「放し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 放し[動詞]
ちよと放し  海へ放し  物をくださるなら、すぐに放し  蟹は早う放し  ズドンと射ち放し  凧を放し  空にむけて押し上げ、放し  書物を出放し  手を放し  殆ど全部其處に置きつ放し  馬を放し  中へ放し  上へ放し  いつかこわれてあけ放し  陛下、お放し  開つ放し  通り開つ放し  アタッチメントを掛けつ放し  椅子を放し  脚を放し  上に置き放し  園から眼を放し  詩集から眼を放し  眼を放し  書物は並べ放し  君を放し  恋が放し  恋を放し  そいつを放し  娘ごを放し  通り小枝を放し  敵から眼を放し  一つ小衝いて置いて放し  ゑらしく、遣り放し  双眼鏡から目を放し  煙を、おさえたり放し  ポンと放し  鳩を放し  巣箱へパッと放し  関の山から人知れず放し  中でも、ことに遠放し  ッぽり放し  此の子を放し  猫を放し  女を放し  王子にやって、やっと放し  耳掻を放し  鳥を取り出して放し  初を放し  手をつと放し  ハンドルを放し  中に撞き放し  其男を撞き放し  男を撞き放し  それを撞き放し  中に、撞き放し  大胆なやり放し  乳房をもぎ放し  ところへ放し  障子をあけ放し  十手が置き放し  関金を引き放し  そのまま、遣放し  搦ませた、遣放し  一弾を狙い放し  ほかは放し  二連発を放し  燈がつき放し  切ッて放し  貰ひ放し  私が放し  十匹ばかり放し  扉をあけ放し  窓があけ放し  カーテンをあけ放し  窓をあけ放し  ここをあけ放し  鐵鉢を蹴放し  急に切って放し  これで分ったろう、放し  のを放し  百叩きにして放し  揮り放し  こいつを放し  王党派から軍隊を引き放し  咽喉から手を放し  それを放し  山に放し  島を包んで放し  調練兵が、どかん、どかん、ぶっ放し  ここで、おっ放し  約束どおり、放し  神秘を感じたので、放し  鶴を放し  六人を逐っ放し  肩を放し  枝から手を放し  ちょっと目を放し  スッと放し  三日以上かけ放し  縁側をすっかりあけ放し  ッと放し  癇癪玉ぶっ放し  軽快に云い放し  市中へ追い放し  人工で拵えておっ放し  スッポリ園長へ着せてしまって、そこでおっ放し  猛獣を放し  手帳から眼を放し  張教仁は云い放し  斥候を放し  ため彼らが放し  光を放し  信号所からいつも放し  蛇穴へ放し  容易に放し  のを引き放し  食卓から目を放し  それは放し  ここへ放し  それで、放し  一刀にぶっ放し  錠を降し放し  築山のかげに放し  池へお放し  池へ放し  勇氣もなく、取放し  除り放し  艪を放し  お前さんを放し  食祿召し放し  小鳥を放し  文化を放し  金魚を放し  土地に放し  山へ放し  びらを剥いで、すっぱりと脱ぎ放し  八五郎の明けつ放し  ように放し  口腔をあけつ放し  雨戸を蹴放し  きり明つ放し  日傭人たちの明つ放し  彼女を蹴放し  襟がみを放し  ワングリ一刀にぶっ放し  顔より放し  ぢを放し  首すじを放し  犬を放し  上から手を放し  頬をぬらし放し  箱車から顔を放し  手をふり放し  日本語をひき放し  いい加減に放し  身を放し  背から手を放し  時、放し  自由に放し  間、放し  野へ放し  青空へ放し  仲翔が放し  そこへ置き放し  武器を放し  手を御放し  手も放し  左手も放し  両手とも放し  うえに乗り放し  障子はあけ放し  右左から取りすがって、たやすく放し  から仔細ないと放し  つたと放し  昔借り放し  玄徳が放し  辺にほうり放し  使ひ放し  目を醒すと、点け放し  腕を放し  街道へ送って放し  関羽を放し  一羽ずつ放し  マリイ、もう放し  二世を誓い合って、放し  そとに放し  トンボを放し  