「ほろび」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ほろび[動詞]
ここでほろび  海にほろび  松風園も、ほろび  炎上にほろび  町はほろび  うちには、ほろび  城とともにほろび  芸術はほろび  人間は弱りほろび  弱者がほろび  火事にもほろび  体だけはほろび  魂はほろび  石になってもほろび  8香ひはほろび  寶もほろび  圈中にほろび  あとかたもなく焼けほろび  秋空ほろほろほろび  人もほろび  俳句のほろび  限り日本はほろび  運命もやがては全くほろび  錦絵がほろび  祭礼は実際においてほろび  自然にほろび  倶にほろび  者はほろび  霊未だ嘗てほろび  ローマ帝国がほろび  部分までがほろび  上にはほろび  府もほろび  城はほろぶともほろび  華麗にほろび  源兵衛一家のほろび  空襲でほろび  嘆息はほろび  森戸家のほろび  城はほろぶとも、ほろび  玉藻はむなしくほろび  靈はほろび  子もほろび  秦のほろび  酒のみほろび  さにたえかねてほろび  のとともにほろび  世界がほろび  絵本がまずほろび  一つがほろび  家はほろび  限り、ほろび  物がほろび  考古学者もほろび  楠正成はほろび  正成もほろび  教えもほろび  城はほろび  一門眷族はほろび  赤松殿がほろび  代にほろび  彼はほろび  菊池がほろび  洪秀全がほろび  家は遂にほろび  忠義でほろび  家がほろび  昔にほろび  国はほろび  



前後の言葉をピックアップ
幌内川  ほろにが  ほろにがい  ほろにがく  滅ば  滅び  滅びよ  滅びん  亡び  亡びよ


動詞をランダムでピックアップ
つづけろ拓い泣き腫らせ憎がら消え失せよ検めよ曇らせ侮っ生き延びる刈込ま引き揚げ労し暇どる増やせこじらせる頼れ連れ込まつぐむこきうちかっ
形容詞をランダムでピックアップ
ものたりなかっくら空しゅう情なかっ苦し凛々しい空恐ろしせまく黄いろき遠う慌ただしく格好よく愛らしき好う欲しずるかっのろくさい楽しい瑞々しかっうら寂しく