「驚い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 驚い[動詞]
呼吸のつまるほど驚い  発見して驚い  男が驚い  医師は驚い  手を除くと、驚い  夫人は驚い  蓮子は驚い  格好で飛び込んで来たので、驚い  のに驚い  勝手に持って行けと怒鳴りつけたら、驚い  人々は驚い  命に目ざめて驚い  ことを少しも驚い  答へを驚い  そればかりを驚い  私はほんとに驚い  私は驚い  声が響いたので驚い  ことを少し驚い  森木が驚い  はいで見て驚い  彼女は驚い  朝井刑事は驚い  力には驚い  何にもそんなに驚い  伊佐も驚い  魚が驚い  純粋に驚い  内容に驚い  事実にも、重ねて驚い  邦子は、すくなからず驚い  のには驚い  本がぎっしりなので驚い  己達は驚い  己達はかえって驚い  顔がひどくやつれているので、驚い  人は驚い  ポチは驚い  から、驚い  声に驚い  父から驚い  封を切って読むと、まず驚い  萩原新三郎はアッとばかりに驚い  訳で、驚い  國は驚い  声で驚い  源助は驚い  両人でいって見て驚い  勇齋も驚い  源次郎が驚い  べらぼうめ、実に驚い  サア私も驚い  名人だね、驚い  孝助が驚い  助は驚い  間に飛び立ったので、すぐ驚い  説を聴いて驚い  私も驚い  彼も驚い  風雲急なるに驚い  それを受け取ってひどく驚い  陳は大いに驚い  梁は驚い  ハツと驚い  物に驚い  彼は驚い  氣づいて、驚い  邵はひどく驚い  万はひどく驚い  はじめは驚い  そうと気づいて、驚い  非常に驚い  哄笑に驚い  知らないのに驚い  家、きたなくて、驚い  女は驚い  皆が驚い  王朝では驚い  のはよくよく驚い  それより驚い  思つて顔を出したら、驚い  つて此方が驚い  悲鳴に驚い  サックを開けてみると、驚い  すずめは、驚い  喰べたのに驚い  彼女はひどく驚い  迷信には驚い  報知を受取ったらさぞ驚い  ラテン化しているのでまた少し驚い  男女は驚い  眼を止めて、些か驚い  ことを初めて見て驚い  時一番に驚い  話を聞いたとは驚い  決定で驚い  一に驚い  餘ほど驚い  流石に驚い  僕は驚い  擧動に驚い  女のふるまいに驚い  按吉は驚い  眼を見て驚い  老母は驚い  譚は驚い  すつかり驚い  店主は驚い  ゴールは驚い  わけでもないのにひどく驚い  話をきいて驚い  私は、驚い  から聞いて驚い  先方も驚い  私も一層驚い  更に驚い  順作は驚い  順作の驚い  意味で少し驚い  方にやると驚い  婆やも驚い  もとより驚い  愛卿は大いに驚い  万戸は驚い  趙は驚い  辰代は驚い  澄子は驚い  訪問に驚い  妻は驚い  通りであったが、驚い  私はむしろ驚い  ことに驚い  政府は驚い  大塚は驚い  猿を見て驚い  廊下をつき当ると、驚い  弥三右衛門はこう云ったなり、驚い  これは驚い  わたしを見ても、格別驚い  人達は驚い  三娘をじっと見て驚い  十一娘は驚い  横顔を見ると驚い  私は随分驚い  私はどんなに驚い  時にはひどく驚い  林田は驚い  論文を見て驚い  から皆が驚い  者たちは驚い  杉村は驚い  年子は、どんなに驚い  作業能力しかないので驚い  のだが、驚い  茅野雄が驚い  出来事に驚い  手並に驚い  はいつて行きますと、驚い  これはまた驚い  これや驚い  花が咲いた、と驚い  方を驚い  音響に驚い  空気にふれて驚い  葉は、驚い  前に来て、ふっと驚い  さに驚い  音に驚い  ことを聞いて驚い  見聞して驚い  月輪殿が驚い  告げを聞いて驚い  為守は驚い  はじめて人が気がついて驚い  西阿弥が驚い  法然が驚い  乗願房が驚い  S子さんは驚い  方を見ると、驚い  松本は、一寸驚い  訊問してみると、驚い  部屋に行ってみると、驚い  鳩が驚い  痛みに驚い  美智子は、驚い  顔をみて少し驚い  心に叫んで驚い  ハツト軽く驚い  雨に驚い  のを見て驚い  それで驚い  無電班ではたいへん驚い  から、全く驚い  こっちも驚い  一銭を投げ込んで驚い  眼はグラグラと廻り出した、驚い  草原を探って見たりして驚い  たんに驚い  私はただ驚い  山左が驚い  兼吉さんが驚い  夏さんは驚い  凸坊が驚い  裏面を見て驚い  これを見て驚い  威勢に驚い  心当りを探して見ると驚い  日本人はすっかり驚い  ものにばかり驚い  ように驚い  山谷が驚い  人善しに驚い  豹一は驚い  自分にも、驚い  業者もあっと驚い  多鶴子は驚い  事実に驚い  丞様、驚い  ッと驚い  野口は驚い  ちよつと驚い  下女がどんなに驚い  女中は驚い  僧は驚い  居場所まで分かって、驚い  雅子は驚い  左官は驚い  剣法が現れてきたりすると驚い  木刀を持たずに行ったが、行ってみると驚い  梅軒は驚い  宙は驚い  張鎰は驚い  みんなは驚い  んですね、驚い  のかしらなんと思ってさ、うかがって驚い  十八だとそう思って驚い  分裂病であったが、どうです、驚い  望月刑事は態と驚い  ことを知ったので、驚い  友は驚い  弟は大いに驚い  人びとは驚い  方でも驚い  時呼吸がとまるほど驚い  ぢさんは驚い  ぢいさんは驚い  ところが驚い  おれが驚い  竹腰は驚い  音に、ハッと驚い  引用したのに頗る驚い  天才に驚い  小山も驚い  ことが、驚い  幾代は驚い  ドロシーは、驚い  彼女は、こう言われて驚い  使用人は驚い  夢がさめて驚い  融川は驚い  時どんなに驚い  横顔を一寸見ると驚い  羽音に驚い  ときは、どんなに驚い  これをきいて、驚い  ッつかまえると驚い  彼は少なからず驚い  小宮山彦七は驚い  方がかえって驚い  アッハハハこれは驚い  袖は驚い  卜翁は驚い  孫三郎も、驚い  掘り出しものに驚い  図眼を醒すと、驚い  林が、驚い  できごとに驚い  やうに驚い  彼が驚い  権幕に驚い  夫が驚い  我は大いに驚い  否や、驚い  妻はひどく驚い  湯殿へ下りて見ると、驚い  男は飛び上らんばかりに驚い  自分ながら驚い  着物に驚い  笠井は驚い  往来を見て驚い  から私は驚い  彼女はちょいと驚い  蛙が驚い  民主的市民は驚い  ことを知って驚い  拍子にふと見ると実に驚い  人影に驚い  珍饌に、驚い  一同は驚い  秋を驚い  そつと覗いてみると、驚い  中は驚い  巡査は驚い  父親も驚い  ように、ハッと驚い  そうになったが、はっと驚い  誰かと驚い  綱は驚い  旅川周馬も驚い  白刃に支えられたが、ハッと驚い  時、驚い  閻魔だ、と怒鳴られて驚い  光でよく見ると、驚い  残骸を見て驚い  泪をためたので驚い  夫婦は痛くも驚い  先生は驚い  さまに驚い  君がもしあまりに驚い  これは全く驚い  わたしはまた驚い  氏は驚い  狗は驚い  千代は驚い  富田氏は驚い  蟹は驚い  のであろうと驚い  何ごとかと驚い  時は、さすがに少し驚い  笑いを帯びて、驚い  一度は驚い  銑さんが驚い  問い合わせにいよいよ驚い  崔は驚い  ジョヴァンニは驚い  ジョヴァンニはいよいよ驚い  彼に出逢って、さすがに驚い  それに気がついて驚い  私らは驚い  臥てゐましたが、ふと気がついて驚い  拓本には驚い  紳士は驚い  顔をみると、いや、驚い  気違いざたに驚い  行動に驚い  一致に驚い  分量を聞いて驚い  小女が驚い  眠りに驚い  造は少なからず驚い  我ながら驚い  ほうを見ると、驚い  表情に驚い  依頼に驚い  まゆみは驚い  女の子は飛び上るほど驚い  探偵は驚い  ものに驚い  こいつは驚い  門番が、驚い  顎十郎は、えッと驚い  腰をかけていたが、やがて驚い  学生たちも驚い  かば微笑を浮かべて驚い  極度に驚い  それに驚い  わたしは驚い  それを見て、ひどく驚い  彼女も驚い  それを見て大いに驚い  外に少しくあらわれているので、いよいよ驚い  端を持って、てらしてらしすかしていたが、驚い  ほうは驚い  んだから、驚い  異形に驚い  そうで、驚い  一揃、驚い  声を掛けると、驚い  光景に、驚い  これは、と驚い  夢から、驚い  自身番へ訴えでたには驚い  鎖骨が折れているらしいというので驚い  顎十郎はさすがに驚い  こいつはどうも、驚い  これはどうも驚い  前から人々は驚い  顔をにらんだので、驚い  急に驚い  ことをなさるので、驚い  ことに、今更ながら驚い  喬生は驚い  老人は驚い  長崎屋は、ほう、と驚い  荻原は驚い  顎十郎は、ほほう、と驚い  こいつア、驚い  助も驚い  げッ、と驚い  邪神は驚い  女と元振を見て驚い  みなが驚い  自分は更に驚い  豊子もすこし驚い  げッと驚い  児が驚い  ょろ松は、えッと驚い  津村は驚い  ょろ松は、驚い  云ひまはしに驚い  齢に驚い  僕ねえ、よく驚い  僕はどんなに驚い  私だと驚い  火花にすつかり驚い  雲を見て驚い  それは驚い  最中に、驚い  子供達は、驚い  紹介に驚い  小田さんは驚い  住職は驚い  蠣殻町三丁目へ来てみると、驚い  巡査は大いに驚い  小田刑事は驚い  内儀、さだめし驚い  丞は、はっと驚い  源内は驚い  啓之助が驚い  これには驚い  原士たちは、驚い  何事かと驚い  唄に驚い  少年は驚い  名音は驚い  