「まぎれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まぎれ[動詞]
文学は、まぎれ  訪れにまぎれ  気がまぎれ  童等にまぎれ  内裏をしのびまぎれ  御所をまぎれ  混雑にまぎれ  エメラルド色にまぎれ  群衆にまぎれ  ぼんに、まぎれ  なかには、まぎれ  花どこにまぎれ  どこにまぎれ  海上に出たというので、うれしまぎれ  風にまぎれ  酔にまぎれ  あいだにまぎれ  のは、まぎれ  俺が酔ったまぎれ  渡瀬が酔ったまぎれ  巡査はまぎれ  ちょっと感じても、すぐまぎれ  夜にまぎれ  騒ぎにまぎれ  此のまぎれ  声はまぎれ  雑音にまぎれ  のはまぎれ  市にまぎれ  一枚は、まぎれ  音色はまぎれ  響きにまぎれ  曲者にまぎれ  物にまぎれ  粉にまぎれ  風の音にまぎれ  手製本にまぎれ  朝霧ゆふ霧のまぎれ  人ごみにまぎれ  千絵様にまぎれ  江戸紫は、まぎれ  人混みにまぎれ  それはまぎれ  代々木荘から夜にまぎれ  それは、まぎれ  中にまぎれ  愁にまぎれ  於茲放哉嬉しまぎれ  びっくりして、うれしまぎれ  さに取りまぎれ  力はまぎれ  表現であるから、まぎれ  間にまぎれ  途中、酔ったまぎれ  虎列剌だ、まぎれ  うしろ姿を眺めていたが、まぎれ  闇がりまぎれ  岩蔭にまぎれ  人波にまぎれ  色にまぎれ  船極印を調べると、まぎれ  嘘でもない、まぎれ  女房をなくしたが、忙しいにまぎれ  ときに口惜しまぎれ  見物にまぎれ  夕闇にまぎれ  娘をひろった嬉しまぎれ  からが、まぎれ  騙りでもねえ、まぎれ  大阪表へまぎれ  米はむしゃくしゃまぎれ  のだが、まぎれ  肩つきはまぎれ  外を見ると、まぎれ  闇にまぎれ  背恰好、まぎれ  歯がみを洩れる口惜しまぎれ  雑事にまぎれ  人はまぎれ  火事にまぎれ  どさくさにまぎれ  宵闇にまぎれ  暗闇にまぎれ  者にきっとまぎれ  緑とまぎれ  時、酔ったまぎれ  観衆にまぎれ  人込みにまぎれ  かいのまぎれ  さにまぎれ  おまえはまぎれ  人にまぎれ  作家としてまぎれ  前夜、うれしまぎれ  心のまぎれ  をかしさにまぎれ  空襲警報にまぎれ  ひとり敵地へまぎれ  いじめられて口惜しまぎれ  管轄でもなく、まぎれ  今はまぎれ  奸策にまぎれ  支度にまぎれ  調べになり、まぎれ  業をさせられた口惜しまぎれ  冀州へまぎれ  手兵とともに、暗にまぎれ  島は、酔ったまぎれ  暗がりにまぎれ  魂胆にまぎれ  いつか暗にまぎれ  秋声はまぎれ  皮革をもって封じられ、まぎれ  意外にもまぎれ  者こそまぎれ  一門から外へまぎれ  それにまぎれ  混雑とにまぎれ  女なら、口惜しまぎれ  ことがまぎれ  フシギではあるが、まぎれ  日くれて、暗まぎれ  城中へまぎれ  親書にまぎれ  二人にまぎれ  辺りから声がするのでよく見ると、まぎれ  曹真がひらいてみると、まぎれ  人影こそ、まぎれ  雲にまぎれ  興味を引かれながら、まぎれ  ほかのものにまぎれ  ものはまぎれ  騒音にまぎれ  中へまぎれ  ことにおいて、まぎれ  表情にはまぎれ  刺激やらで、しばらくするとまぎれ  から、口惜しまぎれ  朱線にまぎれ  昼学校では大抵まぎれ  サンドリヨンも、あわてたまぎれ  波風のまぎれ  上に、まぎれ  私は嬉しまぎれ  杉山さんが、酔ったまぎれ  ところへ、たとい酔ったまぎれ  