「彩」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 彩[動詞]
ニュアンスをもつて彩  場面を彩  空をも彩  脂粉に彩  西日に彩  金色に彩  和歌風に彩  色に彩  一生を暗く彩  藍色に彩  紅にて彩  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
彩をこしらえた  彩が浮かび  彩があって  彩して顕れると  彩で道行く  彩にはただ驚くより  彩どられた  彩を分けて  彩どる薔薇の茂みに二人座をしめて瑠璃に似た  彩は影を潜め  彩ある小鳥の翅が樹の枝がくれに飛んだり下りたりする  彩どるのだろうと思います  彩どる役目をもっていた  彩も乱れて  彩が動き  彩どる袋に眼を着けて  彩ある七福神の模樣を織りたる  彩どつて居る  彩を持つ  彩をつけて  彩取っていて  彩に美しきおん目を拝ませてくださいますならば  彩が加わって見えた  彩どる事が出来るので  彩しあり  彩が拡がってゆく  彩なす雲にうちのりて  彩にうつろふ  彩なロマンティシズムがうけいれられながら  彩を変えていた  彩を続けている  彩つてあげようから  彩ほそき別れては  彩へ移る  彩したパジャマの片袖におどろかされた  彩と外の淡彩で好い諧調が構成されてゐる  彩ある像をゆびさして  彩を示し  彩を与えます  彩と模様のある  彩の多い点でまた柄が麗わしい  彩に芽を吹いた  彩ある女帯が目を打つと  

~ 彩[名詞]1
中に彩を  紅の彩が  紅葉の彩に  目も彩  紫とが彩を  夏を彩  複色の彩は  眸を彩  裏面史を彩  絵の彩も  衣の彩  雲に似た彩が  華やかに彩  巌頭を彩  つた草を彩  ような彩を  とっぴに彩を  形で彩  あなたさまの彩に  原稿紙を彩  青に彩  故郷の彩  緑の彩が  夢を破りいで彩  紅の彩に  景色を彩  冬の彩を  虹の彩  墨書きや彩  刺繍を彩  義経の彩  生活の彩  織物類は彩の  恋の彩  さまざまの彩に  眼に沁み入るばかりの彩  陸の彩も  

~ 彩[名詞]2
淡い彩  濃い彩  濃彩  赤い彩  美しく彩  極彩  美しい彩  よい彩  

複合名詞
彩筆  霊彩奕  ざなみの彩  彩画  彩つて  彩文  主人陳彩  陳彩  後陳彩  彩糸  絵彩  彩つた  佐伯彩路さん  彩さまざま  以テ彩ル  彩つた少年  粉彩  雲彩寺  李彩  宝彩  白像彩塑  彩光  彩画かい  香彩童子  文彩  風彩  彩描  彩料世界  点彩  彩紙  彩畫  蛋白彩  血彩  衣彩  彩つたポスター  彩旗  香彩  恰是彩舟宮女  乱彩ぶり  神彩  彩一賽  一彩  至つて風彩  彩つた船  傅彩  彩具  彩燈  彩画記載  模彩  彩羽  豊情豊彩  一彩毛  彩紅  艶彩  彩ちゃん  彩筆報国  電光彩戯  彩料  彩り絵  丹彩  彩鸞簾額著霜痕  彩旗花  彩絹  彩飾  容貌風彩  彩布  彩圖  百彩  傅彩画面  彩紋  彩玻璃  ため彩  綺らびやかな彩光  彩光どおり  洋彩  和彩  神彩奕  霊彩  伝彩  彩つた團扇  



前後の言葉をピックアップ
彩ら  いろどら    彩り  色どり  彩り  彩る  いろどる  彩れ  彩れる


動詞をランダムでピックアップ
あてはまっ召し上げけしとば張りきら映し出さ煙たがるがさついけちら上ろ言えよひくめいき恍け置このし歩くひろいあげ聞せまえる突っ伏し噴き出そ
形容詞をランダムでピックアップ
もろくっはなはだし眠う疎く女らしいひさしわるからたゆき疑い深い軟かきてっとりばやい花はずかしい訝しかっ仲良くこむずかしきのっぴきならなかっ怪しゅうたくましき薄くっいきぐるしい