから  葉を一度に洗って  葉が水の上に浮いている  葉は吹き寄せられて  葉がはらはらと赤き衣にかかりて  葉を暖かき日に洗われて  葉をとりに  葉が山のしんからそよぎ出す  葉の葦も茂つてゐるが  葉がしげり出して居る  葉の虫をつまんでいる  葉掘して聴く  葉を繁らせ  葉の黄ばみかかった  葉やそれに類する  葉をわざと食い  葉を燻べて  葉をいぶして  葉を振るって  葉のようにほそい放物線を描いたりしている  葉を紺碧の空の光の下にかがやかしていた  葉はまだ私の目にある  葉は忘れ  葉を紺碧の空の光の下に耀かしていた  葉を刻んだり洗ったりする  葉が一枚二枚だけひらひらと動く  葉と硝子の瓶とを合せて  葉の数を勘定して見たら  葉の數を勘定して見たら  葉の落ち尽した  葉はみんな金と銀とでできていました  葉を動かしにきた  葉を揺かしに来る  葉を柔らかく照し出して居た  葉をひるがへしひ  葉の尖に  葉が立ててある  葉のすれる  葉の垣に垂れた  葉を摘むと見えて  葉をだらりと垂らしてゐた  葉の匂のする  葉をよろつた  葉が黄いろに枯れて  葉を描いた  葉に綿入れた  葉の散った  葉掘り尋ねておいて  葉を鳴らして  葉が朗らかな夜の空気の中にしんと落ちついて  葉と云わず  葉の長さが日本の倍もあって  葉を無くしてしまい  葉はかくこそあれもおき  葉を見て  葉を煮て  葉になった  葉を雨に打たれ  葉を刈り  葉が紅葉して  葉に時々音を立てた  葉を取って  葉のにおいに似た  葉の強烈なにおいがいっぱいにみなぎっていて  葉でいぶして  葉で巻いた  葉を持って  葉はとまれと唱える  葉とんまれというのがあった  葉はとどまれというなども  葉もとどまれ  葉も流れろという  葉は止まれ  葉などをくべて唱え  葉をカシワに用いるなどは  葉が色づきはじめる  葉を一度にこんなにぶちこん  葉にかかれり  葉なども用いるという  葉を買うて来て  葉が触っているなどという  葉の落ちた  葉のような扁平な開いた  葉を吹かせていた  葉はまた全体も揺らぎながら  葉の先々をほとんど神経的に震わせていた  葉に尾鰭の生えた  葉な彼女の物いひに  葉の緑いろ  葉にあはれなが世の幸ありやなれの  葉の間にのぞかせてただよう  葉の面を被うて居る  葉をひろげている  葉をひろげ  葉を払い落とした  葉に霰がまろぶ  葉を張っているので  葉があさ風に青く乱れている  葉の影がいよ  葉が茂るばかりであります  葉掘りきくだけで返事をした  葉がちるしぐれてぬれて  葉を数枚摘む  葉もなく土佐路所見重荷おもけど人がひく  葉を剥いてやらねばならなかった  葉で入口を飾り  葉を参差していて  葉はまだ閉じて眠っている  葉が針立っている  葉も殊に綺麗に見える  葉でこんなに手を切りました  葉が落ちかけて居るけれど  葉に包んで置いた  葉も出ない  葉にたまれ  葉が風にあおられながら  葉を虚空に吹き散らしました  葉と葉がすれあって  葉と葉がすれ  葉の秋風にちるを聞くまでは  葉と共に大分お粗末になって  葉っ葉をちぎりちぎり近づいて来た  葉が浮き  葉が散っている  葉も深々と色艶に潤いを持ち  葉も大方振り落として  葉の笹原がある  葉のなかに孔をぽつんとあけて  葉のしげった  葉がまざり合うまでになれない  葉をほめた  葉を敷いた  葉とが見える  葉掘り問う  葉は黒ずんだ  葉を折れ込んだ  葉の中に鼻を突っ込んだ  葉に眼を移した  葉は延びて行く  葉も長く見詰めていると  葉が著るしく  葉が少し動いた  葉を堆く装った  葉を出しすきとおった  葉をすかして  葉の青いままでちらばって居る  葉のような歯跡を石に印するが  葉のやうな歯跡を石に印するが  葉の上にならべられた  葉に映っている  葉の上に光っている  葉の上を見ていると  葉をつける  葉の一部を見る  葉の色の美しさを示して  葉などを修飾句に据ゑたものと考へてゐた  葉などを修飾句に据えた  葉が殘らず白い裏を見せて  葉を叩き  葉洩日も殆ど落ちて  葉のそよぎと  葉の呉蓙を一枚敷いて  葉で葺いた  葉で編んだ  葉と椰子の葉とで以てそれを覆へば  葉の纖維で編物をやつてゐる  葉か何かに包み  葉が美しく簇つてゐた  葉のそよぎも  葉が風にそよいでゐる  葉が細かい影をハツキリ道に落してゐる  葉の御歌わすれはせずよ  葉の作者見ぬ  葉の霜に濡れた  葉は皆触れば折れ  葉も乾いた  葉広き夏の蔓草のはなを愛して  葉は翼撃たれし  葉が残らず白い裏を見せて翻っている  葉洩日もほとんど落ちて来ない  葉の呉蓙を一枚敷いて寝ていた  葉洩陽が石垣の上に点々と落ちて  葉と椰子の葉とで以てそれを覆えば  葉の繊維で編物をやっている  葉が風にそよいでいる  葉が細かい影をハッキリ道に落している  葉に埃が溜つたのも目につくし  葉は真紅に紅葉して  葉の散り尽くした  葉も入れれば  葉もすっかり散り尽くして  葉が紅く色づいて  葉になろうとしてる  葉に置いてる  葉の蔭には土俵が出来て  葉を垂れている  葉は日にチラチラする  葉を見ていたが  葉が直ぐ鳴る  葉が黄ばんでいる  葉も踏み分け  葉やいろいろの花にこぼれている  葉を茂らせている  葉と共に揺れ青い枝と共に撓んでいる  葉を散らし  葉をだらりと力なく垂れた  葉を縮めて  葉を凋ませていた  葉が鮮やかな朱黄色に紅葉して  葉の色を一層清々と見せている  葉が茂っている  葉と葉とのすれる  葉の触れ合ふ  葉からはトマトの青いにおいがし  葉に水をかけてたら  葉を垣根の傍に茂らしている  葉を整えたと思えば  葉を整えかけると  葉が散っていた  葉を垂らしている  葉の下にじっと耳を傾けている  葉の大きい蛇よけの草などが一杯に茂つてゐるだらう  葉のなびきに埋められて  葉をむしっていたが  葉の陰になっている  葉のない樹木の間に冷たい蒼白さで瓦斯燈がぼんやり灯っている  葉のない並木の梢に漂っている  葉をゆるがして吹いた  葉をもぎ  葉は触ると  葉の青々した  葉からはらりとこぼれた  葉を押し分けて通ってるのに  葉の隧道の天井の少し開いてる  葉の長い隧道をくぐってきた  葉を出した  葉掘り聞く  葉は既に落ちて  葉がガサガサと鳴つた  葉の出ている  葉や茎から出る  葉とは違ふ  葉は蓮の葉に肖  葉掘り聞くとなると  葉を眺めた  葉を拡げてゐます  葉の上に止まっていました  葉を画いたといっては罵られていた  葉とおもふも  葉を殘してゐる  葉がをりをり落ちてゐた  葉の染まれる  葉は樅に似  葉を落すと  葉が急に萎れて来て  葉がみるみる青あおとなる  葉をぼんやり眺めた  葉を眺め  葉の先が黄ばんでいる  葉はようやく黄ばんで来る  葉を虫が食う  葉が云う  葉はみんな飛んでしまう  葉が淋しく残っている  葉は少しく上に揺れて  葉の青きを択んで  葉が着いて  葉を煎じ詰めただけの  葉が散りかかっている  葉から精製した  葉のある  葉の下に坐って  葉を見廻す  葉にきらきら射してきました  葉をむらがらせた  葉が互生し  葉の中にはわれわれの目につかぬ  葉のむらがりに  葉を拡げてゐるから  葉の色彩に注意を奪われて  葉は食い尽くされるだろうと思った  葉にたまっていて  葉がもう赤く染まって  葉の棘に額を打ちつけながら  葉を垂れた  葉が乾いた  葉をそよそよと吹きわたる  葉には初秋の涼しい露が流れて  葉掘りいろいろ聞きただしたが  葉が一面に浮き出して来て  葉の軽いそよぎにも  葉などをくべた  葉がなびき  葉は散るまで  葉の裏だけがじりじり枯れて  葉の連となり  葉に顔を埋めた  葉を重ねて  葉に葉を重ねて  葉をばらばらと吹き靡かせ  葉までを細かに刻んで  葉の散る  葉のかげがうつりました  葉の影が障子の裾の方へ低くなりました  葉を鳴らしていた  葉をかげ干しにした  葉が殆ど落ちている  葉で屋根を葺き  葉を背負いこんで  葉が落ちて来た  葉はカラカラと風にさ  葉がすつかり落ちつくした  葉を振り落して  葉ばかり伸びる  葉を畳んで  葉の艶も無くなっちゃったけれど  葉ばかりの菖蒲杜若が隈々に自然と伸びて  葉にも手が届く  葉をかさねて  葉をつまんで  葉を一枚むしり  葉が窓に見える  葉もない噂さをふりまいた  葉などを水で洗ったばかりで  葉は散りはてぬ  葉もその周囲に蔓延っている  葉から製した  葉の蔭に成って  葉を押分けて  葉を伝って流れた  葉の影が部屋から外部を静かにして見せた  葉の霜に尿する  葉が夢のように浮いていた  葉とを凝視した  葉から延びている  葉を浮かべている  葉とこの葉とはあまり離れているので  葉を啄んでゐる  葉が搦み合った  葉は塀を越えて  葉は青い傘をひろげて  葉もそろそろ散り始める  葉もまだ朝の露が乾かない  葉を沸かした  葉を寒そうに照らしていた  葉は旅人の袖にからんで引き止めようとします  葉がぬれて  葉をお蚕さまに食わせたくないと念じている  葉は茹でられた  葉はまだ大きい手を拡げないが  葉は枝もたわわに伸びて  葉のかげへ隠れて行った  葉の色といい  葉のあいだから白い花がぼんやりと青い水の上に映って見えます  葉をすべって  葉も伸びている  葉をまいて  葉が白い土のうえに黒い影を落している  葉が一面に暗くそよいでいた  葉がぎつしり詰まつてゐる  葉を落して  葉をつけました  葉を用ふると  葉のヘリにマツゲ様の歯ありて  葉の寸志と見え  葉までも頬張る  葉ながら散った  葉は涙にぬれた  葉の間を楽しそうに往き来する  葉の上にとまっていた  葉にとまっていた  葉にとまってやすんでいますと  葉のうらにみた  葉もない讒言を構えたと云う  葉の乾した  葉を引摺る  葉を撫でていく湿った  葉の間からピストルを射っている  葉の間から空へ噴きあがる  葉が繁った  葉が肩までかかる  葉の繁る  葉の蔭に憩い  葉の蔭に憇ひ  葉掘りききだした  葉を垂れて眠る  葉の液を染めて遊んだ  葉を摘って与えた  葉の形が鮮明に印された  葉はすっかり落ちていた  葉が障子の玻璃に映って  葉が今にも落ち  葉の様に刻まれてしまう  葉之助へ切り込んだ  葉之助を突き飛ばそうとした  葉之助は頸首を捉えて  葉之助は後へ退った  葉の細かい葉脈まで克明に描いてあり  葉が薄紅く染っていた  葉の間にはちらほら紫の花が見えた  葉を枯れて  葉を見よと  葉が風に見舞われた  葉ではじかれて  葉は落ちる  葉が鳴るは  葉がくれ  葉の波間に沈む  葉の風のぬるみに  葉の春に遇ひつる  葉に盛るべき  葉をだに價ひせじ  葉を震ひ去り  葉のいた  葉にやすらひ  葉しらむ籬根にもとより闇の私生兒の窖に隱れてあるべきを  葉とひらき  葉はゆれぬ  葉散り透く  葉の漂ひとひるがへり  葉ぞ泣きそぼち  葉はくれなゐに  葉洩りの日かげ散  葉は散り  葉でおれのからだを詰めたに  葉もみんな尖ってゐる  葉のまじった  葉の中からかわいいつぼみをのぞかせている  葉のにおいがする  葉がなよなよと動いて  葉の上でねむろうとはしないで  葉でおおわれていた  葉をふるった  葉ががさがさ風に鳴っていた  葉を揃える  葉を刻んでいる  葉を選るのに  葉が一葉大きく青く彫刻した  葉が青く生々していて  葉がきざんで乗せてある  葉が風で動くといえば  葉は刈取ると  葉の茂りたるが  葉にさして根がけにした  葉を前髪に結んだり  葉とのがあって  葉が黄いろくなりかけて  葉が輝き  葉が萠え出してる  葉の深く繁れる  葉ばかりの燕子花を伝つて飛ぶ  葉に靡いて  葉をはらう  葉をも残す  葉の形で八重と一重を見分けて  葉のにおいがすっと鼻をかすめた  葉を喫するも  葉ばかりの燕子花を伝って飛ぶ  葉にちらちらと緋の袴がかかった  葉は微に戰いで  葉をうつ  葉が萠えて  葉に鳴る  葉小さき童のつむりにも  葉ずゑに巻きのぼり  葉を渡つて吹く  葉はたべない  葉をふるったぶなの  葉の銀杏のはやし  葉も顫ふ  葉の銀杏の林行き行けど  葉の顫ひ  葉のかげをゆく  葉をひらひらさせ  葉の裏をひるがえす  葉の裏をひるがへす  葉も茂る  葉をとおして来る  葉もあります  葉がことごとく裏返って  葉ちゃんと遊ぼうったって  葉ちゃんと別れなければならない  葉ちゃんと呼んだ  葉がしげっていました  葉をすべるより飛ぶ  葉うらにすくむ  葉に打つ  葉の並木はしきりに落葉し  葉が紅くのび  葉がざわざわ揺れて  葉が胸元へばらばらと葉を弾き寄せる  葉でこしらえた  葉でつくった  葉が金色に輝いている  葉の林の中から数限りもない小さな生き動く  葉をびんの中へ詰め込んで  葉の間に土くれなどが交じっている  葉がかぶさったりすると  葉は根もとを切られても  葉のかたまりは  葉の一つ一つがきわめて迅速に相次いで  葉はすっかりかわき上がって  葉を食って行く  葉が再びささやいた  葉は刈る  葉を嗅いでみたり  葉のような音を立て  葉が一枚だけになってしまうと  葉を放すと  葉をゆっくり平らげる  葉の下を潜ったり  葉の上でつかまえたら  葉は葉で彩り  葉を青黒く染めている  葉をもって  葉がついているが  葉の先きには  葉なりとせば  葉の色は黒光りを放っていました  葉に雨の音ある  葉をうけた  葉の虫のおもちゃを売った  葉を縁先へ立てて見せる  葉の玩具のように無雑作には参らぬ  葉の上に集つて跳ね  葉は三葉で一葉を為し  葉が動かうともしない  葉の落つる  葉が油光りして  葉とみつ草とを摘んで来て活ける  葉に葉をかさねて  葉も刈り  葉の秋めいてそよぎはじめた  葉をむしてゐる  葉になつてゐる  葉を活けて  葉を持つて  葉の晴れて  葉となつてゐる  葉のそよがうともしないかなかな  葉のむかうから  葉をとぢてゐる  葉が四五本穂をだして揺れる  葉の枯れはじめた  葉のやぶれてゐる  葉もよい雨がふる  葉をかんでみたら  葉の長い草をかって  葉となって  葉を掴んでまごついている  葉がさしこんであった  葉を黒ませていた  葉を黒ませてゐた  葉が残らず白い裏を見せて  葉から堀かへして  葉をゆすりながら  葉が盛んに茂っている  葉の緑が実にきたなく感じられて  葉が色づいてくる  葉をのばして行き  葉を展開し終わる  葉を展開し終える  葉をつめ込んで  葉を根気よくたき  葉には水がかかってゐて  葉がくつついてくる  葉を一面に散らしながら  葉に陽が射して  葉がばらばらと落ち葉の海の上に散っているだけであった  葉をサラサラとこぼし入れて  葉や枝がある  葉に投じ  葉の茎を折り取って  葉の中にすくい込み  葉や花が盂蘭盆の仏壇につきものとなっている  葉にたまった  葉にたまってる  葉の露を取って  葉も一二枚黒ずんで枯れていった  葉を一枚取っても  葉を切り取った  葉に比べると  葉をも期待せずに  葉だけで満足した  葉が生い茂る  葉の油虫を鏖殺してやった  葉は勢を得た  葉の蘆というのがござんす  葉がみんな片葉になって  葉が光っている  葉を顫わせている  葉を網のように参差させて  葉を背景にして  葉が萌え出ていた  葉をくぐって  葉の蔭に流れ込むや  葉とでできている  葉をふるいおとされて  葉がまっくろい化物の様な影を机の上に落して居ます  葉の楓はゆさりともしずに居る  葉や花のあいだをこぼれて  葉が僅か散り残ってる  葉を貪る  葉は紫苑のさきの方に似て  葉も次第に散  葉や枝を椎の茂みに覆はれてゐる  葉が鳴っている  葉のよく繁った  葉が生え繁っていたが  葉の中に躍りこんだ  葉の下に寝ているとは  葉掘り訊ねる  葉の露と観じて遊んではいるが  葉の表に雨はばさばさと砕けていた  葉はしょうしょうと鳴りつづける  葉や茎を腐らかし  葉をしげらし  葉にしみ通っていた  葉が投げかけられていた  葉に驚いた  葉は冷たく露をもっていた  葉が川に向って伸び  葉に首をさされたり  葉を密生させ  葉で光線をさえぎり  葉は黄ばんでは  葉は心許ない白っぽさでめまぐるしいほど揺らめいていた  葉には赤らみが殖え  葉はぺらぺらとしてもはや褐色に変りつつある  