「飛び」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 飛び[動詞]
雲どしどしと飛び  ように飛び  久保は、飛び  ちょん、ちちちっと気ぜわしく飛び  こちらと飛び  縁にひょいと飛び  社に墜ち、再飛び  バウンドして飛び  空中を飛び  真似して飛び  差したる刀抜くより早く飛び  舊巣啣へて飛び  一鳥遂に飛び  驚し、飛び  巣啣へて飛び  上に飛び  耳をかすめて飛び  空から飛び  びつくりして飛び  枝から枝を飛び  土をくはへ出し、飛び  うつと飛び  目高が飛び  どこへか飛び  北をさして飛び  余はきっと飛び  心臓が飛び  質屋に飛び  ヒューとうなって飛び  僕の飛び  纜を解いてひらりと飛び  簷から飛び  しろへ飛び  吾等は飛び  ちよ脚も飛び  ぢかに飛び  婆やは飛び  東に飛び  風に御して高く飛び  たかだか蠅でも飛び  窓外に飛び  音もなく飛び  股は焼け爛れて飛び  真白に飛び  只今は少しも飛び  餌にして飛び  一人は、飛び  枯野の寒きに飛び  ケメトスは、飛び  淵へ向かって力いっぱい飛び  なかった彼は勇んで飛び  翼をつくろって飛び  大空高く鷲の如く飛び  やうな飛び  後に飛び  すと飛び  ただ一羽で飛び  一二分体全体で飛び  間を置いて飛び  薄暮合には、よけい沢山飛び  体が飛び  上空を飛び  飛沫が飛び  バーにつかまり、飛び  こちらに向かって飛び  砂浜に立ち、飛び  時間を飛び  頂上から空中へ飛び  上にえいと飛び  ますますロケットは飛び  海上すれすれに飛び  小浜兵曹長は、飛び  こっちへ飛び  空へ飛び  計さんは飛び  私は飛び  転々と飛び  まらなくなって、飛び  技術には飛び  空を飛び  それが飛び  群へ飛び  請求書ときいて、飛び  豹一は周章てて飛び  二百里は飛び  方角へ飛び  そぼろ助広の切っ尖に飛び  土くれが飛び  舟へ飛び  キヤツといつて飛び  ブランコからブランコへ飛び  半分ぐらい飛び  辺を飛び  風に飛び  羽の、こよなし、よく飛び  墨噴きて、飛び  翼、飛び  鷺空に飛び  すべなし、飛び  ジヤズでお飛び  其処に飛び  頭から何処かへ飛び  私は驚いて飛び  身を躍らして飛び  縁側から飛び  庭に飛び  喫驚して飛び  水鳥が飛び  席へ飛び  幾百千となくチラチラ飛び  彦七はやにわに喚いて飛び  卜翁は飛び  赤いリボンに飛び  男は飛び  窓を飛び  所へ飛び  万灯を持って飛び  デマが飛び  東へ飛び  稲妻が飛び  彼は吹けば飛び  悲鳴をあげて飛び  空中に飛び  速力で飛び  木が飛び  納簾と共にちぎれて飛び  馬から飛び  毒を散らして飛び  後ろへ飛び  真っ向に飛び  一ツになって飛び  綱もサッと飛び  三方に飛び  びっくりして飛び  ことを含み、羽ばたきもせずといふはまして飛び  抱へて飛び  崖に飛び  細流を踏みしめ、飛び  濡燕、掠め飛び  火の鳥の飛び  山へ飛び  中をうす明く飛び  部落でも飛び  狗は驚いて飛び  斜めに飛び  万吉は飛び  みな空中へ舞いあがって飛び  一度に飛び  火がちらちらと飛び  寝台から飛び  胸から飛び  方へ飛び  ところへ飛び  人差し指に載せ、飛び  蜂の飛び  真綿の飛び  余等は飛び  横ぎって急いで飛び  現実から現実へ飛び  ひと声叫びながら飛び  女の子は飛び  二ヤードほどもあわてて飛び  床几から飛び  範囲以外に飛び  邸まで飛び  縁に飛び  マデライン嬢はおどろいて飛び  山頂に飛び  横啣えにして飛び  虫になって飛び  うちにつくと飛び  直線に飛び  無限に飛び  姿が飛び  ヒョイヒョイと飛び  高みへ飛び  メイ子は飛び  枝から枝へ飛び  提灯が飛び  ヒラリと飛び  汀まで舞いおり、飛び  涙を飛び  咄嗟に飛び  おでこの飛び  螢が飛び  両分して飛び  風の如く飛び  大光明が射して飛び  上を飛び  急に飛び  俊夫君は飛び  両方に飛び  台が飛び  二十四号機が飛び  損傷を受け、再び飛び  飛行機で飛び  ベイまで飛び  前に飛び  中へ飛び  女の飛び  なかに飛び  蜜を取りて飛び  磯へ飛び  すれすれに飛び  耳をしゃぶらせ、くすぐったくて飛び  爪先を打ちつけると、飛び  いつでも飛び  江戸へも飛び  居どころから飛び  上へ這おうとすると、飛び  傷手ながら飛び  ように、飛び  蜂で、一度高く飛び  ぶんと飛び  はつてゐたが、やがてひよいと飛び  どこともなく飛び  殊に思ひつめて飛び  全紙に飛び  目をねむって飛び  後へ飛び  簾から飛び  魂は飛び  不意打ちに飛び  訓練された飛び  星移り物変り幾星霜が飛び  木へ飛び  それから網を見てあわてて飛び  三丈も飛び  鳥はよく飛び  みな飛ばずにいられないで飛び  鳥は飛び  宙に飛び  一と飛び  山腹を掠めて飛び  