「のび」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ のび[動詞]
げものび  身心がのび  読本のかげに、かみののび  両方へのび  たちは、のび  やうにのび  きれいなフォームで、のび  手がのび  ふうにのび  国道がまっすぐにのび  しろへまっすぐにのび  体ののび  左腕がのび  前方へ長くのび  廊下はのび  通路がまっすぐにのび  平行にのび  つま先いっぱいにのび  廊下がのび  奥へのび  路面がのび  地面にのび  雑草ののび  視線は、青くのび  だんだん海面にのび  室に長くのび  身体がのび  混乱してのび  ところまでのび  やうにあをくばうばうとのび  空へのび  度毎にまるで、のび  上にのび  ほうをのび  のも、のび  苦痛もしのび  背ものび  背丈ものび  一生懸命、のび  南北にのび  髪が、長くのび  道が、長くのび  空間へのび  一直線にのび  前方へとのび  航跡がのび  横幅いっぱいにのび  上をのび  帯状にのび  銀色に輝いてのび  壁はのび  前へのび  さはのび  日がついのび  方へのび  麻綱はながくながくのび  あたりへのび  絵具がのび  長年手入をしないので、のび  剪るとのび  腕がのび  前方にのび  のか、まだのび  天井に突き出してのび  間ののび  女房が、のび  蚯蚓でのび  それから私はのび  げの少しのび  集合して、まっすぐにのび  顔にのび  カーヴしつつのび  空にむけてのび  直線でのび  建物から機体にむけてのび  敷地に沿ってまっすぐにのび  まっ白に輝きつつ遠くまでのび  若い脚がのび  頭髪はのび  足元にのび  しろにぴんとのび  悪天候に害されもせずのび  下町へのび  一角は、またのび  スイスから北海までのび  非常にのび  努力でのび  ひとつきのび  竹生いでて長うのび  あくび、のび  辺へのび  ポッテリと長くのび  順調にのび  平野にのび  スーとのび  荷都合ものび  都合ものび  膝ののび  うちにあわれはかなくのび  後退ってきたので、のび  拳がのび  葉がのび  気がのび  灌木林のかげにかくれたり、ながくのび  蔓がのび  所々にのび  坐視するにしのび  氣ものび  一面にのび  髭がのび  つて、ずつと、ずつと遠くまでのび  屋根をこすほど長くのび  落付きのあるのび  光沢を放つすくすくとのび  山塊がすくすくとのび  げも長くのび  毛ののび  土台までのび  文学サークルから文学的誕生をしてのび  そうにのび  秋草がのび  つくしがのび  から更にふてくされて、のび  中でも、のび  一つののび  上にものび  程ではなし、スラリとのび  サト子は、のび  足がのび  髭ののび  上であつけなくのび  魂をのび  身丈もちっとのび  前方へのび  新芽がのび  髪の毛ののび  髪ののび  そこへのび  首にして返すもしのび  気持がのび  海草もかなりのび  前髪がのび  力がのび  だんだん背が高くのび  腕はのび  のか、長くのび  頭髪はぼうぼうとのび  びほうだいにのび  博士は、長くのび  六分は長くのび  みんな長くのび  丸木艇は、とつぜん、長くのび  鋏をつかって、こののび  鋏をしきりにつかって、長くのび  爪さきで、のび  ように、ながくのび  どっちへでもよく動き、のび  トニイは立ち上がってのび  ふうをして、起きあがってのび  生き方にまでのび  芝草が青々とのび  詩すんなりと正しくのび  芽をだしてゐるみづくさすんなりとのび  三厘ほどのび  一週間ほどのび  お嬢さんがのび  滞在がのび  からよくのび  ほうへのび  上へはじかれて、のび  気がおけず、のび  兩腕はながながとのび  前にのび  交錯してのび  男がひっかかって、長くのび  多くはのび  垣よりも高くのび  気楽にのび  髯がのび  芽がのび  水夫が、のび  天気は晴れて、のび  ままぐったりのび  目をこすって、のび  横にのび  それから更にのび  さにのび  艇長の、のび  左右へ長々とのび  目抜通りは焼けおちてのび  ここまでのび  二分程のび  