「頭」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
頭を美事な男刈にした,  頭を胸の中に抱いた,  頭を持ち,  頭を上げた,  頭を休めて置いた,  頭を下げた,  頭を垂れた,  頭をがくんとおとしていた,  頭を押して,  頭を出して,  頭をすぼめて降りて行ったが,  頭を打つてしまひました,  頭を枕からあげて口説きました,  頭を出しました,  頭をなでたり,  頭をなでました,  頭をひねくって考えていた,  頭を見た,  頭をめぐらす,  頭を使ふ,  頭を日に光らせ,  頭をかくす,  頭をテカテカになでつけられた,  頭をその中へ入れました,  頭を使う,  頭をさげた,  頭を置き,  頭を両手で抱えた,  頭を射って,  頭を冷やして,  頭をのばして待って居らっしゃった,  頭をそっていただいて泣きながら,  頭を出す,  頭をかいて,  頭を振った,  頭を下げたが,  頭を下げれば,  頭を殴った,  頭を下げろ,  頭を下げる,  頭を空つぽにして,  頭を撫でながら,  頭をぶっつけた,  頭をぶち,  頭を打付け,  頭を打ッつけ,  頭をなぐる,  頭を打つ,  頭をお勤めになる,  頭を打裂き,  頭を鋭くひと振りした,  頭を両手で撫でまわし,  頭を石の上に横えた,  頭をかしげました,  頭をたたいた,  頭をあげて見ると,  頭を掻いた,  頭をさげて,  頭を散々悩ませつつ,  頭をコツリと打って行く,  頭を打られるより,  頭を撫でてやる,  頭を撫でて遣るだけで,  頭を抱えて,  頭を掠めると,  頭を集めて,  頭をさ,  頭を上げる,  頭をこ,  頭をふって,  頭をふった,  頭をまっすぐに立てた,  頭をかき,  頭を掻いて引込んだ,  頭をすりつけてないていた,  頭をたれてだまった,  頭を刈りに,  頭を刈ったってき,  頭をかっても,  頭をそらして倒れ,  頭をなでてやろう,  頭を混惑させる,  頭をひやして,  頭をさげい,  頭を大地につけてないている,  頭を畳にすりつけ,  頭をはるかに高く飛んだ,  頭を縮めてひっこんだ,  頭をかいた,  頭をけった,  頭を叩いて,  頭をくり,  頭を掻きながら,  頭を冷たくしよう,  頭をしやぶりながら,  頭を打ち,  頭を傾け変えると,  頭を下げると,  頭をかかえて,  頭を去って,  頭を下げて,  頭をたれていた,  頭を上げて,  頭をむけて行った,  頭をはねた,  頭を突込み手を突込む,  頭をしばらく彼らの膝の上に載せて憩わせ,  頭をもたげた,  頭をひくくして立ちながら眠ってしまった,  頭をたれて,  頭を摺りつけて終った,  頭を風にまかせ,  頭をかきむし,  頭を垂れ,  頭を擡げて,  頭をかくしてしまった,  頭をあげ,  頭を集めてゐる,  頭を振って,  頭をなやましておいでです,  頭をグラグラとゆすぶると,  頭をイヤというほど,  頭をしずかになでながら,  頭をいやというほどなぐった,  頭をひっこめようとはしない,  頭を重そうにぶらぶらふって,  頭を左右にふって,  頭をまるでふり,  頭をもたげ出しました,  頭をもたげてまいりました,  頭を抱へながら熟と瞳を据ゑて考込むでゐた,  頭を撲る,  頭をつき出して,  頭を傾けて,  頭をやった,  頭を突つ込んだ,  頭を擲つたといふ,  頭を働かせて,  頭をかしげて,  頭をふりました,  頭を洗わんので,  頭を意味したかもしれない,  頭を掻いて,  頭をなでられて,  頭をつかふ,  頭を下げたさうであります,  頭を後方からステッキで擲つた,  頭を撫でた,  頭を垂れたり,  頭を挙げて歩け,  頭を遠慮なくぶん殴るという,  頭を仰向けに垂らした,  頭を吹いた,  頭をもたげる,  頭をたれた,  頭を畳にすりつけて,  頭をあげた,  頭を畳にすりつけた,  頭を下げ合うた,  頭をぶっつけない,  頭を横にふって,  頭をかかえた,  頭をおさえつける,  頭を天井にぶつけてみた,  頭をあげて,  頭をもちあげた,  頭を僕の方へつきだして,  頭を叩きつぶせ,  頭を切りかえなくてはならない,  頭を少し上げると,  頭をもっとよくもたげる,  頭をベッドのへりの,  頭をとうとうベッドの外の宙に浮かべてみると,  頭を傷つけまいとするならば,  頭をのせた,  頭を下に向けていた,  頭を廻してみても,  頭をミルクのなかに突っこんだ,  頭を引っこめた,  頭をもうもたげる,  頭をソファのへりの,  頭を通り過ぎる,  頭をドアにぶつけ,  頭を混乱させてしまったに,  頭を突き出し,  頭を向けた,  頭をドアから引っこめて,  頭を振り,  頭を居間へ突っこんでいた,  頭を床にぴったりつけて,  頭を何度ももたげては,  頭を振り返らせてみた,  頭を叩きまわって,  頭を刎ねられるだろう,  頭を刎ねられているよか,  頭を刎ねられて,  頭を動かし,  頭を動かして,  頭をのぞかせて,  頭を下げようとしない,  頭をおさへて,  頭を病ませた,  頭を悩す自分を思ふと,  頭を使はうと試みた,  頭をなでてやると逃げようともしないで,  頭を使おうと試みた,  頭を振りかざして,  頭を撫でたり,  頭を突きだして,  頭をならべた,  頭を撫でつつ,  頭をこの印象が強く占領した,  頭を突っこんで,  頭をつけた,  頭を下げるので,  頭をよけい支配した,  頭を休めて,  頭を下げている,  頭をちょっと下げた,  頭を少し前こごみにして,  頭を指先でつっついて,  頭をもたせ,  頭を割られる,  頭を枕につけた,  頭を冷してやった,  頭を枕につけたが,  頭を冷し続けてる,  頭を動かした,  頭を傾げて云った,  頭を垂れて,  頭を挙げた,  頭をがんと一つ撲りつけたらと,  頭をながめた,  頭を掻きました,  頭を下げました,  頭をほんのすこし下げて,  頭をずうっと垂れました,  頭を持っているとか,  頭を動かす,  頭を擡げて来た,  頭を振つて,  頭をめぐらして,  頭をもこめた,  頭をした,  頭をかじりながら,  頭を護っていた,  頭をなでては,  頭を割られて死んでいた,  頭を突き出した,  頭を出した,  頭を疲らせた,  頭をさげ,  頭を掠めている,  頭を切りはなして,  頭をちょっとあげて,  頭をつけて,  頭を地べたにつけた,  頭を掻く,  頭を青い空の下にそろえています,  頭を傾けた,  頭を払い,  頭をたたいて,  頭をそろえて,  頭を入れました,  頭をかるくなでながら,  頭をやさしくなでながら,  頭をやさしくなでました,  頭をかきました,  頭をさげながら,  頭を上にむけて,  頭をなでながら,  頭を毛布の中にすっぽりうずめていました,  頭をならべて,  頭を蹴られてはたまりません,  頭をけられ,  頭をぶつけるなという,  頭をうちつけたらしい,  頭をはたらかせさえすれば,  頭を下げ,  頭を背後へ巡らすと,  頭を下げたりした,  頭を振,  頭を打つけた,  頭をなで,  頭をつかむと,  頭をもとに返して,  頭を長く下げてつながれてゐた,  頭を自分の手で押へて振りながら,  頭を振る,  頭を打つつけた,  頭を前に倒すと,  頭を割られて死んだ,  頭を出している,  頭を低くする,  頭を上げれば叩かれる,  頭を捲いた,  頭をひねっていますと,  頭を撫でられた,  頭をつるりと撫でてみました,  頭を掌で撫でてみました,  頭を見せて,  頭をぶたれて,  頭をおしつけて,  頭をつッこんで,  頭をふると,  頭を馬にくはれた,  頭をむしつて取つてしまふ,  頭を並べている,  頭を下げて通った,  頭をピシャリとたたかれる,  頭をもたげて泳いだり,  頭を左に傾げてみる,  頭を悩ましめた,  頭を刺戟して,  頭をうなだれて,  頭を使わずに,  頭を持ち上げて,  頭を振るだけであった,  頭をそんな風に作り替えて,  頭を振りながら,  頭を掻きながら言った,  頭を振りはじめた,  頭を支えかねるかと思える,  頭をもたげながら,  頭を一つがんと殴られた,  頭をかかえていた,  頭をこつこつやった,  頭を撫でてやろうという,  頭を布団から出したり入れたりした,  頭を撫でたりすると,  頭を甚だしく刺戟した,  頭を持ち上げた,  頭を使い過ぎない,  頭を垂れて聞きました,  頭を枕から離すと,  頭をやすめているか,  頭を摺りつけた,  頭をやすめてゐるか,  頭を曲げて,  頭を掻いて申しました,  頭をかきながら,  頭を下げて申しました,  頭をかいていたが,  頭をびくの中につッこんで,  頭を口にくわえました,  頭をかみくだき,  頭をひっこめました,  頭を刈られながらふ,  頭を抓んで,  頭を順にたたくと,  頭を白い布で捲いて,  頭をぶっつけるか,  頭を垂れる,  頭を抱えると,  頭を持上げて,  頭を持上げながら,  頭を押えた,  頭を持ち上げながら,  頭を靠れ,  頭を熱らせて,  頭を自分の拳固で殴りつける,  頭をぶつけっこして,  頭を強く左右に振った,  頭を下げつつ,  頭を横にふった,  頭をおとして,  頭を心持右へかしげ,  頭をもたせかけて,  頭を抱へてまるくなつてゐた,  頭をかかへて,  頭を抑えたる,  頭を右へ立て直す,  頭をたたくん,  頭をポンポンポンポンたたきつけました,  頭をコツンコツンと叩いてまわりました,  頭を並べて送りだす,  頭をバサリと描いた,  頭を澄ましながら,  頭を前にこごめて,  頭を襲って来た,  頭を襤褸から出して,  頭をすくめていたが,  頭を押えつけた,  頭をかぞえた,  頭をトントン叩いていた,  頭をどやしつけられた,  頭をどやしつけている,  頭をおさえている,  頭をしていると云う,  頭を上げると,  頭をふせているとくるわの,  頭をさげない,  頭をお祭のようにかざる,  頭を優しく叩くと,  頭を上げようとする,  頭を其方へ傾けて見せた,  頭を畳に擦りつけ擦りつけして,  頭をさげてたよ,  頭をもちあげて,  頭をなぜてくれました,  頭を痛くして取って来た,  頭を股倉に曲げ込んで,  頭を目蒐けて投げ出した,  頭を空にして,  頭を突っ込んだ,  頭をもたげて来て,  頭を敲きながら,  頭を敲いて,  頭をあげて来て,  頭を下げながら,  頭をひねっている,  頭を敲きはじめた,  頭を悩ますよ,  頭を下げていた,  頭を去らなかった,  頭を悩ました,  頭をかすめもしなかった,  頭をうった,  頭をかすめた,  頭をくっつけた,  頭をなでてくれたり,  頭をのっつけ,  頭を低げていた,  頭をなでている,  頭を離れぬ,  頭を逆さにふっても,  頭を下げたりしてはいけない,  頭をがっくりと下げながら,  頭を擡げて見ぬ,  頭を撫でて,  頭をあつめて聞いてゐる,  頭をあつめて聞いている,  頭をぶつけて死んだ,  頭を上に尾を下に縦に浮いて,  頭を三度地べたにすりつけろと,  頭をかかへて困つてるだけか,  頭を離れない,  頭をかすめたからである,  頭を稍後へ反らせて,  頭を疑う,  頭を擧げて,  頭をかかえてわめいた,  頭をさげると,  頭を時分けにした,  頭をぴかぴかの時分けにし,  頭をもたげて,  頭を撫でたりしてゐた,  頭を悩ましつつある,  頭をしぼる,  頭をひねって,  頭を持っていて,  頭を擡げる,  頭を抑へつけてゐた,  頭を抱へ乍ら戻り来る,  頭を下げてく,  頭を擡げると,  頭をたれながら,  頭を断ち,  頭を突きのけ,  頭を垂れるより,  頭を挙げて,  頭を冷やし,  頭を抱えた,  頭を剃つた,  頭をぶらぶらしたりして,  頭を調べて,  頭をなでてやりました,  頭を振って食べました,  頭を挾んで,  頭を動かすと,  頭を斧で割る,  頭を持つて微笑んだ,  頭をリイケが枕の傍に押し附けて,  頭をもしゃもしゃかきながら,  頭を熱そうに照らしています,  頭をさげる,  頭を抱きしめた,  頭を坂田の肩にもたせかけた,  頭を下げて行った,  頭を殴,  頭を下げてに,  頭をちょっと突出していった,  頭を飾る,  頭を吹飛ばされ,  頭をもった,  頭を地中に棒のように立っている,  頭を盗みおろうという,  頭をもたげてきたからであった,  頭を振っても離れてゆこうとはしない,  頭を抱いて,  頭を綺麗に剃った,  頭を削った,  頭を擲らうとする,  頭を乱髪にした,  頭をなぐつたり,  頭を擲ろうとする,  頭をなぐったり,  頭を振られました,  頭をきりました,  頭を斬りました,  頭を撫でていった,  頭をもたげ,  頭を用ゐて,  頭をぽかりと擲つた,  頭を使ひ過ぎる,  頭を打ってから,  頭を打ったと思ったら,  頭を垂れてしまひました,  頭をやけに振った,  頭をなでて言いました,  頭を低めて,  頭をもつて行かないと,  頭を持ちあげている,  頭を擲りつけて,  頭を上げました,  頭を高くあげて,  頭を外につき出します,  頭をブツけたのは何んでせう,  頭を持ちあげ,  頭をくつつけてついてゆくので,  頭を上げたり下げたりしてゐる,  頭を下げてゐる,  頭を上げてゐる,  頭を上げたり下げたりして,  頭と頭をくつつけ合はせて,  頭を打ちつけない,  頭を打突ける,  頭を上にして,  頭を下にして,  頭を向ける,  頭をたたいたりして,  頭をあとへひいて吠えた,  頭を撃ち抜いて,  頭を突っ込んでいたので,  頭を素肌の胸のあたりに垂れて坐っていた,  頭を混乱させるに過ぎないと考えたらしい,  頭をむけて,  頭を偶然にあげると,  頭をふりながら,  頭をわたしの肩にもたせかけました,  頭を襲ふ,  頭を押へて居ると,  頭を打つて,  頭を岩で酷く打つた,  頭を心もち右へ傾ける,  頭をもち上げ,  頭を低くかけ,  頭を横にふっても,  頭をもたせかけながら,  頭を冷やした,  頭を冷やしなさい,  頭を空中に飛び上がらせながら,  頭を胸のところまで垂れて坐っていた,  頭を下げこんだ,  頭を横に曲げた,  頭を脅迫す,  頭を打ちたければ,  頭をかいたが,  頭をしぼってみようじゃございませんか,  頭をなやめている,  頭をも銅の人像のように照り輝かしているのに,  頭を掴んで,  頭を見てください,  頭を悩み苦しめていた,  頭を見つめながら,  頭を刈ってもらうという,  頭を擡げて来て,  頭を軽く振っている,  頭を使わせたくない,  頭をひねった,  頭を擡げた,  頭を抑へて,  頭を円めて諸国遍歴に旅立つ,  頭を壁にガーンとぶっつけた,  頭を出して下さい,  頭を縛めつけた,  頭を葉越に見た,  頭を峠に上げた,  頭を左右に振って,  頭を氷で冷やし,  頭を並べた,  頭をもたげてきて,  頭を廻して睨んだが,  頭をいっぱいに占領してはならない,  頭をはなたれば,  頭をひねっておられた,  頭を切るだけで,  頭を打ちしにあらず,  頭を凭せながら,  頭を振つた,  頭を投げかけると,  頭を凭らせて,  頭を私に下げさえした,  頭を剃り,  頭を横にふりました,  頭を丸刈りにしてみただけさ,  頭を丸刈りにする,  頭を下げてから,  頭をよくしてやる,  頭を動かしただけだった,  頭を乗せて,  頭をちょっと振って受けなかった,  頭を載せた,  頭を土へ附けた,  頭を剃ると,  頭を掠めた,  頭をつかえて,  頭を上げて来た,  頭を撫で,  頭をぶち割ったり,  頭を低れて,  頭をめがけて,  頭をペロペロとくらった,  頭を鉄扇でしたたか敲くと,  頭をこごめた,  頭を愛撫しながら,  頭をポンとたたく,  頭をハッキリさせて,  頭を指して見せて,  頭を凭せていた,  頭を擡げていた,  頭を振つたが,  頭を下げなければならない,  頭を板の間へすりつけた,  頭を下げるから,  頭を撲り付ける,  頭をぽかりと喰わしてやった,  頭を張りつけてやった,  頭を掠めて,  頭を下げなければいけない,  頭を明るい部屋にスット差し込んで,  頭を下方に近づけるので,  頭をうっちゃ,  頭をコンパクトでたたき始めた,  頭を思ひ,  頭を出したぞ,  頭を二重にも三重にも疲れ,  頭をなぐりつけて,  頭を抱へたきり泣きもしなかつた,  頭を強く縦にゆすつた,  頭を潜らせた,  頭を通過した,  頭をかかえこんでいた,  頭をかかえこんでしまう,  頭を突つ込んで,  頭をたたき割ったら,  頭を子供のやうに撫で,  頭を掻いて笑った,  頭を重そうに首肯かせた,  頭をだしました,  頭を叩くと,  頭を掉ったり,  頭を編笠が抱えた,  頭をフラフラと夢心地で揺り,  頭を混乱させたかと云う,  頭を掻くより,  頭を左右に揺すりました,  頭をむくりと上げた,  頭をなやましました,  頭をかがめて,  頭を晒していた,  頭をはねたりはしなかった,  頭を叩き潰して死ぬ,  頭をのっけていたらしいが,  頭を踏んだ,  頭を揃えている,  頭を突出している,  頭を撫でている,  頭をすりつけて,  頭をよせかけて居ねむりをしている,  頭を撫でつ,  頭を揉込む,  頭を半分出して,  頭をもたげさせなかった,  頭を垂れているので,  頭をかしげながら,  頭を床すれすれにまげ,  頭をなぐりつけた,  頭をかかえると,  頭を持ちあげて,  頭をふったりする,  頭をつかんだ,  頭を皿のほうへまげて,  頭を皿の中にがっくりと落としてしまった,  頭をだしてしまったが,  頭を持ち上げ,  頭を持たないで,  頭を深くたれて考え込む,  頭をふって居る,  頭を上げて見ると,  頭を下げて居たが,  頭を横に振って居た,  頭を深くたれて,  頭を上げて血走った,  頭をなでてやったら,  頭をもち上げた,  頭をかかえる,  頭を寄せかけて来た,  頭をよくなでてやって,  頭を突き込んでいられる,  頭をだした,  頭を斬った,  頭をあげる,  頭を横に振,  頭を横に振つてゐるばかりでした,  頭を石畳に打ちつけるとか,  頭を刺す,  頭を抱えて縮こま,  頭をゴシゴシ押し隠して,  頭を振ったり,  頭を曲げて見ると,  頭を打ちつけて,  頭を振り向かせた,  頭を下げさせておきながら,  頭を下げずにはいられなかった,  頭を掻いている,  頭を離れんぐらいに,  頭を下げたりなどしているから,  頭を突込んで沈んでしまったろう,  頭をめちゃくちゃにくだく,  頭をふり,  頭を叩き割られてしまうだろうか,  頭を抱え込むと,  頭を二度ばかり下げただけで調べる,  頭を使ったかね,  頭をピッタリと凝視して,  頭を使っている,  頭をたれ,  頭を突いてやれ,  頭を横に振った,  頭を悪くしたか,  頭をひしゃいで通した,  頭を寄せてみると,  頭を左右にふりながら,  頭を手でおさえた,  頭をいじつてもらひ,  頭を洗つてサツパリして,  頭をぶっつけて,  頭を下げもしなかった,  頭を下げているではないか,  頭を自分の拳で撲りつけたが,  頭を刎ね落してくれ,  頭を低く下げて,  頭を下げたので,  頭をすりつけて答えた,  頭を打って悔いた,  頭を合わせて,  頭をひねる,  頭を沈めてから,  頭をゴシゴシ拭き終えた,  頭をぶつけては,  頭をぶつけながら,  頭をぶちあててみる,  頭を蹴散して,  頭を目蒐けて投げつけた,  頭をかかえると立ち上った,  頭をかかえて倒れながら,  頭を降ろして,  頭を合せて落ち込んだ,  頭をクルクル刈りにして着ぶくれ,  頭を紅葉の細枝に打ちつけた,  頭をはなれない,  頭をのっけて居た,  頭をはっきりとさして呉れた,  頭をいやと云う程打った,  頭を持って居る,  頭を結う,  頭をおされる,  頭を落した,  頭を下げずには居られなかった,  頭をして,  頭を下げずにすむ,  頭を埋め,  頭を抱えんばかりの,  頭を一寸延すと見える,  頭を暗くし,  頭を生理的にも変化させる,  頭を細かく落つけて,  頭を出し,  頭をすぐ改造してしまいます,  頭を振ったりしている,  頭を見付けた,  頭を示しながら,  頭をつまみあげて云った,  頭を垂れてすすり泣いた,  頭を壁にぶつけて押し,  頭を擡げ,  頭を榻背に持たせ,  頭をぐゎんと殴って,  頭をふりあげ,  頭を殴りつけた,  頭を出して云った,  頭をうしろから破られ,  頭を射貫いて,  頭をうなだれ,  頭をがりがり掻くより,  頭を明晰にしましょう,  頭を自分の肩にのせさせた,  頭を屈めていて,  頭を見下しながら,  頭をそこに休ませるかの,  頭をあてていた,  頭を温め輝かせた,  頭を思い出させる,  頭を載せておける,  頭を父親のすぐ傍の堅い床の上に横えて,  頭を抱える,  頭を近よせながら,  頭をにゅっと出して,  頭を頷かせながら,  頭を振り動かした,  頭を振りながら答えた,  頭を振りながら言った,  頭をだらりと下げた,  頭を先にして,  頭を振り向け,  頭を外にして,  頭をわられて殺され,  頭を張りつけたら,  頭を下げさせようとする,  頭を去る,  頭を叩き,  頭をぶちあてる,  頭を殴る,  頭をひっぱたく,  頭をグングン振り回してうなずいてしまう,  頭を抱えていた,  頭を捻る,  頭を抑えられる,  頭を切り変えて,  頭を抑えられた,  頭を右左へふらふらさせたり,  頭をかいていると,  頭をコツンと打ちますと,  頭をかきかき答えました,  頭をなぐった,  頭を靠せた,  頭を掻きむしった,  頭をかいて引き,  頭を低うして,  頭をステッキで破って,  頭をおっつけ,  頭をくっつけ,  頭をおっことしてしまったよ,  頭を下して,  頭を左右に振っていた,  頭を振り始めた,  頭を一つ叩いた,  頭を叩いてみて,  頭をぴしゃりぴしゃりと叩いていった,  頭を叩き出した,  頭を強く叩いた,  頭を抱へて次の列車を待ち,  頭をおかしげになっていましたが,  頭をなでてくれました,  頭を傾けました,  頭を突つ込んで泳いで行く,  頭を上げたり,  頭をい,  頭をかたげました,  頭をかきながら歩き出しましたが,  頭をかかへた,  頭を蹴られる,  頭をかくすと,  頭を水で冷やした,  頭をひたひたとさして,  頭を悩ましました,  頭を左枕にして寝てゐた,  頭を快くひやして行く,  頭をさげるだけで,  頭を撃った,  頭を働かせていた,  頭を調べた,  頭を撲りつけられて殺されてもい,  頭を叩かれながら訊ねる,  頭を沈めた,  頭を北に向けた,  頭を入れて呉れた,  頭を払ひながら,  頭を垂れていたが,  頭を勤めている,  頭を上げかけていた,  頭を丸めやす,  頭を動かして避けていると,  頭を反らして,  頭を捻っている,  頭を掻いていると,  頭を見止めた,  頭を半廻転させたが,  頭を屈め下げて来たので,  頭を作る,  頭をさげるばかりだったという,  頭を歪めて言った,  頭を五つ六つぶっつけて,  頭を横にするが,  頭を五つほど壁にぶっつけて,  頭を引掴んで,  頭をもちゃげてまっすぐに過ぎ去った,  頭をおろして睡ってしまった,  頭をやいたとさ,  頭を支えながら,  頭を微風のある,  頭を掉った,  頭を上へ引かれる,  頭をふる,  頭を置いて,  頭を出すと,  頭をつるりとなでた,  頭をよせる,  頭をよくしようと考えた,  頭をふったが,  頭をぶっつけては,  頭をさしのべた,  頭をおさえた,  頭をしたたかに打たれたので,  頭を打たない,  頭をすっぽりとぬぎ,  頭を持っていた,  頭をぐらぐらさせながら,  頭をよせて,  頭を悩ます,  頭をつかう,  頭をあげると,  頭を打たれた,  頭を殴りつけるか,  頭をもたげてきた,  頭をふるに,  頭をたたき,  頭をすこし動かした,  頭を項低れた,  頭をふみつぶしたが,  頭を踏みつぶしていた,  頭を拝見すると,  頭を捻ったよ,  頭を抱へて空を仰いだ,  頭をひねりましたが,  頭をこすりながら,  頭を雑記帳へくっつける,  頭をあつめて聞いています,  頭を打ちすえ打ちすえ,  頭を掻き,  頭をさげている,  頭を再び擡げて来た,  頭をくりくりの芥子坊主にしてね,  頭をひねると,  頭をひねってみましたが,  頭を切った,  頭を低くして這いつくばって,  頭をふりあげて,  頭を振るより,  頭を竪には振らない,  頭をそらして,  頭を掻きかき,  頭を突きながら,  頭を留められ,  頭を縛った,  頭をのせて,  頭をひねって見ようか,  頭をザブザブ洗つて居る,  頭をコキンと殴り,  頭を刈っている,  頭をかかへました,  頭をよせかけていた,  頭を打ちつけた,  頭を叩いた,  頭を二つ三つ叩いた,  頭を畳へおとして,  頭をひくく下げて言った,  頭を掉つて奧深う立つて居る,  頭を風に面する,  頭を向けている,  頭をぴょこぴょこ下げて,  頭を抱へて小さくなつてゐた,  頭を掩うあり,  頭を搾り,  頭を惱まされて,  頭を引擦つて行く,  頭をもたげたが,  頭をもてあましていた,  頭を挙げて聞いた,  頭をさげなければならないだろう,  頭をくだく,  頭をはたらかせて,  頭を左右にふる,  頭をひねるだけではなく,  頭を他の中からぬっともたげた,  頭を持上げはじめた,  頭を現していた,  頭をだしていた,  頭を水で撫で付け,  頭をもたげていた,  頭を見る,  頭をかすめるだけである,  頭をのぞけてゐる,  頭を両手で持ち上げ,  頭を刈る,  頭をするか,  頭を下る,  頭を上に直立した,  頭を出して居る,  頭をすっぽり隠してしまいたい,  頭をうなだれながら歩いている,  頭をおさへてゐる,  頭を振り振り,  頭を出しているばかりで,  頭をどッと可恐いものが引包むと思うと,  頭をサツとかすめて去つた,  頭を飾るにしては,  頭を見詰めて居ります,  頭を叩き割つて,  頭を割る,  頭を落してしまふ,  頭をもたげてきたので,  頭をかるくふって,  頭を下げられました,  頭をふっておられました,  頭をふれたので,  頭を摺附けて,  頭を土間へく,  頭を跨いで,  頭を下げていました,  頭を振っても,  頭を冷水で洗い,  頭を半分土の上へ出して置いたの,  頭をぺこぺこさげたり,  頭をもたげて来る,  頭を刈らせる,  頭を横なぐりに,  頭をさげてゐる,  頭をもたげないとは限らないからである,  頭を隣の男の鞄にのせかけた,  頭をぐいと持ちあげ,  頭を支へる,  頭をさげてゐたばかりだつた,  頭を叩いたり,  頭を一つふって,  頭を何べんもこんこん下げました,  頭を叩かれた,  頭をぶっつけてば,  頭をまげて,  頭をまた下げる,  頭を大束の野郎に結っていた,  頭を傾けたが,  頭をぶちつけ,  頭を痛めながら,  頭を持ちあげて来た,  頭を休めていたが,  頭を打たれて,  頭をさすりながら,  頭をかきむしらる,  頭をくわえた,  頭をおさえて,  頭をすりつけた,  頭をかいている,  頭をうなずかせただけである,  頭を押えて,  頭を坊主に刈って,  頭を五分刈にした,  頭を振っている,  頭を刈ったとみえて,  頭を枕へつけた,  頭を撲ると,  頭をなでながら言った,  頭を一分刈りにして,  頭を取って押さえて,  頭を占めて離れなかった,  頭を擡げてゐる,  頭を波の上に突き出す,  頭をなやましている,  頭を休めに来た,  頭を突つ込み,  頭を撫てもらつた,  頭を打ちつけてみた,  頭をかすかに振,  頭を垂れてゐる,  頭を圧す,  頭を散髪にした,  頭を掻いてみせた,  頭をなでる,  頭を平手でなでながら,  頭をひっこめ,  頭をくるくるまわしたりして,  頭をぶってやると,  頭をなでて,  頭を振り出した,  頭を撫でてやった,  頭をならべて平伏し,  頭を感じながら,  頭を支配せられた,  頭を強く振った,  頭をあげるか,  頭を朝の空氣に冷した,  頭を動かしたせゐであらう,  頭を去りきらなかつた,  頭を攪した,  頭を抑へた,  頭をパタパタとたたいて,  頭を摺付けて,  頭を挙げて下さい,  頭を剃こかして,  頭を斯う横にして,  頭を打ちまして,  頭を剃って呉れえ,  頭を剃らせましたが,  頭を剃る,  頭を剃っこかして逃げた,  頭を彼方へふり,  頭を廻して,  頭を叩いておいでなさい,  頭を打ちや,  頭を一遍に和らげ,  頭を擡げ初めた,  頭を立てなおして,  頭を右にまはしたり,  頭を蹴折られたといっております,  頭を蹴飛ばしたといいます,  頭を打っていたので,  頭を拝んでいる,  頭をぶっつけ廻る,  頭を打たれるよりも,  頭をさげさせながら,  頭をもたげたし,  頭をつき出した,  頭を隠すくらいに茂っていた,  頭を低くして,  頭を畳へすりつけた,  頭を撫でても,  頭をかかえ,  頭を眼鏡という髪にゆって,  頭を洗い,  頭を打ちつけ,  頭を上げてきいた,  頭をかいていました,  頭を打った,  頭を下げていたからです,  頭をさげてくれば,  頭をとられすぎて,  頭を振って騒いでいるだけで,  頭を掻いてゐました,  頭を挙げ,  頭を打つた,  頭を下げてゐたからです,  頭をそり袈裟を着たり,  頭を兜蒸しなどに使う,  頭を振り向けないからの,  頭を集めている,  頭をさげたが,  頭を使ってやれば,  頭を下げて出て行った,  頭を突込んだ,  頭をちょっと持っていてくれ,  頭を強いてもたげて,  頭を下げて行く,  頭を真直に直して置いて,  頭を礼あつく千度下げつつ,  頭を撃ちたるなら,  頭を振ったろう,  頭を一日だけより長く抑えつけているという,  頭をブッつける,  頭を渦巻こうとも,  頭を下げて呉れた,  頭をなやまさねばならない,  頭をかがめて歩いていたが,  頭をタタキ潰さなくちゃいけないぞ,  頭を鉄鎚で殴ると,  頭を鉄鎚で殴っても,  頭を鉄鎚でなぐって,  頭を下げただけであった,  頭を載せて,  頭をつつみ,  頭をはつきりさせておかない,  頭を更衣級から出し,  頭をもたせかけてくる,  頭を載せかけた,  頭を擲られたにも,  頭を右手の拳で打ち,  頭を打たれて死に,  頭を暖かい毛のショールできっちりくるむと,  頭をよせあって,  頭を泥よけの端にぶつけ,  頭をピシャピシャ叩いた,  頭を花の中へおしこみながら,  頭をゆすって,  頭を入れ,  頭を前に落した,  頭を手拭で力一杯に締めないと,  頭を半分上げて,  頭を何度も下げた,  頭を振ってうなずいた,  頭をあつめて,  頭をよくみました,  頭をかる,  頭を垂れている,  頭を切る,  頭をつけたかと思うと,  頭を龍頭と見ちがえる,  頭を一つ下げて,  頭をうしろへ垂らしてしまった,  頭をひやしました,  頭をぶって,  頭を掻いてみせると,  頭を切り放したらしい,  頭を衝っ込んでいる,  頭を傾けていたが,  頭を屈めた,  頭を屈める,  頭を張り擲つて,  頭を丸めていた,  頭を物堅くさげ,  頭を下げても下げても,  頭を持った,  頭を使はんといふんでせう,  頭を下げて頼む,  頭を畳にすりつける,  頭をだしてくる,  頭を噛まれる,  頭をごつんと一撃してから,  頭を後の壁につけていたが,  頭を天井にこ,  頭をつかえてしまった,  頭をすこし起こして,  頭を抱へて見たりしながら,  頭を割られて死んでおり,  頭をぱさぱさと蒼空に突き上げて居た,  頭を出してゐるではございませんか,  頭を抱へて空を見上げてゐたが,  頭を延ばして,  頭を廻さないではいられない,  頭をそんなに鋭敏にした,  頭をさすって下された,  頭をひねつた,  頭を悪くして,  頭を悪くし,  頭を両手の間に挾みました,  頭を凍った,  頭を上げて云った,  頭をうちつけなければならなかつた,  頭を掻きむしりながら叫んだ,  頭をおさえながら言った,  頭を抱えて逃げようとしましたが,  頭を挙げて熱そうな,  頭を垂れて出て来た,  頭を扇子で叩いてゐたつて,  頭をあげてきて,  頭を絶えず襲ってきた,  頭を撫でそやしておく,  頭を傾け,  頭を重く垂れ,  頭をかか,  頭をさげたし,  頭を濁らす,  頭をこついたりしてみても,  頭を絶えず襲って来る,  頭を掉って応じなかった,  頭を押し付けられる,  頭を流の,  頭を持ち上げたといふ,  頭を掴みましたが,  頭を押しつけられる,  頭を丸刈りにすべしと,  頭を守ると,  頭を甲型か乙型か翼賛型か知らぬが,  頭を一定の型に限定してしまおうとする,  頭を見ると,  頭をもとへ返した,  頭を高くもたげている,  頭を青々とクリクリ坊主にまるめ,  頭を二人に突きだしてみせて,  頭をひたしまして,  頭を下げさえすれ,  頭を抱えている,  頭を水で冷してやり,  頭を狙ってきた,  頭を冷した,  頭を刈つてゐる,  頭を刈つて下さい,  頭を下げ続けた,  頭を痛めるという,  頭を信じている,  頭を枕へおしつけていた,  頭を抱えてた,  頭をつかまえました,  頭をつかみました,  頭をつかまえていて放しません,  頭を結髪にして,  頭を打ちましたから,  頭をこすり附ける,  頭を打付けましたから,  頭を呼びにやるやら,  頭を摺付けて居ります,  頭を下げていると,  頭を下げたい,  頭をだして,  頭をしかと掴んだ,  頭を搾って考えても分からぬので,  頭を傾げて答えました,  頭を新しく入れ換えて,  頭をさし出しました,  頭を掻いて逃げて行ったわ,  頭を捻っても判らぬ,  頭を揺りながら,  頭をペコペコと下げ,  頭を引寄せて,  頭を下げて来る,  頭をしっかりさせて置かないと,  頭を上げ,  頭を抱えてしまった,  頭を叩く,  頭を抱え,  頭を捻った,  頭を凭らせ,  頭を蔽って,  頭を撲った,  頭をはねても,  頭を下げずにはいられない,  頭を疲らす,  頭をもたげ出すと,  頭をもたげ始めて来ると,  頭を揃へて湧き,  頭をもたげ出す,  頭をふるに過ぎない,  頭を小突いた,  頭をもち上げたがる,  頭をすくめて,  頭をふり立てている,  頭をひ,  頭を出しましたが,  頭を持ち出し,  頭を水に突っ伏している,  頭を兜として立派に飾りたてた,  頭を持出して来る,  頭を見,  頭をすくめるより,  頭を転がせた,  頭を覗かせる,  頭を押えつけられながらも,  頭を垂れますと,  頭を打っつけて,  頭を擡げたりする,  頭を擲つた,  頭を染め,  頭をちょっと弾いた,  頭をさすって,  頭を壁に押しつけてもがいた,  頭を現さなかつた,  頭を入れて,  頭を取って,  頭をうたれ,  頭を枕に埋めた,  頭を丸めて,  頭をもらいにきた,  頭を狙わせてある,  頭をぐったり枕に押しあてて,  頭を下げて云った,  頭を細かく切った,  頭を掉る度にきらきらする,  頭を蔽う,  頭をのせられてゐる,  頭を烈しく左右に振った,  頭をハッキリさせる,  頭を眺めて,  頭を一杯にしてしまった,  頭を掻き乱した,  頭を振り動かし,  頭を掠めて飛んで行く,  頭をよせ合って,  頭を下げさせてしまった,  頭を撫でて居る,  頭を数珠で打ちますと,  頭をうごかして,  頭を下げておいてから,  頭を土に摺つけていた,  頭を抑えられていた,  頭を浸している,  頭を下げねばならなかった,  頭を下げて聴いてゐましたが,  頭をついて,  頭をかいてわらう,  頭を横に振つて,  頭を擦りつけて伺ひました,  頭を低く垂れてゐる,  頭を突込んで横になった,  頭を下へ向けて,  頭をその膝頭に載せた,  頭を平らにしてなどと言う,  頭を押えられる,  頭をかきかき,  頭をかきながら食った,  頭を頸に密着けた,  頭を打って,  頭を突込んで,  頭をつつきました,  頭を動かしている,  頭を翻弄してかからなければ,  頭を上げると怒つた,  頭をすりつけて来る,  頭をつけたとなると,  頭を下げやがる,  頭を粟稈に埋める,  頭を床にすりつける,  頭をそっと押えつけてみたり,  頭をたたかれていたが,  頭を振りたてて,  頭を揺りかごのふちにもたせ,  頭をもやつかせる,  頭を光らせながら,  頭を掻いていた,  頭を出していたら,  頭には例の社会的の野心問題が頭を擡げて,  頭を持って,  頭を自棄に振り倒した,  頭を殴つた,  頭を抱えてし,  頭を転がしてし,  頭を撫でて見せた,  頭を突ッついたからだという,  頭をごつんごつんと打って,  頭を休める,  頭をもちあげてきた,  頭をひねっていたが,  頭を割つたりする,  頭を振つてゐる,  頭をかかえました,  頭を垂れたと思うと,  頭をつつむ,  頭をつかまへるやいなや,  頭を抱え込んで,  頭を草原に摺りつけて,  頭を押えながら,  頭を下げなさる,  頭をふってうなずいてだけいてください,  頭を振ってください,  頭を彼は持っていた,  頭をやられたな,  頭を切るか,  頭を草紙にして,  頭を但馬守の前に突き出して見せた,  頭を動かして仕,  頭を見なければ,  頭を掻いても,  頭を載せる,  頭を巻いていたが,  頭を注意して見ると,  頭を笑いながら掻いて見せた,  頭を離れなかった,  頭を出せば,  頭を乗せて寝ていた,  頭をこきんと,  頭を照らした,  頭を対岸に向けた,  頭を撫でてゐた,  頭を擡げて来て居る,  頭を突込んで死んでいた,  頭をこづく,  頭をうち,  頭をぶんなぐれ,  頭を没する,  頭を左右に振りました,  頭を口の中に持ってゆきました,  頭をねらって,  頭を打ち砕かれなかった,  頭をぶつけ,  頭を鋸でひいて,  頭をあげて歩いた,  頭を膝に垂れて座った,  頭を刃物で打ち切って殺した,  頭を左手に持ち,  頭をそらした,  頭をそらす,  頭を向けていた,  頭を切り落とさなかった,  頭をうち振った,  頭をはめこもうとして,  頭を越えて,  頭をつけたけれど,  頭をむけて横たわっていた,  頭を擡せてゐた,  頭を下げさせ,  頭をさん,  頭を持つ,  頭を付けた,  頭を切って,  頭を包んで,  頭をかく,  頭を擡げて言った,  頭を突き上げている,  頭を休息させない,  頭を出して見たが,  頭を動かしていた,  頭を下げてたのんで居ると,  頭を左の肩の上にのせて,  頭を下すやいなや,  頭を落す,  頭を平手で押しつける,  頭を支配してゐる,  頭をぶつけて死んだりする,  頭を割って死ぬという,  頭を粉砕されて,  頭を轢かれて,  頭を前右車輪にかけてしまった,  頭をしぼっても思い出せないという,  頭をもてあまして,  頭をうなだれている,  頭を向けて,  頭を心持ち左にかしげて,  頭を後ろに引きながら,  頭を下げておいて,  頭を包み,  頭をひらめき通った,  頭を働かして見たが,  頭をぐらぐらさせるばかりに嵩じて来る,  頭をもたげかけた,  頭をぎゅっと肘をついた,  頭をもたげて見た,  頭を持ち上げる,  頭を下げさせないでは置かないから,  頭を縮め,  頭を高めて行く,  頭を使わせないで,  頭を引き付けておいて,  頭を指さした,  頭をもたせかけていた,  頭を出し始めた,  頭をぺこぺこ下げて,  頭を両腕の中に抱えて,  頭を掻いたので,  頭をちょっとふった,  頭を抱いた,  頭を去らず,  頭を休ませに,  頭をいじる,  頭を隱しながら,  頭を上げて見ますと,  頭を店の中へ突込んでいった,  頭を振立てた,  頭をひっこめて,  頭をふってみせた,  頭を隠しながら,  頭を掠めて過ぎた,  頭を掻いたが,  頭をかきかき出ていって,  頭を光らして,  頭を空に感興にふけっている,  頭をすっかり掻き廻してしまったらしく,  頭を働かせた,  頭をその一つの頭に集めました,  頭をかくっと動かしましたので,  頭をかくつと動かしましたので,  頭をこすりつけてあやまる,  頭をかいて申しました,  頭を圧しつけられでもする,  頭を下げてゐた,  頭を振ったが,  頭を使いす,  頭を垂れていた,  頭を低て拝礼して去る,  頭を掠めないでも,  頭をふって見せた,  頭を働かす,  頭を手拭でカバーして,  頭を冷す,  頭をもたせて,  頭を靠せながら,  