段階を飛び  ものの飛び  猿ヶ京へ飛び  座敷へ飛び  ように、淡く飛び  精霊は飛び  木から木へ飛び  枝へ飛び  屋根へ飛び  蠅の飛び  右近丸は勢い込んで飛び  一腰を、引き抜くと翻然飛び  右へ飛び  左へ飛び  大急ぎで、飛び  蟇は驚いて飛び  中国筋を飛び  さものびのびと飛び  ビールびんなどが飛び  堀口も、思はず飛び  太一郎が飛び  やうに飛び  知の飛び  伊右衛門は飛び  町へ飛び  燕が飛び  のを待つて、飛び  わたくしはまた飛び  雲は飛び  否や、いきなり飛び  物に驚いて飛び  彼からぱっと飛び  前後左右に飛び  多喜は、ぎょっとして飛び  一隅へ飛び  縦横に、飛び  両端に飛び  列を作って、巻いては飛び、巻いては飛び  馬乘りに飛び  渦は湧いては飛び、湧いては飛び  乘つては飛び  何かに驚いて飛び  渦が乗っては飛び  電話線を飛び  一処に飛び  何かをねらつて飛び  手をふれると飛び  サツと飛び  あっちへ飛び  横に飛んだり、飛び  雀につれて飛び  地へ着けないで、舞いつつ、飛び  声を上げて、踊りながら、飛び  甲州へ飛び  そばから、飛び  横つ飛び  翻つて低く飛び  眼をひらいて飛び  ぢりて飛び  家根へ飛び  金簪、飛び  舷梯へ飛び  ょいっと芝生へ飛び  せいか飛び  上をせわしく飛び  そうになりながら、やはりせわしくせわしく飛び  ぐらに飛び  博士を追ふて飛び  胸に飛び  やうに駆けては飛び  仰天して飛び  往来を飛び  球を高く飛び  雲となって飛び  砂礫が飛び  土間に飛び  顔をして飛び  みな、まるで飛び  方でも、飛び  中を飛び  男が、飛び  眼玉の飛び  空をお飛び  なほも飛び  心はなおも飛び  日没とともに、こそこそ出歩き、それでもやはりはにかんで、ずいぶん荒んだ飛び  最高頂へ飛び  彼がいきなり飛び  しか思えない飛び  樹木は裂け飛び  天空を飛び  どこまでも飛び  火星へ飛び  戟は飛び  鮮血は飛び  長安へ飛び  背へ飛び  そこここを飛び  機会に飛び  東京に飛び  車が飛び  綱をめがけて飛び  鹿は飛び  まま、飛び  訶和郎は飛び  一飛び横へ飛び  剣を振り廻して飛び  馬は飛び  腕が飛び  磯に飛び  ようになりましたが、又飛び  鞍から飛び  一足飛びに飛び  鳥が飛び  不意に飛び  花から花へ飛び  彼方此方を飛び  渓上を飛び  すきなのはナワ飛び  勢ひ好く飛び  飛行機は飛び  我側を飛び  幾度か叱せられ、驚きて飛び  紅庵は飛び  庭へ飛び  渦を捲いて飛び  ふちへ飛び  白土は飛び  劃然と飛び  吉乃は飛び  縁外に飛び  ザックリ割って飛び  ポンと飛び  谷底へ飛び  順々に飛び  人形は飛び  何かで飛び  からシングに飛び  僕は飛び  散文的に飛び  宇宙に飛び  うえに、飛び  あたりに飛び  怪音を立てて飛び  うえを、飛び  木ッ端微塵とするか、或いは飛び  椅子に飛び  方が飛び  神田へ飛び  抛物線を描いて飛び  彼は飛び  矢庭に飛び  失敗し、少し飛び  時間が飛び  又三郎はひらっとそらへ飛び  僕はひらっと飛び  ガラスマントをひろげて飛び  今度こそはまるで飛び  環をかいて飛び  石も飛び  自身ひょいと飛び  後方へ飛び  彼は、飛び  頂が飛び  林を掠めて飛び  商家らしきが飛び  此刹那に飛び  東へと飛び  水面を飛び  所を飛び  下へと飛び  赤とんぼも飛び  巴を描いて飛び  横すじかいに休らいながら飛び  ように驚いて飛び  四方から石が飛び  方々を飛び  ところまで飛び  光を放って飛び  その間に飛び  葉子が遠く飛び  ベルに飛び  彼女は飛び  羽が生えて飛び  利害に飛び  三年前に飛び  そこらに飛び  店の飛び  者でも飛び  雲が飛び  猿廻しは飛び  猿は飛び  宙を飛び  肩へ飛び  悲鳴をあげ飛び  鶴雄は飛び  樹から樹へ飛び  鳴き、且つ飛び  だれは飛び  淵から飛び  首が飛び  造言の飛び  物が飛び  空間を飛び  おもしろい飛び  頂辺に飛び  どこかへ飛び  屋根に飛び  ように、その飛び  膝から飛び  胸もとから飛び  手から飛び  羽虫が飛び  従つて死に飛び  えいっと叫んで飛び  度毎に飛び  軒から飛び  廻りに近よったり遠のいたり飛び  やうに実際飛び  私に飛び  長谷部は飛び  巣からはなれて降りるから飛び  競走があって、長飛び  火が飛び  二間余りも飛び  なつて飛び  頭上に飛び  何処かへ飛び  足が飛び  大平原を飛び  ワアーンと飛び  坂を飛び  時には飛び  紐に飛び  女は飛び  觸れられると飛び  ゆくえを探り求めたが、飛び  庭さきに飛び  縁側へ飛び  縦横に飛び  我、飛び  目下月世界を離れて飛び  飛空機に飛び  鞄がなぜ飛び  仔猫が飛び  こちらに定めて、猛然と飛び  上へ飛び  一寸顔をしかめたが、すぐに飛び  