葉の焼ける  葉の燃え殻が天から降って来た  葉が土地の低みに吹き溜って  葉がぽとりと降って来た  葉が散って来る  葉は顫動しつづける  葉も茎もす枯れはてて  葉を吊した  葉が一所ずつ揺れて  葉掘り昔の秘密をさぐりだして  葉が黒いかげをおとしている  葉掘り問いただす  葉のごとくち  葉が開いています  葉の間から竜之助の面をながめました  葉を掻きわけながら出て来た  葉を噛み  葉をべっべっと吐き出しつつ  葉が萎えた  葉ぼり訊いてましたが  葉ぼり訊きただす  葉洩れ日のやうな気配が立つた  葉からもぎとられて  葉をのこして  葉掘り訊く  葉のやうなものがのせられ  葉の下から現れた  葉はまだ新芽の柔かさを保つてゐた  葉の落ちつくした  葉は色づきはじめて  葉を浮彫の如く彫りあり  葉は牡丹に似たり  葉を沸した  葉の新しさを見つけた  葉も大きく物凄く見えた  葉を掻き分けながら  葉を一束結びつける  葉に火をつける  葉をかき分けてみる  葉がカサカサと鳴る  葉との宮殿がならんで見える  葉と葉のすきまを縫うている  葉の宮殿のなかに休んでいる  葉がざわつくと驚いて  葉のかげにかくれてしまう  葉ができて  葉をお蚕様に食わせたくないと念じている  葉は茹られた  葉鳴れる  葉の散りて触れしを  葉のつけねには尖った  葉のかげにかくれよう  葉をよぢのぼる  葉にふりそそぐ  葉の面をゆり動かせば  葉もまた静まる  葉の中心にぢつと留まる  葉は豊かに動く  葉つぱ草の葉つぱは風吹きや戦ぐ  葉つぱは雨降りや生きる  葉つぱは日が照りや躍る  葉のような新鮮さを持っていた  葉は枯れない  葉を枯らそうとしている  葉を食い尽さないではおかない  葉によく似た  葉の上に止って  葉へ高い葉へと登って行った  葉の美しさを輝かしてゐた  葉が山の畑にすくすくと繁つてゐた  葉が吊されてゐた  葉の光りの  葉すら捨て  葉が八月の日の光りを  葉が蓮の池をめぐ  葉には砂埃が白くたまって  葉も刃と刃にみえだしてくる  葉を摘みに来た  葉の充満た目籠をてんでん小脇に抱えていたが  葉をむしると  葉がカサリと鳴っても  葉が放出すると  葉の方は葉先から赤くなつて来て  葉に止まつた  葉を踏み外しながら  葉の間から大空へ逃げて行かうとする  葉を塗抹した  葉を垂らしてゐる  葉に水を手向けて  葉とがけんかをはじめました  葉に向かっていいました  葉はいいました  葉はびっくりしました  葉は幹にいいました  葉を冷笑しました  葉は気をもみはじめました  葉は訴えましたけれど  葉を弱らしてしまいました  葉がすっかり枯れてしまった  葉を落したので  葉が落ち散つた  葉を去る  葉に下りた  葉を出してる  葉の萠え出してる  葉の無数に重なり合ってる  葉を叩きつ  葉の伸びた  葉の汁から製する  葉の皮を剥いて  葉は霜をおびた  葉を一葉一葉明らかに見せている  葉といわず  葉がしおれてしまいました  葉の間に混つて青い実がついてる  葉があります  葉をくれる  葉だのを取り出して  葉の笛吹きならしとある  葉も一面に気味の悪い毛虫がついて  葉から茎までが言葉では言えない  葉はさながらに君の色なれ湖の小舟棹さし  葉がくしゃくしゃにからみ合ってゐた  葉をも戦がせない  葉が雨の雫と共に頻と落ちる  葉を全部あつめ  葉を失った  葉もないものであるとは断言できないだろう  葉もないものであるとは斷言できないだらう  葉が灰だらけになってしまう  葉に深夜の電燈が煌々と輝やいている  葉が散り敷いている  葉の腐  葉な物腰物の言ひ  葉をむしり棄てて  葉で葺いている  葉をたくさん葺きこんだ  葉に盛るという  葉でつつんだ  葉を煎じて飲むという  葉のかたまり合った  葉になりましたの  葉の名前を申しわけのように並べ  葉の提灯を持つ  葉を盛った  葉が日を受けていた  葉をとおして  葉に雨の降りかかる  葉を水面にひたして  葉は勝手の広い板の間に山のように積まれる  葉の間に白い羅紗の夏服がちらちらしたり  葉が大きくなり  葉の草がゴチャゴチャ生えている  葉に置いて  葉にはキラキラと露が光った  葉とともにしきりに落ちた  葉は散って積もる  葉が本堂の前のそこここに吹きためられている  葉はすっかり落ちつくして  葉ががらがらと散って  葉をこして  葉のなかば赤くなった  葉の間からチラチラ見える  葉はバラバラと散った  葉は小屋の屋根を埋めるばかりに散り積もった  葉が真白になっている  葉はまったく落ちつくして  葉がひたと捨てられてあった  葉の陰影にはいつも失敗した  葉も茂って  葉を編んで  葉の上に供えた  葉には露がおいて  葉は河上から風が来ると  葉が枯葉となって  葉の影がかたまり  葉を一枚一枚キラキラ強い金色にひらめかせながら  葉は大きく強く広がっていた  葉の立てる  葉に照って  葉うらから金色にさす  葉が一部分光る  葉を茹でて  葉までが光ってくる  葉を片手の親指と人差指とでお民は暫くし  葉の落ちつくしてしまった  葉はそよりともせず  葉ならみんな青い冴えかへつてふるへてゐる  葉をだし  葉たれを刺さうの  葉に並べて  葉掘り国々の事情を問ひつめられては  葉と葉の間に見えがくれする  葉の班も燃える  葉をだいじにしまっておいて  葉をめいめいせはしくゆすってゐる湧く  葉をつき出した  葉がもうこんなに伸びてる  葉はそよぎ  葉がついてゐた  葉に日は光り  葉は暮れやらぬ  葉のない枝に飴の如く滑かな日の光りをうけて  葉の蒸された  葉が光を反し  葉の薄緑が一連に輝いて見え出した  葉もあるでは  葉の傷める  葉がサラサラと鳴って  葉が飾られて  葉はただ濡れてるだけで  葉を綴りて寝ぬる如く  葉が大凡落ちて  葉を吹つ裂いてもたう  葉が延び過ぎるといふ  葉をい  葉がきら  葉などが散っていた  葉などが穢ならしく散っていた  葉をうなだれてゐたが  葉が飛ぶ  葉をどつさり  葉を踏むと  葉の汁はアセモの薬だというので  葉をまき散らした  葉を散らした  葉を茂らし  葉を出すだろう  葉が少くて花が多く群ってる  葉に包んだ  葉が青くなって  葉は上下左右に奇妙な運動をしている  葉の色も褪せて  葉の玉をつるしたり  葉で飾ってありました  葉は青くすかし出され  葉はぐるぐるに縮れ  葉のさきからはまるでひる  葉をさんさんと光らして  葉を簇がらせていた  葉をむしり取って  葉をもんで  葉の香が際立つて  葉をかぶせてやら  葉で飾つてありました  葉ほど細い兩脚は米粒ほどの白足袋を附けてゐた  葉がまったく傷められたというので  葉を買い入れにきている  葉の価が騰がって  葉を摘みました  葉をふるっていた  葉がうごいていた  葉を二本ちぎって  葉の繁みはどこにも見られなかつた  葉にこぼれかけていた  葉が出る  葉が一杯に密集してしまふ  葉の出る  葉と一緒に花をもつ  葉を笠印としておる  葉を笠印に付けて行ったと  葉をうけて  葉を折りて  葉をふたたびかざす  葉をそうする  葉のお寺に担ぎ込んで  葉か何かのように思っていた  葉の茂みはおのおのその膨らみの  葉の波を打っていた  葉も力なげに垂れたり  葉が黄色に變じて枯れてしまふが如き  葉に囲繞かれていた  葉をこぼしていた  葉は人の来る  葉をまばらに散り残してる  葉がもう目立つてゐた  葉のざわめきも眠つたやうに鎮まつた  葉がもう目立っていた  葉のざわめきも眠った  葉や小鳥を黄に染めぬいた  葉の蔭に蛙のように腹這って隠れていた  葉が青く積まれてあった  葉を垂れていた  葉のようにふるえ  葉もない噂になって  葉のない一本の碧梧が大きい枝をひろげていた  葉をかぶっていました  葉と葉のあいだにぶらさがっていました  葉が落ちて  葉の拡がっている  葉は掻きむしってしまう  葉の伸びない  葉は傘を持ってゆけとも云わなかった  葉は庭の池に沈んでいた  葉はどうして死んだ  葉が主人を殺害して  葉が主人を殺した  葉を池のなかへ投げ込んだ  葉がおどろいて逃げ廻る  葉の死骸は念を入れて検められたが  葉のさしていたらしい  葉の身許もしらべさせた  葉とおかしいようなことはある  葉が使に来て  葉が迎えに来たので  葉は一昨年の春から初奉公で近所の水戸屋という煙草屋の女中に住み込んだ  葉はそこに小一年ほど奉公していたが  葉が水戸屋を立ち去った  葉の家ではもう娘の変死を知っていたが  葉はこの頃めったに帰って来ない  葉の家からはまだ誰も引き取りに来ないとの  葉の死骸の左の小指にも小さい膏薬が貼ってあった  葉の死骸をあらためて見たいと思ったが  葉の死骸の左手をとって  葉という女は小娘のときから色っ  葉が浮わついた  葉は暇を取って立ち去るでも  葉のからだに疵あとでも残ってい  葉がどんな謎をかけても  葉の熱度はだんだん高くなって  葉を掃き出してしまえとか  葉という女の名から思いついた  葉を逐い出してしまえば  葉とが訳があると思った  葉をいじめ始めた  葉はもう我慢が出来なくなったと見えて  葉が左の小指の疵はその時に切った  葉だとは知りながら  葉が出て来た  葉は主人を殺す  葉はこれからお前さんの家へ連れて行ってくれと云う  葉は急に眼の色をかえて  葉もつづいて飛び降りてくる  葉はよろけながら  葉の手から剃刀をうばい取る  葉の血染めの手紙をみて判りました  葉はもう自滅している  葉の色をじっと眺めながら  葉などで三角形に包み  葉に包まぬ  葉をふるい尽くして  葉を繁らせて  葉の時どき落ちる  葉をひろげた  葉を択んで食ったが  葉と兎の毛を敷いて  葉の色艶からして見るからに  葉に新葉をとりまぜ  葉を手に持ち  葉を着けてゐて  葉が客間からも食堂からも見られた  葉のためにも煩はされずに  葉をみんな喰って  葉はすっかりむしりとられて  葉をつけてしめせ  葉を喰ってしまった  葉をくっちまうまで知らんどった  葉をたべてしまった  葉に茜さす  葉もなくなって  葉は葉の営みをし  葉を吊して置くが  葉は天狗の羽団扇に似ているからであると云う  葉を折って  葉がもう枯れかかって  葉を折って来て  葉を吊り換えようとする  葉を見せると  葉のおもてに  葉に妨げられて  葉に切られて  葉にお袖死ぬと書いた  葉の廣い  葉を枕にごろりと横に臥っていた  葉のない猫柳の下に井戸があって  葉を被らんばかり  葉が一面に波を打って  葉に懲りて  葉の極上の部分を選んで  葉しげき下蔭に青き椿の実をとりぬ  葉は品川の勤めあがりで  葉の家の前に出た  葉という女が時々に店へ参りまして  葉もちょいと垢抜けのした  葉のような女がたびたび押しかけて参りまして  葉の家へ行って聞きただした  葉もなかなか食えない  葉に当たってみた  葉の家はあと廻しにして  葉に掛け合いを付ける  葉も係り合いがある  葉もなにかの係り合いがあり  葉はその一件を知っていて  葉は口留め料をゆすっている  葉と一緒に増村へ行ったという  葉も男の一人ぐらいは拵えているかも知れねえ  葉のところへも廻って来て  葉と懇意になった  葉から堅く念を押されているので  葉はよろこんで迎えた  葉は近所のおきつという  葉に話して  葉は一向知らないと  葉は本人を引き取る  葉という女に連れられて  葉はおどろいて  葉の家をぬけ出して尋ねて来まして  葉の家へ出這入りしているので  葉の亭主の松五郎には銀六という子分がある  葉は増村へ嚇かしに行く  葉は三百両くれろと  葉がなぜ増村ばかりを責めていた  葉は容易に承知しない  葉の口からその秘密を洩らされたら  葉と銀六を殺してしまう  葉の方は三十両で形を付け  葉も死にました  葉の冠をしている  葉もなくまた人の影もありませんでした  葉でいろいろな笛をこしらえました  葉が萌えだし  葉をのばして  葉をあらいざらいはらい落して  葉もないことに騒ぎ立てる  葉は果たして折れていた  葉を掴んだ  葉の裏に白い糸屑が引っかかっていた  葉が魚の形に巻き上った  葉と常連の顔を見る  葉が集まって  葉が一枚も動かない  葉を二枚剪って来て  葉ばかり丹念に洗っているってね  葉が重なり合って  葉の色が二人の着物の織目に染み込むほどに  葉掘り問われた  葉が揺れる  葉が小さく揺すれる  葉は落ちたが  葉を細かく刻んで  葉を交ぜておきますと  葉と交ぜて  葉を摺鉢で摺って  葉をザット湯煮ておきます  葉で幾重にも包んで  葉を交ぜて  葉のやうなかたちをしてゐた  葉をかき分けなければ歩く  葉の汁を噛みますと  葉のようにかれ  葉を貼つた  葉をしげらせていた  葉ばかり殘して駈  葉が玉を洗つたやうに見えて  葉の形を飾りにしますが  葉から葉へともつれながら  葉のゆれる  葉の房を翳してゐる  葉の簇を開き別けつつ  葉は高く聳えて  葉の無い森の上を動いて  葉を噛みつつ  葉にも露があろうね  葉広柏に霰ふるなり  葉広柏に霰のはじく  葉をとり  葉を指先にくツつけて  葉の上にも這っている  葉をとりかさし  葉を見て見給え  葉が落ちてから  葉を用いたので  葉を食料にする  葉が出て  葉を揚げ  葉が見られて  葉の形が耳に似ているからの  葉に白赤の光があって  葉を掛けて置くと活きかえるなどともいっていた  葉をよく揉んで  葉の色花の形が麹に似ていたからで  葉の表面が真綿のようなもので覆われているという  葉が夕方になると  葉と似ていた  葉を交え揉んで  葉をさして  葉をオシロイグサというを見れば  葉の形が鎌に似ているからの  葉に触れると  葉とを合せて  葉に紅白のトビシャゴの花を貫いた  葉が折れちぎれている  葉を截らうと思ひ  葉はばさばさと足に落ち  葉がゆれた  葉を截つた  葉で尻を切り  葉が少しも使ってない  葉を揺がす  葉のかげから弱々しい啜り  葉の涸落ちた  葉を頭から浴びて  葉に落花を掃ったと思うが  葉に渡る  葉の河やなぎほつれてなげくやはらかに  葉のくらみに  葉のあはひにうつる  葉のうち戦ぎ  葉は數日來の霜に凍て  葉の黄ばんだ  葉が一面に紅葉している  葉は数日来の霜に凍てて  葉の煙って見える  葉とがからみあって  葉に見入った  葉の暗い茂みを瞶めていた  葉の下に隠れ  葉を一枚食うた  葉の湿り気がその靴のなかまで滲み込んで来  葉などからして  葉に溜っていた  葉もないことなんじゃないかと疑ったりしながら  葉ばかりになってしまっている  葉の下になっている  葉を染めている  葉で拭いながら  葉掘りして  葉が一枚二枚だけひら  葉が一枚だけひらひらと動く  葉で拭うと  葉が散らないで腐って行く  葉の一枚も附いていない  葉が青く繁っていて  葉を持って帰るとか  葉が細い影を鉢の水に落していた  葉を落としはじめる  葉の繊維をはっきり見せていた  葉之助は大熱に浮かされながら  葉之助がムックリ床の上へ起き上がった  葉之助と名を改めた  葉之助の噂をする  葉之助はテレて謝った  葉之助殿ではござらぬか  葉之助殿をご案内せい  葉之助はノッソリと道場の内へはいって行く  葉之助の姿がノッソリと道場の中へ現われると  葉之助は初々しく恭しく石渡三蔵へ一礼し  葉之助は気にも掛けず  葉之助が現われると  葉之助は言下に云った  葉之助贔屓の連中はさもこそとばかり溜飲を下げた  葉之助の態度を面憎いものに思い出した  葉之助は笑い出した  葉之助はわずか一尺二寸ばかりの短い竹刀を手に握ると  葉之助贔屓の連中はこれに反して  葉之助は中段に付けて  葉之助は考えた  葉之助の強さ加減は人々の度胆を抜くに足りる  葉之助も竹刀を下ろす  葉之助が巧いと云っても  葉之助は呟いた  葉之助もさすがに顔色を変えた  葉之助が小天狗でもこれには圧倒されざるを得ない  葉之助は動かない  葉之助は一歩下がる  葉之助は一歩進んだ  葉之助は汗を拭く  葉之助は気色ばんだ  葉之助は思わずその眼を見張った  葉之助を見守った  葉之助はご前勤めをする  葉之助が気に入った  葉之助は往々にして  葉之助の事を間もなく昼行灯と綽名した  葉之助へ声を掛けた  葉之助殿おやりなさるかな  葉之助はすかさず二の矢を飛ばせたが  葉之助は射場を離れ  