「鳴」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 鳴[動詞]
鈴が鳴  蝉の鳴  歌ふかはりに、打鳴  サイレンが鳴  鶏の鳴  ギーン、と鳴  葉の枯れてかさかさ鳴  太鼓が鳴  鼓が鳴  百舌鳥の鳴  鈴を鳴  ときに、鳴  杭州に建っている鳴  蛙の鳴  警笛を鳴  サイレンを鳴  鈴を振り鳴  さうに喉を鳴  さらさらと鳴  臭い風が鳴  まにまに涼やかに鳴  熊の鳴  ゴオンゴオンと鳴  ザアーと鳴  上で鳴  裾にカラカラと鳴  午砲があわただしく鳴  これを擬した鳴  馬の鳴  風に鳴  げな鳴  山鴿の鳴  鎖を鳴  川邊川邊で鳴  闇に鳴  汽笛が鳴  ことことと鳴  クンクンと鳴  ベルが鳴  サイレンは鳴  ガアンと鳴  松虫すゞ虫いつしか鳴  野辺に鳴  ディンナア・チャイムが鳴  者は鳴  鐘がしきりに鳴  団扇ではたくと、ちりちりとあわれな鳴  流行唄を鳴  蚊の鳴  蓄音機を鳴  喇叭を鳴  鼻を鳴  ゲクゲクと鳴  喉を鳴  つて喉を鳴  舌を鳴  口笛を吹き鳴  鶏は鳴  角笛も鳴  カチカチと鳴  指がかちりと鳴  半音を力一杯に吹き鳴  風を誘って、今にもりんりんと鳴  呑口が鳴  最高音に吹き鳴  小鳥の鳴  きい、と鋭い鳴  雷が鳴  しろの自鳴  ような自鳴  鐘を鳴  鼻が鳴  時分から天麩羅を以て鳴  ボンと鳴  ように鳴  海鴉の鳴  鐘が鳴  孝子も、鳴  號鐘が鳴  号鐘が鳴  口笛を鳴  犬の鳴  琵琶が鳴  馬嘶キテ白日ハ暮レ剣ヲ鳴  幕あきの鳴  新枕は長鳴  文正の鳴  喇叭が鳴  一番鶏の鳴  石高路に鳴  葉が鳴  キャーンと鳴  唇を鳴  急速に吹き鳴  切つて鞭を鳴  河鹿の鳴  鷄の鳴  不平を鳴  ゴクンゴクンと物凄く鳴  鬼灯を含んで鳴  チイと鳴  人を寄せる、鳴  汽笛を鳴  半鐘が鳴  蓄音機なんて鳴  ハンケチをつめ込んで吹き鳴  拳固が鳴  全国に鳴  骨は鳴  カチリと鳴  鶯の鳴  子供心にちっとも同鳴  一字は鳴  手を鳴  風は凄じく鳴  ゴーンと鳴  一匹奇妙な鳴  三分おきに鳴  霧笛も鳴  雪駄ちやらちやらと鳴  声としている鳴  声とはほとんど似ていない鳴  風が鳴  波が鳴  あたりで鳴  虫の鳴  木琴を鳴  自由ヲ鳴  驢馬の鳴  闘鴨、鳴  響を鳴  笛に造り、吹き鳴  鐸が鳴  銀の鈴が鳴  度に鳴  一羽けたたましい鳴  猫の鳴  脚を踏み鳴  こおろぎの鳴  林は鳴  言つて鈴を鳴  剣を鳴  あれひたすらに靴踏み鳴  汐の遠鳴  キキと鳴  カケスの鳴  梢が鳴  鉄棒に鳴  鐘わァ鳴  そこらがきいんと鳴  鞭ヲ鳴  カラカラと鳴  大砲を鳴  ギヤアと鳴  がちやりと鳴  ぴゆつと口笛を鳴  音をたてて鳴  ことこところころ、よく鳴  胸が鳴  こんどはもつと大きく鳴  腹が鳴  ふくろうの鳴  耳が鳴  ゴーツと鳴  敷石を鳴  面々は、鳴  つてがちがちと鳴  小鼓の鳴  鳥の鳴  どこからか、鳴  アレルトの鳴  上の小さき自鳴  激瀾の鳴  鴎の鳴  二三度痰が鳴  クラクソンを鳴  加つて舌を鳴  錠が鳴  かすかに鳴  自然にあの鳴  百舌なのだが、鳴  波が轟々と鳴  翼を鳴  音に鳴  梟の鳴  下駄を鳴  つて来、むかうに鳴  鈴を振鳴  気と、鳴  谷間はその鳴  鞭を鳴  ざわざわと鳴  堂内がごうごうと鳴  鉦を鳴  ギイと鳴  ブウが鳴  ブウは鳴  指笛を鳴  時ドンが鳴  狆の鳴  雷の鳴  何処かで鳴  