「動き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 動き[動詞]
そこに動き  いろいろに動き  ままですこしも動き  方も動き  程忙しなく動き  上に動き  側に粘り附いていて動き  これは動き  動きまたすこし動き  ように動き  のを、動き  一せいに動き  方に動き  ように乱れて動き  私的利益によつて動き  必然的に動き  眉がぴりぴりと動き  ブルドーザーが動き  壁は、絶えず動き  建物に向かって動き  煙を吐いて動き  ミカドが動き  風は動き  要求に従って動き  気が強く動き  把手を握っておしてみましたが、びくとも動き  上下に動き  尻を突いてみましたがなかなか動き  事実が動き  風雲に動き  いや願念寺は動き  自由に動き  げに動き  裡に動き  石はびくとも動き  地方に動き  腕が動き  舟の動き  微塵も動き  気持が動き  機運が動き  動きで動き  おぼろげに動き  カップ・ボオド、動き  車は立ちどころに動き  足が動き  西岡が到底動き  電車の動き  全身がよく動き  襷こそ掛けなかったが、明けても暮れてもコトコト動き  潮騒いをもって動き  クネクネと動き  発展的に動き  河には動き  微妙に動き  鋏は又動き  情が動き  従順に動き  私達も動き  チョロチョロチョロチョロと動き  右往左往に動き  此上いくら言つたとて動き  ものでは動き  椅子を動かしたり動き  方へと動き  好奇心はにわかに動き  せいか、むくむく動き  中が動き  のをみせつける如くノロノロ動き  つて忙しく動き  力一ぱい押して見ても、動き  警察が動き  やうに動き  水盤は動き  私がなかなか動き  心が動き  そこを動き  中で動き  追加取材に動き  手はすぐに動き  ここでも再び素早く動き  一緒に動き  労働者の動き  眼玉がぐるぐると動き  気配が動き  交互に動き  とろとろと絶えず動き  針が動き  気分も動き  機能はおのずから動き  柱につかまって、動き  恰好で動き  らるるまでは、動き  扉が動き  ようにぐらぐらと動き  どっちへでもよく動き  ジワジワと徐々に動き  大岡殿も動き  首が動き  一時駸々として動き  夕雲が、むくむくと動き  てこでも動き  それから忍びやかに動き  何か動き  一寸も動き  滑るように動き  いたずらに、動き  合理的に動き  干戈つねに動き  心はすでに動き  様に動き  あっちへ動き  がたがたと、動き  搖つて地が動き  影像が動き  きゅうりは動き  運動は動き  とおりにひとりでに動き  恋は動き  砂利道を動き  オドラデクはひどく動き  それらしく動き  ガタガタと動き  肉体が、ぴくりぴくりと動き  外郭とに動き  いまに動き  ようで、なかなか動き  社会は激しく動き  文芸もまた動き  挺でも動き  ように、動き  重荷に動き  水も、止まって動き  らを動き  顔に動き  方向に動き  人形は動き  嘴疾く動き  ことのない、すばしこく動き  竹が、ぴくぴく動き  チョン切られても動き  のか、ビクビク暫くは動き  あちこちに動き  牛飼車は動き  建物がゆれ動き  いちばん動かないで動き  清々するかと思ふと、動き  お盆を持って動き  ようにめまぐるしく動き  機運が漸く動き  この間に動き  この間家大いに動き  自在に動き  艦もすこしも動き  ように、じっとして動き  やうに、じつとして動き  尖端的影響に動き  何時間立つても動き  多助が引けば動き  鉄挺でも動き  何うしても動き  家具は動き  身体がさっぱり動き  一隻も動き  火事騒ぎで、動き  その男が動き  毎日、忙しく動き  斜めに動き  そうに動き  右へ動き  ブリブリと動き  こんにゃくので動き  他所ながら見届けるまでは居坐って動き  水は少し動き  特別人間離れしてよく動き  憲兵、動き  手が動き  音楽と、動き  指さきが動き  舵をもって動き  中を動き  距離が動き  ここに居ついて動き  好奇心が動き  手拭がちらっと動き  手拭がちらつと動き  かいに動き  お詫びを致しますからと言って動き  肩が動き  心に動き  ガタといって動き  二つばかり動き  長持が動き  グッタリとして動き  身体が少しばかり動き  磐石の如く動き  スタア意識で動き  自然に動き  馬は動き  馬が動き  何に向かって動き  汽車が動き  鞭が動き  色も動き  批判者として、動き  野心は、漸に動き  南条はじっと立って動き  ものと見えて、動き  ムク犬は動き  夢のように一寸二寸ずつ動き  容易に動き  めちゃくちゃに動き  左右に動き  彼女は暫く動き  中に生じ、動き  車が動き  氣運も動き  心も動き  突立って動き  岩などもぐらぐら動き  田之助が動き  他方も動き  ダイナモが動き  ここを動き  一杯に搖れ動き  紙凧は動く、動き  輜重車は動き  のか真に動き  意見にも動き  鯉が動き  中に動き  ユルユルと動き  あてどもなく動き  ノッブがそろそろと動き  そこらに動き  小船は動き  ヒ弱で動き  チョロチョロブウブウと動き  集團として動き  位置をすこし動き  方へ動き  口が動き  腹の中が動き  細かに動き  總身泥の如く少しも動き  上を少しずつ動き  虫の這い出すほども動き  口を結んでしまいますと動き  ピクピクとして少しばかり動き  ピクピクと動き  神秘な動き  勝手に動き  覚悟は動き  心が、動き  其處へ動き  汽車諸共に動き  ままに動き  そりゃあ素直に動き  豆腐が動き  大八車を引っぱって動き  娘は動き  ように大きく動き  男は動き  手軽にぐらぐら動き  途端から、いそがしく動き  身体が少し動き  呼吸でむくむくと動き  感情が動き  機勢に制せられて、心ならずも動き  百年待っても動き  今に至るまでついに動き  敏捷に動き  日本じゅうが、こうして動き  ビクとも動き  ピクリとも動き  まま、あえて動き  天水桶がガバと動き  立場から、動き  キョロキョロいやらしく動き  気運は動き  腦裡を動き  許宣は動き  好奇心は少しずつ動き  畑へ向かって動き  彼は動き  興味が動き  車がまた動き  ようすで動き  脣が動き  米友が動いたほどには動き  地点を動き  斜に構えて動き  ものが動き  上つてはごそごそと動き  病気で動き  山々も動き  瞳が動き  家庭で動き  地に落ちると、もう動き  情、動き  気持の動き  わしは、だから、動き  他人が動き  意俄に動き  中心にしてぐるぐる、ぐるぐると動き  かたまりが、熱くなって動き  部屋中を動き  確乎として動き  右に動き  左に動き  場所が動き  生徒まで動き  感情も動き  それでさえもなお動き  ここに納まって動かなければいいに、ややもすれば動き  帯が、たえず動き  時は一方に動き  今は動き  荘厳に動き  ゆるやかに動き  唇に動き  命令通りに動き  音をたてて動き  否定されて、動き  電車がやっと動き  気持の悪いほど動き  變に動き  中に、なんだかいきなり動き  何億年でも、動き  あとは動き  ばつた所が動き  ゆるやかに、また、動き  姿、動き  前後左右に動き  あちらこちらに動き  朦朧と動き  勢いに乗じて再び動き  どちらにでも動き  社会的な動き  不気味に静まり返って動き  工場は動き  声も出せなければ、動き  捉へて動き  なにものかに向かって動き  言葉、動き  どこへも動き  眼色が動き  ために少しも動き  金の卵より動き  玉藻はなかなか動き  かすかに動き  元気に動き  車は動き  もごもごと動き  マザアも動き  徐ろに動き  ものと、動き  棚おそろしくゆれ動き  人が動いていても、動き  窮屈に硬張って、動き  手は、もう動き  尾の動き  中にも動き  空も動き  海も動き  一様に動き  ところから自分では終生動き  月が動き  気持からだけ動き  手おのずから動き  心は動き  列車はおもむろに動き  唇わずかに動き  目は次第に動き  言葉をかけられても、やはり頑張って動き  殺意が動き  竿が動き  糸が動き  上下へ動き  あたりが、びくりと動き  ように、ついに動き  人影が動き  道を求めようとして動き  鮫のごとく、生き、動き  動き左に動き  潮におされて動き  色が動き  踵を回して動き  兄は、その動き  わらくずが動き  関係の生きて動き  食指は動き  ほうへ向かって動き  他のものを求めて動き  出入し、動き  