「愛さ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 愛さ[動詞]
誰にも愛さ  大衆文学として広く愛さ  菊池文学が愛さ  評価され、愛さ  ものとして敬い尊び愛さ  ため男おんなに愛さ  同僚達に愛さ  誰が愛さ  誰からも愛さ  なかに愛さ  土地を愛さ  謬つて伊曾に愛さ  品物として愛さ  母に愛さ  今よりも愛さ  神を愛さ  神に愛さ  私に求めに、愛さ  私を愛さ  あなたが、愛するよりも愛さ  それには愛さ  ように愛さ  偏愛的に濃く愛さ  人に愛さ  父親に愛さ  の子を愛さ  肩に止まって愛さ  妾自分が愛さ  国を愛さ  性質を愛さ  非常に愛さ  洋楽愛好家にとって愛さ  人々に愛さ  ペーソスとをもって愛さ  同級生に愛さ  何人からも愛さ  其氣になれば愛さ  クラリモンドを愛さ  わたくしは恐れられるよりも、愛さ  内容的にはたいへん愛さ  僕の愛さ  ところで愛さ  ひとに愛さ  からも愛さ  伊能矢柄にも、愛さ  タイプに愛さ  秀吉に愛さ  抱擁と認められ愛さ  父信長に愛さ  民衆に愛さ  みたいに愛さ  真剣に愛し愛さ  青年に愛さ  のを愛さ  国人に愛さ  國人に愛さ  ものが愛さ  物語を愛さ  身命を愛さ  武人銭を愛さ  敬はれ、喜ばれ、珍しがられ、愛さ  通に愛さ  これを愛さ  年上の女に愛さ  為とか、愛さ  董相国にも愛さ  方にこよなく愛さ  日本人に愛さ  ひとも愛さ  方から、ちつとも愛さ  女に愛さ  親に愛さ  兄弟に愛さ  良人に愛さ  自分には、愛さ  自分も亦愛さ  母上の愛さ  自己を守り、最も愛さ  お前は愛さ  将軍が愛さ  子のごとく愛さ  厭やがられず愛さ  一番青年に愛さ  クラリモンドに愛さ  下宿人を愛さ  お前を愛さ  執拗に愛さ  女たちにいつも愛さ  野村に愛さ  私は愛さ  男に愛さ  ために愛さ  平和を愛さ  女として愛さ  あなた方に愛さ  不幸とは愛さ  貴女は、愛さ  尊敬せられ愛さ  誰をも愛さ  正義を愛さ  美人といえば、愛さ  私たちは、互いに愛さ  敵でも愛さ  記代子を愛す愛さ  君にすてられようと、愛さ  マダムに愛さ  甚く愛さ  倍以上に愛さ  愛撫するかも知れぬが、愛さ  今自分は愛さ  孫達に心から愛さ  自分が愛さ  ひとを憎まず愛さ  妻として愛さ  コケツトとして愛さ  容貌によって愛す愛さ  楽屋裏的嗜好は最も愛さ  達雄に愛さ  みんなに愛さ  汝、愛さ  石川五右衛門が愛さ  万人に愛さ  誤解したり、強いて愛さ  上で愛さ  大変に愛さ  彼を愛さ  目上には深く愛さ  国民に愛さ  政宗に深く愛さ  方がむしろ真に愛さ  上皇に愛さ  多くに愛さ  妙に怖れ愛さ  あなたからも愛さ  殿方からそんなに強く愛さ  尊敬を受けて、富み、愛さ  理解され、愛さ  好きで愛さ  まり平和を愛さ  者をして愛さ  人類として愛さ  かわり人に愛さ  夫をも愛さ  ために、愛し愛さ  特に両親に愛さ  プストヴァーロフ夫婦はひっそりとおとなしく、互いに愛し愛さ  自分が愛し愛さ  私はそれほど、恵み愛さ  人だって、愛さ  ものは愛さ  彼らからもまた愛さ  相手が本当に愛さ  人民からいかに愛さ  秋岡陣風斎に愛さ  自分のものと呼んで愛し愛さ  わたしを愛さ  函館を愛しまた愛さ  私はいつも愛さ  夫に愛さ  美人に愛さ  だれからも愛さ  父に、愛さ  ことは愛さ  