「労し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 労し[動詞]
末節で労し  心を労し  神経を労し  

形容詞

~ 労し[形容詞]
両ながら労し  いかに労し  夜労し  から労し  

~ 労し[形容詞]
心を労し  みずから心身を労し  身心を労し  心身を労し  力を労し  いたずらに労し  手を労し  碧梧桐君を労し  従来身心を労し  まり心を労し  筋肉を労し  筆を労し  これでは労し  それは労し  体を労し  神身を労し  時は労し  ぎめな心を労し  

労し[形容詞]
労して荊棘  労して私立  労して世  労して倹約  労して功  労して効  労して昼  労してゐ  労しすぎるせい  労して当時  労して益  労したか  労していつまで  労して稼ぐこと  労し使う者  労して顔  



前後の言葉をピックアップ
至ろ  到ろ  いたろ  イタロウ  いたわし  労し  いたわしい  いたわしき  いたわしく  いたわっ


動詞をランダムでピックアップ
飛出し降りれしょい附けろ融けれ取り留めゆるめる抜けろはおり戻す当て嵌めれ見切れへし折りひき殺しのたうた当てはませばめ気が付い載せよ古びよ
形容詞をランダムでピックアップ
久しゅう良し悦ばしき烏滸がましき口汚なやましくくすきゆゆしき浅黒激しかろかまびすしい真白温かけりゃ細長めづらしふさわしから薄ら寒く重々しかっ汚らし