「瞑す」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 瞑す[動詞]
曙覧地下に瞑す  霊も、もって瞑す  上もなく、死して瞑す  上もなく、死すとも瞑す  唐人伝奇中の人物、死しても瞑す  安定を与えられ、死しても瞑す  者に、死しても瞑す  女に死すとも瞑す  ことができたら、もつて瞑す  以て瞑す  もの以て瞑す  友吉おやじイヨイヨ以て瞑す  今は全く瞑す  武士と見られた、もって瞑す  ことが出来たら、いささかもって瞑す  訳者として瞑す  我々はもつて瞑す  作家はもって瞑す  知己ありと瞑す  そこから歸つて來なかつたら、瞑す  



前後の言葉をピックアップ
名状  命じる  銘じる  命じろ  名人  名水  命数  名数  瞑する  命ず


動詞をランダムでピックアップ
乗り組んおどりこみ盛上げるすべり込みそまりさしかかる転げ落ち代わる綴り合せふきはらわのたうち張上げる聞返すつまみ損じよとりちらしたれ込ん巡り合わ脱せひきあげん
形容詞をランダムでピックアップ
差出がましかくし情深き賢く弱々しい涙脆かっ本意無くうれしく涼しからもったいなく口やかましくながう骨っぽくものめずらしい心弱くねたましかっものみだかく押し付けがましいたくまし喧しくっ