葉之助の方へ眼をやると  葉之助も後を追う  葉之助の入門を拒絶った  葉之助は心の中でこういう大望を抱く  葉之助はこの点ばかりを考えた  葉之助は十八歳となり  葉之助か  葉之助も不安そうに訊き返さざるを得なかった  葉之助はご前を退出した  葉之助は座を構え  葉之助を見据え  葉之助を睨んだ  葉之助は眼をやったが  葉之助の膝の辺からさも鮮かに聞こえて来る  葉之助の腕にはこういう歯形が付いていたからで  葉之助は自分の視覚を疑った  葉之助は茫然と坐った  葉之助は迷惑そうな顔をした  葉之助は卒然と訊いた  葉之助を導いて  葉之助は心中感に耐えながら  葉之助は熱心にそれを読み出した  葉之助はじっと考え込んだが  葉之助は笑った  葉之助は思わず足を止めた  葉之助はしばらく聞いていたが  葉之助は何がなしにゾッとした  葉之助は木蔭を立ち  葉之助の足を払おうとする  葉之助はまたもゾッとした  葉之助は怪しんで近寄って行った  葉之助は優しくまた訊いた  葉之助はそれへ掛かった  葉之助にとっては云い  葉之助にはそれに反抗する  葉之助はポンとばかりに膝を叩いた  葉之助は窃り城を抜け出した  葉之助は声に出して呟いた  葉之助はその道から山の上へ行く  葉之助にとっては苦にならなかった  葉之助にはそんな消息は解っていない  葉之助は元気付き声のする  葉之助には何が何んであるか解ってはいない  葉之助は手を合わせて  葉之助が思わずその眼を見張った  葉之助はしばらく無言で佇んでいたが  葉之助は笑い出したが  葉之助を見たが  葉之助は気色ばむ  葉之助は不安そうに訊いた  葉之助は宿を出た  葉之助は怪しんだ  葉之助はゾッとせざるを得なかった  葉之助は足擦りした  葉之助の手はツト延びた  葉之助の意志に関係なく自ずとグルグル廻り出した  葉之助は驚いたが  葉之助は返辞さえしない  葉之助様がお帰りなされた  葉籠りをした  葉之助も溜息をした  葉之助に捉えられた  葉之助を家へ招く  葉之助を部屋へ呼んだ  葉之助も驚いた  葉之助は手を支え  葉之助の身を破滅の淵へぶち込んだ  葉之助はゾッと悪寒を感じた  葉之助はハッと仰天したが  葉之助が殺人の味を知った  葉之助は唸った  葉之助は思案せざるを得なかった  葉之助は悪寒を感じ  葉之助は呟いたものの  葉之助を召した  葉之助へその捕り  葉之助の手にも合わないらしい  葉之助は踵を返し  葉之助はもんどりうって倒れたが  葉之助へ一封の遺書を残し  葉之助に下された  葉之助は訝しそうに訊いた  葉之助は不安そうに訊ねた  葉之助が予言した  葉之助はこう思った  葉之助の姿が見えなくなってから  葉之助の手がしっかりとお露の肩を抱いていた  葉之助の顔がお露の顔へ落ちて行った  葉之助は小柄を引き抜いたが  葉之助もいた  葉之助が遠退いてからの  葉之助が殿に従って江戸へ行ってしまってからは  葉之助殿のお在でになる  葉之助は市中を歩き廻り  葉之助は素早く木蔭に隠れ  葉之助は合点の行かない  葉之助から送って来た  葉之助は邸へ帰って来た  葉之助は喜んで  葉之助は眼を見張った  葉之助は意気込んで引受けた  葉之助の姿を見て取ると  葉之助へ縋り付いた  葉之助を撫で廻した  葉之助は女を慰めた  葉之助は女を掻いやった  葉之助は先に立ち  葉之助は云われる  葉之助の心をさらった  葉之助は幾度も深呼吸をしたが  葉之助も感心して  葉之助は立ち止まった  葉之助は一瞬間躊躇したが  葉之助は部屋の中を見廻した  葉之助も傲然と云った  葉之助と聞いて  葉之助は茶碗を取り上げたが  葉之助は苦笑したが  葉之助は辞退した  葉之助は次第次第に引き入れられる  葉之助は切歯した  葉之助は正気附いた  葉之助は返辞をした  葉之助はそれを聞くと  葉之助はジリジリした  葉之助はだんだん苦しくなった  葉之助葉之助と云っているが  葉之助の姿は見えなかった  葉之助は待っていた  葉之助は環を掴み  葉之助は不安になった  葉之助は驚くよりも  葉之助へ近付いて来た  葉之助は茫然と立っていた  葉之助の前へ二人の教主は立ち止まった  葉之助は絶体絶命となった  葉之助の眼とはぶつかった  葉之助を取り囲んだ  葉之助の心は動揺した  葉之助は刀を抜いた  葉之助は動かなかった  葉之助の精気も無論疲労れた  葉之助へ浴びせかけた  葉之助は寝ながら  葉之助の策略は成功した  葉之助は走り寄り  葉之助も交じっていた  葉之助は廊下を真っ直ぐに走った  葉之助は用心した  葉之助の方へ背中を向け  葉之助は忍び寄った  葉之助は途方に暮れた  葉之助の思惑は他の方面で破られた  葉之助は不思議に思った  葉之助もゾッとした  葉之助はゾッとした  葉之助の周囲を廻り出した  葉之助は脇差しを投げ出した  葉之助の前へゴロリと寝た  葉之助の足を嘗めた  葉之助の手をベロベロ嘗めた  葉之助の周囲へ集まって来た  葉之助を見た  葉之助自身は知らない  葉之助は猪の檻を開いた  葉之助はその檻を引きあけた  葉之助は自分を信ずる  葉之助の周囲を囲みながら  葉之助は用捨しなかった  葉之助も踊り込んだ  葉之助は探し廻った  葉之助は追い詰めた  葉之助は右剣を斜めに振った  葉之助は左剣で払った  葉之助は後を追った  葉之助を凝視した  葉之助は床下へ落ち込んだ  葉之助はしがみついていた  葉之助の痛みは瞬間に止んだ  葉之助も右へ曲がった  葉之助は手で止めた  葉之助は両刀で受けた  葉之助は声を掛けた  葉之助は部屋を見廻した  葉之助はそこから出た  葉之助は入り込んだ  葉之助は駈け上がった  葉之助は上がって行った  葉之助は勇を鼓し  葉之助は上る  葉之助は上へ上らなければならなかった  葉之助の後を追い  葉之助の顔を見上げたりした  葉之助は狼狽した  葉之助は呻く  葉之助はまた呻いた  葉之助の横顔を斜めに掠め  葉之助はハッとした  葉之助の横顔を掠め  葉之助は頷いた  葉之助一人となった  葉之助は決心した  葉之助は両刀を縦横に揮い  葉之助は声をかけた  葉之助は直走った  葉之助が走った  葉之助は背後を振り返って見た  葉之助も心が急いていた  葉之助は根岸へ来た  葉之助は思い中った  葉之助と擦れ違った  葉之助殿はどうしたろう  葉之助殿には至急会いたい  葉之助殿の屋敷を訪ねてみよう  葉之助の屋敷の玄関へ立った  葉之助殿お帰りになったら  葉之助は草の上に眠りこけていた  葉之助の方へ近寄って来た  葉之助の側まで来た  葉之助の顔へ掛けた  葉之助を抱き上げた  葉之助の頭を抱え  葉之助の足を持った  葉之助を抱えた  葉之助の屋敷へ急がせた  葉之助殿が行った  葉之助の消息を訊ねる  葉之助は立ち上がった  葉之助は直覚した  葉之助は素早く身を隠した  葉之助は声を上げた  葉之助は頸首を捉え  葉之助は後へ退いた  葉之助は四辺を見廻した  葉之助は腕を捲くった  葉之助は塀へ手を掛けた  葉之助とが話していた  葉之助は腕を組んだ  葉之助の身には繰り返された  葉之助は拝殿へ腰をかけ  葉之助は立って  葉之助と並んで  葉之助は眼を瞠った  葉之助に殺された  葉之助は反問した  葉之助は云った  葉之助と協力し  葉は熟して  葉掘り鎌を掛けて問い詰めて行く  葉なぞと他の使い道のないものを段々とためておいて  葉を取らなかった  葉の大なる  葉がくれに見えずなりぬ  葉は水仙に似て  葉もしをれ  葉を撫して  葉を覚え  葉がすっかり散り尽くして  葉が秋の葉らしく色づいて落ちる  葉を掻き分け  葉の青黄いろくなっている  葉で香を放つ  葉の上にころがる  葉を渡りながら  葉を時々震わすばかりだった  葉が遠慮なく四方へのして  葉は緑が深すぎて  葉さえちらちら着ける  葉は枯れて  葉とまじり  葉の大きな一本の樹を装飾的にあしらった  葉が童子をあやしながら  葉の黄ばみだした  葉の一枚一枚を皆貴重品にする  葉が触れた  葉を閉じて  葉の間から透けて見える  葉を頭に載せて坐っている  葉を捩  葉を被っているけに  葉に目口のある  葉の落ちます  葉と葉が入交って見え透くばかりに  葉の中へ伝わって  葉を顔に当てた  葉が宙を歩行く  葉に添う  葉尖を渡る  葉に露の玉と散った  葉に染めても  葉をいっぱい着け  葉がチラチラ光ってゆすれ  葉を繁らせていた  葉を尖がらせた  葉だけを瓶洗いのブラシみたいに飾った  葉の刺繍をした  葉と葉が重なりあうほどに混んでいて  葉でかこいをされた  葉が微かに揺れている  葉を洗い  葉の捲き  葉のような感じのする  葉をやっと出しているだけ  葉を一枚とって  葉が網に組み合せた  葉とともに蹌踉する  葉に縋った  葉の中に暗くなって  葉が一枚ひらひらと舞い落ちた  葉を持ってかえり  葉を持って来て  葉の上に止まったり  葉が紅葉している  葉の二枚だけ紅葉している  葉が輪生し  葉を低い梢に集めながら  葉を纏うていたとある  葉の秘密を漏した  葉とともに合せ煎じて飲む  葉を纏ふ  葉すら乱れてはいなかった  葉の流れ下るを見て  葉の空を鎖して  葉ながら撮んだ  葉も延びきった  葉にかこまれて  葉もちってしまい  葉をだしているのに  葉は黄色くなり  葉はだんだんちっていきました  葉に音を立てて降  葉をかぶつて  葉がこぼれてゐる  葉を軽くつめ  葉や笹の葉を呑みこんで  葉がもう地面をおおい  葉を煎じてい  葉も細かく隙間の無い林と林の間の防火線を行く  葉のやうに風に吹かれて  葉の上にもとまりました  葉で拭いたり  葉のかげから飛び出して  葉のかげに戻って  葉ごしの月い  葉を残して  葉かなんかを押した  葉が洗われて  葉のような高低をもって  葉は多く倒れて  葉の下で鼠のようにチロチロ遊んでいる  葉が無心に風に吹かれて飛んでゆく  葉なぞを何の意味でよこした  葉のように細かくおののいていた  葉の中にわずかに釦をあらわしていた  葉が暗い蔭をところどころに手をひろげ  葉を振ひつくしてゐるが  葉の茂みの間で小さな菱形の窓硝子が月影に煌めいた  葉がプカプカと浮いてるじゃねえか  葉なるその女中をそばへ引きつけて  葉のやつはまた因果と水のでばなの年ごろでござんしたので  葉を跡に直してと思った  葉も当分暗いところで日を送らずばなるまいから  葉から水烟のように霜だの雪だのを蹴散らして行った  葉が光を照り返して  葉の裏と表を丹念に一枚一枚洗いだしたので  葉の雨滴が顔さかかって  葉掘りお取調べをうけて  葉を刻み  葉をもつ  葉にこびりつくので  葉が見えてゐた  葉の付いた  葉が光ってかすんでいました  葉もない悪口を訴えがましくいうやつがあるかよ  葉の裏に水銀のような月の光が残って居る  葉が開いていた  葉の落ちつくしてる  葉をむしり取っては  葉から来る  葉を一枚さしていた  葉は落ちつくして震えていた  葉を動かしてゐる  葉を挿し  葉をきれいにまきつけた  葉を搾り  葉掘り色々の事を聞きはせ  葉を落してしまつて  葉を少し残した  葉に遮られた  葉といふ葉が落ちつくして  葉の鈍く揺れる澱んだ  葉を揺る  葉の色などには最も窮したが  葉が震えてる  葉など概して細々密接してついて居ると  葉を伸ばしていた  葉の一枚となっていた  葉の隙から見える  葉を取り出す  葉はもう黄色くなって  葉を拾い集めてる  葉を一枚ずつ取り出して  葉を鴨に見立てて  葉が降りかかる  葉が散りかかって  葉を並べ続けた  葉を並べる  葉をこぼし始め  葉を耳に立てると  葉にもたせて  葉も散るが  葉を擦った  葉を取ったって  葉のような形になった  葉のない楊に囲まれた  葉を細く縒合せた  葉を打つた  葉を拡げた  葉の裏からは鮮かな緑が黄金色に溶けて  葉を着けて  葉を摘み採られて  葉が一斉に靡いて  葉を四方に拡げて  葉の模様を背負っている  葉の陰に隣のばあさんと話してゐた  葉掘り問いただした  葉のみどりにつつまれた  葉は散つてゐる  葉は半ば枯れ落ちて  葉が出かかっていた  葉つぱの帽子を脱ぎすてて  葉を摘み入れる  葉が累り合って生えている  葉のまわりの針の尖に  葉ごしにもれて来る  葉が青々と茂って  葉摺れの音が時どきにかさかさと聞えた  葉を吹き分ける  葉をやる  葉を運ぶ  葉にさわる  葉に小さな青虫がつく  葉の裏に皺をよせ  葉の虫を使って  葉を円く照らし  葉に留まれ  葉は赤く土によごれて居る  葉に指を触れた  葉もすべて針のやうな鋭さを持ってゐる  葉が縺れ合って  葉とでつくられた  葉や花に分つ  葉は消えてゆく  葉に迎えようとしたと  葉をあしらって  葉が絡った  葉が獅子の頭毛のように見えて  葉がふっ  葉は緑と返事しただろう  葉もまだ落ちない  葉の上へ乘せて置きます  葉を看護婦と二人で切って  葉を一枚一枚撫でて  葉が風もないのに動いている  葉が尽きはいたしません  葉のうえにすわって  葉を食べていれば  葉を靡かすと  葉の色も少しずつ違う  葉で通る  葉もて覆ひ  葉に残つてゐる  葉に遮  葉に残っている  葉の裂けた  葉を動かさない  葉は花時に採って  葉のもつれを  葉がつまっておらず  葉でもこいて  葉をざわざわと鳴らすばかり  葉に隠れた  葉をつけてる  葉や桜の葉を見つめて居た  葉を利かせてある  葉はまだ出していない  葉は夏になると  葉を出したかと思った  葉を開いている  葉も摘めよう  葉もいやしい葉ではありませんのね  葉をつけていた  葉を巻いた  葉のいきれが満ちて  葉の間から覗くと  葉の緑は黒ずみ  葉から搖ぎ落ちた  葉の茂つた糸杉が並木を作つてゐて  葉の上には鶺鴒が一羽尾を振っていた  葉の運動を見ていた  葉を洗ってやる  葉うらをかえしてそよぐ  葉を故意にあさはかな了簡で除いて写した  葉ばかりを強調した  葉のつぎに三角の葉が出て  葉にも露おかせ  葉は花が散  葉の先に咲く  葉が出はじめた  葉が竪になれば  葉もないことは神も照覧あれと申しましょう  葉が少しも動かない  葉いちまいの  葉を茂らせてかかってい  葉がこれも月の光に燻銀のように薄光っていた  葉などが風に誘われて散る  葉を眺めながら  葉に照る  葉の形をした  葉も日々に色のあせて行く  葉をこれほどまでに飾った  葉も少し縮れ上がって  葉がだんだんに黄緑色に変わって来る  葉は次第につやが無くなり  葉が一つ二つ落ち始めた  葉もほんのちょっと指先でさわるだけで  葉がきわめてわずかな圧力にも堪えず  葉が四方に広がり  葉だけが鳥毛のようになって残っていた  葉もうだった  葉だけはまだ一部分濃い緑を保って立っている  葉が硬いやうに見えて  葉が軟かく見える  葉を沢山に彫つてある  葉の円く束にした  葉を刻んだ  葉を取り捨てるぐらいで  葉のにおいをかぎながら  葉が雪にぬれて  葉に飯を盛ると言った  葉に包んで  葉の長くたれ下がった  葉のにおいが風に送られて来て  葉を垂らしていた  葉が哀れに鳴っていた  葉の中に混じってしまった  葉過ぐる風の音もうき身一つに沁む  葉にて私のをさなき  葉も白い葉裏をひるがえしておりましょう  葉のうちとけて  葉が萎れて来たので  葉の深い陰を落としている  葉の枯れ落ちる  葉を踏みながら  葉を広ぐる毒草の気概を欠き居り  葉がしだいに色づいてきました  葉洩れの光線を受けた  葉も靄があって  葉も色づく  葉に玉ゐる  葉をすいすいすいすい描き出した  葉のない枝は防風林でも皆なくなった  葉も争って立てる  葉は既にいくらか黄ばんで居るので  葉ばかりの菖蒲がざっと鳴ると  葉を駕籠のうちに立て  葉が午の微風にそよいでいた  葉の上にあった  葉を枯らさずんば甘んずる  葉を開いて  葉を食べて  葉の露も次第に多く光っていく  葉を見苦しくない程度に払わせ  葉をそよがせていたばかりでなく  葉掘り尋ねる  葉の音に劣った  葉を落とした  葉にさらさらと舞い落ちる  葉が壺にささった  葉に包まれた  葉を鰓にはさんだ  葉もない夢みたいな告白をした  葉に蔽われている  葉が突風にもぎとられて  葉を撒き散らして  葉に露吹き結ぶ  葉のさきさえも戦がなかった  葉が動くという  