「のぼり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ のぼり[動詞]
上にのぼり  高だかとのぼり  旅にのぼり  岸にのぼり  山の上に高くのぼり  高位にものぼり  お山へのぼり  木にのぼり  木へのぼり  岩山をのぼり  屋根より高くのぼり  丘をのぼり  うちにのぼり  かい山にものぼり  壇にのぼり  話題にのぼり  頂上までのぼり  色がのぼり  方にのぼり  山をのぼり  小さな藪路をのぼり  つて京都へのぼり  口端にのぼり  ところへのぼり  崖をのぼり  ロープをのぼり  血がのぼり  大量にのぼり  数にのぼり  方面から黒煙がのぼり  頭上にのぼり  はしごをのぼり  はしご段をのぼり  祭壇にのぼり  細道をのぼり  峠をのぼり  山にのぼり  坂をのぼり  都にのぼり  月がのぼり  ところにものぼり  階段をのぼり  空にのぼり  太陽はのぼり  桂木にのぼり  方へのぼり  つて腰掛けにのぼり  山へのぼり  二階にのぼり  鉄梯子をのぼり  石段をのぼり  月は高くのぼり  開口をのぼり  端にのぼり  頂上へのぼり  微笑がのぼり  ように思いながら、又そらへのぼり  上へのぼり  上へとのぼり  川をのぼり  笑いがのぼり  笑みがのぼり  声がのぼり  巌のうへにのぼり  穴をのぼり  丘にのぼり  口にのぼり  それから階段をのぼり  

名詞

のぼり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
のぼりになりかけると  のぼりついていた  のぼりが立つ  のぼりになりますと  のぼりの鯉やなにかをつくりはじめました  のぼりをたてたりした  のぼりの気前を見せる  のぼりになってきました  のぼりになりました  のぼりになっておられます  のぼりとかいうものは何といっても  のぼりが新しくなって行った  のぼりを立て  のぼりのさおをかつがせてもらって行く  のぼりが軍艦型に装飾した  のぼりにかかった  のぼりが楽になりますて  のぼりになりましたね  のぼりが飛揚している  のぼりのぼっている  のぼりになりつひには  のぼりの見える  のぼりの上がった  のぼりになりまして  のぼりを祝ってくれた  のぼり早くかなたにありて  ノボリの一本も贈るかな  ノボリを松竹座の入口へ連ねて呉れ  のぼりをはためかし  のぼりにもなった  のぼりになった  のぼり次第に金色をました  のぼりきつた広場からさらにお宮の石段を上がらうとして  のぼりきつてしまふと  のぼりだと見える  のぼりを五分ほどやって休み  のぼりでつくった  のぼりの處にあれば  

~ のぼり[名詞]1
サーフボードに乗ってのぼり  お宮にのぼりが  五月ののぼりの  麻ののぼりを  いくらかのぼり  雛とかのぼりとかいう  雛やのぼりが  そうなのぼりの  田植終りのさのぼりという  祝出征ののぼりが  それにのぼりが  私にのぼりを  街を駆けのぼり  爪尖のぼりの  沢山のノボリを  風はのぼりを  とおり東からのぼり  色さまざまなのぼりの  芝居ののぼりで  

~ のぼり[名詞]2
そろそろのぼり  のろのろのぼり  だんだんのぼり  いかのぼり  こののぼり  まだのぼり  苦しいのぼり  

複合名詞
のぼり下  山のぼり会  鰻のぼり  爪先のぼり  木のぼり  綱のぼり  猿のぼり  のぼり心  五月のぼり  ノボリさん  山のぼり  のぼり道  のぼりたち國  のぼりたち  樹のぼり  雑木紅葉のぼり  のぼりくだり  旗のぼり  竹のぼり  河原のぼり  のぼりさん  上方のぼり  のぼり旗  うなぎのぼり  はしごのぼり  がけのぼり  以来鰻のぼり  岩のぼり  三原山のぼり  カンヌキ山のぼり  坂みちのぼり  のぼり口  九三みやのぼり  のぼりたまえ  のぼりづめにのぼった  ノボリみたい  のぼり数語  弥山のぼり  



前後の言葉をピックアップ
上り詰め  登り    上り  昇り    登り  登大路  のぼりつめ  登りつめ


動詞をランダムでピックアップ
煮つめるみたせ助く祟る抛つて凝らし熬っ起きあがる懸かり縋れよ罰すれ釣りあげよ受取らまごうひたさ擧げる消え去っつぶれよとよまのりこえよ
形容詞をランダムでピックアップ
勇ましかっ望ましけれ青臭く気高い薄暗かっ遅う手堅くおぼしい堪え難き危うけれ安けれ奥ゆかしゅう妖しきやさし微笑ましかっせまくっかしまし名だかい腹立たしかっ