僕は放し  天窓も、あけ放し  天窓はあけ放し  鍵をかけないで、あけ放し  目を放し  其処へ置き放し  まま戸外へ放し  燭台が点し放し  手を少しずつ放し  の子をおき放し  同情して、放し  ところは、放し  彼を放し  池に放し  弓弦を切って放し  いやです放し  倉地から目を放し  孔明に免じて、放し  小池へ放し  池に持って来て放し  昆陽池に放し  今一度湖に放し  自我をつき放し  本から目を放し  片方言ひ放し  御馳走になり放し  反物を取り放し  梶棒を放し  奴を、遣放し  髯も剃らず遣放し  心臓から手を放し  頭から手を放し  それから眼を放し  切腹になと召し放し  結へて放し  自分をつき放し  一しょに放し  からだを引き放し  上に置かれ放し  袖をお放し  手をお放し  土瓶を放し  葉子から貞世を取り放し  ふところからもぎ放し  弟を放し  皮を置き放し  山へ行け、と言うて放し  草なかに放し  室は広くあけ放し  一個、敷き放し  戸があけ放し  望遠鏡から目を放し  花から目を放し  流れから目を放し  万事があけ放し  額から団扇を放し  まま、あけ放し  隅に投げ棄て放し  矢を放し  私を放し  外に出して放し  かごから外に放し  綱をといて、放し  因果をふくめて放し  手を、組んだり放し  寄合ったという遣放し  何人です、放し  今度は放し  云つても放し  年増の放し  隻手を放し  だめですよ、もうなんと云っても放し  私たちは明けつ放し  頭をつかまえていて放し  からとってきたのにたべないなら又放し  美枝子ですよ。宮川さん、放し  ところで、よもやぶっ放し  中に放し  ちょっと眼を放し  森に放し  手から手綱を放し  何方さまかは知りませんが、何卒放し  やすから、どうか放し  胸ぐらを掴んで放し  二十人前ぐらいは出し放し  地面に置いて、放し  芝生に放し  心配でしたが、放し  ことで、もう放し  箱を放し  子供をお放し  袈裟掛けにぶっ放し  傍に敷き放し  立戻って来ましたわいな、さあ放し  密と引いて見て、はらりと放し  私一向遣り放し  それからまた放し  あれらを放し  シャンデリヤは点け放し  袖を引張って放し  あれ、どうぞお放し  小銭も置き放し  乳は放し  詫びをして放し  つもりで切って放し  心持について、まるでやり放し  飛田が放し  自分を放し  薔薇から目を放し  唐紙をあけ放し  それから肉切り庖丁を放し  中二階に転がし放し  斯うして縛り放し  宵からあけ放し  ムクを放し  一端を放し  それ丈けを引き放し  ピストルをぶっ放し  猿を蹴放し  緋鯉をお放し  截り放し  不精で、遣り放し  前に置き放し  中で抛り放し  はじめて手首を放し  戸障子をあけ放し  動物を放し  手をあげたと思うと、撃っ放し  相手から手を放し  雉子を放し  これだけを置き放し  これを置き放し  弓を引き絞って、切って放し  夕方は放し  助は呼び放し  江戸へ行くまで、放し  二発目をぶっ放し  一発ぶっ放し  一つぶっ放し  トランクから手を放し  人物がぶっ放し  これを放し  新一を放し  通り高楼をあけ放し  幾つかに斬り放し  白鳥を放し  何だか知らねえけれど、放し  ここを放し  無事に放し  以上は、決してお放し  屏風から手を放し  引受人がなくて、放し  カーテンを降し放し  顔を見知っていたので、それとなく貰い下げて追い放し  物狂いに蹴放し  旦那どうぞお放し  突つ放し  腰の物をお放し  ここをお放し  雀を放し  彼から私を引き放し  ポンポンと放し  腰を放し  どちらへ参りました、どうぞ、お放し  女でございます、どうぞ、お放し  行燈だけを点け放し  充分に狙い、切って放し  兵ふっとばかり切って放し  乳房を放し  障子を蹴放し  いつかな放し  其処に置き放し  扉が明けつ放し  振りして、放し  