葉が多くなって居る  葉がちぎれて  葉の表面が白くなって居る  葉に通う  葉がチラチラ光る  葉もない幻想の翫弄物になつて腐り果てる  葉を動かすばかり  葉の汚らしく枯れた  葉がざわざわいって動いている  葉は歓ばし  葉の茂つた木に蔽はれて  葉の色もわるくなったので  葉の画いてある  葉は厚く光っており  葉の定紋の附いた  葉などの形の乾いた  葉の上に題したる  葉をかざして  葉の緑の吹流し見た  葉に病気がついて  葉の病の場合はあるいは毛虫などとの類似から来る  葉の粒を糸切歯でかむ  葉をすっかり落して  葉の落ちて  葉がパサパサ続くばかり  葉から露がしたたった  葉にかわる  葉が浮いていた  葉で掩はれてゐて  葉のきざんだ  葉掘り尋ねますと  葉と訳した  葉を生ずる  葉だのが着いていた  葉を茂らせ  葉がはらはらと散るほどの  葉に盛った  葉の枯れて落ちた  葉が痛く顔に当った  葉とが疎らに生えて  葉の茂る  葉摺れが空中に消えると  葉摺れにうつつなく私が思ひは  葉摺れに消え入る思ひして  葉摺れは空中にそよぐ  葉摺れのひそめきは  葉摺れの憂愁や其の空中に消えて行く  葉を落しつくして  葉摺れの中にただひとりめざめて  葉に混る藤の花房が風にゆらいで  葉の茂みの軟かさにもある  葉が剥げ  葉で包んだ  葉が重なり合って茂っている  葉の鉢を隠したか  葉を重ねてゐた  葉と形はよく似ているが  葉を見る  葉を群がらしている  葉の落ち  葉が落ち始めた  葉の流れがほとんど垂直に近く落下して  葉をふり落とした  葉という物質が枝という物質から脱落する  葉の流れ来りしによりて  葉と思い近付かしめて  葉で一ぴきの赤えいが伏せてある  葉を震わせている  葉を一枚ずつむしりとる  葉は濡れ光っている  葉をあて  葉の吹っ切れた  葉を落していく  葉を払い落した  葉が木に縋りついて居るべき  葉もないのもあるにはあったが  葉が散つた  葉を嗜み  葉でおおわれて  葉うらを翻す  葉の色は銀色に光って  葉の色も暗く黒ずんで  葉をさしのべ  葉ぼりききた  葉は藁屋根のようにこんもりしていた  葉のざあざあ鳴る  葉吹き落とされて  葉から出来ていました  葉はみんな遠くの青いそらに飛んで行きたそうでした  葉の上に次々せわしくあらわれては  葉を席の下に鋪いて  葉は実するも  葉は虚しかるべしと言うて  葉に付いて  葉など交ぜ加えて  葉をひろげたら  葉を夕風にそよがせて  葉が川風にそよいでゐる  葉が落ちよと  葉が落ちて濡れてふやけた  葉なぞを揺さぶ  葉のキラキラとした  葉は無数の影を滲ませながら  葉に大きな光線を向けて  葉が虚空へ群がってとびちる  葉を透してくる  葉に砕かれたり  葉をふるわして  葉を凧にした  葉を並べておいて  葉を有合わせの蒲団にして  葉が乾燥して  葉をかぶせた  葉もないこと怖がって  葉のところどころに黄色な花が小さく開く  葉が絶えずざわついて  葉は凄い程青く見えて居る  葉にとまった  葉をゆすって来た  葉を打って来た  葉でかざりました  葉は露霜も落す  葉にこがね雲ただに二人をこめて捲け  葉に染めて泣くにしのぶに  葉の眞ん中に浮彫のやうな龍の形が現はれ  葉がますます萎れてきた  葉が枯れると申しまする  葉と鑛毒の這入らない  葉は申上げるまでも  葉の面が白くなっていました  葉のついている  葉を吹きちぎり  葉の窓に入りあさ  葉を吹ける  葉に青一筆の痕もなく千枝にわかる  葉をかへしては  葉にすれてゆく  葉のごとく蹄の音をたとふれば  葉の影深く岸の若草香にいでて  葉から葉へと飛び移りますが  葉の上で出  葉とくるごとく  葉や枝がひろがって  葉をながめながら  葉の蔭から雲のようにたなびき出でている  葉をふるい落すと  葉をどんどんおとして  葉を苅りとられ  葉の上を照した  葉も思うさま伸びて拡がって  葉を高く大きく拡げた  葉をちらちらひるがえし  葉をとりて  葉を師に参らせよと  葉が今年ももう黄色く蝕んで来た  葉で包まれた  葉が薄紅色に河原へ萌え  葉は水に湿いて  葉を一つ摘みて  葉が見違えるばかりに  葉を印に描いている  葉となって伸びて行く  葉も新らしいものは黄の勝った  葉を照して  葉と葉とが重なり合ったり抱き合ったりした  葉を縮め  葉はうつくしく光りました  葉を五六枚のせて  葉も暗く見え風もカサカサ云って  葉はパチパチ鳴り  葉もきらきら光った  葉のうちに隠れて  葉に被われています  葉が泥塗みれになって  葉が座敷一杯に散らかって  葉にも幹にも灰がべったりとこびりついて  葉をむくむくと擡げる  葉で丸く塊まった  葉にもこすられていて  葉のトンネルを潜って  葉が頭の上でけぶる  葉に衣擦れのような音をさせて  葉はそよとも動かない  葉と馬鈴薯とをあしらえ  葉が淋しそうについている  葉が皆椋鳥になってしまいました  葉を敷いて  葉に水をあげていた  葉もうごきはじめるも  葉へついた  葉の間に実にはならないながら  葉は乾いた  葉が絡んでいた  葉がぼっと燃え上った  葉がのび  葉にさまざまの美名を与えるであろう  葉の笥たるを主張するよりも  葉の椎の葉たるを一笑し  葉の晴れてきさうな  葉からてふてふうまれて出た  葉をひろげる  葉を燻して  葉を戦がせながら  葉にさまざまの美名を与へるであらう  葉を日に光らせて  葉をたらした  葉を帽子代りに頭に載せた  葉を採って  葉の落ち切つた  葉の落ちきった  葉を廣げて立つて居る  葉が五六枚上の枝から下の枝へひら  葉は音をたてて騒ぎました  葉の所々を赤茶色に染めて居る  葉は叩いたら  葉のふちは極く  葉が生れかわると云う  葉の青い光を見て  葉を撫でたりして居た  葉は傘でもひろげた  葉が微風に震う  葉や枯れのこる  葉を束ねて売る  葉をうごかしてゐる  葉つぱを頭にのつけて  葉を凉しい  葉もほごしてからでないと  葉を散つて  葉には雨の露がまだ一杯たまっていた  葉が黄色くなっていた  葉を出して  葉が繁つてい  葉がみな赤く枯れてしまふ  葉を洗ひ  葉が転げ落ちたくらいで  葉に味噌をくるんで  葉を振って  葉をつけている  葉の事だから落ちても  葉の一陣の風なきに散る  葉で敷きつめられている  葉を摘んでゐる  葉が動く  葉の蔭の精力を浪費する  葉の伸び清らけし籠りゐて見ればこもりゐの  葉ごもりぞ  葉めでて蜀黍は植うその廣葉夏の朝明によきものと三畝がほどは芋も植ゑたりもろこしの長き垂葉にいづくより  葉ずゑに露の宿つた曉に聞くがもつ  葉も殆んどもう黒みを含んで  葉を喰めば馬も醉ふとふ  葉の茂みから清水でも滲み出る  葉がくれに咲き  葉の色をも包んで  葉を長々と垂れて立ち  葉のまんなかどころにちよこなんと一疋の青蛙が坐つてゐる  葉にはこのお客樣が來てゐる  葉は花よりも先に萌え出でて  葉はいちはやく萌え出でて咲か  葉も光りしめらひわれのうへに笑み傾ける  葉の深い松の木を探して  葉が濡れて  葉の茂つた木になり  葉がくれに見えてゐます  葉を日光に晒して立つてゐる  葉の漬物を噛むと  葉となる  葉の芽が斯のやうに枝ぢゆうに萌え出て  葉が染まる  葉が冬枯れて風に鳴る  葉に後を遮られた  葉の扇を御手にした  葉が二枚こぼれて来た  葉を見せ  葉を何枚も拾って来てやった  葉の虫食いを続けて読めば  葉は霜が降った  葉をすべって来る  葉の下に一人の老僧が立っていた  葉が白く散っていた  葉が乙女の上に又はらはらと降りかかって来た  葉よりも細く優しくみえた  葉が時どきにはらはらと落ちていた  葉にその細い肩のあたりを弄らせながら立っていると  葉は川風にさっとなびいて  葉をゆする  葉も一いちかぞえられる  葉が蝕ばんだように枯れて乾いて  葉がそよいでゐる  葉を向けたいほどに  葉の音をたて  葉つぱのやうな詩集を出す  葉のうへに光りて消えゆけり  葉うらにささくれて  葉の乳のごと清らにあまきおもひなりけるあめつちを  葉を持ち  葉の溜ん  葉の出た  葉を御覧なさいまし  葉をキリキリと白歯で噛んだ  葉で飾られた  葉掘りそれを訊かれ  葉の色さへ去年の黄ばみたるには似ず  葉をあらわした  葉がふいている  葉が風にそよぐ  葉を梳きながら  葉だけをのこして  葉がむき出された  葉ごしの光線でその座敷にしかれた  葉や手入れのされていない  葉から葉へつたわる  葉の色が青く映っている  葉が茶色になっている  葉の黄色い秋のポプラの樹の下で待ち合わし  葉がじゃれついて  葉になって  葉のあいだをちらちら動いていた  葉をおとし  葉を半ば落した  葉のふきだまりが土蔵の横に出来ている  葉があつたやうに覚えてゐる  葉を濃く垂れて  葉の姿を見ると  葉を見ると  葉と人とがつながり合って  葉を彫った  葉が気持よく囁く  葉の密生した  葉にも毛虫つく  葉のあたりを暖かく照らしている  葉が見えますし  葉も動かず  葉の黄ばみたる  葉がそれらの視  葉がゆれる  葉と一緒になって  葉もないことを言いだして笑われる  葉の混んだ  葉をながめてゐた  葉掘り結城ひろ子のことを訊ね  葉に明るく射していた  葉の真実を描く  葉の在り  葉は飛沫の中に飜弄されてゐる  葉の描き  葉がそれぞれの宿命を語つてゐる  葉が一枚画面の空間に描かれてあれば  葉を一枚多く画いたか  葉との関係がはつきりしてゐない  葉に何の変化のある  葉の飜転がよく出てゐない  葉もない虚構吐き  葉をさやさやとかき分けて出て来た  葉が山風にざわざわとそよいで  葉の時々落ちる  葉がざわざわと鳴った  葉よりももろくなっていた  葉のようにそっと落ちている  葉に雨は終日降頻って  葉も脆くも落ちた  葉の間から見て  葉は夜露にぬれてた  葉の雫の落溜った  葉の中を透して  葉のまっ青な群の下に籐椅子を据えて  葉が大変に茂っていたので  葉の中を透かして  葉に浮いて  葉の露は輝いた  葉は楕円形でふちに鈍歯を有し  葉が黒く浮立ち  葉が散ってしまったら  葉が一枚も残らず散りつくして  葉の上に気絶をしていた  葉が黒ずんで  葉はだらりと垂れて  葉も青い空をながめる  葉にさしている  葉もたくさんにしげりました  葉をつけて立ってゐました  葉が密生する  葉などは隠れて見えないくらいであるが  葉の茂りの  葉を出し始めた  葉もうなだれている  葉の切れはしや葉柄を綴り集めた  葉を食っている  葉を引き曲げ  葉はもうだいぶ喰い荒されている  葉摺れが寂しく聞こえてくる  葉を一枚むしって  葉ではね返す  葉ごしに眺められた  葉もある  葉がかさかさ音を立てる  葉も落ちつくしたり  葉は舌を垂らす  葉の大きいのになると  葉も幹も真黒く見えて  葉が落ち散る  葉の影もなき冬野が原を行くは  葉の切つたのか何かを掻きまぜてゐたが  葉が落ちても  葉がくるくると舞つてゐる  葉の美しさは稀れに見る  葉をなでて見たりした  葉を水の上に垂れてゐる  葉にさはる  葉の厚い硬い山茶花に触る  葉がくれに見えなくなった  葉がガサガサ動いているわ  葉が白い葉裏を見せて  葉つぱで三人とも目かくしをしてくれ  葉つぱの目かくし取つて  葉の切れた  葉の隙間を洩れて来る  葉が真昼の日光に堅く輝く  葉の間を進んでいる  葉よりも上へ出ている  葉の上へぬき出た  葉や花を水に押し沈めながら進んで行く  葉が石楠に似とるだろう  葉ながらにさしはさみたり  葉を剪みおれる  葉はらりと落ちて  葉はらはらと墓標をうって翻りつ  葉の散つたといふ  葉で膾を造る  葉をつめ  葉もないことを言って貰いたか  葉ばかりになっていた  葉の冠がつけられる  葉の面に思う  葉がばさばさと半分ばかり落ちてしまった  葉の葭も御竹倉にある  葉が引かかっている  葉を見つけたり  葉がありありと見えた  葉が友摺れして  葉が音もなしにはらはらと散っていた  葉がくれに浮き上がっている  葉に触れて  葉の上で動いたので  葉が茂り  葉でもこいて食って  葉を着けている  葉で飾られる  葉の深く重なり合った  葉の黄色くなった  葉の間なぞを分けて  葉の中には最早美しく黄ばんだ  葉もうらがえりました  葉を垂れ  葉は最早落ちていた  葉は落ち尽して  葉は忽ち縮み上って焼け焦げた  葉が面白いように地へ下る  葉は霜のために焼け  葉は一時に落ちて  葉は寒そうにべたりと垂れ  葉が北風に鳴る  葉も青く水気を失わず  葉に載せて祭る  葉と青々とした  葉を動かしていました  葉の隙間からヂッとのぞいてゐる  葉を洗つてゐる  葉の漬けた  葉の尖つた  葉で面白く包んで  葉を笛のやうに鳴らして聞かせました  葉などはよく摘みました  葉の煮た  葉が揉め  葉をそのままおけば  葉がついていた  葉についている  葉の上に止まりました  葉はきらきらと輝いて  葉を見ないで  葉も枝もよいがその音を取らねばならぬ  葉がなくなり  葉をこぼれている  葉が褐色に枯れ落ちている  葉を弾く  葉の吹雪が雄叫びを挙げて  葉が小さくて全身にとげがあり  葉を食べます  葉を剥がして  葉から用心深くわたくしの姿へ眼を移し上げて来て  葉が一層くろぐろと水面に伏さっている  葉の葉群れの蔭で見えなくなった  葉が当る  葉がくれに見える  葉で屋根をふいた  葉がざわざわとゆれて  葉が早春の微風に揺らいでいた  葉が白く光り  葉を眺めていた  葉は月の光で青白くキラキラ光つて居た  葉を拾つて帰りました  葉がビクトリア女皇の銅像前の花園で金色に光った  葉を音もなしに振るい落している  葉の黒ずんだ  葉で覆う  葉に隠れて  葉が室内の空気に息づいている  葉と葉は茂って  葉の落ち散った  葉掘り尋ね  葉や花びらや木の葉をきらきらと輝かしていました  葉はまだ青々して  葉が芝生の上に散点するのみで  葉で小屋をつつんでくれた  葉が青々と重畳して  葉を吹き  葉の上吹く  葉へ包んだ  葉へ行く  葉でのむ  葉は他に比べて  葉が牡丹の花の様子をしているから  葉が軟くて  葉を着け繁っている  葉の分裂の少ない型の種でこれに二つの品種があり  葉が深い掌状裂をなした  葉の少し出た  葉もまた鮮やかな黄金色を呈して  葉を用いた  葉の綿毛を利用した  葉を料理に用いる  葉が食用に供せられる  葉を伴っている  葉とともに刺がある  葉は薄質で細毛があり  葉は披針形で毛がある  葉に底耳片なく茎には細毛ある  葉を出す  葉が細裂しているので  葉も大きいからモグサに製する  葉の裏の綿毛が役立つ  葉の様子も無論大体は似ているが  葉の広いものはその幅およそ三寸五分もあり  葉の形状に基づいた  葉は強質であたかも銃剣の状をなし  葉は上の男ランとは違い  葉がむらがり刺す  葉の小葉は落ち去っても  葉は割合に大形で深く分裂し  葉は披針形で対生し  葉が一方から吹き来る  葉が風に吹かれると  葉を一方に押しやる  葉がこんな姿勢をとる  葉は揃って  葉は一様に南を指す  葉のアシが出現して  葉に生ずるか  葉に出たるも  葉の如く昼夜たへず動く  葉の蘆多し故に水辺ならざる  葉の蘆が出来るという  葉の芦の常の芦にはかはりたる  葉の芦と云ふ  葉に描いた  葉を撫でる  葉を喰っている  葉の親子丼をかき込む  葉の挽肉親子を食ふ  葉へ親子を言って  葉があった  葉は互生して  葉を繁らし  葉は茎に互生し  葉と共に白乳液が出る  葉が苦いというよりは  葉は狭くて尖り  葉は細かく分裂し  葉は叢生し  葉に基づいて名づけた  葉は披針形で尖り  葉は一株に叢生し  葉と同じ株から花茎を抽いて  葉は花後に出る  葉とはだいぶ形が違ってくる  葉よりは高く立ち  葉を着ける  葉の変形した  葉がたくさんそれに互生している  葉を互生し  葉が車輪状をなしているので  葉はユリの諸種とは違い  葉は直立せる  葉のないショウブとはだいぶ異なっている  葉のもとが鞘を作っていて  葉は分裂しており  葉は花後に大きくなる  葉が萌出する  葉は大形で葉柄を具え  葉とはだいぶ葉形が異なっている  葉を背景に点々とたくさんに咲いていて  葉と共に茎上に短い花穂をなし  葉はみな一片ずつになっていて  