頭を横たえた,  頭をお婆さん方へ寄せた,  頭を打っ付けて,  頭を或る方面へ向ける,  頭を青々と剃立てた,  頭をつるりと撫でて云った,  頭を擡げて来る,  頭を打ち附ける,  頭を痛めた,  頭を楔のように細い竹と竹との間に押し込んだ,  頭を頬のうちに手繰り込んでいたが,  頭を抑える,  頭を持たせて,  頭をぐるぐる撫でた,  頭を下げなけりゃならなくなる,  頭を下げなければならなかった,  頭を教育した,  頭を濡らして,  頭を枕へ着けた,  頭を染め付けようと焦るから来る,  頭を二重に仕切っている,  頭を振ってみて,  頭を敲きながら考えた,  頭を燻す,  頭を風に吹かした,  頭を抑えた,  頭を抑えて応じなかった,  頭を濡らした,  頭を拵える,  頭を厚く掩う髪の根元が息切れていた,  頭を要する,  頭を遠慮なく焼いた,  頭を冒して来た,  頭を抑えて,  頭を抑えていた,  頭を露に打たせながら,  頭を働かして,  頭を撫でると,  頭をさし出して問うた,  頭を擡げて来て困った,  頭をなめている,  頭をなめてゐる,  頭をかたげていたが,  頭を疑つたが,  頭をのぞかせる,  頭を静かに棺の中に入れてやった,  頭をうちつける,  頭を握り拳でもって,  頭を嘗めるので,  頭を痛める,  頭をよせかけた,  頭をびっしょりと汗で濡らし,  頭をコツンと拳固で叩いた,  頭を見あげて,  頭を下げて坐ったが,  頭を埋めて,  頭を撫ぜながら考えていたが,  頭を擡げて来て困つた,  頭を垂れると,  頭を左に傾けた,  頭を丸刈りにされて,  頭を剥き出して,  頭を剥き出した,  頭をさげられる,  頭を抱へて泣いて,  頭を並べて,  頭をつるりと撫でて見せた,  頭をつく,  頭を擡げて来てゐる,  頭を撫でてやると,  頭を掴み,  頭を痛くさせる,  頭を下げるだけだ,  頭を押へる,  頭を切り取られた,  頭を悩ませられていた,  頭をたたきながら,  頭を振るばかりだった,  頭をいっぱいにしていた,  頭をこすり付けてわびよう,  頭を下げて見せて,  頭を枕につけてはいられなかった,  頭を右腕で巻きすくめようとした,  頭をつきぬけた,  頭を沈めて,  頭を託して,  頭を懸命に働かして考えてみた,  頭をつかれさせた,  頭を疲れさす,  頭を見つめてゐました,  頭を上げなかった,  頭を持上げた,  頭を一つぴしゃんと擲って置いて,  頭を剃りたいという,  頭を結った,  頭を畳に付けて,  頭をお上げになって,  頭を執筆中の論文から離して,  頭をさげて拝んだ,  頭を手で撫でて通りたい,  頭を低くうなだれました,  頭を出していた,  頭を濁らすらしい,  頭をもたげている,  頭をもたげたら,  頭を持っている,  頭を飛び越えると,  頭をかすめて,  頭をがんとはりつけた,  頭を太い杖で撲ったらしかった,  頭をかかえながら,  頭を割られているに,  頭をいためる,  頭をがんとやられた,  頭を荒されてしまった,  頭をささえて,  頭をすこし休めなければならない,  頭を手拭で繃帯しながら,  頭をからっぽにして,  頭をこちらへ向けて,  頭を押付ける,  頭をかきながらつけ加えた,  頭を振りました,  頭を悩ましたけれど,  頭を下げるといふ,  頭をごしごし洗つてゐたが,  頭をさげていた,  頭をさげるであろうか,  頭を剃った,  頭を浮かせて見た,  頭をふりたてて,  頭を冷やしていた,  頭を余計遣い過ぎる,  頭を真直に上る,  頭を下げて頼まれる,  頭を抱えているにもかかわらず,  頭を載せていた,  頭を有っていない,  頭をしていた,  頭を有っていなかった,  頭をぼうっと侵すだけであった,  頭をそのまま後じさりに,  頭を両手で抱えて,  頭を打ちつけでもしたら,  頭を差し出している,  頭を上げさせた,  頭をだらりと下げて,  頭を刈りに出て,  頭を去らない,  頭を硫酸にて焼き,  頭をもたげていましたが,  頭を擡げて見廻したが,  頭を一寸戻して,  頭を強く振,  頭を剃,  頭を掻き掻き,  頭をはねられ,  頭を掻きて,  頭を悼り悼り呟けり,  頭を回らして,  頭を下げたり,  頭を振り向けて,  頭をそのまま低れて,  頭を傾けたり,  頭を撃てり,  頭をパリパリ掻きながら,  頭をもたせかけ,  頭を擡げ始めた,  頭を捩っているので,  頭を振って笑った,  頭を打ち破り,  頭を横に振る,  頭を突っ込んで眠ってしまいたい,  頭を誰かに撫でて貰ったら,  頭を枕に落し,  頭を曲げた,  頭をかしげて考えていたが,  頭を抱きすくめ,  頭を靠せかけ,  頭を自分に引き寄せた,  頭を廻らして答えた,  頭を下げながら入って来る,  頭をすりつけて泣いた,  頭を掻いては,  頭をさしよせて,  頭を反らせる,  頭を母の方に向けた,  頭を下げながらいざり,  頭を揺った,  頭を抱き,  頭を抱きよせ,  頭をかきむしり泣き始めた,  頭をかかえて逃げ出すだろう,  頭を振っただけで,  頭を打振るばかりである,  頭をつかった,  頭をガンとなぐった,  頭をなでんばかりに,  頭をば上下に振って,  頭を寄せかけていたが,  頭をガーゼで拭い,  頭をかかえていました,  頭をどしんどしんぶっつけました,  頭をぶっつけ,  頭を下げてくる,  頭を上げながら,  頭を二つ具えていた,  頭をさげました,  頭を傾けている,  頭を労すべき,  頭をはたらかして,  頭を空の四方に転じる,  頭をなぐれ,  頭をつき,  頭を洗ひ,  頭を下げているが,  頭をかっていた,  頭をかって,  頭をさげて見せた,  頭を己の胸のあたりに持って来さして,  頭を使うと,  頭をさげてから,  頭を深々と枕に埋めてる,  頭を掻くだけにした,  頭を支え,  頭をこすって,  頭を枕に伏せて,  頭を強打するという,  頭をポカポカ十五か十六もなぐる,  頭をかたく殻の中へかくして萎縮している,  頭をどやしつけられたというに過ぎない,  頭をかすめて通りすぎる,  頭を打ったと申し立てている,  頭を手拭いに包んで,  頭をナタできりつけ,  頭を下げさせる,  頭を下げねばならぬ,  頭を回らさないから分らぬ,  頭を半分刈った,  頭を下げぬか,  頭を回らした,  頭を擡げたる,  頭を薄ぎたない枕の上に横えていた,  頭をつき込んで,  頭をぶつけて壊してやろうかと思う,  頭をぶつけて,  頭を見ている,  頭を下げたって,  頭を下げて来た,  頭をさげねばならんと思う,  頭をさげさせようとする,  頭を下げるが,  頭を掻き乱すに,  頭を擡げかけていた,  頭を一つ下げると,  頭をがっくりと下げた,  頭を低れた,  頭をぎくぎくと左右に振った,  頭を左右に振った,  頭を出しておりました,  頭を擡げますと,  頭を短かく刈り,  頭を幾度も幾度も下げて,  頭を見上げていた,  頭を混乱させるばかりで,  頭をひょいと下げて云った,  頭を左右に振っただけであった,  頭をがっくりとうなだれると,  頭を繃帯で巻き立ててはいるが,  頭をめぐらせて,  頭を枕へ凭らせていると,  頭を奪いあっている,  頭を見つけたら,  頭を隠そうとした,  頭を水の上に垂れ,  頭を隠してしまいました,  頭を一つたたいて,  頭を下げてもらひたかつた,  頭をなぜても,  頭をなぜてゐた,  頭を下げさせられるが,  頭を顕して,  頭を載せ,  頭を突っ込め,  頭を叩きつぶしてやります,  頭をひと振りしましたが,  頭を包みながら,  頭を包まれて,  頭を包んでやったり,  頭を三度撫で,  頭を振っていた,  頭をしぼって,  頭をひねくり廻していたが,  頭を床板におしつける,  頭を垂れなければならぬ,  頭を打ちつけてごねやした,  頭をひねり,  頭を押しかくした,  頭をもっとも強くおさえる,  頭を少しゆるがせて,  頭をむしってあげようね,  頭を喰べかけた,  頭をもたらせ,  頭を二三度かるく振った,  頭をすくめ,  頭を振ってみせた,  頭を長くのばして,  頭を掠め去った,  頭を並べて眠る,  頭を左右にふった,  頭を血みどろにした,  頭を捻,  頭をぴったり木の幹へくっつけた,  頭をなくして倒れている,  頭をハイカラに手入れして,  頭をさげながら言った,  頭を低く下げた,  頭を音のする,  頭を上げてはゐられない,  頭を項垂れた,  頭を項垂れて,  頭を付けて,  頭を地まで下げて,  頭を指先で抓んで打ちつけ,  頭をふっている,  頭を一つ大きくふり,  頭をしてゐる,  頭を撫でて云った,  頭をさげますと,  頭をなぐられた,  頭を上げたが,  頭を下げて見せると,  頭を下げたる,  頭を割ってしまったので,  頭をわったという,  頭を覗かせて,  頭を有し居りしが,  頭をさらず,  頭をくっつけ合わせて,  頭をさしに来た,  頭をまた蜂にさされない,  頭を横に一振りすると,  頭をよくするどころか,  頭を見附けた,  頭を丸め,  頭を悩めた,  頭をめぐらせば,  頭を何かで撲りつけられた,  頭を持あげ,  頭をあげない,  頭を混乱させ,  頭をブン擲った,  頭を揚げ得なかった,  頭を押付けている,  頭を持たせ掛けた,  頭をコツンと敲く,  頭をうっかり動かしてはいけない,  頭を晒してあるいていた,  頭をいろいろに動かしている,  頭をあげて見返ると,  頭をこづいて,  頭を下げていいますには,  頭をクリクリ坊主にした,  頭を掻いたり,  頭が西洋人の樣な頭になつて支那に歸り其頭を以つて支那本國を見た,  頭を黙ってなでなされた,  頭を突っ込み,  頭をコンとお見舞申そうと思ったりゃ,  頭をドンと敲いて,  頭を下げつづけているらしかった,  頭を使って考え直す,  頭を使って,  頭を働かせながら,  頭をなでられる,  頭を掠めてゆく,  頭をもっていた,  頭をコツンとぶつけた,  頭をかきながらいった,  頭を掻こうとした,  頭をふりはじめると,  頭を叩いたりしなかったら,  頭を失った,  頭をひきよせて,  頭をかしげて聞かれました,  頭を馬車の箱に打ち付けねばならぬ,  頭を打ち付けた,  頭を出せっ,  頭をごつんごつん打つけては泣き,  頭をまるめ,  頭を下げているので,  頭を抑えながら,  頭を見ていた,  頭を苦に病んだ,  頭をどうかなされたので,  頭を踏み越す,  頭を擡げてみると,  頭をまわす,  頭を持ち上げて来た,  頭を持上げたり,  頭をまっ赤にふくらせ,  頭をそびやかして,  頭をうしろに引いて,  頭を眼がけて烈しく突進してくる,  頭を切らして,  頭をシッカリと抱えながら,  頭をブッ付け始めたの,  頭を担いでいた,  頭をそろえている,  頭をうっとりさせる,  頭をおっつけたり,  頭を擡げてくる,  頭を右にふった,  頭をさし入れて,  頭を押えたが,  頭を擁えて,  頭を押しつけておいでなさる,  頭を左の肩の上に乗せたまでも,  頭をじかに地べたにぶつけ,  頭を出してのぞきながら,  頭をふったり,  頭をこして,  頭を後ろに反らせていた,  頭をまっすぐに上げて,  頭を後ろに反らせて,  頭を出しかけていた,  頭をちょっと動かしてかれは,  頭を外に向けて,  頭をうんとひどくぶった,  頭をつけると,  頭をすぼめる,  頭を撫てみた,  頭を指で押して,  頭をクルクル撫でた,  頭を揃え,  頭をうつとか,  頭をひどくやられた,  頭をなぐられてから,  頭をヒネッテいたかも知れませんが,  頭を打ち抜いて,  頭を向け直した,  頭を下げていたが,  頭を振っていう,  頭を丸めた,  頭を垂れて答えた,  頭をもたない,  頭を傾げて考へてゐました,  頭を整理して,  頭をぴょこぴょこさげながら,  頭を掻きやした,  頭を振り立てて,  頭をしぼったが,  頭をつかいすぎた,  頭を前に出してくれるな,  頭を輕く,  頭をよく働かして,  頭をがんと一つ殴られた,  頭を掌で叩き放しに,  頭をぶたないでくれた,  頭を両手でおさえていた,  頭をうまく水の上に上げてやったので,  頭をふり向けて,  頭をうんとひどくけとばされるだろうと言うと,  頭をのせていた,  頭を心臓にすりつけた,  頭を両手にうずめた,  頭を射て,  頭をひねってみる,  頭を窄めて引つ込んでゐた,  頭をぐいとうしろへ反らして歩いている,  頭をいじられている,  頭をすりこぼち,  頭を拭きながら言った,  頭を震わしてる,  頭をコスリ上げた,  頭を下げて来に,  頭を下げて御座るまでは,  頭をあげたかと思うと,  頭をふらつかし,  頭をさげて居た,  頭をお振りになりまして,  頭を下げております,  頭を占領しちまったらしい,  頭を叩いていた,  頭を膝の中に抱えこんだ,  頭を振って云いつづけた,  頭を曝した,  頭をあたりにまわしてみましたけれど,  頭を飛ばした,  頭を掻てセセラ笑いながら,  頭を抱えながら仰向き,  頭を縦に振らせられてしまったが,  頭を一つ下げた,  頭を下げ初めた,  頭を進める,  頭を支配する,  頭を戸棚にぶつけたり,  頭を突込みやしないよ,  頭をなやまさざるを得なかった,  頭を差し入れますと,  頭を打ち砕いて死にたいと思い,  頭をガリガリかきだした,  頭を覆,  頭をひねつてゐた,  頭を捻って帰って来た,  頭を電気の下へ下げた,  頭を小刻みに揺り動かしながら,  頭をふりふり,  頭をつきこんで,  頭を垂れていました,  頭を夢中で握んだ,  頭を突く,  頭をその方へ寄せて,  頭を板壁に凭れさせて,  頭を艇にすりつけ,  頭をかかえてうめいたり,  頭をひねくっていた,  頭を天井にぶっつけ,  頭をだしている,  頭を潜水兜のふちにぶっつけた,  頭を海底の泥の中につきこんでいた,  頭をおひねりになるでしょう,  頭をごしごし掻いたりなされている,  頭を使いながらせき込んで,  頭を青く染め,  頭をあげようともしない,  頭をもぐり込ませて来る,  頭を夕風に振向ける,  頭を上げ下げして,  頭を振りふり,  頭を剃って上げる,  頭を結いながら,  頭をおひねりになるでせう,  頭をごしごし掻いたりなされてゐる,  頭を悩ましてきた,  頭をチョン髷にした,  頭を垂れてし,  頭をそろへて,  頭を擲つてやらう,  頭をうちつけて,  頭を擡ち上げると,  頭を母の肩の邊に押し,  頭を擡げだした,  頭を撲られたと,  頭を下げて拝せ,  頭を悩まされた,  頭を剃りました,  頭を下げて頼むので,  頭を上げ来った,  頭をヤケに振りたふした,  頭をおもちゃにした,  頭を剃つたり,  頭を石にぶつけるほどの,  頭を出る,  頭を地上にぶらさげて歩く,  頭を押えてうつむく,  頭をつっつきに来て,  頭をなでてやると,  頭をこすりつける,  頭をさすってやると,  頭を高く水から出して,  頭を高く出して,  頭を手の平で叩いては,  頭を手の平で叩いた,  頭を往來して居ました,  頭を往來した,  頭をもたげて来ました,  頭をたれるより,  頭をうしろにもたせかけていた,  頭をあげなかった,  頭を待って打つという,  頭を振向けて,  頭を毬栗坊主にした,  頭を剃つてゐる,  頭をひと撃ちで割った,  頭を曇らせはじめた,  頭をかかえて逃げ出したが,  頭を半分そっちへ向けて,  頭を休め,  頭をかう摘んどくの,  頭を撫でられながら,  頭を立てて,  頭を一つぽかりと食らわせました,  頭を蹴飛ばされてしまった,  頭を蹴飛ばされれば,  頭をその方角に振り向けた,  頭を低く垂れている,  頭を掠め去っていった,  頭を下げながら言った,  頭をなでてやったまでの,  頭を青々と剃り,  頭を振って言った,  頭をつかうと,  頭をなやましていた,  頭を出すに,  頭を打ってみたい,  頭を飛び越す,  頭をぽかりぽかりと出して,  頭を突込んで行くと,  頭を撫でる,  頭を刎ねるが,  頭をはねたり,  頭をつなぐ,  頭をかるくこすって青ざめた,  頭を出してと,  頭を手で巻きながら,  頭をかかげて,  頭をかかえてたえ入る,  頭を埋めた,  頭をなぜて,  頭を出して見ると,  頭を女の白いやわらかい胸によせて,  頭をうずめました,  頭を振りに振って居るのに,  頭をいろいろに捻ってみたけれど,  頭を抜けださせながら,  頭をじぶんの胸に押しつけながら,  頭を落とした,  頭をできるだけ遠方にそむけながら,  頭をふり立てた,  頭を押つけてはいけぬ,  頭を押えられてしまった,  頭をだしてみせる,  頭をオモチャにして,  頭を叩き割る,  頭を先にするりとばかりすべりこみ,  頭を坊主にして,  頭を見て,  頭をこんなにした,  頭を見て笑ってやろうという,  頭を見たが,  頭を昂げて芝居の番附を見ていた,  頭を昏乱させるから,  頭を振上げて,  頭を捻って,  頭を割られてから,  頭を打ち割るなんて,  頭をかかえて黙っていた,  頭をひっかき廻した,  頭を板張りに近付けた,  頭をゆるやかに左右に振った,  頭を傾げた,  頭をイキナリ煉瓦で殴られた,  頭を大きく左右へ振った,  頭をおさえて考えこんだ,  頭をふり動かした,  頭を占領されてしまって,  頭を自棄に振って,  頭を下げましたから,  頭を刎ねる,  頭をグタリと下げたり,  頭をきり,  頭を低げてしまった,  頭を熱くする,  頭をあらわす,  頭を低げて答えた,  頭をたたかれた,  頭をさげて頼まれれば,  頭をさげられた,  頭を低げたり手をふったりせずにはおれない,  頭をさわやかにした,  頭をふってみた,  頭をもって,  頭をさげたくなる,  頭をだし,  頭を見せた,  頭をもたげての,  頭をもたげてくる,  頭を揃へて和尚さんにお辭儀してゐる,  頭を押し付ける,  頭をちょっと下げたかと思うと,  頭を風呂敷のような布れで包んで,  頭を地面に下げる,  頭を包む,  頭をごつんとぶっつけた,  頭をつっこんで,  頭を扉にぶっつけた,  頭をつっこんだ,  頭を出していて,  頭を二つ三つ左右にふり,  頭をぶつけたり,  頭をなめ,  頭を両腕でかかえこむと,  頭を振って泣きました,  頭を持ち上げました,  頭を休ませる,  頭を擡げはしないかと思いました,  頭を擡げない,  頭を踏み越えて,  頭をまるめているが,  頭をなでてやったりしながら,  頭を強く打つと,  頭を十あまりぶ,  頭を一撃して,  頭を起して,  頭をもてあましながら,  頭を占めるに至ったか,  頭を低くすればするほど,  頭を撫でて泣きます,  頭を上げて起き直り,  頭を撫でました,  頭を二つ三つぶんなぐりました,  頭を踏台にしてしまいました,  頭を踏台にする,  頭を踏台にして,  頭を踏台にしたりして,  頭をツルリと一撫でして,  頭をよく見てくれ,  頭を撫で廻している,  頭を自暴になって撫で廻しているけれど,  頭を辷らしている,  頭を踏台にして迷い帰った,  頭をまるめ終って,  頭をまるめている,  頭を休めた,  頭を洗うた,  頭を振るかとみる,  頭を下げてまで,  頭をひやして来ますよ,  頭をチョット白くした,  頭を一つペコンと下げただけだ,  頭をペコンと下げただけで振,  頭をぶ,  頭を擡げました,  頭を上げたけれども,  頭を飛び越して,  頭を抱へ足をち,  頭を下げて歩く,  頭を円坊主にした,  頭を動かしたが,  頭を短か目に刈り上げ,  頭を下げてうなづいて見せてゐた,  頭を持上げたが,  頭をしてゐた,  頭をまつ,  頭を占めてゐた,  頭を押へられた,  頭を持上げて来る,  頭をしぼり,  頭をむき出しに日にさらし,  頭をつかまえて訊いてみると,  頭をのせかけて,  頭をふれば,  頭を蒲団の上にすりつくる,  頭を支配しない,  頭をブルブルと振って,  頭を下げてあわれみを乞う,  頭を下げられるだけ,  頭を渡って行って,  頭を三べん撫で,  頭を持上げて居た,  頭を蹴って,  頭を撫でてやりましたが,  頭を撫でてやりました,  頭を不吉な想像でいつ,  頭をふらふらつとさせた,  頭をひねりもしなかつたけれとも,  頭を洗ったり,  頭を割りやアがったな,  頭を敲き込んで遣ろうと思って打った,  頭をぶちなぐる,  頭を二つ打ったので,  頭を打附けました,  頭を使えば,  頭を下げて答えた,  頭を下げるより,  頭をぼんやりと休めていた,  頭を下げず,  頭を竪に動かいて,  頭をめぐつて,  頭をなぐりつけると,  頭を掻いたりはしなかった,  頭を切りかえていた,  頭を整理していた,  頭を俯向けて,  頭を下げさせし,  頭をもたげると,  頭を左右に揺っていた,  頭を突込んだかと思うと,  頭を抑えました,  頭を抑えている,  頭をクルリと振向けました,  頭をきょとんとさして,  頭を押しつけ,  頭をつんともたげてわ,  頭をかき抱いた,  頭を振って微笑んだ,  頭を抱いて言った,  頭を改良する,  頭を働かせてもらひたかつた,  頭を坊主にされて納まったけれども,  頭を撫でてやり,  頭を冷やかにして,  頭を丸坊主にして,  頭をそうそうに立ち帰らせた,  頭を見れば,  頭をひどく打ったりするといけないから,  頭を膝まで下げ,  頭をこすりつけて詫び入る,  頭を丸くする,  頭をつつこうとします,  頭を挙げて見ると,  頭を下げて送ったから,  頭を痛めている,  頭を振りましたが,  頭を吹かせる,  頭を芥子坊主にして,  頭を藁縄にて貫きてつるせるもあり,  頭を下げただけだが,  頭をまだ上げない,  頭を垂れました,  頭を下げただけで,  頭を纏ふか,  頭を被ふ,  頭を見わたして,  頭を整理してゐる,  頭を撫でたが,  頭を撫でまわした,  頭を撫でようとした,  頭を枕にのせた,  頭を撫でていた,  頭を上から下へ大きくうなずかせ,  頭を抱きしめて,  頭を振りもぎったり,  頭を一つ食わせてしまった,  頭を打つとは,  頭を斬られて,  頭を混乱させながら,  頭を囘らして右のほうを望むと,  頭をがんと破れる,  頭を繃帯でくるくる巻いた,  頭を下げて居ずまいを直した,  頭を傾けながら,  頭を刈りつめ,  頭をひどく柱にぶっつけて,  頭を打っつけた,  頭を向け変えてみたが,  頭をおしやりたるもを,  頭を食って暮しているが,  頭を転がしながら,  頭を有つて居る,  頭を下げて坐っている,  頭をソリ容貌まで変え,  頭を肩なり腰なり,  頭をつけ,  頭を母の方に向け,  頭を傾げ,  頭を擡げてきた,  頭を引こませる,  頭をなぐ,  頭をなでていましたが,  頭を落して,  頭を下げもせず,  頭を突込むべき,  頭をイライラさせつつ,  頭を後ろへまわして,  頭を取られている,  頭を書いています,  頭をさげられたい,  頭をつっこんで捜してみても,  頭を初めてこの方向に向けて呉れた,  頭を推進せしめて呉れた,  頭を固く白い布で巻いて,  頭を前の方に垂れて,  頭を振りながら出て行きました,  頭を可愛いくて堪らぬと云った,  頭を働かせて書くと,  頭を下げていなければならない,  頭を垂れて聞いて退がった,  頭を指して見せたといふ,  頭を伏せた,  頭を悩ましていた,  頭をふりながら答えました,  頭をあげました,  頭をずいと仰向くる,  頭を押しつけて,  頭をすこしうごかしてうなづきながら,  頭を支配した,  頭を見せていたが,  頭をおさえ,  頭を凝らしに来た,  頭を上から撫でて通る,  頭を撫でて通った,  頭を下げてかしこまる,  頭を抜いている,  頭を叩きはじめましたから,  頭をコクリコクリと若いのの頭へブッつけました,  頭をも強く打ったらしく,  頭をぽかりとなぐつた,  頭を分けたやせぎす,  頭を地につけて,  頭を畳につけていた,  頭を夕日に照らされながら,  頭をきれいに分けた,  頭をまろめて坊主になれとの,  頭を抑えておかねばなるまいと,  頭をさずけられ,  頭を揃えていた,  頭をまろめて世外へ隠れ,  頭を押えると,  頭をアレギザンドル橋のいかつい装飾とエッフェル塔の太い股を拡げた,  頭を傾げて,  頭を刈らせながらきいていた,  頭を抱えて縮み込んだ,  頭を青々と丸めて,  頭を上げてみると,  頭を細かにきつて酢漬にする,  頭を高くあげるとつかえる,  頭をドンドン叩かれる,  頭を突き込んで,  頭をしばらく振って死んでしまった,  頭を下げて行き過ぎた,  頭を真中からテカテカに分けて,  頭をピョコリと下げて見せた,  頭をチョット下げた,  頭を撃って,  頭を掻きまわしたり,  頭を傾けて聞いていましたが,  頭をお打ちになった,  頭を私の角で打ちさえしなければ,  頭を抱へて閉口した,  頭をかかえて訊く,  頭をそむけた,  頭をこつこつたたいた,  頭をすりつけたが,  頭をあげて来た,  頭を下げるなり,  頭をくるんだ,  頭を振っとります,  頭を蹴飛ばすと,  頭を五つばかり揃えて,  頭をクルクルとさせ,  頭を上げ得ないのに,  頭を数字の方に引向けられました,  頭をぐったりと火鉢の前に下げてしまい,  頭を揃えて飛び出す,  頭をめぐらし,  頭を下げるの,  頭をぴかぴかに磨きあげられた,  頭を見てゐましたが,  頭を見ていましたが,  頭をあらい,  頭をみんな剃ってやり,  頭を傾けて思いました,  頭を押えてうつむいている,  頭を始め,  頭をつけ合って,  頭をめぐらすと,  頭を剃りこぼち,  頭を薬湯へ浮かばせていた,  頭を発見すると,  頭を集めて食べてみたという,  頭を集めたり,  頭を撲りつけ,  頭を撲りつける,  頭を洗ってから,  頭をハンケチでぬぐいひっかき廻してしまう,  頭を捧げている,  頭を左右に打ち振る,  頭をかかえてしまいました,  頭をやけのように左右に振って,  頭を隠している,  頭を下げてしまいました,  頭をぬっとお絹の前に突き出した,  頭をなぐりました,  頭をお絹の前に突き出しました,  頭を続け,  頭をおさえながら,  頭を丸くしている,  頭をツルツルと撫で,  頭を上に向けて,  頭をこまかく震わせて,  頭を掻きながらかういふ,  頭を重くしてし,  頭を悩まさずにはいられなかった,  頭を向こうに向けて,  頭をもたげては,  頭を出しているので,  頭をかきながら黙ってしまう,  頭をかがやかせ,  頭をなでて見たり,  頭をおっつけて,  頭を力いっぱいにしめつけた,  頭を押えて居て呉れた,  頭を熱くした,  頭を出してのぞいている,  頭を抜き去って,  頭を砕かれて,  頭をしばったり,  頭を引っ込めて,  頭をやけに振りました,  頭を見ました,  頭を引っ込めたかった,  頭を下げに行った,  頭を挙げるかと思ふと,  頭を指で支えて,  頭を通過する,  頭をかいて考えました,  頭を使った,  頭を打っつけました,  頭を柱に打ちつけていました,  頭をゴツンゴツンと打ちつけながら,  頭を突っ込みました,  頭を籐椅子の背にもたせながら,  頭をきっちり赤い布でしばって,  頭をし,  頭を引つ込めて,  頭を引つ込めたかつた,  頭を深くうなだれていた,  頭を掠めて流れ去り,  頭をドヤシつける,  頭をかしげて考えました,  頭をそこの壁にうちつけたりするので,  頭をたれてひれふすより,  頭をうちふり,  頭を頻りと,  頭をあげて歩け,  頭をひねっても,  頭をやられたが,  頭を病んでこしらえた,  頭を下にして立てた,  頭を左右に振るばっかりだから,  頭をはねる,  頭を両肩の中へ落しこんでしまう程,  頭を抑えて考え込んだ,  頭をひねりました,  頭を持っておりました,  頭をかきながらいただいて,  頭をひっかき廻された,  頭を仕事にうつむけた,  頭を包んだ,  頭をあげて見た,  頭をひねくりながら,  頭をほどよく疲らして行った,  頭を次に働かせて,  頭を丸く盛り上げた,  頭をしぼった,  頭を傾けて聞いていました,  頭を黙って撫でてやっているより,  頭を石にぶっつけたとも見られますね,  頭を打ち割られていましたね,  頭を石でぶち割ってやった,  頭を擡げて来るので,  頭を堅いものに打ちつけてしまいました,  頭を打ちつけてしまった,  頭を信じるかという,  頭を反らした,  頭を使うまいと努めた,  頭を冷そうとしかけたが,  頭を少しずらせ,  頭を次第に低く垂れていると,  頭を壁にぶっつけてる,  頭をじっと見,  頭をもたげかける,  頭をさらして,  頭を少し傾げながら,  頭を過ぎった,  頭を奥田に下げ,  頭を擡げかか,  頭を掻いて立ち上つた,  頭を痛めましたよ,  頭を土へ落すどころか,  頭を下げています,  頭を振って答えました,  頭を苦しめたが,  頭を弾いてみると,  頭を又軽く押えると,  頭をちょいちょい突くと,  頭を引っ掴まれた,  頭を草履でなぐった,  頭をすこし下げた,  頭を女性は嫌うわよ,  頭をふりたてて出てきた,  頭をふっていた,  頭をぶち割って,  頭を撲たなかった,  頭を刈り丸めようとする,  頭を一度に振り向けた,  頭をかいていた,  頭をとびこえて,  頭をさしだした,  頭を狙った,  頭をおさえられた,  頭を悩まして,  頭を熊の月の輪あたりにしっかり押し付けて,  頭を掻かせる,  頭を撫で慈しんだ,  頭をコスリ上げている,  頭を左右に振るばかりであったが,  頭を下げに行かねば遣り切れん,  頭を下げて尋ねる,  頭を下げない,  頭を下げておりますが,  頭をおのずと下げた,  頭を叩いて飲んでいたという,  頭を撃たれれば,  頭をいじらせて,  頭を重そうに垂れて,  頭をペコリとも下げないから,  頭をつけてゐられず,  頭をうな垂れて,  頭を左右へ打振る,  頭をフッと振挙げて,  頭を撫でて見たとか,  頭を振揚げ,  頭を疾ましていた,  頭を結合する,  頭を床に擦り付けた,  頭を激しく振,  頭を枕からはづして鼾をかいて,  頭を俛れた,  頭を掌で叩いた,  頭を首の上に持ち上げてる,  頭を持ちあげた,  頭をなぐりつけたとの,  頭をまるめて,  頭を剃って,  頭を石にぶつけて,  頭をなぐられて,  頭を切り開いて,  頭を両手でおさえた,  頭を突きあわせて,  頭を乱させる,  頭をかかえて縮みあがった,  頭をひと撃ち,  頭を胴体からほとんど切り離してしまった,  頭を叩いて戒めてやると,  頭を一皿買ったり,  頭をのせ,  頭を角刈にした,  頭を刈りに来る,  頭を掻いたりした,  頭を竦めて,  頭をどやされ,  頭をもたげて来た,  頭を水から出す,  頭を畳に摺りつけた,  頭を代わり,  頭をさすりました,  頭を襟の中に埋める,  頭を包んでいたが,  頭を打たれて死んだと云う,  頭を差出す,  頭をひくひく動かしてみせました,  頭を喜ばす,  頭をそつとして置きたくて,  頭をのせてやりました,  頭を血だらけにして帰って来た,  頭をお上げなさらないのに,  頭を練りながら,  頭を出しただけの,  頭を天空にもたげて,  頭を静かにした,  頭をあげて見まわしました,  頭をつっ込んだりしましたが,  頭をつっつくと,  頭を擦りつけた,  頭を傾けていると,  頭を殴って,  頭を垂れていると,  頭をつけて待っている,  頭をあげて嘯いたけれども,  頭をかかえこんで,  頭を無感覚にして,  頭を飛躍させる,  頭を転回して見ると,  頭を凭らせると,  頭を突っ込んでいるから,  頭を少し擡げて,  頭を日に照らしつけると,  頭を擲りつけた,  頭を下げるだけで,  頭を枕の上に着けた,  頭をこんこんと叩いた,  頭を抑えつけていた,  頭を抱えながら,  頭を攻め始めた,  頭を冷やしている,  頭を氷で冷す,  頭を床の間の方へ向けて,  頭を拵らえようという,  頭を分けていた,  頭を障子から出して,  頭を有っていながら,  頭を見回した,  頭を休めて見るだけの,  頭を青く光らした,  頭を冷たい空気に曝して,  頭を畳に近く下げると,  頭を剃ってしまった,  頭を刈って,  頭を照らして,  頭を破られる,  頭を掠めんとした,  頭を持って行く,  頭を押しつけて居た,  頭を硝子の壁に打ち当てているらしい,  頭をぶつけて書かなければならなかった,  頭を結えた,  頭をこす,  頭を打ちつける,  頭をぶっつけるという,  頭をぶちつけているが,  頭をぶちつけた,  頭を押へてうづく,  頭を埋めぬ,  頭を返して,  頭をなでた,  頭を抱えてうずくまって仕舞った,  頭を出して居るではないか,  頭を打つけるなんぞ,  頭を押立った,  頭を肩へ下り口に立ってござる,  頭をふって甘える,  頭を重くする,  頭を強くこすって,  頭を洗っている,  頭を洗ってる,  頭を一層低く下げた,  頭を躍り越えた,  頭を擡げたりしてゐた,  頭を下げるには及ばない,  頭を出していたが,  頭を取られてしまいます,  頭を下げてはならぬ,  頭をグンと押え,  頭を晴らす,  頭を二つか三つというところでげしょう,  頭を痛めたが,  頭を寄せて,  頭をふって怒りだした,  頭を掻いてばかりいる,  頭を振っていると,  頭をぶっつける,  頭をいよいよ床にこすりつけた,  頭を上から押えているが,  頭を半分にしてしまったかと思うと,  頭をかすめて通ったが,  頭をかき廻す,  頭を切り開いた,  頭を丸く剃,  頭を前の方へ伸べて,  頭を下げて笑って見せたが,  頭を撫でてゆく,  頭を踏潰して,  頭を足蹴にされた,  頭をのっけて,  頭を後へがくりとやるかと思うと,  頭をのせながら,  頭をぶつけようが,  頭を牢獄から解放し,  頭を出していないだけだ,  頭を三遍もたたかれたかと見ている,  頭を下げてみたい,  頭を白い布片で巻いた,  頭を下げているばかりであった,  頭を傾けて居りましたが,  頭を濡すと云う,  頭をすりつける,  頭を窓邊に向けて,  頭をかいてあやまった,  頭を振りながら尋ねた,  頭を胸にうけかねて,  頭を蹴とばした,  頭を打ちふり,  頭を出しています,  頭を出,  頭をうごめかして,  頭を出しただけな,  頭をこすりつけると,  頭を四方に振向け,  頭をちょっと曲げると,  頭をおろし,  頭をヤケに押し廻したが,  頭を持て,  頭を落つかせけるが,  頭をふりて,  頭を冷して下さる,  頭を擦った,  頭を働かせ,  頭をやさしく撫でながらきいた,  頭を凭していた,  頭を叩いてからという,  頭を下から擦って,  頭をあちこち動かして,  頭をぐし,  頭を逆さに一つ擦っておいて,  頭を撫った,  頭を下へ垂れ後脚へ力をウンと入れた,  頭を齧った,  頭を擦り上げて,  頭を去らぬ,  頭をあおあおと丸めて,  頭を刈つてしまつて,  頭をぶつつけた,  頭を洗ふの,  頭を濁る,  頭をむき出しにして,  頭を針のように刺激する,  頭をもたげてい,  頭をあらわして,  頭を冒された,  頭をかきつけていると,  頭をかいなでつつ聞けば,  頭を上げるこた,  頭を重くし,  頭を揃える,  頭をあげませんでした,  頭を持上げて来た,  頭をおさえてちぢこまってしまいました,  頭をなでてやった,  頭をうち振りながら,  頭を振って打消した,  頭を下げて突き進み,  頭をぶっつけながら言った,  頭を打ちつけられていた,  頭をもたしていた,  頭をたたきながら尋ねた,  頭をぶっつけながら,  頭を割るか,  頭をそり返し腹を前につき出して,  頭をやさしくなでながら尋ねた,  頭を強くなでたり,  頭を載せようとした,  頭をポンと槌でたたいた,  頭を打つと,  頭を母猿の乳頸の所に押付けて,  頭を撫でながら泣きました,  頭を垂れてしまった,  頭を取落した,  頭をなでようとした,  頭を振り立て,  頭をつけるが,  頭を両手に抱きしめている,  頭をたたきつけた,  頭を撫でたので,  頭を支えて,  頭を乗せているから,  頭を傾げている,  頭を傾げているだろう,  頭を傾げていた,  頭を圧して,  頭をふりかえりながら進むと,  頭をそろえる,  頭を出してはいないか,  頭を縦に振らなかった,  頭を抑え,  頭を上げて見せた,  頭を低く下げ,  頭を掉って云うたれば,  頭を下ろさっせえた,  頭を掉って語らない,  頭をぐらぐらゆすぶりました,  頭を押へました,  頭をなでてやりながら,  頭をふって泣き出しました,  頭をけはしい,  頭を綺麗に剃り,  頭を女の開いた,  頭をやられた,  頭を彼の方へもたせかけたと見るや,  頭を埋めながら啜り泣きをはじめた,  頭を前に傾け,  頭を奪われていたので,  頭を満たしていた,  頭をたれて去っていった,  頭をかかえて泣いた,  頭を過った,  頭を彼の肩の上に落した,  頭を向けていながらも,  頭をもっていて,  頭を維持させるには足りたが,  頭をもち上げないで,  頭を振り初めた,  頭をかがめながら,  頭をこわしてしまった,  頭を根限り追いまくった,  頭をようやく風上に向ける,  頭を持ち出す,  頭をつるつるなでながら,  頭を上げられないし,  頭をまたぐったりと落としてしまった,  頭を軽くたたいて考えた,  頭をデッキへ打っつけたかった,  頭をそろえていた,  頭を上げに来た,  頭をなでてくれる,  頭を立てる,  頭を掻き乱す,  頭を時々挙げた,  頭を撫でながら云った,  頭を引張っている,  頭を掻いたから堪らない,  頭を縮めて,  頭をペコリと下げました,  頭を一時に振って,  頭をコツンとぶっつけました,  頭をその方へ立て直した,  頭を立て直すと,  頭をつけながら,  頭を縦に振ってしまった,  頭を舐めてやりました,  頭を並べて死んで居る,  頭を力まかせになぐりつけましたが,  頭を痛くした,  頭を下げて頼んだ,  頭を越して覗いた,  頭をピシャピシャと平手でひっぱたいて,  頭を載せてゐると,  頭を左右に動かされた,  頭を下げなかったが,  頭を張扇でポンとたたいて,  頭をピシャリとたたく,  頭を下げよと云うので,  頭を下げなさい,  頭を押え,  頭を蝙蝠のやうに飛び,  頭を悪くしてゐる,  頭を振向く,  頭をかかえて立ちあがった,  頭を軽くさげ,  頭をうずめている,  頭を支配して,  頭を綺麗に剃りやして,  頭を指差した,  頭を石でぶち割ったという,  頭を打たれながら,  頭を敏活に働かせねばいかんよ,  頭を上げて見る,  頭を下げたなり聞いてゐますと,  頭をくるみ,  頭をもちあげたが,  頭を胸の上に垂れた,  頭をめぐらして眺めると,  頭をあげていった,  頭を悩ましてでもいるらしく思われましたので,  頭をなでておく,  頭を痛めさせ,  頭をかかえて震えてばかりいなすったんで,  頭を絞った,  頭をそろえちゃおりませんぜ,  頭を凭せかけた,  頭を下にして立っている,  頭を打ち附けたろうと思われる,  頭を明瞭させようと,  頭をぐるぐる廻したり,  頭を傾げでもした,  頭を自分の胸へぐっと抱えた,  頭をしゃぶると,  頭を外れたとは言いながら,  頭をペコペコと三つばかり下げて,  頭を垂らしていたが,  頭を下げて通り過ぎようとしました,  頭をすりつけ,  頭をステテコテン医者どんの頭をステテコテンと一方で合唱をすると,  頭をステテコテンそんなこと言う,  頭をステテコテン医者どんの頭をステテコテンと合唱する,  頭を出したり,  頭をもぐ,  頭をコツコツと叩いた,  頭を抱えて呻いていたが,  頭を転じようとしたが,  頭をこちらにしながら,  頭をまんなかに倒れている,  頭を向き合わせて死んでいる,  頭をさかさまにめりこんでおりましたよ,  頭をさかさまにしてはまっておったという,  頭を仰のけて眺めると,  頭を振り向けながら,  頭をうち振り,  頭を両肩の間に埋め,  頭を壁にぶっつけてるばかりでは,  頭を除外した,  頭を悩ましてるとしたら,  頭を向ければ,  頭をなでてやったりした,  頭を通ると,  頭を下に押し沈めようとした,  頭を打ち割ってやると言った,  頭を反り返らして,  頭を前方に差し出し,  頭をひどく天井にぶっつけた,  頭を半ば草の中に埋めていた,  頭を後ろに反り返らして,  