急に動き  辰弥はしばし動き  傾向が動き  藩が動き  点描されてきらりと動き  船が動き  窓掛けは動き  持して動き  場所でなんともいえず脈々と動き  そこから何か動き  葯が動き  活溌に動き  それがしきりに動き  一分も動き  唐檜も動き  纔かに動き  いまにも動き  二人を眺め、一向に動き  中で強くビクビクと動き  ゆらゆらとゆれ動き  空気が動き  調子につれて、カタカタと動き  足音や、動き  上で動き  中に差し込んで、動き  風に動き  人間がそわそわ動き  手はまだちつとも動き  儘、暫しは動き  生命が動き  年がら年じゅう夜昼なしに動き  綱は動き  話が分るだろうと思って来たと云って、なかなか動き  気持よく動き  こなたに動き  鳥影が動き  ところをたずねて動き  全力を尽くしてその動き  私、動き  東京を動き  積石を積むと、すぐに動き  文次が動き  ここ一足も動き  何へ向って動き  此処を動き  身の動き  腸がぴくりぴくりと動き  筋肉がぴりっと動き  眉が、ぴくりと動き  ドアはもう動き  方角に動き  ように少しも動き  体はもう動き  こせこせとよく動き  からだはもう動き  筋肉は動き  手機も動き  彩が動き  こまめに動き  次郎は、動き  家を目ざして、にじり動き  ために動き  姿ちらりと動き  枝ゆらゆらと動き  其処を動き  小鼻がぴくぴくと動き  暫らく待ッていてみたが、動き  独りで動き  姿が現われて動き  総て右往左往と動き  世界の歴史が動き  室を動き  ちょっと休んで動き  向うへ動き  はい、動き  学者も動き  立法者も多少動き  瞬間、ぴくりと動き  笑みを浮べながら、押しても動き  さらさらと動き  帆桁はぐらぐら動き  意識的に動き  法水は再び動き  気味わるく動き  もう一度カーテンがゆれ動き  目にもとまらぬほど速く動き  ふところへ動き  芽は動き  白い影は動き  何でも動き  息吹きが動き  場所を動き  匍って、まだ動き  機運は動き  人すら動き  歴然と動き  人の動き  テーブルが動き  私たちが動き  人間が動き  震ひ動き  二階に動き  言ふなりに動き  ゼンマイ通りに動き  場処を動き  船は動き  体、ひとたび動き  三本足はいたって動き  構造は極めて動き  板がやはり動き  横へ長く動き  足はもう動き  気の変りやすい、動き  翼の如く動き  花とを含み、動き  原文、動き  始めいきなりあらわれ、そして動き  内に動き  心内に動き  怪物少しく動き  これと同時に動き  娘が動き  虚空に動き  きょうは少々動き  あかりが動き  者は、少しく動き  指揮で動き  あるかの如く動き  割で動き  こととて、いっかな動き  隅まで逃げてきたなり動き  劇団が、いかに動き  にわかに動き  まつてゐて動き  間に動き  方でも、動き  方でも動き  こゝろのうれしやな見よ動き  右手へそろそろと動き  霧らひつつ、動き  前を動き  ように、こうして動き  私は動き  ことでなく、動き  革新的な動き  調和して動き  手は動き  一インチも動き  模型を見せていただきましたが、実にうまく動き  いきさつで動き  自由自在に動き  から、光り、動き  劇壇に動き  今迄は動き  一しょにしたくらい速く動き  何かが動き  辺で絶えず動き  きりにならないとしても早く動き  活用して動き  舌が再び動き  雲は今にも動き  用を為さないほど動き  大に動き  日常にもたらそうとして動き  固定観念ですよ。主体は動き  まめに動き  児供絶えず動き  向う側を動き  血が動き  から、動き  尾鰭を動かさうとしても、すこしも動き  僕は、動き  方、動き  蝙蝠はなかなか動き  静かに動き  ラガーが動き  辛棒づよく一歩ずつ動き  ペンが動き  部屋をがたがた動き  影が動き  土間で、ただ動き  出動しようが、いっかな動き  皆さんが動き  四肢を振って動き  さまざまに動き  猫さんは動き  他には動き  癖で、どんなに忙しく動き  漾いつつある、動き  

名詞

動き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
動きをうかがひながら  動きは文楽古来の伝承された  動きは数理のやうには行かない  動きに一々必然的な聯絡をつけ  動きのとれない  動きの中に生きていた  動きは生きて来ない  動きを与える  動きが肩に集中している  動きによって表情するという  動きは必然的に分裂へ分裂へと向き  動きを左右してくる  動きがとれないじやありませんか  動きがとれなく  動きに由る  動きを一歩一歩先まわりする  動きにめぐり合いの  動きを今日にあって  動きを成熟させない  動きが継続していた  動きと併行して  動きもしない  動きにつれて  動きでのばし  動きを同調させているからだ  動きに自分を無意識に合わせている  動きはスポーツをする  動きはぎくしゃくした  動きの連続としてプールの縁へ体を引き上げ  動きに神経を集中させた  動きもぎくしゃくしているし  動きを見せていた  動きにしたがう  動きを眺めれば  動きを感じ過ぎる  動きが今日の日本の支配権力のかげにある  動きや風土の変化をも見たいと  動きが現われて来つつある  動きと変化とをみせていて  動きが音楽のかたちで現わされる  動きもおこっても来ている  動きがとれないで  動きがとれなくな  動きまたすこし動き  動きとの明暮をもっている  動きは見られないのに  動きに目をみはっていた  動きがとれないじゃありませんか  動きのために身体をぶらぶらゆすりながら  動きのじゃまはしないで  動き廻るのにじゃまになるだろう  動きを目で追っていた  動きをすっかりとめた  動きもわかっている  動きによってスーザンによりひろい知的な領域と芸術の天分とをもたらした  動きの方向と角度を示している  動きの取れない  動きがとれないほど  動きを保障すると  動きがこの港には美しく記録されていた  動きもしないで  動きが速すぎて  動きをとおして  動きに合わせて  動きに寄り添う  動きは若い人々に或る抵抗力と積極性とを与えたと云え  動きを目で追ひ  動きが一人でに強くなっていった  動きとなって  動きを話してみた  動きを批評し  動きに象徴された  動きを見ていると  動きを制約されている  動きとかかわり合っていたと思う  動きを何かの意味で支配する  動きに参加している  動きは経営者側からというよりも  動きに特に関心をもつ  動きが目立った  動きがある  動きばかりが強く反映している  動きが社会の全面を震  動きを示している  動きをもこめて  動きの現実がもっている  動きの合理化に過ぎない  動きに評価を求めない  動きにかかわり来っている  動きを通じてでなければ実在し得ないという  動きと直面し  動きに敏感になっていたから  動きが豹一の心をしめつけた  動きを与えた  動きで動きつつある  動きもある  動きのなかにある  動きは止まった  動きのなかに思い出した  動きできれいに空気銃を構えた  動きを感じている  動きを人間の力でとめたりそらしたりする  動きがとれず  動きをフィルムに收めて置きたかつた  動きはしなかつたが  動きに現われて来ている  動きでも感じると  動きを与えるという  動きについて知らされなかった  動きの水準に接近した  動き変わるような錯覚を生じる  動きは歌のように思われた  動きと一緒に映っている  動きを観察してみたい  動きは見えても  動きにつれて得たり失ったりするだろう  動きを見るばかりになった  動きを同じくする  動きの中に入って  動き漂う渦中に流浪し過ぎた  動きにも決して注意を怠らなかった  動きを見ている  動きもせず  動きもしません  動きはしない  動きに乗り  動きがとれない  動きもこじりも出来ん  動きの全然分からない  動き廻ってる  動きまで目に見えて  動きに巧にバツを合せて行かなければいけません  動きを髣髴させる  動きがつかない  動き廻られると  動きは止まらないのに  動きがようやく出始めました  動きも進みます  動きをレポートしようと狙っていた  動きまで表現できる  動きに素早く対応できました  動きと音を綿密にコントロールできる  動きもありましたが  動きに目が向く  動きを抑える  動きに深い不快を覚えた  動きは外からつかめても  動きの中でやらなければならん  動きの余波を利用すれば  動きが生まれる  