どこへ飛び  大月大佐に飛び  んに飛び  魂魄空中に飛び  跣足で飛び  横に飛び  あちこちへ飛び  そうになって飛び  超越して飛び  もっとも飛び  ものを見つけて飛び  工場から工場へと飛びうつってゆく飛び  男が飛び  全国を飛び  天に飛び  三人の子を挾んで飛び  羽のはばたきの如く飛び  オルガンティノは飛び  巨坂を飛び  白鳥となって飛び  墓から飛び  台所より飛び  様に、苦しい、さわると飛び  夫に飛び  あなたのその飛び  しかしそういう飛び  岩から飛び  端に飛び  変化に富んだ飛び  丹波に飛び  ところまでひと飛び  ランチへ飛び  うちに飛び  むやみに飛び  グワと飛び  極楽とんぼアあの町この町と飛び  のに飛び  部屋へ飛び  こへとなく飛び  からすが飛び  こへか飛び  窓外の飛んで飛び  彼方に飛び  窓から飛び  にぎやかに飛び  翼をひらいて、飛び  羽をひろげて、飛び  鳥吹かれ飛び  千枝子は飛び  あとからも飛びきたり飛び  あとからも飛び来り飛び  湖から飛び  斜に飛び  雪を叩きつけて飛び  枝をけたてて飛び  方に飛び  ぱつと雪を叩きつけて飛び  音もなく高く飛び  乗物から乗物と飛び  流言蜚語が飛び  思つて、恐ろしくおこつて飛び  花が光って飛び  今あのそらへ飛び  侯爵夫人は飛び  武田さんは飛び  げに飛び  戸外へ飛び  獲物を押し込み終ると、すぐ飛び  ジガ蜂はまた飛び  翅音も高く飛び  異常なしと知るとすぐに飛び  灌木へ飛び  一行に飛び  山から山を飛び  度合いの取れない飛び  演壇に飛び  右往左往に飛び  助を睨んで、いざといわば飛び  宇津木兵馬はつと飛び  塀際に飛び  黒焼けかと思うと、そうじゃないんで、そら通れますまい、構わず踏んで、飛び  四五間離れて飛び  肩先に飛び  雁はひょろひょろと逃げ出したが、飛び  一時に飛び  スイ、来ては飛び  破れ目から庭へ飛び  方向に飛び  鍋は飛び  肉が飛び  何度でも下に飛び  上にまで降り立つて、やがて飛び  其あたりを飛び  それがまた飛び  一時に落つるが如く飛び  ことに、飛び  刃を飛び  疾風の如く飛び  体を躍らせて飛び  身を沈めて飛び  宙天に飛び  無頓着に飛び  見事に飛び  今は飛び  お里と飛び  勢よく飛び  二重より飛び  のは、飛び  助に飛び  しまぎれにその舟へ飛び  水を切って飛び  一足飛に飛び  三毛猫のように座席から飛び  縁端へ飛び  滑かな動揺につれて、ひっきりなしに飛び  吃驚して飛び  掌を擦り合わしていたが、突然飛び  衝突しては飛び  蠅が飛び  株を飛び  一尺ばかり飛び  何がなしにハッとして飛び  みなち切れて飛び  ヒョイヒョイとこう飛び  のかと思っていたら、飛び  岸へ飛び  つて、飛び  俄かにひどく飛び  から道庵先生が、飛び  舞台では、飛び  羽檄四方に飛び  帽子掛に飛び  さわってみると飛び  数学が飛び  自動車に飛び  小船に飛び  ネリは悦んで飛び  雨戸が飛び  方面に飛び  何處とも知れず飛び  山のせゐで、飛び  急に考えて飛び  足をかけて飛び  諸方へ飛び  一尺ほど飛び  五間ほど飛び  手の内から飛び  手をかけて飛び  判事は驚いてしきりに考えていたがふと飛び  判事は飛び  ボートルレは飛び  少年は飛び  ゆるやかに飛び  白糸あなやと飛び  白糸に飛び  目に飛び  頭に飛び  蠅は飛び  銀様が驚いて飛び  いずれへか飛び  上へ取落して、飛び  屋根まで飛び  振り振り、飛び  永久に飛び  先途と飛び  び三たび羽をうちて再た飛び  框へ飛び  梯子へ飛び  興奮しながら飛び  前から飛び  はたを飛び  たんびに飛び  上まで飛び  薬草を抛り出して飛び  ますとに飛び  悲鳴を挙げて飛び  尻は軽く飛び  プログラムに飛び  忰が飛び  虚空遥かに飛び  伊沢は飛び  かたまりに飛び  厚氷、飛び  四方へ飛び  そばに、飛び  ような飛び  鉄砲丸の飛び  方向に向けて飛び  中に飛び  場合には飛び  雁などが飛び  小川を飛び  後藤さんは飛び  中へ流れ込んで、飛び  山田氏が飛び  ワニ君が飛び  クレエは飛びあがれるだけ飛び  つて来るだらうと、飛び  下まで飛び  そのまま岸に飛び  岸に飛び  岩の上へ飛び  簑蟲啄みて飛び  毛ふれるよ、鳴きつ、飛び  南をさして飛び  山ふところに飛び  前へ飛び  気合の飛び  左右に飛び  山肌を飛び  反対側へ飛び  こちらへ飛び  あちらへ飛び  蝶と、飛び  雲がふらふら飛び  十五年も飛び  レンスキイがむっくりと飛び  手に飛び  種つて、吹けば飛び  つかさんの飛び  のを聞いて、飛び  つて水に飛び  内に飛び  其内に飛び  がんりきが飛び  魂が飛び  一間ばかり飛び  ところを飛び  歡喜して飛び  ピヨイと飛び  顔を見て、きゃっと、飛び  高部が飛び  横面をおさえて飛び  