薙刀に驚い  彦太は、会って、驚い  彦太は驚い  まま、退こうともせず、驚い  のにも驚い  ことがなかったので驚い  彭は驚い  もっとも驚い  こいつあ驚い  方へ歩き出したんで、少し驚い  そいつは驚い  宿屋で驚い  婆さんが驚い  憤慨どころではなく驚い  君は驚い  彼は、酷く驚い  波が来ると驚い  却て驚い  下を見ると、驚い  容子に驚い  ミサ子の驚い  三位卿が驚い  啓之助は驚い  自分でも少し驚い  のかと驚い  のでは驚い  雲飛は驚い  内心非常に驚い  キタナサに驚い  ダンチョンが、驚い  レザールはひどく驚い  レザールは驚い  私はすっかり驚い  僕も驚い  マハラヤナ博士は驚い  私の驚い  四辺が明るいのでハッと驚い  味に驚い  気持よげに驚い  気を打たれたか、驚い  意外に驚い  長老は大いに驚い  一行に驚い  逃込むとは驚い  ように苦しいほど驚い  銀座を見て驚い  菊は驚い  現場に臨んだが、最も驚い  眼を丸くして驚い  ひとたちも驚い  若党が驚い  単調さに驚い  乞食小僧を見ると驚い  事を云ったので、驚い  男は驚い  門番は驚い  頭をふれたので、驚い  気を失うばかり驚い  菊世は驚い  武士は驚い  のを見ると、驚い  乱闘に驚い  入道は驚い  蟇は驚い  坊主は驚い  佐助が案の定驚い  楓も驚い  三好も驚い  先方は驚い  鮒は驚い  年寄は、驚い  竹下も、驚い  感触にどきんとして、驚い  ことにしていたので驚い  自害しようとするので、驚い  伊右衛門はさすがに驚い  顔を見て驚い  伊右衛門が驚い  岩は驚い  伊右衛門は驚い  それを見て驚い  ようにして驚い  袖も驚い  茂七は驚い  長兵衛は驚い  有様だつたが、驚い  大に驚い  私は少し驚い  吉川は驚い  足音の早いに驚い  老女は驚い  春吉は驚い  松岡は驚い  爺さんも驚い  病を知って驚い  三角定木、驚い  隊でも驚い  司令部でも驚い  三枝子は、驚い  次さん、驚い  群集はあっと驚い  執念に驚い  私が驚い  何かに驚い  物音に驚い  忰が驚い  二人は驚い  これには全く驚い  六も驚い  何に驚い  國も驚い  母は驚い  顔色を変えて驚い  ときは驚い  呆然とするほど驚い  お仙さん、驚い  劍幕に驚い  嵐は驚い  顏を見ると、さすがに驚い  方が驚い  名を呼ばれてはっと驚い  老人が驚い  太郎、驚い  わたくしは驚い  やつて、驚い  父までも驚い  坊さんは驚い  小僧ふたりが居あはせたので、驚い  次郎もあつと驚い  返事がないといふので、驚い  至つて柔和で、驚い  錢形平次が、どんなに驚い  慧眼に驚い  俺も驚い  曾て驚い  それが驚い  皆な驚い  周子などは驚い  ような驚い  何しろ俺らも驚い  腰をぬかさんばかりに驚い  猫はわざと驚い  鉢あわせで、驚い  潜略に驚い  さへ驚い  守吉は驚い  話を聴いて一旦は驚い  彼女は実に驚い  声をかけられて驚い  与右衛門は驚い  看護人は驚い  底に落ちつけておけば、驚くには驚い  劉備は、驚い  劉備は驚い  兵隊は驚い  朱雋も驚い  玄徳は、驚い  権七もさすがに驚い  神さんだったら、驚い  お嬢さんには驚い  源右衛門が驚い  鍛冶は驚い  何にでもつかえる、やって見て実際驚い  僕も少々驚い  から僕、驚い  九条殿では驚い  事もなげにつみ重ねられ、イヤ、驚い  幸太郎は、驚い  苦痛に驚い  女は少しも驚い  工夫の驚い  警官が驚い  自分は驚い  本になっていないと知って驚い  斬新さに驚い  私自身はそれほど驚い  会社に入ってみて驚い  呂伯奢は驚い  袁紹も驚い  賊は驚い  諸侯は、驚い  諸人、驚い  驚倒せんばかり驚い  わけを聞いていよいよ驚い  貂蝉は、驚い  呂布も、驚い  こと、驚い  客に驚い  事が運んでいるとは驚い  鎌倉幕府は驚い  すつかり呆れ、また驚い  王子君には、驚い  時は、どんなに驚い  友だちも、驚い  辰子は、なんとなく驚い  人かげに驚い  彼女が笑ったので驚い  ファンとは驚い  女は聊か驚い  一杯はいつてゐるので驚い  二週間たって再び行って見て驚い  突込み、あっと驚い  奥様にほめそやされたには驚い  雨かと驚い  友人たちも驚い  頭目どもは驚い  宮廷では驚い  張英は驚い  玄徳は驚い  関羽は驚い  から韓胤は驚い  人間やが驚い  銃声に驚い  うまいのに驚い  雪が降り積って居るには驚い  のを見、驚い  母はさぞ驚い  周は驚い  僕はすっかり驚い  者はひどく驚い  赤い鳥は驚い  橋は消え失せて、驚い  それを聞いて驚い  秘かに驚い  子供が驚い  部屋に入ると驚い  内野さんは驚い  お爺さんも驚い  為に、すっかり驚い  私が逃げたので驚い  レントゲンを見て驚い  内心余程驚い  伊東伴作がやや驚い  追窮したら、驚い  お菊さんは驚い  壮佼達は驚い  平太郎は驚い  靴音に驚い  二三行つけ加えてあったんで、少し驚い  しまつて、驚い  上つたのに驚い  何気なく受け取って見ると驚い  のですから、驚い  飛行機に驚い  旗二郎、本当に驚い  ことは、かなり驚い  皮肉に驚い  気も遠くなるばかり驚い  医者は驚い  漱石氏は驚い  雑誌五十二銭とは驚い  ように感じられて、ひどく驚い  ことに幾分驚い  先刻洵吉が蒼くなって驚い  んだ、驚い  かぎりなく驚い  人々が驚い  刑吏が驚い  諸人は驚い  眼をしてさも驚い  自分でも驚い  調子に驚い  大袈裟なのに驚い  方言さかい史における、驚い  眞に驚い  此時少なからず驚い  役人はひどく驚い  本妻はひどく驚い  彼れは驚い  村木がまだ驚い  怪物は、驚い  大仰に驚い  千二は驚い  千二は、また驚い  心臓がとまるほど驚い  課長はよほど驚い  新田先生は、驚い  殺風景さに、ひどく驚い  先生は、驚い  病気に倒れていたと聞いて、たいへん驚い  大江山課長は驚い  怪物は驚い  口ほど驚い  うちに、たいへん驚い  新田先生は驚い  千二が、驚い  千二は、驚い  火星兵は、いよいよ驚い  孫権は驚い  あなやと驚い  鎗をまじえながら、驚い  魯粛は驚い  魯粛が、驚い  顛倒せんばかりに驚い  子供は驚い  吾平爺はひどく驚い  もっとひどく驚い  逆さ屏風とは驚い  勢は驚い  両方が驚い  さを驚い  申出に驚い  長屋中で驚い  みんなが驚い  妙に驚い  敬助は驚い  死人を見て驚い  刀を抜くなり驚い  訳を聞いて驚い  女房も驚い  出来ごとがあつたので、少からず驚い  何か、驚い  曹仁は驚い  甘寧は、どうして来たかと、驚い  程普が驚い  八十助は、ハッと驚い  ヒツトラー・ユーゲントは驚い  足音に驚い  星住省吾は、驚い  今さらの如く驚い  関平は驚い  曹操は、驚い  僕が驚い  僕は少々驚い  宿からそとへ出て見て驚い  のにはさらに驚い  視線がとまると、はっと立ちすくむほど驚い  瞬間にはっと驚い  様子を見ると、驚い  愛子は驚い  早業に驚い  あとに続こうとして驚い  努力で時々驚い  事務長は驚い  当人が驚い  糜芳も驚い  呉押獄は、あっと驚い  ひと目見るやたいへん驚い  家さえあったので、驚い  のを見付けても、驚い  気がついて驚い  散々に叱られたので、驚い  ボヤツと驚い  さも驚い  青木は驚い  肚をきめて、驚い  長平は驚い  せつ子は驚い  頑健だと、驚い  人たちも驚い  とき僕が驚い  何円か取られて驚い  ドクトルは驚い  支那でも全く驚い  やり方に驚い  使者を拒んだりしたので向ふが驚い  天子は驚い  車夫は驚い  母も驚い  何うしたって仕ねえって、驚い  庄三郎の居ないに驚い  方から、驚い  助は少し驚い  四ヶ月も居たろうか、すると驚い  自分を驚い  若い記者は驚い  就ては驚い  これを読んで驚い  一同アッと驚い  者でも飛びあがるほど驚い  勢いに驚い  主税も驚い  八重は驚い  八重とは驚い  まま、さすがに驚い  猿は驚い  松女はひどく驚い  二人ながら驚い  重臣も驚い  孔明は大いに驚い  太守馬遵は、驚い  所業とは知らんで有ったが実に驚い  時は実にどうも驚い  体に驚い  私は猶驚い  君勇は驚い  自分に驚い  夢に驚い  鶴雄は驚い  小田は驚い  のが見当って、少し驚い  つて喚いたのに、驚い  ことを驚い  看護婦は驚い  宗義智は驚い  見幕に驚い  淡泊に驚い  何よりも驚い  知らせに驚い  はりへ、驚い  さんは驚い  私が最も驚い  見物人は驚い  人影かに驚い  親子はただ驚い  三郎は驚い  二三羽また驚い  梅は驚い  音がしたので、驚い  傳次は驚い  から光りに驚い  婆さんも大きに驚い  市も驚い  一つ極ると、驚い  声も出さずに驚い  葉子のにすり付けるとさすがに驚い  狂体に驚い  愛子も驚い  姉の驚い  奥さんは驚い  ほかに見つけたので、驚い  目を張って驚い  理解して驚い  告白を聞いて驚い  葉子はさすがに驚い  泣き声に気がついて驚い  葉子は驚い  唖然として驚い  あたしは、驚い  船頭も驚い  上へ、驚い  のでも驚い  中を探して驚い  ものに行き会ったので、驚い  それよりも驚い  河童もやはり驚い  ゲエルは驚い  ラップはよほど驚い  発狂したかと思い、驚い  ラツプは余程驚い  発狂したかと思ひ、驚い  顔を蒼くして驚い  