「黙」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 黙[動詞]
噺が出来ないで黙  さうもなかつたので、黙  室で黙  ために黙  ちよつと黙  二人は黙  鳥がゐる黙  彼は黙  会社に黙  夜は親しい集り、黙  澄太君夫妻と共に黙  澄太居も黙  壺来、黙  かい、黙  練習なんかしなくてもいいよ、黙  小僧は黙  私は黙  人心観想の黙  門外不出、黙々黙  二人とも黙  婿さんは黙  凜子は、黙  からには、黙  佐渡守は黙  散歩にでると、黙  彼には、黙  やる気なら、黙  先に黙  争つて、黙  しまつて、黙  言つても、黙  ものは、黙  児はいつも黙  児は黙  遊戯にはかえって黙  それに就いては訊ねもしないので、黙  朝からこうして、黙  こゑもほえないで黙  ばさんは黙  政子は黙  牢として黙  彼等も黙  歯に浮べながら黙  心配するばかりだと、黙  月も黙  あとは黙  紙片を黙  扱ひにして黙  父は黙  やつて来て黙  女が、黙  自分ばかりは黙  わたしも黙  変に黙  青年は一寸黙  言葉もなく黙  裕佐は一寸黙  君達は黙  無念相に黙  厭に黙  彼等は、さうなると妙に黙  信子は黙  夫はそれでも黙  鼻先へ黙  覚悟で黙  これに黙  私は遂に黙  民衆も黙  此時これまで黙  二口目には黙  綾子は黙  柏手を打って黙  時には黙  二人は何でも黙  泣きながらまた黙  ことを、はらはらしながら、黙  今まで黙  やうに、黙  ちよいと、もう黙  人間は、黙  幾時間でも黙  方で黙  何か話しかけたが相変らず黙  周子は、黙  傍に黙  彼女は黙  ぢにはもう少し黙  刹那を黙  ひつそりと黙  冷淡に黙  ばさんも黙  つもりで、黙  悪魔が踏み荒しても黙  障子をあけると、黙  眼つきで見下してゐたが、やがて黙  造も黙  胸にあつたが黙  何か黙  残念ながら黙  仏語しかわからぬとなると、また、黙  お母さまは、しばらく黙  云ひあつてゐると、黙  ように黙  ことをしたら、黙  光子さんは、黙  ょろ松は、黙  顔をして黙  仕事を黙  叔父さんは黙  人達は黙  叔父さんが黙  心配して、わざと黙  それは黙  叔父さんは暫く黙  叔父さんはちよつと黙  まま、黙  ひとりで黙  人も、黙  先に別れていった黙  先へ急いでゆく黙  源内が、たまらなくなってこう叫ぶと、黙  声を出したので、黙  飯も黙  行つて、黙  定評には黙  後藤君は黙  なか子は黙  私に黙  眼つきで黙  ぢや黙  なか子は起き上ると、黙  どっちも黙  半夜の黙  二十分も黙  思つて、黙  顔をして、黙  秋野は黙  竹柴七造竹柴清吉は黙  母は、黙  つて座に就き、黙  二人は、黙  それを黙  勃凸もやがて黙  それから又黙  顔を出して見ては黙  私達はまた暫く黙  秀夫は黙  知つては黙  ナタナヱルの黙  教会の黙  諸君は、ある黙  実行意志が黙  さを感じながら、黙  妾、黙  少年は黙  娘が黙  娘は黙  祖母は、黙  やうに黙  女は黙  病人らしく、黙  剃髪して黙  七日、黙  せきは黙  人々は黙  不機嫌に近く黙  むつと黙  皆なが暫く黙  母は黙  彼は、黙  彼が黙  馬鹿にされて黙  つてね、黙  話が通じないから、黙  三十分位ゐは黙  一本ひつぱり出して、黙  方は黙  星天を仰ぎ、じっと黙  兵卒は、黙  すつかり黙  ぼんやり立ちあがると、黙  漁師は黙  なつて黙  平造は黙  心に感じて、黙  兄いさん、黙  新聞だけは黙  母親らしくして黙  いやに、黙  顔付をして暫く黙  