動きに待ったをかける  動きがあった  動きが出てきた  動きに応用して  動きがあるので  動きが造酒の意識に入って来た  動きを眺めていた  動きがとれぬほど  動きを示すだろうか  動きよりもそういう人間達を蔭から一定のギャップを越して動かしている  動きでも資本家の動きなどの方が終局的な目標として興味がある  動きを屈折して  動きを直接目にしている  動きを見透し  動きでなくてはならぬ  動きを否定すべき  動きの批判になるとでも思うならば  動きを醸し出している  動きと見るにしても  動きとして見るべきでは  動きとしてしか見る  動きであると云わねばならぬ  動きを執拗に刺激出来る  動きが見える  動きを代表する  動きを見れば  動きだということにはならぬ  動きが具体的に充分展開されていないからに過ぎない  動きが最近どうも進歩的でなくなり  動きを進歩と見る  動きとはその揆を一にしていない  動きを見せてゐる  動きまわるただならぬ人のけ  動きはしなかった  動きのとれぬ  動きを示さず  動きはあるいは警職法反対の日本国民のたたかいや  動きを相手との間から感じとってゆこうとする  動きを感じとろうとしてゆく  動きが尾の振動に現われる  動きあるに依るともいう  動きをとり  動きがゆるやかになり  動きに押された  動きあがって来る  動きというものはまた実に複雑な性質をもっていて  動きの中では種々様々の声と行動とが主張されている  動きを起している  動きの諸条件と方向とを説明している  動きに内外から影響され  動きを把握する  動きもしないのに  動きに耳を傾けたりした  動きの取れぬ  動きもせざりき  動きというか  動きの表面に現われた  動きとして火野葦平氏をみる  動きの上に微妙な影響を与えたばかりでなく  動きはよく知っている  動きにつれて移動する  動きながら正念を失はぬが  動き行くべき所に動いて行くであろうから  動きのいらない  動きを回想する  動きのとれなくな  動きをもった  動きも引きも出来ない  動きはしまいか  動きもとれない  動きとその文学とが生れはじめた  動きがあり  動きは自然その犠牲とされる  動きの一つとして叙述する  動きとなっている  動きを見せる  動きで事件を知り  動きは直接間接に響いている  動きを投獄というおどかしでねじ伏せた  動きが取れませんや  動きなんかに目をつけやしなかったろう  動きの大要をかいつまんで  動きが見えてゐるが  動きに移る  動きを感じて  動きをとめたので  動きがギクシャクした  動きをまるっきり反映しないという  動きを統一させ  動きのある  動きを規定する  動きある事においてその絵画の技法が持つ  動きの制限された  動きに執着を持ち出してしまったと思う  動きに従って確実な形式の上に答が盛られて行く  動きに従いながら  動きを想わせる  動き戦いて居る  動きを停めてしまった  動き廻っている  動きまはつてゐた  動きを除けば  動きにつれて生じる  動きもせぬ  動き変わりつつあった  動きにおくれ  動きを知らなければならないという  動きをつけなければ堪  動きで展開されている  動きがただよっている  動きを消された  動きとに満ちていた  動きの只ならない  動きをもたせ  動きに目を凝していた  動きがおこっている  動きもしないから  動きから出来た  動きは地球の上に相当広大な領域をもつ  動きの不平均が起こって  動きが取れなく成る  動きと婦人作家の生きてきた  動きなさらんかった  動きを窺ひながら  動きが取れなくなった  動きを真似した  動きから来てゐる  動きを感ずる  動きがもう少し能動的に動いてくる  動きは観る  動きに一切が要約せられて  動きをしてゐる  動きの意味を稀薄にして  動きとなる  動きのあらゆる場合がこの性質を持つてゐる  動きをするが  動きを外に押し出した  動きを消し去った  動きを殺す  動きなどおよそ認められ  動きを起すには  動きをするときはじめて  動きや音を入れられる  動きするのが見えた  動きは止まりはしなかった  動きは止まりはしなかつた  動きに見とれてしまった  動きを制約している  動きをもちながら  動きを看取する  動きと我々の感じた  動きを自己の内に深く感じ得るだろう  動きにとっての啓蒙的な効果やモラル上の効果から云えば  動きを凝視する  動きが見  動きがとれなくなるの  動きもしなければ  動きを止めるには  動きがつかなくなっている  動きを示しだしている  動きなさらん方がよろしいかもしれません  動きが律動的で美しく見えた  動きを意味している  動きに注意を集中した  動きなく備はるといふほどでも  動き廻っていました  動きの中に解放して  動きによってその美しさを想像せしめる  動きというものは現代のセンスに肉体の美を感じさせはしなく  動きがあるから  動きもしようが  動きが何となく言論無用という暴力団のように怖しく思われて  動きがあって  動きにそなえたけれど  動きが具体的にどうあって  動きにその混迷が見られたし  動き多き西邊の丘の方へとそのいきながらの  動きが身に伝わる  動きが見当らないという  動きについてたと  動きとについて彼は語るので  動きを主體的にどうつかんでゐる  動きに通じた  動きはしないかと  動きを制しかねた  動きにつれて肯定と否定の両頭は直ぐ噛み合いを始める  動きまはつてゐる  動きに充満して  動きと色彩があるだけで  動きなど総べて  動きの基本を定めるとすると  動きがいつもより遅く思われます  動きを司る  動きを支配する  動きは的確な鋭さを持っている  動きの延長としてジパーを完全に降ろし  動きを観察しながら  動きを視覚でとらえて  動きであお向けに横たわり  動きを仰ぎ見て  動きをしてて  動きをずらしながら  動きをさす  動きがとれなくなってしまってつくり  動きが取れないという  動きに就いて  動きを見て取る  動きを云い表わす  動きを齎してあります  動きが著しくなって来ている  動きが見られる  動きにならないから  動きがいったい誰の努力でしずめられ  動きにしたがって  動きが見えない  動きでも立派に理解し  動きを階級的立場から理解出来ない  動きがはっきり映る  動き廻ったりしている  動きがとれなくなり  動きがつかなくなり  動きに変った  動きしている  動きもはっきりと放散出来る  動きに私はいつも見惚れている  動きまはつてるけれども  動きの中にしばしばまざり  動きもほぼ家康に傾いてゐて  動きが相当の速さであることは汽車の速力と比較すれば分かる  動きを描いている  動きのとれなくなるまでは  動きで検定するが  動きのような長い反復がある  動きがあるのみだった  動きと思念を中絶させて  動きをふりきる  動き易い心を恥ぢる  動きを見せなくなる  動きがまた始まる  動きが周囲で始まった  動きの一つの原因とはなりうるかもしれない  動きにつれて光る  動きは微塵も認められないのみか  動きゆく歴史のなかにどうくみとって  動きしかも不易である豊富な生命に一致させようという  動きが取れなくなってしまった  動きが取れなくなってしまう  動きが取れないでいる  動きを睨んだ  動きがつく  動きの取れねえ  動きから一人離れ  動きの力関係の中で丘を背負って立っている  動きなどを遠くから眺めている  動き荒れ出した  動きもせん  動きを見上げている  動きを加え  動きが露骨になった  動きを見つめ  動きが取れぬ  動きも顕著であろうと思われる  動きに童児のような心のときめきが現われていた  動きを炉の向うから眺めていた  動きをとめるかも知れない  動きを察し  動きを捉える  動きが取れません  動きなき自信の欠乏は彼等の芸術を小さくし  動きをする  動きが大局にどんな具合にひびいて行くかという  動きが在る  動きは取らせねえ  動きが取れなくなると云う  動きとして感じているから  動きもその圭角も見せていない  動きが周囲にあるだけで  動きなされますな  動きにすぎない  動きのなかに病気に苦しみながら死んで行く  動きを空気に伝え  動きより空気を動かし  動きに注視していた  動きの中でも組合員としてサボつたりはしない  動きに搖られながら  動きを語る  動きをつづけている  動きはどんどん若い女性を社会的な職場へ招きよせているにもかかわらず  動きが取れない  動きの出ている  動きは彼自身にも予測のできない  