叫びをあげるほど驚い  ペンをとり落したほど驚い  血に驚い  兼六公園で驚い  影を見て驚い  彼女はふと驚い  為めに驚い  ホクロは驚い  のを読んで、驚い  誰やらも驚い  三四郎は驚い  上にすわって、少なからず驚い  東京で驚い  ちんちん鳴るので驚い  人間が乗ったり降りたりするので驚い  丸の内で驚い  三四郎はまったく驚い  性質において大いに驚い  三四郎は大いに驚い  鑑賞力に少々驚い  午砲が鳴ったんで驚い  三四郎も驚い  三四郎が驚い  ほうはかえって驚い  それを一どきにかき回して、驚い  礼をされて驚い  三四郎は少し驚い  相違に驚い  ところへ曲がって、曲がりなりに太くなってゆくので、少し驚い  顔は驚い  美禰子は、驚い  質問するかと驚い  よし子が驚い  違いないと思い込んで、驚い  三四郎はまた驚い  いふよりも、寧ろ驚い  処とは思はないでせう、来てみて驚い  奥さん、と言ったのに、驚い  口からたった今聞いて驚い  甚内も驚い  姿を見ると、わざとらしく驚い  波動したのに、聊か驚い  あなたは驚い  母親は驚い  些なからず驚い  相手がわからないでいるばかりでなく、ただ無暗に驚い  支配人も驚い  熱海検事はいよいよ驚い  剣幕に驚い  人たちは驚い  ストーン氏は驚い  刑事も驚い  まともに嗅がされたには驚い  襖をあけますと、驚い  のに気がついて少し驚い  のだろうと云って、驚い  秀麿は驚い  彼女と気がついて、驚い  めぐり逢いに驚い  表面は驚い  蛍の驚い  ように、驚い  それから更に驚い  時は、かなり驚い  方に、驚い  暮れかかっているので、驚い  ケーは驚い  問いにすくなからず驚い  婦人を一目みて、どんなに驚い  妾は驚い  お手伝いさんから聞くと、驚い  夢かとばかりに驚い  妾も驚い  時に、また驚い  話には驚い  中尉は驚い  自分で驚い  異は驚い  さわの、どんなに驚い  一匹が驚い  火元を知ると、いささか驚い  旅人は、驚い  雪は驚い  速力に驚い  二十三年前には大そう驚い  知らせで驚い  ことに気づいて驚い  波をかぶって、驚い  呼びかけにまだ驚い  カルルが驚い  男はあっと驚い  紛失に驚い  ちょッと驚い  つて来た、驚い  女装が驚い  ところへ行って驚い  芝居には驚い  小林君は驚い  河が見えないので驚い  三左衛門が驚い  金之助は驚い  酒も飲まないのにと、驚い  突込こんだが、驚い  処のないほど、驚い  子は驚い  時局柄不都合であると言って、あれよあれよと驚い  オルガンティノは驚い  何事に驚い  タヌキは驚い  気持でむっくり起き上ってみると、驚い  稲田仙太郎も共に驚い  お里は驚い  そうなほど驚い  方がなお驚い  事に驚い  はいくらか驚い  電灯をつけると、驚い  硝子を割ったので、驚い  木村さんは驚い  僕の驚い  我を忘れるくらい驚い  弁護士は言うに言われぬほど驚い  狂いはしまいかと驚い  気がふれるほど驚い  時ほど驚い  服装に驚い  意地悪るには驚い  意久地なしには驚い  政宗に会って見て驚い  から大に驚い  報に驚い  れいなぞ踏まえて、驚い  達子が驚い  顔をしてゐれども、多少は驚い  何ともそとのさわぎがひどいので出て見て驚い  写真では知っていたが、入ってまず驚い  蚊軍に驚い  佐代子はとび上って驚い  あたし、驚い  うわさを聞いて、驚い  山口自身で最も驚い  カラスキー氏は、大して驚い  何か知ら驚い  宗さんの食べるには驚い  のを見て、驚い  三吉さんも驚い  姉は驚い  丈夫さに驚い  時は驚い  歩いてると、驚い  言を聞いて、驚い  気がして驚い  幾たびか驚い  むささびが吠えたほど驚い  うまい装をして、驚い  悪者は驚い  此処で巡り逢おうとはハア実に驚い  馬の驚い  はい、驚い  人切り包丁に驚い  えいは驚い  刄の光りに驚い  声を立てるに驚い  八右衞門は驚い  ア大いに驚い  者は驚い  災禍に驚い  皆呆れたほど驚い  来訪者は驚い  家でしたが、驚い  愕然として驚い  大袈裟に驚い  運転手は驚い  さんがあっと驚い  顔を見ながら驚い  必と驚い  眼を開いて、驚い  ペテロはすつかり驚い  一同はひどく驚い  私に驚い  のを見て、ひどく驚い  のか、と驚い  方も驚い  私を眺めて、ひどく驚い  方も、すっかり驚い  不思議そうに驚い  彼はとても驚い  皮膚がまるで見えないので驚い  彼等は驚い  ホーキン氏は驚い  中がカッと明るく輝いたので、驚い  それより一層驚い  ホーキン氏も驚いたが、一層驚い  紋太夫は驚い  日出夫も驚い  ジョンは驚い  子規居士は驚い  孑孑が驚い  孑孑の驚い  居士は少し驚い  時には少し驚い  叫喚に驚い  仁兵衛は驚い  清三が驚い  俺が驚い  みどりは驚い  相手は驚い  お金の包み、まあ驚い  浜は驚い  知らない娘の驚い  目を円くして驚い  二人とも驚い  與力どもは、あつと驚い  聲に驚い  命知らずには驚い  少年らも驚い  味方も驚い  騒ぎに驚い  豊は驚い  伯父は思いがけなく驚い  五月人形ほどになり、速い、速いと驚い  七兵衛も驚い  弾丸に驚い  豊さん、驚い  襲撃に驚い  伸子が驚い  伸子は驚い  ような、驚い  伸子は、驚い  土が盛り上っていて、驚い  亢奮に驚い  冤罪に驚い  身動きもせず、驚い  自分は呆れて驚い  自分も全く驚い  玄関から一歩踏み出してみて、そうして驚い  赤蜻蛉が、驚い  僕自身が驚い  遠慮に、さも驚い  最初は驚い  最初は只驚い  猪飼奴さすがに驚い  芽ざして来ているらしく感じて、はっと驚い  時、はっと驚い  様子を見て驚い  泣声に驚い  あれには驚い  牛馬が驚い  米友が何故に驚い  のだから、驚い  屋根から転び落つるほどに驚い  別に怪我もねえが、ずいぶん驚い  兵馬も驚い  小鳥は驚い  特に晩成先生の驚い  噐氏はまた驚い  大器氏は又驚い  船長も驚い  のに驚いたが、驚い  君の驚い  米友の驚い  光景に驚い  今頃は驚い  長女もいささか驚い  ことにひどく驚い  火の手に驚い  吉田は少なからず驚い  がんりきは驚い  亭主が驚い  すっぽんもずいぶん驚い  潮沫で驚い  中を見ると、驚い  油斷がならないな、と驚い  もう一度私は驚い  傘で敲いて驚い  タヌは驚い  老婆が驚い  上陸して見て、更に驚い  油断がならないな、と驚い  口上言いが驚い  火には驚い  娘は実に驚い  何物にか驚い  何事にかひどく驚い  ぼくだって、驚い  充分に驚い  先生が驚い  筋を伺うと、いよいよ驚い  から駕籠屋も驚い  絹が驚い  角が驚い  奇遇には驚い  私を驚い  手紙に驚い  私がはっと驚い  役人も実は驚い  がんりきも驚い  弥助もいよいよ驚い  私は少なからず驚い  彼も少なからず驚い  こだまは、驚い  様子を、驚い  恰好をしているので驚い  声をかけられると、アッと驚い  私達の驚い  皆うまいので驚い  皆多少は驚い  樣子を、驚い  ひばりは、驚い  赤ん坊を取り落すかと思ふほど、驚い  はじめて気がついて驚い  こだまは驚い  様子を驚い  銀様は驚い  銀様は、また驚い  犬には驚い  婦人を見て驚い  シュザンヌは驚い  判事は驚い  ガニマールは驚い  ガニマールとは驚い  判事は飛び上って驚い  帰りも待たず、驚い  のに気づいて驚い  道へ出ると驚い  答えを聞いてはっと驚い  ボートルレは全く驚い  バルメラ男爵に縋ろうとしてふと見ると、驚い  博士に組みつき、驚い  絵を見て驚い  魚は驚い  ボートルレも驚い  ことと驚い  のを驚い  回診に驚い  はじめて知って驚い  露子さんは驚い  夢かとばかり驚い  方へ、同時に驚い  仰山に驚い  博士は驚い  銀様の驚い  銀様が驚い  娘も驚い  いま知って驚い  お松は驚い  人達も驚い  相手も驚い  水禽に驚い  二度目に驚い  人気に驚い  同様に驚い  言葉には驚い  んと驚い  喬介も一寸驚い  九兵衛は驚い  煙草が高いので驚い  老婆は驚い  不得要領に驚い  出来事を聞いて驚い  座敷へ通ってまず驚い  はずであったけれども、あまりに驚い  寄宿生たちが驚い  体力には驚い  火事は驚い  連中が、驚い  米友も驚い  浪士も驚い  按摩は驚い  女弟子の驚い  私がいちいち驚い  何を驚い  原田は少なからず驚い  電柱があり、なんと言っても驚い  ヨシオはかなり驚い  ときには、かなり驚い  ときは、かなり驚い  一番、驚い  朝になってみると又、驚い  問題としないで、わざと驚い  であるから、実に驚い  掃部はいよいよ驚い  番頭は驚い  風にも驚い  ききめに驚い  伊沢は飛び上るほど驚い  手を触ってみると、もはや冷たくなっていたので、アッと驚い  署長は驚い  肝に銘じて驚い  ことにも驚い  突出し、驚い  お父さんについて来られましたね、と驚い  胆に命じて驚い  みんなは、驚い  杏丸は驚い  積博士は、驚い  語尾を引いて驚い  大声に驚い  隊長は驚い  君も驚い  言へぬが驚い  んですかと、驚い  兵隊も、驚い  來て、驚い  女はハッと驚い  のを見て、その驚い  ちゃんと知っているには驚い  不意撃に驚い  余心中ひそかに驚い  お父さんも、驚い  話を聞いて驚い  チヤント知つて居るには驚い  利溌さに驚い  