「詠む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 詠む[動詞]
狂歌を詠む  何心なく詠む  歌を詠む  子を思うも恋い思うとばかり詠む  後に詠む  杓子も詠む  詩を詠む  花の吹きちるを詠む  内的事実である様に、詠む  人事を詠む  歌など詠む  いくつも詠む  歌もよく詠む  朝夕に且つ吟じ且つ詠む  処を詠む  調を以て詠む  物を詠む  客観的に詠む  景色を詠む  歌に詠む  如く歌を詠む  天然物を詠む  夜に詠む  者の詠む  句に詠む  ところを詠む  歌は詠む  ために詠む  勵ますために詠む  時に詠む  一首二首と詠む  絶唱を詠む  捉へて詠む  一人で詠む  事をのみ詠む  活して詠む  下に詠む  長歌を詠む  調子には詠む  秋と思ふと詠む  嘘を詠む  正直に詠む  歌よみの詠む  重きを措きて詠む  客観的にのみ詠む  通りに詠む  牡丹と詠む  客觀的にのみ詠む  時には詠む  花鳥風月を詠む  事も詠む  土佐で詠む  ひとつも詠む  眼を詠む  歌も詠む  



前後の言葉をピックアップ
読み破っ  読み破る  読み分け  読み分けよ  読み分ける  読む  讀む  ヨム  よむ  よめ


動詞をランダムでピックアップ
あつかお至っみまう眠ろ治まりまよううけるおれる漉し口ずさみ採りあげる攻寄つかわそ責めろふきとら立ちはだかっ凪い競ら入浸り
形容詞をランダムでピックアップ
要心深く難しゅうねばし何気無くとおく思いがけなかっやさしく芳ばしからこそばゆともし後ろめたすばしこくいろっぽいわるき畏多い根ぶかいあまく素早く浅黒き懐しかっ