動きに応じる  動き流れて行く  動きだけを写して  動きだかわかっちゃいないわ  動きが読みとられる  動きをある程度まで見抜いてゐたらしい  動きに素直な美しさを認めずにはゐまいと思ふ  動きを君は打算と呼ぶだらうか  動きを訊いてみると  動きをつけようとたくらんでいる  動きが籠っている  動きはふっと消えた  動きも手伝った  動きにひきまわされるばかりではすまない  動きに立って  動きを描き出した  動きが取れないから  動き廻ろうともがく  動きが民衆自身の動きと著しくかけ離れている  動きを見る  動きを見こして  動きを見るには  動きと福助のおかるを眺める  動きからぜひ描きたいと思う  動きのことを考える  動きが特に目をひき  動きなすつてはいけません  動きもすつかり止んで  動きはとれねえ  動きに迷ひながら  動きはすべてその面の動きとして理解され  動きのない顔だと言った  動きのとれないくらい  動きをぼんやりと目で追いながら  動きを強く深く樹心に感じた  動きから取残された  動きを失はないに  動きも止りもしない  動きが分らなくなるという  動きと矜りとを禁じ得なかった  動きを見せた  動きの維持されてる  動きで算盤を入れていた  動きを止められた  動きに込めた  動きを合わせて  動きが重なった  動きだけしか望まれなかった  動きが取れねえ  動きはすぐに形にあらわれて  動きをにらんだり  動きもするし  動きがまちまちで入り組んでいる  動きそしてまた火のようにきらきらする  動きを凝っと見詰めていたが  動きなんかしないよ  動きはしないと  動きについていけない  動きから一歩後れる  動きの少い役をする  動きが見えている  動きのない瞳をした  動きはうつ  動きのとれる  動きを直感して  動きを欠いて居る  動きを見つめている  動きに気をつけた  動きもならぬ  動きなどに對しても  動きが判っ  動きと同様にユックリユックリした  動きとしか見えなかった  動きをも決定する  動きはするが  動きもしなくなった  動き出でた  動きが取れ  動きがとれなくなっている  動きを訊いてみたが  動きで夢を破られた  動き裏返っている  動きを追っていた  動きつつある  動きを見ると  動きを連想する  動きが取れなくなるにきまっている  動きはせん  動きが狂っていた  動き流れてゐる  動きは鈍痲し  動きとは彼の顔に幽遠の気を与え  動きは熱情に火照っていた  動きと姿の中に感ずる  動きが見えだしたくらいで  動きを示す  動きは一つの峠の上にあった  動きに何か或る変動を与えるに  動きもいたって  動きを嫌がる  動きが取れないじゃありませんか  動きがとれないには困る  動きに少し力が見えました  動きがながめられた  動きを過大に評価して  動きがあつたであらう  動きについて察知する  動きを考へて  動きの記録が殘されたが  動きなど仕やがって  動きをさせずに  動きがつかなくなる  動きにも胸をドキリとさせた  動きにちょっと説明のできない  動きだけを見せる  動きの感銘として作品のなかに十分活かされている  動きに対しても何もわかってはいない  動きに異常な影響を及ぼす  動きを多くし  動きから材木の商品価値が直ぐに分る  動きを連続的に紙の上に描かす  動き行くべき道程は予言され  動きのボリュームが減った  動き廻っていたが  動きが取れ申さぬ  動きまわりはじめた  動きと活溌に喰いあい  動きが円滑に行くとか  動きというものが少しわかってきた  動きはほとんど変らないと思う  動きはしませぬ  動きのない微細な和声と混和させるには  動き且つ動く  動きやパラパラと降る  動きや形をつけて置いて  動きや形に俳優を従はせるといふ行き  動きや形をつけさせ  動きがその眼に入った  動きからは離れる  動きがあるのみで  動きを追ひながら  動きと動きのつながりでできている  動きをみせ  動きを感じたかの  動きの真実の中にこそある  動きが起った  動きに異常を認めるや  動きも起らなかった  動きまはります  動きを見極めようとしている  動きつつあった  動きがあったばかりである  動きを感じた  動きが取れなかった  動きもやらず  動きに関心し合いながら  動きに動いている  動きがあるけれども  動きが取れねえから  動きの綿密な日常報告を書きつらねながら  動きとともに動いてゆく  動きの秘密を知りたいという  動きに参加してゆく  動きを見落すまいとして居る  動きも無視し  動きを網膜に感ずると  動きがあったか  動きを精細に探究し  動きは多少實驗的に表われても  動きを一々見てとる  動きがこの街道に活気をそそぎ入れる  動きを見つける  動きが取れますまい  動きを想像するに  動きの絶える  動きを読もうとする  動きに向ける  動きもせぬが  動き廻る音が聞えなくなったので  動きゆく姿を見る  動きや背景的演技などを対象とする  動きを人に強要しない  動きの難易は技術的な意味よりもむしろ生理的な意味を多く持っている  動きにぎごちない感じがつきまとい  動きや不自然な重心の据え  動きを見せてる顰めた  動きについて行く  動きを追求し  動きの領域がひろがった  動きのない地位をこれまで持った  動きと悔恨とを巧みにとらえて  動きを刻々に感じながら  動きとなつて現はれて来さうな  動きをリイドする  動きにならない  動きによつて人の心を持つ  動きに負わされている  動き砕くるさまを見入りて  動きもしたが  動きを押へる  動きになる  動きに庭の梅の香がさっと家の中へはいってきて  動きを見て  動きの少し静まっていく  動きをマヂマヂ見てゐたが  動きをマジマジと見詰めながら  動きであるかのように見えてならぬ  動きがとれなくなってしまいます  動きに靡き出した  動き廻ったり饒舌り散らしたりする  動きにならずに  動きにみちた  動きに見とれ  動きが外部の動きとなって現われている  動きを知る  動きに対する拘束は殆んど引除かれている  動きによって行動する  動きを除外する  動きを直接に跡づけようとした  動きとを蒙  動きも無限にふくまれてゐる  動きもするという  動きと表情とに富んだ  動きが見えはじめて  動きに極致があると信じてゐるから  動きが取れなくなる  動きが何物かに堰き止められた  動きも吠え  動きゆらめくものが傍におる  動きをちょっと見せたが  動きも現れなかつた  動きが支配的になった  動きを紹介していた  動きは注視される  動きと美しさとにおいて退歩しつつある  動きや表情の翳を捉える  動きとしては必ずしも退潮期でないに拘らず  動きを世間向きの刺激物として見るなら  動きで最も目に立つ  動きが政党排撃の傾向を帯びている  動きもどうやらおさまったらしく  動きとを巻きこんで  動きで海面の燦きはいつもその路の上を走っている  動きが取れなくなっていますよ  動きと共にとらえた  動きにすすんで来てから  動きやまぬごとく少しも懈らぬよう訓えたと  動きの中で具体的に捕えなければ  動きである事は明かだと思う  動きを肯定する  動きを知らない  動きの肯定に対する決定的な弱さがそこに在る  動きを跡づけた  動きを眺めてゐたり  動きを忘れた  動きを止めて  動きを眺めてゐた  動きが画面のやうに面白く又鮮やかに映  動きも生気も見受けられない  動きもせずに  動きは全てにリヅムを踏んでゐて  動きを言葉に移して表さうとする  動きの幅員をうかがわせる  動きになってはいけません  動きを阻害された  動きに安心して  動きにあっても  動きをつつんで  動きが幹で截られた  動きうつりつつあった  動きから超脱した  動きとして共通した  動きをして来たかという  動きを主唱している  動きについて述べた  動きとの関係で見られる  動きにつれて同棲の対手が変った  動きの原則めいた  動きが感じられる  動きが私をうつ  動きが職工たちの間に現れた  動きともならないで  動きはまるで予期とちがった  動きが浮んでくる  動きにのみたよるという  動きは非常に着目され  動きはさみしいが着物ばかりはにぎやかな襤褸であるみ給へそのひとつひとつの襤褸にさまざまの変つた色がひかつてゐるではないか  動きと共に論じだしたが  動きの方向につれて  動きを助けて  動きがとれないので  動きを一々報告している  動きを早くも見てとって  動きに押され出した  動きかけている  