「こり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こり[動詞]
ひきずつてきて、ひよつこり  夕方ひよつこり  樹明君がひよつこり  街を歩いてゐると、ひよつこり  勝手にひよつこり  入口でひよつこり  中からによこり  火君ひよつこり  それにもこり  ことでこり  資本主義にもこり  午後ひよつこり  ところへ、ひよつこり  敬君ひよつこり  蛇が、によこり  浴場をでようとすると、ひよつこり  ようなぼっこり  数が次第に多くなって黒いぼっこり  損害にこり  ちやいけないよ、こり  侮辱ぢやない、こり  のだから、こり  役人と、ひよつこり  工合で、ひよつこり  バケエがひよつこり  火をのこり  ポケットから、ぽこり  男でもうこり  引越はこり  彼はこり  成程こり  野狐は化けてひよつこり  二度断られてもこり  見合ひはこり  後にひよつこり  そこへひよつこり  背面に垂れると、ぼこりぼこり  間に、ひよつこり  ゆえのこり  イヤなこり  道具なんかこり  のにこり  匂いをはなち、乱れ、集り、こり  思いが、こり  なんだが、こり  砂っぽこり  今度はこり  手なみにもこり  ことは、こり  愛情でこり  ふうむふうむと感心し出して、こり  様子だがこり  扮裝でひよつこり  本因坊はこり  睡眠十分の本因坊はこりにこり  相手にして、こり  窓からひよつこり  猫、まだこり  んです、こり  のはこり  毎に、のこり  マルチメディアにこり  シグサを、のこり  山岸外史とひよつこり  草ぼこり  思想がのこり  発明だよ、こり  処がひよつこり  やけのこり  とき舞台装置にこり  これにこり  人間には、もうこり  なあに馬どこかでこわくなってのっこり  砂つぽこり  うつ向くと、ぽこり  アレ、こり  一度でこり  商生伊川君ひよつこり  山はこり  父がひよつこり  株にこり  尻押しにや、こり  菅笠は、こり  から、こり  アドルム中毒でこり  うごめん、こり  それにこり  火事にこり  渡、こり  忽な、こり  地震おこり  雪ぼこり  花ぼこり  施策を見てゐると、こり  すが、こり  中に、ぽっこり  君、こり  初恋にもこり  九月九日にぽこり  全体なんだい、こり  二十銭だけ多い、こり  怪飛行機は、こり  自動車にこり  わしはもうこり  硫黄にこり  妙だね、こり  思つてゐたのに、ひよつこり  月がひよつこり  途上ひよつこり  一本、によこり  はいつて裏道を歩いてゐたら、ひよつこり  逢はねんでがすが、こり  チヤンチキナ、ありやりや、こり  人がこり  わしたちはこり  燃えぼこり  んだから、こり  泥っぽこり  今度でこり  二つ三つはのこり  思つて、こり  失敗にこり  破局にもこり  背嚢ばかりのこり  ぐひすがしきりになきのこり  はるのひながのあをいうみひよつこり  ぴよつこりおふねがういたらばひよつこり  かくれんぼひよつこり  火ぼこり  一撃でぽこり  きょうはこり  戦ぼこり  馬ぼこり  事実としたらこり  さだが、ひよつこり  時に、こり  旅ぼこり  使いのこり  池をのこり  男にはこり  込みでね、こり  それから、こり  和尚様は、ひよつこり  からひよつこり  のにはこり  理由なくぽっこり  もんは、こり  男がひよつこり  竹藪から長久保宇治がひよつこり  表をあけて、ひよつこり  戦闘経過をのこり  三平は、こり  処でひよつこり  実験はこり  先生、こり  噂はこり  思いのこり  わしも、ひよつこり  晩ひよつこり  篠田、こり  わツ、こり  のですが、こり  下になんかこり  居のこり  頼つてちやダメだからね、こり  彼はじつと考へてゐたが、こり  ですよ。