頭をまっすぐにして,  頭をつかんで,  頭を後ろに引き向け,  頭をかくしながら,  頭をかんざしでいつ,  頭をおつつけて,  頭をこすったりする,  頭を失わなかったからで,  頭をうたれて死に,  頭を強く撲った,  頭をさすってやりますと,  頭を揮った,  頭をしたたか擲った,  頭を擦り附けて居る,  頭を擡げさせぬのに,  頭を打たぬ,  頭を上げて見直したが,  頭をかすめるので,  頭をひとり大きく振りうごかして,  頭を低め,  頭を打ち砕いた,  頭を乱した,  頭を下げて祈っている,  頭をふるばかりでありました,  頭を垂れて立ちました,  頭をぢつと下に向けながら,  頭をつき出すと,  頭をまげ,  頭を持ち上げようとしましたが,  頭をふらふらさしながら,  頭を強く横に振って,  頭を横に軽く傾けていた,  頭を下げて微笑みかけた,  頭を悩ませていた,  頭をこすりつけて甘えた,  頭をぶらぶら振ってゐましたら,  頭を長吏法師といいました,  頭をつらぬく,  頭を反らし,  頭を打ち割る,  頭を轉じて行手を見た,  頭を重たげに咲いていますが,  頭を畳までさげた,  頭を持ち上げて来る,  頭を掻き乱すに忍び,  頭をそッと氷枕の上におさえつけ,  頭を持って生まれる,  頭を私の右肩にぶっつけようぶっつけようとしていた,  頭を段々に引込める,  頭を屈伏させる,  頭を刺激し,  頭を感傷的にした,  頭をかきちらし,  頭を使い過ぎて疲れている,  頭をいじっていました,  頭を低て歎息をつくのみなり,  頭を折って,  頭を折った,  頭を低くたれて,  頭をなぐりつけました,  頭をそろへて来た,  頭をかしげた,  頭を志して,  頭を踰えて小窓へ出るには,  頭をポツンと見せる,  頭を叩いて打殺し,  頭を射透す,  頭を上げ得無かった,  頭を少し下げて,  頭を通り越して,  頭を揃えて,  頭を机の上に押しつける,  頭を上から眺めて,  頭を掠めるくらいに,  頭をガックリとうつ向けて,  頭をこちら向きにズリ落して,  頭をシッカリと抱えた,  頭を見上げながら,  頭をゆすったり,  頭をつき合わせて,  頭を押えられて居る,  頭を擽った,  頭を現わすべく,  頭をひたしてから,  頭を下げて来ない,  頭をたたき割りかねない,  頭をたたき割っていた,  頭を割ってぶちまけたとて,  頭を使いたくなかったので,  頭をさげて下さい,  頭を左右へ大きくふった,  頭を通りすぎた,  頭をあげてほの,  頭を浮かして,  頭をひねったが,  頭をさげておいて,  頭を軽く一振りして云った,  頭をもたげて参ります,  頭を潰した,  頭を後に押遣り,  頭を冷しに,  頭を垂れたが,  頭を掉ったが,  頭を叩けば,  頭をかきながら云った,  頭を両手で押えた,  頭を押さえている,  頭をうちぬいてしまった,  頭を冷たい枕で冷やしていた,  頭を屈めないでいて,  頭をつけたが,  頭を越すほど,  頭を時々さげて,  頭を人々の鼻先につきつけて,  頭をつきつけられて急いで,  頭を抱へようとしたが,  頭を抱へて目を覚した,  頭をよぎる,  頭をグッと下げた,  頭を埋めようとした,  頭をなでてくれたりしながら,  頭をぐるぐる撫でまわし,  頭をゴツーンとぶん擲った,  頭を叩き割つてし,  頭を次第に動揺させ,  頭を頑強に左右に振るばかりで,  頭を働かせ初めたらしい,  頭を投飛ばされた,  頭を二つ三つ振って,  頭を一人で働かしつづけていたが,  頭を引き寄せて,  頭を痛められて,  頭を痛められ,  頭を置かせたがった,  頭を左右に振って泣き,  頭をつけていると,  頭を家へ持ち帰り,  頭を持つてゐる,  頭を致しまして,  頭をうつむけて,  頭を抱き込む,  頭を置く,  頭をかすめる,  頭を醒す,  頭をとり返さないと,  頭を目醒す,  頭を下げてみせたので,  頭を揚げてみると,  頭を揉んで見たり,  頭をぶつけていた,  頭を突込む,  頭を下げ得る,  頭を打ち込む,  頭を柱にぶつけさせた,  頭をいやと云うほど擲った,  頭を眺め出した,  頭をもちあげて来た,  頭を軽く窓わくにもたせかけた,  頭をもちあげて来る,  頭をかくまねをする,  頭をのぞけて,  頭をまき,  頭を下げなければならないなら,  頭を錬る,  頭をたれて考へた,  頭をぶつつけて,  頭を挙げるでしょう,  頭を悩ましてゐる,  頭をたれて考えた,  頭をぶっつけてやった,  頭を主要問題の方に向はせようとする,  頭を出してくれません,  頭を仰向けながら,  頭を下げやす,  頭を出したが,  頭を襲いました,  頭を丁と一つ平手で叩きました,  頭を使って見た,  頭をひねらざるを得ませんでした,  頭を砕かれていたり,  頭を叩いて言いました,  頭を下げて聞いている,  頭をうって,  頭を不承せしめて,  頭を叩いてのみ,  頭を左右に振っておられました,  頭を書いた,  頭を上げては,  頭を持ちあげなければならなかつた,  頭を先にして飛びこんだが,  頭を振つたり,  頭をつき込んだ,  頭をなぐり合っても,  頭を両手でかかえて繰り返していた,  頭を斜に上の方へと起ちあがらせている,  頭をがんとなぐられた,  頭を石像にぶっつけた,  頭を廻すと,  頭を尖らせていた,  頭を下げて云わっし,  頭を五分刈りにして,  頭を押しつけて来たので,  頭をしぼっていたので,  頭を支えられて,  頭を一振りして,  頭をわられて,  頭を柔かく包んで居た,  頭を下へ幾分下げて,  頭を擡げぬ,  頭を揚げつ,  頭を台湾坊主に食はれたる,  頭を垂れぬ,  頭を下げぬばかりの,  頭を掻けり,  頭を下げての,  頭を振りつ,  頭を擡げつ,  頭を下げつ,  頭を下げにやならぬと,  頭を振りぬ,  頭を俯して,  頭を下げぬ,  頭をくくりつけ,  頭を指にぶっつけて来て押しのけようとする,  頭を下げて稼いだ,  頭をふり上げ,  頭を突込むで,  頭を下げ合って,  頭を下げさせられた,  頭を苅らして,  頭を布団の外にすらいださざりき,  頭をもっているらしく思わせたという,  頭を苦しめる,  頭を集めて調べていた,  頭を押し潰され,  頭をいとおしむ,  頭を回して,  頭を擡げ出した,  頭を中心にして,  頭をガクンガクンさせながら,  頭を左右に振,  頭を持上げ,  頭を載せてやり,  頭を撮った,  頭を振りながら言いつづけた,  頭を彼の肩にもたせた,  頭を向け,  頭を押し込んでやりますわ,  頭を軽くたたいた,  頭をささえてやった,  頭をつき出してる,  頭を少しそらし,  頭をもたせかけた,  頭をかくと,  頭を丸めてしまって,  頭をさげて佇んだ,  頭を使わないで,  頭を圧し,  頭をしっかりと抱えている,  頭を捨て,  頭をふりながらいった,  頭を畳にすりよせて,  頭を上げられいと,  頭を垂れていった,  頭をかしげていったりしました,  頭をひろげ,  頭を下げるし,  頭を横にして,  頭を掉っている,  頭を五分刈にして,  頭を手でうしろから押えなさるかも知れんよ,  頭を持って行かれる,  頭を押し出して見たが,  頭を殴られても,  頭を燃やし,  頭を右左に少し振,  頭を挙げたが,  頭を振つて見るけれど,  頭を擡げて居た,  頭を捻つたり,  頭を斜めに掠めて,  頭を撃たれた,  頭を擧げたが,  頭を振つて見るけれども,  頭をかしげなければならない,  頭をたびたび傾けた,  頭をつっ込み,  頭を動かしあったり,  頭を差し込んで,  頭を枕の上にささえてやった,  頭をまた枕につけるや,  頭を後ろにそらして,  頭を少しかがめ,  頭をもち上げて,  頭を下にたれながら,  頭を踏みつぶす,  頭を十文字に繃帯している,  頭をのぞかした,  頭を長く差伸し,  頭をずらして,  頭をねじ向けて,  頭を持ちあげてゐたが,  頭をかいてやる,  頭をいよいよ攪乱するので,  頭を悩ましめる,  頭を混乱させている,  頭をもたせてみたが,  頭を傾けて吐いた,  頭をなでて見せた,  頭を円めている,  頭を悩まさせる,  頭を冷やせの,  頭を冷やすぐらいは知れた,  頭をしずめ,  頭を低れさせて,  頭を並べて出す,  頭を起すまいとする,  頭を出したり隠したり,  頭を拈ツて居たが,  頭をぼんやりとさせて,  頭を円めた坊主を皇帝の侍医または接待役と信じ,  頭を混乱させていて,  頭を割られたの,  頭を禿げ,  頭を三つばかりも叩かれました,  頭を落している,  頭を動かして頷いたばかり,  頭を斬りつけられ,  頭を割られた,  頭を創つけた,  頭をまわしながら,  頭の方に頭を向けて,  頭を上げてみますと,  頭をつるりと撫で,  頭を下にして寝そべりながら,  頭をもっています,  頭を両手にかかえて,  頭を打ち破ったかもしれない,  頭をつっ込むと,  頭をまっすぐにし,  頭を壁にたたきつけてやった,  頭をもたげてゐる,  頭を水面に垂れてる,  頭を悩まし,  頭を低れたる,  頭を左右に傾け,  頭を低れしが,  頭を持ち上げて来ましたぜ,  頭を剃りに来ていて,  頭をあげ得なかったが,  頭を剃らせに来る,  頭を高くあげた,  頭を持つて居ました,  頭をもたせかける,  頭を下げずに,  頭を下げてやる,  頭を離れないので,  頭を柱に打ちつけて,  頭をのせ咽び,  頭をつかえば,  頭を少しお上げになって,  頭をお振りになって,  頭を玉石のようにいが栗にして,  頭を振り立てながら,  頭をお上げになった,  頭を払って,  頭を垂れながら,  頭をかいて立って居りました,  頭をかいて立つて居りました,  頭をかぶり,  頭をかぶって踊る,  頭を刻したものの,  頭を撫でてやりますと,  頭をもたげて来るという,  頭を生じ,  頭を垂れて眠る,  頭を縦横無尽にいたみつけられて,  頭を枕から上げて,  頭を越す,  頭をがんがん張られる,  頭をしめつける,  頭を掻いてから,  頭をやつつける,  頭をそつと枕の上に置いて,  頭を悪くしてるよ,  頭を静かに抱いて,  頭を打ちぬくといふ,  頭を打ちぬいて,  頭を下げたら,  頭を上げると覗いてみた,  頭を蹴りつけられた,  頭を振って斬り込んでいきたくなった,  頭を上げている,  頭を上げて迫って来る,  頭を跨いだ,  頭を使い始めましたら,  頭をふきながら,  頭をおおうて,  頭を水面上に持挙げたばかりの,  頭を擡げ出して来て,  頭をさげるなどは,  頭をつきぬけて,  頭を掻きむしられる,  頭をあげずに居る,  頭を完全に支配していた,  頭を混乱させていた,  頭をポカリと叩いた,  頭を埋めながら,  頭をくるりと包んだ,  頭を掻くの,  頭を伸ばして,  頭を低げてぶらぶら歩いて来た,  頭を留めず,  頭を揺って言った,  頭を上れば,  頭を殴られる,  頭を先に滑込む,  頭を出すにきまっている,  頭をひねり始めた,  頭を左右にふるばかりであった,  頭を指した,  頭をついた,  頭をのぞけた,  頭を見越して,  頭を垂れて念じ入っている,  頭を混ぜて持って来て,  頭を振るだけで,  頭をすっかり剃上げて,  頭を撫でていました,  頭を拝借させて下さい,  頭を右に向けか,  頭をどうかしている,  頭をどうにかもみほごして,  頭をもたげて来るから,  頭を支へてゐる,  頭をなでてやればかみつきはしないから,  頭をつけてから,  頭を改造する,  頭を擡げて見れば,  頭を集むるたびに不平を並べぬ,  頭をひやして来なさい,  頭を薪割で一撃して,  頭を横えて,  頭を壁へ叩付けて置いて,  頭をピョコンと下げる,  頭をふんだという,  頭をたたみにすりつけんばかりにして,  頭をさげていました,  頭をなんべ,  頭を押える,  頭を恁うあげて,  頭を出さない,  頭を強打した,  頭をポカリと擲つたりするので,  頭をもつて引きあげる,  頭を差し出して,  頭を使い切ってしまった,  頭を下げようと思っている,  頭をソロソロと左右に傾けて,  頭をつっこんでしまいました,  頭を掠めたので,  頭を平手でびしつと叩かれたり,  頭をごつんと叩きつけた,  頭をすつかり包まれた,  頭を左右に振つて,  頭を垂れて黙,  頭を凭せて歩いている,  頭を費した,  頭を抱へてぢつと我慢しようとしたが,  頭を奇麗にチックで分け,  頭を標準にし,  頭をいためた,  頭をひっこめた,  頭をちょんぎり,  頭をほうりなげ,  頭をふってこたえないので,  頭を右左に振りながら,  頭を抑えられている,  頭をしばって,  頭を落したり,  頭を割った,  頭をかすめて行った,  頭を大げさに抑えて,  頭をパシッパシッ殴った,  頭をゴシゴシやりながら,  頭を剃らせて,  頭をでさえ信じきれる,  頭をでさえ信じ得られる,  頭を叩かれあやまる,  頭を下げに来る,  頭をかくして,  頭を深く考え込んだ,  頭を両手に叩いて,  頭をがつくりと,  頭を振ってみせました,  頭を振つてゐるだらう,  頭を腑中に抉じていたが,  頭を下へ向け,  頭をかたくしないで,  頭を下げさせるといふ,  頭を真直に立て,  頭を風にさらした,  頭をあらわしたり,  頭をぽつん,  頭をてらしながら,  頭を殴られた,  頭をヒラヒラと舐る,  頭を打ち落し,  頭を鐫り付けたとあるが,  頭を咬む,  頭を一身に戴き,  頭を擡げし,  頭を五分がりにした,  頭をガクンとうしろに垂れた,  頭を高い山にもたせ,  頭を上げたり下げたり,  頭を不周の山に打ちつけられ,  頭を後に向け,  頭を上げて言った,  頭をこつこつ叩きながら云った,  頭を打ったので,  頭を拗,  頭を麻の葉に裹んでもらい,  頭を蛇の方へ向け游ぎ,  頭を擡げて待ちいるので,  頭を手に入れ,  頭を去り,  頭を垂れていく,  頭を昂然とあげて歩きたい,  頭をふかく垂れ下げて,  頭を抑えて来る,  頭を占めていく,  頭を上げて考えれば,  頭を水から上げているから,  頭を道から上げた,  頭を一寸撫でてから寝た,  頭を上げるが,  頭を下げて坐った,  頭を下げざるを得なかった,  頭を下げただけだった,  頭を下げようとしたが,  頭をひねったという,  頭をペコペコ下げて,  頭をさげてたのむ,  頭を振りうごかしてゐる,  頭を膝に押し付け,  頭を両膝間に挟む,  頭をさげて通うくらい,  頭を起した,  頭を下げているものの,  頭をたれて死んでしまいましたよ,  頭をたたいたり,  頭をかしげていられました,  頭をのばしていました,  頭をち,  頭をふみつけ,  頭をガクガクふって,  頭を抱え上げた,  頭を先にしてひきずり出してやった,  頭をぐたりと枕に落した,  頭を金雀花の茂みの後に隠して,  頭を叩き合した,  頭を低くしていろよ,  頭を軽く叩いた,  頭を動かしながら,  頭を掻きながら答えた,  頭を射貫かれて,  頭を先にして転がり下りた,  頭をひょいと出した,  頭を振り向けなかったなら,  頭をかきながら引き下って読んでいる,  頭を水で冷したり,  頭をもつて居つたといふ,  頭をもつてゐた,  頭を擧ぐれば,  頭を擧げ,  頭を附けて,  頭をさすつたり,  頭を両手でかかへて,  頭をごつんと叩いたりして,  頭を打っつけながら,  頭を上げたと似て居るぞよ,  頭を揚げ,  頭を狗に咋われて落ちた,  頭を切るに,  頭を斫って殺した,  頭を断たぬ,  頭を慥かに取って,  頭を打ち破られ,  頭を丸めて見せぬ,  頭を下げるに,  頭をかかえて転げ廻る,  頭を打しました,  頭を左右に振るばかりです,  頭を搏ち,  頭を打つを,  頭を擡ぐるとたちまち幻像は消え失せたが,  頭を丸剃りにして,  頭を押さへ附ける,  頭を越し,  頭を抱へて引き上げて,  頭を疫鬼に槌で打たれ病み出し,  頭をしたたかに殴られた,  頭を蹴飛ばしてみたが,  頭を揺すぶる,  頭を抱へて後悔した,  頭を摩りは,  頭を現わした樹の枝はバラバラに独立しているが,  頭を持ちあげてきたら,  頭を小ちゃなおちごに結っていた,  頭を向け直し,  頭をならべて歩き出した,  頭をかじって居る,  頭を砕かれ,  頭を肩に載せた,  頭をかけ,  頭をもたげひるむ,  頭をさげていきすぎたので,  頭をつつまなかったので,  頭を犯すまでには至らないだろう,  頭を前の方にこくりとやった,  頭を綺麗に結って,  頭を潛らねば纏まりが付かなかつた,  頭を抱へて座敷に逃げ込み,  頭を挟まれてしまう,  頭をきろうとするにきまっている,  頭を斬る,  頭を白布で巻いている,  頭をうな垂れた,  頭を澄ませてくれた,  頭を踏みつけられた,  頭を走った,  頭をゆるくふり動かした,  頭をまるめた,  頭をつけず,  頭をかきむしった,  頭を冷静にして,  頭を信ずる,  頭を撃たれて,  頭を持つて居る,  頭を悩した,  頭をかしげていました,  頭を振りながら答えました,  頭を冷徹に保ち,  頭を自由に保ち,  頭を刈つてそれから行かう,  頭を叔母に示す,  頭を持ち続けて歩いて居た,  頭を刈らない,  頭をそろえて向き直った,  頭をつき出して覗いた,  頭を下げんでも,  頭を瞬間に通りすぎた,  頭を水に浸して,  頭を頂きたる,  頭をはねて,  頭を揉んでゐると,  頭を垂れてゐたら,  頭を枕の上にもたげ,  頭を据えながら,  頭を据えて,  頭を下げずに通される,  頭を竪横に動かす,  頭を得上げざりしが,  頭を撫でたくなったり,  頭を抽き出して居る,  頭を下げざるを得なかつた,  頭を一つなぐりつけました,  頭を下げて謝って来るから,  頭を凭して,  頭をもくもくと碧空に擡げて,  頭を並べていました,  頭をきれいに並べている,  頭をうち破る,  頭を垂れて聞いている,  頭を悪くしてしまう,  頭を悪くしている,  頭をブルブル振りながら立ち,  頭を下げて行きさえすれば,  頭を膝のうえに載せ,  頭を砕き,  頭をくだかれる,  頭を地にすりつけていった,  頭を占領している,  頭を地にすりつけて泣きながらいった,  頭をちょっと出して,  頭をそそる,  頭をうっすりと撫でたかとおもうと,  頭を尖らせ,  頭を打ちつけるほどに,  頭を抜き出している,  頭を越して,  頭を出して来た,  頭をもたげとぼけた,  頭をぶっつけると,  頭を撫でたりしたが,  頭をぴょこぴょこ下げました,  頭を冷し,  頭をがたがたふりました,  頭をつつんだ,  頭を横に傾げた,  頭を畳にすりつけん,  頭を低く垂れた,  頭を滑らして,  頭をむっくり上げて,  頭を幾つ並べてみた,  頭を両方からゴツンとやった,  頭を使っていた,  頭をかすめて行く,  頭を張り飛ばす,  頭を押しつけてゐる,  頭を後へ向けた,  頭を擡げて見た,  頭を黒い布で包み,  頭を振って叫びつ,  頭をちぎられた,  頭を落すと,  頭を斬られ,  頭をゆすぶりながら,  頭をゴツンと打って,  頭を突ッこみ,  頭を擡げかかった,  頭を持ちあげようとしていた,  頭をだしに入れて炊くだ,  頭を狂わさずにはおかない,  頭をかき乱していた,  頭をお下げになった,  頭を下げて通りすぎる,  頭を振りながら言っていると,  頭を抱えて逃げ出しました,  頭をなぐるばかりだ,  頭をコツンと一つなぐり付けますと,  頭をたたき割って殺して,  頭を一つ宛なぐり付けますと,  頭を往来の土の上にすりつけました,  頭をふって申しました,  頭をつき込みました,  頭をつっ込んだと見える,  頭をはなして,  頭をめがけて落ちて来ました,  頭をかいて平伏しました,  頭をまっくろな海の上に出しました,  頭を起しながら,  頭を叩かれる,  頭を擡げたが,  頭を輕く叩いた,  頭を大部分剃って,  頭を傾けて黙って,  頭を持ち上げて見ると,  頭を下げられる,  頭を振られる,  頭を地につけて見る,  頭を思い出したりする,  頭を解剖してみました,  頭を突つこんで,  頭を掻きむし,  頭を破裂させてみたら,  頭をはだしで渡りあるく,  頭を持ちあげると,  頭を後へ引き,  頭をあげながらなれ,  頭を傾けて考へました,  頭を抱へたきり動きません,  頭をもたげて見ますと,  頭をうけとると,  頭を喰べおへると,  頭を打ちつけたり,  頭をもたげました,  頭を突込んでまるくなつて眠つてゐたので,  頭をこすり附けて,  頭をポエンとやって,  頭を撫でてやったりして,  頭を見せています,  頭をポカポカなぐる,  頭を痛くしてし,  頭を拾つて足を運ばうとしてゐたので,  頭を凭せて,  頭を指ざす,  頭をもちあげてきました,  頭をかいたり,  頭をつっこみました,  頭を擦りながら,  頭を打ちつけて死のうとしました,  頭を衝いた,  頭を起こした,  頭をかたむけた,  頭を下げさせられる,  頭を片手でおさえ,  頭をタタキ潰された,  頭を一つ一つに乾燥させ,  頭を左右に振るばかりである,  頭を釜の縁にかけ,  頭をいやといふ程足で踏みつけた,  頭をひつこめた,  頭をぼりぼりと引掻いた,  頭を無くした,  頭を無くする,  頭を左右にふりました,  頭をたたいてみました,  頭を右左にゆさぶつて,  頭を壁にぶつ附けたり,  頭を長くし,  頭を持つている,  頭を左右に振立てた,  頭をなでると,  頭をさげます,  頭を撫でて下さいました,  頭をいやと云うほど撲りつけた,  頭をコツンと殴つたりしてゐる,  頭をコツンと殴ったりしている,  頭を抱えて濡れた,  頭を擡げ出して,  頭を左へ傾け変えた,  頭を洗うし,  頭をぐいと掴んで,  頭を立直すと,  頭を組んで,  頭を刎退け,  頭を下げて来ました,  頭を下げて借りに行く,  頭を埋める,  頭をそちらに向けた,  頭をひとふりして,  頭をのり出さして,  頭を置くやいなや,  頭を掻いてからだをゆすぶった,  頭をしながら,  頭をクリクリの一分刈りにして,  頭をもたげるなり,  頭をふっていった,  頭を枕の上におとした,  頭をもたせて眠っています,  頭を後へ下げて,  頭を打ち振りながら,  頭をこく,  頭を惱す,  頭を押しつけた,  頭をあずけて,  頭をぶった,  頭を打ち振った,  頭をうち任して,  頭をずらしながら,  頭を仰,  頭を落付けると,  頭を枕につけて,  頭をかすかに震わせながら,  頭を一方に傾け,  頭をユラリとさせて,  頭をかかえてよろめきながら,  頭をさげさせるだけで,  頭をさげられつづけて,  頭を目がけて,  頭をくるりと向うへむけて歩き出した,  頭を破り,  頭を動かしていたに,  頭を入れてみたい,  頭を少しばかりもたげ,  頭をきれいにして,  頭を殴りつけられた,  頭を垂れながら考える,  頭を乱す,  頭をかいています,  頭を押えてみせました,  頭を突き出して,  頭をひねっているだけな,  頭を絞って,  頭を活動させる,  頭をもとへ戻した,  頭をあの恐しい,  頭をにょきにょきと出したが,  頭を有った,  頭をなでてやるという,  頭を振りながら坐っていました,  頭を振ると,  頭を向けながら,  頭を軽く叩いて,  頭をさしのべて,  頭を東の方に向けて,  頭をまっすぐに立てて,  頭をビレラフォンの肩に乗せて,  頭を擡上げて来て,  頭を突込んでいたが,  頭を擡上げて,  頭をおさげになる,  頭を静かに膝の上にのせ,  頭を振り上げました,  頭を出来るだけ,  頭を抱えて坐っておりました,  頭を掻いただけでした,  頭をゆすっていました,  頭を出すと見える,  頭を撫で撫で,  頭を悩し,  頭をぶつけた,  頭を自分の膝の上へのせながら,  頭を低げて頼みにくる,  頭をちよつと下げた,  頭を見破って帰って,  頭を支配し,  頭をさげさせるに,  頭をあげてゐた,  頭をのぞかせてゐた,  頭を掴んで入って来たが,  頭を尚下げた,  頭を二三度振,  頭を描いてゐたかと思ふと,  頭をもつた,  頭を今一つ背中に取付けておられる,  頭を左右に振りながら申しました,  頭を掻いて言いました,  頭を変換さす,  頭を下げなくてはならない,  頭を下へ向けて下り,  頭を叩いて泣きわめく,  頭を使わねばならないから,  頭をしきりに煽ぎながら笑っていた,  頭を強く打たれたので,  頭を打たれて死んだ,  頭を打たれて死んだからといって,  頭を打たれて死んでいた,  頭を砕かれた,  頭を打ったらしい,  頭を強く打たれて,  頭を悩ますほどに,  頭を撫で居る,  頭を煩わす,  頭を持たして,  頭を居眠りの不知覚から我に返る,  頭を地に摺りつけても,  頭を布団の中に突っ込んだ,  頭を布団に入れるだけの,  頭を割るばかりだと思うと,  頭をぶつけて割っちまいたくなった,  頭を擲きつけて,  頭をぶっつけて割って見ようとまで思った,  頭を刺激したから,  頭を横にしてみたが,  頭を支えると,  頭を挙げて云った,  頭を垂れて黙っていた,  頭をつかつて,  頭を斜めに截ち切った,  頭を隠して,  頭にはお頭を差上げて,  頭を横ざまに振らぬ,  頭を掻いてみても突いて見ても,  頭をなでられた,  頭をもたげるにすぎなくなってしまう,  頭を顔中口にして,  頭を下げましたよ,  頭を後の方に見せています,  頭を下げずにはいられませんでした,  頭を見せているし,  頭を歩き廻って,  頭をちょっと出しているだけです,  頭を奥にして,  頭をうずめて,  頭をぼうぼうさせて,  頭を下げてる,  頭を虎の口元へ持って,  頭をびしゃびしゃに噛み潰された,  頭をがくりと垂れ,  頭をがくりと上げ,  頭を今造った,  頭を挿しこんで,  頭をつっこんで描いていた,  頭を捻っていました,  頭をがくんと反り返らせて,  頭をがくんと椅子へ凭せて,  頭を圧しつけ,  頭を傾むけ,  頭を下げて置かねばならぬ,  頭を下げるよ,  頭を睨んだ,  頭をもたげだしてくる,  頭を養い,  頭を程よい空間に保って,  頭を下げておいた,  頭を下げただ,  頭をこはしました,  頭を少し傾けいたりき,  頭をおさへてゐたよ,  頭を抱えているという,  頭を振れば,  頭をうち反らせねばならなかつた,  頭を叩きのめす,  頭を発止とかかへてガンガンとぢだんだ踏んだが,  頭を後ろに向け,  頭を揺り動かした,  頭をつか,  頭を五つ六つやつつける,  頭をあげてみた,  頭を寄せ集めると,  頭を拳固でもって,  頭を尖らしても,  頭をせいぜいとがらして見ても,  頭を擡げて参りました,  頭を立てなおした,  頭をつき込んでいる,  頭を投げ込む,  頭を叩きながら,  頭をたれている,  頭を往来せる,  頭を上げつ,  頭をかきつるが,  頭を横たえて,  頭をたれつ,  頭を押え様と焦った,  頭を獅子舞のようにふりたて,  頭を信じなかった,  頭を真赤に染めた,  頭を寄せ,  頭を凭せかけ,  頭をいく,  頭をふって云った,  頭を投げ出して,  頭をうちもたげている,  頭をふり立てて,  頭を刈られた,  頭をガーンと殴られた,  頭を丸くした,  頭を水中に没してゐた,  頭をもたげたとかいうので,  頭を忙がわしく振った,  頭をゆるく振った,  頭をもたげ出したという,  頭をかたむけて,  頭を剃り丸めたとて,  頭を打たれたら,  頭を風にふかせ,  頭を擁えている,  頭を撫でさせるほどに成った,  頭を円めた盲人が居る,  頭を二つ三つ打つ,  頭を持ち上げている,  頭を椅子の背につけた,  頭を木に打ちつけて,  頭をすり付けたが,  頭を高く上げる,  頭を砂の上へ突きだしてゐるにすぎなかつた,  頭を占めてゐる,  頭をがくがく振つてみても,  頭を休めてきたい,  頭をこらえながら,  頭を上げない,  頭をふさいでくるので,  頭を掠める,  頭を持たせかけて,  頭を働かせてよ,  頭をなでたりしてかわいがってやりました,  頭をなでてかわいがろうとせずに,  頭を刈つて貰ひました,  頭をさげるなど,  頭を一まきして,  頭を撫でて過ぎたり,  頭を下げて頼んでいる,  頭を下げたりしていた,  頭を誘うまで,  頭を撫でようとなされずに,  頭をガッシと掴んで,  頭を出したので取ろうとすると,  頭をかしげて考えた,  頭をひたした,  頭をかしげたが,  頭をさげなければならないとなると,  頭をかじって逃げた,  頭をおしつける,  頭をふらず,  頭をつきこんだ,  頭を出していった,  頭をますます低くたれた,  頭をさげろ,  頭を費していた,  頭を下げたばかりで,  頭を踏つけて,  頭を踏みつけながら,  頭を一つくらわせました,  頭をもって居なかった,  頭を見せただけで,  頭を押えながら考えてみた,  頭を分けたりした,  頭を持ち上げかけた,  頭を枕から上げたが,  頭を持てあました,  頭を使ったら,  頭を殴られ,  頭を殴りつけてやろうかな,  頭をかすめました,  頭をのぞかしている,  頭を強くゆすぶった,  頭を小刻みに掻いた,  頭を整えて,  頭を重そうによち,  頭を顎の下に見下して,  頭を抱いてしょう,  頭をなでたが,  頭を下げなくてはならないとは,  頭を彼の踝におしつけた,  頭をかかえて悶えていた,  頭を落されて,  頭を打ちつけて死んだ,  頭を抱く,  頭をだしていたので,  頭を枕にのせると,  頭を支えていた,  頭を抱いて撫でまわすに任せ,  頭を転がして,  頭を振られるのみでした,  頭を上げて見られると,  頭を腕に埋めて居睡する,  頭を圧しつける,  頭を下げるよりはと,  頭を押しつけたりして,  頭を一寸撫でる,  頭を北極の氷のような冷静さに返らせた,  頭をつきこむ,  頭をひざにのせている,  頭を父の膝におしつけながら,  頭をおしつけました,  頭をぐりぐりやっています,  頭を埋めてくるっと寝てしまった,  頭をゴツゴツ板へぶっつけた,  頭を撫ではじめたが,  頭を錐のやうに尖らして,  頭をこそげながら,  頭を使いすぎる,  頭をさげても,  頭を首垂れてゐた,  頭をあぐれば,  頭をむりやりに井戸の中にさしつけて,  頭を重く枕につけて,  頭を遣られて死んだ,  頭をあげてみると,  頭を殴りつけて,  頭を殴りやが,  頭を赤らめて,  頭を撫でつけている,  頭を割られて,  頭をがんがんとうったじゃないか,  頭をぶちつけあっていた,  頭をつっこんでいた,  頭を器械の角でぶっつけて,  頭をもっている,  頭を怪まずにはいられない,  頭を入れる,  頭を巡らしたが,  頭をゆすぶ,  頭をかしげていましたが,  頭を毆りつけて,  頭を花中へ突き入れる,  頭を突き込む,  頭を花中へ差し込む,  頭を上げてみた,  頭をもとの位置に下ろすと,  頭を下げ下げ,  頭を上へ上へと上げる,  頭を打ちのめされた,  頭を混乱させるばかりです,  頭を一つ一つさぐっている,  頭を垂れるだろう,  頭を垂れて浸って行った,  頭をプラトークで包んで,  頭を一つおまじないさえして貰えたらと思っている,  頭をパタパタとやって,  頭をつっこんで眠りつづけたいという,  頭を持して,  頭を揃えてつきさしてる,  頭を揃えて置いてある,  頭を突こ,  頭を休めに,  頭を高く持している,  頭を上げよう,  頭をさげるしか,  頭を撫でてやりながら,  頭を打ってやる,  頭を撫でてやったり,  頭をきれいに分けて,  頭を誰れでも何処へでも持ち廻るという,  頭を出しかける,  頭を切り取った,  頭を悩ませる,  頭を障子にこすりつけて,  頭を失く,  頭を洗ったりしていた,  頭を拳で叩きつつ,  頭を平静にさせる,  頭をおさえて物語り,  頭を下にして落ちた,  頭を下げ切った,  頭を低く仰向いて,  頭を掻くと,  頭をかかえて笑い出した,  頭を鑢でこすられる,  頭を下げてすました,  頭をかかえてしまった,  頭を引っ擁える,  頭を片手で吊り,  頭を撫でまして,  頭を圧して来ると,  頭を下げてゐました,  頭をすり付けて,  頭を痛めるのみで,  頭をゆさぶりながら附いて行く,  頭をはたらかせる,  頭をおとし,  頭を一つ引っぱたくと,  頭をがつくり,  頭を殴りましたが,  頭を抱えて逃げ廻って,  頭を垂れてひざまずくと,  頭をもたせかけたり,  頭を半分水の中につけて,  頭を軽く左右に振って見せた,  頭を今一度軽く左右に振った,  頭を非道く打ったと見えまして,  頭を鎮めよう鎮めようと,  頭をタタミにすりつけているから,  頭をふわりと漂っている,  頭を白く削った,  頭を隠しても,  頭を垂れて歩き,  頭を掠めて去る,  頭を右に傾むけようとした,  頭を思い出した,  頭を枕の上で一寸摺らしても,  頭を埋め尽くそうとする,  頭を垂れたなり,  頭を低めるが,  頭を水から眞直に出して泳ぐ,  頭をすつと,  頭をいれて,  頭をよせつつ,  頭を突いてみた,  頭を重そうに動かしながら,  頭を後ろへそらせて,  頭をこづいた,  頭をなでてくれましたが,  頭を向けているかが,  頭と尻尾に二つ頭をもった,  頭を狙つて殺して歩いた,  頭をなんとなく撫で,  頭を厭され,  頭を心もちうしろへ外らせながら,  頭を絞つた,  頭を畳につけて,  頭をすっかり韃靼風の丸剃りにした,  頭をかしげる,  頭を出していました,  頭を伸ばしました,  頭を枕につけるが,  頭を出してるではございませんか,  頭を動かしましたが,  頭をぶるぶると振わせたであろう,  頭を分捕,  頭を撫でてやりたくなった,  頭をテカテカに分けて,  頭を持ってきてやった,  頭をさげんばかりにして,  頭を割られたりしている,  頭をとかされて,  頭を両手でおさえながら,  頭を悪くした,  頭を持ってるってね,  頭を後のクッションにうずめると泣きつかれた,  頭を持って居ると云うでもない,  頭をまるむきに出して,  頭を持って居ながら,  頭を叩かれようと,  頭をもつ,  頭を刈ってもらいながら,  頭を押し叩いてくれた,  頭を眺めた,  頭をポトポトと叩いてくれた,  頭を包いた,  頭を叩いて呉れる,  頭をぶち附けながら唸っていた,  頭を抱えて泣き出しながら,  頭を冷い,  頭を深く胸の上に垂れているので,  頭をもち上げる,  頭をわきにかしげて,  頭を掠めなかった,  頭をぼんやりさせる,  頭を相手の胸に強く押しつけながら,  頭を自分の身体に引きよせた,  頭を垂れてではあるが,  頭を今よりももっと占めていたのよ,  頭を下げるという,  頭をのけぞらせ,  頭をのけぞらせながらいって,  頭を占めていた,  頭を支配している,  頭を廻している,  頭をそんなふうに廻す,  頭をいっぱいにしている,  頭を横に傾け,  頭をまたまどわしている,  頭を下げないではいられないだろう,  頭を下げないではいられない,  頭を高くして,  頭をさかんに振りながらいって,  頭を少しわきにそらした,  頭を部屋へ深く突っこんで,  頭を冷やす,  頭を折られてしまった,  頭を撲たれた,  頭をかしげながら答えました,  頭をふりまわした,  頭を一瞥して,  頭を扇ではたき合ったりするが,  頭をくっつけ合って,  頭を打ちつけながら,  頭を輕い,  頭を垂れて聞いていたが,  頭を当てて,  頭を昂然と上げ,  頭を上げるや,  頭を横にしていた,  頭を曲げようとする,  頭をかきむしりたくなった,  頭をかかえて死ぬ,  頭を下げて向ってゆく,  頭を突こんで来ている,  頭をおいて,  頭をなでてやる,  頭をひねって居ます,  頭を一つ振って,  頭をもたげちゃ,  頭を撫でて貰ったり,  頭を火の玉のようにして,  頭をひどくなぐりつけた,  頭を真っ直にし,  頭を煙管でなぐりつけたりはしない,  頭を刺戟した,  頭を倒にして,  頭を倒にして見るだけの,  頭をまえに突き出しました,  頭を載せました,  頭を割って死んだとか,  頭を殴つたり,  頭を布で巻いている,  頭を圧する,  頭を抬げようとする,  頭を下げて頼んだと言う,  頭を黒い棒で殴り付けた,  頭を掻き掻き云った,  頭をシャンデリアの方向に仰向けて,  頭を塗りつけて在り合う,  頭を揉ませている,  頭を撫でて詫びた,  頭をかくんと仰向けて,  頭を熊さん刈りにしている,  頭を突っ込む,  頭をぐったり地面に押しつけ,  頭をぶっつけて死のうかと思いました,  頭をさげていたが,  頭をもう一度ゆさぶった,  頭をやすめて置く,  頭をゆさぶりながら,  頭をまとめるのに,  頭をかわるがわるなでながら,  頭をなでてもらっている,  頭をくるくるなでた,  頭を下げないで,  頭をつかい,  頭をかるくぽんとたたいた,  頭を風に吹かせたかっただけの,  頭を風に吹かせる,  頭を風に吹かして,  頭をやって寝ていたが,  頭をせめさいなんだ,  頭を近くへ持って来た,  頭を微かに動かして,  頭を走り過ぎると,  頭をはさんで,  頭をなでていいました,  頭を隠していたからです,  頭をふまれた,  頭をむき出して,  頭を下げてるだけで,  頭を砕いている,  頭を鎮静させ,  頭をシャボンの泡だらけにして,  頭をもぐしこんで,  頭を行き,  頭をなやまして居る,  頭をそうっとさげて,  頭を一振り振って,  頭を授かっている,  頭を抱えて寝,  頭を支えて寝,  頭をくるまれて,  頭を膝にくっつけるほどに抱えこんだ,  頭をちょっとねじむけて,  頭を困惑させた,  頭をつかって考えたりする,  頭を悩ましながら,  頭を下に垂れた,  頭をこつん,  頭をこつ,  頭を一つポカリ殴つた,  頭を圧えた,  頭をおおい,  頭を掠めただけで,  頭を指さし示して,  頭をコツンと叩かれた,  頭をコツンと叩いた,  頭を掌で支へながら聞いて居たが起き上りながら,  頭をブンなぐられて,  頭を有つたラヴアンの力に反抗するといふ,  頭をコツコツと蹴った,  頭を撫で上げながら,  頭を揃えて建てたなりに,  頭をぼうつとさせてしまふ,  頭をあげただけで,  頭をめがけて投げつけはせぬかと,  頭を巻いた,  頭を破りました,  頭を拭きながら,  頭をつかわなくたって,  頭をよぎった,  頭をうしろになで,  頭をもたげ出していた,  頭をつっこんで泳いでいる,  頭をもたげつつある,  頭をかいていたか,  頭を振り動かしながら,  頭をぶつつけなかつた,  頭を使うべきである,  頭を没し去った,  頭を突っ込んでいるが,  頭を変にしてやろう,  頭をおかして,  頭を変にさせた,  頭をさげて曲がり,  頭を手さぐりして,  頭をスリ付けた,  頭を結いに行ったら,  頭をテカテカになでつけた,  頭を両手ではさんで持ち上げた,  頭を下げて見送った,  頭を下げて見せた,  頭をかしげてみたりしている,  頭を小説の中の人間として扱いきれたら,  頭をなでていてやったら,  頭をひねります,  頭をつっこまず,  頭を下げられてばかり来ている,  頭をかいたりしました,  頭を持ち上げたら,  頭をぐっとおさえ,  頭を使わない,  頭を下げたというだけで,  頭を椅子の背にもたせて,  頭を整理しない,  頭をなやましはじめた,  頭を擡げて居る,  頭をもたげて見ると,  頭を坊主刈りにして,  頭を曝し,  頭をやられて,  頭を叩き潰したが,  頭を上の方から煽ぎ,  頭を打振り給ひて,  頭を窓のすみにおしつけながら,  頭をなでながら考へてる,  頭を打ちつけるか,  頭を抱てしまった,  頭を抱きあげた,  頭を床にすりつけながら言いました,  頭を惱ましてゐる,  頭をがくりと前へ垂れて,  頭を冷ますが,  頭をもぐした,  頭を先に落っこったが,  頭をいじって,  頭をなでてくださいました,  頭を悩す,  頭を垂れて聞き果てたり,  頭をすりつけて頼みました,  頭を振っています,  頭を振りたてていいました,  頭を出しているばかりである,  頭を長煙管で打たれた,  頭を振って見せ,  頭を擲つたりした,  頭を下げて馴れ,  頭を更らに低く垂れた,  頭をふり向けもせずに,  頭を石に叩きつけるといふ,  頭を殴っておいて,  頭を軽く動かして,  頭をかしげていたが,  