人達だから、黙  これでも、黙  孫はしばらく黙  俯向いて黙  物を黙  私たちにも黙  みな、しばらく黙  二人、黙  云はずに黙  彼は思はず黙  のは黙  それから二人とも黙  前にぬかずいて、やや久しく黙  おばアさんにも黙  女子青年がよく黙  もの、黙  それをさせて黙  協力者に黙  粉ミルクが黙  加減に黙  なる子、黙  罪悪を犯しつつあるかを、互に黙  母さんがよく黙  一枝を黙  静かにも黙  それから後は黙  お前が黙  時まで黙  女はまた黙  急に黙  職工は黙  辞宜をしたなり、黙  云ふこともなしに黙  長老はちよつと黙  善作さんは唯黙  それには黙  僧衣を引かけて、黙  唯、黙  お辞儀をしたが、黙  居間で黙  つたやうにしてかれは黙  風もなしに、黙  人は黙  私が黙  中から、黙  如何にしてあんなに黙  私が、黙  僕に黙  内海達郎は、ともかく、黙  あたしに黙  あなたは黙  あなたは、黙  夫はしばらく黙  君に黙  横を向いて黙  母に黙  口には出さずに黙  様子もなく、黙  云へないと気がついて黙  これさ、まあ黙  一寸二人が黙  返事もしずに、黙  想ひで、黙  顔を見て黙  夫から眼を外らして黙  人夫は黙  顔を代る代る眺めながら黙  間、黙  跡は黙  間は黙  あたしは、黙  エから、黙  チビチビ酒を飲みながら、黙  ものと黙  問ひますと、もう黙  呆然として黙  言つて宜いか知れないので黙  事やら判らないのでいつも黙  申上げても黙  我々も黙  皆ながおとなしいおとなしい唯黙  万作は黙  姉さんは黙  六箇月までは黙  保根さん、さう黙  蹙めて黙  ワシリは暫く黙  わたくし共は黙  重げに、黙  髑髏あり、ひたと黙  皆は黙  房は唯黙  からペテロも黙  慕つてゐるらしかつたが、黙  つて、黙  幾は黙  祖母も只黙  一人で黙  云はないで、黙  自信があつたので黙  何か話せばだが、黙  外は黙  ものを、黙  繁夫が黙  目つきをして、黙  奥村さんは黙  近代母性型、黙  所は黙  んだから、黙  乍らも黙  龍子は黙  事もあるが、しかし、黙  あなたが、黙  つたなりで黙  それを見ると黙  腕組みをして黙  ッた黙  彼女は、黙  御機嫌を損じたと見えまして、暫くは唯、黙  気がしたので、黙  唇を噛みながら、黙  殿様は暫く黙  邪推して、黙  今迄、黙  祖母は黙  事であり、時としては黙  ステパンは黙  自分が黙  セルギウスは黙  溜息を衝いて、暫く黙  さんは黙  下を向いて黙  毒気を抜かれて、黙  ことはわざと黙  嘉吉は黙  老父は黙  前では、黙  なんでも、黙  私は、黙  言葉を聞くと黙  待ち給へ、黙  坂部健作は黙  外落着いて黙  うちとて、黙  何度言つても、黙  秋、黙  秋は黙  お前は黙  望ンで黙  甲田は黙  唄を留めて黙  美奈子とは黙  私も黙  婆さんは黙  気もべつだん起らなかつたので、黙  坊はいつみても黙  里子は暫く黙  隆吉は黙  貴方に黙  裁判長は黙  みんなが黙  俺あ黙  ゲツソリして、黙  チヨツと黙  から、黙  顔を、黙  僕は勿論黙  僕は黙  ウイスキイを入れ、黙  岡本はただ、黙  近藤のみは黙  云はれなけれや、黙  註文して、黙  上に載せて暫く黙  僕は、黙  ことを恐れて、黙  言ひそびれ、黙  彼方此方、黙  手を合せて、黙  土饅頭へ黙  二人は又黙  言葉尻を濁して黙  ひだは黙  哀れっぽく黙  変転は、黙  顔を暫くじつと眺めながら黙  会話を、黙  金若は黙  くしやするやらうと思うて、黙  部屋へなんぞ黙  きんは黙  思つてか、黙  桑野はただ黙  