恥は掻き放し  二発を切って放し  揚句損の仕放し  手綱を放し  窮屈でならない、放し  おばさん、放し  蓄音器が掛け放し  衣服が脱ぎ放し  たくさん置き放し  無造作に放し  地びたに向けて放し  ピストルをぽんぽんとぶっ放し  足を放し  すっぽんが放し  沢山のすつぽんが放し  ダイヤを附けて放し  杉山さん、放し  空へ向って放し  たけを続け射ちにぶっ放し  小舟を放し  辺でお放し  内職にしている放し  大川へ放し  お礼というほどにも及ばないが、この放し  三分の金をくれて、放し  毎朝幾匹ずつかの放し  供養に放し  重荷を放し  曠野に放し  兄が叩き放し  者、放し  内心は放し  時手を放し  障子があけ放し  だって今直に放し  きりぎりすを放し  襯衣までぬぎ放し  一切忘れて、ぬぎ放し  ょうだんをあそばしてはいけません、どうぞお放し  からお放し  腕から手を放し  静かに放し  身体から断ち放し  まま別別に放し  人差指で突いて放し  妾から眼をお放し  頤を蹴放し  相互で忘れ放し  右衛門、すぐ行って、放し  禽獸を放し  河に放し  チロをさっと放し  ことになります、どうか放し  自ら自分をつき放し  ものですかとつき放し  縄を解いて放し  即座に放し  ままにし放し  どこへかおっ放し  よう、放し  法師を取放し  金をどうしても放し  お代さん、どうぞ放し  野外へ放し  仕度を、いちいちもぎ放し  戸をあけ放し  小屋へ行って、放し  毎月の放し  毎月かならず放し  仙吉を蹴放し  敵中へ放し  口から壜を放し  袖にしがみついて放し  縄目を解いて放し  介に命じて、放し  後生願いに放し  爆弾を切って放し  ここに置き放し  後ろから押えて、どうしても放し  黒船から狐を放し  異人が放し  狐を放し  空地に放し  両手を放し  都を空け放し  くそなたを放し  提灯屋、放し  大門出るまで放し  刀をすらりと抜き放し  腰の物を抜き放し  承知で放し  一帯にあけ放し  残念そうに放し  鍵が突っ込まれ放し  鍵穴に入れ放し  らあな、ちっとばかり放し  道に置き放し  四方取放し  保名を放し  自分で捩放し  夜半も点け放し  桶屋さんの置き放し  そのまま扉をあけ放し  クッつき通して放し  婆さんから身を放し  たてぐもの一種を放し  流れへ御放し  家に預け放し  桂介に預け放し  黒蛇を放し  捨り放し  菓子をつめ込んでやり、放し  二人をひき放し  鷲の子を放し  並はなれてあけ放し  腕をひき放し  彼は放し  婆は縋着いても放し  あれ、放し  これお放し  さ、お放し  家まで持ってかえって放し  家に放し  口で云って判るでしょう、放し  ことでも聞きません、放し  男にむけて放し  ピストルを放し  切つ放し  端切りつ放し  境内へ放し  つて、つき放し  餌をやって放し  鷹を放し  鷹をお放し  卓上に置き放し  そこは放し  犬を少しも放し  云ひ放し  ガス管を抜き放し  身体を放し  物を置き放し  ならず者が置き放し  言ひ放し  喰べさせているが、放し  雑誌より放し  天地へ放し  小枝に放し  他所にあづけ放し  ここへ置き放し  クリストフを放し  源女を放し  冷やかに云い放し  妻を放すと放し  直衣を放し  虫を放し  上手に放し  犬は忘れない、放し  客は放し  さらなければ、放し  ボツボツと集めたり放し  いつまでも目をお放し  俯向きに当てて、押したり放したり押したりまた放し  二人を放し  棒を放し  懐中からお放し  上からピストルを放し  かわいがりになってお放し  いよ、お放し、放しなってば、放し  所々に寄せ掛けてあって、やり放し  手帳へ書き放し  格子をあけ放し  所に置き放し  箭が放せるなら放し  人質を放し  場所へ置き放し  そのまま中将は置き放し  そうに云い放し  