動きというものこそ時代の甘くて辛い裏表を瞬間のうちに表現する  動きの他の極に立つ  動き易い熱情を持って居るとさえ  動きが少しも捉へられてゐないといふ  動きには実際豪い所があるよ  動きがまた實に快く四肢五軆に傳はつてゆく  動きをみせたので  動きを探る  動きが見られた  動きにも敏感な見透しをもつてゐた  動きのわからなかつた  動きとしてあらわれた  動きとめざめては  動きの工夫をして  動きもしなかった  動きとはちがっている  動きにどういう関心をもっているかはわからない  動きの理由がわからなかった  動きの取れん  動きを理解した  動きを見て取った  動きに縺れて響いて来た  動きというべきであろう  動きかたや進み  動きにもぴりぴりと顫へる  動きを理解する  動きがとれなくなりはしないかと考えられる  動きもしなかつた  動きはそこでとまってしまった  動きのとれなかった  動き流れてゐるといふ  動きのない状態にをくといふ  動きの写真と描いた  動きの中にをかれた  動きがとれずに  動きと一致して見てゐて  動きの中に大きな技を発見する  動きに奇妙な柔らかな感触を感じさせる  動きの特長も日本画としての優れた  動きをよく捉へてゐる  動きをするかとか  動きを観察して行かなければいけません  動きはよほど実際とは違った  動きは正常な脈絡を完全に欠いた  動きをしばらく重ねて  動きがつかなくなった  動きのあやから眼をはなさず  動きやまない生活の閃光のようにおりおりの  動きと対照と破  動きになってゆく  動きと作家の箇性との生々しい関係についても語りたく思った  動きを享有する  動きとに懸っている  動きがどうしても語り手に解らない  動きによるものだということをはっきり知って  動きはつく  動きが抑え切れなくなった  動き易いものだと思ひます  動きを覗き込む  動きに興味をお持ちになっているであろうと思う  動きまはりもしなかつた  動きにみちて  動きに見えた  動きをくりかへしてゐた  動きに漲  動きが彼の理知にほかならぬ  動きが咄嗟に自由にならない  動きにもまれて育つた  動きが掠めて  動きが顔を掠めてし  動き廻っていて  動きは此の人の和服の中には見当らなかつた  動きにも表はれてきた  動きまわることの出来る  動き進まねばならぬからだ  動きは特に今年の後半に到って  動きの間に計らずも  動きの様々の時期をかえりみると  動きの激しさと性格とを作品に出して  動きがおのずから表明されて来ていた  動きを経験するという  動きに一定の文学理論を与える  動きが跡づけられている  動きに顕著な心理を現した  動きを示した  動きであるかのように偽装しながら  動きもせずに垂れていた  動きは同じ顔かたちでありながら何と底深く洞ろな相違に充ちてゐる  動きが撞着して  動きをみた  動きがとれなかった  動きも叫びもしたくない  動きを悟つ  動きのない空気を透して  動きたりせば  動きに注目をしている  動きとも見えるではないか  動きを慕って  動きの拵えものとの間にギャップをつくり  動きのように見えているという  動きをとらえる  動きをもたらさぬ  動きの関係をつかみ得る  動きの中にあり  動きを見守る  動きとをよそに在りし  動きと流露とを追う  動きと見るよりも  動き且つ固められたり  動きとしてみるべきであると思ふ  動きが次第にはつきりして来るにつれ  動きが現れる  動きが随分違う  動きとパッションをこころゆくまで  動きにかかる  動きをいまのうちにふさごう  動きが日本にあっては  動きをあらわす  動き廻る道筋を制御される  動きをイギリス文字に写し試みた  動きがとれなくなるにきまってる  動きかけてる  動きにさらされながら  動きというものを身辺に感じ  動きがあるらしい  動きを追求する  動きを非常に興味をもって見ているわ  動きは言いあわせた  動きに富んでゐる  動きと密接なつながりをもって  動きまでを支配する  動きの中に把握してゆく  動きのなかで働く  動きを経験した  動きでまぎらしてしまおうとする  動きをやや誇大した  動きが影を潜めて  動きとか発展とかは考えられなければならぬ  動きだけに終始する  動きを持っていた  動きを予想させる  動きもしませんでした  動きがあります  動きとその間に生きる  動きの中に暗示し  動きがつよくあって  動きはスピード化されておる  動きに似た  動きが父に鋭く響いた  動きを持つ  動きが活溌になつてくると  動きも喋り  動きの中に愬へようと苦心するからである  動きがきつとあるに違ひないと  動きにはならない  動きまはる  動きまわるものたち  動きもしずに立ちすくんで居ると  動きを妨げるだけな  動きを見ていたが  動きはやまないで  動きが失せてきて  動きや迷ひを  動きを決定すれば  動きからどうしても書きたくてね  動きになります  動きにも一喜一憂しているからばかりではない  動きが取れた  動きをもつた  動きのない表情の所有者が目立つ  動きまわることの好きな性分がこの老齢になっても納まらず  動きから出発した  動きを聞きとろうとする  動きが察しられる  動きをしている  動きに対して責任を負っていて  動きとをつぶさに記録して行かなければならない  動きをはじめて知り得たといふ  動きも知つて居るし  動きで想像も出来るくらいに  動きもしなければ飛びもせん  動きが感ぜられて  動きを見つめていた  動きから判断すると  動きを見て来ての  動きに協力し  動きを求めた  動きをおっかけた  動きのない拠り所が出来た  動きを見てのみこまなければならないという  動きのない貧しい生活をしてゐる  動きのリズムにうつされていて  動きは美しいと思います  動きのポイントとして感じたばかりですから  動きは到って  動きを追求している  動きとが一つに起伏しはじめて  動きの芽はある  動きをずーっと勉強して  動きと合った  動きはそうなって行く  動きの為に全身の筋肉を緊張させて  動きに注意を怠らなかった  動きを見とおす  動きからたえす  動きに及ぼした  動きは公式の及ばぬ  動きだけを示す  動きになり  動きの取れなくなった  動き走っている  動きを自然に劇的発展の要素とした  動きがきざしているという  動きのままに動かされて  動きの前に自身をかいている  動きを見失う  動きの意味や価値が明らかにされている  動きよりも類型をもって固まるしか  動きをよく捉えた  動きとして生じ  動きを人間の動きとして動かし  動きをまざまざと思いやると尽きぬ  動きをかへつて派手に大きくとる  動きを見た  動きのリズムが弾力にとんでいて  動きが出るでしょう  動きまわれる  動きは大きくなって  動きと多彩と変転に耐える  動きとに又新しく愕ろかれる  動きの解決という点から出発して  動きのうちにホトトギス派の写生文の運動がおこり  動きさえすれば  動きの中核と人間生活の具体的な関係を描き得ない  動きてわが額を撃ち  動き且つ感ずるのみ  動きを掛けた  動きに時間の推移を感じながら  動きに立った  動きになった  動きも多くなりましょうから  動きが分ってきた  動きに合流しました  動きを表面から模写してゆく  動きの一つ一つが世界の全人民の思いと行動とに通じているという  動きの中で考えられる  動き出づらん趣あるは  動きかけていた  動きは甚しく  動きが認められ  動きは私の眼には二つの方向に現われた  動きが私にもひしひし感じられた  動きが発生する  動きが私を誘惑する  動きと音をやめている  動きを聴き  動きと姿とに心がひかれてならなく  動きが怪しまれる  動きへの嘲弄の道具につかわれて来た  動きはその作品の中につかまえられなかった  動きをみせている  動きを必要とする  動きとの間に些の間隙も許されない  動きとの合致がある  動きとの合致を必要とする  動きでそのカーヴを替えうる  動きでふくらむ  動きとなったら  動きがつかなかった  動きの間で過ぎた  動き焦るように思われる  動きを追うていた  動きもせねば  動きに連れて  動きを工夫したら  動きをよしんばそれが間違っているにしろ  動きを見得る  動きのとれなくなった  動きを書く  動きを見るのに  動きは即ち心の指す  動きが鈍くなり  動き瞬いて物を照らして  動きと心理とを引きずつて行く  動きから判断するのに  動きで離れていても  動きを認めた  動きは自分の演説にもなんらかの関係がある  動きがあったりして  動きしかできない  動きもありません  動きを書きたいとおもう  動きが院や失脚公卿にあった  動きを経験しつつある  動きの中におかれてゐる  動きまはつてゐると思ふと  動きだけで物語る  動きが自らの抵抗を生み出す  動きがとれぬ  動きもない樹頭の原の上を星のしろいひかりがさまよっていた  動きから発する  