時間にのび  理髪屋で、のび  机のひきだしにのび  ぬき足しのび  芽刈り刈らにやのび  水平にのび  崖下に長くのび  上へのび  眉にのび  家々をなめて、のび  そこへものび  芒はのび  うえまでものび  ままにのび  カビが生えて、のび  一日一日とのび  うえにのび  ように長くのび  麦も青々とのび  顔をぶっつけながらのび  ときめきを感じながら、力一杯のび  悪も、のび  送話口へのび  上に長くのび  体格がのび  雑草がのび  髭ものび  實にのび  いふ間ののび  息が詰まってのび  股間へのび  悲鳴にひきずられて、ズルズルとのび  葉が紅くのび  片隅にむけてのび  斜めにのび  ときれいにのび  きれいにのび  脊丈がのび  線がのび  みんながうつむいたりのび  心ものび  尻餅をつくなり長々とのび  途中までのび  ヴェランダはのび  落下音がのび  直吉はあゝとのび  家畜にのび  穀がのび  キャラコさんは、のび  背にのび  だんだんとおくまでのび  ようにのび  ものは、早くのび  胎内ですつかりのび  ところ/″\から長くのび  左右一杯にのび  ひとり、のび  身心をのび  今夜はのび  歓待にのび  しみ/″\話す、のび  熟睡したので、のび  手足をのび  根がのび  樹木はのび  針葉がのび  ゆとりがのび  地にのび  綱はずるずるずるずるとのび  二八蕎麦ののび  夏草がのび  そこに長くのび  稲がのび  首がのび  おまけにのび  のどでのび  一端がのび  平野がのび  寸ほどにのび  月代はのび  しだいしだいに細長くのび  一丁を越すほど長くのび  腰ものび  懐紙よりも白く、見るにしのび  徳山市へのび  水が凍ってのび  栓はのび  平和にのび  大木が、みあげるほどたかくのび  上までものび  陽を浴びて長くのび  あごひげがのび  薩州系にのび  傾斜でのび  しろき死體にのび  ところでのび  二三寸ものび  私はのび  あくびとのび  帰国は、次第にのび  冬じゅうにのび  寝床にのび  から先きへとのび  づまづ健康にのび  自由にのび  ように、のび  それから三人が、いざというと、じきにすらすらのび  一どにぎっしり生えのび  目小僧は、さっそくのび  天までのび  社会的素質をもってのび  どんどん背がのび  横へのび  急にのび  四時にのび  庭石や生えのび  力なくのび  三尺あまりにのび  棟を隠すだけにのび  三分ばかりのび  芝生に長々とのび  身體がのび  視点がのび  きずなが、のび  人間性がのび  青島から西に向ってのび  髪がのび  街路を横切ってのび  多忙から、ついのび  町がのび  源三郎、のび  顎髭がのび  火の手はのび  壁は打ちこわされ、ひろびろとのび  方へ高くのび  髪もぼうぼうとのび  才能はのび  頸がのび  スクスクとのび  吉弥はのび  緊張し続けるとのび  遊びにくるので、ついのび  綺麗にのび  退屈して、のび  枝ものび  もっと高くのび  間隔は、終始一貫のび  なかでのび  結びつきでのび  背丈がぐっとのび  一刻み一刻みにのび  爪がのび  日がのび  彼女はのび  小径はのび  縁に沿ってのび  視線がまっすぐにのび  背がのび  方向へのび  なかへのび  十日にのび  膝がのび  それからそれへのび  一尺ばかりのび  ように高くのび  額、のび  あした迄のび  涎になってダラダラダラダラのび  全線ののび  指にひっかけてのび  30、すっかり揃えたら、かえりがのび  追究的なのび  私は、でのび  寝台にのび  条はややのび  外にのび  手はのび  暗転がのび  からだが、のび  楽師が揉めたとかで又のび  何うしたので又相当のび  ーっと、のび  死人同様、長くなってのび  場にのび  ぐーっとのび  場にたおれて、長くのび  時間がのび  昼がのび  顔をのび  ことにまでのび  一つとしてのび  下に長くのび  棒はのび  しまえなが、のび  地図のごとくのび  まき三百六十メートルがのび  手ののび  東洋へのび  から極へとのび  就業年限がのび  雲がのび  背丈がのび  蕗の薹がのび  