「もどり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ もどり[動詞]
ヤッとすかして連れもどり  住家へもどり  時だけ立ちどまつたが、もどり  廊下を行きつもどり  まま舞いもどり  私は出もどり  暗闇へもどり  自分にもどり  ふうにもとり  穴へ向ってかけもどり  道にもどり  席にもどり  上、ゆきつ、もどり  列にもどり  五日市街道のもどり  ところまで行ったら、もどり  網を張ってもどり  前を行きつもどり  父上がおもどり  お代は見てのおもどり  十年とびもどり  うちに、もどり  んですけど、もどり  国にもどり  伴れもどり  しろへもどり  火星へもどり  われにもどり  情にもとり  きた道をもどり  銭湯の出もどり  蜀へもどり  知覚がもどり  デスクへもどり  意にもとり  成都へもどり  山にもどり  中へもどり  わが家へもどり  生気がもどり  プラークにもどり  前を、行きつもどり  話にもどり  権太ももどり  のを見届けて駈けもどり  神戸へもどり  ハイウエイにもどり  道頓堀をもどり  六天をもどり  如何にもとり  所を行きつもどり  ところへもどり  代価は見てのおもどり  日本にもどり  宅へおもどり  庭を、ゆきつ、もどり  室へもどり  広間へもどり  時劇團にもどり  今夜中にはもどり  荻窪へもどり  部屋へもどり  海岸へもどり  庵へもどり  お知らせにもどり  近江へもどり  陣座へおもどり  家にもどり  川向う男山附近とあれば、おもどり  自己にもどり  進みもせず、もどり  麓へもどり  あとへもどり  世に立ちもどり  座にもどり  室にもどり  町にもどり  過去にもどり  趣旨にもとり  藁にもとり  女は何でもとり  席へもどり  ところを行きつもどり  上を行きつもどり  通りを、行きつもどり  学校にもどり  三つまた迄もどり  それから空しくもどり  域にもどり  静かに座へもどり  帰りになりましたら、早くおもどり  山荘へおもどり  研究にもどり  中にもどり  日本へもどり  ここへもどり  場所に立ちもどり  発揮すると思ふ、もとり  片言をもとり  笑顔にもどり  家へもどり  雑賀屋からおもどり  自由自在に行きつもどり  引きはしないわ、さ、もどり  部屋にもどり  膳にもどり  書記にもどり  東京へもどり  甲板をゆきつもどり  天気にもどり  かざし手にもとり  風呂のもどり  土浦にもどり  宿屋へもどり  蝋燭をもってもどり  ドアへもどり  辺を行きつもどり  下宿にもどり  方にもどり  一ぺん腰掛けにもどり  一ぺん腰かけにもどり  戸外へもどり  宮本村へもどり  色にもどり  もう一度二階へおもどり  廊下をもどり  位置にもどり  話が行きつもどり  方へもどり  台所へもどり  事務室にもどり  塾長室にもどり  機長、もどり  何といふ、かなしい、もどり  米金貨二百三十ドル二六余となってもどり  三次元世界へもどり  足を早めていましたが、おりよく通りかかったもどり  三足、行きつもどり  城中から駆けもどり  にゆきもどり  しりこうになったかと思ったら、またよりがもどり  少時にしてまたもどり  話がもどり  草鞋を穿いて、もどり  椅子にもどり  蔵前へもどり  馳けてもどり  貸付のもどり  不摂生にもどり  ふちから駆けもどり  舞ひもどり  地球へもどり  



前後の言葉をピックアップ
もどっ  戻ら  もどら  戻り  モドリ  戻り  戻る  もどる  戻れ  戻れよ


動詞をランダムでピックアップ
よなげあます召し寄せ飛び廻っ追い越さ植えるふりだし計りづき芽だつもみ消そ漉い磨り引き継ぐ引き起そくぐら打ち切っゆき届い投げつけよ受けあう
形容詞をランダムでピックアップ
息ぐるしいきつう細いかうば賑わし真っ黒い歯痒う心づよい苦々しい浅かろ馬鹿らしいさわがしく甘く大人し用心深くすばしこくねばりづよ仰々しきにがい小うるさ