頭を丸い三分刈りにしたら,  頭をいじくりに行ってひっかかった,  頭を向けようとなさらず,  頭をかっ,  頭を見て云った,  頭をめぐらしたと思うと,  頭を打たれて倒れたが,  頭を突き出してふ,  頭を攪乱してしまった,  頭を地につけ拝んだ,  頭をお互いぶっつけ合いながらもがき出した,  頭を直して来いと云う,  頭を出してゐた,  頭を白く尖らして,  頭を持ち上げてくれれば,  頭を顫はす,  頭を高くし,  頭を卷けり,  頭をふりていひけるは,  頭を低れぬ,  頭を踏む,  頭をもて,  頭を上にまたは蹠を上にむけて立てる,  頭を蹴り,  頭を擡ぐるにいたりたれば,  頭を見慣れてしまった,  頭をいくつも見た,  頭を嘗て見た,  頭を発明した,  頭を圧えて懊悩したが,  頭をゆるくうごかしてゐた,  頭をごしごし掻いて,  頭を振っただけで黙っていたが,  頭を出してる,  頭を覗きながらいた,  頭を四寸ばかり高めた,  頭を捻つてゐる,  頭をもってゆくと,  頭を傾げて考えていたが,  頭を動かさずに,  頭を恰も微風にゆられてゐるが,  頭を下げざるを得ない,  頭を覗き出して,  頭を撫でまわしながら,  頭を競っている,  頭をぶつけない,  頭を掻きながら遇う,  頭をくわえられた,  頭をねじ向けて見ると,  頭を細かく震わせて,  頭を低く垂れて,  頭を背にめぐらして舐りつ,  頭を卷ける,  頭を出せり,  頭を截り取り,  頭を天日に曝したという,  頭をかいたり唸ったりし,  頭をふらふらやっていた,  頭をかしげ,  頭をかすめて飛んできた,  頭を働かし,  頭をかかえこんだ,  頭をかかえて考えこんでいた,  頭をちからまかせになぐりつけてやった,  頭をなぐったって,  頭を鋏でハイカラに苅り上げた,  頭を労するので,  頭をそっくりそれにつかった,  頭を洗ふ,  頭を引込んだり出したり,  頭を擡ぐれば,  頭を持ちあげる,  頭を掠めるだけで,  頭を暗くされ続けにさせられて居るよりは,  頭を烈しく振り立てた,  頭を垂れて立ってゐました,  頭を左右に振る,  頭を指差して,  頭を越ゆるもので,  頭を下げておれば,  頭を持ち上げて参りました,  頭をぶるっと振,  頭を浸した,  頭をおしこすって,  頭を空虚にする,  頭を下げて売ってもらっていた,  頭を抑えて悩み始めた,  頭を冷していた,  頭を冷やすと,  頭を掠めて通るでしょう,  頭を使う込み入った,  頭を抑え始めた,  頭を擡げ出したる,  頭を靠せ,  頭を強く打たれた,  頭を低れ,  頭を擧げしかど,  頭を垂れしむ,  頭を空しき物にむくとは,  頭を高うして歩めども,  頭を低れしも,  頭を壓し,  頭を擡げて来たが,  頭をもつてゐなければ,  頭をひねってみたり,  頭をさげるとは,  頭をもたげ出して,  頭を必要としない,  頭を扇子で叩く,  頭を下げてると,  頭をふつて見せると,  頭をふつてゐる,  頭を下げどほしに下げてゐる,  頭をひよ,  頭を噛られてゐるか,  頭を押し並べた,  頭をふつて嗟嘆した,  頭を集めてほめそやしました,  頭をさしいれて,  頭をしきりに振っている,  頭をぶっつけて死ぬか,  頭をガラス天井にいやというほどぶつけてしまった,  頭をじいさんはなでて,  頭を刈って貰った,  頭を刈り込むのに,  頭を支える,  頭を痛めていた,  頭を撲って怒られた,  頭を叩いて見たりした,  頭を凭せかけて,  頭を下げないではいられなかった,  頭をもたげ始めた,  頭を低し身を縮めて,  頭を徐に上げ円の眼を剥き出して,  頭を剃るという,  頭を剃り終ると,  頭を見つめて居た,  頭を突っこんでさ,  頭を水の上に引きあげてくれる,  頭をあげるだけの,  頭をついと一ツ下げて,  頭を低くし,  頭をしっかと寄せ合わせて,  頭を徐かに上げ,  頭を振って居る,  頭を掠めて飛んだ,  頭を軽く振った,  頭をかしげてゐる,  頭をもち上げました,  頭をもたせかけていますと,  頭をもたせかけますと,  頭をかかえましたが,  頭を手でまわして,  頭を割れる,  頭を枕につけていながらも,  頭を二つくらしたら,  頭をじりじり動かしている,  頭を尖らした,  頭を支配してゐた,  頭を横切つて来る,  頭をいつもの癖で捻る,  頭を低く何度も父に泣きついて来た,  頭を廻し,  頭を突っ込んで,  頭を真面目な顔して,  頭を少しもたげ,  頭をぽかり,  頭を上げないので,  頭をうなだれる,  頭を振り立って,  頭を振り立って呼んだ,  頭を前後に動かしながら,  頭を火炙りにせしが,  頭を下げなかつた,  頭を衝き合せて寝ている,  頭をもたげかけたが,  頭をかすめ,  頭をひやそうとすると,  頭をもたげて歩けるだろう,  頭を割られ,  頭をさげて頼んで来る,  頭を壓する,  頭をはつきりと注意して,  頭を石のやうな拳でぐわんと擲つ,  頭を力一杯擲つてしまつて,  頭を擲つてやらうかと,  頭をもたげよ,  頭を円くして,  頭をぺこぺこさげました,  頭を低げて席についた,  頭をはたらかせた,  頭を抱えてやった,  頭を上げていた,  頭をはげしく振りました,  頭を惱ましたり心を苦しめたりするといふ,  頭をかかえてかくれていた,  頭をおさへてゐねえか,  頭を一つ一つ突っつく,  頭を無器用に振ってはねとびだした,  頭をはなれないので,  頭をひやす,  頭を見ましたら,  頭を押えようとしないで,  頭を下げてしまって居たら,  頭を横に振り,  頭をのっけると,  頭をあげたら,  頭をなでていると,  頭を涙の海に沈めて,  頭を抑へつ,  頭を下げてみせる,  頭を振りながら言い,  頭をしばらくかしげながら,  頭をひどくもたげた,  頭を動かそうともしないで,  頭を斜めにかしげて,  頭を軽く叔父のほうに曲げたが,  頭をながめ,  頭を向け直す,  頭を垂れて言い,  頭を取巻いた,  頭をわきに退けて,  頭をめぐらした,  頭をまた炉のほうに向けた,  頭をぶっつけ合ったに,  頭をかしげていた,  頭を少し振る,  頭をうなだれて聞いていた,  頭をよほど後ろへ曲げねばならなかった,  頭を手すりのほうに曲げたが,  頭を上向きに寝かせた,  頭をそらせて,  頭をひたしてしまった,  頭をグルグル手拭で巻いて,  頭をお祭のように飾る,  頭を考えていた,  頭を殴りつけている,  頭をおさえつけている,  頭をコツコツやりながら,  頭を油で光らせて,  頭をかいて笑った,  頭を抱えこむ,  頭をふらふらさせて,  頭を挙げる,  頭を引っこめる,  頭をしている,  頭を巡らすと,  頭を下げなければ,  頭をがりがり噛んで食べた,  頭をひねれば,  頭を鉄槌でガーンと擲られた,  頭を拳でたたく,  頭をさげたりなど,  頭を曲げ,  頭を撫て呉れる,  頭を心持ち左へかしげる,  頭を心持ち左にかしげていた,  頭を一つがんとなぐられた,  頭をほぐそうとしたがほぐれなかった,  頭をこちらにして,  頭を心持ち左にかしげてゐた,  頭を一つガンとなぐられた,  頭をほぐさうとしたがほぐれなかつた,  頭を此方にして,  頭を悩まそうとしなかった,  頭を上げろ,  頭を人さし指で突っつきながら,  頭を天井にぶつける,  頭をやってしまいました,  頭をみつけ,  頭を振って見せた,  頭を刈っていましたが,  頭を刈りにきてくださいましたね,  頭をしているよ,  頭を離す,  頭を高く擡げて,  頭を曲げるわ,  頭を挙げて歩きながら,  頭を斬り割る,  頭を抑えたと思うと,  頭を噛ったばかりで,  頭を食ったばかりの,  頭を休めるには適している,  頭を集めて話していた,  頭をやって寝ていた,  頭を絞る,  頭をガックリとうなだれた,  頭を突き出すと,  頭を軽くたたくと,  頭を掻亂するに過ぎないし,  頭をまたぺたりと叩いた,  頭をひっこめている,  頭を掻いちまった,  頭をもちゃ,  頭を一振りし,  頭をうちとばされた,  頭をさがす,  頭を翼のなかにかくしたり,  頭を高く上げている,  頭をとびこして,  頭を自分にむかって投げつけようとしている,  頭をなやまさなかった,  頭を月のうたに狂わせ,  頭を肩の上に持ち上げている,  頭をうしなう,  頭を振って答えなかった,  頭をぐたりと枕の上につけて,  頭を軽く動かした,  頭をぼんやりさし,  頭を吸いつけた,  頭をあげたが,  頭を重たそうにクッションに凭せながら,  頭を重たさうにクツシヨンに凭せながら,  

~ 頭[名詞]1
頭ばかり頭ばかり  能を見て頭が  ビルヂングの尖頭が  妾の頭から  聡明すぎる頭を  赤に頭を  一つの頭の  自然と頭の  自然と頭が  これをすると頭の  明日まで頭を  中尉の頭に  悄然と頭を  保吉は頭を  尾崎が頭  メマヒもしなければ頭も  鼻の頭が  礼子が頭を  記者の頭って  啓吉の頭を  布団から頭を  怒声が頭の  田口七郎兵衛は頭を  秀ちやんの頭を  はつきりと頭に  だれか頭を  みんな血が頭に  みよの頭を  中に頭を  ほんとうに頭が  たぬきの頭が  毛むくじゃらな頭と  すべて人の頭という  ことを頭では  魚の頭が  魚の頭に  魚の頭は  魚の頭を  天風の頭に  彼の頭に  天風の頭には  型を頭に  者の頭の  積極的に頭を  孔雀に頭が  姫の頭に  私達の頭の  混乱の頭が  風にだけ頭が  うちわを頭の  後方に頭を  子供の頭  子供の頭を  彼に頭を  前に頭を  谷村は頭を  自分の頭を  自分の頭に  銃口も頭も  中の頭は  夕方井戸水を汲んで頭を  司盛俊の頭も  間は頭を  勢におそれて頭を  人間の頭の  探偵は頭を  勝太は頭を  昇三達の頭から  清作の頭を  前に頭が  私は頭が  事実に頭を  考案の頭も  兩手で頭を  柱に頭を  自然に頭が  屋根瓦が落ちて頭へ  主人の頭を  柱で頭を  己の頭を  儀を頭に  拳を上げて頭を  孝助は頭が  広敷番の頭を  石で頭を  胃がいたみ頭が  腹工合がいけなくて頭が  良寛和尚に頭を  恵理子に頭を  裕一は頭や  髪が頭の  裕一の頭の  彼は頭の  凧を頭の  犬が頭に  私の頭に  座蒲団を浸しては頭に  膨脹した頭を  正ちゃんが頭を  こんどは頭が  鼻の頭を  蒲団を頭から  ひとつも頭には  質問者の頭の  思慮分別の足りない頭の  そうな頭を  厭だと頭  大切の頭を  勘ちゃんに頭を  私は頭から  ほたほたしながら頭を  ような頭の  のか頭が  氷嚢を頭へ  幼稚な頭で  闡く頭は  私の頭を  身体も頭も  若者が頭を  片手に頭を  軽やかに頭を  チビ公の頭で  きみに頭が  憤慨にともなって頭の  障子に頭を  ために頭が  光一は頭を  千三は頭を  アンペラを頭から  鉄拳が頭に  阪井は頭を  中には頭を  畳に頭を  ぼくの頭が  さまの頭が  二十銭で頭を  二十銭の頭と  巌の頭に  巌は頭の  あいつの頭を  阪井の頭や  学生の頭には  足をあたためて頭を  方が頭を  おじいさんは頭を  へびを頭から  おれは頭を  試験場で頭が  きみは頭が  火傷をしたので頭に  安場は頭を  球を頭に  千三は頭に  ショートの頭を  五大洲の頭に  千三は頭が  見物人の頭が  ちょんまげの頭は  手塚は頭から  ぼくよりも頭が  小僧の頭に  愛嬌者で頭の  チビ公は頭を  彰義隊は頭に  そうに頭を  一人の頭を  良人の頭の  帽子が頭から  ことが頭に  東條の頭を  われわれの頭の  考えが頭に  私の乱れた頭は  先生の頭の  やうに頭の  鰯の頭を  ヒマラヤが立ったら頭を  喜麻拉亜が立つなら頭  地主の頭は  わたしの頭は  刺戟に頭は  たいの頭が  彼は頭を  青年の頭を  前にして頭の  丁寧に頭を  女史は頭を  傍に落ちてすら頭も  前に跪き頭を  武州井之頭の  私は頭を  閻ははじて頭を  馬の頭を  五割の頭を  田川の頭の  世界に頭を  ウンと頭  われわれの頭を  メドゥーサの頭の  僕は頭の  忠興は頭の  机に坐っていると頭が  私の頭の  椿油を頭から  皮を頭から  夫の頭に  彼等の頭の  気に頭を  少女はあわてて頭を  大切な頭を  両手を頭に  少年の頭には  親父の頭の  縮れ毛の頭から  忠蔵は喜んで頭を  子供の頭に  彼の頭が  永田は頭の  彼等が頭を  問題には頭を  子供の頭が  ものの頭に  サケの頭が  鋼鉄ばりの頭を  マルラの頭に  男の頭を  怪物の頭の  怪物の頭が  怪物の頭を  向うへ頭を  怪物の頭に  潜望鏡の頭が  急に頭を  群衆の頭の  一時に頭を  顏や頭に  腕で頭を  そりや頭が  怜しい頭が  嬶の頭を  俊男の頭の  トゥロットの頭の  人が頭の  処に頭を  彼の頭の  そこへ頭を  中へ頭を  なつた頭  剃刀もあてず頭は  一時に頭に  底をつき抜けて頭の  雪が飛んで頭の  湯に入って頭を  sarは頭  初めには頭を  isaは頭  出し相な頭の  私の頭には  酒は頭に  群集の頭へ  風俗史的にも頭の  それに頭を  これには頭を  何といふ頭の  指揮官警部の頭を  猫の頭を  五分刈の頭を  毛髪を失った頭の  クリクリ坊主の頭からは  人の頭を  按吉の頭の  鼻の頭へ  私たちの頭の  加志の頭を  ヤマ気が頭を  伝蔵は頭を  前提を頭に  私の頭は  不利にも頭の  人を頭から  僕は頭から  僕の頭の  少年の頭は  僕自身の頭の  自分の頭の  いが栗の頭の  僕は頭を  僕の頭を  あなたは頭が  呼吸兜を頭に  君の頭は  ヤマ族野郎の頭を  片目をふさいで頭を  ベッドの頭の  身体全体が頭の  こと以外は頭に  上に頭を  斜めにかしげた頭が  背中か頭かに  工合に頭が  上まで頭を  失望して頭を  グレゴールは頭を  彼の頭を  うっかりして頭を  下から頭を  ほうへ頭を  ほうに頭を  はじめは頭を  場合に頭の  事柄を頭の  小僧が頭の  子の頭を  土地では頭に  皺苦茶婆さんに頭を  六割も頭を  気の毒なほど頭を  らの頭を  いつまでも頭を  中を頭を  インヂアン・ガウンを頭から  トリックに頭を  父親の頭を  無造作に頭へ  さが頭に  夜景を頭の  子猫の頭と  三毛の頭には  少数の頭の  観念の頭の  彼の頭へ  鍵形に折り曲げて頭の  そこから頭を  西山と頭を  西山の頭の  西山の頭に  時西山の頭を  カーテンに頭を  上に頭だけは  枕に頭を  彼の頭は  きゅうに頭から  ように頭を  渡瀬には頭から  渡瀬の頭に  園の頭が  あいつの頭は  俺の頭が  清逸の頭の  清逸の頭から  五人ほどの頭が  静かに頭を  彼女は頭を  本箱は頭の  包みに頭を  人間の頭が  人間の頭  自分の頭も  殺意を以て頭を  人の頭の  それくらい頭が  今井の頭を  手をついて頭を  人は頭が  中村さんは頭が  両手をつき頭を  今井は頭を  物を忘れて頭の  角刈の頭を  私の頭が  彼女の頭に  ことも頭に  ネネムの頭の  今ごろは頭が  しょんぼりと頭を  赤毛が頭から  左手で頭を  床につけて頭を  一寸も頭から  見物の頭に  ノルデは頭から  粘土製の頭を  藍子に頭が  砂土原町とが頭に  聖者は頭が  女にしては頭が  日親の頭に  日親の頭は  腹と頭ばかり  鈍痛を覚えるほど頭の  大塚の頭へ  好奇心が頭を  中は頭に  幾度も頭を  理論を頭から  鞭を持つた頭の  憂はしげに頭を  形の頭を  己が頭に  誠一みずから己が頭の  監督の頭が  ことなんか頭の  鉛筆の頭を  指の頭を  鳥の頭を  へびの頭も  まくらにのせた頭が  ぼくの頭と  ほうは頭に  鼻の頭にも  前では頭を  祖母の頭には  方が頭と  嘘の頭  本当の頭  んも頭を  おれの頭は  両手を突いて頭を  ようにしていた頭を  地べたへ頭を  為作の頭は  町の頭  背にして頭を  覺えず頭を  警部は頭を  警部の頭に  十を頭に  間より頭を  氣味に頭に  胸や頭に  猿の頭の  一彦の頭の  下に頭を  向こうへ頭が  一彦の頭を  兵曹長は頭を  二人の頭の  僕は頭が  ミチ子の頭を  風呂敷を頭から  蓋を頭の  黒人は頭を  二人の頭を  両手を頭の  マスクをあげて頭から  二機は頭を  悪臭が頭の  かすかに頭を  ために頭を  小浜兵曹長の頭の  岩角に頭を  声が頭の  帆村の頭も  怪塔ロケットの頭を  弦四郎は頭を  何時か頭を  急に頭の  やうに頭を  木に頭を  由の頭を  それを頭から  源吉は頭を  鉈で頭を  ものに頭を  皆の頭の  エマニュエルは頭に  ヘルメットをかむった頭を  エマニュエルが頭を  髪を頭の  人の頭から  太平洋に向かって頭を  僕の頭や  映写して頭の  小十郎はがあんと頭が  谷村さんの頭の  谷村さんは頭から  腕を頭よりも  もつと頭の  蘰で頭を  物として頭に  下手に出て頭でも  彼は頭が  鼻の頭まで  演劇地図を頭に  巳之助が頭を  美智子から頭を  飯塚さんは頭の  半白の頭を  バルカの頭の  はしに頭を  時生えたばかりの頭を  そばから頭を  レーンコートを頭から  クラブの頭で  頂点を上向けて頭を  棒の頭で  鼻の頭で  ように頭の  彼女が頭を  先進者たちの頭の  牧之翁の頭の  祖先の頭の  徳川時代の頭の  日本人の頭の  国民の頭の  急には頭の  金持ちに頭を  んぼの頭と  びっくりして頭を  手を頭の  頃は頭で  変に頭の  体骼の頭の  学士の頭の  僕らの頭に  学士は頭が  蛇の頭の  手紙を頭に  誰の頭の  紐を付けて頭に  紐を以て頭に  私の頭から  瞬間私の頭の  時私の頭の  学帽に頭が  説明に頭を  園の頭と  受話器を頭から  受話器を頭に  人々の頭を  記者は頭を  記者の頭が  天下を取る頭も  彼等は頭が  記者の頭から  そうに頭の  直覚的に頭に  言葉の頭と  事は頭に  滋養分を摂らないと頭が  生徒の頭には  香に沁みている頭の  ように頭が  理性が頭を  翌朝太平の頭には  外套にこもつて頭に  日一日は頭を  おれの頭を  吉本の頭なんか  兼子は頭を  彼女は答えて頭を  彼女等は頭の  其処まで掘りあてると頭を  肉体だけしか頭に  彼女等の頭で  無理に頭の  ように頭に  布団を頭から  頬ずりをしたり頭を  再建論などは頭から  先生の頭を  彼女の頭を  読者の頭に  妹とは頭を  あなたの頭の  執筆に疲れた頭を  彼の頭も  地に頭を  小男の頭の  狐は頭を  冷汗をたらして頭を  御馳走さんと頭を  ことを頭に  うなぎの頭を  母親に頭の  客は頭を  手拭にて頭を  紙の頭を  秦を頭に  避難民衆の頭の  岩かどに頭を  地上へ頭を  文字を頭に  小指の頭ほども  双手で頭を  土方の頭の  甲をつけた頭を  茣蓆を頭から  竜作の頭を  興行師の頭に  確めようともせずに頭から  やつと頭を  上半身へ頭を  脱落していって頭が  遙かの頭の  熱ツた頭へ  奈何に頭を  何んだか頭の  大切にこしらえてくれた頭は  正常の頭では  ピョコピョコと頭を  鼻の頭に  モシャモシャした頭の  総監は頭に  三の頭に  三の頭には  瘠男の頭に  天井から頭の  上へ頭を  癖で頭を  今度は頭の  床柱に頭を  ギニヴィアの頭に  ときは頭より  会釈せる頭を  邪の頭に  ひとの頭を  ろの頭を  緑色の頭を  あまがえるの頭を  番頭も頭を  万吉の頭の  鬼の頭を  心もち天蓋の頭を  ように頭ばかり  嫉妬が頭を  闇な頭の  ような頭を  一時に頭の  出来事を頭の  草鞋ばきで頭を  彼れの頭を  不意に頭を  煙管の頭で  私は頭の  詩を頭に  鳶の頭を  町内の頭  多勢の頭の  妙に頭が  木枕に頭を  お前に頭を  子供達の頭を  終列車が頭の  松さんの頭が  目を射て頭が  凸坊の頭を  アパートの頭の  千枝子は頭を  枕から頭を  ぴしやりと子の頭を  榮子の頭を  二人は泣きながら黙頭  神妙に頭を  机から頭を  より江の頭を  蛇の頭が  蛙の頭の  命がけほど頭を  おれは頭の  立ての頭へ  死を頭に  神技には頭が  繃帶を頭から  普通の頭の  自分の頭で  迂愚者の頭の  利害に対して頭が  大小方円の見さかいもつかないほどに頭が  場合にも頭の  自分を頭が  坊主が頭から  若者の頭の  柔順に頭を  亭主の頭の  宿酔の頭に  形而上学者の頭の  ホームズは頭が  作者の頭の  作者の頭に  読者の頭の  著者の頭の  万人の頭の  問題に頭を  ポンと頭を  敵愾心が頭を  安二郎に頭を  僕の頭は  雑巾が頭と  人に頭を  ガラスペンなどが頭に  うちに頭に  次へ頭へ  こと銀子の頭に  安二郎の頭に  五十銭銀貨を頭に  気持で頭に  編輯長の頭には  販売部長も頭を  男が禿げあがった頭に  豹一が頭を  佐古も頭が  場面を頭に  女中が頭を  鼻の頭では  風に頭の  発見に頭を  豹一はだしぬけに頭に  咄嗟に頭に  足が頭が  思いで頭に  顔がだしぬけに頭を  北山みたいに頭が  膝に頭を  思想態度は頭の  犬の頭を  方に頭を  きょろきょろと頭を  女鳴神ッて頭  たいの頭の  さきより踞いたる頭  諸君の頭を  矢杉の頭に  印象を頭の  みみずくの頭の  彼女の頭の  ぼくの頭の  雪だるまの頭の  犬が頭を  穴にむけて頭を  時咄嗟に頭を  古代日本人の頭に  水を頭に  眼と頭には  松次郎は頭を  こんどは頭を  人間の頭にも  ばさんの頭の  立派な頭の  指導され教えられてきて出来た頭は  顔へ頭を  手拭を頭に  綱へ頭を  周馬は頭を  綱の頭は  笠をとって頭に  三業組合の頭といふ  半白の頭へ  ことで頭が  放浪癖が頭を  目下国民の頭を  ことで頭を  明敏な頭を  鋲の頭の  鋲の頭に  不養生をすれば頭や  払ひ退けようと頭を  此青年の頭の  禿鷹の頭の  途中脳貧血を起して頭を  鴨居を頭を  死骸の頭へ  ものを頭から  男は頭から  ゆつくり頭を  巨獣の頭の  仲間の頭  役人は頭を  胸と頭を  女の頭を  バラバは頭を  鰯の頭  者鰭と頭と  目をやって頭を  氷枕で頭を  両手に頭を  手腕と頭とを  私は頭で  堯の頭に  高熱にも頭が  感謝の頭を  馬の頭も  弟子は頭と  疲れに頭が  私の頭にも  僕の頭には  信助の頭は  畳へ落しておいて頭から  最後に頭を  ドルフの頭を  たまに頭を  己の頭に  母親の頭を  丁度難船者の頭の  頃から頭の  少年の頭を  貿易局の頭に  静に頭を  のが頭へ  僕が頭を  十九歳を頭に  発作とが頭に  私は頭に  ッて頭から  下司らしく頭を  あれからずつと頭の  程自分の頭を  さが頭の  それを頭に  併し頭の  方へ頭を  これは頭の  薊の頭が  名案も頭には  円屋根形の頭を  人物の頭を  皮肉な頭に対して  伯爵の頭は  作家達が頭を  ママの頭を  国民として頭に  主人は頭を  設計案を頭の  典型を頭に  十分に頭に  対手の頭を  多読して頭が  三十にして頭の  先生が頭を  玉が頭の  さで頭を  モジリアニの描いた頭の  お父ちゃんも頭が  心配が頭を  責任のある頭を  七郎丸の頭を  大仏の頭の  主婦さんが頭を  光線が頭の  所為か頭が  奴が頭を  さうになって頭に  興奮して頭を  ガアンと頭が  ことに頭を  一面に頭の  上向の頭が  上向の頭は  凡ての頭は  腕も頭も  冬亭は頭を  六人は頭の  仏さまの頭へ  大仏様の頭に  大仏の頭が  これは頭を  相手へ向って頭を  うちに頭が  ブロンズ像の頭を  自慢らしく頭を  一人が頭を  物質の頭は  眼は頭に  上顎で固められた頭を  虫の頭は  皮で頭の  大胆に頭を  網に頭を  とぐろを開いて頭を  人間の頭ほどの  虫は頭を  やうに頭と  お前の頭の  枕を頭に  考へが頭の  青空へ頭を  青空に頭を  我々の頭の  方と頭の  今はかうして頭を  草の頭の  雄蕋の頭について  平気で頭を  方から頭の  鳥の頭の  達は頭を  子供達の頭に  王冠を頂いた頭が  吉川訓導の頭の  わたしは頭が  千葉房枝は頭が  寝台の頭の  影の頭に  わたしの頭の  普通人の頭  児童の頭が  生徒の頭に  ピストルで頭を  流行社会に頭を  髪の頭が  ままの頭を  しるしに頭を  頤から頭の  陪審官の頭を  普通日本人の頭に  彼の頭には  有為な頭の  胃や頭の  市民の頭の  花見をして帰ると頭が  手で頭を  程度固定した頭で  時まで垂れていた頭を  わたしの頭だけで  わたしの頭に  彼女の頭は  人の頭や  哲学を頭に  麻痺してしまった頭の  津村は頭が  論理的な頭の  君位の頭の  自分の頭が  村井の頭は  真弓は頭が  蜥蜴の頭に  歩みは頭の  ジョヴァンニの頭の  片手で頭から  言葉に頭を  声々を頭の  ソフトをかぶった頭を  宏子の頭に  雖も頭が  腕に頭を  ままで頭の  五日は頭が  生物の頭の  氷で頭を  パンセイの頭には  わたしの頭や  金髪の頭を  女の頭が  眼と頭と  当惑そうに頭へ  女を頭に  与助は頭を  簑を頭からか  博勞さんは頭から  塞つた人の頭の  鉢卷した頭を  鋲の頭は  船客の頭を  船員らの頭に  僕の頭に  屍の頭に  兒の頭と  宅助が頭を  考えが頭へ  端的に頭の  苫を頭から  シヨオルを頭からか  幻影を死ぬまで頭の  素顔や頭をも  何物をか頭の  白髪の頭を  女の頭へ  わたしの頭を  熱情に捉えられて頭を  順じゅんに頭を  道人は頭を  冠を頭に  不安が頭を  人の頭が  半身を捩じらして頭を  日本流に頭を  眼を瞑って頭を  大袈裟に頭を  そとに出た頭と  夫の頭の  搾取つた甕をば頭へ  所が頭の  特高主任は禿げた頭に  ものを買おうと頭を  懸念が頭を  秀吉が頭を  勢あまって頭を  両手をついて頭を  円らな頭を  円らかな頭は  それが頭に  一つの頭が  捕手の頭は  枕へ頭を  遺物に与えた頭の  ものの頭を  大蛇の頭が  会釈に頭を  境は頭を  山伏は頭を  三造は頭を  膝を頭の  太郎は頭の  力蔵は頭を  眼が頭の  小指の頭ぐらいの  子供の頭の  馬の頭から  男の頭が  男の頭の  櫛ばかりでも頭は  低頭し頭を  錫杖の頭を  礼を言いますと頭を  それは頭の  故か頭の  病人の頭の  燈籠の頭には  急激にかれの頭の  綱を頭の  千絵は泣きふしながら頭を  侏儒は話し終って頭を  眼と頭とに  眼と頭との  観者の頭の  像だけを頭の  像を頭の  民衆の頭の  数千の頭を  先きに突き刺さった頭の  余の頭を  まろんで頭を  鴉髻の頭を  さまに頭を  外国人の頭の  ちっぽけな頭の  背に頭を  気が頭の  クンケルは頭を  のだと頭から  ぶんの頭から  想いが頭に  慇懃に頭を  夫人へ頭を  鳥肌立って頭の  尻尾を頭の  祠を頭の  叮嚀に頭を  砂丘を頭に  五十前後の頭を  男の頭は  髭をとって頭を  法則を頭に  かなりに頭の  今年は頭が  朕の頭の  こいつの頭を  パット彼の頭を  方は頭を  男衆は頭を  口も頭も  旦那の頭は  膝で頭を  血を吐きながら頭を  子の頭から  名優の頭の  役者の頭の  演芸風聞録の頭の  地中から頭を  牀板に頭を  幾本も頭を  ゴボウ剣で頭を  水兵の頭に  様子で頭を  禿た頭が  羽を頭に  かにの頭を  蟻が頭を  香具師の頭に  香具師の頭の  巫女を頭と  人買の頭の  一党の頭と  それを作った頭  一人前の頭に  蛇の頭を  蝮蛇の頭を  三好入道の頭を  爺さんの頭からは  髷の頭を  頃から頭に  八の頭を  三度も頭を  二度三度と頭を  トンコの頭を  こいつは頭が  短篇が頭に  生死もわからない頭を  影の頭が  両手で頭を  少年が頭を  血が頭に  勘太郎の頭が  兄に頭を  板の間へ頭を  かみさんが頭を  おれの頭の  今まで頭の  野だの頭の  人間が頭を  恐縮して頭を  護謨の頭で  五分刈の頭から  野だの頭を  形式的に頭を  商人が頭ばかり  師範生の頭を  ぼんやりした頭の  人の頭に  手も頭も  気持が頭を  恒吉の頭に  お上さんの頭から  大井増二郎は頭を  ミスター・ポウルは頭を  ブラウンの頭には  義憤に燃えた頭を  女の頭の  守夫の頭も  ジヤツキの頭に  滝本は思はず頭を  シヤワーを頭から  風に頭を  安次は頭の  それに頭の  圭一郎の頭は  鉢卷した頭に  狂六は頭を  助が頭を  病ひ頭に  ミサ子の頭の  はる子の頭だけ  床で頭を  手を頭に  ものだろうかと頭を  玄吉の頭に  己れの頭を  寮の頭が  君は頭の  大人げなく頭の  事を頭の  様子も見えない頭の  中で黙って頭の  狼狽を見せて頭の  君も頭の  あれから頭の  気もちで頭の  私にばかり頭の  事を言ってよこされる頭の  言葉を聞いていらっしゃる頭の  ように見えた頭の  それに近づいた頭の  そちらから頭の  夜は頭の  さっきから頭の  縁先きで頭の  文を頭の  寐ていらっしゃるらしい頭の  ようになられていた頭の  それは思いがけず頭の  スエターを頭から  板で頭を  子はかうして頭を  康雄の頭は  なかに頭を  康雄の頭を  花むらに頭を  ポカリと頭を  方へ頭が  湯を頭に  參詣者の頭を  私も頭を  花も湿れた頭を  火薬庫事件が頭に  いつでも頭で  時の頭の  鯛の頭に  日だったので頭が  云はずに頭から  稲は黙って頭を  気持で持ち上げた頭を  多くの頭を  松岡は頭が  老耄して来て頭が  腕を頭の  老人は頭を  小児の頭ほどの  肉腫が頭と  顔付が頭の  鏡が頭の  前日来何か頭の  ことを頭の  空虚な頭の  サイは頭を  サイの頭に  蒲団を頭まで  空気に頭を  相手は頭を  ものは頭に  ミーチャは頭を  針先を頭の  怪我をしたと称して頭から  顔から頭へ  脳味噌が抜きとられて頭の  容赦なく頭の  婆さんは頭を  雪の頭を  ようにして頭と  山塞の頭に  俺が頭の  皆眼下に頭を  山々の頭を  ムクムクと頭を  焼酎は頭へ  イワンは頭を  床板へ頭を  己が頭の  己の頭は  窓に頭を  禿の頭の  要点は頭の  密と頭を  チョンと頭に  血などを頭へ  耳から頭へ  虫が頭を  容易に頭を  島田をぐらつかせながら頭を  顔を頭に  八橋の頭の  あたしの頭が  その他にも頭の  背中や頭に  床にすわって頭を  首と頭を  カシタンカの頭を  カシタンカの頭の  先生が頭の  考えを頭から  ちょうの頭を  かつらを頭に  おばさんの頭に  私を頭の  大隅の頭は  薄っぺらな頭を  香に頭を  ウッカリ口をきいてはとだまって頭を  光君はだまって頭を  光君は頭を  人々の頭には  感じがたれの頭にでも  人達の頭の  鶺鴒の頭の  遠くから頭を  目をつぶって頭を  そばに行って頭を  ポチの頭を  熱情に対しては頭が  動物の頭が  狼の頭を  狼の頭  老婆は頭を  木精の頭が  木精の頭は  木精の頭に  天まで頭を  木精の頭の  マントを頭からか  子供たちの頭が  ちやんは頭を  帽子を頭へ  空気が破けて頭の  自動車に跳ね飛ばされて頭を  酔ひ痴れた頭を  片隅へ頭を  気合諸共クララの頭から  船長の頭に  喋つてゐなければ頭が  病人の頭から  オレの頭が  幸太郎の頭から  小説戯曲其物を頭から  外に対しては頭から  顔から頭の  彼の頭から  賊の頭を  大勢の頭の  おれに頭を  前へ出ると頭が  ことは頭から  女房に頭が  そうに頭で  ことが頭を  羽根を頭に  牛の頭の  可哀そうに頭から  海に頭を  ものを頭に  さかんに頭の  太陽は頭の  蛸の頭の  少年の頭の  自分の頭ほども  一つ叮嚀に頭を  シッカリと頭を  吾に帰って頭の  ナカナカ君は頭が  コンナに頭を  モジャモジャの頭を  江馬兆策が頭を  モジャモジャした頭の  江馬兆策は頭の  ソロソロと頭から  柳仙が頭から  貴様の頭から  円光を以て頭に  ぢしながら頭だけは  穂吉は頭を  赤子の頭を  方の頭の  少女は頭を  様に打って頭の  ペコンと頭を  媼の頭は  やうにして頭を  げに頭を  首から頭から  学問をし損じて頭を  妄想でふやけきっている頭の  継母へ頭の  三寸釘の頭を  中の頭の  彼の頭だけは  女房に頭の  あとで頭  クシヤクシヤした頭を  二つ三つ自分の頭を  君の頭では  玄徳は頭を  呂布は頭を  手に入らなくなるという頭が  問題が頭から  はじめから頭の  反対語を頭に  言葉を頭に  アダムスの頭にも  値段が頭に  上で頭に  行の頭を  連中の頭の  作業自体には頭を  行の頭に  頁の頭に  氷枕に頭を  バスタオルで頭を  作品が頭に  エキスパンドブック一色となった頭で  壁に頭を  感じを頭に  栗鼠は頭の  中から頭を  宿禰の頭は  宿禰の頭の  君長の頭に  荒甲の頭を  馬の頭は  卑弥呼の頭に  兵士たちの頭の  卑弥呼は頭を  鳩の頭の  卑弥呼の頭の  耶は頭を  耶の頭を  耶の頭は  彼らの頭の  馬は頭を  愛児の頭に  何うか頭が  衣を頭から  敏捷に頭が  相応った頭で  子供たちの頭に  遅鈍の頭か  今夜は頭がを  一日みいちゃんが頭を  ような頭  肱かけに頭を  二三日は頭が  久米より頭の  母様は頭を  善義が頭の  我々の頭が  桑木博士の頭の  静かな頭で  自分の頭には  誰にも頭を  主君から頭を  拇指の頭ぐらいな  贅肉をあたためて頭や  縁側から頭を  様子とを頭に  人間の頭だけ  人間の頭を  而も頭の  雲となって頭に  律動で頭の  疲労が頭まで  平気になったので頭の  お菓子を買いにゆくと云うので頭が  とき自分の頭で  窓から頭を  混乱した頭の  原稿の頭と  痕を頭にぞ  老人の頭では  老人の頭の  時に頭の  ステッキの頭に  ビールに頭が  腕を組んだり頭を  我々の頭には  知識は頭に  おれは頭が  松山も頭が  松山は頭から  鋲の頭を  鋲の頭  鋲の頭には  帆村が頭を  ように頭から  恨に頭のみ  三人の頭に  地上に頭を  仁助に頭を  京一の頭を  痛みが頭の  方法だけしか頭に  それぞれの頭の  見識に頭を  ゴーリキイの頭へ  指環で頭を  小僧ゴーリキイの頭の  頭や頭に  帽子を脱いで頭を  髪の生えた頭と  両手で頭の  彼女を宥め賺してうなだれている頭を  破滅させられた頭を  肩に頭を  顔をしながら頭を  父の頭を  車内の頭の  二つの頭を  戸口から頭を  髪の毛を逆立てられて頭が  囚人の頭の  被告の頭の  マネット嬢の頭が  激動で頭が  君の頭の  それを摺んで頭の  タオルを頭から  プロス嬢は頭を  プロス嬢が頭を  俄かに頭と  片手を頭へ  すべての頭が  そいつの頭は  自分に近づいて来ると頭を  獅子の頭などが  態度で頭を  中で頭を  ゴーリキイを頭の  上野さんの頭の  世の中には頭の  木枕をして寝られるくらいの頭  碌さんの頭の  ものと共に頭の  相手も頭で  こっちも頭で  僕の頭が  ものが頭を  手拭で縛りつけた頭の  床に頭  床に頭を  原稿の頭から  噴霧器で頭に  六〇年代の頭で  六〇年代化した頭を  朦朧とし始めた頭を  松下通信工業の頭は  オレの頭は  オレの頭に  お得意さんの頭の  大腸菌の頭から  PCに頭を  当初坂村さんの頭に  回路上オレの頭の  日本語を頭に  村の頭が  つぎの頭に  キーシュは頭や  村の頭の  村の頭に  針の頭の  じじいめでも頭を  そいつの頭に  乞食は頭を  真赤にして頭を  冠をかぶった頭を  言葉が頭に  本庄は頭を  念だけが頭の  苦悶で頭が  胸にも頭にも  頃から頭も  慴されて頭を  氷嚢で頭と  翼で頭を  望月刑事の頭に  事が頭に  学生の頭を  動悸が頭の  プラトークを頭に  タタール風な頭の  編下げの頭を  ショールを頭へ  気をつけながら頭から  間へ頭だけ  夫である頭の  伯母の頭の  のなんか禿げ頭の  アンナ・リヴォーヴナは頭を  彼女の頭から  瞼をとおし頭の  灸の頭の  丸髷とかぶらの頭が  冠って頭を  それを頭へ  灸は頭を  眼をむいて頭を  灸の頭を  冷吉は頭が  その後から頭ばかり  前には頭に  自分の頭  冷吉は頭まで  文句を頭に  二郎の頭を  赤ん坊を見て頭を  指の頭で  一度に頭を  敵の頭に  叉手を頭の  一目に知れる頭の  赤ちやんの頭を  赤とんぼは頭を  ものを頭への  なつた頭の  不恰好な頭を  荒畑君の頭を  前へ頭を  活動雑誌から頭を  柔らかな頭を  複雑なのに頭を  研究して頭を  従つて同窓たちの頭の  坊やんは頭が  坊やんの頭と  頬や頭を  冷静な頭に  私の頭も  何遍も頭を  一年中一番冷静な頭に  自分自身にさへも頭が  月死せる如く頭の  音が頭の  髪の頭を  少年は頭を  時彼の頭を  機敏に頭を  山田の頭を  山田の頭には  月が頭の  のは頭の  岩を頭の  あたしの頭の  これも頭に  人々に頭を  格好の頭から  今日は頭が  佐太郎が頭に  組与頭を  組与頭の  組与頭  しずかに頭を  村井長庵は頭を  横を向いて頭を  色いろに頭を  特製の頭  鏡丹波を頭に  右近は頭を  問題で頭を  茨右近の頭へ  主であると頭では  人間の頭と  僕の頭から  音がして頭から  開場式に頭が  眼も呉れず頭を  立ての頭を  物が頭の  両手を挙げて頭を  妙に頭に  彼等の頭は  目も呉れず頭を  辮子を頭の  辮子を頭に  趙司晨は頭の  阿Qは頭の  それが頭の  瞬間彼の頭を  ジェルテルスキーに向って頭を  酔つてゐる頭を  犬の頭くらい  兀げた老爺が頭に  牛の頭が  牛の頭で  何事を考えても頭が  椅子を頭より  ぶんと頭へ  際が抜け上って頭の  讀者の頭も  方向に頭を  コンナに頭が  鉄管から頭を  千二の頭の  丸木の頭を  元気が出て頭が  佐々は頭を  空気穴から頭を  僕のかくれていた頭の  ために頭に  人の頭  袋を頭の  新田先生の頭の  ような頭が  千二の頭に  千二少年が頭に  少年の頭に  千二の頭は  彗星の頭は  前で頭を  博士の頭の  受話機を頭に  何か頭を  これを頭に  光景を頭に  ここに頭を  事が頭の  グヮンと頭を  不意に頭に  まき起った頭の  通行人の頭を  心でも感じ頭でも  私の頭へ  身内に頭を  血潮を頭の  んだなどと頭の  鵙は頭が  む人形は上げまじと頭を  愕然として頭を  瑾は頭を  事ばかりを頭に  とき咄嗟に頭に  姿を頭に  おまえさんたちの頭を  めいに頭を  下になっていたか頭が  国民の頭に  同人雑誌作家の頭の  島田くずしに結いあげた頭を  十二三を頭に  チョイと頭を  そうに頭へ  髷を頭に  胸と頭へ  青地は頭を  かよも頭を  鶴の頭を  顎十郎は頭を  両手をすべらすと頭を  てれ臭そうに頭を  藤波は頭を  ここでは頭から  崩壊を頭  ことを頭から  封建的分子として頭を  時二人の頭の  大工の頭の  そいつは頭を  前肢で頭を  俄かに頭の  ピョコリと頭を  あいつの頭が  おれも頭を  皆さんの頭に  特異な頭から  皆さんの頭の  みなの頭に  蛇の頭へ  ふたりは頭を  自分の頭は  いまは頭も  俺に頭の  それなれば頭の  鯨の頭を  枕紙に頭を  二引に頭の  濡手拭いを頭へ  釘の頭の  お節の頭と  補充されて頭の  徹夜をして頭が  夢中で頭を  一斉に頭を  三人の頭の  これほど頭を  曹真は頭を  当人も頭を  李は頭を  拳で頭を  麦藁帽を脱いで頭を  役柄を頭において  今でも頭に  割に頭の  おれは頭から  對して頭を  創作的態度に頭が  真白な頭を  あなたに似て頭が  辮髪を頭の  顔も頭も  肩から頭へ  両手と頭にだけ  要求を頭から  三十七八の頭の  別々に頭を  骨が頭に  道路に沿うて頭の  馬上にあるの頭を  兄の頭と  鰭で頭を  爪先から頭の  力まかせに頭の  三分刈の頭に  孝子の頭の  方が頭より  白髮交りの頭に  ピヨコリと頭を  方が頭よりも  白髪交りの頭に  百合子は頭が  脹けた樣な頭を  まれ此方から頭を  塩鱒の頭を  長平の頭の  せつ子の頭に  青木などは頭に  空転する頭を  ちょッと頭の  