何處かで鳴  鐘声は鳴  あんばい宜しく力一杯吹き鳴  つて空砲を鳴  脚踏み鳴  鹿の鳴  ガサガサと鳴  角笛が鳴  読書、鳴  頬に微笑んで、頷いて鳴  一つチリンと鳴  弓弦を鳴  狐の鳴  呼鈴が、けだだましく鳴  どんどと鳴  ざツと鳴  ドブンと鳴  キと擦れて鳴  うちが激しく鳴  糸目を付けるやら鳴  ぶんぶんという鳴  豚の鳴  特別の鳴  哀れな鳴  熊は鳴  ベルを鳴  ウソの鳴  中に閃いた、鳴  叱咤暗鳴  酸漿を鳴  摺鉢を鳴  鏑の鳴  源三位頼政鵺を射つや、鳴  それにも劣らぬ凄まじい鳴  のは鳴  良驥の長鳴  一時が鳴  風鈴は鳴  籠み上げて来る鳴  とき南縁の鳴  ワーンと鳴  ように轟き鳴  喉が鳴  つて戛と鳴  底に鳴  猿の鳴  つただけでも、鳴  精兵たちも、しばしがほどは鳴  笛が鳴  彼の打ち鳴  喇叭と鳴  子雀の籠った鳴  仲間の鳴  釣鐘が鳴  家畜の鳴  雨はぱちぱち鳴  むぼりんも遠くのそらで鳴  歌が鳴  ガサゴソと鳴  ような鳴  蝦蟆がその鳴  其非を鳴  戸障子が鳴  棟に鳴  鳶の鳴  十一時半が鳴  幾度もその鳴  遅れ馳せに駈けつけてみましたが、鳴  嚥んで鳴  ピアノの鳴  電話が鳴  彼女は鳴  颯、颯と鳴  非を鳴  ツと鳴  中、自鳴  太鼓ぞ鳴  太皷ぞ鳴  海波の鳴  鞭を打鳴  呼鈴を鳴  びちびちと鳴  鳥共の鳴  音も無く、鳴  啄木鳥が怪しい鳴  虫の鋭い鳴  はじめから終りまで鳴  駒鳥の鳴  十二時が鳴  音や鳴  足をふみ鳴  一つだけ鈍く鳴  一つだけ鳴  何かが鳴  うち空襲警報が鳴  道場とした鳴  ドキドキと鳴  バアで鳴  レコードが鳴  太鼓を鳴  人柱、鳴  北風に轟々と鳴  梢に沢山在るらしく色々の鳴  絶望の鳴  正午のぼおが鳴  警報解除が鳴  牛の鳴  一党、鳴  ゴウゴウと鳴  窓が鳴  氷ががりがり鳴  奥が空々しく鳴  色鳥にもあらず、まして鳴  例の鳴  気持よく鳴  頬で鳴  四囲に激しく鳴  鈴ばかり鳴  時計の鳴  くちばしを鳴  くねくね可憐な鳴  悲嘆は、塞きあへず、高い鳴  ことに鳴  ドキツと鳴  銅羅を鳴  家畜だが、あの鳴  鈴の鳴  胸はどきどきと鳴  動物の鳴  鶏を早鳴  常世の長鳴  聚め互いに長鳴  ぐ、鳴  鶏肥ゆればすなわち鳴  鳥より鳴  ドンが鳴  蓄音器が鳴  ピアノも鳴  牛の遠鳴  靴を鳴  絃を鳴  鐘は鳴  手風琴を鳴  喉が、また鳴  呼鈴が鳴  通りで鳴  木魚はまだ鳴  雪月花、佳鳴  一知の鳴  台下で鳴  打ちに鳴  そうに鳴  斜めに鳴  浜は鳴  客が溺れたとおなじ鳴  徹つたきいきいといふ鳴  羊の鳴  西風に鳴  呼子をふき鳴  牙を鳴  海風に鳴  床を踏み鳴  そうな鳴  松翠愈々深く、鳴  牝牛の鳴  雀の鳴  である馬の鳴  雉子の鳴  ために鋭く鳴  ひとり蚯蚓の鳴  六時が鳴  併し実際はさう鳴  号笛が鳴  さやさやと鳴  苦情を鳴  鐘を振鳴  夜陰に吹き鳴  納屋が鳴  時計も鳴  コーンと鳴  前に鳴  夕暮までも鳴  觸れて鳴  文章でかなり鳴  板に鳴  低音に吹き鳴  蓄音機が鳴  異様な鳴  人びとは鳴  警報が鳴  ものが鳴  拍車が鳴  鐘はまだ鳴  一所だけで鳴  夜の長鳴  銃声が鳴  八時が鳴  蝙蝠が悲しげに鳴  微かに鳴  二時が鳴  かさかさと鳴  しんしんと鳴  ごと/″\と鳴  腕を鳴  雁の鳴  事、鳴  ところに鳴  関西に鳴  鉦が鳴  方には轟々と遠鳴  若い蝉の鳴  彼は鳴  