手を掛けると、キラリとばかりに抜き放し  短刀まずまずお放し  云つた切戸をあけ放し  表口をあけ放し  歌ひ放し  無造作に打つ放し  生き写しと抱き寄せて放し  彼女を放し  大砲をぶっ放し  形が残ってる敷き放し  原子弾にやられ放し  中へお放し  いつか町から買って来て放し  獲物を再び放し  まま蒸気を出し放し  ことを言わないで、放し  あたしを放し  オルガさん、放し  彼女から腕を放し  オルガを放し  庭に放し  位置を放し  八をふり放し  お前を放し  窓は明けつ放し  大砲でも放し  どんどん祝砲を放し  秋山図から眼を放し  ところへ入れつ放し  状態に置き放し  上に抛り放し  庭へ放し  文鳥を放し  髪毛を放し  無理にようよう引き放し  一ぱいに引きしぼって、切って放し  二の矢をつがえて、いっそう強く引きしぼって放し  ひょうと放し  詩から眼を放し  風は、あけ放し  のが、あけ放し  ことなら、放し  座敷へ置き放し  縁のあけ放し  社の放し  それを蹴放し  客の脱ぎ放し  壁に遣放し  真似はいたしません、放し  猿を放し  鷄を放し  誤解され放し  錠を放し  地獄の扉をあけ放し  のを、慌てて放し  方へ放し  日本刀を抜き放し  虎を放し  伴れてって放し  口から煙草を放し  身体から手を放し  ドアをあけ放し  書類がひろげ放し  サチ子を放し  家じゅうをあけ放し  點け放し  襖をあけ放し  愁を放し  喉を抑えて、放し  ように置き放し  自身をも全くつき放し  コッペは、極めて開けつ放し  つて、到底放し  金だけ放し  昏迷を感じたが、放し  態度に出ずに放し  把手から手を放し  畦に放し  断続するとは見えず、点け放し  それをまた組立て、放し  ロープを放し  艶を放し  枕から顔を放し  から眼を放し  粗忽、いましめて、放し  底無しに喰い入り、圧しつけ、放し  手から子供を引き放し  犬をつき放し  剣をぬき放し  猟犬を放し  さきに放し  毬場へ放し  魚を放し  なかに放し  なかへ放し  川へ放し  猴を放し  蜈蚣を放し  ときに放し  網を開いて放し  ものは短いなりに書き放し  謎をあんまり開けつ放し  一発射ち放し  千切れたって放し  戸を放し  餅屋をふり放し  そこを放し  水をのませていきかへらせて、そして放し  対手だ、放し  釣糸を垂れ放し  樽が、終に軽々と成り放し  皆さんに任せ放し  遠くへつき放し  三方折り放し  床が敷きつ放し  いたずらにつき放し  底に放し  ステッキを放し  冷かにいい放し  暇がないので、頼まれ放し  今もって使い放し  牛が放し  市街から眼を放し  其を引き放し  ものがとり放し  歌は放し  威霊とは、常に放し  名人盤面から目を放し  厄介になり、そして、なりつ放し  ように力強くいい放し  手を危うく放し  眞中に置き放し  遠くに放し  馬を乗り放し  青眼先生を放し  身体から蛇を引き放し  青眼先生、放し  父様を放し  力まかせに蹴放し  鏡から眼を放し  反物から手を放し  落胆りして、ついには取り放し  空地に置き放し  襖もあけ放し  姐さん、放し  シガレットを置き放し  錨綱を放し  疎開先におき放し  逆推してとり放し  手拭いを放し  眼をつぶって放し  嗜人草を放し  中にうんと放し  事から引き放し  書物から眼を放し  以上、放し  仏壇から眼を放し  一勢にあけ放し  魂だけは放し  得意先きに貸し放し  船は互いに遠く乗り放し  叫びバラリ手綱を放し  狙いも付けず切って放し  手紙のことはほっぽり放し  ことをほっぽり放し  あいだほっぽり放し  取手からお放し  硝子戸をあけ放し  階段を上って来て、あけ放し  裏表二間をあけ放し  靴は放し  人まで引っくくって、放し  雪に詫びるまでは放し  雪の放し  そのまま体を放し  金を放し  石段にあがって、しばらくその吹き放し  