「ペ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ヘとをよく誤り  ヘの字形に曲げて  ヘの字に曲げようと  へのない生命そのものである戀をも思ひ  へない子になつてしまふ  へな餅にしても  へな餅など食べようとせず  ぺに渡した  ぺがした  へなちょこの軟派とちょっと違うネやぞ  ペたんと砂漠に寝た  へに咲く  へへへへ御緩っ  ベて本然と自然とにしたが  ペたが腐って  へへと髷節に手をやって  へへと笑って  へへえといって  へへへと髷節へ手をやり  へへえ何うも  へへへもうこの年になっちゃあ  へへへもうこうなっちゃあ  へなどやらかされて  へへののもへじ  へに置く  へへへへはちと気障だったよ  ペたんと倒れてしまいました  ペ出せ出せ  へへへんと笑った  ヘたと言ふ  へのない存在にちがひなかつた  ペったりと膝を折り敷き  ヘに7が出る  へへッと頭を下げ  ヘりには所々この泥岩層の間に砂丘の痕らしいものがはさまってゐる  へへへへ読者の横暴見出し横往年出版書肆の横暴を叫んだ  ぺ穿きたる姉をおもい  ベつの畑が光って見えた  ペつたりとテーブルにへばりついてゐた  ペつもねえこと言う  へのない人物は北国の山の底にすんでゐた  へば逃げ  へへい  へへえっていった  へへッとまた畳とすれすれに下げた  ヘとマのちがいで音全体としてもいかにも人に笑われ  ぺがさせて持って来た  へのない肉体を持つてゐる  ぺたり仲の間の火鉢の傍によりかかりた  へにいほりせる  へへののもへじと  へへへ大変御無沙汰をしまして  へへへ相変らずで  へば都は左にはげしく傾倒す  へのない魔術の鏡を下へおつことして  へにこそ死なめかへりみはせじ  へな土が一面に粘いている  へのない稲が腐  へへ腹でも下さないが  へば逃れんとするにあらずや  へない自分がゐた  ぺたり尾沢の正面に坐った  ぺがされたり  へば即ち山に入つた蝦夷族の版図たりし  へのある  へと変り  へか咲く  へに破船の伴の望む  へに魔炎の光りたれか射る  ぺと云って  へへへと照れ臭そうに笑いつつ出て行った  ぺがされて  へばなり  へに到りし  へになべても散りぬ  へにして  へに草も莠も打ち茂る  へに射す  ぺと云ったら  

~ ペ[名詞]1
ヒとヘとを  言はずして知るベ  かけがへの  ものをあんぺに  看板をひっぺが  大君のへにこそ  ケツネのへなど  秋萩のへに  北上山地のヘ  他にかけがへの  やうにペ  何ものにもかけがへの  えいだっペ  頬つぺも  さっき仕事べやへへ  むちゃくちゃにしゃベ  私とはヘと  パーッとばかりにひっぺが  むも有るベ  聞ちがへと  天雲のへに  山畠にかけがへの  語頭以外のヘと  彼女はぺたり  結果と云うベ  つて頬つぺを  やうにかけがへの  岸のへか  光波のへに  雲のへに  彼がへへへと  頬っぺの  風雲にひっぺが  橋のへに  岸のへに  溝のへに  けりみちのへに  土のへに  成仏すっぺと  