藪ががさがさ鳴  真っ暗な鳴  糸を鳴  サイレンが気味悪く鳴  挙動や鳴  ように、その鳴  特にあの鳴  剖葦もあの鳴  剖葦の鳴  ラツパが鳴  バリンバリンバリンと鳴  音楽的の鳴  胸がどきどき鳴  翅を鳴  ハーモニカなどが鳴  もみぢも過ぎ、鳴  波濤が轟々と鳴  踵鉄が鳴  腰掛が鳴  窓ガラスがコトコトと鳴  皆がその鳴  名は鳴  竹を鳴  草摺をパタパタと鳴  やうに鳴  ボーンと鳴  右が鳴  たか左が鳴  姿を消して鳴  用具が鳴  口笛が鳴  作者が鳴  家を包んで鳴  三州亀浜の鳴  響きが鳴  調子よく鳴  乱雑に鳴  一緒に鳴  象徴として鳴  葉を鳴  木鐸が鳴  テンテンと鳴  餌に鳴  秋風遠く鳴  そな鳴  風は物すごく鳴  雲井に鳴  /″\と鳴  中空に鳴  秋に初めて鳴  蟋蟀の鳴  空に鳴  剣ヲ鳴  浦響くほどに長鳴  様子、その鳴  それ自ら狼の鳴  時には、くくくくと鳴  方かすれてあわれなる鳴  非ばかりを鳴  空高く吹き鳴  つても鳴  からからと鳴  杜鵑の鳴  癇高い鳴  やうな鳴  虫だらう、あんな鳴  稚拙な鳴  鵙の鳴  苦悶をあらわして、まるで鳴  とこしへに鳴  雷門が、鳴  ことしも来鳴  革紐を鳴  海の遠鳴  虎の死んでしまふまで、ぶうぶう鳴りつづけに鳴  音が鳴  つた、鳴  門の鳴  切り高く鳴  ラツパを鳴  其寃を鳴  鼻だけは絶えずくうくう鳴  時風に吹かれて物すごく鳴  玉を鳴  梟が鳴  用ゐし自鳴  鶴の鳴  枕を鳴  つて舌を鳴  枝に止まりて鳴  木によしきり鳴  中で、鳴  拍ち鳴  中でジーンと鳴  ベルは鳴  弔砲が鳴  汽笛の鳴  ちやんと鳴  さつき時計があんなに喧しく鳴  鵞鳥の鳴  兆とうたがへり総鳴  動物園から聴き馴れぬ鳴  諧調的な鳴  ごろごろと鳴  かけすの鳴  コクコクと鳴  電話を鳴  ミシミシミシ柱を鳴  渋谷に住む鳴  女は鳴  怪物達の鳴  一度にがあがあ鳴  前十五分に鳴  眼醒時計が鳴  ミミズクの鳴  こよの長鳴  つて鉦を鳴  四つ竹を鳴  ぢやらと鳴  池畔で放し、その鳴  蔭で鳴  國から渡つて來た長鳴  キジの名鳴  キジの鳴  國常世の長鳴  退屈さうに舌を鳴  時鳥と同じ鳴  月夜笛が鳴  つて笛が鳴  向日葵よりも、鳴  何かへぶつけてひとりでに鳴  支配して鳴  屋根に鳴  酔狂を以て鳴  小料理屋から三味線が鳴  三聲四聲、あまり鳴  月夜に寝ほうけて鳴  サヤサヤと鳴  から鐘の音が鳴  鈴がけたたましく鳴  笛が、また鳴  吾妻下駄を鳴  霧笛を鳴  ポーと鳴  のの鳴  中でその鳴  馬追蟲を、鳴  向うで鳴  小鳥は鳴  キユーツと鳴  時刻はずれの鳴  ゴーゴーと鳴  掌が鳴  楽隊がプカプカドンドンと鳴  糸目を付けるやら、鳴  釜が鳴  山鳩の鳴  音とが止んで、鳴  鉦は鳴  がいがいと鳴  笛を鳴  ぐりを町に鳴  ゴツンと鳴  電話で忙しく鳴  軍夫らも、鳴  声を殺し、鳴  かしく、かつ行き、かつ鳴  一度に鳴  



前後の言葉をピックアップ
ど阿呆          ナア  名宛  なあなあ  なあに  ナアマ


動詞をランダムでピックアップ
もとむ吹か産む漕ぎつけよみかえさ凍んおしだせこごむ勝ち誇り行きつか話し込み突き通す撓るへだてる湧い取りかえる書き入れるたべるしぶっ
形容詞をランダムでピックアップ
くどむくつけい著し汚らわし狂おしく馬鹿らしくっ初々しい得がたく恭しき大人しく詳しかろ毛頭ない侘しくたっと凄い弛かっ憎からうつくしかろ猛々し