宿酔で頭が  青木の頭に  鼻の頭や  背広をつけた頭の  得意の頭を  禿の頭と  櫛巻の頭が  石燈籠の頭が  君たちの頭の  大切な頭が  彼らの頭や  うえで頭を  返事を頭の  鎌を振りあげられて頭に  倨傲は頭を  充満する頭の  大空に頭を  光景が頭に  事を頭において  十二年間私の頭に  鼻の頭も  バサバサの頭を  イメージとなって頭に  作家意識が頭を  横堀は笑いながら頭を  あとからは頭を  彼女たちの頭を  ちよいと頭を  市木さんは頭が  誰の頭にも  塀の頭を  心が頭を  觸れ頭が  彼んな頭を  以前の頭は  ための頭  ような頭に  笄の頭が  恰度遊女の頭に  石の頭に  僕の頭で  葉が頭を  山の頭は  穴あらば頭を  リャボーヴィチは頭から  耳のついた頭を  おかげで頭が  水を頭へ  蔽衣で頭まで  前に頭の  男の頭に  それを聞くと頭が  話を頭の  肩と頭と  平次の頭を  藝妓の頭を  才の頭は  ことが頭へ  時節柄出入りの頭や  正雄は頭を  じきに頭に  氷は頭と  角刈りにした頭の  お袋は頭が  玄能で頭を  ところを頭で  血が頭の  悔恨が頭を  癇癪玉のとばしりが頭に  彼景岡秀三郎の頭の  若人の頭に  精霊は頭を  鈴に頭を  一寸でも頭を  人間を頭から  賊の頭と  大地へ頭を  素っ裸にして頭の  お前が頭を  どこが頭  釘は頭が  われわれの頭へ  自分の頭との  一に頭に  意識が頭を  子供が頭を  ひとの頭が  無意識に頭を  男の子の頭を  頸が頭を  概念が頭に  すつかり頭がから  欅の頭に  扉へ行って頭で  かっこうは頭を  かっこうはどしんと頭を  庸三は頭が  後ろから頭を  近所の頭の  庸三も頭を  彼の頭と  私には頭が  窓枠に頭を  それも頭の  体や頭を  自然恋愛を頭から  庸三は頭の  庸三の頭に  守吉の頭に  ガンと頭を  先に滑つたので頭を  銅像の頭の  びたしの頭を  三四郎は頭の  日本より頭の  三四郎の頭の  当人の頭の  それへと頭が  時青年の頭の  服装を頭の  下に生きていると思うだけでも頭は  明治元年ぐらいの頭と  与次郎は頭を  三四郎の頭の  用事が頭へ  男は頭を  三四郎の頭に  与次郎の頭は  社会へ頭を  腰を浮かして頭を  与次郎の頭に  時三四郎の頭には  三四郎の頭は  服装が頭から  三日まえに頭を  当時は頭の  貧者の頭に  ポーンと頭を  柄の頭へ  久美を頭に  僕は頭と  赤ん坊の頭が  赤ん坊の頭ぐらいは  剣を抜いて頭を  子供の頭ぐらいの  形で頭を  膏とをこすりつけた頭の  むかし自分の頭を  中納言家へ頭を  不幸を頭の  ジャーナリズムの頭の  俺の頭の  俺の頭とに  一怪が頭を  來ぬと頭では  手足ちんちくりんで頭ばっかり  程の頭の  それを動かす頭と  機能と頭と  むらさえ頭や  博士ほど頭の  金策に頭を  臓物も頭も  女の子の頭に  お前の頭じゃ  遠く人々の頭  私に頭が  たいがい水戸が頭に  ガンメイで頭の  二三日ゆつくり頭を  一瞬間で頭から  人から頭を  由の頭に  龍吉が頭を  問題を頭の  須田は頭で  石田の頭に  渡の頭には  一生懸命に聞いてゐた頭の  ズキ痛む頭で  心と頭とで  悄然として頭を  自分も頭を  屑く頭を  力が頭へ  熊の頭が  六樹園の頭に  ミレンが頭を  嘉平次の頭の  子どもの頭は  みんなの頭は  ごろっこ頭が  林太郎の頭の  おれの頭が  犬はわけてもでっかち頭に  林太郎はじぶんの頭が  公の頭を  無数の頭が  迷つた人々の頭の  群衆の頭は  乗客の頭は  #一つ鉢巻の頭で  洋灯を頭で  三人は頭を  母に頭が  時分の頭を  青年は頭を  シッカリと閉じて頭  今の疲れ切った頭では  愛人たちの頭の  浜田たちは頭を  虐さが頭に  彼でか頭の  俺の頭は  其時俺の頭に  俺の頭に  夜久しぶりで頭の  拵へたら頭が  體と頭を  二つにきりさかれた頭の  生活と切り離された頭の  機構全体を頭に  店員が頭を  三人の頭を  弟子さんの頭の  亀の頭に  人間の頭ほど  慄然として頭を  頃武家が頭に  畳へ頭を  挨拶も出来ぬから頭を  能く頭を  円柱で頭を  自分も頭には  厭でも有ろうけれども頭を  無理無体に勧めて頭を  おれも頭の  左右へ頭を  小鬢をはすって頭へ  亭主の頭を  一同の頭を  夜具を頭から  なつて頭を  最期に頭が  駒の頭を  感じが頭の  自分から頭を  はらからの頭には  安宅真一を頭から  キヨは黙って頭を  老母が頭に  石の頭が  山の頭が  韓山の頭を  猫岳の頭を  観音石の頭を  盃を頭の  地蔵の頭から  鈍痛を頭に  講壇的哲学者には頭が  評論家を頭で  庭を頭で  くみだけに頭を  陶酔者の頭なんて  どっちが頭が  人々の頭の  礼を云って頭を  物好き根性が頭を  ぶんの頭に  小学時代には頭の  大島の頭の  グスタフは頭に  彼等の頭  井戸端で頭を  自分でも頭から  主計には頭が  松本が頭を  生活ぶりが頭の  二人の頭に  何度も頭へ  ラップは頭の  河童の頭の  我々人間の頭は  何度も頭を  日本人の頭に  さり頭を  素直な頭の  誰でも頭の  映画などを通じて頭に  要求のみを頭に  発達が頭から  根性も頭を  づ丁寧に頭を  ラツプは頭の  銘々の頭で  下層から頭を  何処が頭で  瓠花を頭へ  以前からある頭の  影の頭  所で頭の  阿弥陀に頭の  たいの頭を  みずから料理づくりに頭を  ッと言って頭を  我ながら頭の  科学的に頭を  ときだけ頭の  平造の頭の  考へを頭に  幼稚な頭に  日本現代作家の頭に  きり黙って頭を  笹尾は頭を  書物を伏せて頭を  翌日矢島さんは頭が  間に頭を  娘は頭を  発禁をくらい頭から  とつて頭を  小鳥の頭の  忽として頭を  三本の尖頭  輪を頭に  ソロドフニコフの頭へ  ゴロロボフの頭を  為めに頭が  てらてらに禿げし頭を  君は頭を  労働者農民の頭を  寝台で頭を  思いに頭が  一人立ちどまって頭を  弟と頭を  心持も頭も  ヤアさんは頭の  コマクも頭も  私も頭の  それに泣いたので頭が  鉄鎚で頭を  麦稈帽を頭に  叔父が取り違えると頭を  叔父の頭を  事件を頭の  大切そうに頭に  イクラカ叮嚀に頭を  ふちに頭を  白布を以て頭を  エタ非人の頭  土師の頭  非人の頭に  左右の頭を  詩合せに促されて頭を  以て頭の  ぽかりと頭を  八郎の頭を  九郎の頭  石に頭を  前よりは頭が  髪の毛が頭に  主人の頭が  ヴェールは頭から  廊下の頭の  おまけに頭から  カオルは頭を  酔が頭に  愛一郎は頭を  愛一郎の頭を  ようになっていた頭の  マイクの頭を  無造作に頭を  男に頭を  皆は頭だけを  箱に頭を  ガクリと頭を  仕事をしている頭の  代表達は頭を  人びとは頭を  蛙は頭に  一つの禿げた頭が  幼さい時から頭も  ッと頭から  赤毛布を頭から  これだけ頭に  飛車の頭の  彼の頭からは  感情的で頭の  正直に下げる頭が  反射的に頭を  息子は頭が  風で頭を  上着を頭から  上に落っこちて頭を  チエ子の頭を  登は頭が  句が頭に  事に頭を  宗教問題を頭の  倅の頭に  そんなら頭から  敬虔に頭を  汝の頭の  俺の頭  敵手の頭を  俺は頭が  年紀にかかわらず頭を  生活に疲れた頭は  相当の頭を  百姓は頭を  与国の如く頭を  家康に頭を  家康は頭を  石田三成が頭を  自分が頭を  道をのし歩く頭  竹山の頭の  複雑な頭で  程度の頭で  通りも頭の  概念は頭の  鰯の頭と  鼠に頭を  為か頭も  久作の頭の  建物の頭を  彼自身の頭が  天井に頭を  繃帯を巻いた頭を  木槌型の頭は  切先きを頭に  鍵の頭の  盤台を頭の  顔で頭の  狆の頭を  雛の頭が  光長の頭は  手に頭を  宿酔の頭の  かめに刈った頭が  ほうを頭に  偶人の頭が  偶人は頭と  蔭ぢや頭は  逆はうとすればするほど頭から  一巻を頭へ  領域にまで頭を  画家は頭へ  画家の頭が  現代らしい頭の  旦那の頭へ  奇妙な頭が  ことなどは頭に  スタンレーの頭の  儀右衛門の頭が  疑惑が頭を  カルルの頭を  カルルは頭が  なかに頭の  光景を見ようとして頭を  私を頭においての  カルルは頭と  鉄砲五十挺の頭に  鉄砲組三十挺の頭  工夫を凝らし頭を  紅幇の頭から  喫い出したので頭を  みんなの頭の  男は頭の  尼さんの頭を  わたしは頭を  署長の頭の  のか頭で  水で頭を  ピイクロフトは頭を  人の頭には  書手の頭の  おまえの頭は  人の頭で  実を頭の  三造は頭を  先輩の熱した頭は  眼をつぶって頭を  先生は頭が  景雲は頭を  鉢の開いた頭へ  鉢の開いた頭を  由兵衛奴の頭を  あいつの頭へ  角の頭の  彼も頭の  安二郎の頭を  婦人客への頭の  大名の頭を  蒲団を頭に  日本髪の頭を  焼酎に痺れた頭を  敷石で頭を  ぺこぺこと頭を  ことばかり頭に  ことには頭から  草吉の頭は  言葉も頭に  瞼に映して頭を  想いで頭に  血の気が頭から  同級生の頭を  者たちの頭に  様に頭を  鼻の頭の  姿が頭に  僧は頭を  菅笠を頭に  姿が頭の  内に頭に  譲の頭に  奴めの頭を  坊主の頭に  太郎さんの頭を  讓の頭に  生徒の頭の  俺の頭を  思想を頭から  バリカンで頭の  姿になった頭の  時私の頭に  破片が頭に  徐ろに頭を  伊東伴作の頭に  ディレッタントで頭の  蕗子の頭から  蕗子自身の頭から  ロブスターは頭が  あと牛乳で頭を  ソンナような頭の  あっしも頭の  金を呉れて頭を  床の間が頭の  モトの頭に  こっちの頭が  ことが頭の  立ち上りざま俺の頭を  ーんと頭の  血を洗って頭を  中に頭まで  お父さんの頭を  玉ねぎさんの頭を  洋杖の頭に  刺子を頭から  電車は頭を  ように破れている頭を  亭主から剥ぎ取って頭から  気で頭を  うしろから頭を  両方で頭の  鬼の頭の  鬼の残して行った頭の  トーンと頭を  男が頭を  横腹を頭で  仕事だが頭で  仕事師の頭といふほど  彼女は頭から  大飯を喰うから頭が  私に襲いかかって頭の  どこに棄てようかと考えながら頭を  光で頭だけ  小田さんは頭を  一緒に頭を  学問をし過ぎちゃって頭が  ひとの頭に  眼や頭や  ところへ頭を  実在となって頭の  何かしら自分の頭の  前にめざしの頭が  変テコな頭の  もみ苦茶になった頭を  旦那様の頭を  理学者達が頭を  加十の頭の  前後に頭を  加十の頭を  ようにも頭が  板壁に頭を  ステッキの頭で  あなた如き禿げ頭が  加十の頭に  獅子の頭が  方を頭に  身長と頭と  志摩徳の頭を  丸髷を頭に  粗雑な頭で  俺の頭も  中は立って歩いて頭が  中指の頭が  真名古の頭の  引戻して頭の  ふうに頭から  俎上にのせて頭を  鮎の頭と  幾度か頭を  食通は頭から  鮎を頭から  品性や頭の  得意に頭から  ぶりに頭から  眼も頭も  やうに頭から  鮮かに頭に  らへたりして頭の  潜水服の頭に  奴に頭を  声でも頭の  ぼんやりしてゐた頭の  不平が頭を  不快さが頭を  逸子の頭の  町子の頭に  町子の頭の  祖母は頭を  とんぼの頭を  手をあげて頭の  閑つぶしに頭でも  なかで頭を  麒麟の頭が  すべて人の頭に  鋏を頭の  亭主の頭に  産毛だらけの頭を  芋という頭の  どこかに残っている頭を  客の頭の  いきさつを頭の  大入道の頭に  客の頭を  許友は禿げた頭に  丁寧に頭に  得意そうに頭の  皆は頭の  態で頭を  素畳に頭を  雲が頭を  無数の頭を  雲の頭が  角のある頭が  たくさんの頭が  他愛なく頭が  張の頭から  伴れて往かれて頭から  骨や頭の  張の頭を  毎月五六名も頭を  僕の寝てゐる頭と  底や頭も  わけのわからぬ頭の  竜の頭にな  彼女は頭の  八重子は頭に  鍋を頭から  其不恰好な頭は  此不恰好な頭を  木柵の頭が  柵の頭の  鰯の頭も  巨人の頭を  数と頭の  数も頭の  太政大臣藤原公相の頭が  ような頭では  思いが頭の  愁然として頭を  其奴の頭に  其不格好な頭は  此不格好な頭を  今でも頭の  伊賀衆の頭と  手足も頭も  危ふく杵にでも頭を  なつて頭の  ちづ子と頭を  垂れ髪を切り頭を  さまの頭を  イキナリ帆村の頭の  とき帆村の頭の  大将虫尾兵作の頭を  空気に頭が  順造の頭を  順造の頭に  夜になると頭の  骨立った頭に  順造は黙って頭を  彼女は頭が  問題が頭に  ものも頭から  祖母の頭の  人間どもの頭ばかり  鱒かの頭を  風貌を頭に  ブルジヨア振りを頭に  蛇の頭と  彼が頭を  クララの頭と  二人の頭と  いふ人の頭の  草だけが頭を  お河童さんの頭を  玲子さんは頭は  風邪を引かれなくとも頭を  君には頭が  自分で頭を  胡麻塩の頭を  彼等の頭を  様子をして頭を  樹木の頭が  一番隅に頭を  骨や頭が  皮と頭と  悪魔の頭を  前から頭を  一緒に頭から  抑揚をつけて頭を  まま正一が頭を  縫の頭の  此処にも頭を  何処へ行っても頭を  勝負事に頭を  兵士が頭から  他人の頭  他人の頭ばかり  鰯の頭まで  嫂に頭が  理由からか頭が  市治郎に頭が  六度も頭を  人に頭の  金いろの頭が  若者は頭を  そうな頭の  万作は頭を  位牌から頭を  編隊が頭の  岩壁の頭に  千人岩の頭の  嘴の尖った頭を  白髪の生えている頭  両手を隠しに入れて頭を  紅蜀葵の頭に  来客の頭に  子の頭は  六歳を頭に  三郎は頭を  印象は疲れた頭に  次郎は頭を  小児の頭は  わたし兄さんの頭を  孔へ頭を  石臼を頭の  画鋲の頭ほどの  三角形の頭を  カアと鳴きながらかがしの頭を  仔細らしく頭を  律動的に頭を  顔や頭の  わたくしの頭へ  被告の頭を  被告の頭に  被告の頭が  風にして行けば頭が  胸に頭を  悪党にや向うから頭を  背中を向けて頭を  代わりに頭の  これが頭に  さまが頭に  柔らかな頭に  蛙の頭を  いじめにして頭でも  骨や頭でも  彼女の頭へ  ワーリカは頭を  彼女の頭をも  手と頭とを  テラテラした頭に  ような頭には  眠りを貪った頭に  新吉に頭から  新吉は頭を  自棄に頭を  雲上に頭を  ニョキッと頭を  余の頭には  余の頭に  余を頭から  居士の頭には  野心問題が頭を  ここにも頭を  両人の頭に  安らかな頭を  子規が頭の  夜着を頭から  了つたので頭は  却て頭が  洞ろな頭を  帽子を頭に  正岡の頭と  此方の頭が  塊が頭を  ことを考へて頭を  彼等の頭に  一分間位ひは頭の  樽野の頭に  れいが頭の  何にも頭に  文字として頭に  私の頭で  半兵衛さんの頭を  何でも頭の  ものが頭の  服装で頭の  私どもの頭の  何も頭に  植木屋の頭に  労れた頭を  裏から頭の  支配人の禿げ頭が  いやというほど頭を  敬二は頭が  六時私の頭も  ぼんやりしてると頭も  幻影私の頭の  結局私の頭の  己の頭の  さが頭を  弾に頭の  己は頭の  沙弥の頭を  者が頭に  ために殺され頭を  捜査課員の頭に  ルウスの頭に  連中も頭に  絆創膏を貼りつけた頭の  地面に頭を  童子の頭を  材料が頭に  ポストの頭を  笑顔が頭の  敬助の頭の  時彼の頭に  枕を蹴らぬばかり頭の  男が頭も  暮しを頭に  茂登の頭に  早や頭を  遠山は頭を  肉体を離れて頭の  疑惑が頭の  赤毛を頭の  何度も頭に  方法を頭の  コナしてしまう頭を  耳学問で頭が  方々で頭の  髻を載せた頭のて  其方の頭を  愚老の頭を  圓い頭を  玄竹の頭の  月代を剃らせるのに頭を  坊主の頭を  大名の頭に  船の頭が  余の頭の  英語は頭の  間白布で頭を  佐藤の頭の  例の頭を  念が頭を  今は頭の  小指の頭の  上から頭を  山の頭ばかりに  日が頭から  電信柱の頭に  一筋だけが頭の  少女の頭の  朝鮮人の頭を  曖昧に頭に  一度に頭から  煙突の頭が  舟の頭を  中にもつと頭を  万福の頭を  其村なり国なりの頭に  作物が頭を  友吉の頭を  友吉の頭に  スナオに頭を  壁に頭  詫びの頭を  シャケの頭  腕や頭に  ていねいに頭を  木山に頭を  ペコリと頭を  村の頭を  永劫に頭の  逆に頭の  地肌の透いた頭へ  一時は頭の  何か頭の  一面に頭に  男の頭  三人は頭から  酌婦の頭の  人間山が頭の  中指を頭の  テーブルに頭を  陛下は頭の  私の頭や  林檎が頭の  彼等は頭も  問題は頭の  両方の頭を  反対派の頭に  方法が頭に  盗人の頭は  子供たちの頭を  裸の頭の  徒刑囚らの頭の  彼らの頭が  肩といわず頭と  ことを頭において  麻痺した頭の  それに頭は  人々の頭に  機械を頭の  うちに頭を  ふうで頭を  考えに頭が  希望が頭に  鉛の頭が  私たちの頭は  他の頭に  群立った頭の  ほうは頭  髪を通して頭の  日を頭の  詩を頭から  人々の頭から  事柄に頭を  穴から頭を  宥恕を求めながら生きた頭を  一被告の頭を  松林の頭を  まくらに頭を  微笑をして頭を  風呂敷包みの頭が  義男の頭について  みのるの頭の  義男の頭に  笑つても頭の  各自に頭の  弟たちの頭が  土につくほど頭を  ゴーゴンの頭の  それを頭の  竿の頭に  花の頭は  花の頭の  児は頭に  年の頭に  案山子の頭には  家を頭と  彼には頭が  黒綿ぎれを頭から  赤子の頭に  鮭の頭に  先づ私の頭に  棺の頭の  足や頭などに  寸時も頭を  衣裳を頭から  インド服を頭や  ールを頭から  英国人を頭に  話を頭で  私共は頭を  私共の頭には  匂いを嗅いでも頭が  今夜に限って頭を  簪を頭に  表面へ頭を  真黒で頭の  頭痛のしだした頭で  なかに頭まで  眼と頭を  ユラリユラリと頭の  机に頭を  想像が頭の  机に打つけ頭に  ために乱れた頭には  子供等の頭の  感じを与える頭の  様に見える頭を  もじゃもじゃの頭を  ままの頭は  私の頭なんかは  河ぱの様にした頭に  若者の頭には  岩に頭を  海岸から誤って落ちて頭を  自動車に頭を  相手の頭を  子爵の頭の  われ等の頭の  われわれの頭が  老人の頭で  兵太郎君の頭に  葉子の頭の  のは頭ばかり  急に頭が  心臓でも頭でも  おじさんに許していただこうとは頭から  ように濁りきった頭を  殊勝らしく頭を  貞世の頭を  葉子の頭に  葉子の頭から  いちばんに頭の  ほうから頭へと  葉子の頭を  昔に頭の  目を開いて頭を  葉子の頭は  旋風のごとく頭の  戸から頭だけ  すみに頭を  一つも頭の  光を頭から  黯然と頭を  暴君の頭から  程の頭も  一人の頭の  青年の頭の  観客の頭に  観客の頭を  余計な頭を  めいめい自分の頭の  観衆の頭を  繃帯した頭が  屍体が頭を  水面から頭を  蚊帳を頭から  弾丸が頭の  帆村は頭を  方が頭が  仕事で疲れた頭を  もちやは頭を  町人の頭を  耳や頭の  労働者の頭  掴得したいと頭を  観山の頭の  猿の頭へ  兩袖に頭を  隱してゐた頭を  二つの頭は  思いを頭に  オツネサンは頭を  袖に頭を  学者にもなれる頭  ステッキの頭の  虚空を頭と  障子を明けて頭を  夜は頭も  溜息をして頭を  識らず垂れた頭を  一人は頭に  ミコちゃんの頭を  すぎ林の頭に  生徒は頭を  長吉の頭の  お客は頭も  瓠の頭は  常識的な頭の  一つしながら頭の  ソロソロと頭を  人間の頭で  中田の頭を  度に頭の  宿酔の頭は  僕の頭だって  だれの頭だって  物事を考えると頭が  俊夫君の頭は  電柱の頭が  五つの頭を  #一つの頭に  上にすつかり頭を  千穂子の頭の  必要な頭の  ジヤガイモさんは頭を  腑におちぬらしく頭を  青空を頭に  千恵の頭は  千恵の頭のうへが  昌作は黙って頭を  麟竜の頭に  獅子の頭に  禰宜一人して頭に  たつの頭は  シャツを頭に  妻は頭に  シュミーズを頭に  判然と頭に  歩道に向って頭を  窓枠へ頭を  昂然と頭を  所に頭を  思想は頭の  つたやうに頭を  いつでも頭から  のではあるまいかと云う疑が頭を  お上さんの頭は  石垣に頭を  五味だらけの頭を  怜悧な頭で  支那小説に頭を  光景を描いているのに頭を  助の頭の  赤ん坊の頭程も  助の頭も  試験用に頭の  汽車に揺れたんで頭が  老人は頭から  親爺の頭の  助の頭は  此所まで頭の  顔を頭の  脊に頭を  助は頭から  自分の頭だけでも  刻み足に頭の  好い加減に頭を  助の頭には  資本を頭の  助は頭を  鮮かに頭の  先きから頭を  女を頭の  助の頭が  始めから頭の  二三年間父の頭を  気の毒そうに頭を  助の頭に  二日も頭が  二重の頭が  隙間から頭の  襟から頭へ  方に頭が  彼は頭から  助は黙って頭を  寐足らない頭を  機敏な頭を  間代助の頭には  光が頭を  助の頭を  断片を頭に  影が頭に  関係比例を頭の  夜に入って頭の  平岡は頭を  平岡は頭から  於てもいらぬ頭を  十郎兵衛の頭に  はじめ自分の頭へ  ぼんやりしてくる頭の  布を頭に  相坂さんの頭に  表現が頭に  石の頭を  石の頭ばかりを  尾を振り頭を  宿酔気味の頭を  ミチミの頭の  鋲の頭かと  空き函を頭の  空き缶を頭の  五分生えに生えた頭の  心持になって頭を  事にも頭を  真面目になると頭の  水温を頭に  骨も頭も  モリモリと頭から  達磨の頭の  達磨の頭を  ゼスチュアと頭に  鶴雄は頭を  十七歳の頭で  幹男の頭に  反吐が出るくらいだったから頭から  鶴雄も頭を  小田の頭に  放題な頭の  なりや頭の  細君の頭から  龍子の頭の  マントを頭から  間自分の頭の  閭の頭に  二三寸伸びた頭を  新聞社の頭に  事を頭に  やうに頭だけの  ものは頭にも  確かに頭が  朦朧とした頭の  實の頭に  變叮嚀に頭を  言ひながら頭を  花輪を頭に  滑かな頭を  手を頭へ  大将細君には頭が  我遅れじと頭を  なつてゐる頭の  笑ひながら頭を  山の頭を  此ほどに頭の  大塚さんが頭を  しんと頭を  実の頭に  大変叮嚀に頭を  コンニチハと言って頭を  オハヨウゴザイマスと言いながら頭を  倉地が頭から  葉子は頭の  没義道に頭を  手ぬぐいを頭から  無言で頭を  前に泣きながら頭を  談判で頭を  しとやかに頭を  黒髪を振り仰いで頭を  誠実に頭を  不快がって頭を  計画で頭を  自分の頭では  倉地さんは頭から  光も見えないほどに頭の  幾つも頭と  貞世の頭の  心臓から頭に  目もくらむほどに頭の  ように頭は  鈍痛や頭の  からだを頭から  葉子の頭には  働きの鈍った頭を  譯者の頭には  余の頭は  背景として頭に  反対に頭は  加減に頭を  今日私の頭が  つて被告の頭を  低級な頭の  顔にも頭にも  顔と頭との  顔と頭と  胸に垂れた頭を  弟の頭を  日本髪に頭を  人びとに頭を  甚太夫は頭を  上へ乱れた頭を  右衛門は頭を  そればかり頭を  丹造は頭を  すべてお前の頭から  私は疲れた頭を  往って頭を  勘作は頭を  二本の頭が  アリアリと頭の  赤城先生の頭に  単純な頭で  記憶を頭の  刑事を頭から  今日では頭に  お前は頭が  ところから頭を  半分覚めた頭に  経験は頭に  執着が頭を  刑事の頭が  論理的な頭を  ヴァン・ダインの頭の  文字が頭の  酔漢の頭を  踊り子は頭を  ソラお前は頭  方しか頭に  ふしぎに頭が  盃はかれの頭を  監房は頭が  私が頭が  三人の頭には  甲の頭の  のだが頭の  職工などと頭から  権八の頭に  伴れられて頭を  通り権八は頭に  甲冑を頭に  わたしどもは頭を  山川正太郎の頭に  上原稔は頭を  乞食の頭の  話がかれの頭にの  手拭で頭を  やうに頭も  女の頭は  ことなんか頭に  妊婦が頭の  奥さんの頭に  へんに頭の  懐へつっこんで来た頭の  妹さんは頭の  卵形の頭を  人間どもの頭に  僕等の頭に  民衆の頭に  名前しか頭に  四十を越えた禿げ頭の  毛布を頭からか  蓮の頭の  玄象道人は頭を  剣舞でも頭に  花形女優ともいうべき頭の  ギニョール風の頭から  逆上した頭を  人間の頭に  聴衆の頭や  落ちつきと頭の  もとの頭が  今まで頭を  歌を歌うと頭が  漁師の頭  健三は頭を  健三の頭には  健三の頭に  細君の頭の  他から頭を  扱所の頭  健三の頭では  水で頭でも  忙がしい頭を  彼自身の頭で  蠅の頭と  上に乱れた頭を  鄭寧に頭を  髪剃を頭の  筋道の通った頭を  彼の頭では  他に頭を  年中腫物だらけの頭を  蟻の頭ほどに  言葉に纏めるほどの頭を  幕さえ頭の  御前の頭が  帰りを頭が  胡麻塩の頭の  眉を顰めて頭を  顔をして頭を  脚で蹴あげて頭に  俺の頭にも  スポーツ刈りの頭を  中のやまがらの頭の  われわれ日本人の頭に  馭者の頭に  大石に頭を  ボートルレの頭は  ボートルレは頭を  ボートルレの頭の  爺さんの頭は  一人は頭を  戯曲批評家の頭が  舞台を頭に  舞台など頭に  彼等だけの頭を  何といふ頭  ブロンドの頭が  無条件に頭を  原文を頭から  ジョンの頭は  狐に頭を  猟犬ジョンの頭を  エロキューションは頭に  素破抜かれて頭を  優容に頭を  血が頭から  半分廻しかけた頭を  人形の頭など  一人が頭と  拔かれて頭を  俄かに頭を  呉葉は頭を  野を頭に  窕子の頭を  袖を頭から  窕子の頭には  烏帽子を頭に  ひとり手に頭が  女の頭に  尼は頭を  東國を頭に  さうな頭を  度に頭を  姿を頭から  親爺に頭を  世話人は頭を  夫は頭を  満場斉しく頭を  馭者は頭を  車夫は頭を  欣弥は頷きたりし頭を  猿の頭を  渠の頭を  身を反らして頭を  さで頭へ  箪笥へ頭を  令嬢が頭から  俺の頭と  ただ熱が出て頭が  子供の頭と  そつと頭を  隅に頭を  後味が頭の  克明に頭を  どっちが頭  佃も頭を  両手は組合わされて頭の  山高帽の頭だけを  窮屈さを頭の  さで頭に  伸子は驚いて頭を  笑いかたをして頭を  伸子の頭の  伸子の頭は  ようにして頭を  縮毛の頭に  心持さえ頭を  近く佃の頭を  伸子は頭が  まち伏せして頭を  文学者の頭から  非常に頭の  ツル以外誰の頭にも  公の頭の  皆な頭に  春ごとの頭に  審査員に頭を  探偵の頭に  鶏は頭を  飛脚の頭の  左の頭を  掌で頭を  虎の頭が  虎の頭はが  虎が頭を  女王の頭  彼自身の頭  王冠を頂いた頭を  十字の頭が  ドラゴン星座の頭と  阮東は頭を  何時までも頭に  場面とが頭に  新聞人の頭の  作家の頭を  ことしか頭に  悲劇的な頭の  狡猾で頭の  無産政党の頭の  対抗を頭に  彼ぐらい頭を  人をねむらせて頭の  オレの頭を  樣に尖つた頭には  洗ひ頭を  それと頭に  大辻司郎の頭が  誰かの頭を  女は頭を  ちょと頭を  印象が頭に  謙作の頭を  ようになっている頭に  謙作の頭は  相手の頭の  バーと頭の  実験を頭において  演算という頭の  思想家の頭の  胃ブクロを使うと頭に  片手で頭を  そこに残って頭を  ぼつて頭に  海水を頭から  飛魚の頭が  つた途端に頭が  互の頭に  皮を頭に  ことは頭が  十八を頭に  税金で頭を  沢子は頭を  潮の頭の  普通は頭を  トーキーを頭の  運転手の頭の  イワシの頭も  月給取の頭の  幾度び彼の頭の  何度繰り返して頭に  今村の頭から  途中で転んで頭を  うちに頭の  井之頭の  爺さんの頭を  デンスケ君よりも頭の  道也先生の頭の  ものも頭を  道也先生は頭を  これらの頭が  こちらが頭を  茶坊主に頭を  皆丁寧に頭を  高柳君は頭を  七分ほどに延びた頭を  なかへ頭を  塀へ頭を  塀などを見ると頭を  先生ですから頭を  医者に頭を  金に頭を  それらの頭を  黒シャツ党が頭を  トンチンカンな頭の  それにつれて頭を  私は黙って頭を  ボーイが頭を  ボーイはすすり上げながら頭を  ボーイは頭を  三人の頭と  屍体の頭の  眼を閉じて頭の  眼を閉じて頭を  冷静な頭で  我慢して頭を  前には頭が  各行の頭の  苦笑しいしい頭を  一寸ほど頭を  綺麗に分けた頭を  推理力が頭の  事実を頭の  一少年の頭から  空っぽの頭に  卓上電話の頭  顔を見ると頭を  流石に頭が  叔父は頭が  外套を探すらしく頭を  束髪の頭を  率直に頭を  繃帯をした頭を  吉田の頭には  自分の頭へ  のに疲れてしまって頭を  中に頭が  鰻の頭を  鰻の頭が  みんなに頭を  鳥は言って頭を  そこここと歩きながら頭に  私たちの頭に  きれいに剃った頭を  此の先生の頭の  板に頭を  私が頭を  七歳を頭に  どなたかの頭の  空きがらを頭の  西洋の頭の  舞台表現として頭を  他人の頭の  時分から頭には  弟の頭へ  老人の頭が  所々に頭を  縁へ頭を  朧気ながら頭に  ひとの頭より  穴に頭を  苅谷夫人繭子の頭から  顔の頭の  脚をつかんで頭の  ぱつと猪の頭に  猪の頭を  猪の頭に  他人の頭に  葉っぱで頭を  のつた頭を  長男を頭に  標準を頭の  バリカンで頭を  無慈悲にも頭へ  船底に頭を  絨氈を頭から  音を聞くまいとして頭から  外記の頭を  外記は笑いながら頭を  立兵庫に結った頭を  幾たびか頭を  血が沸き上がって頭が  酔いが頭に  雑念が頭に  一度に頭に  斜めになって頭を  泥鰌の頭を  ヒョイと頭に  ところに頭を  膝をつき頭を  青木は頭を  二つばかり頭を  音波が頭で  耳が頭の  芳一は頭の  夏羽は頭が  幾つか頭を  カバンを頭にの  留吉の頭から  かまた留吉の頭の  不幸で頭が  三郎の頭の  缶詰を頭の  缶詰を頭から  方針を頭の  いま辻中佐の頭の  あたりの頭を  手と頭に  両足と頭に  憂欝が頭を  朦朧として頭を  ぼんやりした頭で  将来人の頭に  夜叉と頭を  ように頭と  伸び放題になっていた頭を  ズラリッと頭の  うちには頭のや  男子が頭から  セルギウスは頭を  息子の頭に  病人の頭に  娘の頭に  セルギウスの頭に  云つてセルギウスは頭を  土に頭を  禿た頭を  鉄片の頭を  出入りしたとか云う頭の  大友皇子の頭を  袋を頭から  白熊に頭から  毛皮を頭から  妻にだけは頭の  樣な頭を  時を頭に  中へもぐり込むなり頭から  一の頭を  馬の頭が  奴の頭の  酔いが頭の  天井に頭が  印ばかりに頭を  日本犬の頭の  吉蔵は頭を  今も頭が  銘々の頭に  旧家高麗さんは頭を  まま天流斎の頭を  天流斎の頭を  女が頭に  普通の頭には  獅子の頭を  人形の頭は  一時も頭を  惨死姿を頭の  手が頭の  リボンを頭に  連続して頭の  一場面が頭に  インヴェンションが頭の  いつまでも頭の  野武士の頭  ことは頭に  沢庵の頭へも  法衣を頭から  沢庵の頭へ  岩の頭が  武蔵の頭の  坊主に剃りあげた頭に  丸田は頭を  原田の頭の  上は頭の  核が頭の  体が頭に  最後は頭に  風を頭の  舞子を頭の  西暦とを頭の  ぼんやりと頭の  一夜に頭が  血が頭へ  恰好で頭の  考が頭の  津田に頭を  あなたが頭を  私自身が頭を  場に頭を  姿が睡れない頭に  白髪の増えた頭を  ぱしを頭に  法水は頭から  世人の頭に  いつまでも頭に  混沌と頭が  ものが頭へ  夢を頭の  相手の頭へ  照りのある頭と  武蔵も頭を  ことばが頭に  ほかに頭が  城太郎は頭を  庭木の頭と  からっぽになると頭が  お父さんの頭の  彼も頭が  無表情な頭の  しりごみして頭を  君は頭が  国民の頭を  松茸が頭に  ものの頭だけが  皆なの頭の  番頭の頭を  雪は頭を  背中に頭を  辺から頭を  材料一切を頭の  どちらが頭やら  所謂自然を頭の  たての頭の  者の頭は  こちらの頭の  大分先生の頭の  団栗の頭へ  炎天にも頭を  わたしは頭から  寒中に頭から  粛然として頭を  夢を頭に  参拝者の頭の  雨は頭の  ヒョコリと頭を  王さまの頭の  発句は頭より  酒に頭の  いろいろにききましたが頭が  王の頭の  母御の頭から  あいつは頭に  方をした頭で  樣な頭にな  其國人の頭に  辰吉の頭を  孫の頭を  白崎は頭を  恰好で頭を  眼を持ち考える頭を  一時左翼的思想に頭を  ルンペンの頭が  下から出かかった頭が  自分の頭と  楽屋の頭が  親仁の頭を  巫女の頭に  一番さきに頭に  ピヨコンと頭を  原則を頭に  土台として頭において  魅力を頭の  泣き顔を頭に  嵐山を頭に  一人一人を頭に  違いを残らず頭に  ことだけ頭に  そばへ行くと頭を  時住職の頭を  其でも頭を  精虫の頭を  双つ頭の  半白の頭に  サイレンが鳴って頭の  しった鳶の頭が  鳶の頭は  兵隊さんは頭を  救命具を頭の  三色菫が頭を  念入りに頭の  長謙さんの頭を  フランスは頭を  帽子は頭の  海草は頭に  全体に禿げ頭や  日本人の頭は  帽子が頭に  ランチが進むにつれて頭へ  十分間の頭の  manの頭に  クラブへ頭に  一機入ってきて頭の  後肢で頭の  弔詩が頭に  金博士の頭の  黒頭巾の頭は  上は頭も  いつまでもいつまでも頭を  叔母さんは頭を  虚無僧は頭を  膝をついて頭を  八の頭に  又八は頭が  船客たちの頭の  美少年の頭を  武蔵は頭を  幾分か頭が  鷲嶺の頭の  者の頭を  囚人の頭に  論理を頭に  私の頭のうへに  水の上へ頭を  みんな鼻の頭ばかり  話になると頭の  森川夫人の頭の  上で頭を  周囲に頭を  幾つも寝そべって頭を  正太は頭を  乳呑児の頭の  兄の頭は  三吉は頭を  昔は頭の  足音が近づいてきて頭の  キャラコさんの頭の  男性の頭に  まっ白な頭と  弾丸は頭の  あたいの頭を  グイと頭を  キャラコさんの頭を  妾の頭の  彼奴の頭  不意に頭の  一緒に頭の  のとで頭が  今一度妾の頭の  妾の頭を  ニョキニョキと頭を  緻密な頭を  ぶんの頭を  むやみに頭を  君の頭を  茜さんの頭が  水の上に頭ばかり  ただ二劉ほどの頭の  自己の頭で  人は頭の  佐渡が頭を  ひとの頭  反抗心が頭を  彼等の頭が  支那通の頭が  聽者の頭で  敵の頭と  死骸の頭は  旅人の頭には  帽子を拾って頭に  方とが頭に  夕潮の頭  頭だ頭  村松検事はしきりと頭を  被害者総一郎の頭に  腕が頭の  車体をゆすって頭を  響きを頭の  怪漢蠅男ほど頭の  くらくらする頭を  青年達の頭の  青年たちの頭には  女客に頭の  女房の頭の  堅吉の頭の  堅吉の頭に  堅吉の頭は  文公は頭の  文公は頭を  外套を頭から  親父の頭が  親父が頭を  古参だから頭  俺の頭にや  ブルンと頭を  事にまで頭を  客様は頭を  他所者と見れば頭から  ばったが頭の  球を頭の  前かけで頭から  中の頭という  ぼうしを頭に  いまにも頭の  親方は言って頭を  しらが頭を  わたしたちの頭の  しらが頭も  犬たちは頭を  すきから頭を  あなたの頭は  アーサは頭を  見物に向かって頭を  犬の頭に  ぼくの頭を  わたしは頭の  綿貫は頭を  深谷夫人は頭が  あたしの頭を  暖っている頭の  鉄さんの頭から  拳固をかためて頭の  禿た頭に  老爺さんの頭は  ことをきくので頭が  おじいさんの頭は  お辞儀をしている頭の  干物は頭から  藤木さんは頭を  赤ら顔の頭の  幾人かは頭に  地中に頭を  子供の頭は  毛髪も頭を  何かで頭を  石塔の頭が  かっぱの頭に  出来事は頭から  妹かわかりませんが出逢い頭の  きまり悪げに頭を  顔が火照って頭が  拳銃で頭を  半道あまりを駈けつけて来た禿げ頭の  手拭をしぼって頭や  膝から頭を  膝頭に頭の  彼が頭の  男を頭から  花簪で頭を  まま牛の頭を  光悦は頭を  雲脚は頭の  伊織の頭の  そこでも頭を  夢という頭を  壁へ頭を  ものを頭の  事の出来る頭を  半分の頭では  半分の頭が  あいつの頭には  にこやかな頭の  祖父は頭の  馬鹿七は頭を  耳と頭を  際非常に頭を  一集めに頭から  考えが頭の  ズボン下だけで頭を  バキチが頭を  おばあさんは頭の  二階桟敷の頭の  桟敷の頭の  一郎の頭の  一郎の頭に  災難な頭の  ッと頭を  岡部伍長の頭の  お前の頭を  そいつの頭を  自分自身との誓いは頭を  生活を頭に  一人でに頭が  顔付が頭に  変に頭に  焔を頭の  僕等の頭の  視覚的に頭の  学理でも頭に  作文も頭に  わたしたちの頭に  ぼくの頭がは  ことは頭を  ぼくの頭は  気のどくな痛む頭を  わたしはかれの頭を  おなかか頭を  雌牛は頭を  人の頭がかべの  ボブの頭が  考えで頭の  母の頭に  ことぐらゐ蠅が頭にと  東巖子の頭や  李白の頭や  子供の頭には  日本人は頭に  直接に頭を  鯛は頭が  色は頭の  おまけに頭の  今では頭を  好意に溢れて頭を  八九人も頭を  合に頭の  貧血を起しかけた頭の  三日間で頭の  櫛で頭の  氏の頭が  道にて頭を  詞にて坐り頭を  身をふるはせ頭を  心にて頭へ  木山は頭を  寝汗だの頭の  小刻みに頭を  いま女の頭から  三人とも頭から  何かは知らず頭を  店には頭の  馬の頭とが  上から頭に  首を縮めて頭を  処へ頭を  句切れの頭の  ストリンドベルヒの頭は  ゾラの頭は  搏動が頭の  妻は頭を  私装本を頭より  蚊とんぼの頭の  予の頭の  予の頭を  猿の頭に  師匠は頭を  奥から頭を  人の頭も  利用しないで頭の  コツンコツンと頭を  黒吉は頭を  コックリと頭を  天日に頭を  手拭で頭の  そればかりが頭の  スピードで頭の  石を頭に  んだので頭が  こんどは頭の  #誰かの頭に  眼を醒すと頭の  手足や頭を  吾輩の頭に  友吉おやじを頭から  赤ん坊の頭ぐらいの  ヒョッコリと頭を  前には頭を  感心するくらい頭が  一人が改まって頭を  膝も頭も  水が頭の  妙に頭を  叫喚が頭  落下音が頭の  コンナ仕事に頭を  署員の頭に  流石に頭を  恋が頭を  電柱に頭を  彼は頭で  先生の頭は  内儀さんの頭から  鳶は頭の  思つて今まで頭を  大蛇などが出て来て頭の  シラスの頭で  詮吉の頭に  かな桃割に結った頭を  いやに頭を  いつまでも頭について  蔦子の頭に  陳慧君は頭を  腕を組んで頭を  社の頭が  わたしも頭が  寺奴の頭の  各自の頭には  故と頭を  切たかと思えば頭には  のは頭に  手に当る頭を  今朝死骸を検めて頭の  鞆は頭に  人間の頭へは  のです頭の  此罪人は頭へ  生た頭から  支那人の頭の  支那人の頭は  叩たなら頭が  者が頭へ  の譬えで振向いて頭の  ヅシンと頭を  併し頭が  度に頭へ  男にして頭には  朝はきまつて頭の  光つたリーゼントの頭を  ダン艇長の頭の  太刀川は頭を  首も頭も  首と頭とだけで  ステッキの頭を  大海魔の頭  右手にさしあげて頭の  頭巾を頭から  ところで頭を  骨が折れて頭から  尻で頭を  人物を頭に  疲れ熱した頭の  フリージア帽を頭に  緑色の頭と  彼女の頭には  今度は頭を  縮れ毛の頭を  かげを頭に  時大蛇の頭が  真黒な頭の  四十八組の頭の  擬宝珠の頭などを  徴兵適齢が頭の  政吉と頭の  床屋で頭を  加害者も頭を  奴等の頭を  彼も頭から  人情に頭が  なつた頭には  綺麗だが頭  覗き込み人間の頭の  供の頭の  全力で働いて頭の  母の頭の  若井さんは頭の  電気を消さうと頭の  横にした頭の  風をして頭に  代りに頭が  一年ぶりに頭を  うに久しぶりに頭を  馬が頭に  膝の頭が  竹刀を頭に  浜の頭の  浜の頭は  十人ほどの頭が  勃然として頭を  散弾を頭に  隆造の頭の  喜美子は頭を  お松の頭が  蒲団を頭の  与八の頭へ  与八の頭を  道庵先生の頭の  ことまでが頭の  胸から頭まで  胸も頭も  蟷螂が頭にと  仏陀に対しては頭を  