~ 動き[名詞]1
内部の動きを  人間の動きは  人間の動きに  これらの動きに  心の動きの  人形使いの動きの  人形の動きは  多様な動きを  肢体全体の動きが  肩の動きによって  思想感情の動きだけ  心の動きは  心の動きを  心理の動きを  歴史の動きに  文学の動きの  文学の動きが  擁護の動きと  階段を降りる動きに  ような動きで  体の動きを  筋肉の動きと  亜紀子の動きに  体の動きは  自分の動きは  体の動きの  腕の動きに  体の動きも  ような動きを  無駄な動きの  生々と動き  情勢の動きを  ファシズムのかくれた動きが  中の動きで  中の動き  人間の動きや  都市が動き  リアリストたちの動きが  それは動き  内部の動きが  托児所をこしらえようとする動きも  フェレル記念會を開いても動きが  喚声と動きとの  ペンの動きの  翳の動きは  機械の動きに  彼の動きの  ゴールの動き  両手の動きを  必然の動きも  世代の動きによって  それ自身の動きの  円滑な動きを  世界の動きが  物も云わなければ動きも  光景の動きを  水の動きと  水の動きよりも  反射的な動きに  さのある動きでは  滑らかな動き  右への動きに  確認しようという動きに  あちこちと動き  歴史の動きは  煙管の動きを  生硬な動きも  頭の動きが  大幅の動きと  様々の動きを  集約しつくした動きに  娘さんたちの動きを  肉体の動きを  文学上の動きと  現実の動きを  社会の動きに  新聞民主化の動きは  世界の動きに  著作権擁護の動きが  日本につくろうとする動きが  渾沌としたはじまりの動きばかりが  挙国的な動きが  さまざまに動きを  一つ一つの動きに  日本の動きに  精神の動きを通じて  心の動きや  自然の動きと  地球の動きの  心の動きに  腰の動きが  方への動きを  全体の動きで  かたで使わせようという動きも  彼女の動きは  マタドールの動きの  複雑激甚迅速な動き  人間の動きを  囚はれてゐて動きが  自然の動きを  街燈は動きは  これ等の動きに  心の動き  歴史の動きについて  世界的な動きの  色々に動き  眼の動きは  ブラシの動きと  くちびるの動きは  からだの動きを  前後の動きの  人の動きにも  編棒の動きを  ままここで動きは  景気の動きに  んだから動きが  大地の動き  あちこちへ動き  脚の動きまで  思索の動きに  姿や動きを  中にも動きが  扇の動きは  提供しようとする動きが  プリプレスを片づけようとする動きも  歩先の動きを  航行禁止を申し合わる動きも  世の中の動きに  両手が動き  表面の動きは  現実的の動きの  コンピューター界の動きも  延長しようとする動きに  作業をすすめようという動きが  落し金の動きに  人の動きが  人々の動きが  指先の動きを  色と動きは  ように動きは  一つ所に動きが  集りの動きよりも  人間の動きでも  #家の動きなどの  社会的な動きを  排日排満の動きを  事情の動きを  革新的な動きを  一さいの動きで  インターナショナルな動き  各種の動きを  人民戦線の動きの  人民戦線の動きを  一つの動き  文化運動としての動きに  ヒューマニズムを動きと  ヒューマニズムそのものの動きとして  現象の動きとしてしか  ヒューマニズムの動きの  ヒューマニズムの動きという  社会意識の動き  平行した動き  歴史の動きを  #ブルジョア民主主義の動きでは  自由主義の動き  日本の動きが  歴史の動きの  進歩的自由主義文学者の動きとは  連合の動きが  文化の動きを  ウソウソと動き  匂いが動きの  目白おしになって動き  危険な動き  阻害しようとする動きでも  これらの動きは  人間の動きの  自分の動きを  心の動きが  爲めに動き  緩慢な動きを  光の動きが  人々の動きに  弧となって動き  星の動きに  歴史の動きという  強烈な動きを  今日の動きの  人の動きを  ゆるやかな動き  こちらが動きも  車の動きに  内に動きの  錢形平次の動きを  気持の動きは  心の動きと  何か動きの  振幅を拡げる動き  文化界の動き  作家の動きとして  ブルジョア文学の動きの  ゲームを動きにつれて  舞台をはみだすほど動きが  換言すれば動きながら  いつかは動き  身の動きは  表情や動きの  下に動きの  内部に動きを  急調な動きは  上へ載ったから動きも  情が動きは  解放されようとする動きと  人道主義文学の動きが  ファシズムの動きは  歴史の動きと  全体の動きという  敏活な動きを  完全なる動きの  人間性の動きで  世間の動きは  皺にしちゃあ動きが  注意の動きなんかに  落伍者の動きの  無意識の動きが  複雑な動きの  殊な動きを  波が動きを  女の動きを  非常に動きの  人物の動きを  名の動きの  なかの動き  とおりに動き  独りで動き  下敷となって動きの  本能の動き  心の動きに従って  そうな動きを  両手の動きに  政治的な動きの  民心の動きに  大抵は動きの  肢態の動きを  近くで鳴り響き動き  それらの動きは  コソリとも動き  当時の動きは  生活の動き  体系の動きでは  認識という生きた動きの  関節の動きは  洗煉された動きの  目玉の動きの  髪の毛は動きも  一年の動きも  それぞれに動き  悠長な動きの  職場の動きを  心に動きを  さのこもった動きで  こころの動きが  人間の動きという  自身の動きを  声と動きとに  署内の動きの  生活の動きは  暮しの動きに  応用的の動きから  女の動きは  羽根の動きの  斯うにも動きが  日本文学の動きと  一足も動き  ナイフの動きを  形や動きを  此の動きから  微かな動きを  呼吸の動き  物体に動きを  神秘的な動きが  首の動きは  純粋な動きに  中途半端な動きを  微細の動きも  われわれ日常の動きは  内面の動きと  能に於ける動きの  やうな動きを  生の動きを  生の動きの  自然的な動きを  象徴詩の動きは  方へ動き  富商富農層の動きなど  分針の動きより  巨大なる動きを  世の中の動き  こっちへ動き  秒針の動きは  唇の動きに  小舟が動き  国際的な動きを  不規則に動き  表情の動きを  感情の動きも  生命の動きを  日本ファッショ化反対の動きにとっての  欧洲より動き  浮木の動きを  穂先の動きが  穂先の動きも  僕等は動きが  上での動きが  塊りは動きも  ように飲んだり食ったり動き  活発な動きを  手脚の動きが  欲して動き  事物の動きに  嚴然と動き  社会の動きの  舞台では動きの  衣裳や動きによって  日本舞踊の動きという  ダンスホールなら動きが  コマメに動きも  俗情の動きが  #日本の動きは  瞠って動きに  先輩たちの動きに  こととを見きわめての動き  影の動き  實の動きに  すべての動きを  それらすべての動きの  力にうながされての動きでは  女性の動きに  それが動きは  衷心からの動きを  気分の動きにつれて  声と動きに  そこに動きと  雲の動きなど  針の動きが  体の動きに  一連の動きを  生まれつき体の動きが  #西本くんの動きと  気持ちの動きの  なかの動きの  滑らかな動きで  微妙に動きを  感情の動きを  拘泥し過ぎていると動きが  そこへ出なければ動きが  修正の動きを  事物の動きを  ゆらぎに動きを  文化的な動きが  文化の動きが  いのちの動きの  人間の動き  感情の動きの  手の動きに  秩序の動きでも  本当の動きを  波の動きが  あやに寝そべったり動き  人一ぱいで動きが  火の手にさえぎられて動きが  左へ動き  心の動きも  滑かな動きに  ヘンダーソンは動き  生徒が動きも  諸侯の動きも  社会の動きを  斯うにも動きの  光斑点の動きで  抵抗の動きの  一つの動きが  さにふくれあがってもがいている動きぐらいの  間一切の動きと  身体の動きを  眼の動きが  刀の動きよりも  色の動きを  ここで動きが  色の動きが  金の動きの  