「養い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 養い[動詞]
ための養い  身を養い  身の養い  神気を養い  子を養い  これを養い  病を養い  病気を養い  附属して養い  母だけの養い  バクテリヤを養い  戦争力を養い  災難に養い  兄を養い  市民に養い  気を養い  子供を養い  心に養い  人を養い  娘を養い  草木を養い  羊のごとくして養い  気風を養い  文明を養い  妻子を養い  気力を養い  夫を養い  家へ呼んで養い  基盤を養い  母さえ養い  力の養い  兵気を養い  国力を養い  わが家に養い  士気を養い  客を養い  入獄中に養い  士とあれば、篤く養い  人材を養い  創造の養い  千日兵を養い  蚕を養い  母を養い  はい実はな時々養い  今日まで養い  眼を養い  数千年来自然に親しみつつ養い  彼らを養い  弟子を養い  ある子供を養い  芸を養い  奥伊豆に養い  乳で養い  遠く病を養い  国の養い  心を養い  貰い乳して養い  それを抱き帰って養い  人が、じつは養い  こちらで養い  の子を養い  自分を養い  心の養い  年が寄って養い  精神の養い  益これを養い  精神を養い  学殖のお養い  うちに養い  タミ子を養い  社会後継者を養い  胆力を養い  ピグミーは養い  復一の養い  若い男を憎いとは思わなかったが、養い  意力とを養い  親兄弟を養い  身体の養い  武士を養い  神経衰弱を養い  結構結構、こうして養い  其娘を養い  小人は養い  小人とは養い  体力を養い  勢力を養い  海郎どもあまた養い  手に養い  智を養い  徳学に養い  子孫を産み養い  保護を加え養い  実力が養い  弟を養い  女王がお養い  自ら自己を養い  天才を養い  セシルは養い  人間の養い  民力を養い  気質を養い  妻子すらも養い  人類を養い  自身の養い  はじめは養い  時に養い  寿命を養い  耽美的傾向が、真にその養い  州賓として養い  殿中に養い  内、養い  蚕一つすら養い  病いを養い  摂受門と言って、養い  長所を養い  生命を養い  知識経験を養い  習慣も養い  技倆も養い  ベッキイを養い  猛獣を養い  頭を養い  客観力を、養い  秀次を養い  妻を養い  大志を養い  情操を養い  文学創造の養い  感情を養い  それを養い  なんで養い  草木で養い  力を養い  三浦右衛門を養い  常識を養い  根や養い  人々を養い  十にも足りないわが養い  昔しの養い  まますぐに引き取り養い  老後を養い  両親を養い  人をも養い  門下を養い  五臓を養い  益底深く養い  人口を養い  趣味を、養い  養女として養い  牝鶏が、その養い  家族を養い  一朝一夕に養い  間に養い  若い娘たちが養い  増加人口を養い  それが養い  国が養い  二家族を養い  全部適当に養い  労働で養い  一家を養い  補助によって養い  容易に養い  人口をも養い  牧場と養い  妾を養い  お礼、養い  ように食わせ養い  英気を養い  親を養い  同居させ、養い  情を養い  ここに養い  後の養い  希望をお養い  碁力を養い  根の養い  体をお養い  妻子をも養い  知識を絶えず養い  知識を養い  次女を養い  家に養い  直ぐに迎えて養い  根に消えて、その養い  心を休め、養い  体を養い  腹の養い  文楽流に養い  頃から叔父の養い  師冬は養い  高武蔵守師直、養い  父皇子を養い  品位を養い  ために養い  



前後の言葉をピックアップ
  谷下  ヤシタイノダ  弥七  やしない  養う  やしなう  養え  やしなえ  養える


動詞をランダムでピックアップ
きたえまきつか振りだしもうしあげ戴ききらっのけぞらこたえろ言切ら惚れる抱きとめよ推し取り押さえかねそなえ綴合せ挙げん呼び入れさしくっむせかえりゆびさす
形容詞をランダムでピックアップ
むなしきつかっ手早なまぐさきおかしきあぶなかっはかなみよくなかろみずみずしい勇ましいたまらない短くっまずきゃ煩わしき気まずかっ図太切なかろ分別らしい