「駈」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 駈[動詞]
其悠然が駈  中を駈  右、すすめ、駈  外へ駈  目蒐けて駈  私一人は駈  ヒョイと飛んで駈  内へ駈  卒然バタバタと駈  逸散に駈  了うのが残惜しくて、思わずパタパタと駈  親類を駈  前を駈  座敷を駈  其儘所体崩して駈  母が駈  一年程居りまして駈  三月程過ぎて駈  十日で駈  面当に駈  処へ往こうと思って駈  側へ駈  奥へ駈  使はやまをして駈  跣足になって駈  所だと駈  女郎を連出した駈  方へ駈  ように駈  水をよぎり駈  秋が駈  二人で駈  ためなら駈  彼と駈  情死、駈  やうに駈  草履は駈  残りなく駈  豹一は駈  佐古はどう見ても駈  相手はとるに足らぬ駈  解剖室へ駈  宙を駈  医師も駈  じわじわした駈  夢中で駈  三度までも駈  男と駈  下に駈  見附へ駈  丘まで駈  湛へて、駈  米搗場に駈  馬車が駈  嬶さんは、駈  とつとと駈  押で駈  声たてられしに、つと駈  何の駈  私は駈  辺りは駈  しかし、駈  中へ駈  側に駈  特売所へ駈  聯隊長その他も駈  ここへ駈  旅籠屋へ駈  捕物上手な駈  玉章ほどに欲しがって駈  木戸口へ駈  座附きで駈  死ぬ気で駈  ばたばたと駈  おかんも駈  しようがない、駈  傍へ駈  様子を聞いて、もしやと思って駈  駒の駈  戦いの駈  通知を得て、あたふたと駈  成つて颯と駈  引キズリナガラ書店ヘ駈  態度で駈  一匹緩駈  田舎の駈  息せき家へ駈  そこへ駈  運動時間をほとんど駈  自動車で駈  身をひるがえして駈  一人は駈  ような駈  報をきいて駈  ホテルに駈  あなたを、少しの駈  逡巡、駈  健児は大駈  外交の駈  時分に駈  ものも取りあえず駈  半日で駈  土間に駈  眞葛周玄は駈  家を駈  谷通坂を駈  天神山へ駈  人情ですから駈  跣足で駈  山坂を駈  階子を駈  前方は駈  女郎を連れて駈  土間へ駈  うち戸外へ駈  小路へ駈  葉広山まで担いで駈  此方は駈  先へ駈  深川富川町へ駈  両人が駈  屋敷を駈  鼻ッ先へは駈  横手へ駈  菓子屋へ駈  侍が駈  くせに、その駈  あさましい駈  無数といっていいくらいの小うるさい駈  処だから、駈  便りに駈  針の山でも構わず駈  曳合って駈  鼠が駈  寺を駈  戸外へ駈  石段を駈  心寺へ駈  こちらへ駈  工場へ駈  あちらへ、駈  皆学校まで駈  全身を駈  上まで、駈  男達が駈  勢で駈  坂道を駈  二人も駈  城内に駈  小姓まで駈  須田伯耆が駈  馬と駈  競馬馬と駈  奮然として駈  俊吉は、駈  ものなら駈  家来は急ぎ駈  延は駈  お前、駈  馬鹿と駈  停車場に駈  間から返事をして、駈  家へ駈  リットマンが駈  夫婦者は実は駈  京都中を駈  驚破と駈  ところまで駈  大急ぎで駈  一緒に駈  部屋へ駈  客の駈  朝から羊を駈  ところへ駈  私どもは駈  一散に駈  者共早速駈  どこへやら、駈  巡査が駈  女学生が駈  崖下りに駈  魚を提げて駈  ぐらに駈  場所を求めて死の駈  それからが駈  僕アまた駈  芳さんは駈  気が着いて駈  あわアくって駈  身投げに駈  何密夫をしても可い、駈  眼前に駈  俥をひいて駈  ドタドタと駈  其物音に駈  方に駈  西洋人が来たと騒いで駈  二階へ駈  脚立をかついで駈  手ぬぐいかぶりで、駈  こいつは少々駈  息堰き切って駈  のか、それとも駈  町中を駈  わたしと駈  どこからどこまで駈  鎌倉街道、駈  男はなかなか駈  箱根に駈  芸者の駈  君は駈  一組、駈  宮川へ駈  のだ、駈  其処まで来て駈  危い石坂を駈  崖へ駈  前谷へ駈  谷川へ駈  自身に駈  場へ駈  彼家を駈  者まで駈  拙者とが、しめし合わせて駈  一本道を、駈  得意の駈  百の駈  山崎譲は、この駈  死骸を見ると、駈  雨宿りに駈  一人が息せききって駈  屏風を飛んでも、駈  味方の駈  ために駈  奈良原典獄は直ぐに駈  さらつて大学生と駈  半日の駈  新田殿との駈  家出人や、駈  畜生谷へ向って駈  正直さにかえって駈  夜逃げをしたとか、駈  さの駈  小僧の駈  勘次の駈  いずれにしても駈  足利勢との駈  嘘との駈  一番先に駈  殘して駈  一種異様なる駈  二人は駈  っ放しにして置いて、駈  今度の駈  一、駈  母様の訝しみて駈  親船を駈  対岸の駈  驟雨となったので、蒼くなって駈  荒野と駈  一足先へ駈  番頭の呼戻しを待っているという駈  ホンの駈  何十人となく駈  わけではなく、駈  