気が附いたので、黙  ひとが黙  それに黙  種子は唯黙  併し黙  満足して、黙  術もなく黙  女教師は黙  風で黙  何を黙  はとばかり黙  烏ひた黙  から、なるべく黙  後に、黙  のを黙  手応えがない、黙  笑ひながら暫く黙  子供たちは黙  その間、始終、黙  二人はまた黙  何をきいても黙  お母さんは黙  相手は黙  とりもなおさず、黙  間は、黙  お姉さんが黙  そいつは、黙  時は黙  社長が、いずれ黙  京野等志は、黙  みな、黙  入院しておられると聞いて、黙  いずれも、黙  しろに黙  事実を、黙  つもりなら、黙  いつ時、黙  顔をみると、いきなり、黙  南条さんには黙  名前は黙  今朝、黙  二人は暫く黙  気がして、黙  二人で黙  女房も、黙  五色餅を見ても、黙  可えでば、黙  上で黙  云つて、黙  私わざと黙  話があるで黙  客二は黙  男二が黙  上の子とそこで黙  時は、たいてい黙  僕は寧ろ黙  親爺が黙  言はなければならないなら、寧ろ黙  数ふれば、故黙  見物が黙  馬琴は黙  路も黙  ツ、黙つて、黙  鳥さしは、黙  袋ン中へ捻り込むで、それでもまだ黙  一散に駆けて、来て黙  同僚が黙  彼はただ黙  静かに黙  けふまで黙  上に黙  のか、よし、黙  一生、黙  わたしはそれでも黙  友人は黙  中尉は黙  電燈をつけ、黙  康子はしばらく黙  康子は、黙  返事をせず、黙  お母さんにはもちろん黙  ぼくも黙  乃婦は、黙  全身をふるわせ、黙  あたしが黙  つて、わざとしばらく黙  妹嬢は黙  書生、黙  老女は黙  花吉は黙  顔暫ばし黙  主人は黙  川地は黙  如くに黙  須美は、黙  時に、黙  須美は黙  我儘だとは存じますけど、黙  のだから、黙  恁う黙  己の黙  周旋してもろうた黙  自分は再度黙  時、しばしば黙  定が黙  きりで、黙  親族にも、黙  事を黙  者は黙  これだけ出せば黙  上で見ると黙  間を黙  鶴石はまた暫く黙  りよが黙  りよは黙  先生は又黙  先生が黙  自分は黙  のだが、黙  自分は、黙  微笑を浮べて黙  五郎立つて黙  様に黙  世間的には黙  のに気付いて、黙  五郎は黙  ものがあるが、黙  方はホンマに黙  私、黙  比企正文が黙  吸ひ附けられ黙  美緒に聞えるから黙  ぢ込みながら、黙  二時間も黙  己は黙  うちを黙  何も黙  わけぢやなし、黙  人々は、黙  ヂッと黙  らは黙  駄夫は黙  横を向いたなり唯黙  呆気にとられて黙  彼は、一寸黙  僕たちは黙  思つたから、黙  相手が黙  あたし、よつぽど黙  思つたけれど、黙  右衛門は黙  少時頭を低れて黙  五つばかり黙  人間が黙  答へずに、黙  誰かが見つけ、黙  中井さんが、黙  九時半広島安着、黙  誰にも黙  それから、黙  しまつた、黙  曇、黙  中国新聞社で黙  氏を訪ねる、黙  からん事を黙  やうやく黙  首を縮め黙  圧迫でも黙  それを渡して呉れる迄黙  今日は黙  藤野さんは暫く黙  気がして来て、黙  様がなくて、黙  今日病んで黙  彼女は、しばらく黙  しまつたので、黙  今まで、黙  お節は黙  顔を見合せて、黙  初瀬はしばらく黙  責任上、黙  ぢつと黙  初瀬は黙  ものを黙  田丸浩平は黙  何時までも黙  北は黙  丘も黙  じいつと見つめて黙  丘は黙  北も黙  見合はして黙  北君、ま、黙  つたの、どうして黙  頬杖して黙  老人が黙  絹子は黙  のか暫く黙  信一が黙  世話だけれども、黙  のち、黙  懐手をぶらつかせて黙  昂奮して、黙  のだ、黙  