「いれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いれ[動詞]
どこまで迷っていれ  お茶をいれ  力をいれ  お互いに信じあってさえいれ  とくより知っていれ  香料をいれ  なかに多くこもっていれ  味の素をいれ  私とはいれ  質のいれ  お父さんは、もし生きていれ  陽が照っていれ  力こぶをいれ  一点をいれ  穴にいれ  ふところへいれ  自画像をいれ  ごらんにいれ  ぶっかきをいれ  ポケットにいれ  何か持ってさえいれ  斯うしていれ  人並にしていれ  家へいれ  伯母にわたしてさしいれ  口をいれ  家にいれ  御門さえ守っていれ  畳紙へいれ  戸棚で聞いていれ  聴にいれ  底が残っていれ  発見されていれ  ことが分っていれ  請いをいれ  のは、いれ  一所にいれ  田園にいれ  注目していれ  足を踏みいれ  文句をいれ  母がいれ  父がいれ  一歩をいれ  ところに腰かけてみていれ  蓋器にいれ  息をいれ  いっしょにいれ  とき逃げていれ  入口から内部がみえていて、それではいれ  二階にいれ  立場に立っていれ  プロレタリアもいれ  上下二卷をいれ  静かにしていれ  身体をゆすってさえいれ  者がいれ  こ細工でもやっていれ  そこにじっといれ  頭にいれ  ようになっていれ  研究室にさえいれ  つもりでいれ  心をさえ持っていれ  お茶でもおいれ  顔さえ見ていれ  疑いをいれ  まま生きていれ  ようにできていれ  コンマをいれ  大小二つの沼が並んでいれ  松前方面をいれ  地帯にいれ  乞いをいれ  いやですとモジモジしていれ  倹約にしていれ  気をかねていれ  一人でいれ  わしも知っていれ  喋舌ってもいれ  男達が酔っぱらってもいれ  子供達が飛び廻ってもいれ  景色を見ていれ  雑っていれ  言つて茶をいれ  茶のいれ  目にいれ  濃い茶をいれ  信仰さえもっていれ  人に会っていれ  一反風呂敷にいれ  後妻をいれ  養子にいれ  身をいれ  ような思いいれ  産室にいれ  順平がいれ  底へしっかりいれ  火をいれ  箱にいれ  金をいれ  チップもいれ  口にいれ  袋にいれ  コーヒーをいれ  小屋にいれ  窓を開けていれ  そのままカメラを動かさずに見ていれ  ようにして暮らしていれ  何もしないでいれ  もっと永く起きていれ  圧搾空気を入れるいれ  塩田大尉は、思いいれ  人がいれ  これをつけていれ  怪塔王がむいていれ  スイッチをいれ  実験機械をいれ  帆村探偵がいれ  間髪をいれ  室にすわってさえいれ  無念のおもいいれ  しかも、ぐずぐずしていれ  どこかに好いていれ  女が立っていれ  ごろごろ道端に転がっていれ  額縁がついていれ  徳川末期あたりに生まれていれ  ものが営まれて、まずほそぼそとさえ生きていれ  数が減って行くと考えていれ  手術だけ心得ていれ  風にばかりゆすぶっていれ  勉強さえしていれ  襟巻でもしていれ  独占されていれ  一時間もやっていれ  話がのっていれ  芸にただただうなっていれ  憲法に掲げていれ  鼻毛を抜きつつそっくり返っていれ  オウム返しに繰り返していれ  火が入っていれ  レジューム機能がついていれ  暗記していれ  菜をいれ  籍をいれ  金盥にいれ  炭火をいれ  炬燵をいれ  何十銭也といれ  靴を買ってやるべくいれ  間から背中へいれ  スリ寝ていれ  初めからすべてが分り合っていれ  手さえ動かしていれ  山の神なんか黙って引っ込んでいれ  病院にいれ  奥ぶかくいれ  念をいれ  狂人をいれ  人もいれ  茶をいれ  一人ぽっちになっていれ  結婚していれ  肚がすわっていれ  獄にいれ  僕が生きていれ  肩書つきであらわれていれ  ことも忘れていれ  なかへいれ  台湾にいれ  食塩をいれ  寒天をいれ  片栗をいれ  気をつけてさえいれ  彼が黙っていれ  好みどおりに、きちんといれ  つながりがはっきりとわかっていれ  綿をいれ  境遇にいれ  燃えさしを持ってさえいれ  往復をいれ  燃えさしさえ持っていれ  女学校にいれ  氷をいれ  それが分っていれ  習性に通じていれ  気持ちになっていれ  力瘤をいれ  満足していれ  蒲団をいれ  半畳をいれ  計算にいれ  表ももうすこし生きていれ  ところにいれ  から、も少し待っていれ  耳にいれ  づはつきり頭にいれ  小学校さえ出ていれ  二十五ずついれ  横槍をいれ  一人でこうしていれ  風をしていれ  方則に従っていれ  お辞儀をしていれ  思考力をもってさえいれ  ジッと落ちついていれ  耳にだけいれ  まま江戸に揉まれていれ  二円ばいれ  壱円札をいれ  そこに取りついていれ  まごまごしていれ  ブロンズにさえなっていれ  ようにさえしていれ  手紙を投げいれ  味噌屋をいれ  意識にいれ  エエ、弱くしていれ  様子をみていれ  姿を見守っていれ  勝手を知っていれ  方を防いでいれ  町には来ていない、もし来ていれ  御覧にいれ  ちゃんとわかっていれ  神様に祈ってさえいれ  臥ていれ  五年間公務に就いていれ  シムラにいれ  加減に楽しんでいれ  先刻御覧ニもいれ  腰をかけて頑張っていれ  範疇にいれ  挙動を慎んでいれ  僕が黙っていれ  憚るにしても、黙って寝ていれ  誰だって喋っていれ  筋が通っていれ  敵がいれ  人間がついていれ  手相見もいれ  米をいれ  ときもっとよく切り返していれ  風をいれ  努力がされていれ  茶々をいれ  熱愛をもっていれ  はじめから結び付けて売っていれ  真中でやっていれ  観察していれ  中へいれ  生長していれ  毒が廻って死んででもいれ  ひとつに暮らしていれ  綱がそうしていれ  宗衣を着ていれ  側にいれ  待ち伏せしていれ  歯を見せていれ  車内にいれ  お茶でもいれ  牢へいれ  軍に別れていれ  よう念をいれ  武士もいれ  尺金一本さし込んでいれ  ことを、示してさえいれ  木の下に立たして眺めていれ  正直にしていれ  多良童子を極め込んでいれ  二十万人もいれ  