待合の駈  目もくれずに駈  衝と駈  持場が極って、駈  茶屋まで駈  八百長がないにも限りますまいが、駈  立て合をする、駈  得手なのは攀木に駈  流行作家あり、一方に駈  方々を駈  一に駈  早馬で駈  ところの駈  特に夜を選んで駈  音を忍ぶ駈  厄介な駈  馬鹿娘の駈  今日はまた駈  若い侍と共に駈  白山詣でにかこつけて駈  夜逃げをした、駈  医者へ駈  体のいい駈  夜中に、あの駈  二人の駈  其妻長刀を持つて駈  だらしのない駈  誘惑でも駈  號外が駈  ドサクサまぎれの駈  歩行も駈  裏山からドヤドヤと駈  山に駈  バタバタと駈  懸命をもって駈  所に駈  末に、とうとう駈  手をとって駈  動顛して駈  進退の駈  手燭片手に駈  思い、思わず起って駈  やつで、駈  ところに駈  しろに反らせた駈  者にはあらずと駈  八方を駈  兄妹がほとんど駈  笊を持て駈  前へ立って駈  それも、駈  心理の駈  彼は駈  下を駈  庭へ駈  恐怖し、慌しく駈  彼方此方へと駈  庚申像を縛って駈  矢庭に駈  顏が蒼白く、駈  惣之助を慕い駈  二度の駈  末吉へ駈  このごろの駈  綱曳き跡押付きの俥で駈  急坂を駈  駅へ駈  空を切って駈  御堂に駈  停車場へ駈  点火し終ると、駈  雨に駈  研究室へ駈  祭事掛は駈  田巻文子さんの駈  日比谷公会堂へ駈  地球を駈  千早館へ駈  男は飛びたつばかりに喜び、さっそく、駈  男と女の駈  そく、駈  病人が駈  此軍器が駈  都合よく駈  崖を駈  彼女が、そんなにも疾く駈  言へば、駈  小学校の駈  月夜を駈  ムシャクシャ晴しに、駈  それはもう駈  のがわかっていても、駈  平地へ出ると駈  お尋ね者や駈  軍陣の駈  侍と駈  のですから、やれ駈  内々で駈  家来と駈  月があかるいので、駈  階段を駈  儘何処とも知らず駈  六疋鼠がちょろちょろと駈  多く土地は狭く、駈  我家を駈  隙が取れて、やがて駈  春代が逸早く駈  店先へ駈  廣室に駈  特別陸戰隊と共に駈  牝馬は、すぐ駈  走り帰つて信次と追駈  不服なので駈  国定忠次で御座いと云って歩くには、駈  貸本屋へ駈  婦に誘はれて、駈  商売上の駈  競にしようというので、駈  みんなが駈  前になりて駈  主家へ駈  田畑と言わず駈  監視隊本部へ駈  隊、駈  目的と駈  独手に駈  少年は駈  梯子段を駈  狼狽てて駈  から、焦つたがり、駈  花園を駈  子供を捨てて駈  制服で駈  きらいで、いや、駈  事もありますが、しかし、駈  私は、駈  舞台を駈  半身を駈  衝突しながら、駈  息を切らせて駈  顔をして駈  端へ駈  人を乗せて駈  春が駈  一生懸命に駈  から、駈  縞を乱して駈  ゆるやかな駈  狂気のごとく駈  音は、駈  盗賊、駈  女と駈  火事場へ駈  懐を捜しながらお駈  変だな、だまって駈  周囲にひきとどめて、駈  気持に押し出されて、そんな駈  騒ぎを聞いて駈  そちらへ駈  数字的な駈  人車、駈  百姓連中がワイワイと駈  商業上の駈  木馬様の駈  老人は駈  二人は互いに駈  雨に打たせて駈  傍に駈  置去りにして駈  攻勢防勢の駈  時分に、駈  二人諜し合せて駈  船長室を駈  上に駈  病床に駈  松宇氏などと駈  室へ駈  一里を駈  芸者時代の駈  あれと追駈  心の駈  親の、そんな駈  巧妙な駈  レヤチーズには時々、駈  わしの駈  お父さんは、やっぱり駈  曲者だの、駈  僕等の駈  時分私は駈  仕方なしに駈  のですから、とても駈  何も弁えない駈  配下の駈  常備の駈  話振りには、ちょいとした駈  直ちに媒妁人方へ駈  愕いて駈  小走りに駈  螢を追駈  後をも見ずにすたこら駈  大約三四町も駈  位其處らを駈  様にしてほとんど駈  つて、駈  ひとは、駈  花道へ駈  科學的進歩にばかりのせられて駈  當時の駈  まま現場に駈  とこへ駈  奔走、駈  かわりに、それだけに、駈  門際へどっと駈  奴は駈  間道を駈  皆高田殿へ駈  若者の駈  奇怪なのは、駈  俄に駈  圧えつけられて暮していると、こんな駈  昨晩の駈  



前後の言葉をピックアップ
お題目  お願い  お飾り  お高く  加屋  加瀬谷        


動詞をランダムでピックアップ
殴りとばし越す張り上げよ弁え写し取る仰せ付け噛み合せ儲かり夾み謳いかきいれよろこばす似つこ請けあっ出来しおしかぶさる訝り絡ます練り直し攻めのぼっ
形容詞をランダムでピックアップ
じれったむずかしゅう後ろめたい片腹痛痛から厚ぼったかっうすらさむきやましはれがましく薄気味悪き気だかく粘強図々しけれ遠けれ涼しいおぼしき円くっ素晴らしき嬉しくねつく