~ ペ[名詞]2
よかっぺ  てひどかっペ  たびたびペ  なかっぺ  寒かっぺ  

複合名詞
一冊三四百ぺージ  モンペ  モンペ姿  数十ペ  へたち  夕ベ  ぺンタゴン  ぺン  モンペつり  ペトロ  ぺッぺッぺッ  ペチヤ  いつペ  へ達  あんぺ  ペテン  ペネタ形  ペネタ型  ぺ吉  名将ペタン将軍  ペテロ  ペテロさ  ペタン  一ペ  シツペ  持主シツペ  シツペさん  ぺチャクチャ喋つて  ペシャワー  へども号  ペルシア更紗  ペルシア灣  へらひょうきん  展ベ願ワクバ塵ト灰トヲ共ニセン  ペルシア文学概論  ペ夫人  ペダン  ッぺ返し  豊ッぺ  ペエア  へら  舒ベ張ル  頬ペ  ペペ  ペペ王  ペペ山  ペペ山の下  いまペペ山  スぺード  田舎ッぺ  宝ッぺ  ぺッ  へら笑い  ぺツ  ぺトン  並ベ  コツペ  ペルシア美術  ペルシア文学史  ぺこペこ  ペテン野郎  二十九ぺージ  ぺージ  正月号三十ぺージ  述ベ  テ此国ニ移住セシトキノ景況ヲモ述ベ  ペテロ君  ペドロ  モンペ式  ペドロとい  てつペ  らヘごと  ヘカヘツテ  ヘツケタノ  取調ベ  ペチイ  ペバル  チヤペ無理  ヘハイリマシタ  ヘ短調  ペリオ  ペルシア地方  ペタン首相  ヘずし  ペテロ一人  由基始メ弓ヲ調ベ矢  ペリッチ  コノ真相ヲ調ベ切ル人ハアリマセン  モンペ一揃  申述ベ  モンぺ姿  ペドロ二世  一ペん  ペエア役  ッぺ  へども  ヘリペ号事件  ペトロ三甫  ペら  使徒ペテロ  ぺ櫛裏  ヘん  ペタコ  なかッぺ  ペペ吉  ペペ公  ペエル  ペルシア  検ベ  ペねずみ  ペチン  ナンペ  パペ  へら歯朶  あすベ  青年艦長ペリウ  モンペ風  ペトー王廷  ローペ  ペピース自ら行  ベ氏  へ間  へ乗つて帰つて  ペテロ大帝  ペい  聖ペテロ  ぺテルブルグ  つど岬ヘ達スルヲ得タレド  ところモンペ  モンペ二着  へずし  ペンペ  ヘ話シテ隠居サセテクレロト云ウカラ  ペろぺろと舌  ペガ  頬ツぺ  ペルシア戦役後  へら弓  ぺチヤンコ  ペテン契約  右述ペルシア  聖ペテロ砦  ペテロひとり  むかしペテロ  ペトリー教授  志ぺ  ペチャン  ペテロ答  ヘ調  一ぺン  較ベ  ペシャン  グレンペ氏  ぺイン  ルムぺン性  ペトラ  ペトラさん  ペテング遊び  ペこペこ  へかた  ひつぺ  ペタール  マツペ  外マツペ  張つてモンペ  ペキリ  ぺエタア・ガスト  作曲家ぺエタア・ガスト  つぎはぎのモンペ  へ買つておいで  ペルシア支那文化  ペルシア方面  ペルシア灣頭  七曲パペ  カールペ  及ベ  印度洋ペルシア灣  紺モンペ  夜ペルール  ペレール  フランス語一時食事ペレール  ぺングイン  王ペドロ  王ペドロ三世  アラゴン王ペドロ  ペドロ三世  ペドロ等  ペロロ  一二八四年アラゴーナ王ペドロ三世  ペテロ書  モンペとり  三〇ペネオ  ペネオ  ペドロ爲  二十四曲聖ペテロ  三〇ペテロ  ペテロ問  ペテロ後  われペテロ  六〇聖ペテロ  ペテン解説  ペルシア使臣  アガペ  ペツタ  ペインター  



前後の言葉をピックアップ
プーリア  プール  プール・レ・ポーヴル  フーン  ぷーんと      経た  経て  


動詞をランダムでピックアップ
せせかがやかせ入りまじりなくなりゃひるがえり切上げよ立ち返りのぞきこむちらさ標す振舞おたたき上げれ錆付いすなどりたたんくだい比べれ切羽詰りもそつかみ
形容詞をランダムでピックアップ
古かっふる重たき鈍くうやうやし遅かろ悪しきひとしゅう汚らわし不味くせつなかっわろし物悲しく酸っぱいかよわ喧しく見易い等しかろつれなきいわけなく