雀たちが、飛ぼうとして飛び  相続の飛び  ヒヤッと飛び  所番地も飛び  彼女に飛び  役人たちは飛び  上で飛び  小躍りし、光り、驚き、飛び  ただひとつ、飛び  鳥も飛び  花を飛び  何物かまた飛び  矢と飛び  鳥はまた飛び  船から桟橋へ飛び  直前に飛び  酒屋へ飛び  燕返りに飛び  そこまで飛び  三尺ほど飛び  大江山捜査課長は飛び  場に飛び  練習機とが飛び  小舟に飛び  こと三分、ブルブルと飛び  蛙は勢いよく飛び  不意に、飛び  石段ぎわへ飛び  カギ縄が飛び  両手を拡げて飛び  周囲を飛び  身軽に飛び  そこを飛び  から、いきなり飛び  ダンジリに飛び  体を飛び  面影は相変らず飛び  蝶々が飛び  垣根を飛び  上を低く飛び  どことも知れず飛び  梢から梢へ飛び  陸へ飛び  ラペーの飛び  敵地深く飛び  眼底から飛び  恐怖は飛び  畳を飛び  風にちぎられて飛び  令が飛び  此處に飛び  自ら寐ころびても見つ、飛び  霞に紛れて飛び  匂は下り立ちしが直に飛び  空を低く飛び  やうにむらがり飛び  それも飛び  横とびに飛び  げに羽ばたきながら、飛び  鳩は大きな羽ばたきをしながら、飛び  惶てて飛び  窓に飛び  楊花の飛び  ところにでも飛び  千切れては飛び  流言蜚語も飛び  金助が飛び  米友が思わず飛び  間を飛び  声高く叫んで飛び  繚乱として飛び  とつて、また飛び  三角は、けっしてまだ飛び  三角も、やがて飛び  枝から枝に飛び  壁に向って飛び  あかりつぎつぎ飛び  背後へ飛び  腋の下から放れて飛び  頭が遠く古えに飛び  力瘤に飛び  森を飛び  屋根裏へ飛び  シモン・ペテロが、突然叫んで飛び  反射的に飛び  わが家の飛び  時親に代って飛び  ここの飛び  そこの飛び  矢が飛び  とんぼが飛び  一疋が飛び  うるうるうるうると飛び  ことを思ふと、このか弱い、吹けば飛び  上にはふわふわと吹けば飛び  三角に飛び  目の玉の飛び  これは飛び  ジャンプなんて飛び  私は、飛び  奥庭にひょっくり飛び  なかを飛び  足利家の飛び  つばさが飛び  棒が飛び  猫をだいて飛び  時は飛び違ったり、走せ出したり、また飛び  石が、飛び  縦横に飛び廻って、飛び  非常に飛び  それを飛び  榻から飛び  そこら中を飛び  うえに飛び  蠅がよく飛び  緒を振り切って飛び  そのまま表へ飛び  表へ飛び  鳩もおどろいて飛び  隠れ場所からピョンと飛び  彼は早くも飛び  んていうばかばかしい飛び  のんきに飛び  照空灯が、飛び  飛上ろうとしたって飛び  六百機が、飛び  一斉に飛び  蘆葦茅草を飛び  真中へ戻って来たが、また飛び  頬をおさえて、やにわに飛び  せいが飛び  予感から、怖れて飛び  教えはよほど飛び  六尺も飛び  七は飛び  羽根をつけて飛び  私のように水虫から空中に飛び  二三メートル上に飛び  中には飛び  キンとして飛び  片門前から神明金杉、ずっと飛び  床の間に飛び  群が立っては飛び  松村町を飛び  顔になって飛び  自室へ飛び  蝶が飛び  蝶に化して飛び  群をなして飛び  ピグミーが飛び  浴槽から飛び  返答をして飛び  星のみが飛び  余は覚えず飛び  一丁も飛び  桟橋に飛び  何処へか飛び  一面に飛んで、飛び  處へ、飛び  年増っぷりが、飛び  博士がひらりと飛び  間から、吹けば飛び  どこへともなく飛び  頭上を飛び  人は、尚もフワフワと飛び  上りも飛び  庭石を飛び  三つか、はっきりしない縺れた飛び  かわいそうに、もう飛び  背後から呼ばれて、飛び  翻つては飛び  にわかに飛び  人に飛び  羊角して飛び  ものだから、また飛び  人里へ向けて飛び  雲際に飛び  上り、飛び  十円まで飛び  飛び下り、低く飛び  線をえがいて高く低く飛び  鴨が飛び  河原へ飛び  潮見博士は飛び  窓から踊り場に飛び  彼はいきおいよく飛び  有り様を見て、驚いて飛び  容易に飛び  声して挑み、飛び  烏いまはたはたと遠く飛び  酸ゆき音は飛び  水に飛び  思いがして、飛び  どっかへぶうんと飛び  位置に飛び  巧者に飛び  さに飛び  鶺鴒が飛び  こうもりなど飛び  次第次第に高く飛び  虚空はるかに飛び  養父は飛び  庭におりたので、続いて飛び  女に飛び  傍若無人に飛び  怪人はすかさず飛び  片足で飛び  間近になると重々しく飛び  彼は、なぜ飛び  遠く一間ばかり飛び  中で飛び  鷲の飛び  羽風を切って飛び  ものが飛び  一っ飛びに飛び  表口へ飛び  一丈も高く飛び  頂天に飛び  野郎が飛び  川へ飛び  兎のあわてた飛び  体から飛び  招ぶと、いきなり飛び  雲へ移って思わず飛び  岩から岩に飛び  岩を蹴ったりして、飛び  岩に飛び  外を飛び  東京へ飛び  ローザはすぐに飛び  顔つきをし、飛び  あれ星が飛び  