葉は祖先は三出葉とて三枚の小葉から成り  葉にもまた三出葉が見られる  葉を検して見ると  葉のみを望んでも  葉や枝や幹に遮られて  葉摺れの音を立てて  葉が枯れつつ映っていた  葉だけは日本の桑に似ているけれども  葉が茂ってる  葉掘り詳しく聞き返し  葉を見ながら  葉が美くしく光る  葉がカサカサと乾いた  葉は達治さんのためにあちこちからおくられた  葉の触れ合う  葉をくくりつけた  葉のない枝が見えます  葉が風に鳴って  葉はみ山もさやに騒げども  葉は重く垂れ  葉などが落ちている  葉は裂けて  葉を落す  葉をふ  葉はわが肌になじみえず  葉を洗ふ  葉を毟りとった  葉を毟る  葉が窓から覗いていて  葉の菖蒲に紫の花が咲いている  葉をそよがせて立っている  葉が倒れている  葉へのせて  葉を掻ている  葉さえ附けていない  葉に緑濃く彩色られている  葉のような影が二個映ってい  葉まで食べていた  葉からさわやかな飲料が造られる  葉を蒸して  葉は小さな臼で挽いて  葉を碗に入れて  葉はたぶん遣唐使によって輸入せられ  葉に光沢が出て来ると  葉を洗う  葉があれば  葉と枝のあいだから悪口を落とす  葉の下を透かした  葉を傘代りにかざしていた  葉の一つを仰いだ  葉の林へ這入ってゆく  葉にかくれた  葉に雨がいっぱいついている  葉と蔓と花とをいっし  葉がどうも気になって  葉はことごとく枯れ落ちて  葉の衝立なんかを仕切りに立ててあるに過ぎないので  葉が繁っているので  葉をうかべている  葉が夕風にほの  葉みぢんになつてしまふであらう  葉の尖  葉を呑みこんで  葉のようにふるえた  葉が鳴っていた  葉に当るから  葉を手に載せぬ若返るべき  葉の露をみて  葉の露を見て  葉の露をさして  葉が黄金の雪のようにチラチラと降って来て  葉で隠れてしまい  葉を掻き除けて  葉をクルクルと巻き立てて  葉の山を見ると  葉をその中へ掃き込んで  葉に書いてある  葉をふるう  葉の字を読む  葉に書いた  葉に書いてあった  葉もない作り事をして  葉を容れた  葉がまだ腐らずに重なり合っています  葉を掻き除けると  葉の袋を切り破った  葉が一枚散り  葉を一杯に荷った  葉で布き  葉は僅かに色づいて  葉は淡きバアントシーナを塗った  葉が漂うている  葉がそよいでる  葉も青々としていました  葉の茂みを拵えていました  葉を出しかけていました  葉は息苦しく重なり合った  葉の濃青と花の白さとでとらえている  葉がくれに散りとどまれる  葉には薄霜のほの  葉なびく風のまに垣根すずしき夕顔の花などいう  葉もふみ分け  葉を枕のしたに敷いて  葉もところどころ破れてゐた  葉を幾枚も幾枚もむしり  葉を動かそうという  葉もひからびた  葉をたれた  葉の裏表に日を受けて  葉を動かす  葉をすべる  葉ももうよく塩でもんで置きました  葉をうまくとりあはせて  葉の飾りを取りつけ初めた  葉を鳴らしながら  葉のあひだに坐つて  葉につやつやと露がたまれば  葉の鳴るごとく  葉のささやき  葉が少しずつ黄ばんで  葉の繁りに凝っと  葉の繁みを裏から透していて  葉の色は光沢がありました  葉が汚されて  葉がどす黒く破れて  葉が重なり合って覗いている  葉のぐあいで電灯の光が変に見えるから  葉の具合で電燈の光が変に見えるから  葉もないことをおそれている  葉をさらさらとふるって笑った  葉のやうにふるへてゐた  葉を写生風に染め抜いてある  葉の間からのぞいてゐる  葉を摘み採る  葉を生ひ茂らせ  葉の上でコロコロ転んでゐる  葉の上でコロコロ転んでいる  葉を開いていて  葉の表面をとじ合わせて  葉もない噂に過ぎなかった  葉を見つめた  葉が夜の空に美しくのびてた  葉の川柳を見つめてゐたかもしれない  葉が皆金色に踊って居る  葉と原中の草が甘い薫りを立てて  葉の間を蛍が飛んでゐる  葉がかさかさと鳴っている  葉や幹は朽ち  葉のような匂いが立ちのぼっている  葉がひとりでにこぼれる  葉の間に咲いている  葉の一葉で足りる  葉や株のむくつけきに似もやらず  葉を差し込んだり  葉でワラジを編む  葉をむしった  葉をさかさに立てた  葉の一つ一つが輝かしい光を反射し  葉は華奢でこまかに動く  葉その根の尖まで光り出す  葉の水気が集つて一滴の露となり  葉に雪のごとく結晶し  葉や青木の葉が昨日の雨に洗われて  葉をしていて  葉が嵐っぽい風にもまれている  葉のようなのはペラゲアというのでしょうと思います  葉を萌え立たせたという  葉につつまれている  葉を一枚舟の形に折って  葉の隙間から空を仰ぐと  葉に盛つた供物と共に精霊棚を流した  葉をすつかり  葉が頬にうつつてほてる  葉を刻んでは  葉の茂りに刺し込んで  葉を鱗状に積み合せて  葉を降らせました  葉がいっ  葉をきらきらと動かして  葉を風にゆすっていました  葉の色をかえ見えない  葉を風にゆすってゐました  葉の色をかへ見えない  葉の繁みの中へはまりこんで  葉を地面に吸い附けて  葉との間の狭い空間に生息する  葉が枯れると  葉を吸い附ける  葉の一つ一つに日光が輝いて  葉の間の埃りをはらっていたが  葉隠にはそんなことが書いてある  葉隠はまだ少しむずかしいかも知れんが  葉隠にある  葉に電燈の燈が映えていた  葉に風を受けて  葉は枯れ  葉に溜る  葉の色の黒ずんだ  葉をゆすっています  葉を見て居る  葉のうらにチョロンととまる  葉の髄に模様のようにとまってる  葉のその上にのっかって居る  葉が青びろうどのようにフックリと厚く可愛気の有る  葉を見ようと思い  葉にうずもれて  葉はあやしく黄なる花となりぬ  葉の匂ひか  葉に射してゐた  葉に行き  葉が見え別荘の土手が見え土手の上の薔薇の花が見えた  葉がひらひら絶間なく飛び散っている  葉を折つて棲んで居るべつかう  葉の匂ひ  葉から花へ掛ける  葉をたれている  葉のやうに全身をわなわな顫はせてゐた  葉つぱを取りのけに出てゐた  葉をかぶせて歩いてゐる  葉もない噂が立つ  葉を銀色にてらしている  葉が入りみだれ  葉の間からもれる  葉もないよけいな口をきいていると  葉をあんで  葉がかすかな風の渡る  葉の一端でもそよがせる  葉の洩れ  葉の翠なる  葉で手触りのないように仕上げる  葉掘り問い質してみると  葉が毛氈でも敷いた  葉を百枚もかいた  葉にはスペクトラムのあらゆる光彩が躍っている  葉のように揺れているもののある  葉の青々と黄色い花をつけた  葉を泉の上におとします  葉がおのずから舞いおりる  葉をまきこみ  葉の色が目にしみました  葉の棒の様に長いのがついた  葉の落ちつくしたくぬぎ  葉へ灰を掛けて遣つたり  葉の間に椎の實のやうな瓜の形を見せて  葉は猶更にこの番人を眠らせまいとする  葉が風にそよぎ  葉のかなたこなたに  葉がくれに点れて  葉を分ける  葉が桟に縋って  葉の桐のような影で食べました  葉ばかりが挿さっていて  葉が垂れている  葉も見える  葉がその灯の下で数知れない  葉を添えた  葉や花を得ようとしても  葉を散らします  葉摺れの音にもびくっとなるし  葉を煙草代りに喫っている  葉が泥水に腐り  葉をまっ赤にして  葉掘り問い質して  葉か衣か分らぬ  葉にも花にも枝ぶりにも私たち日本人を惹きつける  葉を机上の日田徳利に挿す  葉が火のように点々としていました  葉にも洩れてゐた  葉にざわめく  葉を鳴して  葉摺れして  葉の緑色を珍らしく見ながら  葉のやうに横切れのした  葉を吹きひるがえしている  葉が無常を誘う  葉が青々とした  葉をそよがせて  葉の上に散って居ります  葉をほしいまま緑金色にきらめかせた  葉から葉へしたたる  葉の繁つた櫻の老木の蔭に姿を消した  葉のもみぢなぞガラス越しに見えてゐた  葉の密閉を受け  葉を玉に丸めて  葉の色はややうこんにも  葉のゆめの金糸雀のごとくに散る  葉の陰影から噎せる  葉の縁から銀の憂欝がしたたる  葉の繊維に蛞蝓の銀線を曳き  葉に忍びがへしにふりしきる  葉が知る  葉を食みて  葉のような東京市の全形を眺めても  葉の摺餌をこしらえ  葉の流れていた  葉もないような傾城買の狂言とは違うて  葉もひろがっていて  葉が落ちて居ります  葉の細かさもよくうつります  葉に飾られてある  葉を鳴らすでしょう  葉をふく  葉にはヴィタミンがあります  葉が黒く見えていました  葉にも震えている  葉にかくれながらのぼってでも来る  葉をなでる  葉の上を流れて行く  葉を抜いた  葉と共に咲き乱れてゐた  葉が中世紀特有のしつこく武骨な絡み  葉を黄色い茱萸の花の上へ落している  葉がひらりひらりと散  葉を出し  葉の上にのみちらばれり  葉にむかひて  葉の間にうけ  葉もなき一本の木のまはりを卷けり  葉と皮とをくだき  葉黒き枝の下なる冷やかなる流れの上にアルペの投ぐる陰に似たる  葉から降ろうが  葉うつりを低くして  葉の美しい井戸端でもんぺと肌襦袢とを洗いました  葉をそよがせて居ります  葉掘り問い訊していた  葉に数滴の血のしたたりと  葉ばかりきらびやかな日比谷公園の門を出た  葉に米をくるんで  葉が揺れた  葉で包んで  葉へと落ちる  葉と葉の間から白い花を咲かうとしてゐる  葉を傷めて落ち尽くして  葉を一枚封じ込めた  葉が霞む  葉に被われている  葉を束ねて  葉を冠となすを見  葉を失はぬ  葉を失へども  葉を失はじ  葉に夜の露がしっとりと降りているらしい  葉がそよぐ  葉の照りをうつむいた  葉を持った  葉を巣に持ち込む  葉の萎れかかつた  葉の匂がする  葉を囓つてゐる  葉を餌とし  葉を縫ひ  葉つぱをかじる事のみにあくせくしないで  葉つぱに食べ飽きた  葉と土塊の間から這ひ出して来る  葉で縫ひ  葉を披いて  葉を使つてみた  葉を滑り  葉つぱを無いものにして  葉をかがやかせてゐる  葉の茂みから大きなザボンの実が二つ三つ下膨れの尻を見せてゐる  葉などにそれみづか  葉つぱが向き合ひ  葉がしげっている  葉の上を渡る  葉を取除いてみよ  葉が生じたり  葉で隠して  葉や紅い葉で色取られて  葉を頭にかぶって  葉を煮だした  葉を智海の口もとにさしつける  葉の複雑な美しさにおどろいた  葉を拡げていました  葉を拡げてる  葉を一枚さぐり取って  葉を捨てて  葉が青々と蘇って  葉を一枚取って来た  葉をその中に据えた  葉の水の中に放った  葉にとろりとたまった  葉の上に木の枝を被せて  葉の上に乗っかって  葉が散ってゆく  葉の数が次第に少くなる  葉にふる  葉の大きく生き生きしてゐる  葉が光り  葉が赤くなる  葉のなぞと上品の洒落など云う  葉の裏に這っている  葉が黝んで見えるほど  葉がサッと白く葉裏をひるがえしてざわめき立ったと思うと  葉に幅ひろい音を立てて迫って来て  葉の間につづられてある  葉に雨の音が聞こえて  葉が風になびいていました  葉が少し見えましたのよ  葉をどんより沼の上に垂れていた  葉について虫を食べてる  葉は一枚残らず散り落ち  葉は茂つても遂に実を結ばずして朽ち果てる  葉を乾したり  葉をいかに強く牽くも切れず  葉を求め  葉を引きて  葉を変はらぬ  葉に降り注ぐ  葉の落ちていない  葉の間から見上げる  葉にさしている尖った  葉の散りかかった  葉の青みが色彩を点じている  葉が落ち尽し  葉洩れの日影が清子の顏を明るくし  葉に降りか  葉で終り  葉洩れの日影が清子の顔を明るくし  葉を毎日振るい落した  葉が凋落して  葉がすぐ其後から出るという  葉を生じ  葉を諦觀する  葉の翠に葉の黄ばむも  葉が何とも云えずに  葉のせいばかりではないかも知れない  葉のせゐばかりではないかも知れない  葉はみんなブリキでできている  葉を打つて  葉をいじっているから  葉がちらっとひかっただけでした  葉がちらつとひかつただけでした  葉にとまり  葉と枯れ始めた  葉も無い事で侮辱をうける  葉も無い不埒の中傷を捏造し  葉も無い噂だとしたなら  葉をいい匂をさせたり  葉の光る  葉が簇がり出ているのに  葉が風に揺れて光っている  葉を揺すりながら  葉がいくらか残って  葉を落ち尽していたからだった  葉はみんなどこへ消えた  葉であんだ  葉をのぼってゆく  葉は枯れた  葉を食う  葉には奇形がみられた  葉をつけたが  葉も瓜も茄子も川に流しぬ  葉にわたる夕風すゞしけば  葉の菖蒲のくさの花さきて  葉のゆら  葉は蟲はむ  葉は日にしぼむ  葉に枇杷の花散る  葉の眞中ゆもつら  葉のたぐひ宜しきその耳菜草あら鋤田のくろの杉菜におひまじり  葉に散りて  葉がくりになる  葉がくりに花なりし  葉も裂くと降れ  葉の霜にしをれ  葉は秋の霜ふり落ちしかば目白は來れど枝のさびしもむさし  葉に散り  葉は落ちし  葉の落ちてたまれど掃かぬ  葉は落ちにけり  葉は枯れぬ  葉の垂葉のうれに  葉に降りける  葉掻き堀れば柿の木に居て  葉の枯れてあり見  葉に李は散りぬ  葉をとる  葉のしげれる  葉とりて包むと  葉の間に半開の蕾只一つすがりたる  葉の梅の木にして懸れるを見つ  葉に聞く  葉ひらきて雨はふりつぐ  葉の雨をよろしみ立ちぬれて  葉をつかんでいた  葉にいっぱい埃がかぶさった  葉の颯々と吹き荒れるを見て  葉の気ぜわしいやけなそ  葉の露と化して  葉が覗いている  葉が暑っ  葉が蔽うている  葉を踏み  葉が舞って来た  葉を明かる  葉落ちる秋あれば  葉の赤くなった  葉が黄色く枯れた  葉掘り色々のことを聞きました  葉から葉に伝って落ちる  葉のがさがさ云う  葉のがさ付く  葉との形から来たらしい  葉か何んかで叩き落す  葉だけが殘ツてゐて  葉が一めんに見えて来た  葉の間に一条の水が見えて  葉が船縁にざらざらと音をたてた  葉に鈍い鉛色の水が続き  葉が続いて見える  葉に軽く触れてみた  葉が一めんに浮んで来た  葉の間に一筋の水が見えて  葉とを持ち上げてゐる  葉のむらがりと  葉を繁らせていました  葉をすこしもらって出かけ  葉を出して見せた  葉を取つて  葉であつたと思ふ  葉の長い石菖が繁茂してゐた  葉の間を眺めていた  葉とを洩れる  葉が芽ぐんでいた  葉を飛ばせていた  葉ほども見えぬ  葉をつけてゐる  葉と共にまことに可憐な白い匂ひの  葉を投げてゐる  葉も埃で煤が溜つたやうに見える  葉はやつぱり埃が掛つて居るが  葉もおしろいの葉も埃がすつかり  葉に夕風のそよぐ  葉を採  葉で括つた  葉にサラサラロシアの粉雪が降りだした  葉の表を照らされ  葉はもう黄色くなりかけている  葉の軸を我知らず噛みながら考えつづけた  葉のかげに光っていた  葉のような包みからそとをのぞいていて  葉をむしって  葉の中に舞い上がった  葉はひかりが浸み透って  葉の上にも苔のくぼみにも光っていた  葉のおもてを  葉をむしりとり  葉を編みつけた  葉を肌守のなかに入れておくと  葉のゆるくなびいている  葉で自分の笛を丁寧に押しぬぐって  葉だけでは見わけられない  

~ 葉[名詞]1