人も随分驚い  妻君も驚い  心臓が停まるほど驚い  原へ行って見ますと、驚い  後藤氏も実に驚い  売価を附けたので驚い  ほうがかえって驚い  ものを見て、驚い  火がついたほどに驚い  佐伯氏は、驚い  智恵には驚い  全部計算してみて驚い  おおげさに驚い  手紙を見て、驚い  験しがなかつたので、驚い  洋吉氏も驚い  言葉には少からず驚い  私達は、驚い  米友が驚い  不意に起こされたので、驚い  とき、ひじょうに驚い  明らかに驚い  ほうが驚い  様子を初めて見て、驚い  少年が驚い  叔孫は一層驚い  ことを知り、驚い  竹内も驚い  一人が驚い  母から電報が来ました、驚い  秘義に驚い  医者も驚い  のだね、驚い  お礼に驚い  請求したが、驚い  知つて誠に驚い  部長はひどく驚い  姿を見つけて驚い  何時でも驚い  蔦子は更に驚い  包みを貰って驚い  詩を読んで驚い  時節柄ですから、ずいぶん驚い  邂逅に驚い  雪が驚い  吉が驚い  吉の驚い  靜かさに驚い  響きに驚い  ちよいと驚い  中の人を見て、驚い  時に、再び驚い  これを聞いて驚い  さを、いまさら驚い  人間に驚い  激変に驚い  犬以上にも驚い  酔に驚い  窪田が訪ねて行って見ると、驚い  意外なのに少し驚い  父であったので尚更驚い  孔生は驚い  西原氏は驚い  これには聊か驚い  見出して驚い  私共が驚い  渡辺刑事は驚い  主任が驚い  石子刑事も驚い  眼を落とすとあっと驚い  岸本はあっと驚い  顔を見るとあっと驚い  石子刑事は驚い  岸本は驚い  浅田は驚い  大島主任は驚い  ちょっ、そう驚い  何事ぞと驚い  石子は驚い  根岸は驚い  支倉は驚い  罪状を聞かされて、只あきれて驚い  言葉にはっと驚い  静子は驚い  裏を返すと驚い  看守は驚い  馬が驚い  新馬浪岡は驚い  浪岡は驚い  そこに驚い  服に驚い  わたしが驚い  闖入に驚い  お松も驚い  権十の驚い  白雲はいよいよ驚い  商売上手には、驚い  ように驚いたけれども、その驚い  ホホホ、驚い  者は、驚い  彼女は、それほど驚い  輕く驚い  つたには驚い  西郷さんは驚い  妙達は驚い  命拾いに、驚い  のを知って驚い  大事に驚い  右馬介は、驚い  っぱなしにして驚い  勇気に驚い  渾身から驚い  勢さんが重ねて驚い  勢も初めて驚い  人心地を失うほどに驚い  横目に見て、驚い  道庵が、いよいよ驚い  仏頂寺弥助が驚い  昼飯に帰ってみると、驚い  羽搏きの音が聞えたので驚い  ヤアこれは驚い  今更の如く驚い  赤星刑事ですよって云われて驚い  立松は驚い  小袋をしっかりと縛りつけたので、一層驚い  わたくしが驚い  聖尋が、いかに驚い  ちょっと色をなしたが、しかし驚い  正直に驚い  仰せに驚い  動物は驚い  程に驚い  兵馬は驚い  位いに驚い  正確なので驚い  柄にねばりついて離れぬので驚い  不安になっただけで大して驚い  二人、驚い  すべてに対して驚い  あとは只驚い  パートナーは驚い  仁科六郎は驚い  眼のまえに見て少なからず驚い  べつに驚い  ばったが驚い  まり思いがけなかったので驚い  ドーしたの、こりゃ驚い  寺で驚い  何うも本当に驚い  雷鳴に遭って驚い  りゅうには驚い  葉がざわつくと驚い  女伴は驚い  上へ滑り落されて、驚い  ひそかに驚い  私は勿論ひどく驚い  つて來たので、驚い  心もちは、驚い  耳にしたが、驚い  道誉は驚い  馬は驚い  鳥獣は驚い  心底から驚い  者が、あっと驚い  人があったら、かえって驚い  紳士は、驚い  火勢には驚い  やつあ、驚い  縁に出ると、驚い  感歎したり驚い  源太郎は、驚い  三円七十銭という驚い  人々は、驚い  奇遇に驚い  絆を感じて驚い  発狂するほど驚い  彼の驚い  番頭ものけ反るほど驚い  仕事師だったが、驚い  らはいよいよ驚い  端に出て驚い  跫音に驚い  ユダはすっかり驚い  のを見かけて、どんなに驚い  和田にしちゃあ驚い  道誉がまず驚い  うちに驚い  バルタザアルは少し驚い  主人は驚い  主人が驚い  菊地市長いよいよ驚い  彼奴め、驚い  底から驚い  これには少々驚い  急行列車に乗込むと、又驚い  これあ驚い  形に驚い  地面について、驚い  私は実際驚い  富子がアッと驚い  最上清人も驚い  声、驚い  上にも驚い  詞に驚い  事を始めて気づいて驚い  智に驚い  ゲオルクは驚い  人馬に驚い  太郎は驚い  興哥は驚い  周平は驚い  ために驚い  周平は一寸覗いてみて驚い  彼が更に驚い  自分自身が、驚い  鯨をつかまえたほどに驚い  妓たちは来てみて驚い  千種忠顕以下、たれもが驚い  耳を疑うほど驚い  顫えるほどに驚い  坊さんは、驚い  やみくもに驚い  方がかえっててばなしになって、驚い  色を変えて驚い  駒井が驚い  二人が驚い  久我も驚い  手の甲を指すと、驚い  乾はわざと驚い  眼をまるくして驚い  腰のぬけるほど驚い  娘は驚い  女房はすこし驚い  時には驚い  一人で平らげたと驚い  駒はいたく驚い  祝砲に驚い  んですよ、驚い  仰山らしく驚い  報らせてやると、かれも驚い  ぬかすほどに驚い  六三郎も驚い  彼はいよいよ驚い  指令に驚い  ギョッと驚い  ものは驚い  しかも驚い  団員はハッと驚い  豊もすこし驚い  腰がぬけるほどに驚い  俄かに驚い  安吉も今更はっと驚い  幽霊を見たよりも驚い  黒崎はいよいよ驚い  叔母さんも驚い  奴があって、よくよくあらためて見ると、また驚い  おれも驚い  みんなも驚い  二人はすこし驚い  雲水は驚い  僥倖に、かえって驚い  正成は驚い  武敏は驚い  兵力をみて驚い  奴があるので、驚い  おまんも驚い  光は驚い  長助も一旦は驚い  かい缶を送って来たので驚い  話に、驚い  町長が驚い  奴を思いきり打ちのめして、さすがに驚い  お爺さん、驚い  兵馬としては、驚い  わたくしは初めてですから、まったく驚い  無限に驚い  食つて焼酎をのんでゐるから、驚い  彼はふるえ上がるほどに驚い  書置を見せられて驚い  与兵衛らはひどく驚い  わが子を殺されて驚い  女はあっと驚い  下男はいよいよ驚い  手足に降りかかったので、きゃっと驚い  弥兵衛が帰って来て、さすがに驚い  蒼になって驚い  二人はいよいよ驚い  大吉も一旦は驚い  七を見て驚い  福は驚い  白状によると、まだ驚い  吾八は驚い  わたくしも驚い  者はいよいよ驚い  あすこに置いてあるので驚い  菊子はたまげるばかり驚い  統計を見て、まったく驚い  賀川市長もまったく驚い  これを見てまったく驚い  敏速なのに、実際驚い  市長もまったく驚い  雀が驚い  俺もほんとに驚い  言説には驚い  市長も驚い  賀川市長も驚い  大尉は驚い  わたしも少し驚い  噂を知っているらしく、ひどく驚い  七もいささか驚い  原籍を調べたら驚い  筆先に驚い  定吉はいよいよ驚い  彼もまた驚い  万力はあっと驚い  美貌にまず驚い  与惣次を見て驚い  おっかさんも驚い  鐘の音に、初めて驚い  藤吉、驚い  親分、驚い  夕闇に驚い  かばだから、驚い  吉五郎も少しく驚い  裸で来たの、驚い  三人は驚い  もんだ、驚い  助が、驚い  夜半放火されて驚い  職充も驚い  飛上るほど驚い  かめよは驚い  言つて、驚い  とき愕然として驚い  関係を調べてあるが、驚い  余り手際が良いので実は少々驚い  自分も驚い  腹を立てるよりも、ただ驚い  何を見て驚い  人物が、と驚い  爆音を立てると、さすがに驚い  のかと、驚い  なかったので驚い  考を聞いて見て驚い  一番に驚い  保名が驚い  狐は驚い  右衛門が驚い  保名は驚い  余は驚い  余も驚い  子供が、驚い  彼はことごとく驚い  人影が近づくと驚い  衝と反らしながら、驚い  勢に驚い  技師はちょいと驚い  貌を見ると更に驚い  殺気に驚い  ものでしょう、といわれたには驚い  三橋に出ると驚い  答えであって、驚い  行つてみると、驚い  叫声をきいたので、驚い  音をきいて驚い  ことをしてしまったと驚い  乘り込むと驚い  記事を見て全く驚い  人間は少くともすっかり驚い  そこで驚い  時まず驚い  次に驚い  有り様を見て、驚い  事実を信じて、驚い  出来事にも驚い  実隆大いに驚い  のに少し驚い  雲気に驚い  卓子をドンと打つ、驚い  久子は驚い  顔を見せたが、驚い  太刀を精しく見て驚い  法師は驚い  船頭は驚い  御馳走を見て驚い  何も云わなければ驚い  顔を見ると驚い  光に驚い  気配に驚い  んですって、驚い  僕も少なからず驚い  おかみさんは驚い  父は驚い  目をさまして驚い  個性なのには驚い  ものだとは驚い  渉って来たと聞いて驚い  親友は驚い  娘が驚い  乳母が驚い  義直は驚い  了ったので、更に驚い  私は大いに驚い  挿絵を見て驚い  所で、驚い  だれも驚い  彼女自身が驚い  姿が突然現われたのにひどく驚い  人々はさぞ驚い  時は、はっと驚い  彼はほんとに驚い  時私ははっと驚い  寝返りをうって驚い  苗字をしているので驚い  彼女はさすがに驚い  クルクル眼を廻して、驚い  ものですから、驚い  田螺に驚い  不意を打たれて驚い  与次郎はハッと驚い  