チュッチュッと飛び  通行人にかけかまいなく飛び  一代は痛いと飛び  相手に飛び  側から飛び  鴎が飛び  鷹が飛び  恒子は飛び  白鳥になって飛び  空を覆って飛び  飛行船は飛び  処が、ズキンズキンと飛び  小刻みに飛び  膝を叩いて飛び  声に驚かされて、飛び  様に飛び  衝撃にも飛び  順を飛び  水中に飛び  横っ飛びに飛び  わが子へ飛び  宙天といってよいほどに飛び  一頭が打たれて飛び  叫びを立てて飛び  興が飛び  天外に飛び  七兵衛が飛び  舟から飛び  中空を舞って飛び  後ろに飛び  几辺に飛び  ウオッと叫ぶと飛び  窓から庭へ飛び  冗談が飛び  鳥が低く飛び  ぱらを飛び  叫び笑い歌い飛び  方々へ飛び  百姓はにわかに後ろへ飛び  奥に飛び  どこかをつねつたとみえて、飛び  三木は、飛び  のもので、苦しいには、ちがひない、飛び  ちがいない、飛び  彼ははっと飛び  篠田は飛び  翻飜として飛び  速に飛び  水面へ飛び  渡鳥が群れ来て飛び  二大剣豪は飛び  彼方へ、飛び  助は飛び  鳥の飛び  尼さんは言ったが、驚いて飛び  鉄拳が飛び  相当に飛び  二百五十円以上にまで飛び  五六歩窓側を飛び  五六歩窓際を飛び  雀が飛び  棚に飛び  蛍の飛び  彼の青きを飛び  蛍が多く飛び  瀑布に向って飛び  石油箱から飛び  十内は飛び  愛情は飛び  彼女は恐れて飛び  物の飛び  先へ飛び  間に素早く飛び  電気が飛び  世界へ飛び  かげろう蜻蛉の飛び  二階から飛び  一間余りも飛び  烏臼木の下に飛び  坂道を飛び  蜜を吸わんと飛び  気持で飛び  身を引きもぎって飛び  乗客はおどろいて飛び  はりを飛び  つもりで実は、ぱっと飛び  下へ強く蹴って飛び  魂の飛び  夢中で飛び  勇氣を出して飛び  いっぱいになるとまた飛び  キエは、しかし、飛び  ほうさして飛び  あれ彼の飛び  魚が飛び  天井知らずに飛び  彼方へ飛び  隣へ飛び  間から山鳥が飛び  声をあげて飛び  一声鳴いてはついと飛び  一声鳴いては飛び  矢の如く飛び  三段跳びみたいな飛び  血痕の飛び  覗って飛び  私はいっそく飛び  菊ちゃんが、あ、と小さく叫んで飛び  風が吹けば飛び  宝石の、砕け、飛び  海で飛び  そいつがひょいと飛び  瞬間には飛び  こへともなく飛び  青空を飛び  みつばちは答えて飛び  みつばちが飛び  言つて、いきなり飛び  間から突如として飛び  片端で猛然と飛び  二つの風の中で、飛び  参木から飛び  工場を狙って飛び  後から陸続として飛び  残留品までが飛び  各国在留支那人に向けて飛び  窓へ飛び  眼を打たれて飛び  感覚を投げ捨てて飛び  周一は、思はず飛び  ツと飛び  瞬間ギクッとなって飛び  烏が飛び  梢を飛び  外へまた飛び  外へ又飛び  張一滄は飛び  汀に飛び  みそさざいも飛び  嘉ッコが飛び  ざあと頽れ落ちたり、飛び  中に落ちては、またまっすぐに飛び  自分も飛び  敏子は飛び  鳩は、いくらはばたいても飛び  はじめて鳩が飛び  国へ飛び飛び  壇へ飛び  バタバタと飛び  蝙蝠が飛び  形も小さく、飛び  彼女はそっと飛び  棧橋に飛び  海上を飛び  先にいるのでついに飛び  竭し飛び  隕石が飛び  林下にさえ往けば飛び  犬が飛び  蠅を飛び  孔より飛び  口に吸わるるごとく飛び  ところを撃たば飛び  群団して飛び  蝦蟆も飛び  呪願して飛び  食事済んで飛び  毎度飛び来り飛び  即時予に飛び  牀に飛び  山を抱えて飛び  鳶すなわち飛び  鶏は飛び  高鳥、飛び  能く飛び  大洋浜に飛び  草履で飛び  鰭を以て飛び  壁に飛び  僧に飛び  鐘を脱ぎ捨て飛び  主人は飛び  梯子段を飛び  ヒョイと飛び  二人とも飛び  二人は飛び  お父さんは飛び  烏はかっとして思わず飛び  烏は飛び  周りをたよたよと飛び  象の背中に飛び  正体をあらわして飛び  東国へ飛び  遁れ飛び  猫が飛び  妃に飛び  一つたべてみたけど、飛び  粉微塵に飛び  北海道へと飛び  瓦が飛び  叫び声が飛び  音を発して飛び  しろに飛び  舞台を飛び  自分は飛び  これ布子から単衣と飛び  地に落ち、飛び  十三郎、飛び  ジープが飛び  ピヨンと飛び  馭者台から飛び  ウノウと飛び  自分が飛び  ために飛び  羽根があって飛び  舟を目がけて飛び  じだんだを踏んで飛び  魚の飛び  手元に飛び  はるかに青きを飛び  山を飛び  俄かに飛び  そのまま庭へ飛び  がけに、飛び  地面へ飛び  足許から飛び  下を飛び  中を飛び下りて来てはまた飛び  飜然と飛び  綾に飛び  旋回しながら飛び  ちょうや、はちが飛び  笑ひ、戯れ、飛び  機みかまんまとかれは飛び  虫が飛び  蝶の飛び  山から山へ飛び  兵ト音して飛び  無惨に飛び  木の間を縫って低く飛び  