梨の葉  彼の葉が  蓮の葉に  草の葉の  柿の葉  ところへ散つた葉は  木の実草の葉  柿の葉が  柿の葉の  夜をこめて落ちる葉は  葉がちる葉が  ぢん葉の  凋落し葉を  すつかり葉を  柿の葉は  栗の葉が  冬日の葉から  大根は葉ばかり  梶の葉に  みどりの葉の  樒の葉と  栄養不良の葉は  方の葉は  牛蒡の葉ほども  枝をはなれぬ枯れた葉と  いちしやの葉が  楢の葉の  楢の葉が  杉の葉の  枝や葉に  づ枇杷の葉の  たちしやの葉や  竹の葉の  鳥が葉の  月のぼる葉の  葉枇杷の葉  楢の葉で  風がでて葉が  杉の葉に  笹の葉の  蕗の葉の  草の葉  ひなたの葉を  枇杷の葉の  よみがへる葉の  い草の葉の  枯草に落ちる葉の  竹の葉に  夜あけの葉が  胡瓜の葉を  草の葉で  蕗の葉も  炎天落ちる葉の  柿の葉や  ポストまで落ちる葉や  風が出てきて葉を  樹の葉を  雫する葉の  夢秋の葉と  李の葉も  蘆の葉は  そうな葉の  根掘り葉  色散る葉の  竹の葉  椎の葉に  小竹の葉は  綿ちしや葉を  緑の葉と  憂樹の葉を  柿の葉を  草の葉を  ゆるやかに葉と  らぎの葉の  造つて杉の葉で  水藻の葉などに  草の葉にと  蓮の葉が  蓮の葉は  樹の葉の  列児の葉が  日てり葉の  蔓の葉に  草木の葉に  芒の葉で  歯朶の葉の  空にうつれる葉の  蘆のかれ葉に  草の葉より  菩提樹の葉が  黍の葉の  菩提樹の葉  樹の葉が  枝も葉も  蔦の葉や  チーチャコモチャ桂の葉などと  草の葉は  口の葉に  菠薐の葉の  黄になった葉を  ごとに黙って葉を  ポプラの葉の  椿の葉が  梧桐の葉の  桜の葉が  空が葉の  芭蕉の葉の  ような葉  黄な葉に  それぞれ芭蕉の葉  ポプラの葉を  手みきはしろがねちる葉の  麦の葉を  朝顔の葉を  葭の葉の  かやの葉を  かやの葉は  草や葉の  棕梠の葉を  竜胆の葉が  街路樹の葉が  真紅の葉を  蘆の葉  蕈に敷いた葉を  枝や葉の  上で葉が  椰子の葉が  椰子の葉の  シダの葉の  風に揺れて触れあう葉の  砂糖キビの葉の  熱帯樹の葉に  パンダナスの葉が  円みを帯びた葉は  裏白の葉などが  草の葉が  切れ込みのある葉は  草っ葉に  笹の葉が  蕗の葉を以て  蕗の葉にて  草木の葉にて  さの葉に  山藍の葉を  石楠木と比べて葉が  熊橿の葉を  今は葉が  時が来ても葉や  桂井館は葉の  木さえ葉を  鈴蘭の葉が  萩の葉が  花や葉で  杏の葉はに  杉の葉は  椎の葉と  #いもの葉に  朴の葉の  草の葉や  らの葉も  無花果の葉が  樹木の葉の  竹の葉が  むら笹の葉から  南天の葉へ  ものは葉を  熊笹の葉が  老松の葉が  月桂樹の葉  実が葉の  芦の葉の  蕗の葉を  根も葉も  泰山木にしては葉が  煙草の葉を  椎の葉ばかり  松の葉の  蓮の葉で  無数の葉が  緑茶の葉と  あしの葉の  畝って葉の  羊歯の葉の  落葉樹の葉の  草木の葉や  日ごとに葉を  上に葉の  小枝と葉の  細かな葉の  一枚の葉の  木々の葉が  乍ら根掘り葉  芭蕪の葉を  蕪の葉に  桐の葉が  朱い葉を  庭のおち葉を  柏葉樹の葉を  つつじの葉が  薬草の葉を  桃の葉を  枳の葉を  木々の葉も  棕梠の葉に  錦なす葉の  躑躅の葉に  笹の葉に  蔦の葉の  矢車草矢車草の葉の  麦の葉に  花は散りてし葉の  芽も葉も  紅らんだ葉に  ばらの葉に  一枚の葉  処や葉の  一ぱいに葉を  キヤベツの葉を  彼等は葉の  ものは乾いた葉で  桑の葉を  桑の葉の  桑の葉から  苗の葉の  虫がたべてゐた葉  松の葉を  オランダぜりの葉と  光沢のある葉を  チエリイベイの葉は  茎も葉も  緑の葉は  木には葉の  根よりも葉が  蓮の葉の  松の葉も  ただ一枚の葉を  花も葉も  一枚の葉は  花や葉に  日光が葉が  笹の葉は  蘭の葉を  笹の葉を  椿の葉へ  幾分か黄ばんだ葉を  竹の葉を  木つ葉に  木つ葉の  艷艷した葉を  芽を落ちた葉の  花や葉は  中では葉を  屑や葉を  木々の葉の  樹帯の葉の  棕櫚の葉が  ちようど蒲公英の葉の  月桂樹の葉を  蔦蔓も葉の  閃めく葉を  ような葉を  梨の葉に  黄金の葉を  柳の葉は  クローバの葉を  茎と葉ばかり  椋の葉の  扇形の葉が  銀杏の葉が  銀杏の葉に  枝を以て葉に  枝を交え葉を  棕櫚の葉の  葉は葉と  荻の葉  胡蝶花の葉  宝石の葉の  ような葉が  土を裂いて葉を  サフランの葉の  白玉椿の葉の  椰子の葉を  赤サルビアの葉を  羊蹄の葉を  草の葉などに  芭蕉の葉を  麦の葉が  蘆の葉を  笹の葉ほどに  芽と葉と  葉と葉との  八つ手の葉に  蔭や葉の  柔い葉は  楓の葉を通して  稲の葉で  山吹の葉に  緑色の葉の  緑の葉が  コナラの葉を  篦形の葉の  煙つたい葉の  蓮の葉や  色が変って葉なんぞも  すべての葉は  一片の葉さえ  菲の葉ぐらい  杉の葉を  芽が葉に  椿の葉を  南天燭の葉に  桐の葉の  ろの葉は  すずらんの葉に  碧玉の葉の  すずらんの葉は  ふくふくと生い茂った葉の  一節に散葉のみ  何か葉を  秋は葉も  桑の葉が  枯蓮の葉が  萱の葉は  チサの葉  荊の葉の  対の葉を  桐の葉  春が来て葉が  エノキの葉に  酢漿草の葉を  何の葉  紅葉の葉も  カサカサな葉を  一枚の葉でも  笹の葉で  花が葉の  金色の葉は  銀杏の葉は  公孫樹の葉を  棕櫚の葉で  森の葉は  九つに散り葉の  緑の葉を  薄の葉は  二葉の葉を  橄欖の葉が  青樹の葉  もろこしの葉  もろこしの葉は  八つ手の葉が  花は濡れ光った葉の  ために葉を  町に出て葉  酒買うた葉  夜になると葉を  柳の葉を  朝顔の葉に  それらの葉が  小松の葉を  松の葉へは  松の葉が  世はしげるわか葉の  風竹の葉の  桃の葉で  花散れる葉の  大根の葉へ  かし松の葉  橡の葉は  アカシヤの葉が  不思議な葉の  松の葉から  雜木の葉を  黄金色の葉が  そうに葉を  さが葉を  紅に染った葉の  車前草の葉まで  フキの葉を  雑草の葉を  鋭利な葉は  豆の葉の  霜月の葉を  野菜の葉が  黄朽ち葉を  桜の葉の  笹の葉から  葱の葉を  大根を引抜いて葉を  蘆の葉が  突立つ葉の  蘆の葉の  月も葉の  薦の葉を  弘法麦の葉は  方の葉の  あけび蔓引けば葉の  嫩き葉とを  忍冬の葉と  梨の木は葉を  木にも死んだ葉が  万年青の葉を  民草の葉や  すべての葉も  ほうの葉を  樹の葉にも  椎の葉が  みどりの葉を  枝をひき裂き葉  詩草の葉  つた最後の葉  殘つた草の葉  樫の葉  莖となり葉と  紫蘇の葉の  草木の葉  菱の葉を  樒の葉が  むの葉に  茎や葉まで  柳の葉が  此の葉も  柳の葉も  繁つた葉と葉が  材木に葉が  材木に葉の  其蕗の葉に  椿の葉の  街路樹の葉  るいてふ葉の  枝や葉を  きみょうな形の葉が  柳の葉の  のは葉  松の葉は  強健な葉  欅の葉が  草には黄ばんだ葉の  草の葉など  キャベツの葉を  青柳の葉の  松の葉に  碧桐の葉が  蓮つ葉  ばつた枯つ葉の  唐檜は葉の  秋の葉が  翠の葉を  茎人蔘の葉の  椿の葉に  八ツ手の葉  八つ手の葉  颯々と葉の  灌木の葉  街路樹の葉は  水引をかけた葉  黄金色の葉の  葉と葉の  花と葉が  新樹の葉が  方へ葉や  左右から葉が  植込の葉の  枝や葉が  ゼラニウムの葉から  槇の葉  そうな葉を  梧桐の葉などが  秋になると葉を  水に浸って居る葉に  タバコの葉に  野菜の葉の  牛蒡の葉は  植物における葉と  紅葉した葉が  バラの葉の  植物の葉なぞの  石芋といって葉は  薄の葉で  松の葉で  ゅろの葉と  ゅろの葉の  自分たちの葉を  根や葉に  密集した葉と  目じるしとして葉が  きれいな葉が  すすきの葉に  すすきの葉で  山牛蒡の葉と  青あおと葉を  芋の葉が  桑の葉に  萩の葉も  梧桐の葉も  草の葉に  玉月山松の葉も  銀杏の葉の  ポインセチアの葉の  紫陽花の葉を  芒の葉が  蓮の葉を  蛙は葉の  蛙は葉を  雑草の葉に  夏草の葉が  草の葉も  茗荷の葉も  山もみじの葉とが  竹の葉と  形が葉を  杜若は葉が  我輩の葉は  桑の葉などを  槲の葉に  際の葉の  蘭の葉が  菜つ葉の  中の葉の  樒の葉を  のが葉に  かに野菜の葉を  無花果の葉に  草木の葉をも  一つ一つの葉が  彼の葉の  雨を葉に  樹の葉は  櫟の葉は  彼の葉にばかり  蓴菜の葉の  ユーカリの葉が  さの葉を  柾の葉で  櫻の葉の  栗などの葉  菜の葉や  それらの葉や  金蓮花の葉を  ぜんの葉を  胡麻竹の葉の  蔦が葉を  松の茂った葉と  草の葉と  枯っ葉を  枯っ葉で  しなやかな葉を  芦の葉が  何をおいても葉で  樹木の葉は  日ざかり落ちる葉の  芋の葉  花が葉に  鴉葉の落ちて落ちる葉は  さは晴れて葉の  すべての葉を  #楢の葉は  葉と葉とが  楢の葉  銀色の葉でも  葉といふ葉は  空に葉の  黄金の葉は  金色の葉が  莖も葉も  斷片を葉に  萌黄色の葉の  薄の葉が  稲の葉が  蘆の葉に  二葉三葉折れながら葉ばかりの  ここには葉ばかり  木つ葉  ハコベの葉を  黄な葉を以て  無数の葉を  黄な葉が  深緑りの葉を  柏の葉を  一枚の葉さえ  ちしゃの葉の  根掘葉  苧環が葉を  笹の葉や  それも散って葉が  杉つ葉を  いずれも葉を  すすきの葉の  艶のある葉によ  菜の葉を  糸瓜の葉が  茎と葉と  莖と葉と  九花蘭の葉を  糸杉の葉を  蒼々として葉を  下枝の葉の  晩は葉の  薔薇の葉の  もみじの葉の  緑の葉の  草木の葉を  芋の葉で  サツマ芋の葉を  厚ぼつたい葉が  茎になり葉に  社会の葉を  紫陽花の葉に  ゴムの葉の  茅笹蒲茨等さまざまの葉で  大豆との葉を  まめの葉は  豆の葉は  豆の葉とん  豆の葉も  蓮の葉も  榧の葉などを  大根の葉を  精草の葉に  樒の葉なども  羊歯の葉を  度にさあっと葉の  八ツ手の葉の  木末の葉を  細かに裂けた葉の  柳の葉に  夜春雨草の葉の  ばさと葉を  青青した葉を  風の葉が  容樹の葉を  蔦紅葉銅像おごそか落つる葉も  芭蕉の葉で  梢は葉を  清涼な葉が  二葉三葉銀杏の葉の  銀杏の葉も  桐の葉に  青草の葉を  柳の葉  みどりみじんの葉の  かちんと葉と  ぢんの葉の  梧の葉の  笹の葉と共に  つたの葉を  何かの葉  緑色の葉が  飛石に葉が  花にも葉にも  桐の葉や  手に鳴らせるほどの葉の  蜜柑の葉ばかり  萩の葉を  青紫蘇の葉を  蓮の葉とが  擬宝珠の葉に  擬宝珠の葉は  擬宝珠の葉も  秋海棠の葉が  裏白の葉を  群った葉の  廣い葉の  #柿の葉に  一点に集って葉の  皮か葉の  木の葉といふ葉が  頭上の葉の  タコの葉の  椰子の葉で  蛸樹の葉で  蛸樹の葉と  麺麭の葉を  蛸樹の葉の  芭蕉の葉か  亂れ葉が  枯椰子の葉の  合歡の葉が  昨夜梶の葉の  雑木の葉は  つた色の葉の  朴の葉  篠懸の葉は  木の葉という葉が  合歓の葉が  南天の葉に  桜の葉は  楓の葉が  稲の葉に  楓の葉の  田圃側に葉を  アカシヤの葉は  花や葉を  槲の葉が  棗の葉が  桐の葉も  榊の葉や  樹が葉を  枝に葉  乾からびた葉を  椎の葉の  並木の葉を  山うるしの葉が  羊歯の葉に  椰子も葉を  實が葉の  上には葉の  麥の葉に  棕梠の葉の  リヴァーサイド・パークの葉の  艶ある葉を  矢車草の葉を  霧に蝕まれはじめた葉の  芋の葉から  葦の葉を  葦の葉の  梧桐が葉を  林の葉は  大根の葉とは  みどりの葉が  セロリイの葉を  無花果が葉を  光にぬくめて葉の  煙草の葉がを  山毛欅の葉で  のの葉は  樫の葉は  間まで葉が  馬酔木の葉を  灌木の葉から  牛蒡の葉が  牛蒡の葉の  牛蒡の葉に  しづかな葉が  垂直に見下ろさなければならない葉が  枝と葉の  空中に遊ぶ葉の  やうな葉を  日々に変わって行く葉の  楓の葉は  中にぬるでの葉が  竜舌蘭の葉の  韮の葉か  蕪菁の葉が  蓮の葉には  萩の葉の  杉の葉などを  枝を重ね葉を  葉に葉を  蕗の葉までを  マロニエの葉の  がさがさと葉を  実と葉を  菩提樹の葉で  杉の葉が  椋の葉は  公孫樹の葉が  黄金いろの葉の  大抵は葉を  男が葉  二枚しか葉が  莨の葉を  芭蕉の葉が  サツマ芋の葉などを  プラタヌの葉は  雪下の葉も  雫は葉を  楽天石蕗の葉の  一つの葉が  浮草の葉とを  一つ一つ銭ほどの葉を  彼の葉と  一つ根に離れ浮く葉や  蔓や葉が  枝や葉は  技や葉は  八つ手の葉を  栗の葉を  近江八幡かな葉  サン・キュアドの葉が  風に葉が  新らしい葉を  植物の葉を  椎なんぞ葉までも  じゃがいもの葉の  別の葉に  水草の葉に  となりの葉の  來て呉れた葉  蓬の葉の  さや葉の  秋になると葉が  月桂樹の葉の  厚みのある葉の  萱の葉が  一枚の葉も  パセリの葉の  鬱蒼と繁り合った葉の  松の葉との  樹木ですら葉を  花や葉の  釣荵の葉を  荵の葉の  青桐の葉が  青桐の葉は  菜の葉の  町人は葉之  ヒョイと葉之  漆の葉が  藤棚の葉の  犠牲となる葉を  黄櫨の葉が  柊の葉で  圓葉柳の葉は  玉蜀黍の葉が  あれと葉が  白晝野苺の葉が  貝の葉に  蘆の葉をだに  萱うら葉の  眞菰うら葉にやすら  音に葉ぞ  葦の葉  黄櫨のうは葉は  ャ樒の葉で  桑の葉  しわだらけな葉の  かしの葉の  わらびの葉が  いっしょにまつ葉の  つたの葉で  中でかれっ葉が  煙草の葉  谷中生姜は葉が  紫蘇の葉が  朝顔の葉の  草木の葉は  桂の葉の  菖蒲の葉を  銀杏の葉とのが  プラターヌの葉が  柔かな葉が  碧緑の葉の  木からかれ葉を  一枚の葉をも  うちから葉の  草の葉か  価十銭の葉を  枝垂れ桜は葉も  チヨピリと葉が  棕櫚の葉に  棕櫚の葉  大豆の葉を  大豆の葉は  峡は葉  木が葉を  栄ゆれあ葉も  くずの葉も  二人っきりで葉  句草の葉を  頭上の葉が  八ツ手の葉が  ばらばらと葉を  密生した葉の  芝の葉を  上に刈り取った葉が  鋏をあげて翻すと切られた葉の  茶褐色にやけた朽ち葉と  無数の葉の  芝の葉の  文明の葉は  薊の葉を  蕪の葉の  サラダの葉を  苜蓿の葉の  葉は葉で  藜の葉を  沢山な葉が  根と葉なりと  ポプラの葉が  濃緑の葉が  梅雨の葉の  蘭竹の葉の  蕗の葉に  花を葉を  朝ぐもりの落ちる葉に  蓮の葉と  島の葉の  蘆の葉と  こまかな葉が  皆枝や葉を  桐の葉は  薄の葉の  特有な葉の  色を変えて葉を  新緑の葉を  色になる葉との  もみじの葉を  植物の葉には  黄の葉に  黄の葉が  茶の葉を  水を葉の  五六枚の葉を  綺麗な葉を  常磐木の葉を  八手の葉の  葉と葉とで  林檎の葉や  常緑樹の葉が  桜の葉も  龕塔が葉を  そこには葉の  蕗の葉が  繁みの葉の  背後の繁った葉の  芋の葉の  おのれの葉や  作物のしなびた葉に  びにからまる草の葉は  萱の葉に  ときわ葉を  ときわ葉で  ドロ柳の葉は  蔦の葉には  白樺の葉は  音や葉の  道には朽ち葉が  あおい松の葉が  林の上っ葉が  椰子の葉は  いちじくの葉が  二つの葉が  二つの葉の  蔦の葉を  すすきの葉を  すすきの葉をべ  根ぼり葉  急に葉の  気早に黄ばんだ葉を  木立の葉は  竹は葉  花と葉を  齒朶の葉も  杉の枯れつ葉を  枯つ葉に  枯つ葉を  茎と葉との  それぞれ枝と葉の  黍の葉  プラタヌの葉の  草つ葉をよ  次の葉は  鈴なりの葉も  護謨の葉は  #ぱ草の葉  根を断つにあらざれば葉は  桜の葉に  つつじの葉に  南国らしい葉の  煙草の葉が  羊歯の葉すら  朱欒の葉が  櫨の葉の  稲の葉には  しなやかな葉も  小豆の葉の  沢山の葉が  やうに葉を  樒の葉に  幹と葉とが  木にしげっている葉は  これを聞いた葉は  幹は葉を  梧の葉が  中に葉を  細かな葉を  荻の葉を  茎や葉や  茎となり葉と  付木っ葉が  屑っ葉を  付木っ葉  尻を葉の  花萼から葉から  稻の葉は  黄金の葉が  草の葉をも  わに飛木稲荷の枯れて葉を  青桐の葉に  辞の葉の  厚朴の葉で  お茶っ葉の  アカントゥスの葉を  桜の葉を  里芋の葉が  芋の葉には  間の葉の  栃の黄ばんだ葉は  栗の葉は  大根の葉が  椿の葉には  深緑の葉の  シュロの葉は  シュロの葉の  菊の葉に  樹木の葉  樹木の葉が  生垣の葉を  李の葉の  木々の葉は  槍の葉  つて根掘り葉  一つ一つの葉の  ひとつひとつの葉の  繊細な葉を  韮の葉が  蔦の葉が  きしだり葉に  枝と葉が  きみの葉が  葉マキ虫の葉を  びつしりと赭い葉が  桑畑は葉が  其廣い葉を  茶の葉が  毛蟲が葉を  柿の木は葉が  草の葉などが  蓮の葉などが  並木さへ葉を  松の葉をど  若草の葉を  