世間には、どうもまぎれ  女はまぎれ  手は、まぎれ  夕暮にまぎれ  本線シグナルつきの電信柱が、むしゃくしゃまぎれ  知らない、酔ったまぎれ  さがまぎれ  指図に一旦まぎれ  のにまぎれ  青春を、まぎれ  人血にまぎれ  何処にまぎれ  君に聞いてみたが、やはりまぎれ  自動車のまぎれ  数はまぎれ  変で、口惜しまぎれ  顔は、まぎれ  惨死体などではなくて、まぎれ  顔には、まぎれ  仕事にまぎれ  私は、酔ったまぎれ  ぼくは腹だちまぎれ  幾分かまぎれ  勤めがあるので取りまぎれ  それだけの嬉しまぎれ  霧のまぎれ  富が当った嬉しまぎれ  建具屋が、嬉しまぎれ  暴風雨にはまぎれ  梅にまぎれ  七条河原へまぎれ  町屋へまぎれ  一、それではまぎれ  声にまぎれ  午飯にまぎれ  宵暗にまぎれ  筆蹟は、まぎれ  筆は、まぎれ  ことはまぎれ  陣務にまぎれ  中に取りまぎれ  光厳帝さまも、ひとしく、まぎれ  一つは、まぎれ  その子三郎頼隆にまぎれ  ことにまぎれ  図にまぎれ  苦痛にまぎれ  鑑定してもらうと、まぎれ  考えもなく、腹だちまぎれ  のが、まぎれ  特質をまぎれ  雲にもまぎれ  波にまぎれ  緑いろを浴びて、まぎれ  幕府離反は、まぎれ  そこではまぎれ  若年でも、まぎれ  中に描き書かれた、まぎれ  さはまぎれ  鎌倉へまぎれ  てめえは口惜しまぎれ  嘘もまぎれ  声は、まぎれ  又蔵は口惜しまぎれ  中間が口惜しまぎれ  君もまたまぎれ  淀をまぎれ  声は小さいが、まぎれ  話にまぎれ  御用に取りまぎれ  貴様はまぎれ  あべこべに云いまくられて、そのくやしまぎれ  水分へまぎれ  こっちは酔ったまぎれ  弟子を隠された口惜しまぎれ  酉にむかって、酔ったまぎれ  騒動にまぎれ  どさくさ騒ぎにまぎれ  角は酔ったまぎれ  声がまぎれ  祭りの暗まぎれ  ためにいくらかまぎれ  城中にまぎれ  もう一度見直しましたが、やはりまぎれ  彼女は嬉しまぎれ  騒音にもまぎれ  それがまぎれ  支離滅裂な腹だちまぎれ  蒼ざめて、腹だちまぎれ  クリストフは腹だちまぎれ  彼自身はまぎれ  祖父から、腹だちまぎれ  多磨太が暗まぎれ  バケツがいって、うれしまぎれ  三四丁こわいまぎれ  中に、まぎれ  気遣いはなく、まぎれ  特攻隊員をねぎらつて、まぎれ  後姿紀州にまぎれ  舟にまぎれ  風のまぎれ  魚の釣れない口惜しまぎれ  藤作どんが酔ったまぎれ  夕方の暗まぎれ  ことだけはまぎれ  感激にはまぎれ  ジャックリーヌは、腹だちまぎれ  渋柿色とは、やはりまぎれ  ラッシュにまぎれ  彼は腹だちまぎれ  舞台にまぎれ  うちに、酔ったまぎれ  片山のこがらしにまぎれ  奴め、口惜しまぎれ  増はくやしまぎれ  さとともに、まぎれ  動乱にまぎれ  豚吉は嬉しまぎれ  薄暗がりにまぎれ  おもちゃがあるとそれでかなりまぎれ  其仕事にまぎれ  神経質に押しあげるかつこうは、まぎれ  多忙に取りまぎれ  幼声は、まぎれ  事にまぎれ  話し相手を見つけたうれしまぎれ  考えごとにまぎれ  下でまぎれ  こいつは酔ったまぎれ  ことに取りまぎれ  僕は酔ったまぎれ  うちにまぎれ  一篇のまぎれ  ドサクサにまぎれ  のが暗まぎれ  つもりになってると、どんなにまぎれ  お話になったら、少しはおまぎれ  金具にまぎれ  色とまぎれ  うちは、それでもまぎれ  両脚は、まぎれ  竹馬などではなくて、まぎれ  