僧があけ放し  侍が、置いてき放し  ものか、それとも、生かして放し  中途から伐り放し  牛を放し  上から、放し  小悪魔はまた放し  両手を思わず放し  顔から眼を放し  胸からはだけ放し  僕は遣り放し  獣を放し  その間を放し  双眼鏡から眼を放し  電鍵から手を放し  ざあざあ水をぶっ放し  右腕をふり放し  ッたら、お放し  本統に放し  ッ、放し  天地に放し  まま、放し  お酒を飲まして、放し  やうに、放し  今太郎君が放し  道ばたへおき放し  もぐらを放し  音頭の歌い放し  かば僕等が書き放し  ままヴェランダに出し放し  四五年来も投げ放し  のが遣り放し  樽から手を放し  日向におっぽり放し  様子が、あけ放し  やうに放し  ように、あけ放し  柄に縛り放し  首を放し  ために、ぶっ放し  操縦桿から手を放し  縦桿を放し  ような遣放し  裏戸が開けつ放し  身から、放し  鶴見はそういい放し  長歌を書き放し  言葉を聞き放し  飾窓から顔を放し  柄から手を放し  指を、握ったり放し  腰車にぶっ放し  胸をつき放し  片手なぐに斬り放し  画面から目を放し  尺八を放し  片手は放し  づれに、放し  つて雲を放し  釣つ放し  何羽も放し  障子もあけ放し  コートに打つちやり放し  ゆはひつけて放し  主砲を打っ放し  照弾を打っ放し  あっちい放し  私は、わざと放し  手から毛抜きを放し  体を放し  水鳥の放し  下にでも放し  愛着もなく、ただ買い取って放し  籠から鶯を放し  右手を放し  乙を放し  道ひ放し  死体を放し  ところへ、あづけ放し  ところへ、あずけ放し  晝間から敷きつ放し  下に、剥きだし放し  習ひ放し  ポアと放し  ものも放し  環付螺釘を放し  空鉄砲を放し  斯うして放し  ほこりが積み放し  鎧櫃にぶっ放し  棹を放し  捉らえて放し  塔は出し放し  トンネルがあけ放し  女郎屋におつぽり放し  幽閉され放し  掴えたら放し  夏であけ放し  光が、あけ放し  窓とをあけ放し  生捕にして、また放し  彼は、しっかりとつかまえて放し  接吻して、放し  ことを考えて、あけ放し  さらされ放し  飼鳥を放し  鶉を放し  らへ放し  篠を放し  こっちとすっかりあけ放し  徳市はふり放し  豪族とを放し  池畔で放し  若い男女を置き放し  手をもぎ放し  戸から手を放し  拙者を、お放し  桔梗様を放し  樋口を掛け放し  馬だけ放し  それから馬だけ放し  びひょうふっと切って放し  鼬を放し  心を放し  格子戸がらり明つ放し  ヘラクレスに吸われて驚いてもぎ放し  質問をつき放し  覘って放し  口にくわえッ放し  原形をひき放し  螢を放し  やうと射放し  ものを放し  賞めつ放し  寝床を敷き放し  膝頭から手を放し  足をあげて強く蹴放し  水へ放し  両方からかじり付いて放し  壁に、点け放し  壁燈が点け放し  君は点け放し  言つて買ひとり海へ放し  けんめいに逆らいますが、放し  耳より放し  湯桶に放し  北面にやり放し  二匹を放し  小鳥を、放し  中にそっと放し  瓦斯を出し放し  買つた螢を放し  興味を持つて讀み、讀み放し  まさかおっぽり放し  顔から手を放し  海に放し  気を放し  スリッパを脱ぎ放し  頬杖を放し  さまに打つ放し  



前後の言葉をピックアップ
花咲  花盛り  花沢  はなし  はなし  離し      話し  話し合い


動詞をランダムでピックアップ
さきそろっ信じ込ま飛交わなくさ逃げ惑う能くすにおわせ哀しむかきまぜる浮べる整えれ除けよしぼっ寄り付け出ろ擦り改めよめかしにたと引張っ
形容詞をランダムでピックアップ
罪深し福福しいやり切れない聞づらく浅ましかっずる青じろう真白くしぶとく酸しわるくっ男々しき堅苦しくきわど薄ぎたなうやうやしかっ薄きうらやましゅう果敢なけれ貴けれ