ものは、多少抜けていれ  社会的普遍性さえ持っていれ  者もいれ  方針でも定まっていれ  無邪気に聴いていれ  勘定にいれ  紅茶をいれ  ひともいれ  様子を見ていれ  鍵をさえ握っていれ  先に来ていれ  勤務していれ  女装していれ  箱さえ持っていれ  言葉を聞いていれ  穏なしくしてさえいれ  家によみていれ  審査員になっていれ  林がしげっていれ  行先がはっきりしていれ  これはそんなに焦らずとも、待っていれ  ワルツがいれ  支持されていれ  状態に長くいれ  一日でも遊んでいれ  ことをしていれ  子が育ってでもいれ  あたりにいれ  牢屋にいれ  卵をどっさりいれ  朱筆がいれ  選集にいれ  両方で言い合っていれ  老人もいれ  良心をごまかしていれ  喙をいれ  吝嗇加減を知っていれ  袂へいれ  櫛をいれ  算盤を使わないでいれ  手にいれ  ものを取りいれ  片のいれ  自然を掘り返していれ  大学でも出ていれ  身がいれ  一月もいれ  毎日騒いでいれ  民族をいれ  明也ときまっていれ  掃除さえ行き届いていれ  のんで眠らずに起きていれ  者でもいれ  お前さん此子をもいれ  絵をもっていれ  念仏を唱えていれ  知らないふりをしていれ  稽古していれ  誰かと喋っていれ  家にじっとしていれ  芸を継いでいれ  目で見ていれ  鰍がいれ  斗酒をいれ  国事に尽していれ  住所がわかっていれ  女のいれ  写真にいれ  形さえ知っていれ  被害者にわかっていれ  女の云うなりになっていれ  水をいれ  事をしていれ  十分勘定にいれ  文士だと知っていれ  確立されていれ  仕組みができていれ  村にいれ  ものじゃと思っていれ  注意していれ  番をしていれ  ままにいれ  ポーズをして、立ってさえいれ  望みをいれ  のではないかと思って、それとなく、さぐりをいれ  準備もいれ  それさえはっきりしていれ  半歳近く湯にいれ  風呂にいれ  ここにいれ  ご覧にいれ  守備さえかためていれ  説をいれ  不安が巣くっていれ  事は云わずに、黙っていれ  連関によって成立ってさえいれ  毎年つづけていれ  ことが出来ていれ  掌っていれ  仕事をしていれ  神経が尖っていれ  うちにいれ  それをお聴きいれ  いくら力をいれ  眼にいれ  灯がついていれ  所にいれ  みんな勘定にいれ  質にいれ  中にいれ  釜にいれ  寄宿舎にいれ  懐にいれ  石炭のいれ  無理矢理にいれ  健康を保っていれ  虚をうかがっていれ  態度にかなっていれ  形式に合っていれ  子供をどっさりいれ  つぼにちょいといれ  漱石について歩いていれ  方へ傾けていれ  話にふけっていれ  見参にいれ  荊州九郡を保ってさえいれ  稽古でもしていれ  かい、そう思っていれ  些とは直ったかと思っていれ  情婦にもっていれ  気息をいれ  澄してさえいれ  勧めをいれ  ところに落ちついて棲んでいれ  真面目にと勤めていれ  辛抱さえしていれ  弁口もあるし、附いていれ  耳を傾けていれ  寝起きをしていれ  家だって、長くいれ  条件さえ具えていれ  ような固いいれ  ふき矢をいれ  匣にいれ  満洲ぐらいを護っていれ  尻に敷かれていれ  ゴマいりにいれ  土しょうがをいれ  それを繰り返していれ  文範がいれ  んだから、知っていれ  四ときまっていれ  ノソノソしていれ  遅々としていれ  生活に就いて書いていれ  意識さえしっかりしていれ  意志をついでいれ  幾度かそうやって、かけていれば立って歩く、たっていれ  口過ぎさえしていれ  ささえ持っていれ  緊張していれ  ことも知っていれ  十分も嗅いでいれ  一つにさえ燃えていれ  目撃していれ  目をさましていれ  毎日学校へさえ来ていれ  多寡を括っていれ  塗物も用いていれ  享けいれ  兵卒をのせていれ  すすめをいれ  僕も知っていれ  返事していれ  外国に生まれていれ  美人がいれ  後宮にいれ  ことのみか、こうしていれ  耳にもいれ  食事をしていれ  塀を見ていれ  カバンにいれ  成行にまかせて、ただ見ていれ  ことだけ考えていれ  体をなしていれ  ものが分っていれ  眼中にいれ  芸術を愛していれ  綱がぶらさがっていれ  首にしていれ  籠もっていれ  ところに離れていれ  ことがあってはと、遠のいていれ  外へばかり出ていれ  位頭が熟していれ  料理人がいれ  理解がついていれ  方を見ていれ  適中していれ  翻訳だけしていれ  一人で見つめていれ  顔をしていれ  青春を送っていれ  研究費がなくて困っていれ  正吉をいれ  空気服を着ていれ  部屋にいれ  希望をいれ  艇内にいれ  もっとたくさん手にいれ  うごいていれ  考えにいれ  着物を着ていれ  願届なぞがいれ  さっきから見ていれ  話がわかっていれ  靄がかかっていれ  愛子といれ  下にいれ  額縁にいれ  事実が秘められていれ  花が咲いていれ  高等学校にいれ  歓楽を避けてさえいれ  ヨシ子もいれ  衣類をいれ  病棟にいれ  気違い、いれ  自身こう言っていれ  ちゃんとしていれ  郵便をいれ  それがよく呑み込めていれ  本をよんでいれ  そこにいれ  社に入れたがいいか、いれ  灯もいれ  もう少し待っていれ  湯から出るまで待っていれ  穴倉生活をやっていれ  からわかっていれ  地位に立っていれ  ままにふるまっていれ  ものと思っていれ  から部屋へいれ  身動きもしないでいれ  近所に陣取っていれ  手をいれ  土産物を投げいれ  石炭をいれ  湯をいれ  お湯をいれ  うっかりしていれ  坑夫をしていれ  これだけさえ、しっかりつかんでいれ  種をみいれ  自分がいれ  毎日をどうやら生きてさえいれ  頭にかぶっていれ  木立も、眠っていれ  水をあびていれ  空想のいれ  ゆっくりしていれ  滴下していれ  飯を食べて生きていれ  物を拾って食べていれ  それが附いていれ  娘が生きていれ  知識をもっていれ  真直についていれ  上塩をいれ  油断をしていれ  記号をいれ  自分ではいれ  のだ、過ったらしい、過っていれ  