与次郎が驚い  人を見ると驚い  秀吉はそう聞くと甚だ驚い  猟師が驚い  部屋に飛び込んで見ると驚い  顔を見ると、驚い  息が止まるかと思うほど驚い  本庄は驚い  ミミーは驚い  道が有るので驚い  物音がしたので驚い  これはまた余りに穢いので驚い  観衆は驚い  細君がよ、すると驚い  わしや驚い  様子に初めて驚い  人々も、なんら驚い  変化に驚い  今更に驚い  糸を切られて、驚い  他人ではなくなって、驚い  雪は、突然驚い  島野は一目見て驚い  島野は驚い  彼はひどく驚い  トレヴォ氏は驚い  話をきいて、全く驚い  どこへか攫って行こうとするらしいので、かれも初めて驚い  西山が驚い  ベルセネフは驚い  クラネクは驚い  ローゼン家では驚い  一人残らず飛び上がらんばかりに驚い  行成、驚い  死に驚い  白木は驚い  少佐はハッと驚い  水で驚い  梶は驚い  自分が驚い  こいつアどうも驚い  男は酷く驚い  無謀に驚い  鷹も驚い  急報に驚い  津吉が驚い  常さんは、驚い  半田屋九兵衛これには驚い  それにも増して驚い  たかと驚い  漁師は驚い  様に驚い  有様に驚い  三人が驚い  門札を見ると、驚い  月あかりに透かしてみると驚い  住の驚い  広次は唯驚い  誘惑は驚い  のは当然であり、驚い  悪食連も驚い  平治が多少驚い  者が驚い  ジロリと見たが、その次に、アッと驚い  水馴棹を取落さぬばかりに驚い  こなたの驚い  観念をもって驚い  上で驚い  章一は驚い  百姓たちは驚い  子供達が、驚い  僕達を見ると、少し驚い  自分自身でも驚い  ことをすると、驚い  処が驚い  大変に驚い  彼女は、やがて驚い  善事とは驚い  コンスタンチーノヴナは驚い  ブレーキがないので驚い  彼女は全く驚い  のか驚い  彼女に驚い  身震いとに恐れ驚い  時非常に驚い  責任があるかどうか、驚い  クリストフは疲れまた驚い  御者は驚い  びっくり我れに返って、驚い  鳩が、驚い  それからさも驚い  はいに驚い  手術と聞いてすこし驚い  わたしたちが驚い  足の速いにも驚い  活発さに驚い  クリストフは驚い  青年を、驚い  ぼんやりしていたが、驚い  態度に驚い  クリストフは多少驚い  クリストフは見て取って驚い  唯物主義にすこぶる驚い  心を見出して驚い  正直さを見て驚い  彼自身でも驚い  のですか、驚い  たかと、ほんとに驚い  のかなと驚い  これも驚い  騒動で驚い  介は、驚い  気軽に訪ねて来られたので、さすがに驚い  これはとばかり驚い  アッハハ、驚い  松は驚い  見聞して、驚い  俺は少し驚い  声音に驚い  真っ先に驚い  大なるに驚い  成り行きにただ驚い  浩が驚い  主婦は驚い  妙子は驚い  力に驚い  大納言家では驚い  姫君は驚い  気根のおおいなるに驚い  封を切ってみると、驚い  そのまま結晶してしまいはしないかと思われるほど驚い  維持しながらきっとなって、しかし少なからず驚い  両親は驚い  女房が驚い  大臣は驚い  私はあんな驚い  数等美味かったので驚い  明石の君は驚い  右衛門佐は驚い  彼は、驚い  大臣が驚い  きれいなのに驚い  であるから、驚い  世間は驚い  人たちの驚い  尼さんは言ったが、驚い  源松が驚い  母が驚い  玉鬘は驚い  人がさも驚い  全部を聞いて驚い  中将は驚い  源氏は驚い  おできばえに驚い  明石は驚い  窮乏に驚い  彼がことに驚い  彼は聞かされたら定めし驚い  ほうはさらに驚い  ことにも、やはり同じく驚い  みずからいたく驚い  博覧に驚い  水夫はひどく驚い  途中で驚い  親王がたも驚い  ために、驚い  ことが起こったかと驚い  衛門督は驚い  皆、驚い  院は驚い  女房は驚い  ことになってはならぬと驚い  あたし、あッと驚い  においに驚い  源内先生は驚い  存在しないに驚い  ものだと驚い  門をくぐると、驚い  噂に驚い  おしらせを聞くとすぐに、驚い  女性として認め、かつ驚い  名声に驚い  者に出会って驚い  クリストフを見て驚い  のを見てたいへん驚い  ちの変化に驚い  見出してたいへん驚い  彼はたいへん驚い  唸りが起つてきたので、驚い  楽屋は驚い  高貴さに驚い  お姫様は驚い  報告するとはっと驚い  荒武者どもも驚い  驚きもするけれども、驚い  こちらが驚い  決心を持っておられるには驚い  馬吉は驚い  ことができないほど驚い  仲信が言ったので、驚い  時に、驚い  浮舟を見て驚い  宮は驚い  国だと驚い  豚で驚い  村人が驚い  一頭物に驚い  私達も驚い  お話から承知し、驚い  菊千代は驚い  士は驚い  心に驚い  水音に驚い  慄立てて驚い  吸ひ出してくれたにや驚い  子もあるし、驚い  言葉に些か驚い  連て来たなれば定めし驚い  試験場に来てみると驚い  奴、驚い  静寂に驚い  ことを言い出し、驚い  牛は驚い  わたしは又驚い  兎に角己は驚い  喧嘩騒ぎに驚い  高めもせず、驚い  頭上に驚い  人はかなり驚い  後に、驚い  ジョン爺もまったくもって嬉しいが驚い  それに、驚い  呼吸が止ったかと思うほど、驚い  耳を疑つたが、驚い  のを見ても一向に驚い  なにに驚い  ものかと驚い  持前として驚い  話に驚い  それを見て、驚い  工場に入って驚い  伴さんも驚い  自分自身にふと気づいて驚い  クリストフははっと驚い  息がつまるほど驚い  オ、驚い  十は驚い  犬は驚い  父親は驚い  李一は驚い  不思議なのに驚い  ようにはっと驚い  己ながら驚い  殺風景だなあ、と驚い  訪客に驚い  谷は驚い  山本は驚い  蓉子は驚い  お前は驚い  手を放して驚い  それはと驚い  心に頗る驚い  願い候神崎朝田大友様とあるので、驚い  河野は一寸驚い  知らせを聞いて驚い  鑛業者は驚い  目を開けてみて、どんなに驚い  どんなにか驚い  身に感じたので、驚い  甲谷は驚い  神さん少し驚い  時田は驚い  愕然と驚い  相談も受けず、更に驚い  結論に驚い  さにさらに驚い  大変不思議に感じて驚い  僕は、驚い  張一滄は驚い  神が驚い  御覧なさると、驚い  ブル犬は驚い  根本行輔は驚い  それは実に驚い  それと聞いて、驚い  押出されて、更に驚い  物売りはさすがに驚い  中田最高裁長官も驚い  ことになって、まったく、驚い  涙に驚い  行つたので、驚い  説明してやると驚い  こっちが驚い  のを見つけて驚い  直は驚い  熱心なのに、驚い  眼をむいて驚い  当人も驚い  三好は驚い  総司は、さも驚い  総司は、いよいよ驚い  声がしたので、驚い  金は驚い  金はひどく驚い  庚娘は驚い  乃木少佐は驚い  不意に驚い  ルンペン君は驚い  秋君よ、驚い  ほうへ、驚い  森本は驚い  御覧になって、それで、驚い  声をかけられたので、驚い  康雄は驚い  古泉堂へ行きますと、驚い  この声に驚い  みつ子は驚い  これに驚い  スピードには驚い  光代は驚い  時に呼んだらば、すぐ驚い  計算に驚い  女給が、驚い  ことを言い出しても、驚い  腰を抜かさんばかりに驚い  遁れ得たら太く驚い  蛙がさして、驚い  一碗を易えて来る、驚い  歩哨は驚い  乗馬これを見、驚い  豚吉は驚い  それから、驚い  アア、驚い  姿を見て驚い  人々はいよいよ驚い  誰もかれも驚い  感心して驚い  ひと目見てあっと驚い  しろから覗こうとして驚い  清治も驚い  兼輔はすこし驚い  声も出ないほどに驚い  僕は少し驚い  役人が、驚い  誰よりも驚い  ものかなと、驚い  生活にも驚い  師匠が驚い  私が、驚い  駅を降りると、驚い  悪寒をおぼえ、驚い  ぶんでも驚い  あらと驚い  あんたは驚い  べつにたいして驚い  わたしも驚い  高が驚い  見物しはじめたが、やがて気がついて驚い  吉は少なからず驚い  大げさに驚い  主だけか、と驚い  記者も驚い  亜細亜新聞にはまったく驚い  一同ふりむき、驚い  探偵から委細を聞き取ったが、さほど驚い  人々はあッとばかりに驚い  とき私は全く驚い  雜沓を、驚い  内心尠からず驚い  受取つて、さて、読んでみると、驚い  野村は驚い  わたしの最も驚い  中を見てどんなにか驚い  啓介は驚い  姿を見て、驚い  姿を見て更に驚い  信子は驚い  ことに気がついて、驚い  校長先生は別段驚い  誰彼れは驚い  夫人も驚い  私は再び驚い  それが解らぬとは驚い  これはいよいよ驚い  口にして見て驚い  漁師たちも驚い  僕もすこし驚い  僕はいよいよ驚い  みんなもまた驚い  おしゃべりに引きかえて、驚い  ときには驚い  體なく驚い  われながら可笑しいが、とにかくに驚い  爪先に這入り込んでゐて大いに驚い  ところが登りかけて見て少なからず驚い  姿に驚い  石段を覗いて見て驚い  云つて爺さんひどく驚い  つて出外れて見て驚い  笑聲に驚い  賑ひとを見て驚い  俊寛様は驚い  無鉄砲に驚い  一知は全く驚い  縁が加わるので、驚い  広義は驚い  広義はまた驚い  巳は驚い  七は驚い  双方とも驚い  住職の驚い  監物が驚い  内心では少からず驚い  無知に驚い  のと騒いでいるから驚い  吾ながら驚い  自分らを見て、驚い  自分も少々驚い  話が纏まってしまうには驚い  居眠りからはっと驚い  