怪鳥が飛び  赤蜻蛉が飛び  上を往きつ戻りつして、一向に飛び  真上を飛び  一メートルほども飛び  垂直に飛び  天空に飛び  側へ飛び  破裂すると、飛び  事毎に、飛び  セエラは突然飛び  アアミンガアドは飛び  席に飛び  ベッキイは怯えて飛び  ロッティなどは、いいながら高く飛び  向うへ飛び  屋根を飛び  三人は思わず飛び  さのあまり飛び  セエラは飛び  三人が飛び  そばへ飛び  愉快に飛び  上海へ飛び  運転手はあわてて飛び  手斧は、飛び  南から北へ飛び  反射鏡から飛び  ところへ、いきなり飛び  輪を描いて飛び  そこへ飛び  ところがすっかり飛び  かたわらに立ち、飛び  其山伏に飛び  なつて、飛び  羽目板は飛び  ジョーヌは思はず飛び  勝手に飛び  理性の向ふへ飛び  巣まで飛び  遠くはなれて飛び  どこへとなく、飛び  過去へ飛び  骨は飛び  二丁ばかりは精出して飛び  外に飛び  彼方此方と飛び  ロケットが飛び  敏捷さで、飛び  上にも飛び  ガラスは破れ、今にも飛び  まわりを飛び  そばを飛び  ひらひらと飛び  武男に飛び  号外は飛び  顔見合わし、驚きたって飛び  わが家に向かって飛び  思いは飛び  プラットホームに飛び  階段を飛び  為に、飛び  教師は飛び  汽艇へ飛び  それからひょいと飛び  昆虫は飛び  やうとすると、飛び  円座から飛び  ところから五寸ばかりが、すっぱりと切れて飛び  滑走場がなくても飛び  老人を吊りあげて飛び  方向で飛び  枝から枝へと飛び  昆虫が飛び  謎めいた飛び  隅へ飛び  声に驚き、飛び  のか、飛び  ランチに飛び  時、青くなって、飛び  温みも飛び  わたしは飛び  さで思わず飛び  此方へ飛び  まれに飛び  ことにした、飛び  例の飛び  風をきってヒュウとばかりに飛び  ラマを生けどり、飛び  イルコックとともに飛び  一同に飛び  小鳥が飛び  上からなら、飛び  ようにして飛び  森をさして飛び  途端に飛び  波の飛び  天上を飛び  燃える御殿に飛び  みな鳥に化して飛び  身につけて飛び  娘も共に飛び  鶴は飛び  水中へ飛び  飄々と飛び  力に飛び  バシー海峡を飛び  波をけって飛び  群が飛び  青空へ飛び  学士は飛び  鷹の飛び  鳥は落ちないで飛び  声を立てて飛び  鳥は高く飛び  芝居に飛び  矢のごとく飛び  面を飛び  そこには飛び  孔があって、その飛び  砂漠原を転がり飛び  貝折釘に飛び  神戸へ飛び  仰天してひと飛び  三歩ほど飛び  ところに飛び  背伸びしたって飛び  曲線を描いて飛び  枕もとに飛び  文吾に飛び  花へ飛び  つて、慌てて飛び  石は飛び  矢の飛び  鞍壺へ飛び  四米ぐらゐの溝は飛び  順造は、はっとして飛び  順造は思わず飛び  彼ははっとして飛び  順造は飛び  自ら喫驚して飛び  這ひ、飛び  上より飛び  万葉では飛び  歌姫は飛び  舟に飛び  直ぐにふわふわと飛び  空に飛び  勢ひで飛び  自動車に驚いて飛び  片方に飛び  二十四階へ飛び  航空船はなかなか飛び  成層圏を飛び  速力で、飛び  着陸させて、飛び  青空に飛び  枯木の吹けば飛び  岡に飛び  かし高きより飛び  腕に飛び  舷へと飛び  窓から高く飛び  一つが飛び  さで、飛び  舞台へ飛び  殊に舞台へ飛び  車窓から飛び  坊ちゃんは突然飛び  対岸に飛び  身震ひを挙げて飛び  書類が飛び  後から飛び  蠅はすぐに飛び  ひらひらと軽く飛び  こともあるが、またすぐに飛び  岩が飛び  岩を飛び  手掛りを求め、ぱっと飛び  横面へ飛び  老人は狼狽えて、引き戻さんと飛び  翼がとつくに飛び  ひと群羽ばたき飛び  子供らはまるで飛び  裏にささったより、まだ飛び  三郎は、飛び  加代に飛び  花のいろ飛び  流星の飛び  時代に飛び  呶鳴つたり、飛び  けんめいに飛び  蛙が飛び  紺暖簾に飛び  駒を飛び  のを飛び  肩に飛び  しなやかな飛び  あちらこちらに飛び  燕の飛び  車を飛び  前を飛び  木に飛び  ホチョカケタと啼いて飛び  声を立てて啼きかわし飛び  腹に飛び  声あの飛び  枝に飛び  以前空を飛び  戦地に飛び  結婚後は、ずつと飛び  馬蠅の飛び  力一ぱいに飛び  膝へ飛び  起り家から家に飛び  何だろうとねらいをつけて飛び  反対側から飛びかかつたが、又もや飛び  ぴよんと上へ飛び  袋へ飛び  傍を飛び  馬車は飛び  五体から飛び  下界から飛び  脇へ飛び  部落では金輪際、見つかりつこない飛び  棚へ飛び  許を飛び  三英が飛び  後へと飛び  歳月が飛び  倏忽として飛び  永遠に飛び  彼へ飛び  豹が飛び  熊が飛び  壁に向かって飛び  メーンマスト鴎が飛び  ようにしたが、いきなり飛び  おれが飛び  手車で飛び  わきへ飛び  あおじが飛び  二三間先きに飛び  