ものだ、強いて見ていれ  顔形も違っていれ  部屋へいれ  口をあいていれ  三つを、すこしずつたべていれ  もっと念をいれ  スッキリしていれ  ことだけ心がけていれ  あげたいと心がけていれ  ことを心得ていれ  自覚していれ  飛行機さえ持っていれ  身についていれ  要求をいれ  直接見聞していれ  十六年も生きていれ  一仕事企んで切りぬけたりしていれ  生活に馴れていれ  身なりをしていれ  花ビンにいれ  そのままそっといれ  引出しにいれ  病院のや、いれとけ、いれ  裏通りもいれ  足をいれ  額を押えたが、隔てていれ  気をつけていれ  中へ入っていれ  中に入っていれ  半日も見ていれ  一夜を守っていれ  みんな採りいれ  我慢していれ  ことを知っていれ  ここに隠っていれ  証文をいれ  一札をいれ  ぜんを食べて、働いていれ  人形も知っていれ  書物だけ読んでいれ  出放題に言っていれ  扮装していれ  お茶のいれ  一時間も待っていれ  それに従って動いていれ  特に念をいれ  一字をいれ  袂にいれ  啄をいれ  水甕にいれ  様子をうかがっていれ  ままぐずぐずしていれ  ぼんやりと眺めていれ  ちょっと息をいれ  用心だけしていれ  呆然として見ていれ  家を建てて住まっていれ  広場に集まっていれ  目にあって、笑っていれ  宅にさえいれ  ベッドへころがっていれ  ぜい沢していれ  今聞いていれ  達者でいれ  整然としていれ  ように控えていれ  二黒だと知っていれ  かいでいれ  御覧にもいれ  百人もいれ  用心さえしていれ  舵をとっていれ  話を聞いていれ  性格を見こんでいれ  汽船でも通っていれ  ことを、しばらく見ていれ  ぼんやりしていれ  小屋にさえはいっていれ  これさえ持っていれ  一日生きていれ  斗り掛っていれ  オペラ役者にでもなっていれ  火を動かしていれ  信心していれ  から水車番をしていれ  からこっちだけ見ていれ  通りに歩いていれ  マダムのいれ  代りをいれ  屋賃をいれ  文句を忘れずにいれ  なかにいれ  力こぶをさえいれ  頬がこけていれ  わたしといれ  役を忘れていれ  竹馬に乗っていれ  犬もいれ  わたしたちはなにかしていれ  神田川も知っていれ  節々が痛い、じっとしていれ  念願を忘れずにいれ  いま生きていれ  真ん中にいれ  二人でそう云っていれ  これだけにしていれ  踏台になっていれ  やつもいれ  遠慮していれ  手を束ねて見ていれ  路に落ちていれ  行動を見ていれ  承知していれ  通りにしていれ  あいだ刑務所にいれ  わたしがすこしでも持っていれ  上に上げていれ  牢屋から出ていれ  目をふさいでいれ  金を持っていれ  戸棚へ入っていれ  ムク犬もこうしていれ  反抗したりしていれ  能く見えませんが、晴れていれ  洋燈も明るくされていれ  方を知っていれ  旗田氏が既に死んでいると分っていれ  心配していれ  花時が食い違っていれ  書物を開いてさえいれ  どこか、触れていれ  いい加減に着ていれ  足にいれ  封筒にいれ  左を斬られる、こうしていれ  他人が入いれ  もっと遠慮なく取りいれ  鶫もいれ  四万円はいれ  ハーブ・ティーをいれ  彼女がいれ  島にいれ  場所にいれ  執着していれ  研究をしていれ  願いをいれ  御飯をいただいて歩いていれ  活をいれ  疎開先へいれ  机をいれ  ように黙っていれ  お茶を一杯いれ  閉鎖してさえいれ  公使に頼まれていれ  中折帽も踊っていれ  着流しもいれ  当てにしていれ  一年三百六十五日汽車に乗ってあちこちしていれ  風にならないでいれ  心持さえハッキリきまっていれ  事さえハッキリわかっていれ  眼をハッキリ見開いていれ  立上っていれ  形だけを見ていれ  棒を控えていれ  さりげなく取りいれ  人が行なっていれ  財布にいれ  田村君自身がわかつていれ  実行していれ  見聞きしていれ  事を怠っていれ  巧に出来てさえいれ  的となっていれ  洗練されていれ  技術だけが優れていれ  こっちへ転がしていれ  今そうではなくなっていれ  訪れを待ちわびていれ  横浜碇泊日数をいれ  帆船汽船ともにいれ  代表していれ  人間もいれ  機関銃を持っていれ  三人で小さくなっていれ  転地していれ  お松がいれ  間断なく心がけていれ  ものが入っていれ  ペリッがいれ  蝋燭が点っていれ  蝋燭が点いていれ  オヤジもいれ  石橋ジーナ嬢よ、生きていれ  机が空いていれ  ことだけ知っていれ  ことを数えていれ  コーヒーでもいれ  クリアされていれ  自宅で待っていれ  亀の子などを売っていれ  面をかむっていれ  脇さえ見ていれ  仮面さえかむっていれ  相手が黙っていれ  ままでいれ  何にも云わずに泣いていれ  相当苦労もしていれ  事に当っていれ  仏師と知られていれ  顔をしておどおどしていれ  怠惰ていれ  からだをいれ  片手をいれ  運びを見ていれ  所がわかっていれ  行処が分っていれ  傍にいれ  銀様がいれ  から聞いていれ  貴公などと喋っていれ  ルックザックにいれ  そばに坐ってさえいれ  担保にいれ  苦蓬をいれ  それまではじっとしていれ  女中もいれ  乾葡萄もいれ  胡桃もいれ  誰れもいれ  糠を投げいれ  手がそろっていれ  月様でも出ていれ  道庵もいれ  いつまでもいつまでも、とけこんでいれ  ところがいぶっていれ  はじめから知っていれ  帆村がいれ  まわりのものでもいれ  それが壊れていれ  新聞を読んでいれ  小切れをいれ  お札のいれ  白人少女もいれ  獄にもいれ  言をいれ  ため味噌蔵にいれ  壺に酌みいれ  海にいれ  ようにも感じないが、用いていれ  上傲然として構えていれ  一つ火をいれ  気楽にやっていれ  小言もいれ  ところに来ていれ  主張していれ  気が合わない、と思っていれ  請をいれ  御多分に漏れず持ち合わせていれ  無事に育っていれ  改心せずにいれ  上意も充分いれ  室に隠れていれ  勝がいれ  もう少し悠りしていれ  事に気づいていれ  行方が分っていれ  