土間へ降りかけたには驚い  視覚をたしかめたいくらい驚い  二階を見渡すと驚い  内心では大いに驚い  自分は少からず驚い  んで驚い  何遍となく聞かせられて驚い  さんが見えないには驚い  これには少し驚い  別にこれと云って驚い  意外に大きかったので驚い  岩場にぶつかって驚い  努力には驚い  予定だといったら少なからず驚い  助役さんからそれを聞き、ほんとに驚い  之進は驚い  愉快になり、わざと驚い  はいたものの、驚い  我々は驚い  前途を遮られて、驚い  私は寧ろ驚い  はじめてあたりを見て驚い  草は驚い  それを驚い  フローラは驚い  紅琴は驚い  健脚に驚い  騒ぎだ、驚い  小倉にいわれて驚い  それが分ったんで、驚い  婦人は驚い  俗縁は驚い  従兄の驚い  将校は驚い  是れには驚い  生は驚い  大隅理学士が驚い  震動に驚い  味噌汁には驚い  わたしはいよいよ驚い  わたしに驚い  のを聞くと、飛び立つばかりに驚い  セエラは驚い  パン屑を投げられると、驚い  先生はどんなに驚い  豊富さに驚い  冗談ひとつ云わない驚い  俺は驚い  何かひどく驚い  二人の驚い  翌日とは驚い  烏が驚い  顔をして驚い  電話に驚い  節もありませんので唯、驚い  ッとして驚い  用意してあったと言って驚い  はずあつと驚い  騷ぎに驚い  つたのかえ、驚い  頃夜中なにかに驚い  私は、なお一層驚い  ッははは、だいぶ驚い  それからアッと驚い  言葉忙しく、驚い  時には、いよいよ驚い  楼主は驚い  そうに、幾分驚い  光が驚い  熱情に驚い  平一郎を指して言い出したので少し驚い  爺が驚い  別にそう驚い  空虚に驚い  しかし、驚い  足ざわりなどから察すると、驚い  弟は驚い  塾生が見て驚い  のを観て、驚い  のを見つけて、ひどく驚い  人たちがたいへん驚い  のには、驚い  返事には驚い  手ぎわには驚い  のは驚い  禮には驚い  鋭さに驚い  額を外すと、驚い  中へ着いたので驚い  提灯とは驚い  光に、驚い  蜘蛛に驚い  狡猾さに驚い  声を立てて驚い  から子供心にも時々驚い  金が出ないので驚い  田之助あまりにまづくて驚い  声が出なくなったので驚い  さには驚い  一泊八円もとるには又驚い  馬を見、驚い  調子やってるので、驚い  秋安は驚い  んだと、余計驚い  少年は、驚い  顔見合せて驚い  ぐりかえるほど驚い  七人も驚い  泣聲に驚い  殊に一度驚い  叫び声に驚い  左門はまたも驚い  寝言に驚い  遭遇って実に驚い  騒擾とに驚い  眼を開けて、驚い  私たちも驚い  まさかり南瓜だ、驚い  疑心深く、驚い  アと驚い  お爺さんには驚い  素麺式に扱いてゆくだけであるので驚い  犬は、驚い  告白に驚い  さく子はちよつと驚い  払はれて驚い  友人のひとしく認めて驚い  だちょうは驚い  ブランドは驚い  教へられて驚い  政治的精神は驚い  アツと驚い  私は実に驚い  わしは驚い  巻ぞえを食って驚い  はじめて気がつき、驚い  りょうしは驚い  帝も驚い  懐中から転げ出したので、驚い  変遷に驚い  冉はすこし驚い  怪物も驚い  通りであるので、驚い  舅に食わせたので、驚い  舌をまいて驚い  人びとはすこしく驚い  迎いに出て来て、ひどく驚い  云ふのでさすがに驚い  ひと目みて驚い  周はいよいよ驚い  俳優はあっと驚い  唐子は驚い  知つて僕は全く驚い  のしさに驚い  柳は驚い  事から始まるかも知れないから、けっして驚い  笠をぶっつけ、驚い  白刃をふりかぶったので驚い  葉に驚い  川舟は驚い  やり方には勿論、驚い  口うらに驚い  ものが驚い  加十は驚い  報告によって驚い  君だってちっとは驚い  宗皇帝に逢って、驚い  奇縁に驚い  大手筋連中もアッと驚い  王様も驚い  発見して、驚い  足を踏み外さんばかりに驚い  氣絶せんばかりに驚い  はじめて彼を見て驚い  相手は、驚い  鼻を打ったのに、驚い  救いに驚い  方では驚い  やうに又驚い  文造は驚い  唐突に驚い  のは、驚い  はじめて気がついてね、見ると驚い  中に、驚い  読破してゐるので驚い  哲学者であったには驚い  客は驚い  順造は飛び上らんばかりに驚い  長者は驚い  私も少し驚い  さに、わざと驚い  百合が咲き乱れていたので驚い  智慧に、驚い  直子は驚い  啓子は心から驚い  啓子さんは、驚い  音で驚い  以上に驚い  芸当をやらせ続けたが、どうしても死なないので驚い  お客が驚い  押開くと驚い  吾輩が驚い  始めは驚い  きよろりと驚い  さに、驚い  樽野は驚い  代名詞だけで驚い  行つて見ると、驚い  餘りにひどく驚い  サイラスは驚い  アパートを出ながら、驚い  自動車に驚い  共食いには、驚い  何を見、そうして驚い  二寸位は離れているが、驚い  有様なぞを見て驚い  理学者も驚い  確かに驚い  酋長は驚い  母親はそんなに大して驚い  清野は驚い  段になって驚い  気になれないくらい驚い  言葉を使ったには驚い  言葉を考え出しては驚い  変化しているには驚い  言ひけるに、驚い  肇は小さくうなずいた、そして驚い  異臭に驚い  我輩は、驚い  ツと驚い  粕谷は驚い  素子は、驚い  ものに、驚い  酒にのまれているだろうと驚い  記者は驚い  発見し、驚い  変死と聞いて少からず驚い  のだと云ってついて来ているので、少からず驚い  声は驚い  杜陽は驚い  それを読んで見て驚い  研究なので驚い  君、驚い  人々も驚い  真青になって驚い  皆心から驚い  方を引っくりかえして見ると又驚い  これも何故だか余程驚い  空籠を見付けて、驚い  白馬が驚い  眼の光りに驚い  姿を見付けて、驚い  美留藻は驚い  最前ならば驚い  乗り方に驚い  紅矢は驚い  問いを受けると又ハッと驚い  行いに驚い  皆が怪しみ驚いたよりもずっと驚い  一目見ると、ハッとばかりに驚い  御言葉に驚い  青眼先生はハッと驚い  馬は益々驚い  ウラジロキンバイが多いと、指して驚い  素性を知って驚い  肩越しに驚い  ゾッキ毛糸だと驚い  燃え上る、驚い  火花を散し、驚い  目について驚い  高価以上に驚い  これにもまた驚い  白が驚い  子供たちは驚い  豊潤に驚い  鶏鳴あかつきを告げたので、大いに驚い  使いは驚い  砂糖商は驚い  問屋も驚い  調査して驚い  ゃっと声をあげたかも知れないほどに驚い  家臣が驚い  障子を引きあけてみて驚い  ケリルは驚い  余り唐突なのに驚い  学士が驚い  笑声に驚い  房は驚い  便利に驚い  平三は一寸驚い  心で驚い  方へ向いて、そして始めて驚い  旅人以上に驚い  来宮様も驚い  あざやかさに驚い  おしげも驚い  ぐいの多いのに、驚い  莫迦正直に驚い  若い娘を見て、驚い  昂奮したり、驚い  のを見ると、さすがに驚い  刑事はすっかり驚い  刑事は驚い  われにもあらず、驚い  小沢はきいて驚い  鏡を見ると、驚い  通知されて、驚い  ことは驚い  一太は驚い  空屋とは驚い  篁守人、はっはっは、どうじゃ、驚い  体格に驚い  丹三も驚い  これだよ、驚い  何心なく云いかけ、驚い  自分などの驚い  本当ですかと言わなければならぬほど驚い  今、驚い  政子さんは、少し驚い  主人も驚い  下女は驚い  君江はかえって驚い  踏み込み、驚い  腕時計を見ながら、いかにも驚い  芸者はさも驚い  一時に醒めるほど驚い  村岡は驚い  ように、はっと驚い  人に驚い  たきをして見直すと、驚い  口振り顔付きまでも思い出されるので驚い  一つ気の付いて少し驚い  娘たちは驚い  呉葉はわざと驚い  殿は驚い  それには驚い  登子も驚い  襲撃にさも驚い  眼を明けて、そして驚い  そいつをまだ知らんとは驚い  のを、驚い  張達はとびあがらんばかりに驚い  楽手はちょいと驚い  お父さんが驚い  云つて、驚い  室に来ますと、驚い  何んに驚い  山吹は驚い  中へ飛び込んで来たが、すぐ驚い  岩太郎はひどく驚い  牛丸は驚いたが、驚い  一通り読んでしまうと、驚い  老婆も驚い  助は、驚い  気勢に驚い  彼は一層驚い  前私が驚い  湯に驚い  將軍綱吉も驚い  のとに驚い  木だと聞いて驚い  博識たちがあっと驚い  空気に驚い  からドジョウが驚い  おもてなしに驚い  私を乗せてくれるとは、どうも驚い  ことは、驚い  細君は驚い  村長は驚い  あなたがあんまり驚い  これはまったく驚い  口にされると、すっかり驚い  ものに思えたが、それでも驚い  オルガは驚い  バスはいつでも驚い  妹は痛いやら驚い  フリーダは驚い  君が驚い  清三は驚い  出鱈目さに驚い  知らせにいささか驚い  青年は、驚い  ちょっと口が利けないほど、驚い  青年は驚い  ぼんやりしておりましたので、随分驚い  母はぽかんとして驚い  くせにねえ、驚い  出会頭になって、驚い  方でも、驚い  先生がたは驚い  自分は突然驚い  ものが、驚い  山崎は、酷く驚い  俺は全く驚い  それから座敷兼茶の間へ戻ると、驚い  与兵衛は驚い  俊斎様も驚い  その男はひどく驚い  わたしたちは驚い  一度に驚い  縫は驚い  花子さんも驚い  作家は、やや驚い  髪長彦は驚い  立派さにまず驚い  死体を見付けて驚い  