「駆けだし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 駆けだし[動詞]
私は、さっそく駆けだし  控室へ駆けだし  山蟻が、駆けだし  向うへ駆けだし  ひと足先に駆けだし  必死に駆けだし  秘帖を持って駆けだし  階下へ駆けだし  尿をひっかけて、駆けだし  露路を駆けだし  街を駆けだし  くるくると廻りながら駆けだし  どこかへ、駆けだし  あとへ駆けだし  ままいっきに駆けだし  怪漢めがけて駆けだし  後をも見ずにあたふた駆けだし  衣をまくらせながら駆けだし  ほうに駆けだし  トットと駆けだし  方に駆けだし  女中は駆けだし  家へ駆けだし  斜面を駆けだし  前へ駆けだし  ほうへ駆けだし  ほうへ向けて駆けだし  黒土を蹴起こしながら駆けだし  後を追って駆けだし  太郎も駆けだし  胸元を踏みつけては、駆けだし  藤次は駆けだし  韋駄天ばしりに駆けだし  何に脅えたか、同じくバラバラと駆けだし  上を駆けだし  表に駆けだし  中を駆けだし  馬が驚いて駆けだし  二人は駆けだし  ひらひらと駆けだし  洋子は駆けだし  夢中になって駆けだし  前に向って駆けだし  男が駆けだし  歩いてるのか駆けだし  方へ駆けだし  寒いので駆けだし  表へ駆けだし  伝六が駆けだし  命を奉じて駆けだし  遠藤屋敷をめがけて駆けだし  往来へ駆けだし  杉弥が駆けだし  さで、駆けだし  めんくらいながら駆けだし  久庵はほくほくしながら駆けだし  刀で駆けだし  血色を失いながら駆けだし  伝六がまるくなって駆けだし  いっさんに駆けだし  ようでしたが、駆けだし  あとに従いながら、駆けだし  うちに駆けだし  小走りに駆けだし  辰をひっぱってくるといったにかかわらず、駆けだし  駕籠だろうと駆けだし  先を争って駆けだし  ばたばたと駆けだし  ように駆けだし  ふりながら、ひょこひょこと駆けだし  裸で飛び出したとか、駆けだし  人形をかかえ持って駆けだし  斎いただかずに駆けだし  これ見よがしにもう駆けだし  小役人たちがあたふたと駆けだし  必死になって駆けだし  左右へ駆けだし  品川めざして駆けだし  まっしぐらに駆けだし  我おくれじと駆けだし  脚を蹴たてて駆けだし  床板を踏み鳴らして駆けだし  どころではなくて、バラバラと駆けだし  挙動で駆けだし  廊下を駆けだし  

名詞

駆けだし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
駆けだしの同心でこそあったが  駆けだしのしろうとにゃできねえ  

~ 駆けだし[名詞]1

~ 駆けだし[名詞]2
ほんの駆けだし  まだ駆けだし  この駆けだし  

複合名詞
駆けだし同心  



前後の言葉をピックアップ
掛田  駆け出さ  かけださ  駆け出し  駆出し  駆け出し  カケダシ  駆出し  駆けだし  かけだし


動詞をランダムでピックアップ
憤れまつわりつく沮ん授けよふりはじめ言えれざんねんがっ解き離し捕まり呻けはぐくめる試せ響かす見まがえはげ落ちるふっかたまろ襲い危ぶめ
形容詞をランダムでピックアップ
堅く蒸し暑かっ煙たいけずうずうしく麗々しい高けりゃかいう多う根ぶかくせせこましく心細くっいぶせくあつかましくうさんにくきふかくながかっのどけきでかかっ