桃の葉の  早めに葉を  簇生した葉は  いちいの葉の  アスパラガスの葉で  立派なちぢれた葉の  漆の葉の  植木の葉を  樫の葉を  何枚かの葉を  稲の葉の  いちゐの葉の  松の葉ほど  灌木の葉が  芒の葉を  常緑の葉の  茅の葉に  しまつてから葉が  しまつてから葉の  やうな葉と  杉の葉  木っ葉か  ローレルの葉に  八つ手の葉の  南天の葉の  女郎花も乾いた葉を  みな根も葉も  樒の葉は  秋らしい葉の  笹の葉などで  ように葉を  牛が葉を  幹に葉に  むざんにも枝も葉も  上には葉を  温気に葉は  八つ手の葉は  芒の葉に  玉蜀黍の葉の  五寸くらいな葉の  南瓜の葉を  南瓜の葉が  南瓜の葉ばかり  青紫蘇の葉に  数千の葉が  冥加として葉の  羊歯の葉  樫の葉の  鉢いっぱいに葉を  椰子の葉と  月が隠れて葉  寂そりと重なった葉が  万年青の葉ばかり  寄り合つた蓮の葉が  楡の葉が  芭蕉の葉は  紫蘇の葉を  南天の葉を  チサの葉と  蓼の葉を  キャベツの葉で  ルリーの葉を  芭蕉の葉に  夕顔の葉の  楡の葉の  下の葉の  風で葉の  櫻の葉が  形や葉の  風を葉  花として葉は  街路樹の葉から  一束の葉の  #草の葉の  中の葉は  梢の葉は  肉桂の葉を  外面なる葉  玉串の葉を  隣の葉の  萩のうら葉も  野菊の葉を  僅かに葉が  嫩い葉を  かたばみの葉と  ばらなどの葉に  楊柳の葉が  桐の葉を  萱の葉で  向い側の葉の  黄なる葉の  芋の葉は  浅緑の葉の  つると葉とが  みんな根も葉も  寒椿の葉の  蓬の葉を  蓬の葉で  絲瓜の葉が  水仙の葉が  槐も黄ばんだ葉を  不意に葉之  以前死んだ葉之  家憲に従い葉之  侍達寄るとさわると葉之  のが葉之  これは葉之  何んとでござる葉之  逼らざる葉之  一足飛びこんだ葉之  我が家も葉之  性来白痴の葉之  翌日から葉之  麒麟児と思ったに葉之  朋輩どもは葉之  利口な葉之  傍の葉之  静かに葉之  雑り葉之  不足で葉之  夜も葉之  これが葉之  刀をひっさげて葉之  退出した葉之  のは葉之  眼で葉之  あなたは葉之  紋兵衛は葉之  屹と葉之  幼年時から葉之  ことに葉之  溜息をした葉之  丁寧に葉之  兵庫は葉之  部屋に戻ると葉之  真ん中に坐り葉之  ポンと潜った葉之  木蔭で見ていた葉之  武士たる葉之  噂によれば葉之  日没を待って葉之  これとて葉之  ギョッと驚いた葉之  胆を潰した葉之  名は葉之  眼差しで葉之  これを聞いた葉之  思案した葉之  血顫いした葉之  使命を果たした葉之  兼備している葉之  露は葉之  これには葉之  それが葉之  原始的性格の葉之  それと知った葉之  憮然として葉之  例によって葉之  背に受けた葉之  家に帰られ葉之  家督は葉之  松崎清左衛門と葉之  これこそ葉之  他ならぬ葉之  説明は葉之  不思議にも葉之  中には葉之  後をつけて来た葉之  何か頷くと葉之  犇と葉之  女は葉之  相手が葉之  茶碗を取り上げた葉之  可哀そうな葉之  ふうむそれでは葉之  噂した葉之  これを聞いたら葉之  大胆不敵な葉之  今夜も葉之  地下に埋められた葉之  そこへ落ち込んだ葉之  これを見た葉之  それを見て取った葉之  グルリと葉之  そこで葉之  時には葉之  乱刃を葉之  間に葉之  ツと葉之  中に葉之  そこへ下り立った葉之  今は葉之  ここでも葉之  彼らは葉之  敢て葉之  上眼を使って葉之  足を嘗められた葉之  チャリンと葉之  血を浴びた葉之  その後から葉之  それを葉之  武士が葉之  町人が葉之  その後へ葉之  気が附いて葉之  北山と葉之  窩人は葉之  人里へ出た葉之  鈴蘭の葉は  蓮の葉なぞと  一枝の葉を  紫雲英の葉が  掌に葉を  木などは葉が  しなやかな葉の  アカシヤの葉の  みのような葉を  山桜の葉も  椿の葉は  花と葉の  花は萎え葉は  異様に葉の  葛の葉が  熊笹の葉を  ニラの葉の  始めココア樹の葉で  欅の葉の  葉と葉が  血汐は葉に  何本か立って枯れた乾いた葉を  濶い葉を  はずみをうけて葉が  丹念に葉を  株は葉を  中から葉を  蘆の葉とともに  楠の葉が  葛の葉は  みんな二枚ずつ葉が  ような葉の  みな柴の葉  菖蒲の葉の  柳の葉とともに  草の葉すら  充滿に葉ながら  厚手の葉に  小雨の葉の  かい蕗つ葉をか  椎の葉  時松の葉が  研究室は葉の  屋根が葉の  無花果の葉を  無花果の葉かなんかの  無花果の葉の  糸で葉と  糸が葉の  まつの葉  石が葉を  霜に打たれるばかりの葉を  やつでの葉かなんかを  草木の葉が  細目の葉  槍の葉は  山吹の葉の  草つ葉なぞを  木蔦の葉の  其楡の葉の  白楊の葉の  常磐木の黒ずんだ葉から  おもとの葉の  植物の葉という  植物の葉の  松埃が葉に  一二枚の葉の  人間的な葉  ように葉が  朝顔の葉から  翳蔽える葉の  畠の葉も  柔らかな葉を  瓢の葉を  てつぺんに葉を  昼顔の葉も  木木に葉といふ  造つた花や葉を  霜枯れの葉が  そこで葉を  何か食い散らす葉の  黄楊の葉の  銀杏の葉を  南天燭の葉を  紅の葉も  小笹の葉が  松の葉より  一二枚もみじの葉を  河骨の葉を  闊い葉を  チョツピリと葉を  柔い葉を  葡萄棚の葉の  ガラスの葉を  青桐の葉の  ここに葉の  葎の葉  目覚むるような苜蓿の葉が  一桑の葉が  ところの葉を  そこだけの葉を  菜の葉に  木っ葉も  薔薇の葉とで  幹や葉や  緑色の葉は  菖蒲にしては葉が  秋の葉は  塵一っ葉  枇杷の葉を  やうな葉の  それぞれの葉の  緑の葉で  常緑の葉  ひつそりとして葉を  河骨の葉は  柳の葉でも  紅葉の葉  水に咽んだ葉に  青銅色の葉を  藤の葉や  穎被れ葉を  二銭銅貨ほどの葉を  水仙の葉  草の葉から  ぼんやりと葉の  青葉が葉  虫ばみ枯れかかった葉を  変色した葉ばかりを  三角の葉が  真葛の葉にも  うして葉は  花は葉の  隠元の葉が  葦の葉が  枝や葉  桐の葉でも  茎や葉の  茎や葉が  桜の葉などが  つた桐の葉に  媒質は放葉  幅のある葉が  機関たる葉を  うちに葉は  ほうの葉が  色も葉の  アスパラガスの葉が  ような葉だけは  茎と葉とばかりの  光琳のは葉が  抱一のは葉が  朴の葉に  荻の葉が  ほかの葉の  椿の葉にて  栗の葉も  藤のうら葉の  われわれが葉と  木斛の葉も  並木の葉にも  梨の葉の  霜雪時に従って葉の  罪の葉を  中には葉  硬質の葉の  葛の葉も  羊齒の葉が  蔓に葉を  紅葉の朽ち葉を  アカシヤの葉に  青笹の葉を  紙が破けて出てきた葉  荻の葉に  むかごの葉が  風知草の葉が  時食べた葉が  形をした葉ばかり  虫がついたか葉の  蘭の葉の  菊の葉の  柿の葉などの  桜の葉から  紅の葉を  こぐち切の葉の  すすきの葉から  みどりの葉に  菱の葉が  針葉樹の葉で  毒ダミの葉の  私は葉と  キヤベツの葉の  細身の葉が  萱草の葉とが  迷はしてゆくひそやかな葉  鏡へうつしてくれひそやかな葉  魂を開いてくれと葉  水音や葉  さきを見る葉  緑の葉に  小竹之葉が  芋の葉と  つばきの葉を  楕円形の葉を  たくさんの葉が  のは落ちる葉の  たくさんの葉を  青菜の葉の  花や葉と  めり入る折れた葉の  里芋の葉で  明りに葉は  雨ごとに葉を  果よりも葉を  月桂樹の葉で  楊柳の葉の  銀の葉  枝には葉の  空に葉を  梶の葉  木々の葉  黄色の葉から  榻下の葉は  臥所の葉は  蕗の葉ほども  蚕一つ桑の葉に  杉の葉など  深緑の葉を  いもの葉が  バサバサとした葉の  それらの葉は  バサバサとした葉に  榎の葉が  楢の葉に  芋の葉を  蜀黍の葉を  みどりの葉で  常磐山松の葉も  植ゑし桐のおち葉に  秋のうれひを葉に  桑の葉と  桑の葉は  #鑛毒の這入つた葉は  二本の葉の  秋の葉の  づ秋の葉を  春の葉に  葛のうら葉をかへ  づの葉に  藤の葉の  草木の葉といふ  一人は葉から  ことの葉ぞ  文学が葉を  山茶花の葉の  蔓も葉も  錦を染め出した葉の  錫いろの葉を  臘梅の葉が  虎杖の葉が  楓の葉を  幹も葉も  萌黄色の葉を  熊笹の葉と  頃笹っ葉を  柏の葉も  楢の葉は  穂が葉の  楊の葉にも  蒼黯い葉で  熊笹の葉にも  川楊の葉に  楊の葉の  楊の葉は  蕃菜の葉と  みんな椋の葉  椋の葉  椋の葉が  総ての葉も  キビの葉は  梧桐の葉が  川楊の葉が  椎の葉は  #椎の葉  枯葦の葉も  枝を葉を  稲の葉を  菩提樹の葉を  羅の葉で  すつかり葉の  存分に葉を  梢に落ちたと見えて葉が  五月に葉が  八手の葉は  物の葉が  お茶の葉が  ばらばらと葉が  風が葉を  蓮の葉  手にほごす葉を  芽が葉を  青つ葉が  ちしゃの葉に  そうだが葉を  眞青な葉を  煙草の葉で  ばらの葉が  槇の葉の  花の葉  初め一輪二輪と葉が  實に葉に  蜀黍の葉が  見ごとな葉を  蜀黍の葉の  紅に葉は  むとすなり山ざくら花花も葉も  あたりの葉の  花が葉が  こまかな葉を  それが開いて葉と  年の葉の  霜がおりて葉が  柳の葉よりも  黒緑の葉の  緑色の葉を  ガサガサと葉の  草の葉のうへに  色とりどりの葉を  菰の葉の  梢の葉へ  松の葉と  屋根にも葉にも  路を葉が  アカンサスの葉で  三角形の葉を  笹の葉だけを  青桐の葉  竹の葉や  葉から葉へ  そこまで葉を  のを葉の  桜樹が葉に  様な葉の  柔いその葉を  花と葉と  顔や葉を  上の葉が  去年の葉  竹の葉にも  柿の木の色づいた葉が  紅蜀葵の葉の  ざわざわ樹の葉が  榎木の実が葉と  萱の葉の  朴の葉を  これらの葉の  これらの葉が  樹の葉に  厚みや葉の  芽や葉を  すすきの葉が  葡萄の葉の  青桐の葉と  いちじくの葉よりも  芋の葉に  枝に葉の  のは葉の  まばらに葉の  木蓮の葉の  六七枚の葉が  デリケートな葉が  胡桃の葉が  青木の葉が  ために傷んで葉は  青木の葉も  青木の葉に  澤山枯れた葉を  何かの葉の  薔薇の葉などは  外の葉を  草木の葉も  紅葉の葉の  紅葉の葉を  近辺の葉は  笹の葉  檜葉の葉  ユーカリの葉も  黍の葉が  欅の葉も  芙蓉の葉は  枯れ木に残る葉の  大根の葉の  柿は葉が  鬼歯朶の葉が  二枚の葉の  言つて唐棕櫚の葉を  姿は繁った葉が  葛の葉の  トマトの葉  地面には葉の  花は葉よりも  山桜を葉ながらに  桜の葉  槻の葉の  蕗の葉で  菜の葉が  木苺の葉を  花や葉が  雑草の葉で  紫紅色の葉を  雑草の葉の  槲の葉の  紫青色の葉を  垂下って葉も  萬年青の葉を  はかへすこと葉  唐辛の葉などは  唐辛の葉の  葉が出て葉が  光沢のある葉が  一つの葉の  キャベジの葉の  外側の葉の  最後の葉が  日光が葉を  やつでの葉を  椿の葉から  草っ葉が  白楊の葉は  大王椰子の葉が  山茶花の葉を  秋草の葉は  濶葉樹の葉が  柳が枯れかかった葉を  わたしを葉で  木立の葉に  葉と葉は  褐色の葉が  杉の葉へ  これは葉が  枝椏を分ち葉を  ものは葉が  鼠麹草の葉を  ホウコグサは葉が  麦の葉の  嫩い葉は  枝に葉を  それに葉とともに  互生せる葉は  茎は立ち葉は  バは葉で  かい新芽を分って葉を  モグサには葉の  深緑色を呈した葉は  種の葉は  多くの葉が  薄の葉を  果花の葉が  たくさんな葉を  八枚の葉が  スミレの葉は  時の葉とは  四月ごろ花茎が葉よりは  茎が出て葉を  狭長な葉が  それは葉が  冬に葉の  ニンニクの葉の  時は葉が  植物の葉とは  花弁を粧うている葉の  ミカン類の葉は  芽出つ葉にも  時の葉を  それは葉の  バショウの葉の  草木の葉のみを  薄の葉  木々の葉と  槇の葉を  槇の葉が  竹の葉は  笹っ葉を  芝草の葉は  青葱の葉などが  はりの葉は  朱き葉を  むとすれば朱き葉は  根菜の葉を  豆の葉を  落葉樹の葉を  電車のひびきに葉を  白樺の葉を  大根の葉に  木の根や葉まで  茶の葉の  茶の葉は  茶は葉を  縞入りの葉が  縞の葉の  虫がついて黄ばみかけた葉の  トマトの葉の  樺太のは葉が  蝦夷松の葉で  荷の葉  サラダ菜の葉が  へちまの葉が  唐蜀黍の葉に  柿の葉では  いまは葉を  銀杏の葉で  千万億の葉を  積った葉を  水楊の葉が  栂の葉で  浮草の葉が  藤の葉も  藤の葉  蘆の葉には  ねむのきの葉を  日にかわいた葉を  河原よもぎの葉を  菜つ葉も  菜つ葉を  栴檀の葉に  泥に葉が  八手の葉が  枝をゆるがして葉を  新芽の葉を  ように葉の  落葉松の葉が  林中の葉と  椶櫚の葉が  鋸の葉の  繊い葉の  バラの葉  げな葉を  八つ手の葉や  茎や葉を  いもの葉の  肥大な葉を  いろいろの葉を  柔らかな葉が  地面と葉との  又新らしい葉を  新緑の葉の  丹念に葉の  それが葉  鈴懸の葉に  とおりの朽ち葉  柔い葉の  よな葉の  気の有る葉  冬牡丹の葉ながら  肉筆で葉を  ものは茂る葉の  余は茂る葉を  池を越え葉を  白楊の葉に  七月二十八日木々の葉は  薄の葉とともに  唐黍の葉に  #桑の葉に  雁来紅の葉の  牛蒡の葉を  夏蜜柑の葉を  ただの葉  ほっそりした葉が  椋の葉で  山蕗の葉かなんか  紅葉の葉には  雪道を葉の  らの葉を  瓜の葉へ  瓜も伸び出した葉の  蜀黍の葉は  顱巻で葉を  大な葉の  実と葉  枝と葉ばかりが  糸杉の巻きあがった葉も  線描の葉を  麻酔性の葉を  棘茎や葉が  山吹の葉にも  枝は葉  篠竹の葉の  野蔦の葉が  嵐に葉の  欅みたいな葉  青桐の葉を  はじの葉の  梢の葉の  橡の葉の  橡の葉に  列に葉の  息する葉の  キヤベツ畑の葉の  藜の葉の  樫の葉が  コソとか葉を  筈の葉が  南瓜の葉は  緑こまやかな葉が  樫の葉にも  木々の葉に  そうに葉の  枝から葉を  花が葉と共に  蕾をつけて葉は  蔓と葉が  もみぢの葉が  外には葉を  岩より落ちて葉の  朝風を葉の  縁の葉  桜の繁った葉が  杏の葉の  螢草の葉を  篠懸の葉ばかり  方で葉が  蒲葵の葉で  木の葉から葉へと  曼陀羅華は葉と  暑気に葉を  高粱の葉  小竹の葉を  永久に葉を  塵つ葉を  黒緑の葉  虫はせつせと葉を  そこらの葉  千日酒ならぬ葉  枯つ葉と  枯つ葉で  幾つかの葉を  大切な葉  白緑の葉を  蘆の葉などに  一対の葉  いねの葉が  小麦の葉が  黄ろい葉や  コカの葉を  ように重なりあっている葉の  柔かな葉を  風が吹いて葉が  霜に痛んだ葉の  薊の葉の  茄子の葉が  梅雨期に葉が  葡萄の葉が  棕梠竹の葉が  椿の葉について  さくらの葉に  梛の葉を  宮のなぎの葉を  雑木も葉が  繊き葉の  纖き葉の  八ツ手の葉に  藤のうら葉で  時に葉を  翠に葉の  緑色の葉  のぶなの葉が  日まわりの葉に  樹の葉と  木々の葉を  げに葉を  木々が葉を  葦の葉で  薯の葉を  蔓をのばし葉を  納涼蓮の葉にわたる  吉野園に遊びて尖葉の  瓜の葉は  茄子の葉は  耳に似たる葉の  むべくもあらずと葉が  もろこし黍の葉も  活の葉は  春季雜咏杉の葉の  くも椶櫚の葉に  うち篠の葉の  仔細に見るに葉の  茶の葉も  上を腐葉が  忍びやかに腐葉を  下は腐葉  一葉の葉が  濃緑の葉を  部分よりも葉が  葉から葉に  花と葉との  笹の葉か  草の葉だけが  花茎と葉とを  しなやかに躍つてゐる葉の  灌木の葉を  こっちの葉の  花と葉とを  羊歯の葉が  百合の葉に  不快感もちりっ葉ほども  三角な葉と共に  茶褐色の葉の  黄色な葉を  柔かな葉は  樅の葉に  楡の葉は  アスパラガスの葉の  枝を折って葉を  

~ 葉[名詞]2