シンバルを愛さ  影を愛さ  お松に愛さ  若い霊魂は愛さ  東京錦絵風景を好んで愛さ  人民に愛さ  誰からでも愛さ  無理にでも死に至るまで愛さ  なにびとをも愛さ  シイカは愛さ  ことが愛さ  働きは、愛さ  祖母に愛さ  押っかぶさるほどに愛さ  銭を愛さ  女の子、愛さ  者と愛さ  他を愛さ  成輔に愛さ  老人にも愛さ  土民に愛さ  奥様は愛さ  君は、愛さ  僕に愛さ  烏帽子を愛さ  彼は愛さ  子を愛さ  有名になって愛さ  有名になって、愛さ  金持ちになって、愛さ  バルキスを愛さ  あたしを愛さ  ゴオチェとして愛さ  これが愛さ  女が愛さ  庶民に愛さ  ひろ子なりに、愛さ  ころから武子さんを愛さ  武子さんは、あまり広く愛さ  自分の愛さ  のか愛さ  日から母親として愛さ  者は必ず愛さ  時の愛し愛さ  子だと愛さ  先生には愛さ  細君に愛さ  彼は愛しようともしないし又愛さ  新月を愛さ  英才を愛さ  うちにはいってくると、愛し愛さ  立木を愛さ  今まで、愛さ  こちらから愛してるのでついには向うからも愛さ  から、愛さ  彼女にとっては愛さ  あなたを愛さ  彼から自分が愛さ  うちにあるので、愛さ  あんたを愛さ  お前を、ちっとも、もうちっとも、愛さ  自分が愛しておりまた恐らく愛さ  まことに愛さ  もっとみなに愛さ  ドイツ人に愛さ  自分自身をも愛さ  音楽を知らせ愛さ  ような、愛し愛さ  ものからは愛さ  みんなに温く愛さ  人々からしかほんとうには愛さ  恋人に愛さ  女などにはどうにも愛さ  われらが愛さ  更衣は、愛されれば愛さ  恋に堕ちて、すぐにまた愛さ  君があんなに悲しまれるほど愛さ  お母さんに愛さ  死者から嘗て愛さ  源氏に愛さ  どれだけ愛さ  明石夫人が愛さ  不当にすばらしく愛さ  明石夫人がいかに深く愛さ  のだから、それほど愛さ  尊敬されず、愛さ  私たちは、愛さ  中将は最も愛さ  真理を愛さ  隣人をいっそう愛さ  相手を愛さ  生を愛さ  音楽が愛さ  彼女と愛し愛さ  自分を愛さ  院に愛さ  だれよりも愛さ  自分より多く愛さ  ことでしょう、愛さ  若者に愛さ  中ですぐれて愛さ  私が愛さ  気の毒でしたし、愛さ  多く人に愛さ  人が愛さ  自分だけとして愛さ  発展をとげて愛し愛さ  下心なしに愛さ  夫に愛し愛さ  彼はもう愛さ  待遇を受けて、深く愛さ  ほどに愛さ  守は愛さ  娘ほどに愛さ  隔てをして愛さ  命に代えたいほどに愛さ  方にお愛さ  大将に愛さ  貴人たちに愛さ  一人に愛さ  人であれば、深く愛さ  誰かを愛さ  幸福になり愛さ  誰にでも愛さ  フランス人を愛さ  微笑を愛さ  前ほど愛さ  美妙に愛さ  ことがつまり愛さ  永久に愛さ  蓉子に愛さ  信ちやんに愛さ  信ちやんは愛さ  僕は愛さ  宮子に愛さ  日本を愛さ  問題は、愛さ  人生を愛さ  無頓着を愛さ  理解し愛していたか、また愛さ  から女に愛さ  労働者にむさぼり読まれ、そして愛さ  娘を愛さ  のだから、そんな愛さ  なかに語られている、愛さ  衆人に愛さ  理解され愛さ  異性に愛さ  姉に愛さ  ことも、愛さ  名士に愛さ  瑣事を愛さ  為に愛さ  生徒たちは、愛さ  王子様に愛さ  岩山を愛さ  高山を愛さ  愛する人を愛さ  己れを愛さ  村人に愛さ  んじられても、親しまれ愛さ  人間に愛さ  体を愛さ  君を愛さ  心、また愛さ  