それから逃れようと思っていれ  無実の罪に陥いれ  監獄に繋がれていれ  のを待っていれ  部屋から動かねえでいれ  ほうさえやっていれ  ぼくを本当に愛していれ  お父さんが生きていれ  証拠だ、とにかく、持ってくるか持ってこねえか、見ていれ  わたしたち二人だけで固く信じ合っていれ  ごろごろしていれ  靴が濡れていれ  源左衛門もいれ  刀を持っていれ  ふりをしていれ  さいぜんから聞いていれ  両国橋にいれ  心持かと思っていれ  浮世絵を見ていれ  味方にいれ  主家にいれ  追求していれ  技術を持っていれ  わけが深くわかっていれ  相手にして書いていれ  青竜王がいれ  密林のかげにはいっていれ  歸つていれ  所で待つていれ  一、待つていれ  殘つていれ  戰場で死んでいれ  知つていれ  時もうすこし落ち着いていれ  頭がハッキリしていれ  数を加えて来るのみだし、なだめていれ  土をいれ  ここにもぐりこんで、おとなしくしていれ  法眼もいれ  面が売れていれ  光さえしていれ  今まで休んでいれ  兵馬がいれ  これを見ていれ  さいぜんも見ていれ  給仕もいれ  お湯を汲みいれ  下に立っていれ  子供もいれ  ダイヤがいれ  日を送っていれ  食い物をいれ  もっと気が利いていれ  ほか随身をいれ  良をもいれ  おまえに習ってさえいれ  これが中っていれ  一足はいれ  運動させていれ  待構えていれ  仔細ありげにだまってさえいれ  池田良斎先生もいれ  飢えをしのいでさえいれ  眼だけでも瞑っていれ  肚にいれ  嬢さまだとは思うている、思うていれ  やり口を見ていれ  ゾッコン惚れ込んでいれ  足跡を掻き消していれ  珈琲をいれ  主観をいれ  男女もひしめきあっていれ  紙袋にいれ  貯金帳をいれ  初めから人間だと分っていれ  仲間にいれ  情熱をいれ  そんなのは勘定にいれ  上聞にいれ  数を聞いていれ  目的としていれ  辺で止まっていれ  おれたちが、しっかりしてさえいれ  一手に握っていれ  お茶をいっぱいいれ  人国記を承っていれ  祭りをしてさえいれ  窓から見ていれ  忍耐さえ知っていれ  中に坐っていれ  そうに、話しかけないでいれ  のですが、書いていれ  話をしていれ  逃げ道さえあいていれ  一人だけ残っていれ  ズッとわかっていれ  江戸にいれ  弁信法師がついていれ  肩をいれ  巴里は迎えいれ  ものと考えていれ  のんきに暮らしていれ  積になっていれ  望みをかけていれ  端までをいれ  こころにさえ従っていれ  あるがままに描写していれ  服装をしていれ  年期をいれ  長崎骨董でも弄っていれ  考慮にいれ  絵をいれ  調子が整うていれ  人夫を連れていれ  お松に親しんでいれ  それがもうわかっていれ  それを見つめていれ  婚約者にしがみついていれ  入用だけ、一寸いれ  皮袋にいれ  いくつ小石をいれ  石ころをいれ  いま珈琲でもいれ  火燵をいれ  叡覧にいれ  筋から耳にいれ  鐚銭でも、うんと出廻っていれ  千もいれ  迎えを待ってさえいれ  会話を聞いていれ  荒神様をこしらえてしまったのよ、こうして生きていると知っていれ  手によって携えられていれ  談論を聞いていれ  行く先さえ分っていれ  これを忍んでいれ  もう一度念をいれ  懐中にいれ  前で待っていれ  通りになっていれ  心掛でいれ  締っていれ  充分に泡立っていれ  行儀好く腰掛けていれ  ここらにいれ  三度ずつ働いていれ  幸い、見ずにいれ  それも、聞いていれ  ことが長く続いていれ  それでおとなしくしていれ  どこおりなく食っていれ  間どこにか隠れていれ  ふたり坐っていれ  さっきからおとなしくしていれ  身が片付いていれ  事を仕込まれていれ  茎が固くって確りしていれ  事ばかり知っていれ  上手に出来ていれ  一語を知っていれ  言葉一つ知っていれ  これだけ固まっていれ  訓練が行き届いていれ  仮病をつかっていれ  日ただちに上覧にいれ  くちばしをいれ  ところが濡れていれ  常用発電ガソリンエンジンも停っていれ  毎日一緒に暮らしていれ  泣き寝入りにしていれ  久子のいれ  お慰みにいれ  気を鎮めて窺っていれ  相手にしていれ  飾りとかなんとかひとくさでも残っていれ  そうです、忘れていれ  沈着していれ  それをこらえていれ  北原賢次もいれ  それを有難いと思っていれ  当分はおとなしくしていれ  それで済んでいれ  万事よろしく頼んでいれ  そのまま無事に過ごしていれ  中途から口をいれ  そのままで済んでいれ  丁寧に作っていれ  都会に住んでいれ  ことにして、唯黙っていれ  そこまで分っていれ  乱心者と判っていれ  予想にいれ  おれが生きていれ  たくさん財布にいれ  蒲鉾へ入れいれ  月日を送っていれ  笠で隠していれ  傍に持っていれ  つもりで寝ていれ  愚図愚図していれ  手まどっていれ  無事でいれ  制度下にいれ  いちばい力をいれ  間三尺も隔てていれ  高島田に結っていれ  魂まで流していれ  風にさえ動いていれ  嘘をいっていれ  女が苦しんでいれ  ノルマさえ守っていれ  電報がうまくついていれ  行動していれ  心をいれ  合の手をいれ  弁当籠にいれ  渡り歩いていれ  いるかいないか分らないが、来ていれ  女に焦れていれ  返事を待っていれ  今晩それが来合わしていれ  ままに尽してやってさえいれ  奉公していれ  今こそこうしていれ  性根さえしっかりと極まっていれ  手に取縋っていれ  柔順くしてさえいれ  鎖を造っていれ  鎖をまきつけていれ  人たちからも拝まれてもいれ  はじめから新館にいれ  タオルを畳んでいれ  梅干をいれ  あれは、もう、いれ  の子をいれ  娘をいれ  これを持っていれ  苦闘をつづけていれ  網を張っていれ  ことにしていれ  奴がいれ  船頭もいれ  気をいれ  罐づめを袋にいれ  そのまま唱えていれ  銅銭ばかりいれ  努力さえしていれ  蛇の目傘にいれ  静かにさえしていれ  此処にいれ  銅貨をいれ  留置場にいれ  全部ふところにいれ  社会に住んでいれ  