筈のが、のび  上でのび  方から誰かがのび  後ろからまた、のび  日南にのび  下に向けてのび  奥に向けて、まっすぐにのび  大の字にのび  新芽ひとつだけはっきりのび  雷雲はのび  完全にのび  火焔放射器でのび  様につくつくとのび  ことも出来ないで、のび  丈高くのび  仰向けに長くのび  朝、のび  ぢて、のび  ひじがのび  空に美しくのび  上にまでのび  髮ものび  目ではあるが、のび  こっちを見つけたとみえて、のび  酒に酔い、のび  砂上にのび  肩を叩こうとして、のび  日本人として見るにしのび  髮がのび  蚊帳なしで寝た、のび  自然にのび  対手に向ってのび  腰かけから立ち上ってのび  お空にのび  身体を廻したり、のび  つけ根までのび  いたずらにのび  思惟がのび  若芽ののび  お知らせが出来るかと思ひまして、つひのび  苗がだいぶのび  身体ののび  ゆらゆら、のび  しろにのび  髪の毛がのび  局長は大きくのび  投げやりがのび  身長は思わしくのび  天にのび  ぐたりと長くのび  面がのび  海面へのび  方にものび  傲然とのび  一分ほどにのび  方向を巻き直そうとしてのび  まり草がながくのび  涙を浮べながら、のび  芽が、におうばかりそろいのび  みごとにそだって、いきおいよくのび  意気地なくのび  何だか上にのび  爪はのび  腰をうってのび  羽ものび  それから横にのび  みちびきがのび  角がずるずると長くのび  麓へ向かってのび  雲ののび  しかもそののび  一点をめがけてのび  それからいろいろとのび  へんにまのび  舟へのび  士の心しのび  上下にのび  両手を握りしめて、長くのび  家並みとにはさまれて、長くのび  髭はのび  口もゆがんで、のび  スンなりとのび  豊かにのび  スクスクと良くのび  目をまわして、のび  くさりがのび  もじゃもじゃと、のび  彼はのび  ずんずん高くのび  さかやきはのび  方までのび  卓上にのび  頭よりも高くのび  無精鬚がのび  鬚がのび  畑にのび  真直ぐにのび  端までのび  床にのび  向こうにすくすくとのび  仰向けにのび  水菜はのび  今日までのび  だんだん距離がのび  一統、のび  ここから去るにしのび  そこで長くのび  日暮里までのび  糸がのび  私がのび  万事ばねがのび  立居、のび  字がちっとものび  夜だとついのび  迚もこんなのび  点ではなかなか荒くのび  節ものび  日向で、のび  誇り天高くのび  内、とうとうのび  骨がだらりとのび  駄目でついのび  あくびをして、のび  のを見るにしのび  一に、のび  間口がのび  中でうれしくのび  灯がのび  間にものび  あれを蒔いたらよくのび  樹がのび  さそうにのび  躯がのび  上に、高くのび  社会主義リアリズムものび  一時にのび  一カ所でのび  他よりずつと高くのび  蛇がだらんとのび  音を立てないでしのび  二ヵ月にのび  麦は青々とのび  どれほど大きくのび  蛭に、のび  麦がのび  襟首にのび  網棚へのび  まばらにのび  両手がのび  手紙を書きたかつたけれど、つひのび  そいつを貼ろうとしてのび  渓谷がのび  工夫がのび  ことも出来ないで白くのび  髪の毛が随分のび  毛がのび  皺がのび  名字ともつかずのび  横からおしもの手がのび  向うへ、ぶくぶくとのび  頭髪のややのび  指の、のび  腰がのび  五倍にものび  頂上から横にのび  ようにぐにゃぐにゃしていて、たいへん長くのび  どこまでものび  



前後の言葉をピックアップ
ノヒラガナヲ  伸び  ノビ  野比  延び  野火  伸び  延び  伸びよ  延びよ


動詞をランダムでピックアップ
よこぎら鎮まら支っあてる講ずるしまりひそむためそ掻き回す裏づけよまこなりあがっ弾ける立ち直れる越す探せよけやぶっはしりまわりひびい誘い出さ
形容詞をランダムでピックアップ
上手くたいそうらしく古くさい気持ちよい明かっ余儀なけれ頼もしかっ太う美味から目ざとい名残惜しゅううす汚い浅う激しけれものがたいそらおそろしいけぶしもろかっ青白かっ四角