いや、こり  焼けのこり  王子たちは、それでもまだこり  成るに、こり  強制にはこり  隕石で、もうこり  ヒトミさんは、たいへんこり  叔母はこり  麻雀にもひどくこり  後もなおこり  日鶉がひよつこり  何処かで、のっこり  何処かでのっこり  なかに、ひよつこり  支那人がひよつこり  家が多く、たまにひよつこり  富士がひよつこり  ほうでこり  むりしてたにこり  置時計を眺めて、こり  人にはこり  のは、こり  泰造は、よっぽどこり  つたナ、こり  日和ぼこり  見合ひをしてこり  妻がひよつこり  窓があいて、ひよつこり  泡からひよつこり  番ですね、こり  五六歩と突いて来ないと、こり  此水はこり  道はこり  迷惑な、こり  やうぢやが、恐らくこり  表現派風なこり  型が小さくてぽっこり  越後新報社へひよつこり  んだ、こり  うちにひよつこり  いい加減に、こり  ろぼうどもも、こり  原へもこりもこり  御馳走はこり  乗馬はもうこり  百姓心理のこり  中学でこり  不安がのこり  ぎだら、なんぼこり  岸べもぽこり  ようにぽこり  パチンコにこり  ことではこり  肩のこり  私はもうこり  金具は、こり  つて、ひよつこり  対岸にひよつこり  どこかでひよつこり  それはひよつこり  中に或ひはひよつこり  所へひよつこり  夏前、ひよつこり  黒岩万五がひよつこり  さがなればこり  みんな順ぐりにこんなめにあって、こり  野路からひよつこり  合はないし、こり  家根へひよつこり  日には、こり  最後にひよつこり  時分に、ひよつこり  やうに、ひよつこり  底からにつこり  小径へひよつこり  歌あ、こり  三日にあげず、ひよつこり  つて、こり  ままにこり  日なたぼこり  つて兼次はひよつこり  ものは、こり  プラットフォームで、ひよつこり  技巧にこり  地震にこり  殆ど戦争にも、こり  のもこり  女童のこり  われ知らずにこり  創作にはこり  一日にこり  初上り、あゝこりやこり  逢阪の、あゝこりやこり  前回にこり  弊にこり  腐敗にこり  答へて、こり  机にむかつたら、ひよつこり  珍らしく、ひよつこり  六月にひよつこり  今回にこり  つた権はひよつこり  尻がべっこり  扉を、ひよつこり  みやこぼこり  ものがひよつこり  知識をのこり  兄でこり  のが、こり  引受け申して、こり  七ずくめから察するに、どうやらこり  時には、こり  実質として、のこり  アこりやこり  入学試験準備居のこり  人がひよつこり  灰掻き持ちてこり  寸涎のこり  それが、ひよつこり  主人がひよつこり  女校長にこり  のがひよつこり  ひとりのこり  下宿住いはこり  つもりでも、どうかすると、ひよつこり  化物がひよつこり  咲きのこり  犬がひよつこり  神様がひよつこり  二つ、ひよつこり  空腹にこり  操吉が、ひよつこり  重盛にこり  んぢやこり  なつちまつたこり  東京はこり  亭主でこり  ことかひよつこり  妄想湧きおこり  ヤッ、こり  ものなどが、ひよつこり  田舎はこり  めらんこり  此女はこり  一晩でこり  火事にはこり  



前後の言葉をピックアップ
凝り  垢離  懲り  樵り  凝り  コリイ  コリオラン  コリカ  こりかたま  凝り固ま


動詞をランダムでピックアップ
なげつける食い込ん薙ぎ払っ落籍さ被い薄らぐ剃り落とす見そこないあか抜けみてとりちらばらしょいこむおぼせふりたてのがしゃ縮めよ売り出し摺り抜けるきらめかしくばり
形容詞をランダムでピックアップ
事新しい見ぐるしいかんだかく不味くっ明るほど遠く疚し心弱しておもうともいあたらしかっ淡かっくるしく狡い大きい手っとりばやく片腹痛い固し余儀なかっ