水靄にまぎれ  子供相手ですから、まぎれ  ちょうちんに照らしてみると、まぎれ  夕闇をすかして眺めると、まぎれ  飲食したが、果して、まぎれ  部下であった、まぎれ  ごとでもなく、まぎれ  やぎにまぎれ  やみにまぎれ  時ほど嬉しまぎれ  もみの木は、うれしまぎれ  恰好はまぎれ  喧騒にまぎれ  妻は口惜しまぎれ  敬二は、腹だちまぎれ  闇黒にまぎれ  屍体のまぎれ  真実で、まぎれ  つてはゐるが、まぎれ  宛名は、まぎれ  頭山邸から闇にまぎれ  わらひにまぎれ  物のまぎれ  話のまぎれ  事にばかり取りまぎれ  火事場騒ぎにまぎれ  それをまぎれ  ちの話にまぎれ  手に咬みついたり、苛立ちまぎれ  手相にまぎれ  眞空圈内へまぎれ  沿海地方にまぎれ  うつるものは、まぎれ  ッたさまぎれ  遊びにまぎれ  車掌を取逃した口惜しまぎれ  面貌がまぎれ  ためにこうして働きながら、酔ったまぎれ  船側には黒くまぎれ  ゲルダは、うれしまぎれ  女を見ると、まぎれ  夜闇にまぎれ  隙にまぎれ  節、取りまぎれ  しるし、まぎれ  部類にまぎれ  雨にまぎれ  おかみさんはいきなり、腹だちまぎれ  列をもとめてまぎれ  お客にまぎれ  自由にまぎれ  群れにまぎれ  多忙にまぎれ  熱射に焼けているが、まぎれ  唯一のまぎれ  視点がまぎれ  気持もまぎれ  盗人どもにまぎれ  たしかに童子にまぎれ  筈はございませんが、酔ったまぎれ  往来にまぎれ  ように、まぎれ  一子久吉はまぎれ  日本流にはまぎれ  人群れにまぎれ  群にまぎれ  吹雪にまぎれ  のを嬉しまぎれ  ずきんの、まぎれ  中にまじって、まぎれ  てんかんでもなく、まぎれ  驚破、そのまぎれ  逢魔ヶ時の暗まぎれ  場合だけでも、まぎれ  のをさいわい、腹だちまぎれ  辰ばかりをおほめなすったんで、くやしまぎれ  者はまぎれ  中には、まぎれ  生食にまぎれ  そやつこそ、まぎれ  努力にまぎれ  音にまぎれ  少年にまぎれ  有名であるし、まぎれ  姿は暗にまぎれ  肩先にまぎれ  気持ちもまぎれ  ベスは、まぎれ  差よりまぎれ  各々にまぎれ  給仕にまぎれ  九機からなるまぎれ  私は口惜しまぎれに、また、腹だちまぎれ  信徒にまぎれ  いつでも、せっぱつまって、くるしまぎれ  雑誌みせてもらい、うれしまぎれ  なかった間にまぎれ  火つけ友達は、まぎれ  遠祖は、まぎれ  首にまぎれ  ちよつと口惜しまぎれ  私はくやしまぎれ  顔を見れば、まぎれ  仮名で書いた、まぎれ  しかとまたまぎれ  金線の飾り、まぎれ  武将にまぎれ  あいだで、まぎれ  時やみにまぎれ  さっきから話にまぎれ  意味か判らないほど切ないまぎれ  風俗はまぎれ  のか、とにかく、まぎれ  姿にまぎれ  混雜にまぎれ  力なくまぎれ  その男は、まぎれ  品物とまぎれ  



前後の言葉をピックアップ
マギリワラ  まぎる  間切る  紛れ  紛れよ  紛れ  マギレ  紛れ込ま  まぎれこま  紛れこま


動詞をランダムでピックアップ
通いつめ絶入るきめろ持ち帰っおぼしめし産み落そ凍れよた誓う死なそ衝い名づけよ上げる取りのけろささやく鞘走るふきとら見当ら餓えよもぐり込も
形容詞をランダムでピックアップ
たのもしいあまねから少かれつらかっしらじらしいきぐるしい危なげなむごたらしき著しかっいち早い赤う憎々しく古い金臭い目覚しくうれしい可愛いでかかれ長たらしいぬくし