彼が飛び  杖へ飛び  梢に飛び  仰山に飛び  声が、飛び  叫びながら飛び  舞台に飛び  縁側に飛び  羽音を立てて、飛び  裾風を感じて、思わず飛び  こかへ飛び  それをやられては飛び  やる気になって、飛び  真一文字に飛び  羽撃をしながら格別飛び  うえは飛び  茶色のもまた飛び  私はひつくり返るばかりに驚いて飛び  何でも飛び  蜻蛉は驚いて飛び  鷓鴣の飛び  詩集を見つけて、飛び  花の飛び  子路に向って飛び  なかで飛び  林から刈田を飛び  どこにか飛び  室へ飛び  海道を歩いて見ると、飛び  広告文字ももう飛び  父にそう言われて、飛び  何処へでも飛び  額に飛び  心をひかれながら、思いきって飛び  水から飛び  天涯高く飛び  あんたも飛び  中をば、飛び、飛び  紅宙を飛び  舞台にひらりと飛び  自由に飛び  壁から飛び  声を聞くと飛び  三尺ばかり飛び  電気鳩はひらりと飛び  一竦みに飛び  目は飛び  船で、時々、ああして飛び  眼を怒らして飛び  指揮台を飛び  虫がパチパチと飛び  緑雲はねにつんざきて飛び  向こうへ飛び  もとに撃ちおとしてくれようと、ごうごうと飛び  玄竜は素早く飛び  老婆はきゃっと叫んで飛び  鵙は低く飛び  カナリヤよ、ちろちろと飛び  怪美人に飛び  直ぐに飛び  手へ飛び  直ちに秀子に飛び  高輪田氏は飛び  極点に飛び  隅に飛び  一瞬煙が白く絡んで飛び  それは古くて飛び  鳥に均しく飛び  二三間後に飛び  私はぎくりとして飛び  ベツドから飛び  女がねえ、飛び  つて埒外に飛び  異境に飛び  女が驚いて飛び  驢から飛び  一匡邑近くまで飛び  下に、散り、飛び  夜明け時に飛び  左から右に横切って飛び  勇士等叫びながら飛び  顔へ飛び  ブランコに飛び  彼も忘れて飛び  上からだしぬけに飛び  真似をしていた飛び  態度が、やはり飛び  引潜って、ドンと飛び  指先を触れただけでも飛び  游禽は尽く驚きて飛び  幾万となく飛び  滴の飛び  群かのごとく遠く飛び  頭上を高く飛び  きゅうに飛び  山鳩あわただしく飛び  本人も、飛び  ふいに、飛び  足をぬらしながら飛び  方へ、ぽんと、飛び  籠一ぱいに飛び  見え隠れに飛び  懐へ、ふわりと入りましたので、再びあッと云って飛び  硝子を飛び  月の光りを飛び  森蔭に飛び  かたへ高く飛び  鳥と飛び  歸りを喜んで飛び  ものを抱いて飛び  私は屡、飛び  推摩居士に飛び  フィアレンサイドが、びくっと飛び  通りを飛び  かっこうをして、飛び  それは飛び  島に飛び  島から飛び  大声にさけんで、飛び  一羽が飛び  上流へ押しあげられては、飛び  小枝に飛び  遠くに飛び  声をきき、その飛び  天空はるかに飛び  成層圏へ飛び  高空へ飛び  ガンコと啼きて飛び  中空を飛び  ヤマハハまた飛び  千切れて飛び  パツと飛び  宇宙を飛び  蝶と飛び  間に飛び  あてがあるともない飛び  天井裏にまで飛び  眞中に飛び  五体諸共奈辺にか飛び  身をひるがえして飛び  地上から飛び  息吹きと飛び  浪人が飛び  軽妙にして飛び  蜜蜂が群れて飛び  裏をかいて飛び  傍へ飛び  金兵衛も飛び  彼女はぎくりとして飛び  冷りとして飛び  夜鷹が鳴いて飛び  後光になって飛び  水際を飛び  尾を引いて飛び  スウッと飛び  あと二叉に飛び  とき、飛び  海面を飛び  僕に飛び  志村は飛び  天女は飛び  衣はさけ、飛び  空中へ飛び  宙へ飛び  夫の飛び  儘に飛び  矢よりも早く飛び  目をかすめて飛び  どこからともなく飛び  いまにも飛び  羽叩きして、飛び  森へと飛び  叫びつつ、飛び  そこらを飛び  恋仲になり、あんまり飛び  夕空に飛び  冬じゅうどこかへ飛び  二倍を飛び  後方に飛び  フトコロへ飛び  無言でパッとはじかれて飛び  処に飛び  ものか、もしくはいくらか飛び  免かれんことをねがひ、飛び  狂ひ飛び  教に背きて高く飛び  彼岸に飛び  タラップをまた飛び  ボイラーからワイアを伝って飛び  グルグル回ったり、飛び  地面に飛び  浮足で飛び  たびにきっと飛び  ものは、たちまち飛び  さきに飛び  車に飛び  玉王をさらって飛び  虚空に飛び  水面にまで飛び  五町も飛び  武州くんだりまでも飛び  八方へ飛び  自然だろうが、やはり飛び  すべての飛び  僕ははっとして飛び  清夫は飛び  ふところへ飛び  すそ前を散らしながら飛び  空さえも飛び  空さえ飛び  大川に飛び  四海に飛び  言の高く飛び  天使の飛び  一機が飛び  毎夜石の飛び  石の飛び  啖呵が飛び  よだかはそらへ飛び  方に、まっすぐに飛び  方へまっすぐに飛び  二へん飛び  石段を飛び  盛んに飛び  命令が飛び  三ツ又稲荷、少しく飛び  原稿だの飛び  声が飛び  目まぜが飛び  ざえとした声が飛び  