子供が頭  西市に頭を  責任は頭で  近藤を頭に  祇園の頭を  四百両の頭を  山崎の頭に  屹と頭を  新撰組の頭とまで  水上に頭を  ぜんに頭が  かっこうの頭を  雷が頭の  右手で頭を  水から頭を  端を頭で  割合に禿げた頭から  度に禿げた頭を  次男の頭へ  眼をして頭を  海図から頭を  洋髪の頭の  彼女も頭が  黒川がのっていて頭を  相手の出る頭を  裾をまくりあげて頭からか  髮を頭の  おれの頭から  空想が頭に  腦髓は頭の  人の頭へ  釣師の頭を  これも頭や  乃公は頭の  こちらに向けて頭を  椽木が頭の  僕は頭だけ  代りに頭を  客と見える頭の  坊さんたちは頭を  横にしぶいて頭まで  曖昧さに就いて頭を  兄妹に頭を  下へ頭を  遥なる頭の  青の頭から  われわれ人間の頭は  狂態が頭に  中に頭に  備へて頭の  二三日は頭を  代りに頭から  お玉に頭を  手拭を頭から  何に気がついてか頭を  茶筅を頭の  竿の頭から  連中の頭は  仙公の頭を  仙公は頭を  脳蓋といって頭の  鉢の頭も  鉢の頭と  手拭を頭と  一本腕は頭を  敬二郎の頭には  喜代治が頭を  人の頭ばかりが  足で頭を  みごとに頭を  不逞が頭を  入道の頭に  婦人甕を頭に  小指の頭程の  好い加減に頭の  生埋にしなくても頭を  ひよつくり頭を  番頭が飛んで出て頭を  面と頭は  前へ出て頭を  時から頭が  君の頭が  仁王様の頭ほど  根へ頭を  富士の頭へ  組の頭の  真中に立った頭の  娘の頭の  組の頭は  知識を頭の  折助の頭を  身体は頭の  押立てた頭が  気味に頭を  紙を頭に  紙きれを頭へ  娘の頭から  テラを取ったり頭を  木莵入は頭の  柄の頭が  死骸の頭とを  紋也の頭に  群れが頭を  両手を上げると頭を  肩を打ち頭を  公式を頭の  読者の頭を  キット私の頭の  旅人の頭に  クッションに頭を  姉様私の頭には  詩人はだまって頭を  詩人の頭の  雨に頭の  手と頭を以て  丈の頭が  金掘りの頭を  単純な頭を  リヴォーヴナの頭に  くりと頭を  情夫の頭の  あっしらの頭の  群衆の頭  女の頭から  カテリーナ・リヴォーヴナは頭の  へんに頭が  直接それに頭を  志村は頭に  帽子は頭に  幸徳君らの頭に  作品に頭を  切り割って頭の  自身の頭から  ヨーロッパ的な頭では  自分の頭よりも  諸君の頭で  角などに頭などを  私などの頭は  会計には頭が  支配として頭に  我々の頭に  駒井を頭に  女軽業の頭の  股倉へ頭を  方から頭を  米友の頭を  侍の頭と  #友の頭が  米友の頭は  便所が頭に  弓子は頭を  たくさんの頭を  十何人か頭を  ガスパールは頭を  樽野の頭にも  群衆の頭が  芸術家の頭を  鷹揚な頭を  わたしたちの頭では  幸内は頭を  のか頭を  雨が降りかかって頭から  君の頭に  ムクの頭を  小林も頭を  ところでは頭の  争議団に頭を  数百の頭に  事が頭を  わたしの頭から  冷笑して頭を  屍体の頭に  大辻は頭を  勇少年は頭を  熱心に頭と  教授は頭を  課長は頭を  これを頭から  蝋山教授は頭を  人物は頭の  女は頭の  伝次の頭が  小僧ッ子の頭  指や頭の  肩から頭の  感じが頭に  龍の頭を  豪傑には頭の  推理の頭と  チミツな頭  目をとじ頭を  二朱の頭  駕籠舁どもは頭を  俺は頭を  鼻血を出して頭の  銀様は頭を  誰か頭を  酔っぱらい並みに頭を  幸内の頭から  代金の頭を  棒の頭へ  穂を頭へ  潜り木戸へ頭を  浪士の頭は  家人は頭を  親方も頭を  んと頭を  阿賀妻は頭を  彼らは頭を  呆けた頭には  手をつき頭を  習慣によって頭を  武士に頭を  あそこまでと頭に  観念が頭の  前にとびだして頭を  夢にあらわれた頭の  人々の頭  塊りになって頭を  神仏に頭を  家の頭が  汗が頭から  明瞭になったと思った頭の  ずしんと頭を  うえに頭を  遊び魂が頭を  猛然として頭を  波に洗われつつ頭を  文吾は頭を  布を頭から  若い衆の頭に  ころから頭が  息子で頭の  わたしが頭が  千代の頭に  東太の頭の  甚八の頭は  半可通の頭  宇礼の頭に  彼の頭よりも  玉太郎を頭の  玉太郎の頭の  ボールイン船長の頭の  灰色の頭を  事件で頭が  誰かの頭に  水面より頭を  モレロの頭  誰の頭  僕らの頭の  ダビットが頭の  玉太郎の頭を  一同の頭の  ラウダが頭を  ボートを頭の  モレロは頭を  更めて頭を  己が頭で  あとからと頭に  新吉の頭や  新吉の頭を  ファットマンの頭に  新吉の頭の  あれは頭の  やうに頭が  光子の頭に  能登守が頭を  能登守の頭を  ような頭は  方で頭が  短刀を差して頭に  群衆の頭を  水野左近の頭の  久吉の頭を  一方だから頭に  ちょッと頭を  三名の頭の  カモ七の頭の  親父の頭を  後から頭を  一撃によって頭が  まま五分たっても頭を  これが頭の  モーローといたんで霞む頭を  モックと頭を  目がさめたばかりで頭が  ようにしか頭に  兄上の頭を  克子の頭に  んを頭から  鰯の頭か  めいに頭へ  笠に頭を  綺羅が頭の  而て頭が  手拭でくくられた頭の  石塔の頭へ  ことを考えると頭が  名を呼んで頭を  米友が頭を  肩でなく頭へ  勝手を間違えて頭を  両足を頭へ  踏台にしたり頭を  自分たちの頭を  師家の頭を  それは頭と  喜兵衛の頭を  トビの頭の  トビの頭  主人が頭を  楊枝を使って頭を  心いながらも頭から  種々に頭に  まりにしていた頭ほどの  ア人間の頭は  ゲジゲジに頭を  ッぱり私自身が頭の  往来へ出ると頭が  叮重に頭を  何かしらカーッと頭に  豆腐に頭を  文面を頭に  日記につけずに頭に  自在な頭の  横柄に頭から  見取図を頭の  姿のみ頭に  神尾主膳の頭の  犬殺しどもの頭から  つくりと頭を  房一の頭の  青光る頭を  言葉を頭の  相手が頭を  思案が頭を  房一は頭の  莫迦にするとも見える頭の  単純な頭に  熱を出してから頭が  つて彼女の頭に  のは頭から  白髪まじりの頭を  実直に頭を  今も頭を  房一の頭を  造の老いてはゐるが練れた頭は  皆の頭に  やうな頭が  情景が頭に  廻つた彼の頭は  散々皆の頭を  冠を頭にの  文字盤が頭の  微笑しながら頭を  房一の頭に  物蔭に隠して頭と  自分の頭に対する  兵の頭を  志へ頭を  鞄に頭を  挿画が頭に  幼稚な頭は  ことが出来ないと頭を  一人の頭に  割には頭の  わたしの頭には  何びとの頭にも  右向きになり頭を  否や頭を  左向になりては頭を  犯行に関しては頭から  私の頭  鱒を頭から  仙太を見較べて頭を  尾も頭も  屋台に頭を  人ごとに頭を  主膳の頭の  兵馬は頭を  お前たちの頭の  亭主の頭から  侍の頭を  土方歳三を頭として  ムク犬の頭を  うえ金があって頭が  理解するだけの頭が  兵馬の頭は  そうであった頭の  地面から頭を  身体が頭に  異様な頭を  怪しげな頭を  一ぺん乗合の頭の  人の頭とを  親の頭を  ずして頭の  白紙を頭から  扇子を外して頭を  金助を頭の  米友の頭の  米友の頭では  手を伸べて頭の  犬の頭へ  彼は頭へ  ことだけで頭が  跫音が頭のうへを  道を頭に  あれから頭を  重げなる頭を  ア己の頭を  貴方の頭に  重吉の頭を  重さんの頭を  親方の頭に  柱へ頭を  角へ頭を  石子刑事の頭は  第六感はしまったと頭の  石子刑事は頭を  面目なげに頭を  細君は頭を  岸本は頭を  鳥渡我々の頭へ  石子刑事の頭に  主任は頭を  教授に頭を  十分刑事達の頭に  ヒョイと頭を  三刑事は頭を  石子は頭を  支倉は頭を  上へ坐って頭も  彼女は黙って頭を  死体は頭には  静子は黙って頭を  心が進まぬながらも頭を  書見に倦み疲れた頭を  牧師の頭には  雲が頭に  束にして頭の  供の頭を  ごろに頭を  山男の頭の  叢ほどな頭の  薔薇香水を頭の  立花は頭から  入道の頭から  絵図となって頭に  鼻の頭には  我に頭を  一月以上も頭の  思念が頭の  出来事が頭の  米友は頭を  米友は抱えていた頭を  腋の下へ頭を  めいめいの頭まで  半分に頭を  ように燃え上る頭を  兵馬が燃えさかる頭を  女の子は頭を  拍子に頭を  匍いになって頭だけを  佐野の頭に  通行人の頭の  足から頭の  ものは頭の  他人を頭から  無意味に頭を  暖簾を頭で  額から抜け上っている頭の  空気枕に頭を  房江は頭を  指導者の頭を  米友の頭に  忠作は頭を  善男善女の頭を  道庵に頭から  水を頭から  火に頭を  いんぎんに頭を  有無をいわせず頭を  方へ向って頭を  五郎権ノ頭の  哲学的史実を頭に  日外出して帰った頭を  自身も頭を  正直な頭では  舌を噛んだり頭を  見晴らしの頭が  弁信の頭を  七兵衛は頭を  使に頭を  羽織を頭から  押当てて頭を  おいらの頭じゃ  頭痛で頭が  吉も頭が  研究に頭が  風に疲れた頭を  それは頭を  駒井の頭で  正直の頭に  小児の頭に  塩鮭の頭を  默つてペコリと頭を  さも頭が  人間の頭では  眼にいすくめられて頭を  どこか頭の  ゴロツキの頭  東京の頭  國友へ頭を  片手で禿げた頭を  トタンに頭が  線が頭の  一番旅人の頭に  腕をこまぬいて頭を  玄翁で頭を  鳥が頭の  かづらを頭に  蔓草を以て頭を  布巾を以て頭を  簿名と頭か  番卒の頭  野伏りの頭にでも  長年にも頭の  五人の頭へ  八さん熊さんは頭の  ウンチクは頭に  運転手が頭を  手先と頭とを  通り今こそ頭に  伯爵は頭を  少年の頭で  我等の頭の  夫人の頭の  眼と頭とを  老人に頭を  仏頂寺の頭を  敵に頭を  安全を頭に  ところにあるありあわせの頭が  角の頭に  窓硝子に頭を  様な頭では  寿江子の頭が  供の禿げ頭を  ひよめは頭から  笠ヶ岳の頭が  人の頭は  人々の頭が  輕く頭を  ぎれに頭に  んでなくって頭が  鱈の頭を  階級的課題にまで頭の  酒を過ごすと頭も  市郎は頭を  連中の頭  それへ頭を  時には頭から  立派な頭を  美津子さんの頭が  わたくしたちの頭に  美津子さんは頭を  入道の頭を  場合によっては頭でも  伏目に頭を  誰も頭に  わたしが頭を  鯉の頭は  一人で頭から  うちにかくれて頭を  兵の頭は  それ以上には頭を  今日も頭が  槌の頭を  母親の頭が  裸で頭の  気持に頭が  變にぼやけた頭の  銃を頭の  人の頭ほども  兵たいの頭の  勉強すると頭が  此処が頭に  魚の頭の  仔牛の頭を  特徴ある頭を  ドイツ人の頭が  真剣に頭を  相手を頭から  いくらか頭の  豹の頭を  うしろには頭が  鼻の頭までも  鼻の頭から  傍に居ずとも頭に  桂子は頭を  夜具蒲団を頭から  茂太郎が頭を  白雲の頭は  模写に頭を  二つを頭の  しらが頭の  時は頭から  台本を作るだけの頭は  時代が変っているのに頭が  通りの頭  馬の頭の  人形の頭を  面を頭の  池田良斎先生が頭を  誰からも頭を  ざぶりと味噌汁を頭から  夫を頭に  之のみを頭に  日常的科学を頭に  科学を頭に  今之を頭に  一房を頭に  風船へ頭と  家鴨の頭が  しの女の頭が  理屈を頭で  夜雨君の如きは頭の  妾の頭に  ギリシャ型の頭を  人さし指の頭の  遊びを頭から  頃は頭では  手拭を頭の  わたしの頭が  活動家らしい頭を  私を頭に  子供は頭が  山崎は頭を  食べ物を頭に  包みまで頭に  子の頭に  路を頭に  女が頭と  荷物を頭の  ところがわからないで頭を  無邪気な頭の  ロザリーの頭に  彼は頭は  マルコの頭を  両手をくんで頭を  力を出して頭を  相模入道高時を頭に  そなたの頭に  自分の頭から  当り前の頭が  文の頭の  先きへ頭が  あたりへ頭を  かわりに頭から  教職員全体が頭から  あなたは頭  あんたが頭から  源右衛門は頭を  道庵の頭へ  道庵の頭から  趣向に頭を  芸術家並みに頭の  ものが頭に  絹の頭には  一様に頭を  珠数を頭に  自分らの頭では  立身するほどの頭は  南竜軒は頭を  書きぶりが頭に  学者の頭を  人の頭なりに  酒を作るだけの頭も  牧野の頭の  氏神はまかり間違えば頭の  弁慶の頭を  のの頭へ  道庵の頭は  はずみに頭をも  みんな私の頭の  私に頭を  変だし頭が  雪太郎の頭を  五十ぐらいの頭の  丸髷とはげた頭とが  向こうから頭に  ふうで笑って頭を  白犬が頭を  番台を頭の  なかばはげた頭には  衣を着て頭の  父親ははげた頭を  なかばはげた頭を  独りで言ってかれは頭を  鬚などを生やして頭を  左馬ノ頭を  随身たちが頭を  そちは頭を  菓子フォークで頭を  パナマ帽の頭を  視線が辿りつくと頭が  情景にもつれて頭に  新吉の頭は  さを頭から  掌を頭の  均衡を失はせようとして頭に  さそうに頭を  鹿の子を頭から  西洋髪の頭を  部屋の頭の  兒の頭に  馬の頭に  拷問した頭  私の頭と  家老に対して頭を  老人の頭には  信徒の頭だって  人も頭も  童顔の頭が  筋途を頭で  小説家の頭の  讃美歌合唱を頭の  模型が頭に  一週間前に買って遣った頭に  髪は梳き上げて頭の  加奈子に頭を  落花を被った頭の  気違い達の頭の  体格で頭が  瘤の頭が  小児の頭ぐらいの  死骸に向って頭を  黴毒が頭に  羽根布団を頭から  想像を頭の  私に向って頭を  クシャクシャになった頭を  白犬の頭を  ことを頭を  角で頭を  坊ちゃんがころんで頭を  さで頭の  哲学者も頭を  毎日俺の頭を  学者は頭から  折々には頭に  幼時を経た頭の  盾を頭に  幻影が頭の  女王の頭は  バルタザアルの頭の  盗人の頭が  鼓して頭を  辰の頭に  二日酔いで頭が  位牌が頭の  おまけに頭が  天井へ頭を  衣裳や頭の  もんかと頭の  プラトオクに頭を  手と頭を  人さまざまの頭の  お前の頭は  八ヶ岳の頭を  与八の頭の  旧友の頭を  雪に圧されて頭を  識らず頭を  白雲の頭へは  空想を頭に  研究を頭に  金椎の頭の  兵馬の頭の  先生の頭へ  ところに頭が  坊主が頭を  神様とあれば頭の  燠を掻きあつめて頭に  シローテは頭を  斜めに頭には  巨きな頭を  響きが頭にまで  一笑に附して頭から  おでこの頭が  銀の頭を  たての頭や  ふたりの頭を  洗面所で頭を  無感覚な頭の  寝不足とで頭が  なつてゐる頭から  写実だという頭から  仕事で頭が  づぶづぶ刺されたり頭や  やつの頭を  やうに滴りが頭の  鳶の頭と  足も頭も  上役たちが頭から  それが頭を  あなたの頭が  尻尾と頭とが  うちで頭を  蛸を頭から  蝿の頭を  奴の頭を  若草の頭が  丸坊主の頭が  私は頭へ  日本人の頭へ  帽子は頭へ  大変な頭を  それ以来九里丸の頭が  高島田の頭や  兵馬の頭では  兵馬の頭を  太田三楽が見て取った頭の  昨夜来の頭に  額へかぶせて頭を  面を頭へ  刺鮫も頭に  そりたての頭を  金公の突き出した頭と  金公の頭を  大岳山の頭が  ものだと頭へ  床が頭の  鋭敏な頭の  弁信の頭の  五年間といふもの頭の  金髪の頭の  機械人形の頭の  街灯の頭へ  寒子の頭から  寒子は頭の  正夫の頭に  蛇は頭で  胸に垂れてる頭は  正夫は頭を  あなた自身の頭の  雫を頭から  のが頭を  左手と頭とだけを  旅は頭を  ことが頭から  妻の頭へ  子供は頭を  時は頭を  上に頭だけ  牛松しょげて頭を  巨大な頭を  先から頭の  こっちから頭を  私は出来るだけ頭を  事を云って頭を  意味もなくなって頭に  二階から頭の  不安やらが頭の  裾をはしょって頭は  事は頭の  音をたてて頭の  色と頭のう  九郎助の頭の  やうな頭の  女であるかを頭の  その間も頭の  遥かな頭の  首から頭や  肢体や頭を  敵の頭の  筒に頭を  天晴れ野武士海賊の頭と  男の子が頭の  一瞬に頭へ  羽根を頭につけ  私達の頭と  人を頭に  新聞記者に向って頭を  発育史を頭に  田部に頭を  此結論を見て頭を  お松の頭を  ガアンと頭の  おれは頭で  手で働くより頭を  かわりに頭で  人たちに頭で  手よりも頭で  手を使わないで頭で  紳士が頭で  一つ一つに頭を  つて悪臭を頭に  粉を頭から  翌日から頭が  見かけに頭から  独断的に頭から  われわれの頭に  仕事着を着て頭を  植物について頭を  宿酔の頭には  青年の頭に  言葉が頭を  ひとつの頭も  馬鹿気た頭  着を頭から  幻なんて頭から  それら三つの頭の  ブルジョアの頭を  八千万を越す頭の  ぢきに頭の  古賀の頭の  ハリダースの頭へ  而して頭を  両手で禿げ頭を  五分刈の頭の  二三度禿げ頭を  背へ頭を  咄嗟に頭の  鈍な頭を  男女の頭の  貴様は頭が  それに頭が  ねじの頭から  窮屈そうに頭を  読者を頭の  ポカンとして頭を  微かに震えながら頭を  続けざまに頭を  二度ばかり頭を  出雲を頭に  彼は頭に  気分が頭の  感触とが頭について  岩で頭を  髪をのばした頭に  帽子は頭から  者の頭に  毛の頭を  眼と頭の  地面でも掘って頭から  署名で頭を  怒気を頭から  白雲は頭から  白雲の頭の  正成へ頭を  組の頭でも  彼女たちの頭の  女が頭から  婆さんが頭に  白布を頭に  独逸語で頭を  髪のほつれた頭を  布で頭を  むき出しな頭で  指揮棒の頭を  根と頭の  餅屋の頭に  餅屋の頭には  思索に頭の  氏が頭の  氏の頭の  復一の頭を  体にも頭にも  ガラス器に頭を  我々が頭を  皆んなムキになって頭を  苦労のほどに頭  居眠りをしますと頭の  坊やの頭を  愚かな頭の  考えが湧き上がって頭が  僕の頭も  冕を頭に  鳥打を頭に  俗情が頭を  名を頭の  コラムの頭の  みんなが頭を  おまえの頭を  長者の頭に  室で頭に  瓦盃を頭から  今になって頭に  申出を頭から  周平は頭の  周平の頭に  凡てを頭の  怜悧な頭の  今俺の頭の  隆吉の頭が  いやに頭の  いつ迄も頭に  隆吉は頭を  手記が頭の  約束が頭に  むりに頭の  非常に頭が  組み眼を閉じ頭を  室が頭に  痲痺した頭で  いやに頭へばかり  態度が頭に  俄に頭に  周平は黙って頭を  慾望が頭を  自然と頭を  其処で頭の  大空が頭の  此男の頭の  血が頭にの  俺が頭を  大将の頭に  一寸と頭を  こっちの頭も  七は頭の  七老人は起って頭の  童児は頭を  爺さんは頭を  異名を頭に  動物の頭  龍の頭とを  息で頭から  何者にか頭を  七は頭に  眼をとじて頭を  徳寿は頭を  諸人の頭を  角右衛門は頭を  彼女の頭にも  中原の頭の  深町は頭の  坊ちゃん刈りの頭が  三津子の頭が  熊蔵は頭を  親の頭へ  とき光枝の頭に  利兵衛は頭を  二人も頭を  身をすくめながら頭を  相手はほほえみながら頭を  一人は頭の  朝も頭が  塩梅に頭を  身ぶるいをして頭を  隠居して頭を  鮭の頭でも  湯あがりの頭から  それは頭から  籠を頭に  七の頭も  顔をしかめながら頭を  源次は頭を  庄太は頭を  英国士官の頭の  坊主刈の頭へ  杉田の頭の  ドクトルは頭を  番兵の頭を  川上機関大尉が頭の  東洋人の頭に  川上の頭を  こっちの頭を  とき川上機関大尉の頭の  艦隊に頭を  役人共も頭を  話を聞かされて頭を  向きによって頭の  教授連の頭の  説法して頭を  西郷隆盛の頭を  以下十四五を頭くらいの  イカンので黙って頭を  犬畜生にでも頭を  母親の頭に  石塔に頭を  お客の頭の  一同グッタリと頭を  彼のうつむいている頭の  生魚を頭から  言のかみなりが頭の  暁方から頭が  其月はだまって頭を  者は頭から  三五郎は頭を  鯉の頭に  百年ばかりも頭を  木片の頭に  雉は頭の  勝次郎の頭の  島田髷の頭を  灰を頭から  つた鍋を頭へ  オカンムリで頭から  花は頭に  心をもて頭  手一ツで頭から  文三は垂れていた頭を  チョイト狆の頭を  独り屈托の頭を  曾つて両手を頭に  あれほどの頭には  考えを頭において  人物の頭の  雲の頭や  血液が頭に  雨傘ほども頭が  大急ぎで頭の  夜が明けても頭が  髮の頭を  醉つた自分の頭にも  身體や頭の  ままに頭を  雛の頭に  中へ頭から  天井裏が頭に  地を割つて頭を  此方の頭の  一同も頭を  独自な頭の  検事の頭より  検事の頭の  ふしぎな頭の  部下たちの頭が  針目博士が頭の  雨谷の頭の  見物人の頭の  雨谷の頭に  マネキン人形の頭の  博士は頭に  蜂矢の頭に  博士の頭へ  博士の頭を  俯伏して頭の  幽霊も頭を  鉄槌で頭を  死体が頭を  寝台の頭が  髪の毛が頭から  鱈みたいに頭と  川向うまで頭を  そいつの頭には  鳥打帽の頭を  弦光が頭を  縁で頭を  花咲諸人の頭に  やつと頭だけが  狗が頭を  わたくしは頭の  わたくし共の頭の  忽然兄きは頭を  散らし髪の頭を  さっきから下げている頭を  腰に帯び頭には  髪紐を頭に  みんなの頭を  金太郎の頭を  お力が頭から  千次は頭を  ところで下らん頭を  言葉を濁して頭を  人達も頭を  久助君の頭に  お河童の頭だけを  お河童の頭と  松蔵は頭を  熱心な頭に  死骸の頭の  われわれの頭には  波の頭に  巡査は頭から  單純な頭を  顏をして頭を  角の頭を  何彼につれて頭を  上老婆の頭の  土左衛門の頭  いま富士山の頭から  前に跪いて頭を  お雪ちゃんの頭の  弁信さんとやらの頭の  誰もの頭に  分相応の頭を  こちらの頭に  路面に頭を  牝牛を頭に  駒井の頭の  興味が頭を  計算には頭が  ツーンと頭へ  先入的の頭を以て  十歳を頭と  七兵衛の頭から  太郎は頭を  チロの頭を  チロは頭を  くちばしが頭の  亀の頭を  チヨ子の頭や  玄王は頭を  ほうの頭の  北の頭は  安は頭から  冬は頭を  吉五郎は頭を  理右衛門は頭を  弥兵衛老人の頭から  玄関に頭を  用人の頭の  有頂天になった頭の  米友の頭には  米友の頭へ  二十日鼠は頭を  丁重に頭を  那須は頭を  麻痺状態が頭を  すきから頭だけ  いくつも頭の  うしろに頭を  肱で挟んだ頭を  宗助は頭へ  身体と頭に  宗助の頭には  胃にも頭にも  六の頭を  問題を頭に  音を頭の  米の頭の  宗助の頭の  この間から頭の  耳と頭の  今朝から頭が  分別を頭の  六の頭に  今日は頭の  判然宗助の頭に  終日人の頭を  米の頭を  米の頭は  濡手拭を絞らして頭へ  清が頭を  自由に頭の  今朝出掛に頭の  新年の頭を  物を頭の  米の頭にも  断片を頭へ  奇麗に頭を  春が頭を  所へ回って頭を  綺麗な頭を  適しない頭を  冒険者を頭の  立の頭を  宗助は濡れた頭を  明らかに頭の  湯に行って頭を  宗助の頭を  気色を頭の  五十ばかりの頭を  場面が頭に  ブランコだ頭  厭ふべき頭の  大方は頭に  子供らの頭の  バットの頭に  大原も頭を  前に切り取った頭の  大なる頭の  客の頭へ  鯛の頭の  自分から頭の  杖にして頭を  平三は頭だけを  蒲団に頭を  桐の頭を  手をかけて頭の  科学者の頭の  眼玉ばかりの頭を  健吉の頭に  後へずらしてかぶった頭を  ひねくりまわして調べてから頭を  尻に頭を  編笠を頭へ  髪の毛が吹きちらされる頭を  愚かな頭を  とたんに頭が  目であり頭  われわれ人民の頭と  諸君の頭のみを  ペエジの頭に  鉄筋に頭を  水面に頭を  潮に流されて頭の  底が頭の  標識塔に頭を  物体に頭を  鉄棒に頭を  ペニシリン代一本二千三百円と頭に  骨や頭を  犢の頭  牛の頭も  牛の頭は  皮と申して頭の  水野十郎左衛門を頭に  われわれが頭と  髭奴共も頭を  白柄組の頭と  普段から頭の  用人も頭を  四郎兵衛等を頭に  頓才さえ頭を  鮮明に頭に  身体に頭が  微酔の頭を  ハアト形に頭を  梟ヶ嶽の頭を  奥様が頭を  癖が頭を  豹吉の頭に  小沢の頭の  小沢は頭こそ  亀吉は頭を  豹吉の頭へ  単純な頭が  これも頭の  パンに頭を  石鹸を頭に  事柄を頭に  客の頭が  まひを直して頭を  獨語して頭から  タウンゼンド氏は頭の  そうに頭と  保吉の頭を  教官室には頭の  無理に引ずり起して頭と  市民の頭に  時には頭が  奧さんは頭から  流石に頭には  往つてわたしが頭を  娵に頭を  奧さんの頭の  姑君に頭を  建物が頭を  七兵衛の頭に  山川を見頭を  白雲の頭に  絵画史を頭に  お雪ちゃんの頭に  経済の頭から  手拭を畳んで頭に  勘平さんの頭を  猫を頭の  猫を頭に  何が頭が  わたくしの頭の  それぞれの頭に  辻村氏の頭の  防毒面と頭の  大将は頭を  防毒面と頭との  小頭が頭を  天幕を頭で  ねじの頭の  帆村の頭の  ココミミ君の頭の  怪人どもの頭の  緑鬼どもに頭を  者には頭を  唐竹割に頭から  蠅の頭とを  早合点をして頭を  費い果たすかについて頭を  僕たちは頭を  卓子に頭を  誰でも頭が  嬰児の頭を  私どもの頭に  言葉に頭の  横わくが頭に  瞬間に頭を  病気が頭を  白髪混りの頭が  何時までも頭に  姿を頭の  ため今日は頭が  筆者が頭を  定雄の頭の  峰の頭を  呂昇も頭を  聴衆の頭を  ボッブの頭を  父様の頭  父親が見せた頭の  一つペコンと頭を  封筒の頭を  藤戸大尉は頭の  決心にも頭が  美女との頭に  ケエケエズケエケエズ坊主の頭で  仙二は頭が  グーセフは頭を  帆布は頭から  素朴な頭を  美に打たれて頭を  筒の頭が  観察者の頭が  イデーが頭に  瞬間を頭の  芽が頭を  世間は頭から  教授としての頭の  二十五歳を頭に  中啓で頭を  主に頭の  嫁を貰うならば頭の  年はも行かぬ頭の  社会学者らしく頭の  どっちも頭の  大臣の頭が  一生涯ピンの頭を  留針の頭の  たんびに頭の  何につけても頭の  坑夫の頭が  ヒョコヒョコと頭を  ソンナ風に頭を  ソッと頭を  全部を打切るべく頭を  まん中に頭を  ままヒョコヒョコと頭を  福太郎は頭の  時福太郎の頭の  福太郎の頭の  太夫を頭に  葉を頭から  ものの頭の  僧都の頭の  これと言って頭に  これをもて頭に  地べたに頭を  一枚は頭の  許宣の頭に  体を写して頭も  芸術家の頭に  哲学者の頭には  原著者の頭に  流線型の頭を  マッチの頭ぐらいと  ペットの頭に  かんにんしてくれと頭を  議長の頭を  所に行って頭を  前には頭も  前に謹んで頭を  社会問題などに頭を  労銀の頭を  後から頭の  ゴロツキの頭が  頭と頭とを  少尉の頭を  怪人の頭を  懸命に頭を  ヴィラを頭に  うずうずとして頭を  我さきに頭を  蛆の頭だけが  外へ頭を  銀様の頭が  角さんに頭の  俎板出しかけて頭を  七兵衛の頭の  塚の頭に  角へ頭の  本文を頭に  お雪ちゃんが頭を  地図を頭に  マドロス君の頭の  字の頭を  中指の頭に  サアベルの頭を  括り枕に頭を  嫌やと頭を  雪子の頭を  兄樣が頭を  群から頭を  向う側から頭の  引彦兵衛の頭へ  佐平は頭を  毛布を頭から  勘次は頭を  クリストフは頭を  手をやってみると頭は  中にもぐりこんで頭から  カーテンを頭で  大仰に頭を  二つの頭が  わたくしの頭に  亭主は頭を  平兵衛は頭から  二人の頭から  瞬間には頭から  勘次の頭を  勘弁勘次を頭に  基督に対しては頭を  部落の頭の  岩太郎は頭を  娘ではあるが頭を  便秘だと頭が  一座の頭  夕方になると頭を  竿の頭へ  危く竹の尖頭に  意味を頭の  常吉は頭を  間も頭を  前にかがみ頭に  正吉の頭を  綺麗な頭の  君の頭には  角に頭を  たての頭に  銀が頭の  音の頭を  昼でも頭から  さまを頭に  船頭が頭を  兄上が頭から  君の頭はか  中に頭から  人たちの頭の  企図が頭を  あいだから頭を  そが頭を  人達が頭に  慈姑の頭の  腕にも頭にも  米友の頭が  さきほどから頭の  気が引けて頭が  三十の頭を  昂奮した頭で  一行の頭を  法体の頭から  お雪ちゃんは頭を  弁信法師の頭だけの  半纏を頭から  銀の頭の  威圧を以て頭から  ふうに頭の  非凡の頭に  日本人とは頭が  忠作の頭に  少年独特の頭が  船長様を頭に  竹籔が頭の  一行の頭の  茶色の頭を  自分らの頭の  緑の頭が  なんでも頭に  彼を頭から  足や頭で  クリストフの頭の  家具に頭を  クリストフの頭を  師の頭に  静けさで頭が  手摺に頭を  二人とも頭の  夢想とに頭が  鰯の頭や  親父に頭が  姉には頭が  カン水と言って頭の  腕白で頭の  横田君の頭を  中学三年生の頭にさえ  校長さんは頭を  紹巴の頭の  三発目に頭の  ピツタリと頭を  子猿の頭を  メデューサの頭の  時間を頭に  叫び声をたてて頭を  まわりに頭を  反抗的に頭を  ことが残らず頭に  頸窩や頭の  クリストフは頭の  武士の頭は  余が頭の  拍子をとって頭の  肩から頭を  余が頭に  道理で頭に  不作法な頭  向の頭を  隔たりたるに頭を  老人は頭の  間から頭を  久一さんの頭の  久一さんが頭を  穂高の頭が  クリームを頭から  右手に頭を  これほど頭の  五人の頭の  魚が頭の  愛嬌のある頭を  風が頭の  顔や頭からは  平作の頭には  平作の頭に  別様な頭の  風物に頭を  やつが頭を  甲士は頭を  本土の頭を  合羽を頭から  七兵衛の頭を  頬かむりの頭を  地蔵さんの頭の  消化しきれない頭の  自分がいさえすれば頭から  そればっかり頭に  代りを頭の  神尾の頭の  白檀を頭に  葉を頭に  物語を伴って頭の  鮮やかに頭の  船の頭  船の頭で  わいらの頭が  顱巻しめた頭を  嘉吉の頭を  そうに頭も  渠等は頭を  我は頭  兄弟の頭の  楢夫の頭を  楢夫は泣きじゃくりながら頭を  自分たちの頭の  景色を頭の  一郎たちの頭の  一郎の頭を  大分禿げ上った頭には  大道具の頭の  瀬田青年は頭を  体が頭の  はればれしく頭の  大理石の頭の  青年の頭が  哀らしい頭を  婦の頭は  刃物で頭を  小男が頭を  それが頭にまで  体に頭を  ことは頭の  思い出となって頭に  足音を頭の  彼女は頭も  肩と頭とを  思い出は頭から  楽想が頭に  憤然と頭を  初めから頭に  果物が頭の  二人の頭は  ことにばかり頭を  足から頭までの  クリストフの頭に  七つを頭に  不興気に頭を  言い分を頭から  ために頭から  時あって頭を  白髪交じりの頭が  右に禿げた頭を  一日後れの頭  鞭で頭を  小倉は頭の  見事に頭を  伝馬の頭を  船長の頭の  事以外から頭を  おれの頭に  半年も頭  小倉も頭は  肉醤を頭から  余地を頭の  船長は頭の  腹が立って頭の  松蔵の頭を  草の頭まで  僕の頭へ  波紋の頭に  真直に頭を  点が頭について  はしけむ頭  隅に頭だけ  背中に垂れている頭を  役人の頭が  虎の頭を  半白の頭で  枝に頭を  太郎の頭を  籐椅子に凭れ頭の  服装をつけた頭の  兄は頭を  芝居している頭の  狂太郎のまえに頭を  刈揃えた頭を  三匹とも頭が  お前の頭が  種々に頭の  想像で頭の  熊の頭へ  熊の頭に  黒ちやんの頭を  つぎへと頭に  額から頭にかけて  大熊の頭を  大熊の頭に  小屋の頭が  斧の頭が  樣に頭が  梢から尖つた頭の  多くの頭が  鉄公の頭を  縁に頭を  垢だらけの頭を  先生の頭が  眼をしばたたきつつ頭を  鼻の頭と  筆者の頭を  筆者は頭の  言下に頭を  張扇で頭を  大小の頭が  筆者は頭を  裸男閉口して頭を  江戸柳営を頭に  水夫の頭を  王子の頭にあたり  獅子の頭にな  暖簾を頭にて  階段に頭を  私はいたむ頭を  すべてを頭の  かやで頭が  表情とが頭に  手拭を頭にか  俗にいう頭の  ふつと頭に  そこまで頭の  希望に頭から  ことだけを頭に  あっしの頭の  抵抗をも示さず頭から  句作が頭に  塵埃に頭が  物も云わずに頭から  濤の頭は  今も頭に  これまで頭  新聞記者の頭が  自分の頭より  中で頭の  主人の頭に  右門は頭に  敢て頭を  それ丈けで頭が  方の頭が  ざまに頭が  不死身の頭の  霰に頭を  一匹の頭も  カヨの頭には  男女の頭が  弟子の頭  クララの頭に  人間の頭は  一隅に頭を  おじさんの頭は  くしを頭に  少女のすわっている頭の  下を向いてゐた頭を  わしの頭だけで  わしは頭を  鹽梅に頭が  時は頭が  ざざーっと頭の  なんでも頭の  無意識で頭を  髪の毛を頭の  一番に頭を  絹雨を頭から  首から頭へ  福助の頭は  たこの頭は  白霜は頭の  マアレイの頭が  あすこに頭を  幽霊の頭の  それこそ頭から  少女の頭にも  精霊が頭を  スクルージは頭から  経巻を頭の  嘉津子の頭を  卒塔婆の頭  他人の頭へ  印象ばかりを思い起さなかったという頭の  むやみに頭の  坊主の頭の  一句が頭に  銀様に向って頭を  銀様の頭の  面影だけを頭に  腹の中で頭を  殿様も頭が  しゅんの頭から  医者どんの頭を  #医者どんの頭を  もんの頭を  番頭一人の頭で  与八の頭に  伊太夫は頭を  がんりきの頭へ  へびにだっても頭と  右脇へ頭を  何者かいなと頭を  義直の頭には  小柄な頭の  何度も頭の  やうに頭へ  義直の頭は  義直の頭に  手帳をとり出して頭の  黒を頭に  叫び声をあげて頭の  ものだけが頭を  漁師の頭の  ヌーッと頭を  間私の頭の  そちらへ頭を  強風に向かって頭を  左右に頭を  尊称を頭の  作にあらずして頭の  いたずらに頭を  葛藤が頭に  万人に向かって頭から  蝋細工の頭が  ことなんかは頭にも  考えで頭が  音楽で頭が  作品を頭の  音楽にだけ頭を  光明で鳴りわたる頭を  新聞記者の頭を  理解されなくとも頭に  二つのとがった頭が  時に頭を  ゴットフリートは頭を  クリストフを頭から  それからたがいに頭と  無駄に頭から  兵士の頭を  暴漢の頭を  髪を頭に  名人の頭は  必死に頭を  勝手に頭の  脇ツ腹へ頭を  私の頭では  目をこすったり頭を  ころは頭が  自ら反省する頭を  あたりで頭を  瓜子姫子は頭の  十郎権の頭が  耳も頭も  過程を頭に  耳掃除に似た頭の  傘鉾の頭の  つまり人の頭に  中で頭に  大事な頭の  風な頭が  あれも頭が  操縦士の頭が  操縦士は頭が  赤ん坊の頭だけ  所の頭の  叔父に向って頭を  余は頭から  手斧の頭  甚蔵の頭と  膝へ頭を  二階から落ちて頭を  婆と話して居る頭の  法に由ると頭の  為に頭の  疲れは頭から  楽しみに頭を  膝まで頭を  木枕から頭を  年上の頭の  れいの頭の  寝台に頭を  波の頭だけでも  瓶を頭の  工夫の頭は  如くに頭を  火夫の頭を  タイタニック号事件を頭に  一つ静かに頭の  老若男女の頭が  私達は頭と  私は頭も  興奮した頭が  ように頭ばかりが  静子を頭に  ようにして頭に  時私の頭は  感激して頭を  議論で頭が  語に頭が  壇を下って頭を  走者を見てゐながら頭の  角帯に頭を  直接自分の頭の  落伍者中の頭として  手で頭の  貴様の頭は  其男の頭に  黒な頭を  言葉がしきりと頭に  図をしながら頭を  何か云って頭を  それについて頭を  首筋に頭を  黒猫の頭を  のか頭の  道徳だの頭の  仔牛が厭きて頭を  部落には頭が  容易に頭が  栖方の頭に  彼一人の頭に  栖方の頭も  条の入った頭を  栖方の頭の  兄の頭の  用心せんと頭を  花が頭を  始め二三回彼は頭を  老人とは頭を  役者の頭や  観客の頭の  獣皮を頭から  夫の頭を  小夜子の頭には  これといって頭に  観客の頭へは  映画に限らず頭の  自分自身の頭を  アルベール自身の頭の  三人の頭が  日本人の頭が  監督の頭の  違いにすぐれた頭と  顔と頭の  蟒の頭の  二人とも頭から  二人の頭も  デュラントを聞いていると頭が  印象となって頭に  点で頭が  ほうは頭の  さでうだった頭の  観客の頭には  讀者の頭を  櫛で頭を  フランス人は頭の  持ち味で活かす頭は  見物の頭は  映画なんか見ると頭が  映画でも見ないと頭が  よけいに頭を  ひとかたまりになって頭の  たださえ頭を  じゅず玉の頭を  輪を頭の  大人の頭で  下人も頭を  材木の頭と  六角柱の頭に  空気が汚れて頭が  角錐の頭の  巻層雲は頭の  軸の頭を  角柱の頭に  病人の頭や  数に頭を  小径を出はずれると頭に  岩に撞き当って頭が  声を揚げながら頭の  窓の頭と  南に頭を  六つの頭を  窓の頭に  窓の頭が  窓の頭を  窓の頭の  杭の頭には  三窓の頭に  三窓の頭は  乱杭の頭を  二千九百米の頭の  突起が尖った頭を  朱に染めた頭を  正月酒で頭が  文学者の頭の  三窓の頭へ  今下げた頭の  女の下げている頭を  少時は頭を  叮寧に頭を  身を平め頭を  人々の頭は  墓石の頭が  杉の頭に  んの頭を  何分と頭を  供の頭でも  長塚は頭を  額を頭の  これは頭より  中でも頭は  音は頭の  時丸味のある頭を  次には頭を  時自分の頭は  アケスケな頭の  専務取締とかいう頭の  ピョコピョコと頭ばかり  院長が頭を  杖の頭を  茎の頭にだけ  一番先きに頭に  写真について頭から  つもりで頭に  彼にも頭に  栄蔵の頭からは  中折れを頭から  男以上に頭の  二人が頭を  養母に頭を  批判的な頭で  生れつきの頭の  清らかな頭を  敵が頭の  水に頭を  足先から頭まで  調子と頭の  向こうから頭を  鈍重な頭の  楽句を頭に  私たちの頭には  娘らの頭の  友だちの頭には  デラ・ミランドラの頭を  円屋根を頭に  牧童の頭に  ことをしか頭において  雨に濡れ頭は  思想を頭に  私蒲団を頭から  中から頭に  源一の頭の  左へ頭を  源一は頭を  うちの頭の  心臓と頭を  明かにすぎる頭の  様な頭を  章一の頭を  章一は頭を  有志が来て頭を  帽子を頭において  久保田さんの頭に  日も頭が  方を頭から  想念が頭を  団十郎が頭に  料理人が頭の  実を云えば頭の  人を埋め頭は  梯子から落ちて頭を  圍ひ頭から  殉殺したと聞くが頭から  われらの如く頭から  ことを得ず頭を  猟犬の頭を  勇美子が頭に  兼は立去りあえず頭を  渋面を造って頭を  蹈んで頭を  云へば頭の  工夫の頭に  十四五歳のを頭に  少年が頭から  工夫の頭としか  地に敷くばかり頭を  われ知らず手を伸べて頭の  江口の頭は  灰色の頭の  船乗りは頭を  人より頭だけが  邦子の頭の  水中から頭だけを  ぼくが頭を  龍介は頭を  財産だけしか頭に  幾つも頭の  水兵の頭の  亜米利加人も頭の  胸と頭が  雛菊の頭の  チユーリツプは頭を  小僧の頭を  残念ながら頭を  こっち向きになって頭を  舷側に引ずり出して頭から  私は頭  バアサンなどが頭を  底に頭を  掌でもって頭を  中尉が頭を  言葉が頭の  あたしの頭に  妖婆の頭の  壁で頭を  一同の頭に  平生に似合わず頭が  学生の頭から  観点から頭を  私は頭は  子も頭を  しっぽと頭を  夫より頭だけ  彼は酔って頭が  後ろに頭だけを  オリヴィエの頭を  響きに頭を  胸や頭や  喧騒に頭を  体が動いて頭が  ゴーリキイの頭の  二番犬の頭は  舌と頭を  われわれが頭で  色彩が頭で  氾濫を頭から  人並以上の頭を  自然に頭も  印象しか頭に  櫛巻の頭を  外から頭を  舞鶴領の頭が  地方にも頭を  寺田の頭に  一句も洩さず頭に  それを着て頭から  牛は頭を  相手の頭と  相手と頭を  のだ頭の  錫杖の頭と  錫杖の頭は  ぼんやりした頭を  斯んな頭で  はつきりした頭を  妙に頭の  ぼんやりしてゐる頭を  あいつは頭が  加奈江が頭を  