供給が続けられていれ  銃口が触れていれ  憲兵も持っていれ  反乱罪にさえぞくしていれ  英学塾かに止まっていれ  地主もいれ  結婚をしていれ  子を生ませていれ  蔵六でもいれ  お前は、黙っていれ  山にいれ  ことに耽っていれ  默っていれ  住所が判っていれ  おなかにいれ  灯をいれ  手紙をいれ  棺にいれ  描写が優れていれ  翻訳されていれ  至妙境を知っていれ  そこらにころがっていれ  蛇行していれ  東京にじっとしていれ  容姿は水際立って、見ていれ  ことを書いていれ  辛抱していれ  英語を教えていれ  坊主で、黙って聞いていれ  のもいれ  ことを感じていれ  番茶をいれ  ひとがいれ  たまに聞いてさえいれ  二つの感情を同時にいれ  彼女と離れていれ  鋏をいれ  略傳もいれ  銅粉をいれ  中に生きていれ  間一髪もいれ  カンが当っていれ  茶代もいれ  つて、かうしていれ  可能を知っていれ  観念が潜んでいれ  ちからをいれ  乗物はなく、歩いていれ  目が行きとどいていれ  ッとしていれ  盛んらしいのよ、いれ  角に待っていれ  角で待っていれ  時に死んでいれ  映画ぐらい見ていれ  技術をもっていれ  正確さをもって書き表わされていれ  船に、おとなしくしていれ  分でいれ  女がいれ  馬力をかけてさえいれ  町にいれ  安川もいれ  調子で書かれてさえいれ  若い妾も持っていれ  招待もいれ  つて茶をいれ  東京にでもいれ  毎日みていれ  寮にいれ  旅そのものを味わっていれ  国手がついていれ  仕事をもっていれ  ことを、感じていれ  こちらにいれ  訓練を積んでいれ  部屋をもらって住んでいれ  いっしょに遊んでいれ  無邪気でおっとりとしていれ  出入りさせていれ  乗客が混んでいれ  気で引きこもっていたが、こうしていれ  現代にいれ  顔にも似ていれ  豆腐をただ食っていれ  狩衣をつけていれ  かぶと虫もいれ  仏様がいれ  自分であると思い上がっていれ  自分がしっかりとしていれ  私に似ていれ  私が忘れていれ  中をうろうろ致していれ  考慮に置かず、ただ見ていれ  いけず、ついていれ  箍がゆるんでいれ  所有していれ  わたしがついていれ  自分たちは最も恵まれていれ  のを少し長く聞いていれ  心を静めてじっと念じていれ  近くにいれ  独身でいれ  つて御覧にいれ  裏町を歩いていれ  接近していれ  世の中にいれ  一人がいれ  勢力を持っていれ  さから冷淡を装っていれ  ようをしていれ  のが情けない、生きていれ  ものを持っていれ  時にも、また生きていれ  所は、そうしていれ  スパイをいれ  丁半を心得ていれ  寄留をしていれ  こっちにいれ  しかも遊んでさえいれ  城へ納まってさえいれ  自重心が残っていれ  生活をしていれ  おろそかに思っていれ  一緒に暮していれ  機械を持っていれ  普遍性を持っていれ  順々に並んでいれ  北海道へ行っていれ  ほこらにいれ  手蹟が優れていれ  王道主義者もいれ  ように唱えていれ  ウッカリしていれ  方にいれ  途上にもざくざく零れていれ  横から口をいれ  山吹をいれ  計算だけしていれ  隅ッこにいれ  暮しをさせられていれ  小作をしていれ  都会にいれ  手だけ動かしていれ  職責を持っていれ  情報がうまく出来ていれ  大事にしていれ  鎧を着ていれ  上に散っていれ  釣も出来ていれ  十分意図にいれ  上に睡っていれ  ところへ嫁いでいれ  下を見ないでいれ  知らん顔していれ  腹にいれていれ  成功していれ  精をいれ  名前さえ知っていれ  だいたいでも分っていれ  奴もいれ  商業をしていれ  ことしていれ  自分の子だと思っていれ  今のいれ  ものなぐさめだが、いれ  話にみをいれ  上武器も持っていれ  籠にいれ  私もいれ  そこにじっとして待っていれ  スヰツチをいれ  力を入れて力んでいれ  中に包まれていれ  さがわかっていれ  付加されていれ  自分を律していれ  結晶していれ  皮もついていれ  割切っていれ  不当に間違っていれ  男に生れて来ていれ  私さえ泣かされていれ  シャンとしていれ  庭にいれ  画は見ていれ  機械についてさえいれ  アんと勤めていれ  炉辺に坐っていれ  蚪虫をいれ  沓をいれ  なつていれ  公高をほんとに愛しています、愛していれ  ですよ。タマにいれ  程度に留っていれ  一人ではいれ  自分でそう思っていれ  兄がいれ  それが、いれ  浮彫になって見えていれ  中ばかりあるいていれ  側から喙をいれ  魂を奪われていれ  恋をいれ  美とを具えていれ  師と敬うていれ  身を隠していれ  ひとに合っていれ  金さえ持っていれ  なんしろ今頃学校にいれ  鼠をいれ  風俗習慣とを守ってさえいれ  時代感覚をもっていれ  工手間もかかっていれ  臀に敷いてさえいれ  見えまたやっぱり疲れてもいれ  ころ私らが生まれていれ  魚をいれ  自宅に運びいれ  眼を光らせていれ  虫さんさえいれ  ことを言っていれ  完成していれ  ふうにしていれ  囓りついてさえいれ  三四カ月もおとなしく働いていれ  僕さえしっかりしていれ  本でも読んでいれ  面倒を見てやっていれ  さっき黙って聞いていれ  ことを考えるか、していれ  あたしが黙っていれ  面をかぶっていれ  荷物へいれ  ことになっていれ  高どのをいれ  みがきをいれ  妥協さえしていれ  何かいっていれ  さとのいれ  躊躇していれ  具体的になっていれ  真面目にやっていれ  何か弄んでいれ  太平を楽しんでいれ  好日を喜んでいれ  唯此処に住んでいれ  堪忍していれ  一人起きていれ  切符を扱っていれ  居候していれ  祖母ちやんがいれ  言葉に従ってさえいれ  監獄へいれ  のを見ていれ  それさえしっかりしていれ  ここにさえ立っていれ  ここに立ってさえいれ  口を結んでいれ  中途から喙をいれ  島に止まっていれ  恋歌でもつけていれ  前でもいれ  ふところ手をして遊んでいれ  話もしていれ  加減にしていれ  自分だけで嫌っていれ  