おおかた葉  青い葉  青き葉  軟かい葉  大きな葉  厚ぼったい葉  その葉  赤い葉  こまかい葉  強い葉  黄色い葉  実に葉  若い葉  固き葉  細かい葉  もう葉  いくら葉  細長き葉  蒼白い葉  其の葉  暗い葉  小さな葉  白い葉  決して葉  すばらしく葉  この葉  かの葉  暗に葉  さやさや葉  根っから葉  ひろい葉  深い葉  細い葉  あの葉  新しい葉  既に葉  細葉  大きい葉  稚葉  軟らかい葉  厚い葉  紅い葉  ない葉  広い葉  すっかり葉  どの葉  きっと葉  美しい葉  小さい葉  黄いろい葉  丁度葉  こう葉  丸い葉  まだ葉  そのまま葉  小さき葉  長い葉  荒あらしい葉  太い葉  良い葉  思いがけない葉  いやしい葉  古い葉  繁く葉  瑞々しい葉  すい葉  若々しい葉  青黒い葉  黒い葉  再び葉  堅い葉  心地よく葉  あたらしい葉  同時に葉  やがて葉  暗き葉  あらかた葉  青白い葉  とうとう葉  根から葉  青く葉  それだけ葉  するどい葉  うすい葉  かたい葉  ふかき葉  あらゆる葉  高い葉  いい葉  白き葉  固い葉  そういう葉  ある葉  どうも葉  柔らかい葉  蒼い葉  憎い葉  やはり葉  何だか葉  円き葉  美しく葉  そんな葉  早く葉  突然葉  今や葉  いかに葉  じっと葉  ひどく葉  当の葉  間もなく葉  もちろん葉  またもや葉  思わず葉  ゾッと葉  にわかに葉  次第に葉  ふたたび葉  まず葉  またも葉  どうして葉  ようやく葉  とにかく葉  円い葉  柔かい葉  忽ち葉  長き葉  もし葉  細長い葉  かく葉  のこらず葉  よく葉  か細い葉  一応葉  ほんとに葉  なんだか葉  なく葉  近い葉  いつのまにか葉  つと葉  あまり葉  絶えず葉  重い葉  しきりに葉  大きく葉  とくに葉  薄い葉  かなしき葉  くやしき葉  ゆくゆく葉  なまぬるい葉  悉く葉  多い葉  すでに葉  どうにか葉  軈て葉  平たい葉  狭葉  はっと葉  更に葉  白く葉  おそろしく葉  こんもり葉  なんのその葉  新しき葉  わが葉  そんなに葉  高く葉  とっくに葉  うつくしき葉  数多い葉  

複合名詞
大分葉  葉ちゃん  葉ちゃん何  一ト葉  菜葉  菜葉二把  菜葉粥  四つ葉  一葉  葉蔭  棄躯輕似葉  こと葉  榊葉  一葉プツリ  三葉四葉  大根葉  葉枇杷  三ツ葉  葉わさび  葉ざくら  菜葉弐把五銭  竹葉微風  残つた葉  神崎里里葉  里里葉  里里葉そのもの  菜葉畑  根ほり葉ほり  写真一葉  手札型近影一葉  重き百葉  梟黒葉水松  青木立葉なみ  二葉亭  廣葉  葉影  シャルル・ボドレエル黒葉水松  葉発送  菜葉服  菜葉二把一金六十五銭  菜ツ葉  やつぱり万葉  万葉鑑賞  楓葉  葉新  葉七夕  菜ツ葉一把三銭  づみづとしたみどりの葉  葉かげ  葉集  葉集卷九  一本葉  事霜葉  葉二枚  万葉  円葉  二葉亭氏  二葉亭自身  堀片葉  葉裏  葉服  行つて一葉  五葉  裏葉  二葉  葉掘り訊問  葉人形  ーちゃこもちゃかずらの葉ねんね  葉柳  笹ツ葉  木ツ葉微塵  終駅聴カセテクレ木ツ葉ガ飛ンデル眼ノオク底カラ  音楽木ツ葉ガ飛ンデル君  葉一つ  三ツ葉うど抔  菜ッ葉  菜ッ葉問題  粟葉  すゝきの葉露  葉ごと  葉越葉末  葉越  一葉二葉  葉巻き  叢葉  桑葉  葉櫻時分  此竹葉  唯万葉  わくら葉  八葉  葉さき  ゃりんしゃりんと葉  鏡葉  わか葉  黝黒葉  樟わか葉  神奈川菜葉隊  菜葉隊  葉茶  木ッ葉  葉ノカゲヘイラツシヤイ  葉身  万葉時代  万葉文学  葉鉄落し  葉付  葉笠  我万葉人  女軍万葉  万葉以前  葉掘り  葉五  万葉調  元義独り万葉  かく万葉  もみぢ葉みやびを  もみぢ葉  葉ッ葉  葉形  槇葉  樹葉  一葉一葉  葉さ  葉先  葉簇  代り葉  残葉  鐵葉  葉鉄  一葉柳浪鏡花等  根問い葉問い  葉中  寒葉  数葉  葉一枚  金葉集  霜葉  その後万葉調歌人  錦葉  花葉  葉摺  六葉  金葉  木ッ葉微塵  万葉もどき  柿葉  槙葉  問い葉問  蓮ッ葉  菜ッ葉ズボン  忍術葉迦流  葉迦流  葉迦良門  これ葉迦流  葉迦流忍術  葉掘り詮議  皇后日葉酢媛命  口葉  の葉  葉とり  銘葉  わか葉生訳  葉巻き煙草  みな震い樹葉みな  万樹すべて葉  扶桑拾葉集  煙草葉乾燥室  葉叢  葉波  笹葉  竹葉  対葉  昨日朱葉会インビテーション  朱葉会  午後朱葉会  丸葉  葉微塵  紙葉  三ツ葉蝶  葉なみ  冬葉  葉柿  護謨葉樹  チンドンドン葉  まき葉  昨日今日葉  ば万葉  植ゑればやがて葉  葉拾  金枝玉葉  葉茎  葉端  葉葉  かいわれ葉瑞木  葉掘り探究  大概葉  みんな葉  いつか千葉  前千葉  葉あら  三葉  自ら万葉調  葉みたい  葉茂み  筒葉  熨斗葉  乱葉  一葉二百金  剣葉畝目地白覆輪  葉いちめん  葉役人  塵ッ葉ひとつ  葉め  銀葉  枇杷葉湯  二葉二葉つて  繁つた葉  蕗葉  ッ葉  葉一片  其玉葉  繋ぎ葉  枯ッ葉  緋葉  玉葉  葉片状  七葉樹  廃葉  菜葉一株  菜葉一株拾つた  菜葉十三銭  葉姐さん  葉さん  葉自身  枝ぶり葉ぶり  葉先きが喰  葉村氏  葉村君  その他根ほり葉ほり  葉様  葉崩し  時葉  杉葉  葉広山  竹葉氏報告  渓嵐拾葉集  つて万葉  針葉  朱鱗洞葉平  万葉王朝時代  樹葉皆  涼風葉  記紀万葉其  古事記万葉  葉卷煙草  赤葉  葉悪魔  新撰万葉  玉葉集  葉掘り問  一葉絵子  葉絵子  二葉絵子  三葉絵子  葉廣菩提樹  あらまし葉  刺葉  払つた葉  ゅうじくや葉  びたじくや葉  葉卷  千葉  照葉狂言  葉唄都  一つ葉  ザワザワ葉  蝶葉  みどり葉  葉蔵  葉みじん  菜ッ葉服  対生葉  葉昭和十年十二月六日  大根二葉何  葉何  鴉葉  葉柳並木秋風  みの三ツ葉  耘斗葉  二葉三葉  一葉紅  一片葉  二葉三葉  万葉一途  つて万葉的要素  記紀万葉  葉ども  鉄葉  青色桐葉章  故人二葉亭氏  笹ッ葉  うた万葉  殆ど万葉集中  万葉自身  万葉人  万葉末期  其萬葉  もの葉  葉ぢ  めづる万葉歌人  唯万葉人  染つた葉  葉毎  丸葉柳  浮き葉  諸仏七葉  先祖七葉  葉とっぱ  ぐまれて葉  幸葉  わたし早月葉  根はり葉はり  菜葉塩鰯  菜葉おひたし  味噌汁二杯菜葉  菜葉汁  二葉三葉銀杏  短冊一葉  菖蒲葉  三ッ葉  かき葉  葉ッぱをおもちゃにしていました  絵葉  木ッ葉役人  水葉  日葉酢姫  淳葉田瓊入媛  二つ二葉屋  葉扇  芋葉  蛸葉  葉しら蓮絵師  羅葉  乱れ葉  木村様葉  早月葉  楓葉蕭條水驛空  穎割葉  たくさん葉  葉緑  幾葉  其一葉  上一葉  三葉葵  呉葉  時呉葉  言つて呉葉  呉葉達  行つた呉葉  呉葉來  呉葉たち  葡萄葉  葉まばら  葉ツ葉  葉ッパ  る言葉  今年葉  一葉二葉  もみぢ葉溪川  ぢ葉  ぢ葉わ  ざやけき落葉もみぢ葉  虫食葉  ちの葉  紅葉氏一葉氏  レ葉艇翩翩  葉莖  葉むら  葉鷄頭  巻き葉  上葉  丁度万葉時代  來る言葉共  色葉字類抄  葉生  記紀万葉以来  一ぺん万葉  絵葉書一葉  万葉その他  万葉古今  貝割葉  葉ッ子嚥  葉張り  羅葉樹  手爾葉  万葉以来  葉花共  葉ぐるみ青竹  秋ニナッテ葉ガ落チタ  秋ニナッテ葉  葉ガ落チタ  葉昌熾  葉公語二孔子一曰  西洋歌舞伎葉列武士  葉莚  圓葉柳  葉分  葉守  赤ら橘葉  葉染  葉びろ柏  紋葉  葉面  葉刻  巻葉  葉旗本  先生千葉氏  半切六葉  一葉女史  木ッ葉屋根  垂葉  枯ツ葉  俺ア葉ちゃん  俺ア葉  葉ちゃん一人  あんた葉  葉ちゃんとこ  木ッ葉船  浪葉  掛つた葉  静葉  葉以外  挿絵二十二葉  菜葉一把  立ち葉  竹葉館  万葉精神  ら葉  菜葉そ  芭蕉葉  いま一葉  寫眞二三葉  上古万葉  合つた葉  葉櫻  濡れ葉  葉間  この間二葉亭氏  文學嫌ひな二葉亭氏  群葉  葉並み  行つた照葉狂言一類  四千両小判梅葉  二三葉  庭木葉愁風起  一花二葉  根はり葉ほり部屋  四五葉  半ば葉  これ以上根ほり葉ほり  葉かさ  ひと葉手  葉繁み  葉屑  葉和歌集  根ホリ葉ホリ  來る言葉  根ほり葉ほり僕  葉はか  葉天狗  葉かげ越し  菜葉十銭  一葉一葉明らか  葉立ち  お茶ッ葉芝居  八葉堂  境内八葉堂  すべて万葉  累葉  木ツ葉天狗  藻葉  初期万葉びと  朴葉飯  お茶ッ葉  木ッ葉役者  一葉舟  根ホリ葉ほり  茂み葉  今度五葉  一枝一葉  葡萄葉形  葉ごと枝  御用聞大串葉絵片倉州蔵  大串葉絵  葉絵  つて葉  葉真珠  楓葉丹シ  葉笛  柏影霜葉喃語  厚葉シユロラン  蘆葉  落花飛葉  遼東九月蘆葉  葉マキ虫  つた葉  葉一枚一枚  一息吸つた葉卷  当時一葉  葉並  雑誌数葉  写真数葉  烏丸枇杷葉湯  葉模様  草ッ葉  あおい葉  葉ほり  我友二葉亭  根葉  二葉哉  竹葉神田川  鋸葉  闊葉細葉  瑞葉  水草ひと葉  照葉  葉ざくら見物  二葉屋  一枝半葉  葉化  塵ツ葉一本  根葉果茎一  葉上僧正  葉上僧正さま  葉上僧正栄西さま  時葉北三  葉竹  葉黄  朱葉  狼温泉二葉屋方  ば万葉以来  万葉中  万葉以外  歌万葉時代  万葉以後  此萬葉  葉廣柏  葉苞  葉肉  六葉奈  戯れ言葉  七葉樹上  口譯萬葉集  葉柳震慄  写真一葉領置  葉雪  葉流  葉ぶり  葉寄り  菜葉切り  菜葉庖丁  葉落ち  麻葉絞り  竹葉亭  先代竹葉  幾億万葉  養子葉  白井誠三郎ツカツカ葉  これ葉  お鏡様葉  日葉  誰一人葉  帰国以来葉  時代葉  ところ葉  私主人葉  ナニ鏡葉  いや鏡葉  ため葉  まま葉  彼葉  時鏡葉  翌日鏡葉  当主葉  葉掘り嫌  時千葉  葉武士  葉蓬  葉落  通りお茶ッ葉  ハチス葉  葉汁  葉娘  葉二片三片  揚葉  もみぢ葉燃  一体万葉  万葉気分  杉ッ葉  葉越さん  所々わくら葉  独り五葉山中  七つ葉  短冊数十葉  葉くも  葉自分  かな葉  二葉三ツ四ツ  半分葉  葉笹  びしげなわくら葉  一枚一枚葉  葉温  葉束  葉飾り  葉村家  一葉党  親しく一葉  くも一葉  白拍子一葉  葉染浴衣地  葉染浴衣  葉穿  針葉闊葉  ただ一葉  ひと葉ひと葉  それ一葉女史  玉葉八合  葉入れ  多く万葉  むしろ万葉  否万葉  葉活  葉形カード  葉唄  葉療法  諸国銘葉  本家枇杷葉湯  山々染むるもみぢ葉  幼葉  讓葉  拂つて錦葉  葉門中  葉、匁  葉卷形  万葉以後ただ一人たる  衆葉如煙  葉数  百合葉  月中望嶽八葉  万葉詩人大伴家持  三つ葉四つ葉  みどりわか葉  蔓つた葉  細葉  葉下  なん葉守  ニ三人葉  葉草付  三葉草  十数葉  ニ三両弐分ト葉銭ガタマッタカラ  記紀万葉あたり  葉漏れ  一杯三ツ葉  万葉学者  万葉人達  菜葉洋袴  斯る言葉  册二葉  今一葉  実生二葉  葉もろとも  葉蕃椒  金葉集講義  折書林太郎君墓銘数葉持参  一葉ゑがくところの  照葉女  名妓照葉  葉松石  従来万葉  る言葉使  梅葉姐さん  根ほり葉ほり探り  こと梅葉姐さん  梅葉さん  葉落葉  蓮華八葉  常緑葉  根ほり葉  くら葉  命葉  鎧つた葉  葉照り  わき葉  らひと葉  袖うつひと葉  わか葉なさけ  秋もみぢ葉  ひと葉  葉わか楓  宮わか葉  葉一枚千圓  若芽三葉  掩うた葉櫻  葉村一座  葉村  百葉  霜葉黄  杉直し五葉  葉守り  葉ずえ  頃一葉  芸術家一葉  毎朝一葉  丁度一葉  とき一葉  作者一葉  一葉ひとり  大体一葉  昔一葉  生国千葉  其万葉  青垣山の神樹葉  万葉要素  所謂万葉ぶり  新派万葉ぶり  大夫葉公  葉公  静葉さん  葉落ち枝  づみ葉  葉つもり  菊葉会  葉たる  肥葉  廣葉夏  葉先ひとつ  葉くら  摩訶伽葉  ぐたりと葉  葉記者  一・二句万葉  多く万葉調  葉辺  葉集南朝  葉石久米雄氏  葉石久米  葉石氏  葉石等志士  葉石  葉石ら  身寄り葉  八葉剣輪違い  葉かげ等  蜂葉助手  蜂葉十六  蜂葉  蜂葉青年  霜葉甚佳  葉舒  尾崎紅葉著一葉全集  こと四五葉  頃二葉亭  時分二葉亭  皆二葉亭  その頃二葉亭  哈爾賓行二葉亭独特  偶然二葉亭  丁度二葉亭  ツマリ二葉亭  時二葉亭  一つ二葉亭  結局二葉亭  楓葉錦  銅板山水一葉  パステル裸体図一葉  色葉  根ほり葉掘り  葉掘り研究  木ツ葉海賊奴  八葉潟  つた菜葉  有柄葉  葉表  柿葉兄  根っきり葉っきり  塵ッ葉一つ  葉掘り質問  幹葉  地図一葉  ひとりびとりこと葉  こと葉つき  朴葉  茶ツ葉茶ツ葉一雀ア  茶ツ葉  茶ツ葉小雪ヤ  雀ア茶ツ葉  きの葉  葉群れ  針葉樹及闊葉樹  木ッ葉みたい  常磐葉  五万分一図葉  図葉  ばつた一葉  葉掘り追窮  葉かげ濃やか  馬鈴薯ハ葉ハ樹ニ  葉ハ樹ニ  根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉  葉心  葉アリ  タリ葉ハ  葉片下  葉鞘  葉ヤナギタデニ  鞘葉  リーキ葉  付き葉  葉片  シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ  リシニ葉  セシモノヽ別ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品  変化物ナラント云ヘリ当時余モ葉  タリ此度ハ其生ズル処ハ葉  葉叢生  葉縁  硬質葉  葉蘆  葉東  ロニアリ片葉  云片葉  一物也其余証拠略之万葉  如シ高一寸許葉スギゴケ  如キ細葉簇生ス深緑色ナリ  五雑組云楚中有万年松長二寸許葉  三葉四葉  葉亭  苞葉  葉質  深緑色葉面  葉裏帯紫色  辺葉  托葉  三出葉  みな三出葉  はじめ三出葉  葉緑体  二葉亭論  云る言葉  写真一葉添附  万葉びと  葉枯木  赤ちゃけた虫くい葉  今日万葉  毎年毎年葉  葉包  芹葉塩釜  金葉時代  心葉  もみじ葉  苺葉かげ  葉紹鈞  縮葉甘藍  静葉ねえさん  葉隱  葉隱武士といつて  葉触れ  葉よう  この間一寸一葉  今日一葉  葉漬け  蔓葉  葉盛り  茂葉  ざわざわ葉  腐れ葉  葉野郎ども  八つ手葉裏  枯草葉  杉葉垣  切図三葉  葉つなぎ  折葉  折葉十二  折葉さん  杉葉玉  むら葉  一葉日記  葉房  きのう一葉  今度一葉  葉露  通り葉  檀葉  代り照葉  鉄葉ズボン  葉序  舟一葉浮世  舟ひと葉ゆ  陣一葉輕  葉爾羌  葉の  葉芥子  大庭葉藏  葉藏  葉ちやん  葉藏の  葉藏ひとり  椋葉飯  蘇葉居  縁葉  貝葉梵本  貝葉  五つ葉  銑葉  葉電車  柔い草葉  葉人  君小竹葉刺國大  竹葉高  神葉廣祝  葉盤  葉翅  葉ずくなに  ばつた葉  青蓮花葉廿茎  すえ葉  三分の一以上葉  葉鐵  圓葉楊  かしく葉  葉廣熊白樹  宛然葉  円葉楊  こぼれ葉  む女郎花下葉  紅蓼葉  花葉鷄頭は種  山本碧葉  碧葉  碧葉晝顏  葉形模様  五葉位  蘆葉達磨  秋露梧桐葉落時  蘆葉達磨図  絵葉書三葉  葉恭綽  醋葉  万葉所載  鶴葉  葉とも  葉洗  葉ほり詮議  左半葉  残り半葉  



前後の言葉をピックアップ
葉煙草        葉茶屋    葉鶏頭      パアパア


動詞をランダムでピックアップ
むし返さ与ろ煮えくり返もたれん飛びまわるよみがえら当てはまり休め負かす到っあばれよ老け込ん借り入れる否む切りぬかおしのけるおけんかえししみ込み寄添っ
形容詞をランダムでピックアップ
擽ったかってばやく情けなし委しいこころぼそい似合しから清清しい色っぽく黒し拙けれ珍しかろ憎くよけりゃあどけなかっむずかしい重う物堅う見やすき濃けれ