値段にかまわず飛び  ツ競や、飛び  どんどん北の方へ飛び  一段高く飛び  千疋ばかりも飛び  飼手を飛び  両脚を飛び  点々と飛び  長持を飛び  踊子に飛び  まっしぐらに飛び  杯が飛び  火花が飛び  あなたに、飛び  折から空の高くを飛び  えり首へ飛び  弦を離れ、飛び  鴉むらがりて飛び  威徳とを、飛び  つて勢ひ好く飛び  空を握んだ、駈けては又飛び  群り飛び  罵倒も飛び  蝿の飛び  声々が慌しく飛び  連動機を外れて飛び  甲板へ飛び  三ツ山すれすれに飛び  解釈を飛び  色に似て、吹けば飛び  安らかに飛び  同輩扱に飛び  小平太はぎくりとして思わず飛び  二等室を追いかけて飛び  汽車に飛び  踊りはね、飛び  木原に飛び  トーチカへ飛び  吾に帰ると飛び  終止点となって飛び  無闇に飛び  ドブを飛び  白雲の飛び  羽がきも荒く飛び  葉から葉へと飛び  自分等とはずっと飛び  板は飛び  草叢から岩と、飛び  茵を蹴って飛び  太刀に連れて飛び  声と飛び  船から階段へ飛び  水夫も飛び  甚太郎も飛び  岩燕が飛び  無邪気に飛び  急にまた飛び  梢を放れ、高く飛び  間隔、ちちと、ちちと、飛び  西へと飛び  隅から私に飛び  清子が飛び  燃えもすればふうわりふうわりと飛び  鷲が飛び  鳥はそのまま飛び  雲霧が飛び  運賃は、飛び  カンガルーは飛び  星野は飛び  本領へ飛び移ろう飛び  どこを向いても、思い切ってやっと飛び  かもめの飛び  他人から言われると飛び  周囲に飛び  頭よりも高く飛び  彼等の飛び  一直線に飛び  さに、突然、跳ねまわったり、飛び  空中どれくらい高く飛び  輪をかいて飛び  はてまで飛び  ペガッサスはどんなに飛び  ものすごい飛び  五百メートルばかりも飛び  リシアをさして飛び  雲の上について飛び  マイルも飛び  あまり激しくころげ廻ったり、飛び  ベッドから飛び  蛍が飛び  朝六時から飛び  叫び声に飛び  笑い方もしなければ、飛び  徳市は飛び  上手だけれど、飛び  蝙蝠の飛び  五つの闇市場へ飛び  岩角まで飛び  何んの驚く、飛び  束に飛び  空に向かって巻き上がったが、飛び  さを飛び  男に飛び  りよに飛び  神が怒つて飛び  坊城は飛び  一度に颯と飛び  伊太郎目掛けて飛び  源太夫は考え込んだが、突然飛び  一丈あまりも飛び  びっくりして、飛び  叫び声をあげるや飛び  穴から下へパッと飛び  誰が飛び  浮山が飛び  もの、飛び  蝗が、飛び  肩にまで飛び  彼に飛び  声に、飛び  雨戸から後へ飛び  熔鉱炉に飛び  令夫人鉄道線路の飛び  王さまはおそれて飛び  縁に逃げ上れば、おいよもひらりと飛び  縁にひらりと飛び  群集は驚いて飛び  輕やかに飛び  羽蟻は飛び  村から村へと飛び  やうに、ひらりと飛び  段に飛び  釜から飛び  岩石は飛び  穴熊は飛び  から先に飛び  ひらりひらりと飛び  今度はとうとう飛び  蜜に酔って飛び  地上三尺とは飛び  インキが飛び  すれすれになるくらいに低く飛んで飛び  給へ、飛び  翅をひろげて飛び  梟もいつの間にか飛び  それへ飛び  森を指して飛び  軒端をかすめて飛び  幹に飛び  梢よりも高く飛び  ヘッセ人はぱっと飛び  馬が飛び  草履慕ふて飛び  心に飛び  蔭に飛び  上にひらりと飛び  お母様もハッとして飛び  懐に飛び  柄にもない飛び  姫は飛び  よはぞっとして飛び  空に向って飛び  侍が飛び  穴より飛び  恐怖のあまり飛び  紙が、あやうく飛び  蠅が群れ飛び  指が切れて飛び  うすい雲が飛び  銛さきへ飛び  一台へ飛び  戦車を飛び  場所で、降るともなく積もるともなく飛び  仕方がないから改札を飛び  地獄へ飛び  切りに飛び  まま私がすうと飛び  どこへとなく飛び  雲を遠く飛び  水を打つて飛び  甲から乙に飛び  匙にまみれて、飛び  燕ついついひらりと飛び  羽蟻が飛び  とんぼの飛び  やんまも飛び  ぢきて飛び  帽子とは、飛び  老人はそう聞くと思わず飛び  かもが飛び  三段位ずつ飛び  長谷川は飛び  扉から飛び  默つて赤く飛び  高層から飛び  相手が避けて、飛び  思つて、飛び  動きもしなければ飛び  知らん顔をして飛び  間を抜けて飛び  羽をのこして飛び  



前後の言葉をピックアップ
飛びたち  とび  跳び  トビ  飛びの  トビア  とびあがっ  飛び上がっ  とびあがら  飛び上がら


動詞をランダムでピックアップ
漂わせくみあう酔いつぶれすじり濁ら採りあげる横たえれ乗り切っ過ごせ出しゃつくれこしらえろたちならん汲み込ん受かるとりきめる取直す名づけよ休らえこそぐ
形容詞をランダムでピックアップ
さうなから恥しく無かろ角から物憂くつめたし極まりなき眩し愛らしうらやましくっ軽々し花々し面倒くさかっじじむさ気づよむつかしくにげなきゃ短き執念深い羨ましから