「掛っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 掛っ[動詞]
井戸へ掛っ  飯に掛っ  従頭面白いに極めて掛っ  半襟の掛っ  独りで極めて掛っ  医者に掛っ  病気に掛っ  二十人ぐらい掛っ  手に掛っ  処へ乗し掛っ  方へ来掛っ  事業に取掛っ  かさに掛っ  看板が掛っ  気に掛っ  壁に掛っ  水が降り掛っ  声が掛っ  慾に掛っ  慰めに掛っ  時間が掛っ  電柱により掛っ  ちょっと一時間ほど掛っ  上に掛っ  貧相に掛っ  鼻に掛っ  咆り掛っ  いまその男から電話が掛っ  夕方まで掛っ  ちょっと時間が掛っ  豹一をなめて掛っ  公衆電話が掛っ  電話が掛っ  豹一から電話が掛っ  タイルにより掛っ  自尊心を傷つけて掛っ  セカンドで掛っ  のが掛っ  森に掛っ  目に掛っ  鍵が掛っ  顔に掛っ  たんが掛っ  霞が深く掛っ  今はもうあき掛っ  カバアの掛っ  突起にさし掛っ  咽喉にひっ掛っ  覆面が掛っ  靄が掛っ  癪に触るといって喰って掛っ  ペッタリと掛っ  倚り掛っ  猿ヶ馬場に掛っ  頸筋に掛っ  雲が掛っ  十日も掛っ  柱に掛っ  居間に掛っ  探り手が掛っ  鍵は掛っ  端に、掛っ  秘策に掛っ  手間の掛っ  束になって掛っ  猿階子が掛っ  軒がくずれ掛っ  時間も掛っ  何時間も掛っ  胸に掛っ  はずみに掛っ  端に掛っ  障子に掛っ  いくつも掛っ  行灯が掛っ  レコードが掛っ  嫌疑が掛っ  電波が掛っ  二時半まで掛っ  ハメ手に掛っ  体をなめて掛っ  安二郎に喰って掛っ  額が掛っ  もとへ掛っ  路上に、壊れ掛っ  本舞台にさし掛っ  凭り掛っ  毛にひっ掛っ  魚が掛っ  一度に掛っ  九郎へ襲い掛っ  一遍に掛っ  眼に掛っ  鍵の掛っ  手数が掛っ  迷惑が掛っ  人手に掛っ  手柄が掛っ  所存はねえに極まったとも云わないが、請け出しに掛っ  この間から大分気に掛っ  入費が掛っ  所へ落し込もうと、たくらんで掛っ  口まで出掛っ  大分暇が掛っ  普請に掛っ  丸木橋が掛っ  階梯が掛っ  火打袋が掛っ  一緒に掛っ  縄に掛っ  短冊が掛っ  部屋に掛っ  ソファに凭れ掛っ  お貰いが掛っ  昔なら食って掛っ  門標の掛っ  頬に掛っ  アトラクションの掛っ  梶鶴雄に掛っ  首が掛っ  膝に凭れ掛っ  目褄に掛っ  勤めに掛っ  富山へ掛っ  沓川へ掛っ  沓へ掛っ  信州路へ掛っ  道が悪うございますよ、崩れ掛っ  欄間に掛っ  逃げに掛っ  越後地へ掛っ  信濃路へ掛っ  声を立てに掛っ  死に掛っ  馬籠に掛っ  柄袋の掛っ  養生するにも長く掛っ  山道へ掛っ  山路に掛っ  御船蔵前へ掛っ  元町へ掛っ  苫が掛っ  札が掛っ  札の掛っ  今三村ドクトルに掛っ  それから事務に取掛っ  重量が掛っ  蜘蛛の巣に掛っ  守育て、傾き掛っ  時から誰でも呑んで掛っ  実行され掛っ  正体も、少し見え掛っ  橋が掛っ  追手が掛っ  聯って掛っ  小屋が掛っ  それに掛っ  実験に取掛っ  髪を伸ばしに掛っ  炉に掛っ  活動小屋にも掛っ  映画が掛っ  城を乗取ろうとして掛っ  勢凄じく取って掛っ  手間ばかり掛っ  まじないこそ掛っ  郷愁に掛っ  軸に成って掛っ  杉も、手伝いながら来て、掛っ  額の掛っ  面白い家庭なぞを造ろうと思って掛っ  三月ばかり掛っ  隧道に掛っ  仕度に取掛っ  仕度にと掛っ  名主へ掛っ  旅人に掛っ  それ/″\へ掛っ  庚申塚へ掛っ  手桶に掛っ  何時電報が掛っ  先に考えて掛っ  世の中を見直そうと掛っ  肩に掛っ  仕事に取掛っ  ように掛っ  俊にまで掛っ  月が掛っ  斗り掛っ  錠は掛っ  肩上に掛っ  だって先生、逃げ掛っ  片手に敗けて、出掛っ  平泳ぎに掛っ  雁字搦に掛っ  弁解に掛っ  言解きに掛っ  ようにして着せ掛っ  橋の掛っ  額から頬に掛っ  号令が掛っ  煤びた額が掛っ  仕事に掛っ  内務大臣に喰って掛っ  額も掛っ  おれに食って掛っ  私に食って掛っ  海上三十七日も掛っ  のか、掛っ  方から掛っ  米友は続いてこう言いましたけれども、掛っ  襦袢なぞがよく掛っ  絨氈が掛っ  ここに掛っ  上に死に掛っ  引金に掛っ  四十日も掛っ  上におどり掛っ  ボートルレはしばらく掛っ  策略に掛っ  少年はおどり掛っ  俺だって十日は掛っ  扉に掛っ  