医師の頭には  挨拶に頭の  蛇の頭  頸すじや頭を  理屈ばった事には頭を  爪と頭を  青木さん夫婦の頭には  桂ハネが頭の  ゴツンと頭を  浄瑠璃作者の頭に  日が頭の  運慶は頭に  ときから頭の  ふつと頭を  気もちが頭を  いつまでも頭からは  市ノ瀬牧人は頭を  娘の頭へ  無名指の頭ぐらい  大地で躓いてすべって頭を  後世の頭の  めなどに頭を  治三郎の頭は  吉ちやんの頭の  吉ちやんは頭を  計画を頭の  最後に頭が  全体の頭と  やうな頭は  他の頭と  足を屈め頭を  ケーベル先生の頭が  窓から頭だけを  鎌を頭へ  鎌が頭からは  学問をしないと頭が  団体は頭と  人物を頭の  払底に頭を  明確には頭に  意馬の頭を  中に浮んでゐる頭の  ふだんから頭の  糸鬢奴の頭を  中に浮んでいる頭の  京伝黙って頭を  ノッソリ下男が頭を  雑作に頭から  裸者の頭へ  田山白雲の頭に  ハイハイと頭を  マドロスの頭の  マドロスの頭へ  マドロスの頭で  道庵は頭を  我々の頭よりは  #倍の優れた頭を  野郎の頭に  点にまで頭を  伊太夫の頭の  伊太夫の頭に  最初から頭に  前へ頭が  徳利の頭へ  戸にハサまれて頭を  郁太郎の頭から  鈍感な頭を  与八の頭では  町人に頭が  仏須寺が頭を  よけいな頭を  あたいの頭では  柳田の頭へ  自分の頭だけの  金茶が頭を  物の頭と  新撰組の頭に  新撰組の頭と  大将が頭を  テイネイに頭を  一番橋手前のを頭に  千草股引の頭の  角さんの頭には  角さんの頭にも  上役に対しては頭の  扇子に頭を  枕に押しつけた頭を  鍵を下すだけの頭の  ボオイは頭を  馬の頭と  静かに黙頭  凝固して頭の  やうな頭を  盥に頭を  職人らが頭の  二人とも頭が  呪いを見ると頭が  羽音とともに頭に  格好の頭を  情に頭より  山羊の頭を  エミリアンは頭を  エミリアンは頭から  激発して頭が  蝋石の頭に  婆さんが頭だって  とっぱなから頭を  メヅウサの頭に  夜佐藤春夫の頭を  疎らで頭の  春夫氏の頭は  春夫氏の頭  尹主事旦那やと頭を  ラエーフスキイは頭を  マリヤ・コンスタンチーノヴナの頭を  情ではなく頭で  ものか頭に  ことを書こうと頭を  忿懣とで頭が  確信が頭を  毛布に頭から  三方に頭を  海は頭に  僅に頭を  家内では頭が  此婆に迄頭を  菱川も頭を  両手に頭  殿方が頭を  簪もて頭  瞑目して頭を  一座しんみりと頭を  山木は頭  侯爵も頭  梅子は頭を  剛一は頭を  唯々として頭を  下まで頭を  篠田は頭  手を組んで頭を  何殿に頭を  伯母は頭を  花は頭を  外套スツポリと頭から  イワシの頭を  父親ドンコが頭を  由子は頭を  袖へ頭を  だらしなく頭を  のを見定めてから頭の  刃尖を頭の  源叔父は頭を  自分は頭  者とは違った頭を  家族の頭を  孝之進の頭は  瞬間彼の頭の  このごろ盛に頭を  単語が頭の  鈍痛を感じる頭の  枕元に坐って頭を  微細な頭の  ギーンと頭へ  音を立てて頭を  抗議しようと頭の  滑稽感が頭を  空二の頭を  シャンペン酒を飲んだので頭が  思い出が頭に  オリヴィエは頭を  者になるかを頭に  芸術を頭に  腕と頭とを  血液を頭から  手先で頭を  場所に応じて頭を  不貞が頭を  言葉で頭を  青嵐居士の頭を  青年が頭を  蜂の頭でも  坊主間男して縛られた頭が  何するの頭が  駒井が頭に  駒井甚三郎の頭が  伊東の頭が  伊東の頭の  伊東は頭も  徐和が頭を  岩角に頭と  崔冷紅は頭を  貧血を起こして頭が  仕事をして頭の  顔つきをして頭を  それを聞いて頭を  科学的な頭の  わしの頭が  考えとは頭が  自分に頭の  魚一つ切っても頭を  人蔘色の頭を  めに頭を  鉢のひらいた頭を  足許で頭  基経は頭を  父とが頭を  父は頭を  父親同士の頭に  老骨は頭を  酒が頭にまで  酒で頭が  お辞儀する頭の  羽毛一つを除いては頭から  身をもたげ頭を  エセックスの頭に  エセックスに頭を  蔵書が頭に  物をいいながら頭を  どこに頭を  伯爵の頭の  無帽の頭の  竜の頭だの  少年の頭にも  大人の頭にも  顔をして頭には  金を懸けないで頭と  傍に頭を  火花に頭を  地平から頭を  七人の頭が  評者の頭が  玄関へ頭を  亢ぶらせ頭を  松は頭を  林蔵は頭を  野村の頭にも  事だらうと頭を  怎も頭が  犬の頭の  渠の頭に  妙に頭から  チラと頭に  儘に頭を  ドシリと頭を  怎やら頭の  構図が頭に  節を頭に  少女小説によって頭の  教育によって頭が  頃の頭の  印象が頭の  つて來た頭で  豫感が頭の  ベットの頭の  死骸が頭を  殆ど釘の頭まで  一しよに頭から  根には頭の  不審そうに頭を  大人の頭の  人々は頭が  酒に頭  有産者らの頭に  気の毒なほど頭の  仕事をしながら頭を  前に出ると頭が  話が頭の  面影が頭を  気弱で頭の  嫌だと頭を  ことも頭から  彼女が頭から  アンナは頭が  釘の頭に  一本の頭に  二つが頭の  僅かに頭を  ベッドから頭を  エベレストの頭が  雲から頭を  相手の頭から  私の疲れた頭に  彼も頭を  響きほどは頭を  貴女は頭を  惟光の頭も  それは頭に  昨夜から頭を  ふりにける頭の  末摘花の頭の  余が頭  つてから頭の  苦痛で頭が  福禄寿の頭へ  左に頭を  右向きに頭を  予感が頭に  一人来て頭の  医者らしく頭を  吉左衛門は頭を  無遠慮に頭を  半蔵の頭に  孫娘の頭を  中心に頭を  問屋の頭には  半蔵の頭へ  寛斎は頭を  熱する頭を  元結に締められた頭には  忠志君の頭の  扇形に頭を  肇さんの頭は  男の頭へ  壺装束といって頭の  御息所は頭を  若紫は頭を  親方は頭と  一つを頭の  数人の頭を  息子の頭の  源氏は頭の  出来事に頭を  どこまで頭が  下士級の頭で  筆者は頭が  芸でも頭が  地蔵様の頭の  学生などは頭も  わたくしは頭を  ッくりと頭を  光が頭の  主人と思って頭の  道に出て頭を  これだけの頭の  綿を頭に  一袋ずつ頭に  娘が頭の  娘の頭を  むざんに案山子の頭に  寝息に頭を  晩に隠れて頭の  酔ひは頭の  杯を頭の  逆に頭が  杯を持ちながら頭を  定を頭に  温しく頭を  帶びた裏畑を頭に  定の頭には  会談を頭の  奥に頭を  腕は結かれ頭は  光に頭の  げに微笑みながら頭を  丈夫な頭の  ようにでき上がってる頭を  其奴の頭を  バタ壺に頭を  果実を頭に  眩暈がして頭が  子供を頭の  友情を頭の  枕から頭が  心も頭も  努力をして頭を  一つの頭から  見物に見られてゐるといふ頭が  道に頭を  得顔に頭を  穏しく頭を  裏畑を頭に  縁につかまり頭を  人たちを頭から  宮中から頭の  夕べからは頭が  私まで頭が  政治機構全体を頭に  物を書いている頭の  法律家の頭を  此方は頭を  沈思して頭を  新劇当事者の頭に  大衆の頭と  士族仲間から頭を  和尚の頭を  和尚の頭は  増上寺あたりから頭を  客の頭も  私の酔った頭は  母の頭から  ペンペの頭の  のだといふ頭を  有名な頭  つていふが頭  一合の頭で  気持ちで頭を  そうに頭に  外は頭を  なんや頭が  恐れが頭を  髪垢だらけの頭  宮は頭を  後ろ向きの頭とかが  圓太郎が頭を  圓朝の頭の  最後の頭の  律師は頭を  心で頭は  桐油を頭からか  金華山が頭から  巓は頭に  白胸シヤツを頭から  冷瞥を頭から  烏帽子の頭を  芋の頭を  人の頭と  俄に頭の  作は恐れて頭が  獅子頭を頭に  鹿の頭を  雌鹿の頭を  人でも頭の  歌手の頭に  埃及には頭が  ファラデーは頭を  高度の頭の  金持には頭が  どんの頭に  思案の頭を  菰を被っている頭の  今晩は頭が  猫めの頭と  南条の頭の  南条の頭が  源松の頭も  ことばっかりが頭に  別の頭と  血の気が頭に  神尾の頭へ  毛唐に頭が  絹の頭は  ぶんりと頭へ  狐は頭からは  帽子をかむりおるから頭からは  股間に頭を  今日の頭から  幼児の頭に  純白な頭を  顔と云わず頭と  それらの頭に  誰もが頭が  帰り路に頭が  上老いて頭の  酒酔いをした頭から  敵の頭を  五人に組敷かれて頭を  生意気に頭を  成程頭の  氷嚢を頭に  小母さんの頭を  カーツと頭へ  ミソに頭から  画に頭を  美緒の頭の  考へを頭の  両親はじめ兄弟達の頭から  自分の頭だけで  事で頭が  美緒の頭を  美緒が頭を  プロシヤの頭を  母が頭の  柳に頭を  送話器を頭から  子の頭の  椅子の頭に  宮子は頭を  動乱する頭の  秋蘭の頭は  感謝を失わずに頭を  不思議に頭が  単純な頭の  甲谷の頭の  反抗しつつ頭を  羅官の頭の  乞食の頭を  甲谷は頭を  声を失った頭の  礫が頭へ  参木は揺られる頭の  彼の頭にまで  花を頭に  早や頭の  風呂敷で頭を  ボルトの頭へ  名前を頭の  主人は頭の  容易に頭の  男刈りの頭を  話が頭に  水甕を頭に  妻の頭の  人の疲れた頭を  フリント君の頭を  内記はかしこまって頭を  物思いに頭が  清夫の頭の  流れが頭から  さへなされば頭の  女房たちは頭を  私らの頭が  云つて犬の頭を  ソフト帽の頭が  手つきをして頭を  蝶々とんぼの頭を  辮子を頭のて  者は頭を  見分けのつかぬ頭に  紅緞子で頭を  趙七爺は頭を  変な頭に  六斤の頭の  佐伯の頭に  明りに見える頭の  おのが頭に  足もとへ頭を  起上つて敵の頭を  彼れは頭に  彼れの頭に  一部である頭の  それ等を頭の  事務セエードを頭にかけて  朝は頭が  証拠に頭を  こっちの頭に  位の頭に  片手で頭の  問題だけは頭の  印半纏の頭なども  道夫の頭の  蛇管などが頭を  一つだけ頭を  蜂矢の頭を  冷水を頭から  云つて今度は頭を  明に頭に  ーッと頭に  五分刈の頭も  反物が頭の  年を取った頭の  木像は頭の  男が頭の  鹿の頭の  牛の頭を  お河童の頭を  高時の頭は  夏向は頭の  鼻の頭だけ  左に向いてゐた頭を  子爵が頭を  組は黙って頭を  一人が頭の  桐沢氏に対しては頭が  先生は頭から  阿波太夫は頭を  越前が頭の  框で頭から  やうやく頭を  骨相を頭の  赤ん坊の頭ぐらい  科学者は頭から  目について頭から  拇指の頭ぐらいの  仕事に疲れた頭を  分別が頭を  うまやの頭の  うまや頭から  蛇は頭を  ものが頭  日本人の頭を  方で通るかなと頭を  巡査が頭に  仲間は頭を  不知をきって頭から  叔父の頭へ  幅三尺の頭の  小指で頭を  枝に頭が  新聞で読んでさえ頭の  新吉ペコンと頭を  拍子に頭に  構造が頭に  者が頭を  杖の頭に  詞が尽きると頭を  己の頭と  己の頭には  ひょうしに頭を  考えを頭に  云つて余の頭の  あんと頭を  童児の頭に  研究者自身の頭の  伯父に頭を  中で叫び立つて頭を  額から頭を  好奇心とに戦きながら頭を  中へ頭  手を合せ頭を  方へも頭を  千歳は頭を  注入に頭を  われわれは頭を  そいつを頭へ  髣髴と頭に  いま私の頭には  のだなと頭の  住民の頭に  理想的に頭の  明かに頭に  態度に頭が  私の頭という  問題について頭を  うえにおいて頭を  死体と頭を  あなたがた二人は頭の  警部が頭を  パンは頭の  鬣に頭を  二呎で頭に  帽子を被らない頭の  番人の頭に  母親の頭は  煙客翁は頭を  上から行くと頭に  癖になっている頭に  一言一言に頭を  七之助は頭を  ギクッと頭を  ドン百姓の頭で  皆に頭を  音ば聞いてれば頭  鉄筆で頭を  衣服や頭の  新らしいとか云う頭で  納得しきるには頭が  米友の頭から  まともに頭から  親が頭が  子も頭が  眼と頭によって  うろ覚えを頭の  角さんの頭に  女にばかりは頭が  やみくもに頭を  今の頭の  自分たちの頭では  面を頭に  七兵衛の頭が  位にいるという頭が  うちにも頭を  兵馬の頭に  空想的な頭に  尋常人の頭では  あれだけの頭は  尼の頭に  #芋の頭か  野郎に頭を  旗の頭が  三家の頭と  土方といえども頭が  伊勢守は頭を  物を載せた頭に  六雄八将に頭と  政子の頭に  物を頭から  長髪の波打つ頭を  皆な頭を  ちよんまげの頭をが  ぶとを頭から  棕櫚が頭を  穴をほじくる頭の  兜より頭が  僅に残っている頭の  翁の頭の  実の頭から  位牌で頭  桶を頭に  手と頭の  リンゴが頭の  会員の頭の  教へるとか頭を  戯曲作家を頭に  うしろ姿として頭に  イメージが頭に  全体が頭の  セリフも頭の  具体的に頭の  理想として頭に  菅原は頭も  北村は頭を  山男は頭を  頂が頭を  布団を頭まで  社長の頭から  額や頭に  千重子は頭を  複雑な頭が  単純な頭  留吉の頭を  姉は頭を  紫の頭を  雑草の頭を  私たちの頭が  豚の頭を  紳士の頭に  紳士も頭の  紳士の頭が  菊千代は頭を  足をとめて頭を  私達が頭を  方から頭へ  金槌で頭を  元老の頭という  つぼみの頭が  前になって頭を  獅の頭を  喜助の頭から  竜蛇の頭  竜が頭から  蜈の頭から  丸で頭も  豊の頭の  あたしは頭を  俄かに頭が  石塊を頭の  上に頭は  自分の頭や  変に頭が  風呂にはいって頭まで  神経質に頭を  祖母の頭と  代表者の頭と  蛇の頭に  亀は頭より  外なりし頭を  蛇を捕え頭を  座蒲団を頭から  一日一日と頭を  久左衛門も頭が  山林で頭を  久左衛門は頭の  これに対して頭の  意外に頭の  柴より頭  急に頭は  円囲を頭に  蒲団から頭を  信吉もだまって頭を  冴子は頭に  真面目に受け取って頭を  之は頭が  立法者の頭では  矛盾を頭から  秦王烏の頭が  魚の頭と  烏の頭が  逆上して頭  ホッビー・ホールスとて頭と  いやいやと頭を  ことがうかがわれて頭が  徳利が頭に  皮肉な頭の  戯作の頭では  権の頭と  倒に頭に  水を汲んで頭に  権門へ頭を  市十郎の頭の  酒菰を頭から  呆気にとられて頭を  菊松の頭を  坊介は頭を  音に頭を  メンミツに頭へ  ワタシは頭で  男には頭を  墓から頭を  中へ頭と  其奴らの頭を  口実を見つけ出そうと頭の  隙間へ頭を  一人の頭が  船長は頭を  間に頭に  ジョーブ・アンダスンの頭が  上に頭だけを  場所で頭を  私が頭に  昇降口から頭を  薄色の頭を  中での頭に  ぞんざいに頭を  宮城へ頭を  肩や頭が  手本が頭に  礼儀とは頭を  ざまに頭を  彼は頭だけ  特別出来な頭で  非常な頭を  日本人の頭としては  どこか頭に  棹の頭を  鮎は頭から  脂汗を拭き取つたり頭を  顔や頭を  象の頭の  砂に頭  胃と頭と  昨今大本教が頭を  雄は頭に  怪鐘を頭に  鰭を畳み頭の  病人の頭を  ようにふいと頭に  美術史に頭が  蛇が頭を  大蛇の頭に  平維茂の頭を  文化的大阪人の頭から  子の頭が  鯛の頭を  空虚な頭が  將に頭の  あれが頭の  親父さんに頭から  我れを頭に  此方どもの頭の  微笑を含んで頭を  さへ頭に  たてたる頭より  左樣ならとて頭を  中から頭  真蔵は頭を  遠慮して見なくてはならないほど頭が  赤銅いろの禿げ頭  製作家の頭が  時人の頭を  鹿は窮すれば頭を  鼻と頭は  金頭を頭  脚下に頭を  それは頭  平八郎は項垂れてゐた頭を  瀬田は頭が  お前も頭を  菊地弥六の頭を  貧民の頭の  侍童の頭を  三浦喜太夫へ頭を  友の頭を  手すきに頭  大学生の頭にも  実況を頭に  婦人の頭と  地蔵尊者の欠けた頭へ  ボンヤリと頭を  玄也の頭を  拙著が頭に  ように頭  例に取って頭に  猟帽を頭へ  端から頭  客も頭の  大入道の頭を  指先で頭に  俺だって頭が  水に浸して頭に  理解をもつ頭が  壁土もわれた頭に  八歳を頭に  鉢巻きをした頭の  鯛の頭  音韻変化を頭に  赤坊の頭を  山賊の頭は  三右衛門は頭を  鷹は頭を  颯っと下がって頭を  怪獣の頭の  ぼくは頭が  四つの頭が  ベルは頭を  数学をやりすぎたので頭が  髪をきった頭を  永久に頭の  ちぢれ毛の頭と  平手で頭を  岩塊の頭を  甲虫で頭が  病菌が頭を  スピロヘータに頭を  微妙さが頭に  大急ぎで頭に  三次子供の頭を  勝坊の頭を  植物博士の頭の  学者の頭の  全部を頭に  垣の頭に  助役の頭から  彼女ユーロップの頭と  河豚は頭を  ヤッとふり下せば頭を  ヤッと頭を  ウェーヴをかけた頭を  ピョコンと頭を  刺客は頭を  眼にあてて頭を  正は頭を  大友は頭を  つまりは頭が  傲然と頭を  一ぱいだったと思った頭の  大蛇は頭と  イヴの頭の  谷村の頭に  歴々と頭に  あんたの頭は  ようといふ頭の  感が頭を  麻痺した頭で  眉毛を顰めながら頭を  髪の毛で縁どられた頭に  父の頭は  優雅に頭を  一番はじめ僕の頭に  ように痛む頭を  もとに頭を  科学的な頭に  小樽の頭の  僅かに頭の  通りの頭で  經濟の頭と  膜を頭から  ほこりを頭から  腹帯が頭の  ガラスに頭を  空漠と頭の  先へ頭を  たての頭を  茫然とした頭を  サヽラみたいな頭の  顔をしかめて頭を  あたし聴いてたけど頭が  生涯髭を蓄えず頭も  戦争後に頭を  須永に向って頭を  私に頭  ためと言うよりも頭が  三十八度線を頭で  ユックリそちらへ頭を  女の頭  愉快が頭の  客には頭を  疑惑を頭から  技師は頭の  登志子は頭が  登志子の頭に  登志子の頭を  女子の頭の  烏の頭  烏の頭を  眼を頭の  盛り飯の頭を  どちら向いても頭の  一様に頭の  主人の頭には  覺える頭を  圭一郎の頭に  上にも頭が  鯨の頭の  愛物の頭を  丸髷の頭を  結立ての頭を  ことが疲れた頭に  増は頭を  山の頭の  片手をあげて頭の  不如意が頭に  中江の頭には  何かが頭の  之に頭を  現代の頭の  男女性全体の頭の  吉本へ頭は  点の頭の  八の頭は  声をだして頭の  與太郎の頭を  向から頭を  枠に頭を  此時まで頭の  査何号と書いて頭に  此処から頭の  針の頭程の  銀白の頭を  武家には頭の  十四を頭に  妖怪話が頭に  長尾は頭を  いやいやをして頭を  才蔵は頭を  京の頭を  人だと頭を  不遜な頭の  辛辣な頭も  軟弱な頭の  ゆつくりと頭の  きれいに頭を  花の頭を  天狗に投げられたと云って頭の  これも頭を  結局非常に頭を  必らず頭を  人より頭も  指先で頭を  父の頭も  倉持は頭を  みの出て来た頭の  頬から頭へ  親孝行には頭の  母は頭を  弥太郎は頭を  ハイハイいふて頭  見覚えの禿げ頭も  雷に頭を  少年達は頭を  自分で頭の  感情に頭が  #僕の頭とが  現在の頭を  葉が頭の  空は頭の  常念岳の禿げ頭が  石の頭には  常念岳の頭だけが  絶壁の頭を  笠ヶ岳が頭を  こちらの頭が  狸の頭を  スープ匙を頭の  ミーチャの頭を  毛糸肩掛を頭へ  こちらの頭も  こないだから頭に  反動が頭の  絹房の垂れたかんざしをさした頭を  通りの頭の  海は頭が  顔と頭とを  その後に頭の  敏感な頭の  方に向いて頭を  田原さんの頭の  問題は頭に  難問が頭に  それを消さうと頭を  氏は頭を  位の頭では  皆の働いている頭の  二つ並んでいる頭を  彼を見ると頭を  笠原が頭だけを  事で頭を  森本の頭に  われ等の頭を  平中は頭を  常から頭の  内所にしといて呉れと頭を  顔と頭を  物音に驚いて頭を  蒼に頭を  髪がのびた頭を  囚徒の頭と  稲子が頭を  いな頭の  凸凹と頭を  あたふたと頭を  背にむかって頭を  女をすっぼり頭から  ボーイを頭から  性慾が頭を  味方の頭の  作者が頭に  澤山沙魚の頭を  ヤツと頭を  スウィフトほど頭の  私たちの頭を  紳士の頭の  クルミさんの頭の  単純な頭でも  家庭の頭か  宣教師諸君には頭が  勤勉には頭が  知己横山天涯君統計好きの乾びた頭にも  ヒョロ子がしゃがんでも頭が  豚吉は頭を  豚吉の頭の  豚吉の頭を  イキナリ豚吉の頭に  無茶先生の頭から  無茶先生は頭から  丁稚を叱りつけたりするから頭が  薩摩芋は頭と  尻と頭だけと  芋の頭と  尻や頭なぞは  お爺さんが頭を  スウイフトほど頭の  泉に頭を  ブルルッと頭を  蠍の頭を  蠍は頭に  童子たちは頭が  時みんなの頭の  ものなら頭の  くじらが頭を  ばらばらにわかれてしまって頭も  藤野さんは頭を  帽子代りに頭に  鴉が頭を  布を頭と  時に頭に  僕の頭と  雄二は頭の  兄の頭に  僕の頭  雄二の頭と  雄二の頭は  申込で頭を  まま暫時は頭も  暖い頭を  はげの頭を  事務服などが頭に  譲吉の頭に  吉池の頭が  叔父さんは頭を  朦朧となる頭の  静かに頭の  毎日登志子の頭に  鰊は頭が  なかで黙って頭を  宮浜が頭を  歌日本的精神一九三八年情死寸感学生の頭の  すつかり頭を  言葉を頭を  悦びで頭を  奴等の頭へ  一九三八年坊主の頭の  学生の頭の  学生は頭が  学生の頭は  読者は頭が  ぱを頭にの  ざあつと水面へ頭を  幻影を頭に  一晩寝ずに頭を  初生児の頭ぐらいの  明朗で頭が  才はじけた頭の  泥棒の頭は  シャボンだらけの頭を  一体余り遊んでると頭が  運命に頭を  ものに対して頭が  のだという頭で  信念に頭の  ものという頭が  トムさんの頭の  ときトムさんの頭の  赤児の頭をも  赤児の頭を  赤児の頭は  騎士は頭を  トロちやんは頭を  爪に頭を  足に頭を  うちの頭  鶏たちは頭を  娘さんの頭に  羽に頭を  お辞儀をしてから頭を  お腹に頭を  ハンカチで頭の  世界を頭から  五十近くになって頭の  鰯の頭など  縮毛の頭を  蛇の頭は  余に頭を  関係が知りたいので頭の  書物を読ませまいと頭の  小西寅松親分の頭を  岩の頭に  つて岩の頭に  夫婦とも頭を  耳から頭に  岩の頭を  斷崖の頭の  さわやかな頭の  お腹がすいてくると頭が  それと頭の  女で頭が  都人と見れば頭を  きゅうに頭を  ももひきを頭に  たびに頭を  魚が頭が  土人の頭  長男の頭を  鰐の頭を  殿上人も頭を  ただ黙って頭を  悪寒がして頭が  髑髏を頭に  そうに頭が  迷惑そうに頭を  酔いの醒めない頭は  ふちをおさえて頭を  兼輔の頭は  忠通の頭は  徒党は頭の  泰親は頭を  千枝太郎の頭には  途端に頭の  ぐるようにして頭から  下には頭を  何かしらスバラシイ思付きが頭の  顔や頭や  自分を頭から  狐どもの頭の  枠に頭と  一個の頭と  一晩中彼の頭の  社員も頭を  片足をもちあげて頭を  議論を頭から  自分達の頭に  バッタが頭を  二百回ほども頭を  おれの頭も  真個うの頭を  ものは頭から  わしの頭の  そつと頭に  それまで頭の  役人の頭は  いつまできいても頭の  柄杓で頭へ  みどりの頭から  鼻の頭は  なつている頭を  小意気に頭に  大庭常子の頭の  つても頭へ  巳の頭は  広栄は頭を  広栄の頭を  巳は頭が  巳は笑って頭を  二十五六の頭を  角刈の頭が  岡本は頭を  杉の頭を  巳の頭に  巳は頭に  刀が頭の  一例を頭に  蟻は頭の  蝉を頭に  豆腐ん中に頭を  此頃から頭を  秀英の頭へ  李夫の頭には  鋤の頭で  秀英の頭の  藻を頭から  わたしたちを頭の  三のが頭  鼻っ頭を  兩手を頭に  中へ頭が  白光は頭を  黒髪の頭  先方から頭を  小倉は頭を  小倉はだまって頭を  田代は頭を  とこへ頭を  小黒の禿げ頭の  山田の頭に  彼女は頭まで  絶望が頭を  情景を頭の  ハンティングをぬいで頭を  足袋の頭を  鴨居に頭の  髪に結っている頭を  かっぱの頭を  どおり枕へ頭を  計代を見つめて頭を  誰一人挨拶の頭を  髪ののびた頭を  意味で頭を  一分刈の頭で  うしろへ頭を  クッションにもたせかけた頭の  クッションにもたせかけている頭の  声をあげて頭を  プカの頭には  まま卓子に頭を  戦士の頭は  正覚坊の頭を  みんなの頭に  一寸手を掛けて頭を  横に成つたら頭の  隨つて彼の頭は  ときばっかり頭を  手を突いて頭を  磯五に頭を  剽軽に頭を  鳶の頭の  者の頭や  怒りが頭へ  ことまで頭が  波動に頭を  信子は頭を  有様が頭から  木下は黙って頭を  穴は頭の  厳然と頭を  木下は頭を  合総の頭を  美夜ちゃんの頭を  引き手に頭の  さきから頭まで  治太夫の頭を  笑いを頭から  結局彼の頭の  方玄綽は頭を  研究に頭を  漸次に頭を  ドシンと頭を  君が頭から  健全な頭から  翌朝野村の頭に  予備知識として頭に  沈湎して頭を  胃も頭も  而も頭が  木の間に頭を  あちらこちらに頭を  彼等の頭には  牙で頭を  ニンフ達の頭よりも  パーシウスの頭に  蛇の生えた頭と  メヅサの頭の  子供達の頭の  マイダスは頭を  誰の頭よりも  竜の頭は  百の頭を  百の頭の  九つも頭が  百も頭が  いつまでも咬みに来るという頭が  立派な頭と  ハーキュリーズは頭を  三つも頭の  大波の頭の  九つの頭を  空を頭の  わしの頭と  ハーキュリーズの頭と  詩を作ろうと頭を  石を投げつけると頭を  冗談好きの頭の  子供達の頭は  水瓶を頭に  四方に頭を  ペガッサスの頭から  自分からすすんで頭を  ペガッサスの頭を  それらの頭から  これら三つの頭の  三つの頭を  三つの頭の  三つになった頭を  愚図で頭が  仰山に頭を  俄に頭を  問題が頭の  役にも立たないと頭から  方面に頭を  諸生の頭に  二葉亭の頭の  膨脹を夢見つつも頭の  二葉亭の頭は  陸宣公で培われた頭は  ものでも頭の  洗礼を受けていても頭の  思想が頭の  二葉亭の頭と  小説家では頭から  アアミンガアドは頭を  セエラは頭を  気取りで頭を  誰かの頭や  父様が頭の  外に頭を  虎の頭に  乱暴に頭を  虎の頭の  セエラの頭には  天窓から頭を  二葉亭の頭の  攻撃策のみ頭に  却つて防禦策に頭を  生活を頭の  腕を揃えて頭の  尚子の頭の  火鉢から頭を  リンに頭を  背丈や頭の  背広服を着て頭の  光明を頭から  はりながら頭から  僕等の頭が  貧乏書生に頭を  伏目になって頭を  モジャモジャした頭を  一作ごとに頭の  恥辱は頭の  みな長兵衛を頭と  横っちょに頭を  まつた頭の  無能無策の頭の  細君の頭でと  娘を頭に  農村問題に頭を  影像さへ頭に  すべてを頭に  二三本やけに頭を  キツと頭を  一筋縄ではいかぬ頭と  万年筆の頭を  びしょぬれの傘の頭を  石碑の頭が  ぎんが頭に  大形に頭を  ことの出来る頭の  代りにして頭に  態度は頭の  批評を頭から  批評家の頭の  それは頭で  粗雑な頭を  助平画家は頭を  ダリの頭に  商人の頭の  巧みに隠した頭を  患者が笑うと頭が  姫草ユリ子に頭を  シオシオと頭を  友人の頭が  アトから頭の  頑固に頭を  方は頭の  混乱した頭で  思い出を頭の  晩は頭の  気も付かずに頭を  みんな涙になって頭の  誰でも持つたから頭は  媒酌人は頭を  気分や頭の  捉われた頭を  人達に頭を  神経痛も頭が  団扇で頭を  死因は頭を  鉄は頭を  鉄が頭を  実で頭を  鉄の頭の  奉公人の頭か  はずみに頭を  石地蔵で頭を  役人の頭を  つた手を頭の  僕等を頭から  雑誌が頭の  琢次の頭が  二つに折って頭を  縁に頭の  始まりみたいに頭が  時間は頭の  お母さんひとりだけの頭の  お母さんの頭の  傘を頭の  ホミの頭の  電信柱が頭だけ  俗事に頭を  所へ頭を  方が動き出して頭の  こっちから見ると頭の  気がつくと頭が  斜に頭の  もじゃもじゃの頭が  もじゃもじゃの頭に  胴も頭も  三つの頭は  逆さに頭を  坑で頭から  逆さに落ちて頭から  積極の頭へ  一局部へ頭を  案内の頭の  時自分の頭の  電気灯が頭の  これで頭の  予想すると頭の  女の子の頭を  私たちは頭を  天も頭の  芳子は頭を  根限りの頭を  円錐の頭を  文句を頭の  彼自身の頭と  んどりは頭を  少年の頭へ  フローラは頭を  耳のある頭を  酒に頭が  血の気で頭の  岩の頭へ  尾と頭とを  曲めながら頭を  胸が迫って頭を  帽子を取って頭を  長次郎の頭から  雪雲が頭の  赤倉の頭で  うちに頭も  顔が頭に  肇の頭の  油を頭に  貧血性の頭は  街路を頭の  露伴先生の頭が  研究の足りない頭  自分に頭と  十人衆の頭  中では頭を  ように頭をが  体は疲れて頭は  ものの出来た頭を  八兵衛の頭に  拇指の頭くらい  身体を曲げて頭の  幻を頭に  今も頭の  子供の頭からは  隅へ頭を  食事も忘れるほど頭を  相も変らず頭を  夫人は頭が  解決法が頭に  伊豆の頭を  人柄を頭に  方角に頭を  男は頭が  一つ君に頭を  圓太郎は頭が  鉢銑入ったるを頭に  玄正が頭を  神さんに頭が  どこへいっても頭ばかり  んも頭ばかり  ところまで頭を  圓朝は頭を  ただ困って頭ばかり  古典研究者の頭には  包囲を受けて頭から  事で頭は  カードだけは頭に  同棲同類の頭の  あなたの頭を  智恵子は頭から  人は頭  予は頭より  二本半ものまないと頭が  通ぶつた頭の  創作の頭には  何処かに頭を  形式を見つけ出そうと頭を  否定的に頭を  三角に頭へ  身を頭を  上では頭を  必然的に頭の  回教徒頭巾を頭に  俺たちの頭の  時わたしの頭の  喫驚して頭を  唐獅子の頭が  指先でもって頭の  濡れ手拭を頭に  大隅学士の頭の  ときは頭が  それは頭が  一ヶ所に頭を  盛んに頭を  人間が頭から  不気味な頭を  大隅学士は頭の  者の頭から  ガンコに頭を  竹刀が頭へ  脚で頭を  枕がわりに頭の  明大生の頭を  憂鬱に頭に  人と頭の  んです頭の  本を見て頭の  嘘を頭に  スェーターを頭から  のを見て慌てて頭を  蔭に頭を  キミの頭を  珍らしい頭  内から頭を  階級の頭には  自分一人ポッツリと頭を  自分でせねば頭が  千々岩の頭を  世故に長けたる頭に  浪子の頭より  ごとに頭を  浪子を見てほほえみつつ頭を  括り枕に疲れし頭を  息つきて頭を  武男は頭を  巫女の頭の  二週間ばかり頭を  津田弁吉という頭の  ベレ帽の頭を  少女の頭は  エビングハウスを頭において  冷静な頭の  何人かの頭に  恰好に巻いた頭の  拍子に頭が  巡査部長に向って頭を  眼を光らして頭を  紅白の頭を  正坐して頭を  銘々に頭と  大使の頭の  ふりかたで頭を  人類の頭では  秘密を頭の  耳には響いても頭には  学理に頭を  十一を頭に  学問を頭から  魚容の頭の  兼好は頭を  門前に列んで頭を  荏原権右衛門を頭と  小坂部は頭が  小坂部は頭を  努力して頭の  ゃり自分の頭を  赤犬も頭を  箕を頭の  渡世にする頭を  君は笑いながら頭を  毛布で頭を  中でも重立った頭は  手の頭は  頭は頭  手の頭も  娘は頭から  厚意に対しても頭を  種類が頭を  頭目に頭が  お前さんの頭の  行の頭の  それ以上に頭が  そこで頭を  その後も頭を  白いきれを頭から  机博士の頭の  為吉の頭に  為吉の頭の  主水は頭を  法師の頭  お前の頭もて  戸に頭を  神殿に頭を  さうな頭の  左門の頭を  不潔さのみが頭に  左門の頭に  雑巾は頭の  男を頭に  野々宮の頭の  卓一の頭の  我々の頭は  ポプラが頭の  ために痺れる頭を  無用な頭の  断髪といふ頭の  面影を頭に  木村重吉の頭に  由子の頭を  ことばかりが頭に  短刈りの頭を  保養しなければならない頭の  ツと頭が  印絆纏を着て頭を  記憶像が頭に  富之助の頭の  父の頭に  富之助の頭には  丸で頭が  布で頭の  東京行の頭を  中野さんの頭の  一つも頭に  中野さんは頭の  ボンの頭を  ボンの頭や  だるまさんの頭を  だるまさんの頭の  その間に頭の  いは頭の  巳之助の頭が  人間の頭から  僕を頭から  斑らに頭の  厚意に背きますからと頭を  下げの頭を  エルリングは頭を  エルリングの頭が  愛嬌のある頭に  骨と頭と  すが頭に  腹や頭から  秋の頭は  必要なだけ頭も  私は頭なんか  スピードの出た頭の  堯の頭には  現在の頭の  逆に頭から  頭といわれる頭を  切を頂いて頭の  煙草盆の頭を  煙草盆に結っている頭を  巻の頭では  筆者の頭に  祈祷の頭を  笄髷の頭を  十六歳を頭に  モコウは頭を  わがままが頭を  波にぬれた頭を  モコウの頭から  気分が頭に  棒の頭に  こちらから頭を  一同は頭を  ゴルドンが頭を  サービスが頭を  ドノバンが頭を  モコウが頭を  黒雲が頭を  たこはかたむきもせず頭も  毛布から頭を  ホーベスは頭を  イバンスの頭の  らが頭を  ように頭だけ  時学者達の頭の  噴煙の頭が  噴煙の頭に  パパは頭ばっかり  宇野さんの頭の  生活が頭の  前に来て頭を  姫は頭を  疣蛙だけは頭を  蛙たちの頭を  姫の頭の  金仏さまの頭を  石段に頭を  笑いもしなければ頭も  実行するほどすんだ頭を  簡単な頭が  クロの頭  前髪の頭を  ふけを落したり頭を  末の頭の  割合に頭は  末の頭からは  自由を欠いた頭を  死人の頭の  ブロズキーの頭の  うえの頭と  事には頭から  ことに頭から  秀吉の頭を  洞察する頭の  主人は頭が  何か頭が  軍令部総長の頭は  潜望鏡の頭を  のか頭に  遊撃隊の頭の  奥さんの頭から  簪で頭を  根本から頭の  越村という頭の  教師の頭を  平一郎は立って頭を  横になって頭を  太助は頭の  平一郎に頭を  太助は禿げた頭を  人間に頭を  作家の頭は  芸術的価値を頭の  氏自身の頭の  整理しないで頭の  これは頭が  ここで頭を  年に似合わず頭の  三角の頭を  善平は頭を  彼女の頭へは  気持の頭の  白状しろと頭から  天城山の頭を  リボンを頭の  体と頭を  おまえの頭に  わたしの呪われた頭に  印象を頭に  木々が頭の  雪が頭に  ひつかけた頭の  細君の頭が  大老伊井中将直幸様さえ頭の  島は頭を  裡に頭を  のを頭の  ように鈍った頭の  スゴスゴと頭を  脚は頭の  蝶の頭は  今まで垂れていた頭を  己が頭を  まっ白な頭や  象が頭を  ポコッと頭が  父親は頭を  広子の頭を  広子は頭を  父は頭の  前に走って行って頭を  皿に頭を  鳶いろの頭を  犬は頭を  金髪が頭の  宏ちやんの頭を  小池君の頭を  敷藁に頭を  豚の頭の  眼もあけず頭が  孝一は頭を  孝一の頭を  十五の頭に  火箸の頭を  里芋の頭を  自身の頭に  ガアーンと頭を  弟にせがまれて頭を  鯉の頭が  思想が頭を  富豪が頭を  光子は頭を  一時に頭へ  細君を頭から  光子の頭を  桂馬に頭を  ダメになった頭で  バトラアを頭に  以来彼の頭は  ゲンコツで頭を  とこを受ける頭が  ものと頭から  三吉の頭の  足が頭より  お爺さんの頭の  竹道が頭の  不器用に頭を  林檎を頭の  幽霊の頭  少将たちの頭の  科学的の頭を  人の頭ほどに  めしには頭をな  朝から頭の  後には頭から  枕では頭に  針を頭も  きれいだし頭も  鳴き泌む松林が頭を  毛のある頭へ  花中へ頭を  花から頭へ  昆虫の頭の  蜜を吸いに来て頭を  炎の頭を  意味を考えて頭が  唇や頭の  真相が頭に  尾を取って頭を  ねこの頭の  木立ちの夕闇は頭  眼を閉じ頭を  二郎は頭  それぞれ自分の頭の  誰にでも頭を  毎晩フトンを頭からか  さつたらうと頭の  二三度彼女へ頭を  男女の頭を  持前は頭の  衷心から頭を  索寞さに頭が  職人上りで頭が  技倆に頭を  一生懸命に頭で  貧弱な頭で  ことがあっても頭を  松子なんか頭から  咲子の頭は  とき前掛を頭から  尻尾を頭に  その間も頭から  潮風に頭の  丹念に頭を  目をあけたが頭の  斜かいに頭を  ホヤホヤ毛の頭の  声をしぼって頭を  ひろ子の頭に  ためにくる頭の  洋杖を振って頭を  手を振り頭を  乘合客の頭とを  觀念に頭の  ジャピイの頭を  独自性が頭から  さと頭の  装飾的な頭を  懼れ頭を  洋式装しか頭に  喧嘩に負けて頭から  釘の頭が  靴下の頭と  ジョセフィンの頭へ  博徒の頭が  蜂の頭も  博徒の頭に  浪人組の頭の  ポサンと頭が  一偏に頭が  相に頭を  混乱した頭には  母親の頭へ  栗に刈った頭が  いが栗の頭を  鉛筆を頭へ  ほんとの頭を  出が頭に  わしの頭から  所有者の頭の  木仏の頭から  能くも考えずに頭から  動物愛護会長で頭が  前へ伸ばして頭を  お爺さんの頭に  友庄亮が頭を  方で頭を  庄亮が頭を  手や頭やを  とくに頭の  間を頭を  レインコートを頭から  赤ん坊の頭を  さの頭  更紗布を頭から  布を頭の  言葉を止めて頭を  上り口から頭を  妙に笑って頭を  精密な頭が  りょうしの眠っていた頭の  為めに頭も  すっぽんの頭の  文学を頭の  適当に頭を  眼は頭の  おばさんは頭を  手で推し戴いて頭を  のではなく頭だけ  官僚主義に頭も  恰度僕の頭の  如何に頭が  ヴォルテエルの頭には  笠井氏の頭を  巨大な頭の  亭主の頭にでも  兜を頭に  猪の頭や  九十三歳の頭で  東京で頭の  九十三の頭では  おばあさんの頭の  乱暴者も頭を  貴方の頭で  妾は頭の  一度に頭へ  死骸の頭にも  のにむかって頭を  ぼんやりした頭  喫んでも頭が  九太の頭には  九太の頭の  事を考えると頭が  円やかに頭の  白紗を頭から  法水の頭の  酔がまわって頭が  手と頭と  酔がさめて頭に  妹の頭だけが  妹の頭が  若者の頭も  若者の頭と  妹の頭は  妹は頭から  小僧の頭が  父様は頭を  人は頭に  お爺さんは頭から  只胸と頭を  手を挙げ頭を  村松氏の頭に  混乱した頭を  タタミに頭を  雲が頭から  岳は頭が  鮎差峠の頭も  辺の頭を  方々から頭を  梢と頭の  北岳が頭を  富士は頭を  魚の頭や  作者は頭が  自分だけを頭に  割に頭は  微かなる頭の  以外に頭を  上の頭を  肩と頭に  弔旗の頭を  学者オイッケンの頭の  画を頭の  即座に頭に  木工の頭の  院別当などを頭に  歌の頭には  歌の頭に  カンカン帽が頭から  範囲が頭に  お方は頭の  バットも頭の  白は頭を  調理といふ頭の  勉強して頭が  弟の頭に  壺へ頭を  事をすつかり頭から  互ひの頭を  道に通じる頭の  盗人の頭に  馬上に頭を  御蔭で頭が  組織的な頭が  洞に頭を  日の暮れるまでに頭の  円髷の頭を  あなたの頭に  鹿の頭が  放火犯人とよび頭の  何でも知っている頭の  眼や頭を  乳房もて頭を  彼の禿げたる頭より  自分の頭にも  特徴のある頭を  自分ひとりの頭を  角何時か頭の  作品にも頭の  為に頭を  正直に頭を  とき韃靼風に頭を  高架索帽を頭に  目で頭を  児童の頭に  事柄でも頭を  筈だと頭から  国民一人一人の頭に  土を破って頭を  自分たちの頭に  たくさんに頭を  不幸にも頭を  九々すらが頭に  而も頭に  事は頭から  そこまでに頭が  冠を戴く頭は  彼の頭  一尺に足らぬ頭と  私達は頭の  ピストルの頭を  吾輩は頭を  それにつれて頭の  親方の頭の  ドンナ猛犬でも頭が  掃除棒みたいな頭に  貴婦人の頭の  抱上げて頭を  青天井以外に頭を  女将は頭を  噂が頭に  団長さんは頭を  ヒゲを当らせ頭には  ときに頭の  少年たちの頭の  繃帯を巻いている頭を  博士さまが頭に  収波冠を頭に  谷博士の頭の  人造人間の頭の  放電を頭に  高圧電流を頭に  電流を頭に  五人が頭を  博士の頭に  博士は頭の  二人は頭の  博士は頭を  幾人世人の頭に  作者自身の頭の  非人法師等の頭の  ところにする頭を  籐椅子に頭を  一家から頭の  理性的な頭を  千世子は頭の  千世子の頭に  のを頭ばっかり  