みな病理学研究室に閉じこもっていれ  上にも悪びれず座っていれ  静かに立っていれ  マークを帯びていれ  物理学を学んでいれ  真直に続いていれ  牛さえいれ  奥様時分に生れていれ  横になっていれ  位置さえ知っていれ  晴天で、曇っていれ  練習をしていれ  星が出ていれ  上下つづいていれ  火鉢でも抱えていれ  衣食が足っていれ  根本的に守られていれ  間に作られていれ  写真をいれ  巾着へいれ  小児でもいれ  良ちゃんには、光っていれ  面でいれ  ッついていれ  女中がいれ  のも聞いていれ  名前も出ていれ  楽天坊主とですっかり取仕切っていれ  戸を下ろしていれ  虫を吸っていれ  完全に掴んでいれ  酒気さえ帯びていれ  銚子にいれ  僕をいれ  僕もぐずぐずしていれ  場合なんかは、こうなっていれ  それだけを考えていれ  素直に働いていれ  場面だと思っていれ  壁が厚く出来ていれ  ままじっとしていれ  水戸がいれ  留置場に長くいれ  反撥していれ  閑居していれ  中にでもいれ  読み書き考えてさえいれ  器械をいれ  何を話すかと聞いていれ  ようにいれ  かいていれ  ものをいれ  アスピリンをいれ  そのまま空を見ていれ  桟橋はほんのすこしでも残っていれ  湯を注ぎ、かきまぜていれ  さっきから聞いていれ  世にいれ  素朴な思ひいれ  芸術家風に刈りいれ  元気でいれ  原稿商売をしていれ  モルトケもいれ  親戚総代になっていれ  からね、逢わずにいれ  そのまま採りいれ  あいていれ  雨戸がいれ  硝子戸をいれ  硝子窓をいれ  東京にいれ  それは愛していれ  和歌子もいれ  格子戸をいれ  土籠りをしていれ  傍にさえいれ  彼奴が消えて無くなっていれ  辺でしばらくぶらぶらしていれ  あたりをぶらぶらしていれ  青年をためしていれ  お前たちがぐずぐずしていれ  筋がとおっていれ  麦のとりいれ  多賀ちゃんがいれ  近く云われていれ  菌がいれ  土についていれ  日をどうやら過していれ  火のいれ  毛皮にくるまっていれ  人たちを見ていれ  東京にいながら、知らずにいれ  活動していれ  何ヶ月かを生きていれ  缶詰をいれ  日の丸がついていれ  機関砲を持っていれ  薄黒く濁っていれ  先刻から話を聞いていれ  突伏してでもいれ  ことを見ていれ  四十年世の中に揉まれていれ  風呂へも長くいれ  さまがおとなしくしていれ  ところへいれ  母のいれ  それを分っていれ  ときはいっていれ  貴様もおとなしくしていれ  博士もいれ  中学校長もいれ  汽船も持っていれ  シッカリ腹にいれ  表現されていれ  一能一芸に深く達してさえいれ  足もいれ  心配はいりません、早くいれ  荒廃していれ  心を澄ましていれ  無性していれ  バスもいれ  おりにいれ  作家は書いてさえいれ  部類にいれ  昏迷していれ  場へ行って見ていれ  世を送っていれ  いい加減にあしらっていれ  背中に背負っていれ  儘にしていれ  口へいれ  カフェーでもいれ  自分だけで、そう思っていれ  事を知っていれ  機縁が熟していれ  叙景歌も作っていれ  熊もいれ  沖に追いかけていれ  先に立って、見ていれ  ゆっくりネバっていれ  王様らしくしていれ  工合に坐っていれ  大目に見ていれ  金粉をいれ  袖にいれ  素直にしていれ  建築でも始まっていれ  ふところにいれ  一体いつまで待っていれ  ここで待っていれ  のは、永く話していれ  ポケット露語字典一つ持っていれ  アジサイと信じ切っていれ  名ともなっていれ  タチツボスミレといっていれ  中国でも作っていれ  朝から夕まで見つめていれ  ヤマユリだとしていれ  草苺と呼んでいれ  名がついていれ  頭に付き添うていれ  兄も黙っていれ  探りをいれ  鳥が群れていれ  裏打ちしていれ  母親が生きていれ  しろといわれ、そうしていれ  召連れていれ  入院していれ  公にしていれ  マリアが知っていれ  もみの木は、話していれ  正直にさえ働いていれ  女もいれ  手先だけ出してでもいれ  生活にふれていれ  丹精にしていれ  小胆にしていれ  ところがうつってでもいれ  ものを注ぎいれ  絵を見ていれ  大事に着ていれ  祝儀とかの、きちんと坐っていれ  こちにもいれ  ちょっと活をいれ  一つ活をいれ  監視灯がついていれ  人工眼をいれ  予感があたっていれ  手に入れるとともに、そのからだでいれ  脳髄をいれ  手まねもいれ  だれもいれ  そこをあけてはいれ  噛っていれ  それを吹いてさえいれ  それを取りいれ  のが、いれ  希望もいれ  完備されていれ  樟脳をいれ  まともに、じっと見ていれ  推定があたっていれ  ことをかまっていれ  俺達が聞いていれ  前からわかっていれ  一眼でも見ていれ  閃めいていれ  武器を持っていれ  一度に列んでいれ  方さえ知っていれ  頭をいれ  財布をいれ  銚子がいれ  リユツクサツクにいれ  お酒をいれ  だって根が残っていれ  叔父さんさえ生きていれ  六畳が空いていれ  金剛石でも捜していれ  勉強してさえいれ  親柱と頼み、すがってさえいれ  夜風に煽られていれ  外燈の滲みいれ  度胸さえすわっていれ  ことを考えていれ  一つ腹にいれ  棹をいれ  役者が動いていれ  方ですから、間違っていれ  だんだん眺めていれ  水垢がついていれ  ひとつおまけにいれ  かごにいれ  ボックスを踏んでいれ  しかし、黙っていれ  好きな物を食ってさえいれ  足かと思っていれ  死人と思い込んでいれ  思い思われていれ  おまえは黙っていれ  給料がとれていれ  顕昭が言っていれ  鍬をいれ  もう少し寐ていれ  批評が中ってさえいれ  下女さえ使っていれ  一つになっていれ  貴族院議員になってさえいれ  女給さんとして取扱っていれ  夫婦同様にしていれ  ものが弄んでいれ  ようにさえなっていれ  仏蘭西語を知っていれ  まま知らない顔をしていれ  事ばかりを思うていれ  混り込んでいれ  そうであるが、生きていれ  灯がいれ  ペテルブルグ要塞監獄へいれ  