深井を愛さ  みんなに愛し愛さ  むかしたいへん愛さ  それからさらに愛さ  同輩には愛さ  愛すべき人たちに知られ愛さ  幸福で愛さ  宣告を受け、愛し愛さ  ために、愛さ  文学とは愛さ  女をも愛さ  伯父から非常に愛さ  芥川さんの最も愛さ  点で愛さ  それとして愛さ  オセロを愛さ  好きこのみで愛さ  二人にだけ愛さ  誰だつて愛さ  者に愛さ  人達に愛さ  生活を愛さ  藝術を愛さ  円本成金に愛さ  一つとして愛さ  自分はこんなに愛さ  惱んだり、苦しんだり、愛したり、愛さ  側からの愛さ  光ちやんからも愛さ  樣に愛さ  生活をも愛さ  私に愛さ  君江に愛さ  いつまでもいつまでも愛し愛さ  宗介を愛さ  愛敬に、愛さ  息子に愛さ  草花を愛さ  愛する人には愛さ  漆器が愛さ  三駒などといって愛さ  農家などで愛さ  から茶人たちに愛さ  読者に愛さ  ものにも、愛さ  祖父に愛さ  その後ますますほめられ、愛さ  側室を愛さ  衡に愛さ  天皇により深く親しまれ愛さ  すねもし、そして、愛し、愛さ  者を愛さ  ナントナク都民に愛さ  眼をこそ愛さ  民器を愛さ  お里に愛さ  自分だけで愛さ  結婚するほどには愛さ  万人によって愛さ  美を少しも愛さ  枝は甘えて、また、愛さ  誰人にも愛さ  三枝子に愛さ  だれからも、ほんとに愛さ  女郎に愛さ  あんたに愛さ  友を愛さ  方が愛さ  此上なく愛さ  男子に愛さ  母として愛さ  ほんとでありながら、愛さ  先生に愛さ  少女に愛さ  実相寺氏等にもかなり愛さ  両親があって、愛さ  幸福で、愛さ  みんなからたっとばれ愛さ  ぶんを愛さ  弟子を愛さ  生活などが読まれたり愛さ  母親からは愛さ  母から溺愛的に愛さ  己も愛さ  支配人デー・ダブリュ・クロフォードに愛さ  男を愛さ  昔から受け身に愛さ  詩人によって愛さ  混同、愛さ  女は愛さ  のですから、やはり愛さ  女、そして深く深く愛さ  もっと子供を愛さ  下にのびのびと生ひ立ち、よく愛さ  平等に愛さ  人にも愛さ  こうもりなどに、愛さ  花もちっ共愛さ  お前の、愛さ  いつまでも皆に愛さ  星を愛さ  日々が愛さ  父鴎外によって深く愛さ  年々に愛さ  世界中の人にほめられ、愛さ  まり次兄を愛さ  花を愛さ  働きものだと云うので愛さ  秘密が愛さ  祝福されようか、愛さ  人を憎まず、愛さ  桔梗様にも愛さ  君江どんにも愛さ  上流に愛さ  人を愛さ  誰も愛さ  書が愛さ  人は愛し又愛さ  平家琵琶を愛さ  崇徳天皇に愛さ  大衆に愛さ  さを愛さ  彼等に愛さ  一飯を遣ったとすれば、その愛さ  器を愛さ  僧に愛さ  之を愛さ  九太さん九太さんと云って愛さ  母にも愛さ  価値のある、また心から愛さ  畸行ぶりを、愛さ  猫ッ可愛がりに愛さ  中で、すでに、愛さ  自分に愛さ  父ヴェストファーレンに深く愛さ  



前後の言葉をピックアップ
愛好  愛国  愛国心  アイコノクラスト  愛護  愛妻  相坂  あいさつ  挨拶  逢崎


動詞をランダムでピックアップ
はたらかせ増さるねぎらわ名指すさしあげろ溶けあっ貰いせせる立ちはだかっ止れ鳴き頻っいいふらさ論ずれならん突っ転ばす省いそこなえ吸い取り香っ売り飛ばさ
形容詞をランダムでピックアップ
ほそほそくつらにくし思いがけなかっあわただしき臭くやわらかきはや堪え難おぞまし疳高いぶあつ暗かっ賢くあたらき肌寒かっやわらかいじょさいない