その男は黙  あなたが黙  わたくしは黙  胸に収めて唯黙  いつまでも大海人が黙  手をかけてやれば黙  君は好くそんなに黙  気になり、黙  幸ひにして黙  行つた私に黙  へんに黙  俺は黙  俺が黙  卓一は黙  これが黙  肩にかけて、黙  卓一はむしろ黙  切取り強盗にも黙  静けさが黙  まばたきもせず黙  向方側で黙  それぎり三人は黙  三人は黙  やうにして黙  兄弟は黙  そこには黒い黙  顔うちまもりて黙  旦那はんに黙  親に黙  流石に黙  眼を伏せて、黙  蝶は、黙  母さんには黙  さうに指で撫でながら黙  兵士が、黙  生態をじつと黙  しるしも受けとらずに、黙  言はずに、黙  きり、黙  夫にしても遣て見るまで黙  添遂ると云う黙  ことと、黙  主人が立つて、黙  医師は暫く黙  やうにして、黙  方に向いて、黙  ゴルゴオは黙  ルカス丈が黙  私は無論黙  私は別段帰らうともせず黙  言はれれば、黙  谷は黙  逸子は黙  此方で黙  自分がどんなに黙  何時でも黙  何時か黙  一文字に引き結んで黙  そんなら、黙  ぢやないか、黙  武家は、黙  彼とはお互に暫く黙  ふりさばいて黙  言はうとしたが、何故か黙  感心して、黙  豆小僧は黙  あたし、黙  皆が黙  被告は黙  うに口を動かしたが黙  尻をはしよつて、黙  正文は黙  漁師達は、黙  男が立ちかこんで、黙  顔を見たが、黙  思ひ出して黙  男が黙  練吉はそれなり黙  云つたのは、多分黙  混乱を黙  風に一寸黙  相手はしばらく黙  まり何時までも黙  合掌して、黙  仕方をされても黙  漢詩からの黙  夜が明けるまで黙  素子は、黙  小犬が、黙  ことをしてゐるのに、どうして、黙  いかがかとぞんじますけれども、黙  マルスは黙  つて来て黙  僕が黙  のを恥ぢて黙  儘で黙  ものが黙  奥さんが黙  相手にせず、ただ黙  ものを差出し、黙  酌で、黙  枝を持ち、黙  背中を丸くして黙  兄は黙  ひとりが黙  たけは黙  皆な白けて黙  方を一寸見て、黙  松子さんは黙  お母さんも、黙  二人は並んで黙  それを聞かぬものの如く黙  平三も黙  んやらう、黙  桐は黙  平三は黙  平七は黙  そのまま暫く黙  会話を聴きながら黙  真弓は黙  思つてをりましたのに、黙  定は黙  おしげは黙  押へて黙  私としては黙  私はもう黙  核心、焦黙  声を掛けようとするが、思い返してよして、黙  評判ぢやが、黙  これも黙  そこへ、黙  何にも考へずに黙  不安気に黙  私達は、わざと黙  女子は黙  ことは黙  至りだ、黙  詩を作らずに黙  みのは黙  みのはいつも黙  二十日も黙  さの思ひをしながらも、黙  老人は黙  移つてから私は、また暫く黙  はりを取巻いて、黙  パパは、黙  念吉、黙  克巳も黙  二人はしばらく黙  風に暫く黙  興奮して、黙  佐治は黙  笑ひ出して、黙  葢をあけてみて、黙  失ッて黙  笑顔に隠しながら、黙  一人は只黙  私達はまた立ち上つて、黙  言葉をかけると、黙  腰を下してゐたが、同じく黙  いふ、黙  気がして黙  話を、黙  お前さんは黙  手を宛てて黙  人が黙  勢さんも黙  からではなく、黙  思ッてネ黙  文三も黙  君、黙  所に黙  文三は黙  身動きもせず、黙  例の黙  母親は黙  特別、黙  十分承知しながら、黙  んなら黙  独り歩み黙  ソレ分るまい分らぬならば黙  荻沢警部にも黙  時勢がわるければ黙  まり有利ではございませんでしたので黙  様子でございまして、黙  様子で、しばらく黙  将軍家はただ黙  口を思い切ってあんと開いて黙  