「鵜」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
鵜の真似をやる  鵜の真似を継続して行った  鵜ぞせん  鵜は宿らじ  鵜のみにするほど  鵜を左右の手端にとまらし  鵜を持った  鵜さえうまく使えば  鵜が飛びたつ  鵜をうまく使うが  鵜を舟にあげた  鵜は嬉しそうにそれぞれ羽ばたきをして  鵜の毛で突いたほどの  鵜の目鷹の目で珍ダネを探している  鵜の毛ほども覗かせやし  鵜の目鷹の目で見張る  鵜の毛の尖端で突いた  鵜のみにすると  鵜の目鷹の目で草を掻き分けて見たが  鵜や鷺や雁もいる  鵜の毛で突いた  鵜のようにさっと水に飛び込むと  鵜の歌豆州稻取海岸にて山直ちに海に崩れ入る  鵜は立ちてゐる  鵜にたちまちに海黒み來ぬ巖の上の鵜の聲風に吹消されつ  鵜の毛で突いたほども  鵜に呑ませた  鵜が鮎を瞬間に即死させる  鵜の歯型がついていて  鵜もいる  鵜が一羽黄いろい首をのばして飛んでいたりする  鵜の喉の膨らみの  鵜をのがれたる  鵜の目鷹の目でさがしまわっている  鵜の目鷹の目で他人を見張っている  鵜飲みにしてしまう  鵜が飛ぶ  鵜しきりに啼いて  鵜の食ふ  鵜の飛ぶ  鵜の毛ほどの疑念すら生む  鵜を使って  鵜を遣って見せるという  鵜の毛ほども考えてはいない  鵜の目鷹の目嗅ぎ  鵜の首を縛った  鵜のように人人の首に締った  鵜の首を自由にして  鵜を使う  鵜の描く  鵜をあやつった  鵜が棲んでいるが  鵜は品川の海や多摩川のあたりまで飛んで行って  鵜がつないであって  鵜は知っているが  鵜を買って行って  鵜を煮て喰う  鵜を買って行っても  鵜は何処で捕った  鵜でも売れた  鵜はまだ売れません  鵜を買いに来た  鵜を百両に買いに来た  鵜を売っている  鵜の目鷹の目で騒いでも知れねえ  鵜は一つ一つが生きていますよ  鵜を見に行きたいとか  鵜の目鷹の目になっていた  鵜が忙がし  鵜を舟に引きあげては絞って  鵜の目鷹の目で鑑定し  鵜のみにして来た  鵜の鳥でない限りこの評判には何かの実証的根拠がある  鵜の鳥になりして  鵜のみにしながら黙っていた  鵜の毛をついたほどの  鵜を下ろさせて  鵜は取った  鵜は物を丸のみにする  鵜のマネしたが  鵜のみにはしないが  鵜を十二本の糸で操る  鵜の真似をして溺れた  鵜の真似をする  鵜が一羽不意にとびたちぬ  鵜はそれでも逃げなかった  鵜に興味がなくなったので  鵜になって飛ぶし  鵜になった  鵜を見た  鵜がいて  鵜になって飛んだ  鵜のみにするしか  鵜のみに物語をデッチあげて済ましておられる  鵜のみにしていちゃ  鵜の目鷹の目でさがしているから  鵜も北の方へ帰る  鵜のみにし  鵜の鳥かと思う  鵜の目鷹の目で読みはじめた  鵜のみにする  鵜の毛ほどの気持ちも私に起こさせなかった  鵜のまねをする  鵜の目鷹の目であらを見出し  鵜のまねの烏瓜買ふて  鵜のみにするだけだつた  鵜の眞似の  鵜の立つ  鵜の目をして  鵜の鳥か螢ならばお手にとろ  

~ 鵜[名詞]1
恰で鵜の  夜こそ鵜は  反古さへ見れば鵜の  それを鵜のみに  二羽ずつの鵜を  うちで鵜を  手にとまった鵜が  手縄を曳いて鵜を  労役を終った鵜は  どこといって鵜の  利助が鵜の  私は鵜の  彼女は鵜の  鮎を狙う鵜の  荒磯の鵜に  上の鵜の  風強み岩の鵜は  人は鵜に  それは鵜が  河口の鵜の  あれが鵜で  それが鵜の  めや鵜を  食料庫はないかと鵜の  いっしょに鵜  場所で鵜を  ほんとうの鵜を  海には鵜の  ことは鵜の  捕吏達が鵜の  十二羽の鵜の  自分が鵜  漁夫でもなければ鵜でも  未来は鵜の  翌日鵜匠から鵜を  信濃国東筑摩郡松本中は鵜  港磯の鵜の  鷺や鵜が  鷺や鵜は  それは鵜  人間が鵜を  あいだの鵜を  はずれに鵜を  おれ達が鵜の  ここらは鵜  三宝院の鵜は  長良川へ鵜を  何十羽という鵜が  綱をあやつって鵜を  模倣し鵜のみに  会話を鵜のみに  者に鵜を  鮒などを鵜は  身共が鵜の  ことを鵜の  評判を鵜のみには  十二羽の鵜を  巳は鵜に  祠頭で見た鵜  女の子は鵜に  女の子が鵜に  ものを鵜のみに  クダラヌ形式を鵜のみに  作品は鵜の  学説などを鵜のみに  殺害犯人を見つけようと鵜の  烏が鵜の  雁も鵜も  教科書を鵜のみに  箇所を鵜の  でたらめを鵜のみに  援助を求めようという鵜の  神が鵜にな  うして鵜の  反転させて鵜のみに  ものかと鵜の  失脚させようと鵜の  海と鵜の  

~ 鵜[名詞]2
この鵜  互いに鵜  大きい鵜  あの鵜  われと鵜  めずらしく鵜  必ず鵜  

複合名詞
鵜呑  鵜呑式  鵜烏  宮司重兵衞鵜  物鵜奈禰突拔天白  鵜首作り  南風鵜戸  ぐあいにして鵜  鵜澤總明  鵜嚥  鵜たる  友人鵜照君  彼鵜照君  鳥渡鵜  鵜沿駅  鵜戸  鵜戸神宮  鵜戸神宮  鵜倉  鵜松明樺  主任三谷夫人鵜瀞  鵜瀞  川鵜  荒鵜  今夜鵜船  鵜船  鵜足郡  鵜澤さん  鵜澤憲一様笠神静郎  鵜毛一本  鵜縄  いくら鵜呑  鵜左衛門  御子鵜草葺  鵜草葺  鵜養  日高日子波限建鵜葦草葺合  鵜植草宇迦  魂鵜河鵜養族宇岐歌兎寸河  日子波限建鵜草葺  



前後の言葉をピックアップ
ぅとお  ぅとした  ウー          卯月山    


動詞をランダムでピックアップ
つぶだつ受け入れよ捧ぐるあてがわ重なり合っ惚れ込み物慣れ切り回す作り替えとけ反り笑いとばす申し渡さ出外れ映そ持ちこたえ言付かり差合い降り続いひん曲げよ
形容詞をランダムでピックアップ
暖かい疑いぶか若わかしい凄まじかっ後ろめたかっいまいましく普き心強かろ暑苦しくっ自慢たらしいうさんくさく拙からずるい青じろうかんばし珍しから広から眠たいなつかしき