フト物音に驚い  心配したというよりむしろ驚い  蒸気船に驚い  嘘ではないかとばかり、驚い  私はひつくり返るばかりに驚い  蜻蛉は驚い  話を聞かされていささか驚い  ほうを驚い  兎が驚い  君はさう驚い  蛙は驚い  水夫達は驚い  連中は驚い  白石は驚い  家族は驚い  三好家では驚い  人のけはひに驚い  此室に来て、驚い  万は驚い  アレと驚い  声をあげたくらいに驚い  それと気がつくと驚い  値段をきいてみて驚い  花は驚い  女は別段驚い  ことは実に驚い  大なるには驚い  目を丸くして驚い  音がするので、驚い  響がして、驚い  三人大いに驚い  時はさぞ驚い  姿が見えるのに、大いに驚い  水夫が驚い  グラフィーラは、ひどく驚い  私もいささか驚い  自殺したとは驚い  話にはひどく驚い  彼女はただ驚い  先づ以て驚い  呀と驚い  只今知らせを受け驚い  言葉に少からず驚い  茶の間に這入って驚い  次郎は驚い  上りはじめて少し驚い  先方が驚い  批評にぶつかって驚い  気もちをかくし、わざと驚い  影法師に驚い  彼女は、驚い  ものは、まあ驚い  善兵衛も驚い  金井君は大いに驚い  娘も、ひどく驚い  非道く驚い  と金で誂えるのに先ず驚い  ようを見て更に驚い  效果に驚い  現象を、どうだ驚い  底から私を見て、さすがに驚い  猫にも驚い  色合いを失いつつあったが、いまや、驚い  ことで、すっかり驚い  皆は驚い  んですなと、驚い  気持ちがして、驚い  しかもその驚い  小さな白鳥は、ただ驚い  んですが、驚い  鼻を見て、驚い  八が驚い  尊名を聞いて初めて驚い  権まくに驚い  おまえは驚い  山霊も驚い  武はひどく驚い  武は驚い  次郎は、しかし、もうちっとも驚い  乱暴さとに驚い  次郎が驚い  歴史的とは驚い  冗談じゃあねえ驚い  九兵衛も驚い  香具師さん、驚い  俺はすっかり驚い  かい、驚い  香具師は驚い  何うも驚い  越前守は驚い  警官は驚い  激痛を訴えたので、驚い  一枝だったので、驚い  照井が驚い  工事には少からず驚い  彼は、はっと驚い  リット少将は驚い  くらくらとするほど驚い  ように思われたので、はっと驚い  うちふるえていたので、驚い  光景を見て驚い  嗤ったが、つと驚い  べつに、驚い  藤次は、驚い  長話とに驚い  千代松とは驚い  つたのに驚い  竹丸は驚い  顏を撫でられ、驚い  者共が驚い  不思議さに先ず驚い  彼らが驚い  もう一度宝鏡先生を訪ねて行ったが、驚い  俊亮は、しかし、いっこうに驚い  郎の驚い  それも大して驚い  人だから、定めし驚い  代りに、ひどく驚い  ッと云って驚い  驚きは驚い  文字を読んだが、少し驚い  叔父は驚い  兎に角余は驚い  聖書を見、驚い  何れほど驚い  静かに落ち着いて居るにも驚い  何者か落ちて来たを知り、驚い  一つ、驚い  甚く驚い  殆ど譬え様の無いほど驚い  何だか悸と驚い  彼は一目見て痛く驚い  秀子は驚い  余が驚い  秘密に一方ならず驚い  根西夫人も少し驚い  度を合せて見直したが実に驚い  余ほど驚い  風呂敷包みを見て驚い  検査官は驚い  陪審員も驚い  養父も驚い  医学士が驚い  今に驚い  名を指されて痛く驚い  余は実に驚い  叔父が痛く驚い  殆ど椅子から飛び離れんとする迄に驚い  ゆえ、驚い  水であったとは驚い  権田時介も驚い  松谷秀子も驚い  婆が驚い  浦は驚い  なかったならば、どんなに驚い  彼女たちは驚い  つもりだったので今更驚い  働きに驚い  手紙を見ると、驚い  現金を見ると、今更ながら驚い  心の驚い  さにも、こんなに驚い  おれは驚い  アシカは驚い  岡は驚い  如何なに驚い  危く真正面からぶつかろうとしたので、驚い  一見すると、驚い  中で余り突然なのに少し驚い  頭に驚い  母は、驚い  計算して見ると、驚い  威嚇して置いて、向ふが驚い  巳之吉は驚い  返事をしなかったので驚い  不意を喰って驚い  女が驚い  廷章は驚い  気が注いて、驚い  南は驚い  僧正坊が覗いたか、と驚い  原著者は驚い  女郎にも驚い  写真屋も驚い  私は新しく驚い  まり冷くなっているのに、驚い  大鐘を撞かれたほどに驚い  鼻血出したんで驚い  賀も、むしろ驚い  醫員は驚い  戸を開けて見ると驚い  上に下されると、唯驚い  話を聞き出して見て驚い  一目、驚い  火に驚い  例の如く驚い  二三人立っていて、驚い  総会に出てみると、驚い  大声をあげて尋ねてみたまえ、驚い  変だと驚い  からん、実に驚い  夫は実に驚い  時ちよつと驚い  女将が驚い  勘太郎は驚い  君よ、驚い  血に染まって死んで居たので、驚い  東屋氏は、驚い  心を見透されたかと驚い  顔に驚い  耳へ入ったか、聞返されて、驚い  筆者は驚い  用意周到さに驚い  来客に驚い  恒夫は驚い  茂夫は驚い  鯢波に驚い  小宮山は驚い  音はもとより、ともすると、驚い  物を落して驚い  型なしになってしまったんで、どうも驚い  意外なので全く驚い  寂蓮尼はのけぞらんばかりに驚い  馬来人が驚い  室子はわざと驚い  のに気が付いて驚い  ころには、驚い  電報で驚い  小田島は驚い  なんでも驚い  樵夫が驚い  次長が驚い  住人は驚い  牡丹たちまち驚い  フシギさに驚い  細君が驚い  眼をやってみると、驚い  私までも驚い  我れながらつくづく驚い  私は飛び上らんばかりに驚い  光景にひどく驚い  主事は驚い  務は驚い  宿では驚い  喋舌り出したので驚い  そこをやられて驚い  ちょっとばかり驚い  浪人はつぶやいたが、たいして驚い  北条美作は驚い  もさも驚い  美作は驚い  結果に驚い  裁縫師は驚い  のが驚い  カークもさすがに驚い  中学生は驚い  ダネックも少なからず驚い  ダネックもあっと驚い  影響を受けていたのにむしろ驚い  さんが、驚い  教授は驚い  私が一層驚い  俺はあっと驚い  妹は驚い  手腕に驚い  ことかと驚い  爲に驚い  大納言は驚い  にわかに打ち驚い  支那人はやはり驚い  前よりも一層驚い  いふ言葉に驚い  冊子をのぞいて見て驚い  箕村がひどく驚い  梅さんは驚い  智子は驚い  智子はまず驚い  絹は驚い  清はどんなに驚い  目をまわして驚い  心より驚い  甚しく驚い  お袋なぞはもう驚い  聰明さに驚い  伏見屋金兵衛なぞは驚い  巣だと言って、驚い  顔色の変るほど驚い  杜子春は驚い  闇がさっと裂けると、驚い  杜子春は、驚い  闇がさつと裂けると、驚い  目顔で訴えようとすると、驚い  私は、わざと驚い  みはしないかと、驚い  人々はさらに驚い  云ふので驚い  さにも驚い  国太郎が振返って驚い  叫び声を発したかと思うほど驚い  気合には、ことごとく驚い  三造は驚い  わたしはもう驚い  そうになったので驚い  民も驚い  軍治はやはり驚い  船長は、すっかり驚い  女はわざと驚い  三上は、驚い  腰を浮かしたほど驚い  ボースンは驚い  奇麗さにまず驚い  西瓜好きなるに驚い  中ではじまったので驚い  介が驚い  出発ので驚い  高山がやって来て驚い  轟音に驚い  立木へ縛って置いて、驚い  破産に驚い  作は驚い  自分は聊か驚い  機関手は驚い  抱え出されるので余程驚い  初めたが驚い  利三郎氏は余程驚い  歌人は驚い  私はからだが冷たくなるほど驚い  さまも驚い  手前、驚い  木崎も驚い  陽子は驚い  陰欝さに驚い  新太郎も驚い  それ以上に驚い  常もすこし驚い  人声に驚い  白洲を立てて驚い  不便や、定めし驚い  それが、何と驚い  所が、驚い  時暫く、驚い  つかさまは驚い  伝六熊仲の驚い  からざるに驚い  出来たかえ、驚い  早わざに驚い  右門もあっと驚い  智惠子は少し驚い  聲を出して驚い  吉野も少し驚い  智惠子は驚い  信吾も驚い  左程驚い  靜子は驚い  あちこち見てまわっているので驚い  篠崎予審判事は少しも驚い  ことをきいて驚い  米は驚い  佐吉は驚い  伊右衛門ははっと驚い  茂助は驚い  長右衛門は驚い  智恵子は少し驚い  声を出して驚い  智恵子は驚い  そのまま乗って出るとまた驚い  市之助はいよいよ驚い  うそにも驚い  お雪伯母は驚い  顧ると驚い  ペンベリーは、驚い  ソーンダイクは驚い  私たちを、驚い  圓くして驚い  中に驚い  私は、また驚い  張りをくれると、がばと驚い  金魚は驚い  足もとにいたので驚い  カスッたので驚い  気分はすっかりよくなったと言うから、もうそろそろ帰ろうかと言うと、少し驚い  女房姿でございましたが、驚い  二重に驚い  何物かに驚い  定吉先生が、さも驚い  引き退くとは驚い  松五郎は驚い  松五郎も驚い  變つたのに驚い  知らない妻は大いに驚い  菜穂子は驚い  真剣なのに驚い  くるくるした、いつもの驚い  春子さんの驚い  言葉に驚い  全然解らないから、驚い  母すら驚い  ことを聞いていささか驚い  信吉はあっと驚い  舌を巻いて、驚い  信吉は、驚い  首を引っかけて驚い  水から上がって拭きながら見て驚い  こちらへといわれて、驚い  らくだが驚い  事を聞いて驚い  猫が驚い  はじめてマジマジと見上げて、大いに驚い  かたには驚い  房さんが驚い  んは驚い  髪結が驚い  