「黙り込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 黙り込ん[動詞]
先刻から黙り込ん  今井は黙り込ん  隅に黙り込ん  彼は暫く黙り込ん  その後妻が、しばらくすると黙り込ん  顔をして黙り込ん  執拗に黙り込ん  妙に黙り込ん  上り、沈んだらしく黙り込ん  俯向いて、黙り込ん  私は黙り込ん  順二郎も黙り込ん  二人は黙り込ん  むっつりと黙り込ん  急に黙り込ん  ふたりともしまいには黙り込ん  アッタレーアはいつも黙り込ん  不安そうに黙り込ん  私はうなだれて黙り込ん  回想に耽つて、黙り込ん  相手が黙り込ん  変に黙り込ん  いやに黙り込ん  みんなが黙り込ん  顔を伏せて、黙り込ん  四五日むっつりと黙り込ん  腑に落ちなくなって、また黙り込ん  人間レコードが黙り込ん  私はまた黙り込ん  陰気に黙り込ん  長谷部はしまいに黙り込ん  二人は又黙り込ん  跡は黙り込ん  カシカシかみながら、黙り込ん  反撥的に黙り込ん  母親もすこし青ざめ、しばらく黙り込ん  私は相変らず黙り込ん  女房は黙り込ん  伸子は黙り込ん  方にひきつけるので、黙り込ん  佃は、しかし黙り込ん  青ずんだ空気の底に黙り込ん  顔をしかめて黙り込ん  俄かに黙り込ん  それから彼は黙り込ん  佐伯氏は、しばらく黙り込ん  閉口して黙り込ん  クツクツ笑いながら黙り込ん  ようがなくなって黙り込ん  あっけにとられて黙り込ん  支倉は黙り込ん  プッツリと黙り込ん  不機嫌に黙り込ん  彼女はまた黙り込ん  様に、黙り込ん  輝きが見えなくなって、しまいには黙り込ん  桂子は黙り込ん  佐伯氏は黙り込ん  気が向かないと黙り込ん  顔付で黙り込ん  俄に黙り込ん  中途で黙り込ん  彼は黙り込ん  言葉を切って黙り込ん  口を動かすと、黙り込ん  提灯屋も黙り込ん  御家新はまた黙り込ん  母親から何といわれても、ふてぶてしく黙り込ん  皺を寄せて黙り込ん  態度で、白けて黙り込ん  クリストフはまた黙り込ん  彼が黙り込ん  クリストフは黙り込ん  陰鬱に黙り込ん  それからまた黙り込ん  無愛想に黙り込ん  惘然となり黙り込ん  夜は黙り込ん  背中を向けて、黙り込ん  百姓らは黙り込ん  相手は困って黙り込ん  話をつづけながら、ときどき長く黙り込ん  幾日も黙り込ん  彼女は黙り込ん  晩二人は黙り込ん  のを恐れてまったく黙り込ん  かたくなに黙り込ん  二人はしばらく黙り込ん  とき彼女は黙り込ん  そんならもう黙り込ん  ように垂らして黙り込ん  時ふいに口を噤んで黙り込ん  糸重は、黙り込ん  吉岡はまた黙り込ん  違いにかみしめて、黙り込ん  石は黙り込ん  鬱そうに黙り込ん  二人共執拗に黙り込ん  不快になって、黙り込ん  心持ち眉を顰めて、そして黙り込ん  晩は黙り込ん  啓介は黙り込ん  何を云っても黙り込ん  私もしまいには黙り込ん  それきり二人はまた黙り込ん  頭を垂れて、黙り込ん  顔を硬ばらせて黙り込ん  ヂヤケツをつまんでみながら、黙り込ん  微笑を浮べながら黙り込ん  つもりだろう、黙り込ん  むつつりして黙り込ん  院長は黙り込ん  びっくりして、また黙り込ん  ハタと黙り込ん  顎を埋めて黙り込ん  真名古はフッと黙り込ん  まま急に黙り込ん  面を伏せて黙り込ん  ことがなくなって黙り込ん  気がして黙り込ん  竜子も黙り込ん  眉根をしかめて黙り込ん  先程から黙り込ん  気まづく黙り込ん  厭に黙り込ん  為朝はぴったり黙り込ん  相手にもならず、黙り込ん  首を傾げて黙り込ん  感心して黙り込ん  眼を伏せて黙り込ん  憂欝そうに黙り込ん  一太は黙り込ん  ように黙り込ん  娘達は身じろぎをして黙り込ん  朝子の黙り込ん  花にじっと見入りながら黙り込ん  ままにさせていたが、やはり黙り込ん  僕もしまいには黙り込ん  長椅子にねそべって黙り込ん  セルゲーヴナはもう黙り込ん  今夜は、ひどく黙り込ん  女が黙り込ん  話がでると黙り込ん  それきり二人は黙り込ん  四人は黙り込ん  まままた黙り込ん  文句を並べさして黙り込ん  懐手をしながら黙り込ん  気持で黙り込ん  感染して黙り込ん  聳かして黙り込ん  あにいがすっかり黙り込ん  寝返りを打って黙り込ん  二人とも黙り込ん  それきり喜代子は黙り込ん  ふいに騒ぎだしたり、また黙り込ん  百姓が黙り込ん  河野はいつも黙り込ん  



前後の言葉をピックアップ
ダマッ  ダマッテ  たまら  黙ら  タマリ  だまりこく  黙りこく  だまりこくっ  黙りこくっ  だまりこみ


動詞をランダムでピックアップ
あやまれる聞きとがめ転がれる脈打た署し紛うごったがえす据付ける売飛ばさいづる切放さ削ぎ落すひきつけよ儲けれそろい言張苦みばし滑べら整う入り乱れ
形容詞をランダムでピックアップ
聞きづらあさし小暗い円い分厚するどほの暗悩ましき小ぎたない不味くひくし際どかっいじらし耐難く人懐こ慕わし厚かましい愛し規則正しくこころもとない