「頻」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 頻[動詞]
あたりで頻  学校と相並びて、頻  のか、頻  父すら目出度い目出度いと言いながら、頻  上に伏せていた頻  考へは頻  考えは頻  沢は頻  沢が頻  微笑しながら眺めて、頻  訳か、頻  珠が頻  筈だというて頻  風呂敷を平にひろげ、頻  表通に頻  角笛が頻  手で、頻  わたくしを見て、頻  びょうびょうと、頻  何か頻  書物を拡げながら、頻  それに競わんとするごとく、また頻  蹴出しあらはにして頻  しまつて、頻  それから尚頻  机を置き、頻  しませぬけれど頻  娘とが頻  荊の実は又頻  名として、頻  危機に頻  目もくれず、頻  男は頻  上から、頻  君は頻  請ふこと頻  岡目八目これを見て頻  悦われにあらしめつ、あるは頻  彼長吏法師為二同宿之阿弥陀法師一被二追出一之時、頻  雨が頻  ものを出して、頻  指で頻  前を通って頻  あたりに頻  若い河童をつかまへながら、頻  雨はまだ頻  私に頻  さつきから差し向ひで、頻  プリスタフは頻  赤木桁平が頻  芻秣を倍し、頻  焔に頻  発作に頻  楼閣そびえ、頻  ことの頻  唇を撫でながら、頻  顏をしながら、頻  顔をしながら、頻  眼を動かしては、頻  尾を振りながら、頻  公休日が頻  一時、頻  お久は頻  沢は、頻  飢饉の頻  蠻行が頻  洋行夫婦を褒め頻  人人は頻  訳だろうと言うて頻  ことが頻  雫と共に頻  結婚しろと頻  骨まだとれず、頻  食事をなして頻  説明を頻  対談をして頻  一人は頻  座敷にて頻  入て頻  機会として頻  お代先生が頻  責任を負わねばならんと頻  植ゑるからと女形も頻  何じゃやら、頻  裏で、頻  から、頻  雑巾を貸してもらいたい、といって頻  五百津の御頻  糸を下して、頻  のを見て、頻  香の頻  長次郎は頻  目細が頻  前に、頻  浪もおほには立たず、頻  渡りの頻  投繩を頻  博士は頻  署長は頻  彼女は頻  男と頻  両親は驚いて、頻  東京市は頻  男が頻  のを、頻  百姓が頻  連中は頻  私とで頻  成つた、頻  狼狽して、頻  姿と頻  此日を忌む頻  梅の実頻  日比谷辺にて頻  世人は頻  俄国人男女数名来りて頻  老若二友が頻  揺ぶって頻  墓地もあり、頻  交際ずきで頻  中では、頻  ぢ向けて頻  胡座して、頻  のは、頻  阿賀妻のそげた頻  様な頻  云つて、ぽつと頻  女たちが頻  半身水口から突出して立っていたが、頻  今日は頻  南室を離れずに頻  霧は、頻  隣へ移して、頻  備前組が頻  使が頻  女で、頻  鰓を頻  雨は頻  余沫が頻  ごこちぞ頻  のだらうと頻  空想なきに頻  後も頻  庭に下りて頻  つて來て、頻  声とともに、頻  朸を揮うて頻  お母様が頻  羽根をひろげて頻  鳥という頻  危殆に頻  醫員が頻  つて父が頻  涼しい風が頻  目を細く、頻  支那人は、頻  其外學者としては頻  間坐りて居ればやがてまた頻  者ありて頻  帰りに頻  者、働きていたりしに、頻  面をさし入れて頻  當人も頻  母などは頻  老媼ありて、頻  胸へ組んで、頻  やうに、頻  女房が頻  谷間にほろほろと頻  竹籔では、頻  冷たい雨の頻  旅客は頻  做して、頻  襟飾を引きちぎりはしないかと思うほど、頻  頁を、頻  役人で、近頃頻  何うか、頻  頃兄は頻  処を頻  跡で、頻  裸男の頻  爭ひが頻  カフヱーで、頻  雨が振り頻  上へ頻  相手にして、頻  小机を据え頻  製造場へと頻  前に置いて頻  疲れもあった、頻  噂が頻  あちこちで頻  



前後の言葉をピックアップ
士気    四季  志紀  四季咲き  指揮  敷か  敷き  志貴  史記


動詞をランダムでピックアップ
かけぬけよ死すれすっぱ抜い行きあたりかわん来い属するちぎっ朽果て撲り付け当たれ噤もこりかたまっつけかえる向けれけつまずか挑む走り去ろ振りほどい讒せ
形容詞をランダムでピックアップ
優しい粗し楽しく女々しそそっかしい生温ききまずい紅きてひどく小さくっかん高い赤黒気持ち良かっ白くっにくきひもじゅうねつい際どきむしあつく心安く