笑いもせずに驚い  豊三郎はふと驚い  眼鏡をかけて、絶えず驚い  はずだが、やっぱりまだ驚い  婆さんは依然として驚い  書棚を見廻しているが、いくら驚い  たまに驚い  自分はへえと云ったなり驚い  婆さんはまた驚い  さには一寸驚い  圧迫に驚い  病気をきいては驚い  ボジャック氏は、驚い  アアッと驚い  月あかりにすかして見ると驚い  宏大には驚い  太郎さん、驚い  乞食は、いよいよ驚い  坊ちゃん、いよいよ驚い  奴なら大抵驚い  コレには少々驚い  詩的なんで驚い  娘夫婦も驚い  自殺を知って、よほど驚い  身も砕けたかと思うほど驚い  覗き込み、泣き出すと驚い  課長も驚い  食つてゐるから、驚い  相模とが驚い  記憶で最も驚い  講義はよく出来た、驚い  われわれも驚い  事から、驚い  目に逢うだろうと驚い  分入ってみると驚い  私は又、驚い  私は黙って飛乗ったが、乗ってみると驚い  人あるを見て驚い  女中も驚い  道理、驚い  僕はもつと驚い  者は、たいして驚い  無関心なので驚い  しまつたのには驚い  気がついて、たいへん驚い  昨日偶然来てみて驚い  びとは驚い  人はどんなに驚い  庄三郎が驚い  時はよっぽど驚い  心中窃かに驚い  町へ行って見て驚い  卜伝だよ、驚い  仔細に眺めたなら、きっと驚い  のかといって大そう驚い  ことで驚い  オートバイに乗られますかと驚い  上京していて、帰ってみて驚い  そのもの音に驚い  簡単さに驚い  寒子は、驚い  皮肉気に驚い  倉らしかつたが、驚い  跫音にも驚い  餌を突き出すと、驚い  これは、驚い  博学に、驚い  私達は驚い  なかった主人が驚い  私は、一寸驚い  ツちのことにいちいち驚い  照子は驚い  照子は、一寸驚い  河野は驚い  万彦は驚い  少年等は驚い  世界が驚い  報告に驚い  女だと驚い  上と下とで、驚い  のですつかり驚い  プロペラおやじも驚い  つたのかと驚い  塩入三段も驚い  私はひどく驚い  番兵は驚い  十二時をうち出したので、すっかり驚い  王子さまも驚い  家来たちは、驚い  姉娘たちも、驚い  私が、心から驚い  吁ッと驚い  楊さんが、驚い  紹介されて、少しく驚い  自分でもたまげるほど驚い  ままに泊まろうとすると、驚い  それは、驚い  ポローニヤスから聞いて、驚い  文章には少からず驚い  掛が無いので驚い  学士は驚い  格別、驚い  先まで見下して、驚い  初めは驚い  角度から、驚い  新三郎が驚い  見物は驚い  お前さん、驚い  何に、その驚い  パーシウスが驚い  時、あっと驚い  フィリーモンが、驚い  ボーシスが驚いたよりもなお一層驚い  彼等はどんなに驚い  特にひどく驚い  ためすっかり驚い  ものですから、あんなに驚い  ことではたいして驚い  私はとても驚い  廷丁は驚い  眼差をして、驚い  仕事をしていたが、驚い  知らせを受けてすっかり驚い  迂闊さに驚い  相手は言い、驚い  ところだいぶ驚い  支店長は驚い  目を見張って驚い  汽車に驚い  ただ珍しいので驚い  家で驚い  保存されてるに到っては驚い  道度は驚い  叟はひどく驚い  講師は驚い  王成は驚い  老婆もまた驚い  王は驚い  少年武士は驚い  一度に消し飛んでしまうほど驚い  写真を見て驚い  文字を見るとハッと驚い  武丸はハッと驚い  中から煙が洩れて来るのでいよいよ驚い  武丸は驚い  徳市が坐っているので驚い  姿を見ると驚い  ムチ打たれながら驚い  ウルフは驚い  口に出るほど驚い  机にむかっているとは、驚い  ようにとり澄まして、驚い  章は驚い  まり大きいので驚い  いたずらに驚い  言い方をすれば、驚い  客がいるが、驚い  同勢が繰り出すので、驚い  言ひ掛ければ、驚い  此詞には驚い  うちに、再び驚い  小一郎はほんとにひどく驚い  私はいささか驚い  桔梗様も、驚い  前は、いくらか驚い  ものだよ、驚い  冷泉華子は、驚い  からか、ないしは打たれて驚い  湯豆腐が出て驚い  後で驚い  とくに驚い  あれほど驚い  母は、はたして驚い  のだろうかと思って驚い  私はまた驚い  知識に驚い  急に変っていたので驚い  奥さんはこの寒いのにといって驚い  三浦喜太夫は驚い  主人はひどく驚い  三右衛門は驚い  命が驚い  機織女が驚い  信輔も酷く驚い  紋太郎これにはいささか驚い  こいつどうも驚い  裏門まで来て驚い  唄に、ハッと驚い  私は、もちろん驚い  尻餅をつかんばかりに、驚い  夢から驚い  アラ、驚い  役人達も驚い  三ピンめ、驚い  三ピンめ、さぞかし驚い  つたのであるが、引受けてみて、さて驚い  名を云われて驚い  急変に驚い  彼女の驚い  非常ベルで驚い  お母様は驚い  風呂場を見て驚い  ヘラクレスに吸われて驚い  懐中電灯に驚い  声に、飛びあがるほど驚い  発見して、すくなからず驚い  ときくらい驚い  僕は少からず驚い  口から出たので驚い  俊夫君の驚い  獣は驚い  李生は驚い  眼を驚い  二人を驚い  たくさんあったので驚い  専門棋士仲間でも驚い  八太郎も驚い  一番鶏に驚い  群集は驚い  不意にぐらりと激しく揺すぶられたので、はっと驚い  思ツて驚い  眼から手を離すと、驚い  尠からず驚い  覘っていると驚い  ドーブレクは驚い  方でも少からず驚い  桟敷番が驚い  敵も驚い  ビクトワールは驚い  跳り上って驚い  代議士もいささか驚い  なんだい、驚い  ルパンはアッと驚い  プラスビイユはアッと驚い  解らんとは驚い  百姓達は驚い  出版業者側が驚い  水鳥に驚い  伝説の多いには、驚い  遺蹟があるかと驚い  ぼくは驚い  方に驚い  きれいな所なんでせうやあ驚い  連れが驚い  真とに驚い  目を返すと、驚い  われわれはまたあっと驚い  信長勢は大いに驚い  山西は驚い  平三郎は驚い  塞らぬほどに驚い  笹であるには驚い  のには全く驚い  大気都姫は驚い  権右衛門は驚い  采女はまた驚い  者どもは驚い  のを聞いて驚い  舌を巻いて驚い  舌を卷いて驚い  通牒を受けて驚い  だい、驚い  暮したかに驚い  母親が驚い  ものがあるので驚い  長吉は驚い  ことが無いといつて驚い  日を暮らして、驚い  紛失について、一向驚い  正雄は驚い  カアルは驚い  ふしぎさに驚い  さっきも驚い  あれは驚い  女はやや驚い  心もち顋に抑えたなり、驚い  これはと驚い  一眼見てのけぞるほど驚い  姫は驚い  オシャベリに驚い  お話なのに驚い  末はひどく驚い  庄兵衛もすこし驚い  埃棄場に立って、驚い  一同が驚い  兄も驚い  不思議に驚い  壮助は驚い  顔から眼を外らして、驚い  外事課員が驚い  法水は少からず驚い  夫人たちは驚い  夫人たちがひどく驚い  扁理は驚い  気がつくと、驚い  眼つきに驚い  氣がつくと、驚い  一団は驚い  人形が切れなかったので、驚い  庭から驚い  騒ぎが起こったので、驚い  のかえ、驚い  父様は驚い  様子に驚い  内心すこしく驚い  時は、驚い  言つたなり驚い  彼女の諦めの好いのに、多少驚い  発見して少々驚い  床屋はひどく驚い  身体ぜんたいがころっと反り返って驚い  群集に驚い  ことがあっても決して驚い  君があっと驚い  スウプ汁から驚い  主婦が驚い  旅券が出て来たには驚い  幕なしに驚い  人死に驚い  大工が驚い  ことに、驚い  ように思って、驚い  おかあさんは驚い  智恵に心から驚い  椅子から腰をずらして、むしろ驚い  雲雀は驚い  質問に驚い  余は少からず驚い  病を忘れるほど驚い  折は全く驚い  車夫も驚い  可哀相です、今に寒くなります、驚い  わけであるが、驚い  勇二は、いまさらのごとく驚い  姪は驚い  人出に驚い  急に呼び醒されて驚い  中から、驚い  斜にして、驚い  イィをされたので、驚い  XthOlympic,JapaneseRowingTeam,No.4.S.Sakamotoと書きながら、驚い  熱心に驚い  敏感に驚い  熱湯に驚い  安来節芝居に驚い  バッタが驚い  長官は驚い  村瀬は驚い  加藤は驚い  中へ入っているので、驚い  先生たちも決して驚い  のだが、なんと驚いた、いや驚い  あいは驚い  汗のするほど驚い  内心酷く驚い  長沼正兵衛すらも驚い  旅商人は驚い  向うも驚い  こちらでも驚い  飛上って驚い  山蟻が驚い  源吉は驚い  うつたので驚い  不可思議に驚い  赤潮といって驚い  様子がまるで変っているので驚い  のであるが、驚い  むやみに立ち上つてくるには驚い  権兵衛が驚い  丞は驚い  サミユル博士は、驚い  ところでやって見せると驚い  酒井勝軍も驚い  



前後の言葉をピックアップ
おどれ  踊れる  おどれる  踊ろ  オドロ  おどろい  オドロイテ  オドロオドロ  おどろおどろしく  驚か


動詞をランダムでピックアップ
呻い降りかからまきちらしつけあがっ編みだす汲み取り恍けるはね返そ芽ぐん追っかけよ売切れひきよせよねかす呼出しはたせ握り潰し覆りさしだす決すれしらべろ
形容詞をランダムでピックアップ
疎から図太いわびしけれ腥き厚ぼったくふがいない恥ずかしから美味しくなまめかしく何気無くかたくるしい痛痛しくくちから腹だたしい浅く鋭ししゃらくさい目覚ましかっ愉し紛らわしかっ