団子汁をいれ  最善をつくしていれ  学者もいれ  マントルさえ着ていれ  人間がいれ  野菜を買って食っていれ  会得していれ  あれに乗っていれ  態度が間違っていれ  ただ上品に構えてさえいれ  正面をさえ睨んでいれ  男もいれ  人も急いでいれ  文をいれ  一科をいれ  そばに立ってさえいれ  少女もいれ  いっしょに寝ていれ  ところなく話すが、別れていれ  和尚さんもいれ  病気で休んでいれ  指をいれ  もっと休んでいれ  もっと落着いていれ  処々でも覚えていれ  風呂にもいれ  コレ位出来ていれ  繁昌していれ  用心をしていれ  覚悟していれ  徒跣足で落ちて来るとは、よくよく思い合っていれ  二人だけが知っていれ  ポチが生きていれ  おじいさんさえいれ  それにいれ  私をいれ  弁当づつみのあいだにうすっぺらな雑誌をいれ  ぼんやり眺めてさえいれ  一巻にいれ  冷遇ていれ  冷飯をいれ  先刻から聞いていれ  のがいれ  自分に入れられていれ  カラスがいれ  樟腦をいれ  根気よく探していれ  ここに立って見ていれ  充満してさえいれ  損をしてさえいれ  気でいれ  仕掛にでもなっていれ  顔は見られないが、歩いていれ  唯研がなくなった、ああそうか、と云っていれ  故郷にいれ  返事にゆくまで、待っていれ  夜を待っていれ  鶴翼の陣形を作っていれ  足利義昭についていれ  信長に従っていれ  恩顧をうけていれ  端から口にいれ  Sadistもいれ  夫婦になっていれ  硬派もいれ  お金を持っていれ  稲を苅りいれ  かやがいれ  宅にいれ  宗と名がついていれ  方法をとっていれ  信条をも持っていれ  此処にまあこうしていれ  一のいれ  たるにいれ  下へいれ  閂をいれ  にらめっこにいれ  乎としていれ  頭さえ下げていれ  風を切っていれ  おれが黙って聞いていれ  ものだけを食べてさえいれ  まま黙っていれ  バスが行ってしまうと、いれ  まま力をいれ  石塔類でも埋もれていれ  元気にやっていれ  印度人もいれ  後退りしながら、はっとした思いいれ  それをくぐってはいれ  これだけいれ  礎となっていれ  供を連れていれ  ことでも書いていれ  察ししていれ  上級学校にでもはいっていれ  二人さえしっかり離れないでいれ  ッていれ  心地がしないは知れていれ  真面目にしていれ  友人に持っていれ  僕もいれ  人は、ぜったいに、いれ  急にはっとした思いいれ  つけ通りにしていれ  人間が住んでいれ  超過していれ  注意をしていれ  室に坐っていれ  防寒用意をしていれ  絵だけ描いていれ  二人とも、おとなしくして、よく働いていれ  からただ見おくっていれ  学校に通っていれ  意地悪ばかりしてさえいれ  そりにいれ  くしをいれ  めをいれ  わたしをいれ  ものもいれ  口を拭っておとなしくさえしていれ  抜目なくかまえていれ  考えに似ていれ  私たちさえしっかりしていれ  んだ、おとなしくしていれ  情勢をハッキリと見ていれ  ッちりと残っていれ  サッパリとはしていれ  配列が分ってさえいれ  ものですが、よく見ていれ  寒鮒に、いれ  個性にこびりついていれ  豆腐をいれ  辺にいれ  力のいれ  土が乾いていれ  渋茶をいれ  鉄砲を持たしていれ  指さえ持っていれ  平気でいれ  持物をいれ  船にいれ  ポケットナイフをもっていれ  かたつむりもいれ  とかげもいれ  葉を食べていれ  今は互に隔てていれ  人さえ住んでいれ  他人をいれ  つけどおりにしていれ  足あとがつくし、立ちどまっていれ  海に落していれ  輪にすがってさえいれ  海水をいれ  荷物をいれ  砂をいれ  井戸水をいれ  石油缶にいれ  斑点が交っていれ  専門家になっていれ  蓄めていれ  我慢をしていれ  牢屋へいれ  牢にいれ  あたりまえにしていれ  中にとびこんでいれ  水平偵察をやっていれ  器にいれ  震動していれ  浴していれ  生活さえしていれ  象どうしで仲よくしていれ  もっと落ち著いていれ  ままに作っていれ  月とを見ていれ  目にあって笑っていれ  涼をいれ  里にいれ  感覚さえもつていれ  右手をいれ  ツブレてしまっていれ  繊維ででも繋がっていれ  エネルギーを取り込んでいれ  結論に頼ってさえいれ  木ばかりを見てさえいれ  親切で、愛してもいれ  技術を持ってさえいれ  土地は、なにか踏みいれ  それからドドをいれ  絶壁へでていれ  固形酒精をいれ  足もぐっすり寝ていれ  ソネートカもいれ  傍で見ていれ  そうだと思っていても、そう思っていれ  下手に出ていれ  自分が深く思いつめていれ  ここで黙っていれ  永久に黙っていれ  それからお茶をいれ  うなぎが太っていれ  形ができていれ  そつといれ  火燵がいれ  先生でもしていれ  奥さんがいれ  手頼っていれ  山を見ていれ  ここにさえいれ  骨組としていれ  そこからのぞいていれ  謙遜になっていれ  ねぶ茶をいれ  衣裳のかくしにいれ  要求がいれ  家のいれ  自ら手をいれ  省作さんがいれ  彼を投げいれ  人物が生きていれ  独乙語さえ書いていれ  上衣のかくしにいれ  一緒にいれ  寺にいれ  地上に、もし生きていれ  静粛にしていれ  用心していれ  鍋にいれ  庖丁をいれ  母が生きていれ  実母が生きていれ  角砂糖をいれ  主人平作もいれ  特に力をいれ  注文はいれ  自分ひとりで悲しんでいれ  自分が頑張っていれ  どちらかが死んでいれ  実力を備えていれ  中に引き留められていれ  腰をかけていれ  平静に保って、向き合っていれ  命令にしたがってさえいれ  鰍をいれ  ぜんだてができていれ  一煎いれ  酒さえ快く飲んでいれ  者と思ってよいほどにあしらっていれ  無事に済んでいれ  刷毛箱にいれ  鞄にいれ  トランクにいれ  夏物がいれ  浴槽にいれ  姿勢を小さくしていれ  公用文箱にいれ  その男が、こうしてやっていれ  土蔵へいれ  滑翔していれ  善人もいれ  先生さえいれ  ザルにいれ  気持で見ていれ  落ち著いていれ  