魚の動きに  感情の動きは  文学との動き  人が動きが  咽喉を押えられて動きが  のだから動きが  瞳の動きを  群集の動きから  時の動きの  全体としての動きなどを  お前も動きが  これはという動きの  筆の動きを  色には動きを  勘十郎を立てようとする動きが  織田家を守ろうとする動き  顔色の動きを  筋にしめつけられて動きが  相場の動きも  肩の動きに  天候の動きにも  相場の動きを  身の動きが  ハジカれた動き  全部の動きを  後に残った動きも  女の動きも  あなた様の動きが  何かの動きが  仕事に対する動き  同輩が押しても突いても動きも  身体の動きとは  つたやうな動きを  利害打算に依る動きが  種々の動きが  それがわかれば動きは  今度間違うと動きが  之も動きの  要因の綯いまぜられたものの動きとして  ざわざわした動きが  前からの動き  ゆるやかな動きに  戦争の動きの  自己の動きより  表情の動きに  經營管理への動きの  船の動きに  世態の動きの  心もちの動きの  沈着と動きが  敵の動きに  顎の動きと  彼女は動き  馬鹿囃子に連れて動き  滔々として動き  海の動きだけを  やうに動きも  方法への動き  昨夜の動きを  道庵は動きが  官能すべての動きは  花は動き  気持の動きも  主要人物の動きに  歴史の動き  私たち人間そのものの動きに  内部的な動きを  これは動きが  力で動き  時代の動きが  #自身の動きと  時代の動きを  それの動きを  鴈治郎の動きと  心の動きから  凝結して動きの  手の動きの  ゴツゴツした動きが  手足の動きも  やうな動きに  體の動きに  肢体の動きは  面の動きとして  タラス王自身も動きの  老父の動きを  秋風の動きに  風物の動きを  世界の動きから  自由な動きを  心が動きも  ちやんと動きの  虫どもは動きも  綱の動きも  右手の動き  見事な動きを  方針で動きの  指の動きで  顔の動きが  囁きで動きを  肩から滑り落ちていく動きが  兵の動きだけしか  始末で動きが  腎臓病に罹って動きが  ことができないといふ動きの  天王寺あたりの動きも  さっちも動きが  針の動きを  駒の動きが  生命による動きの  機械的な動きとの  共産主義者たちの動きの  十字架は動き  厳格な動きの  顔の動きを  猪牙に動きが  情意の動きに  心理の動きから  生活の動きも  精神の動きが  傲然としながら動きの  心臓の動きは  国内社会の動きを  求心的な動きを  生命に動きが  笠が動きも  秒針の動きを  指針の動きに  世界の動き  中央機關の動きなどに  そうな動きが  銃弾の動きと  顔面の動きとしか  的な動きには  社大全体の動きをも  外側を動きは  今までの動きを  ふたりの動きで  中に浸り動き  手足の動きを  唯一の動きつつ  当座の動きが  車輪の動きが  永遠の動きは  深層筋の動きとは  身体の動きは  型の動きが  圓一流と云いたい動き  初歩の動きが  それぞれに動きの  感覚的な動きを  進歩的思想の動きは  文化の動きに  首の動きに  老婆の動きに  目の動きも  クリティシズムは動きが  ようになって動きが  こっちの動きが  踊り手らの動きが  国会の動きを  機微な動きが  機微な動きについて  世上一般の動きを  鉄板も動き  無駄な動きを  汽車は動きは  眉一つの動きにも  筋肉の動きに  口の動きだけを  肉体の動きの  情緒の動きに  針の動きから  ゼンマイ秤の動きを  球の動き  心理的な動きの  臙脂屋も動きが  ザワザワザワザワと動き  雪中の動きから  外の動きと  物の動きが  近ごろ世界の動きという  世界の動きは  一寸も動きは  一つの動きも  ように動きの  空の動きや  ムクムクと動き  中で動きや  先づ俳優自身に動きや  感情によって動きが  足の動きが  機械的な動きが  動きと動きの  活溌な動きを  天地の動きを  出動の動きが  敵陣の動きに  中で動き  雲霧の動きを  充満していて動きが  渾沌として動きつつ  空想の動きが  悄然として動きも  顔色の動きに  げに動きも  拒否しようとする動きが  車の動きが  世界の動きについての  宮廷の動きについての  ペンの動きとともに  大衆の動きに  浮子の動きを  先づ浮子の動きを  お歯黒蜻蛉の動きも  庶民の動きが  電子の動きを  體の動きは  思想の動きを  なんの動きも  何にも動きの  いろいろな動きの  身体の動きの  群れの動きが  いろいろな動きが  ものの動きを  人の動きの  大名の動きを  虫の動きを  旅人の動きに  心の動きでは  コソとも動き  時の動き  群衆の動きや  自分にできない動きを  場合の動きの  俳優の動きに  無理な動きや  物の動きを  無限の動きにたいする  自由な動きが  風に動きの  妻として動きの  生活の動きを  人一人の動き  状況と動きによ  時代の動きに  燈影の動き  急激の動きを  心は動きも  風の動きに  東も動きの  ひとりでは動きが  唇の動きを  首を締められて動きの  芳秋蘭一人の動き  咄嗟の動きに  背後で動き  口許の動きを  土台をおいた動き  外部の動きを  主観の動きは  心情の動きに対する  心意の動きによって  心意の動きを  意識の動きを  情緒の動きが  性格と動きとを  時間も動きも  婦人間の動きも  眼におとらず動きと  レビューの動きに  微妙な動きに  個々の動きといふ  様に動きが  様に動き  自由主義の動きが  ムク犬の動きも  莚にかかる動き  乾坤の動き  眼色の動きを  支離滅裂な動きの  表情の動きも  身をかわそうとする動きが  世界文化の動きを  今後の動きは  内面的な動きとしては  封建的勢力の動き  現実の動きに  思想界の動きで  最近の動きが  議会政治否定の動きも  溌剌たる動きを  色と動きとを  車の動きで  船は動きが  人物の動きと共に  統一的な動きに  随うて動き  世界の動きの  心からの動き  #世界の動きが  世界の動きを  この世に求める創ろうとする動きの  シフに押し流されて動きの  悲痛すぎて動きの  塊りの動きを  げな動きの  やうに動きを  場所に動きを  雲の動きを  方は動きも  ことによって動きが  連想の動きの  眼で動きも  意志の動きを  溌剌とした動きを  社会生活への動きが  文学の動き  人間解放の動き  中での動きから  間に生じていた動きの  世代の動きとして  共同の動きを  婦人の動きの  ような動きに  芸術を求める動きは  階級の動きとの  社会の動きと  時代の動きにつれて  プロレタリア文学の動きは  すべてを知ろうと願う動き  発展させようとする動き  筈の動きの  人生態度の動きの  微妙な動きについての  雲の動きが  歴史の動きが  時代の動きの  日本の動きの  魂の動き  二つの動きが  何の動きとも  職工たちの動きは  意志の動きが  眼の動きにのみ  思想の動きだけ  婦人達の動きは  全身の動きと共に  自在な動きを  不景気で動きが  皆の動きを  職工たちの動き  工場全体の動きを  工場内の動きの  場面の動きに  転身しようとした動き  社会的な動きの  中に動きの  人気の動きという  のは動きの  ようとする動きも  社会の動きが  眼の動きには  筋肉の動きが  同調の動きを  奔放な動きで  下心の動きを  感情の動きが  詩の動きにも  場合には動きの  プロレタリア作家の動きとして  物の動きと  返事もしなければ動きも  これに動きが  学生の動きとは  中国の動きに  積乱雲の動きが  一生しばられて動きの  帽子の動きに  浪の動きと  むだな動きが  心持の動き  空気の動きにも  真情の動きが  頭を突っこんで動きが  わらふばかりで動きも  手の動きは  チブスで動きの  市価をある動きの  作者自らを動きの  やうな動き  個人の動きが  加味した動きを  水の動きの  時世の動きの  絵の動きに  現実の動きと  緩慢な動きの  感覚としての動き  線の動きに  線の動きの  波の動きを  人間的な動き  垂直に立ち上って動き  体を保って動き  物理学界の動きは  完全に欠いた動き  手の動きを  ひとつは動きが  美において動きと  登りになってくるに従い動きが  心情の動きを  心の動きとに  心理の動きが  時代の動きによる  客観的情勢の動きに  前の動きが  