「黴」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
黴の花をはねのける  黴くさい鞄を開くと  黴が生えた  黴を生やした  黴くさい一面をついていたと思った  黴もはやさず  黴の跡があった  黴を泳ぎこしてゆく  黴の生えない  黴を感じた  黴くさい匂いがぷんと漂うて  黴の花の咲いている  黴が生えて  黴に腐つてゐる  黴くさい巾着などもあった  黴くさい部屋から脱けて  黴くさい絵を従姉に見せながら  黴の生えた  黴のにおいで統括されていた  黴と湿気と闇とに包まれ  黴がはえる  黴くさい臭ひ  黴くさいやうな臭ひを嗅ぐと  黴が生えたりする  黴ぐらいのもののように取り扱われている  黴を原料として製造せらる  黴がべったりと畳にへばりついていた  黴を持った  黴が生えちゃうし  黴のはえた  黴のやうに漂うて  黴が生えている  黴の生えて居る  黴が生えちまう  黴が生えてはたまらんと思ったからネ  黴の匂いが鼻をうつ  黴がはえた  黴くさい医学書が山のように積みあげられ  黴を払ッた伝来の物ノ具などして  黴くさい納戸の空気に浸れば  黴の華の何と若々しく妖艶な緑であらう  黴が生えていく  黴が一パイに生えておりまして  黴が生えていたんで  黴た麺麭を投げてくれた  黴の臭を感じさせられる  黴の咲いている  黴とほこりと蜘蛛の囲の支配に任せてあったので  黴に使った  黴を誘ふ  黴の香のしめりも  黴にしては  黴のにおいのする  黴た靴先へ潤んだ  黴までも写し取り  黴をも神聖なものと見なす  黴の匂ふ  黴くさい臭いがしたので  黴が生えてくる  黴が生える  黴の臭ひの  黴が生え  黴を生さうとした  黴を払って  黴くさいものの匂いを懐かしむ  黴のなかで暮らしている  黴の匂を嗅いで  黴の匂を嗅ぐと  黴の匂がむうとした  黴の来た干  黴が濡れ  黴が来  黴くさい臭気を犯して  黴くさい二帖の綴文があらわれた  黴くさい匂いを感じ  黴のうへに素足をつけて  黴くさい陰気な室が大変気に入ってしまったからである  黴くさいインキいろの  黴となりて  黴くさい真暗な倉庫の中に出る  黴の匂ひを  黴が生えたと呼ぶ  黴と垢とに汚さしめ  

~ 黴[名詞]1
やうに黴の  彼は黴  にんじんに黴が  半分にして黴を  ホームズの黴  血の黴の  血の黴を  種じゅの黴  塵埃や黴の  インク瓶にまで黴が  迹だという黴  みんな一様な黴の  うちに黴が  亭の黴  沈殿したり黴が  薄膜に生ずる黴ぐらいの  何百年前から繰返した黴の  泥に黴が  沈着して黴の  匂ひが黴の  それに黴が  長謙さんには黴の  子供には黴の  脳味噌に黴が  ナニ脳髄に黴が  プーンと黴の  梅雨と黴とは  気早にも黴を  それに黴の  人は黴の  世の中独り文章而已は黴の  保存され黴と  物に黴を  私は黴の  僕の黴  場合に黴までも  衣に滲み出る黴の  土間も黴が  いつでも黴が  心にまでも黴を  いつか彼女に黴が  塵埃や黴が  何か黴が  廊下の黴  ろい黴のうへに  鼠壁の黴に  いつか彼女には黴が  陰気な黴  幾百年の黴の  ところに黴  惡酒を容れおけば黴  間に黴が  富を黴の  のであるから黴が  代りに黴の  

~ 黴[名詞]2
薄く黴  毒々しい黴  とたんに黴  むっと黴  白く黴  青い黴  少し黴  細かい黴  もう黴  ぷーんと黴  あの黴  古く黴  ぷうんと黴  その黴  ほんのり黴  やがて黴  そうした黴  白い黴  すこし黴  果たして黴  この黴  

複合名詞
検黴病院  皆黴  黴だらけ  黴療法  黴院  黴やう  黴の  検黴制度  検黴  年じゅう黴  黴みたい  検黴室  黴類  愁ひと黴  黴酒屋男  黴剤  



前後の言葉をピックアップ
カビラ  佳品  かび  黴び  華美  カビ  かびくさ  黴臭い  かびくさい  かびくさかっ


動詞をランダムでピックアップ
殖やすふきかけでっぱっ擦れるしめん迸れ黙りこくさきだち凋も振れ遊ばせよきえる変えん惑い適す掻き立てかけめぐるへば解き放ち
形容詞をランダムでピックアップ
みずみずしく待ち遠しかっにくくっ手ばやくにぎにぎしぼろいむくつけあつう酸き弱々しく麗しく恨めしかっ相応しき危ういぬるく頼み少なくいろっぽくふてぶてしく臭けれ手酷