レイモンドはよろよろと倒れ掛っ  軒燈の掛っ  梢さがりに掛っ  実行に取掛っ  内から鍵こそ掛っ  頭上からバッサリ落ち掛っ  後ろに掛っ  綴織の掛っ  ところに掛っ  斜めに掛っ  いつでも掛っ  開墾事業に取掛っ  三十年も掛っ  七時間も掛っ  ガチャリと掛っ  光輝を放って掛っ  衝立に掛っ  罠に掛っ  玉子の掛っ  枕を並べて寝に掛っ  瀧を組み伏せ、乗し掛っ  私を打ちに掛っ  親方に打って掛っ  所に掛っ  仕付の掛っ  中洲に掛っ  折田村で殺そうと掛っ  薄ら埃の掛っ  落着いて掛っ  乱雑に掛っ  ものが掛っ  床に掛っ  覆いが掛っ  始めから承認して掛っ  もみが掛っ  屋根が掛っ  陥穽に掛っ  簾の掛っ  研究室に掛っ  資本が掛っ  仕事場に掛っ  飛沫が掛っ  縄暖簾の掛っ  棒に掛っ  周旋屋にひっ掛っ  息が掛っ  睫毛に掛っ  銅像の覆掛っ  劇場に掛っ  胆を据えて掛っ  繩落しに掛っ  粟に食って掛っ  間接療法に取掛っ  方に取掛っ  心ごと打ちこんで掛っ  カーテンが掛っ  なにも掛っ  霞が掛っ  車より堕ち掛っ  遊びに掛っ  飯を炊ぎに掛っ  無事に掛っ  授業に掛っ  袖へ掛っ  払暁まで掛っ  玉川に掛っ  倚っ掛っ  霧が掛っ  霧を捲いて掛っ  引締て掛っ  昨日山路に掛っ  ユリ子から電話が掛っ  空へ掛っ  松に掛っ  逆さに掛っ  ところへ掛っ  其処に来掛っ  村雨が掛っ  殺人回転刀に掛っ  床几に掛っ  暖簾の掛っ  額なども掛っ  釘に掛っ  食卓掛の掛っ  林謹直から電話が掛っ  のか、崩れ掛っ  爪皮の掛っ  傍に掛っ  小一時間も掛っ  二百両は掛っ  方ばっかりに掛っ  襟の細く掛っ  文句なしに掛っ  一時間も掛っ  掛蒲団が、掛っ  物掛けに掛っ  咽喉まで出掛っ  隅に掛っ  そこに掛っ  針にひっ掛っ  階段に掛っ  私に喰って掛っ  掛物も掛っ  彼にもつれ掛っ  滝が掛っ  見世物小屋が掛っ  身体ごとヴァイオリンに挑み掛っ  油単が掛っ  手から執拗に襲い掛っ  一医師から電話が掛っ  火鉢に依掛っ  額縁が曲って掛っ  旅費も掛っ  火が降り掛っ  燐燵の消え掛っ  卓子に掛っ  所へ掛っ  積りで掛っ  網に掛っ  真逆に死に掛っ  軸物が掛っ  ものがふわりと掛っ  釣荵がまだ掛っ  幌が掛っ  処へ掛っ  紫が垂れ掛っ  鍋も掛っ  面でも掛っ  頬にさえ掛っ  伊勢路へ掛っ  羽織が掛っ  指に掛っ  階子が掛っ  剤に掛っ  ものは掛っ  磨硝子の掛っ  横額が掛っ  魔法に掛っ  襟の掛っ  県道へ掛っ  しぶきが随分掛っ  用意に掛っ  軸が掛っ  雨曝しとなって掛っ  竈に掛っ  運命が掛っ  調べ物に取掛っ  圧倒しようと掛っ  トリックに掛っ  色が掛っ  一つ、ひんまがって掛っ  欄干に掛っ  女共に挑み掛っ  外に掛っ  八重子がひっ掛っ  それから陽子を説き伏せに掛っ  浮浪者狩りにひっ掛っ  電話なぞ掛っ  名を捨てて掛っ  からまた掛っ  網にひっ掛っ  見越入道で、蔽われ掛っ  毛氈が掛っ  梢に掛っ  表札が掛っ  建築に掛っ  レヴュが掛っ  興行が掛っ  架に掛っ  紐を解きに掛っ  近く迄伸びて来掛っ  方に掛っ  暇が掛っ  名札が掛っ  洋服が掛っ  ワナにひっ掛っ  初め長く掛っ  半分化石し掛っ  絞殺に掛っ  前に来掛っ  いかほど日数が掛っ  半夜さばかり掛っ  歇み掛っ  口が掛っ  巣にひっ掛っ  モトの掛っ  頭から極めて掛っ  太鼓橋が掛っ  石橋が掛っ  掛軸になって掛っ  篆額が掛っ  人はどうしているかしら、切れ掛っ  格子が暑くるしく掛っ  予期して掛っ  あたりにだんだんと掛っ  さんから電話が掛っ  程に掛っ  者に限って掛っ  関を飲んで掛っ  何人も掛っ  七〇年まで掛っ  今まで掛っ  朝まで掛っ  太刀を回して、切って掛っ  タイピストが掛っ  



前後の言葉をピックアップ
かかせ  係っ  懸っ  罹っ  繋っ  架かっ  かかっ  懸かっ  掛かっ  架っ


動詞をランダムでピックアップ
いたせ載ら寄せよ逃げ延び配り歩くまるめ立ち後れ乾す取りこめこらえろわき返る読み分ける威かしのりこみ横たえ売ら畳める鳴りわたり縮れ摂し
形容詞をランダムでピックアップ
よんどころ無しはらだたしほろ苦くおぼしいひだるいぽく早かれ面白ひ弱かっ円くっ気まずくくくあらあらしいしおからい楽しゅう生暖かく古めかしうそ寒く物狂おしき