語彙は動き  哲学の動きに  十八世紀時代の動きを  時間の動き  筆の動きの  やうに動き  自分だけ動きが  新鮮な動きに  素直な動きに  お辞儀に似た動きを  上の動き  彼の動きに  各々の動きの  ひとつの動きの  凹こむばかりで動きも  自衛の動きが  身体の動きが  指の動きを  微妙柔軟な動きに  活溌な動きは  身体の動きにも  あれから動き  相互関係の動きと  於て動き  作家たちの動きは  間の動きの  作家の動きは  作家との動きの  二つの動きの  これまでの動きの  自身の動きの  そこで動きが  作家の動きとの  作家の動きと  左右水平の動きを  連載物への動き  文学と名づけられた動きに  ヒューマニズムの動き  作家の動きに  表情の動きは  眼のさりとも知らず動き  自在な動きが  バネ仕掛けの如く動き  ような動きの  ものが伸びたり縮んだりして動き  色の動きたり  文学の動きに  心の動きとも  星の動きを  リアリズムにより動きを  絵の動きは  身につくに従って動きも  脈々として動きの  白の動きを  世の動きとを  感じと動きと  活溌な動きとは  心やうやく動き  地方の動きと  地方的な動きが  女性の動きが  赫灼たる動きと  運命の動きに  活溌な動きが  婦選の動きが  時局的な動きの  一指の動きも  全身埋没して動きが  胸にも動き  世界の動きという  彼等が動き  僅かな動きが  心持ちの動きは  文学の動きと  肉体の動きまでを  歴史的な動きの  中国の動きの  色や動きで  笑ひの動きが  構想の動きとか  筋の動きだけに  それに応じた動きが  くりくりした動きを  空気の動きを  #いろいろな動きが  世界の動きと  世界情勢の動きに  若者たちの動きの  画期的な動きが  情意の動きを  民主化の動きが  棋士は動きも  コマの動きが  實な動きの  ソ聯の動きが  息をしながら動きも  彼の動きを  ドアの動きは  固有の動きが  有機的な動きを  心持のやまれぬ動きから  出刃の動きに  一つの動きにも  槌の動きの  豊かな動きを  やうに動きの  世の中の動きを  先へも動きが  親として動きの  すべての動きが  無理な動きを  自身の動きに対して  手足の動きとを  何事にも動き  寄りの動きも  口の動きで  顔の動きから  生徒の動きを  伝播を押しつけようとする動きの  ままが動きの  緑の動きは  数年間の動きは  感情の動き  面の動きを  テーマ自体の動きとが  それ以後の動きの  基本をなした動きを  風の動きと  気をもんで動き  日常生活の動きが  全体としての動きは  本当の動きの  顔の動きに  長老の動きは  気持ちの動きを  息使いの動きさえ  心理の動きは  体重はあっても動きの  心理の動きとしての  内部的思想の動きだけを  思想的な動きに  燈火の動き  事件的な動きを  扉は動きも  別の動きが  命の動きの  全体の動きの  雄大な動きを  モラリストとしての動きの  前進する動きよりも  積極な動きとして  どおりの動きを  何れも動きをかへ  外国大使の動きも  それに動きも  表情の動きの  文章の動きの  自分で持ち運んで動き  人々の動きは  適確な動きを  波の動きも  立体的容積と動きとに  日本文学の動きの  衝と動きを  月の動きに  人間が考え動き  秘密な動きが  プロレタリア芸術の動きに  #民主主義文学の動きを  労働階級の動きを  ファシズムの動きの  世界文学の動きの  活発な動きが  文化史への動き  二の動きは  ような動きに対して  なかで動きが  リアリズムの動きが  日本的な動きに対する  魂の動きを  雲の動きと  臓の動きが  春の動きを  絶滅に向っての動きは  ものは動きが  民主的な動きへの  労働者階級としての動きは  新鮮な動きを  眼と動きとの  新鮮な動きとは  新鮮な動きとの  鱗の動きで  大衆の動きと  舌の動きも  朝夕の動きの  背延びをしようと動き  浅はかな動き  ように動きも  光の動きに  弟子の動きを  人間社会の動きを  信念の動き  心理の動きや  此の動きは  他から与えられた動きの  人物一人一人の動きと  精神史の動きを  口の動きから  人の動きで  特別な動きが  頭の動きを  支店長代理の動きは  食糧問題も動き  政治的な動きが  大気の動きに  のろまな動きしか  人間たちの動きが  ようにはならない動きを  利用しようとした動きが  猛烈な動きを  神経の動きを  可能と動きの  やうに入りみだれて動き  線的な動きだけで  自らの動きが  千石積でも動きが  人間の動きから  

~ 動き[名詞]2
この動き  充分動き  その動き  あらゆる動き  大きい動き  少し動き  もう動き  素早い動き  どうにも動き  そんな動き  温い動き  あまりに動き  常に動き  新しい動き  何らかの動き  ない動き  気忙しく動き  さっぱり動き  大きな動き  どういう動き  めったに動き  大いなる動き  暗に動き  ちらちら動き  そういう動き  せつない動き  同じ動き  激しい動き  ふるい動き  しきりに動き  悠然たる動き  つよい動き  ほとほと動き  目まぐるしい動き  はげしい動き  にっちもさっちも動き  忙しく動き  良く動き  たえず動き  もっと動き  忽ちに動き  あわただしい動き  いよいよ動き  まるで動き  やがて動き  快い動き  ちょっと動き  黒い動き  あくどい動き  もとより動き  何とか動き  よく動き  脆く動き  どんなに動き  ちょっとした動き  とにかく動き  ふらふら動き  なんだか動き  ちっとも動き  軽い動き  はかなく動き  まだ動き  のろのろ動き  やや動き  細かい動き  いつも動き  下らなく動き  烈しい動き  もはや動き  要するに動き  なく動き  こういう動き  絶えず動き  激しく動き  次第に動き  あんまり動き  どうにか動き  特に動き  弱い動き  ちゃんと動き  すこし動き  細い動き  やさしい動き  あたかも動き  早い動き  まったく動き  まさしく動き  全く動き  

複合名詞
動きかた  サ動き  まま動き  動き方  統一的動き  動き始め  動きひとつ羽  動きひとつ  來動き  動きづめでくたびれたと  動きそのもの  響動き立ツ  二六時中動き分化  馬車動き  動き左  動き放題  科学的哲学的動き  動き行動  つて動き  動きまわり  儘身動き  動き以外  動き飛行機  的動き  社会的動き  非常時的動き  動きただ  動きぐあいから  神動き気  チョコチョコ動き  一日動き廻つて  動きツこ  前歯動き  きり動き  地動き  動き共  一寸動き  自ら動き  流れ動き生成  ざつぱな動き  動きこまか  動き変化  限り動き  動き初め  動きざま  動きぶり  動き等  動き候事  塵一ツ動き  矢張水流れ船動き橋  船動き  動きがち  何かしら動き  それぞれ動き  動き方一つ  成動き  動き苦悶  心動き  動き廻つて  家中動き  心動き初めたる  政治的動き  動き水  足動き  一動き  動き工合  動き日光  動き出ずる  一番動き  動きよう  動きはじめ  しまつて動き  動き具合  動きたる  動き様  さうに動き  眉根ビクリ動き  移り動き  人間的動き  動き左右  水流れ船動き橋  以上動き  動き自然  一人動き  磨動き  間動き  動きやう  動き乍ら蚊帳  形動き絡  自ら動き出  精神的動き  画壇的動き  キョトキョト動き  変身動き  まれ動き  囁き動き  文学的動き  自然動き  動きかたそのもの  動き一つ  流れ動き脈うつ芸術性  輕佻動き  動き候  思想的動き  動き出づる  上風雲動き旗  動き調子  くせ動き  動き給  動きはと  動き騒ぎ  あちこち動き廻  動き亂  動き度  動き出  動き廻  從つて動き  肉動き  



前後の言葉をピックアップ
動かす  うごかせ  動かせよ  うごかそ  動かそ  うごき  動き  動きださ  動き出さ  動きだし


動詞をランダムでピックアップ
たかれるほうりためし飛び乗けなそこじあけろ休まり飛ん嫁げ咲き揃うぶっぱなすふくらむふめひらめ評さいぶかおいだすひまどる切り放そ持ち上がら
形容詞をランダムでピックアップ
憎らしく尊けれ虚しきうすしむつまじい残り少ない蒼から毛頭ない敏くかよわしさともろかっおとなしけれ水臭淋しから赤いすごう険しく素晴らしい