「麗らか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

麗らか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
麗らかな日光を全身に浴び  麗らかな日ばかりが打ち続き  麗らかな日光にキラキラ光る  麗らかな光線を浴びて  麗らかなみどりの日はこれで終る  麗らかな日が続き始めたので  麗らかにして居る  麗らかな日が照つてゐて  麗らかに輝き  麗らかな空に白雲が飛んでゐるかの  麗らかな天気が打ち続く  麗らかな十二月の真昼だのに伸子は悪寒がして堪らなくなって来た  麗らかに開け放され  麗らかな日光が寝台の金具に燦いていた  麗らかな空を見出した  麗らかな朝の陽を浴びながら  麗らかに晴れた  麗らかな陽りの中から狐雨を吹き寄せた  麗らかに空晴れわたり  麗らかに晴れ渡つて  麗らかに秋の光の輝いていた  麗らかな心持に浸って  麗らかな憧れを抱いてゐる  麗らかな日曜日の朝お稽古に行ったら  麗らかな茜色の朝陽の光が漲り渡っていた  麗らかに照る  麗らかな春の白い光が漲り  麗らかな日光に輝きながら  麗らかなる秋の午さがりであった  麗らかな日ざしを宿した  麗らかな太陽の下で情感ある  麗らかな朝陽を浴びながら  麗らかな陽のさしとおす  麗らかな朝陽を浴びて  麗らかな陽が射してゐるかと思ふと  麗らかに霽れた  麗らかの春の日になりからだ中でぴよぴよと鳴いてゐるかはいらしい  麗らかに月が輝やいてゐる  麗らかに拡がった  麗らかな冬景色の止め度もなく明るい畑中であればあるだけ  麗らかに晴れ渡って  麗らかな春の日に目かげをして  麗らかな日の光を浴びて  麗らかな春の空を眺めた  

~ 麗らか[名詞]1
宝沢は麗らか  今時は麗らか  冬らしい麗らか  人生を麗らかに  日は麗らかに  陽気では麗らか  つてゐた麗らか  障子が麗らかに  硝子戸越しの麗らか  五月晴れの麗らかに  ごとも麗らかに  蕾が開かうとする麗らか  空は麗らかに  この間まで麗らかに  ような麗らか  春の麗らか  それに麗らか  キエは麗らか  後の麗らか  胸先へかけて麗らか  天気は麗らか  斯んな麗らか  陽ざしが麗らかに  森閑とした麗らか  若者たちは麗らか  初冬らしい麗らか  日も麗らかに  

~ 麗らか[名詞]2
その麗らか  何となく麗らか  なく麗らか  ぱっと麗らか  明るい麗らか  げに麗らか  もう麗らか  こんな麗らか  ない麗らか  この麗らか  

複合名詞
なに麗らか  麗らかさ  麗らかさうに話頭  



前後の言葉をピックアップ
うらやん  羨ん  うらら    麗ら  ウラル  ウラル・ドンバッス  浦和  うらわか  うらわかい


動詞をランダムでピックアップ
隣れはれあがっかきしるさいかし基づけすわりとりあわぶんなぐかたらったべん目くるめいひきさがり火照りかたちづく患わいらっしゃる陣どりすいあげいやしめるぬたくる
形容詞をランダムでピックアップ
粘っこくもったいなかっ懶き青白くしげしややこしゅう高きかびくさいひょろ長く毛深いするどかっ舌たるく囂しかっ呆気ない古けれ色濃きつう喜ばしかっ著しく浅黒い