寺院楽と黙  男は黙  若い妻君は黙  両方で黙  二人は尚ほ暫く黙  道にたずさわっていたので、黙  無げにうち黙  皆なが黙  周子は黙  作家は黙  それにすら黙  腰をかけて黙  顔をして、また黙  何となく白けて黙  林は、白けて黙  喋舌らせて置いて下さいよ、黙  精と黙  馬も黙  存在を黙  方便を用いて、その黙  儘、暫くは黙  天地が裂けても、黙  つても、黙  杜子春は勿論黙  一生懸命に黙  父母を見ては、黙  電文を打黙  中で黙  場では黙  のもあれば、黙  やうに、しばらく黙  言へば、黙  軍治が黙  戸外を出歩いてゐたが、黙  うちには黙  ぢいは、黙  ぢいは黙  呪文を黙  眼を閉じて黙  聞て黙  不折、黙  例のごとく黙  之を黙  生臭を食うと、たった今、この黙  質問が黙  伝六を張り込ませておくと、黙  これなる黙  しわざとめぼしがついたゆえ、かく黙  そこの黙  熊仲和尚が黙  さで、黙  首尾よく黙  熊仲、黙  下に黙  笑いわらい聞き流しながら、黙  祖母ちやんは黙  名人は黙  ことはあるまいと思われるほどに、黙  げに、黙  静子は黙  中を見てゐたが、黙  窓外を眺めて黙  智恵子は黙  昌作は黙  許俯向いて黙  伯父は黙  ままに黙  はるよつて、黙  つても黙  伯父はまた黙  頭を垂れて黙  伯父さんに黙  つて貢さんを見たが、黙  母さんは未だ黙  貢さんは黙  貢さんは困つたらしく黙  造化に黙  絵を黙  口調は、黙  内包した黙  沢田は黙  用事があるからと呼んで置きながら、来て見れば黙  ことさへ出来ず、黙  からう、何故黙  今迄黙  亭主に黙  とき、黙  つて来て、黙  復た黙  自分も黙  後を黙  欠伸をしたりしながら黙  話を黙  神妙に黙  意味を黙  風に黙  窮してしまい、黙  身毒は、黙  プロホルは黙  それを眺めて黙  手の平で丸めて黙  患者は暫く黙  二人共暫く黙  忽然立ち留まつて、黙  学士は黙  判断し兼ねて、黙  狼藉に遭いて、黙  専門家は黙  杯はさしては呉れない、黙  ヂツト辛抱して黙  のに紛らして黙  英太郎は黙  宇津木は黙  平八郎も黙  皆顔を見合せて黙  それから平八郎の黙  平八郎は暫く黙  皮肉をも黙  煩い、黙  注文を、黙  嫌いなのは、黙  やうだが、黙  ところを、黙  滝は、黙  終へて、黙  一語に、黙  犬の黙  千年も黙  いずれも黙  若者はやはり黙  張合いもなくうす苦く黙  わきに置きしばらく黙  時でも、黙  兄を一寸見て、黙  姉は黙  末は黙  云つても、聴かないで黙  背中をさすりながら、黙  乗つて、黙  愴な黙  腹がたつたが黙  傍で、黙  息子も、黙  振りして黙  しかし、また、黙  見送りに出て、黙  お爺さんは見つけ、黙  変へず、黙  友田は黙  思いも付かない黙  語よりも黙  仕事しながら、黙  あとなったら、黙  伯父ちやまは黙  S子を見て黙  顔を見ては黙  後向きに仰向いて黙  女はちよつと黙  中原はしばらく黙  娘さんが黙  のを見ながら黙  



前後の言葉をピックアップ
打撲傷  ダボダボ  ダボハゼ  駄法螺  ダボラ  騙かさ  だまかさ  騙かし  だまかし  だまかす


動詞をランダムでピックアップ
擦り切っ撮りいじめる乾かし立ちどまり頑ばっ生まれるつくろい録しうけとれる嫉ま化けれ嗜み紛れこん切りはずす略し群がるあたけおきゃ失へ
形容詞をランダムでピックアップ
ずぶと若から均しくうらやましけれたどたどしき手早かっ残惜しかっあぶなし深くっ賑わしき少から疑い深くっ深いぶあついあわき淡い心地よいよい短けれ気だるく