息子とだけいれ  鱸が泳いでいれ  説明をきいていれ  嫁を睨んでいれ  から眺めていれ  一人だけ乗っていれ  ことは、疑をいれ  部落に残っていれ  学校へいれ  手でかき回していれ  掃除して待つてさえいれ  保存されていれ  努力を払っていれ  貯蓄していれ  研究していれ  後に喰っついてさえいれ  学校にいれ  私がいれ  所持していれ  音なしくしていれ  から仲間にいれ  火打袋にいれ  小坊主ひとりいれ  茶壺にいれ  馬を持っていれ  十五歳以上にも達していれ  ときにいれ  魔薬をいれ  服を着ていれ  満足してさえいれ  墓へいれ  かまにいれ  塩をいれ  みんなをいれ  どこから手にいれ  まり身をいれ  バスケットにいれ  後まで生きていれ  チョッキのかくしにいれ  果物をいれ  どおりみんなで遊んでいれ  詫びをいれ  三味線をいれ  いつものように三味線をいれ  養生させていれ  抵抗力を持っていれ  事項さえよくのみ込んでいれ  記憶していれ  丈夫でいれ  方へ流れていれ  北に向かっていれ  当主が持っていれ  腕をもっていれ  ノラがいれ  弁士が叫んでさえいれ  肌でもいれ  雨が降っていれ  男一人でいれ  商売をしていれ  其処等あたりと思っていれ  静と眺めてさえいれ  それを時々出して見ていれ  何か書いていれ  成程段々聞いていれ  其れも着ていれ  のだと思っていれ  先刻から黙あって聞いていれ  苦笑で、済していれ  相手にならずにいれ  ジッとつかっていれ  横合いから啄をいれ  妻ともいれ  十銭銀貨をいれ  それに間違っていれ  ちゃんとうまく出来ていれ  野郎せえいれ  百姓をやっていれ  放浪者がいれ  暮しを見ていれ  姉さま、いれ  日本人はいれ  もっと力をいれ  方でぐずぐずしていれ  拍車をいれ  完成までいれ  明瞭につかまれていれ  中に入ってしまっていれ  勉強していれ  ように眺めながら話していれ  人をおいていれ  私はそうやっていれ  中にかこまれていれ  スケッチ御覧にいれ  美談が書かれていれ  富が積まれていれ  ようにやっていれ  店員がいれ  ふうに離れていれ  生活していれ  そうですが、少しずつよくなっていれ  束になっていれ  形をしていれ  基礎としてさえいれ  書記長をしていれ  ひとつが変わっていれ  人でもいれ  作をしていれ  ひとりお山の大将になっていれ  ことだけしていれ  何しろ呑気にしてさえいれ  あちらにいれ  あすこにいれ  眼をよくつぶっていれ  虫よけいれ  科学を学んでいれ  国がむくれるならばむくれていれ  息が残っていれ  ペガッサスがいれ  生活をやっていれ  落着いていれ  当惑しきってもいれ  首斬り人がいれ  手がついていれ  鼻翼に触れていれ  ものが、はっきりしていれ  種子板のいれ  キモがいれ  の子がいれ  充実していれ  筋さえ通っていれ  燕がいれ  一歩はいれ  椀にいれ  人などをいれ  腹にいれ  雌蝶をさえ、握っていれ  年寄りもいれ  呼吸もしていれ  くしていれ  代り要心さえしていれ  いつものように要心さえしていれ  無理に凝としていれ  私は少し待っていれ  お母さんに抱かれていれ  顔を当てていれ  誰も、いれ  合致していれ  農林省につとめていれ  気が附いていれ  演劇をよく見ていれ  林が茂っていれ  提灯にひをいれ  人情に悉くいれ  女房がいれ  見方をしていれ  所に立っていれ  引下っていれ  顔が売れていれ  先ほどから黙って聞いていれ  交際っていれ  念仏こころにいれ  鈴をいれ  精を出していれ  今も聴いていれ  錠がささっていれ  県さん、頂いてだけいれ  耳に入らないで、うかとしていれ  こツそり家にいれ  ひつた、いれ  舌をぺろりといれ  挽臼にいれ  首をいれ  紙風船にいれ  メスのいれ  一家庭と見ていれ  社記でも残っていれ  お母さんにつかえていれ  砂袋がふえていれ  金魚鉢にいれ  道具もまじっていれ  富三がもし生きていれ  ものになっていれ  議論していれ  ジッとしていれ  袖にしっかりと取り縋ってさえいれ  われらの世界に棲んでいれ  婿を定めていれ  世界に棲んでいれ  邪法を行なうとか聞いていれ  職についていれ  中年の、いれ  子供をつれていれ  はたが落ちついていれ  林檎をいれ  店さきにいれ  名簿にいれ  国際赤十字から申しいれ  不良少年と思っていれ  外界に囲まれていれ  人さえいれ  だって、寝ていれ  貴様もいれ  室内にいれ  足さえ揃っていれ  まま坐っていれ  塵取にいれ  煖炉にいれ  紐をいれ  輪をいれ  顕微鏡にいれ  上へ向いていれ  煎茶をいれ  一服煙管にきざみをいれ  家庭にじっとしていれ  旅人もいれ  ように白く蠢いていれ  小さい人でもいれ  確信していれ  外套さえ掻き合わせていれ  稼業にしていれ  中まで通っていれ  何年かかろうと、働いていれ  つてはいれ  気やすく語らってさえいれ  らへ来ていれ  安静にしていれ  形が表われていれ  たくさん手にいれ  學へいれ  娑婆にいれ  父に養われていれ  土をせせっていれ  のもはきはきしていれ  殊に試験でも始まっていれ  はじめから、着ていれ  最後を飾り、観ていれ  ものでも、見ていれ  シャブルボオドをして遊んでいれ  降参しきっていれ  お嬢さんもいれ  空想にふけっていれ  女給もいれ  たらをいれ  なかに立てられていれ  抽斗にいれ  南京ねずみをいれ  従事していれ  



前後の言葉をピックアップ
イルルミナート  イルン  イル・デ・ラ・シテ  イル・ド・ラ・シテ  イル・ブリガータ  容れ  要れ  イレ  容れれ  入れ


動詞をランダムでピックアップ
ふりむき差し支える入り切突き当ろ逃げ出す外らし投げ入れん反返り突くかつい進み出すしてやるくすべ切り出そなわ失くなる創れおりかさなり訊ねるたわま
形容詞をランダムでピックアップ
印象深かっ分別らしい見苦しく心憎しいかめしくかいうかなし生臭くいやらしゅうあえなく広かっ弛う忙しな似あわしくむくつけき激しゅう物がたうすぐろい長たらしい