千世子の頭は  様に頭は  何でもが頭の  去年も頭を  神から授かった頭を  椅子に頭を  女としては頭が  一言一言を頭に  千世子の頭の  千世子の頭に  静かに育った頭と  様子や頭で  火花を散らして働いて居る頭の  千世子の頭には  者で頭の  様な頭の  選抜されるほどの頭も  捨石に頭を  それこそ頭に  タバコを持つて頭の  独りで頭の  歌が頭に  末期的な頭を  讀者の頭の  興奮させる頭の  秀吉の頭に  マスクを頭から  人たちの頭  写実を離れて頭だけで  事を頭から  川口氏の頭の  ニイチェが頭の  一塊を頭に  彼等は頭から  理髪師に頭を  子供の頭から  髪も頭の  草の頭が  綽名だけが頭に  母が頭から  忍従に頭  其前に頭を  板子に頭を  魚の頭  塔とを頭の  今は頭を  フリーダの頭を  わたしのあわれな頭では  一瞬間でも頭を  先生に頭を  言葉においても頭の  誇らしげに頭を  ハンスが頭を  そばで頭と  ための頭の  ここに着いたばかりで頭が  カナリヤを使うぐらいにしか頭を  不機嫌そうに頭を  かたたちが頭の  だれよりも頭を  それを見抜くだけの頭も  ゲルステッカーの頭を  ビュルゲルは頭を  眼をさまされて頭が  神経質そうに頭を  イェレミーアスの頭を  考えさえも頭に  Kは頭が  憑着が頭の  とき滝人の頭の  みの去らない頭の  滝人の頭の  がんと頭を  何よりも頭に  チビは頭を  諺が頭に  監督は頭を  彼らの頭にも  杉本の頭に  疑いを頭に  清の頭に  伊香刀美の頭の  寡婦の頭を  三吉の頭に  實利的な頭から  二日間ほど頭に  それが頭へ  調和による頭で  作詞家の頭や  青年の頭から  道筋を頭に  崖からすべり落ちて頭  青年に向って頭を  顔で頭を  テレて頭を  考えも頭へ  櫛巻きの頭を  姉は頭へ  おまけに頭も  それだけが頭に  鉢のひらいた頭といふ  電燈に頭を  見事な頭  鶏小舎に頭を  鮟鱇は頭の  かっぱの頭から  海豹は頭を  感情が頭から  マスクの頭を  獣の頭  黒田は頭が  ひとは頭が  道具で頭を  ゾーゾーして頭が  寿江子の頭の  つきものがつくと頭が  作家の頭に  しんから頭を  枕へ頭  ものについての頭の  鼻の頭  家を見つけて頭を  プロフェショナルにかたまっていて頭を  空想な頭に  獅子が頭を  白熊は頭を  所を頭から  勘作の頭を  裾を頭の  奥から頭の  次郎の頭は  次郎の頭を  彼は出来るだけ頭を  お祖母さんの頭でも  次郎の頭に  何かを頭の  赤ん坊がおっこち頭を  ぼくは頭の  土神は頭の  ものに変って頭の  門衛の頭を  両足を投げ出して頭だけを  河野君は頭が  病気位は頭の  僕は頭に  様が頭に  槌の頭だけしか  目をこぼれた頭の  合間合間に頭を  手といわず頭と  三好が頭を  戸塚の頭よりも  ヒントが頭の  鳥打帽を脱いで頭を  貴方の頭が  中に頭と  ように飛び上って頭の  妬心が頭を  唐沢氏がおしもに頭を  町人髷を頭から  寝室で頭を  長谷川の頭に  五分刈りの頭は  方が頭に  長谷川は頭を  延に頭を  児童たちの頭を  みんなの頭  次郎の頭から  子供たち三人の頭を  默って頭を  鰻の頭に  号令では頭を  政治に頭を  S子の頭を  血潮が頭に  さへ頭から  政雄の頭には  政雄の頭を  髪の毛の乗った頭を  髪の乱れた頭の  さんまの頭  物は頭から  裾をまくって頭から  女を頭へ  手を入れて頭を  邦之助の頭は  安は頭を  烏羽玉組の頭  うばたま組の頭の  職人風の頭で  群れとともに駆け去る頭の  炎天下のむき出した頭が  へんに頭に  ためには頭の  方法はないかと頭を  さわやかにもたげた頭からは  そこに止まって頭を  代表者として頭の  入浴の頭に  処女の頭の  鼓動を頭の  つまさきから頭の  手すりに頭を  甚兵衛は頭を  ために起った頭の  玄坊の頭が  玄坊の頭を  若衆の頭の  一時に頭が  教育な頭の  百姓女みたいに頭を  マユ袋を頭から  人間が頭で  生徒たちの頭も  時から頭の  かんかん帽をかぶった頭を  彼の頭にかへ  設計に頭を  朦朧として頭の  二ツばかり頭を  すりの頭の  三ぴんの頭の  一つ拳固で頭を  拳骨で頭を  大鼻の頭に  衣服その他で頭を  破損した頭は  枕を並べて眠ってる頭の  唐物屋の頭  完全に頭を  唯さえ頭の  匂いに頭が  行政官ですから頭の  五郎兵衛の頭が  五郎兵衛の頭が  奴等の頭は  チャンと頭に  雄魚は頭が  麻袋を頭から  僕の頭では  四百目許りなるを頭と  酒で頭は  聲が頭の  断髪の頭が  妹に頭を  位ゐの頭の  人たちの頭を  額から頭の  印度人の頭に  十個の頭を  努力を経て頭を  死刑囚の頭と  四神を頭に  九十一段なども頭の  後に頭を  覆面が頭を  小女の頭を  冷やかに頭の  禿の頭を  纔に頭を  出会ひ頭の  村長が頭に  鈍重な頭を  ワクーラの頭を  人夫の頭を  銀六は頭を  松蔵を囲んで頭を  尨毛の頭に  透明な頭を  海面から頭を  叔母さんの頭の  鳥の頭が  羊の頭が  裾で頭を  生徒たちの頭に  みんなの頭には  生徒たちは頭も  私でさえ頭が  僕の頭でしか  思想的な頭の  蠱惑的な頭べの  若者の頭から  出来ごとを頭から  誰よりも頭だけ  それに頭に  横梁を頭で  真夜なかに頭を  お前の頭よりで  酔ひしれた頭を  晩には頭に  彼の頭のうへで  酒杯を頭にの  子供が頭べを  村の頭  仔羊が頭を  おれの頭ん  おいらの頭は  横へ頭を  鉄鉤に頭を  手を没し頭を  未練らしく頭の  事務長の頭に  テイイ事務長の頭を  いずれも頭や  餓死するまえに頭が  きれいな頭で  三根夫の頭の  乗組員の頭の  動物が頭の  三根夫は頭が  三根夫の頭が  三根夫は頭から  ハイロの頭を  ハイロの頭や  縁側に頭を  カフカの頭の  銅像の頭より  物体の頭は  臼の如き頭のみ  それで頭を  非常に頭に  一寸も頭に  米原雲海など頭を  世界が頭の  音も頭の  おぼろげに頭の  男の子の頭に  新子に頭を  新子は頭を  小池の頭を  コマシャくれた頭の  鼻腔から頭へ  今私が頭の  戸へ頭が  眩暈を感じて頭へ  金切声が頭の  石の頭までが  みんなおれの頭に  若者の頭に  体が頭から  明らかに頭に  苦笑して頭を  親方に頭の  睡眠不足の頭で  佐藤さんフロシキを頭から  いろいろな頭の  春風駘蕩で頭の  体か頭の  ひとの頭の  姉さんには頭が  ヤヤと頭  枕にしてころがったから頭を  ひとの頭は  字の頭の  利用するだけに頭を  外にいると頭が  往来を歩いたら頭が  俗に頭が  マア変に頭を  何と頭が  子は頭に  ひとから頭を  わらべながら頭は  私さへ頭が  ポーセはだまって頭を  髪の頭は  行使して頭が  これにつけても頭の  向い会っていると頭の  自分が頭が  正直の頭べに  淫女に頭を  がいの頭と  めいめいの頭を  一人一人の頭に  活発に頭を  大河の頭が  塾生の頭に  自然にかれの頭を  つた彼の頭に  ト二尺ばかり頭を  白昼にも頭が  炎天に頭を  ストレーカの頭を  右手を頭の  汗掻いた頭を  涙ながらに頭を  無げにうち黙頭  今日は頭のて  クロの頭を  混乱している頭で  務の頭の  枝が頭の  十七ほどを頭に  曲がり角で頭を  勝子の頭ぐらいは  娘が頭に  髷は頭の  形で頭のみ  心持で頭を  手や頭の  あれで頭も  人間の頭だけが  懐疑的な頭は  片手を頭に  単位時間に於ける頭の  人間の頭まで  手足と頭とに  お客は頭をが  上等な頭で  源吉の頭の  セルカークの頭が  じいさんの頭の  批評家達の頭  選択に頭を  科学者としての頭と  捉へる頭の  婦人は頭を  十八九を頭にて  しらくも頭の  前で頭の  中を頭から  緑の頭を  手拭いに頭を  名実共に頭が  マルの頭を  一は頭を  隊長の頭の  赤羽主任の頭に  由蔵の頭の  一同の頭には  赤羽主任の頭は  何度も見較べて頭を  通りで頭は  顔が頭の  一つの頭は  口へ頭を  上つた鼻の頭が  きみは頭を  乳母車をひつくり返して頭を  武は頭  帽子越しに頭がが  誇張されて頭に  ヒョイと頭へ  十になったから頭を  胴着を頭から  ほんとうに頭から  タオルでも頭に  男が頭に  正気を失わない頭の  肘掛に頭を  あれこれと頭を  性格から云って頭が  日向に頭や  ヌット入って来て頭も  小説しか書けない頭では  ように眠れない頭に  コムポジションの頭の  わりに頭の  緻密な頭  事情へ頭を  唐子の頭の  山羊の頭の  カッパの頭の  人間は頭の  英国民の頭の  天皇以外に頭を  ざる者には頭を  のは頭を  今日は頭でも  玄竜は云いつつ頭に  狂喜して頭を  憚り様ながら頭は  所へ行って頭を  それで頭が  千代松の頭の  千代松は頭の  立ての頭では  横手から頭を  駒の頭に  京子の頭の  京子の頭に  町での飲み頭  剃刀を頭へ  高は頭を  クションを頭に  一角に頭を  茎の尖頭を  葱の尖頭には  四五獅子は頭を  像浮び上りて頭と  七の頭  口をあげ頭を  尾と頭にて  六九二の頭  耳を頭に  一二六汝は燃えて頭  兄弟等の頭を  一の頭は  後方を荒らせし頭  始めダンテが頭の  罪人の頭を  七の頭と  七の頭は  昔の頭  つまり検閲官に頭が  彼女等の頭の  獣の頭の  記者の頭は  かた流行り始めた頭の  職業婦人の頭は  職業婦人の頭と  変妙不可思議な頭を  最大の頭よりも  将来職業婦人用の頭として  少年少女の頭には  ポマードで固めた頭  香油をつけて分けた頭が  一人一人の頭の  僕たちの頭の  鱶の頭へ  波の頭が  波間に頭を  源右衛門は頭まで  小菅は頭を  葉藏の頭のうへの  橋架に頭を  昼間は頭が  車窓から頭を  帽子を慌てて頭に  ハツと頭を  猩々の如き頭へ  陽がかげって頭の  人びとの頭の  南は頭が  媼の頭には  場合を頭に  毛の生えた頭を  樋口さんは頭を  私も頭に  見当が頭で  赤児の頭の  瞭然と頭に  ぐどんな人間の頭に  時代の頭を  髪で覆われた頭を  しずかだし頭の  布で頭  下に坐っていると頭から  着物を頭から  所にくると頭に  警察などに頭を  須山は頭を  従業員の頭の  抱へた頭を  悟空の頭へ  謎が頭に  船乗り達の頭へ  灯台の頭は  看守の頭へ  私共の頭に  空に分けて頭の  材木の頭に  標柱が頭を  子供が頭から  鴨居に頭を  加奈子の頭には  生意気に頭なんか  塊の頭を  それにも増して頭が  想いから覚めると考えて頭の  恒夫の頭に  屍を求めて頭を  四二ダンテは頭を  太郎が頭を  健全な頭を  時代と頭とが  これまでのいらざる頭の  馬はじれたがって頭ばかり  母は頭から  お辞儀みたいに頭を  母に殴られた頭や  ものとなって頭に  父の頭には  ほうたいだらけの頭を  フィアレンサイドは頭を  はずの頭が  あっしは頭が  シルクハットを頭に  シルクハットをかぶった頭を  おれも頭が  トーマスが頭を  書類から頭を  巻きにした頭が  ぼくは頭も  ちみつに頭を  なんども頭を  大学で頭の  動物の頭と  猫の頭の  動物の頭に  猫の頭に  動物の頭を  煎餅布団を敷いて頭から  スキ毛を頭に  戸塚警部は頭に  徳市の頭を  吃驚して頭を  徳市は頭を  絶望的に頭を  肩や頭の  のは頭という  象の頭に  非常に頭を  相当に頭を  あなた方の頭も  一行の頭  ざめの頭に  むすこの頭を  仮面に頭を  井戸流しで頭を  次で頭が  頭巾で頭から  遠野郷十二ヶ寺の触頭  人の頭ほどの  台を置いて頭を  木で頭を  畳を見ただけで頭の  料理に頭を  記憶が頭に  行為で頭の  姉の頭には  妹の頭には  さに頭を  寄つて女の頭に  像の頭から  消散して頭の  比叡の頭にも  悪魔みたいな頭の  ウルフの頭が  キット彼奴の頭の  悄気て頭を  金博士の頭を  霊存を頭より  場の頭が  時などは頭を  判官の頭の  万人の頭を  主人にさえ頭を  夙の頭に  蓬髪の頭を  両手でかきむしった頭に  綺麗に頭の  みんな読んだら頭は  大抵は頭に  水を頭の  用意を頭の  先生の頭さえ  拳を頭の  いつか私の頭に  念に頭を  母の頭は  加減で頭が  兄の頭にも  氷嚢を頭の  冷やかな頭で  のは頭と  解釈は頭の  奥さんの頭の  上持って生れた頭の  方を頭の  お嬢さんの頭を  内私の頭は  訳ばかり頭を  駒の頭  幹に頭を  痛を頭と  沈鬱になって頭を  善にそむけて頭を  傾斜が頭の  振動的音声が聞えて頭に  坊城の頭が  妙に改まって頭を  徒らに頭を  論敵に頭を  アンダアシャツを頭から  子を頭から  とし子の頭は  学説を頭の  女の頭や  頃に読んで頭に  エンジニヤーの頭を  大河内氏の頭も  戸川も笑って頭を  才蔵の頭を  原始人類の頭は  ゴーゴンの頭に  編笠を頭の  驢馬が頭を  眼をあげて頭の  成甫が頭を  途端私達の頭の  さつき私の頭の  自分でもどつちが頭  出合ひ頭に  夏の頭  やうに頭に  淵明の頭には  畑生れの頭  古巣から頭を  胡麻白の頭と  胡麻白の頭を  ぷりにぴよこぴよこと胡麻白の頭を  白髪交りの頭を  お前たちを頭から  衆の頭の  ぼくたちの頭が  下で頭を  彼はあわてて頭を  光治の頭を  笛を吹いている頭の  野原で頭を  羊の頭と  鼠の頭や  勇吉の頭には  ことがかれの頭に  眩惑する頭を  詩に頭を  矢張りかれは頭の  人間を頭の  数学的の頭から  字が頭に  船底より頭を  心底から頭を  三月堂とに頭を  原作を頭に  これらの頭は  趣味が頭を  文字が頭に  のを頭に  杜子春の頭へ  善行慾が頭を  自分から頭と  是非先方より頭を  刑に頭を  法皇の頭を  君の頭  唸りが頭の  人々を頭の  題材が頭に  真面目に頭を  水ん中に頭を  肩ぐるみに頭を  めと頭から  髪ある頭に  両手を合わせて頭を  旨を頭  斉しく頭を  女房の頭は  膝の頭を  思案の頭  私には頭から  無茶苦茶に頭を  慢気の萌して頭から  親方に頭を  平助の頭に  悟空の頭に  日にしをれて頭を  大観さんは頭を  チョコンと頭を  ふうで頭に  筋書が頭に  省作は頭の  三造の頭の  南雲沢を頭として  此事を頭に  其村の頭の  人々の頭へ  云ふよりは頭から  部分ばかりが頭に  ことには頭が  さへ頭の  一ぺんに頭に  場景が頭に  軍治の頭にも  台所口から頭を  交へた頭から  行手に頭を  軍治の頭に  云ふことは頭で  客毎に頭を  手を伸して頭の  俺の頭には  いざこざで頭を  飼猫の頭を  子牛を抱きすくめて頭の  屍に頭を  此類型が頭に  全体彼奴等に頭を  夜具から頭ばかり  彼奴の頭を  細川が入って来ても頭を  三ツ輪の頭を  こちらに頭を  ブロンドな頭を  マスクにして頭の  釘の頭と  吉岡の頭は  石地蔵の頭を  念を頭から  銀杏返しの頭を  二列に頭を  政治家より頭  うちが頭  陽子の頭に  章三の頭に  ネッカチーフを巻いた頭が  陽子の頭の  顔が頭を  私が黙って頭を  男の頭から  頬から頭への  興奮した頭に  孝太郎の頭に  一緒に集って頭の  何物か頭の  謹製と頭に  陶器師は頭を  庄三郎の頭の  向うから頭を  赧めて頭を  櫛卷にした頭に  許りに頭が  顏が頭に  麥藁帽の頭を  卷の頭を  外に立つて頭を  許り頭に  信吾の頭を  樣に頭に  一倍の頭を  アプレゲール的でない頭で  壜型の頭に  何も頭ばかりが  恰で頭の  ブロンズの頭を  原型の頭から  先生や頭を  カアッと頭へ  浮浪性が頭を  そこが頭の  一人に頭の  農村には頭の  櫛巻にした頭に  麦藁帽の頭を  巻の頭を  友は頭を  二人は頭を  懷疑を頭から  一人の禿げ頭の  かっぱの頭の  大辻の頭の  正太の頭を  泥人形の頭の  二三ミリもある頭の  死者の頭の  うえの頭の  職業で鍛えた頭で  間を頭の  記憶が頭を  窓は頭の  洪は頭を  人は頭を  彼が頭や  意味で頭に  新たに頭に  廂髮の頭と  張り拳を固め頭を  背や頭の  渾然として頭に  良平の頭の  光に頭から  懇ろに頭を  下に頭の  親爺の頭に  由藏の頭は  どんぐりの頭を  鮭の頭  いつたつて頭の  立肱に頭を  芥子の頭が  皆の頭を  様に頭に  大まかな頭で  様になって頭に  六兵衛は頭を  明は頭から  明に頭を  雪を頭から  襟巻を頭から  中央に頭から  鱸は頭を  父さんの頭の  虫が頭の  わたし達の頭では  汝等が頭  汝らが頭  子供の頭より  一部始終を呑み込む頭が  形式で頭へ  幼稚な頭の  批評を頭の  関係が頭に  判明した頭を  抽象物として頭の  絵を頭に  あなたがたの頭にだけ  監視人たちの頭の  貴君の頭が  もじゃもじゃな頭が  それを頭と  黒幕との頭が  弁護士は頭を  叫び声に頭で  二人が頭の  さわやかな頭に  裁判官の頭に  あそこでは頭が  向きを変えても頭を  馬の頭では  寺男は思ったほど頭が  ためには頭を  法律的な頭の  人々は頭を  口をあけて頭と  ティトレリが頭を  彼のうなだれた頭の  からっぽの頭で  喧嘩をして頭を  鮮人の頭の  夏景色を頭に  地ひびきが頭に  何かが頭を  簿記棒で頭を  そこで頭の  綿の頭が  マニア作家の頭の  勇気で頭が  ヨシツネさんも頭を  煙を頭の  両手で禿げた頭を  馬鹿に頭の  万年筆の頭が  ざえとして頭が  たらいを頭に  巡査が頭を  油紙を頭から  小一郎は頭を  かながしらの頭を  お河童にした頭の  室に頭を  彼女の頭が  両脚を頭よりも  こいつを頭から  彼を真似て頭の  字を頭の  俺に頭が  人の頭よりも  八十松は頭を  女中さんに頭を  怪事を頭から  懊惱の頭も  懊悩の頭も  明瞭に頭に  あしたは頭が  数多ある頭を  魚の頭で  手は頭に  ようになった頭を  細君が頭を  数多ある頭の  沢山ある頭を  手は頭にか  ものなら頭は  なつた頭を  沢山ある頭の  換へて頭は  一体人の頭に  栓の頭が  引掴んで頭に  硝子栓には頭の  たびに頭から  ジルベールの頭に  貴様達の頭じゃ  雪狼どもは頭を  兩手を頭の  二つが頭に  ものやら頭が  境にある頭の  誕生仏の頭から  作家が頭で  十二歳の頭が  後でも頭の  読者の頭も  時潮を頭に  客の頭  構造に頭が  一分刈りほどな頭を  尼さんの頭の  ものを知った頭では  平家伝説なども頭に  ぼくの頭にも  泡ツブみたいに頭に  駄句を吐きつけると頭に  ぼくらの頭の  ような頭で  一遍も頭の  扇子を頭へ  小女は頭を  山西の頭には  断髪の頭を  人夫の頭が  平三郎の頭に  お客の頭を  勇ちゃんの頭を  ほかで頭を  道筋を頭の  句毎の頭に  杉子の頭の  大人に対して頭を  せいせいして頭が  真剣に頭に  夜具から頭だけ  糸口が頭の  雷門は頭を  瓶を頭に  皆甕を頭に  水甕を頭へ  甕を頭の  感覚だけか頭の  息子自身は頭が  ガシガシと頭を  一羽の頭を  読書に疲れた頭を  水を汲まないで頭を  神中ではないかと思って頭の  神中の頭は  惑乱している頭にも  特別に頭が  速度で頭の  泌み渡る頭の  朝から頭が  現在と重ね合わせて頭の  数理的な頭では  ッて頭を  唐人髷を頭にの  ものには頭が  枕にしつかり頭を  年寄の頭に  物理学者の頭の  此奴の頭は  幸福を頭から  見物人の頭に  わたしの頭からは  わたしたち二人の頭の  鞄を頭の  静かで頭の  召使の頭とかが  二重に重なった頭の  どっかへ頭を  ぞんざいに頭の  デカイのを頭へ  親爺の剃った頭と  信吉には頭が  ショールを頭から  信吉が頭を  今お前の頭へ  皺をこさえて頭を  塊りが頭の  ちい鼻の頭から  弾丸に頭を  圧力でも頭を  たびに頭も  地面に頭が  騎士に頭が  カアルの頭が  モリイシャの頭に  酔いをあたえよ頭を  ことなぞは頭から  嘆息しながら頭を  眼をひからせて頭を  父は頭から  壮助の頭に  むやみと頭に  短剣の頭を  爺は頭を  婦人の頭の  

~ 頭[名詞]2
小さな頭  なかなか頭  すっかり頭  何だか頭  ひょっこり頭  もう頭  よい頭  同時に頭  どうせ頭  たいてい頭  あまり頭  いつも頭  いきなり頭  重苦しく頭  一寸頭  もう一度頭  なく頭  その頭  すっぽり頭  やっぱり頭  ちょっと頭  ない頭  大きく頭  ぺこぺこ頭  白い頭  いくら頭  黒い頭  ぐっと頭  強いて頭  かっと頭  しきりに頭  旧い頭  少なくも頭  わが頭  うまく頭  只頭  くりくり頭  美しく頭  そんな頭  おずおず頭  突然頭  うら若い頭  強く頭  果ては頭  にわかに頭  たいへん頭  大きな頭  でか頭  ますます頭  まるい頭  ようやく頭  青い頭  ふと頭  さして頭  実に頭  もっと頭  きっと頭  なにぶん頭  まだ頭  ずいぶん頭  すこし頭  よく頭  むしろ頭  用心深く頭  一度頭  ひどく頭  一向に頭  重い頭  しばらく頭  いい頭  どっと頭  すぐ頭  よけい頭  たとえ頭  まげて頭  おとなしく頭  少し頭  まるで頭  この頭  はっきり頭  黙然と頭  せっかく頭  まったく頭  ちょこんと頭  古い頭  ちらりと頭  そのまま頭  今に頭  よく頭  とつぜん頭  高く頭  小さい頭  なんだか頭  かなり頭  っぽく頭  長い頭  軽く頭  そっと頭  しつこく頭  根強く頭  最も頭  ほとんど頭  ぴょこぴょこ頭  どうしても頭  ポリポリ頭  更に頭  深く頭  やっと頭  いくらか頭  今にも頭  明るい頭  こういう頭  こんな頭  るる頭  恐る恐る頭  グルグル頭  全く頭  あんまり頭  重々しい頭  寂しい頭  たえず頭  いわゆる頭  多く頭  やはり頭  いっそう頭  重々しく頭  ちゃんと頭  若い頭  ふっと頭  ろくに頭  するする頭  しょんぼり頭  どんな頭  細かい頭  ぶらんと頭  生々しく頭  決して頭  よほど頭  慌しく頭  心から頭  たいして頭  いつの間にか頭  ずっと頭  どんなに頭  チクチク頭  黄色い頭  赤い頭  一杯頭  初めて頭  ふたたび頭  つと頭  酷く頭  いかに頭  どうか頭  臭い頭  やがて頭  あどけなく頭  幼い頭  絶えず頭  恐ろしく頭  ひょいと頭  常に頭  臭き頭  ちょっとした頭  鋭く頭  低く頭  うやうやしく頭  うっすら頭  好く頭  つい頭  折々頭  ちょいちょい頭  漠然と頭  また頭  深い頭  まあ頭  ようやっと頭  そういう頭  とうとう頭  がた頭  思わず頭  うすうす頭  暫く頭  再び頭  思いがけなく頭  ちらちら頭  低い頭  濃い頭  ぴょこんと頭  直ぐ頭  ふかく頭  つよく頭  ぐるぐる頭  そんなに頭  きっぱり頭  ぱっと頭  柔かい頭  まず頭  ぼんやり頭  却って頭  必ず頭  著しく頭  暗い頭  苦しい頭  一層頭  いっせいに頭  互に頭  実際頭  ただただ頭  大いに頭  先ず頭  ぼーっと頭  賢き頭  恰も頭  そろそろ頭  少々頭  それとなく頭  いささか頭  恭しく頭  烈しく頭  どうやら頭  なおも頭  丸い頭  相当頭  どうも頭  さんざん頭  余りに頭  無性に頭  鋭い頭  だいぶ頭  多少頭  いろいろ頭  もし頭  薄い頭  漸く頭  特に頭  弱い頭  益々頭  悪く頭  しっかり頭  ペコペコ頭  悪い頭  好い頭  紅い頭  時々頭  重く頭  宜しい頭  続々頭  ぽく頭  はげしく頭  渋く頭  いっこう頭  高き頭  要するに頭  随分頭  現に頭  賢い頭  あの頭  かるく頭  間もなく頭  ぽい頭  熱い頭  真黒い頭  てんで頭  しばしば頭  暗に頭  忽ち頭  徐に頭  漸頭  ぴんと頭  ぐいと頭  またぞろ頭  ゆさゆさ頭  もはや頭  丁度頭  ぼうぼう頭  直ちに頭  我が頭  よしや頭  チョット頭  たいした頭  うんと頭  じっと頭  黙々と頭  同じ頭  だんだん頭  全然頭  其の頭  ちっとも頭  たちまち頭  ぱくりと頭  ぐったり頭  さっと頭  あんな頭  殊に頭  改めて頭  なんとなく頭  ことに頭  円い頭  容易く頭  しかして頭  次第に頭  あらあらしく頭  ひとりでに頭  きっかり頭  柔らかい頭  堅い頭  すぐさま頭  眠い頭  幾分頭  そう頭  いよいよ頭  勿論頭  何でもかんでも頭  固い頭  とんと頭  頻りに頭  何時も頭  てっきり頭  それほど頭  せめて頭  かわいい頭  こわごわ頭  否応なしに頭  いいかげん頭  軟らかい頭  やや頭  おのずから頭  同じく頭  忙しく頭  とうに頭  べつに頭  幸い頭  依然として頭  比較的頭  度々頭  したたか頭  はじめて頭  すっと頭  かえって頭  激しく頭  とても頭  何時の間にか頭  つくづく頭  何となく頭  さっさと頭  辛うじて頭  ゆっくり頭  力一杯頭  くるくる頭  ぎこちない頭  美しい頭  ゆるく頭  一向頭  重き頭  早速頭  あんなに頭  こっぴどく頭  到底頭  次に頭  狂おしく頭  情なく頭  いまにも頭  痛い頭  さては頭  たしかに頭  重たい頭  なにか頭  なんて頭  太く頭  一応頭  さほど頭  既に頭  すごく頭  ときどき頭  ひょっとしたら頭  ずらりと頭  高い頭  またも頭  ぬっと頭  しいて頭  いっぱい頭  にゅっと頭  じゃあじゃあ頭  情けない頭  甘く頭  ほんとに頭  っぽい頭  乏しい頭  わるい頭  ひょっくり頭  あんがい頭  ごつい頭  ひたすら頭  ざっと頭  むっくり頭  ついに頭  うとう頭  真白い頭  空しく頭  本当に頭  いっそ頭  共に頭  つつましく頭  強い頭  細い頭  貴い頭  ぐいぐい頭  おかしい頭  又頭  大きい頭  むろん頭  愈々頭  時には頭  頑として頭  うすい頭  少しく頭  終生頭  ことごとく頭  ひっきりなしに頭  太い頭  青く頭  どうして頭  いつしか頭  とつおいつ頭  別に頭  わりに頭  一々頭  おそるおそる頭  いちいち頭  熱っぽい頭  ものすごく頭  つんと頭  これから頭  鈍い頭  互いに頭  つるつる頭  ツルツル頭  うっとうしい頭  安っぽい頭  始終頭  平然と頭  ポッカリ頭  かしこい頭  グングン頭  こっそり頭  良い頭  すでに頭  雄々しい頭  しみじみ頭  やけに頭  いつのまにか頭  おなじく頭  おのずと頭  わるく頭  ずきずき頭  強か頭  まもなく頭  にくい頭  新しい頭  うるさく頭  もう少し頭  単に頭  何ぞ頭  なき頭  おそらく頭  軽い頭  ちょうど頭  所詮頭  いたずらに頭  こわい頭  ハッキリ頭  がんらい頭  あらためて頭  多分頭  まして頭  まだしも頭  あまりに頭  弱々しく頭  こっくり頭  かつて頭  むっくと頭  ぐらぐら頭  素早く頭  長く頭  たとい頭  かく頭  無い頭  はっと頭  ごく頭  時に頭  やにわに頭  かならず頭  悉く頭  恐らくは頭  のろい頭  恐ろしく頭  颯と頭  忽ちに頭  未だ頭  よっぽど頭  近い頭  力強い頭  快く頭  こうした頭  たのしく頭  丁と頭  きわめて頭  いろんな頭  とたんに頭  四角い頭  何時しか頭  白き頭  一心に頭  手軽く頭  小さき頭  自ずと頭  猛然と頭  なるべく頭  もともと頭  重苦しい頭  大して頭  なおさら頭  今や頭  ずっぷり頭  なにしろ頭  いくらでも頭  涼しい頭  ちかごろ頭  又もや頭  近頃頭  態と頭  余計頭  ゴシゴシ頭  がっくり頭  すばらしく頭  爾来頭  甚だしく頭  甚だ頭  どうにも頭  易く頭  えらい頭  ひたと頭  眠たい頭  大抵頭  ともに頭  無論頭  だいじな頭  思い切り頭  もっとも頭  しんと頭  かわいらしい頭  ぐんぐん頭  じかに頭  あわただしく頭  まばゆい頭  かたい頭  雑然と頭  なにやら頭  おもわず頭  ほどなく頭  きつく頭  早く頭  一旦頭  平たい頭  可愛い頭  根深く頭  何気なく頭  じりじり頭  広い頭  厚い頭  男らしく頭  さらに頭  苦しく頭  逸早く頭  みるみる頭  余り頭  ぼさぼさ頭  勇ましい頭  たまたま頭  短く頭  歴然と頭  まっさきに頭  正しく頭  げに頭  わざと頭  ちらっと頭  もろい頭  もくもくと頭  概して頭  なんと頭  貧しい頭  こまごま頭  がばと頭  じっさい頭  わざわざ頭  段々頭  一どきに頭  余程頭  ずぶりと頭  勢い頭  チラチラ頭  蒼い頭  毫も頭  ところどころ頭  やすい頭  難い頭  おたがいに頭  とくに頭  くり返し頭  はては頭  どきんと頭  速い頭  ふらふら頭  おもおもしく頭  終始頭  よくも頭  コテコテ頭  ほんの頭  確り頭  際どく頭  後で頭  概ね頭  細かく頭  だらんと頭  可愛らしい頭  こんなに頭  何と頭  ガリガリ頭  何しろ頭  優しく頭  吾が頭  まさか頭  つねに頭  ぎくりと頭  新しく頭  ボツボツ頭  屡々頭  こい頭  もうすぐ頭  唯頭  でかい頭  なし頭  覚えず頭  むくむく頭  未だに頭  猶も頭  中でも頭  次々頭  痛き頭  きちんと頭  なつかしく頭  多い頭  断然頭  やさしく頭  

複合名詞
頭もろ共イヤ  土井大炊頭利勝  井伊掃部頭直孝  へき頭  白雲頭  隨分頭  みんな頭  いがぐり頭  舎利頭  巌頭  ぜん頭  學頭林述齋  いちばん頭  数頭  何頭  ところ頭  一寸頭  鮹旗廿頭  頭髮  二頭  代り頭  白髪頭  頭付き  頭付  利剣頭面  頭小林  ら頭  頭半分  鼻頭  眼頭  獅身女頭獸  纏頭  ょりをして頭  一頭  毎日毎日頭  軒頭  獅身女頭獣  頭つき  角子頭  つて頭  うた頭つき  皆頭  葬頭河  包頭跣足  北游一夕泊津頭  お河童頭  画閣東頭涼  勅頭  しんじつ頭  二頭立  荒木兵庫頭  頭人  ト頭  坊主頭  職人頭  三週間頭  鳳頭鞋子  二頭だて  物頭役  内匠頭殿  内匠頭  頭さん  頭自体  十分頭  頭村  頭かき  五頭パイプ  五頭  ひざ頭  南瓜頭  あまり頭  頭布  頭公園  ざんぎり頭  時頭  枝頭  五十頭  今晩頭  ぴょこりと頭  日頭  一つ頭  頭腦  浅野内匠之頭  まま頭  是思家起頭夜  唇頭  頭マツテオ・カスペリイニイ  頭カスペリイニイ  百頭  九十九頭  生まれつき頭  いが栗頭  頭主格  渡頭  みな頭  丸刈頭  女中頭  三頭  ア河面さ頭  イガ栗頭  一源頭  薬罐頭  頭ぐらゐにちゞこまつてしまつたやうな気  ぢやあ一頭  二十四頭  生死巌頭  源頭  頭光  問頭  頭北面西  頭後  頭ッ  文字通り蓬頭垢面  晩頭明兼来  頭位  生れつき頭  一つ一つ頭  魚頭  素頭  頭數  頭髻  三十頭近く  六頭  一歩一歩二頭  頭いっぱい  きが頭  カッパ頭  八つ頭  女中頭つていふ  三頭一時  ぴょこっと頭  頭飾り  帝国博物館総長図書頭  ぺこんと頭  半分頭  我頭  の頭  頭ぜんたい  林大学頭  鳶頭  一寸頭  八頭  糸びん頭  小姓頭  小姓頭高木万次郎  小姓頭以外  道みち頭  給仕頭  勢ひで頭  頭右  頭附  頭越し  程頭  結つた頭  頭足未成者油  頭足  六七頭  頭デッカチ  つた頭  三十頭  一切頭  黒木小太郎水夫頭  頭葢骨  鋤頭  纒頭  づはつきり頭  頭中  づつ頭  猪頭  千三百頭入用  二千頭必要  百万頭  後頭  四頭  数十頭  二十二頭  海豹数頭  ちの頭  胡麻塩頭  拔けた頭  フト頭  水夫頭  頭日和  いつか頭  笠ぐるみ頭  頭心  上つた頭  八ツ頭  峰頭  峰頭平凡  結局散々頭  余自ら頭  龍頭  頭灯なんざ  侍女頭  五分刈り頭  庭頭  頭アーッ  十頭  頭猪右衛門  者内匠頭  内匠頭これ  頭肉  頭五つ  索頭持  龍頭蛇尾  索頭  儒臣林大学頭  世々大学頭  大学頭  手頭  ハイカラ頭  二つ坊主頭  味ひで頭  給仕頭君  頭悩  一二頭  そつちの三頭  毬栗頭  とき頭  左京頭  俺頭  坑夫頭  くりくり頭  へん頭  頭以上  後ろ頭  繃帯頭  矢張り頭  井伊掃部頭  三頭だて  上頭  何十頭  むつくり頭  ハゲ頭  日頃頭  杖頭  馬長頭  田楽頭  一頭目  豹頭環眼  何百ぺん頭  心持ち頭  クシャクシャ頭  豹頭猿臂  西頭一箇  漢東頭一箇  東頭一箇  剛直漢掃部頭井伊直弼  五百頭  二百頭以上  二百頭  軍馬二百余頭  晩二百余頭  とおり頭  勢頭九員  勢頭役  勢頭  頭椎  頭ぢゃない  それ丈頭  余り頭がち  頭余り  内匠頭一人  丁子頭  誰ひとり頭  一つ頭風  頭朦朧  典獄頭  頭次第  船夫頭  六頭牽  六十頭牽  頭一面  大膳頭  三角頭  ウイルス頭  頭一つ  押韻頭脚律  頭巻き  毎日頭  親子頭  一頭立  四人乗り一頭  こと三百余頭  劉郎浦頭蘆荻答エン  連頭路  坊主頭ぢ  頭頭  一番頭  職工頭  乱杭頭  眠つた頭  兼引付頭人となり  就中女体峯頭  キンチヤク頭  斥候頭  豹頭炬眼  独り頭  頭戸部近江  雑用物頭  ヘイコラ頭  頭じゅう  近く頭  ぐんなりと頭  丁字頭  馬一頭  五丈原頭  我頭来  偏頭風  白馬百頭  ひとつ頭  土井大炊頭  頭役  部屋頭  鷹匠頭  縁頭  土井大炊頭さま  疥癬頭  先づ頭  案頭  下男頭  戸沢主計頭  火頭  鯨一頭  頭じゅう瘤だらけ  一日じゅう頭  頭辺  名馬一頭  人夫頭青木利  ボーイ頭  牛八頭  馬廿一頭  仔馬一頭  為め熊頭  昨夜仔馬一頭斃  馬匹五十二頭牛七頭蒔付一町余ソバ  子二頭  牛十頭馬九十五頭畑地開墾四町牧草地二十町  斃馬一頭  牛十四頭馬六十七頭  今年斃馬五十六頭  四五十頭  かに頭  カツラ頭  世紀的頭腦ヨリスル是非善惡ニ對シテ應答  純白ナル頭腦ニ口腹  植民政策的頭腦  あちこち頭  奴頭  建部内匠頭  野郎頭  黒頭  紅頭  頭病  頭突き  子供同士頭顱  頭取り  頭顱  一生頭  束髪頭  切り髪頭  頭ぢ  默つて頭  間頭  一頭幾銭  自然頭  一頭頂戴  若衆頭  ア坊主頭  突き差し半分頭  はず頭  二つ頭  折頭初  頭臚  私頭  万事頭  捕手頭富沢甚内  ぐる頭  限り頭  牛馬二千余頭  頭腦中  侍医頭  優勝侯補筆頭  頭隱  夕暮頭  冠つた頭  モウケ頭  ヘキ頭  中間頭  ひとり頭  なんざ頭  二頭腓脹筋  二三十頭  五六十頭  頭一杯  大分頭  三頭馬  一頭持  二頭持  三頭持  地方平均一頭宛  頭ア  たて頭  こまつて頭  頭河  頭児湯郡下穂北村妻  はつきり頭  枝頭已十分  殆ど頭  一わたり頭  牛一頭  白髪天頭  流頭  頭麻奈流  頭屋  本来頭  終日頭  さうに頭  頭勝ち尻太  本化別頭高祖伝  頭ふみ  法然頭  典薬頭  天頭  一二度頭  都合三頭政治  頭擡ぐる死  一頭だて  ピョコピョコ頭  エタ頭弾左衛門  エタ頭  頭輕  召使頭  孤巌頭  賄頭  賄頭田村肥後  頭さ  近習頭  二峯頭百尺樓一  只頭  轡頭  カサ頭  カサ頭ビッコ  ザンギリ頭  普通頭  頭以外  頭瘡  デコスケ頭  骨頭  五分刈頭  二頭曳  正田弘右衛門小姓頭  二十七頭  家畜数頭  頭ヲマエニウナダレ  水頭  側者頭竹内数馬長政  側者頭高見権右衛門重政  側者頭  頭初  頭骸骨  頭布ゆ  頭毛  唐茄子頭  奴さん頭  従者頭  自ら頭  角頭  薬缶頭  それきり頭  ヨッポド頭  数回頭  殿頭殿  マア頭  ため頭  頭突  ぐつたり頭  銀頭  麻頭  井頭池  床頭台  ぴよこんと頭  ょくりひょくりと頭  是非一頭  頭とき  尊頭  二三回頭  凸頭  我頭腦  畔頭  外法頭  頭丸  時長頭  のろ頭  頭風  物頭  弓鉄砲頭  坊主頭め  従僕頭  明日頭  その他頭  ビリケン頭  吾人萬葉頭  幾頭  丸髷頭  青麻頭  ゃがんでいてもうっかりすると頭  向つた頭  薬罐頭め  己頭  ジャン切り頭  脚頭  女官頭  図頭  ポマード頭  三頭立  陰陽頭  山荘頭  曲鉤不上畫簾頭  現在頭  津頭  てつきり頭  イイエ頭  言つて頭  ぺこんと一つ頭  頭裏  蓬頭垢面  あなた頭  たけ頭  頃頭  頭ん中  千五百頭  毎朝牛六頭  羊四十頭  馬五頭  三百頭  牛百頭  羊三百頭  牝牛六頭  牝羊六頭  牡羊二頭  三四頭  六百頭あまり  三度頭  ザンブリ頭  いま頭  頭死せり  二頭ぢ  三頭びき  二頭ぐらゐなんでもないよ  頭役これ  郷頭人輔頭人  頭人浜下り  千頭  頭家  牡牝二頭  百頭あまり  其渡頭  十四ぐらゐを頭  二頭馬車  百十五頭  つて牛一頭  スカラ頭  堅メテ頭  頭ヲヒドク打チ  叩き三つ四つ頭  頽げた頭  位頭  頭恰好  地蔵頭  支配頭  ションボリ頭  蛇頭  眉頭  ことこと頭  火焔頭  九百九十九頭  亀頭  両方共頭  何百頭  毎日何頭  半ば頭  胡麻塩茶筅頭  下げ髪頭  一疋頭  モヤモヤ頭  こいつ頭  午頭馬頭  散髪頭  ざん切り頭  蘿蔔頭  虚頭  小笠原図書頭  扇頭  街上橋頭  却つて頭  頭ガワルイ  十頭近く  ぴり頭  散切り頭  ほか頭  鴨頭草  その後頭  何かしら頭  五分刈頭  二三度頭  てい一頭五十円  八ツ頭芋  とき心持頭  醉うた頭  ドリアン以下十頭  頭中將  爪頭  肩頭  頭具合  頭痛み  青頭  やをら頭  たいがい頭  頭大  みんな人夫頭  ハゲ頭ども  ぷつりと頭  丸坊頭  鼠頭魚  鼠頭魚釣り  頭病院  双方共頭  妻君頭  凡そ三十頭位  三十一頭  岸頭  レ夜港頭更添レ趣  頭戴  岸頭一帯千山  顔色如二塗炭一、頭装  特別頭  一ヶ月三十五頭  ょっくら頭  二三遍頭  河童頭  四百余頭  年々七八百頭  七百頭  平等院頭  三権頭兼  頭裡  恰度頭  ょこり頭  頭清五郎  十頭以上  十五頭  一きわ頭  頭一ぱい  丸坊主頭  寝たきり頭  一生涯頭  ところ坊主頭  カンカチ頭  男頭  切頭  二頭立て  苦力頭  解つた頭  今日拿二住一頭牛一  鼻ぐるみ頭  當時瀘水頭  左右兩側頭  兩側頭  一度頭髮  頭鋪  九頭  ぐあいに頭  侍頭  人足頭  臂頭  學頭信篤  みなと頭  ヒョッコリ頭  ヒドク頭  ヒョコヒョコ頭  霜頭翁  馬匹一万頭  蓬頭粗服  留吉頭  頭かきかき苦笑  役頭  いがくり頭  旗本加頭一家  加頭義輝  加頭  加頭一家  デコボコ頭  キンカン頭  神戸港頭  頭ぁさげるな  牛二頭  房頭  大事さうに頭  笑い頭  檀家頭  もぐら一頭  二十六頭  四五頭  一頭五十銭  十七頭  四頭引き  一頭引き  嬌声外頭ニ出ヅ  いっぽう頭  三頭立て  后頭  胸頭  人夫頭  ぴよこぴよこ頭  坐り頭  顔頭  納戸頭  二頭以上  頭全体  断髪頭  ぱりと頭  トテモ頭  ア頭  内蔵頭  ほか外道頭  外道頭  東宮博士大学頭範雄  頭白髪  梢頭針  井頭池善福池  見え頭  頭散髪身長五尺三寸位中肉  一ヶ所頭  所頭  頭挿  彼奴め頭  自ら我頭  一其白髪頭  イ頭ヲモタゲ  この間頭  頭もろ  矢頭  やつぱり坊主頭  正覚坊三百二十頭  タイマイ二百頭  何万頭  二メートル頭  一頭分  三十何頭  正覚坊六頭  何千頭  角ばった頭  二十五頭  二十四頭ぬき  艇頭  トテモトテモ頭  鳳凰頭  やつぱり頭  永代女中頭みたい  頭灯  茶筅頭  足軽頭  上杉兵庫頭憲房  駒二頭  十数頭  進歩的頭腦  明頭来  三十八頭  三十五頭  二匹頭  頭ほか  うしろ頭  井伊掃部頭直弼  頭もと  暫らく頭  スッポリ頭  モウ白髪頭  アッサリ頭  放免頭  散々頭  頭振り  われ知らず頭  ただ一度頭  一ぺん頭  弓頭  武頭  多年積念炉頭雪  ぐらつと頭  七八頭  一瞬頭  千頭津右衛門  千頭家  ユックリ千頭家  千頭家開運  十八頭  かさぶた頭  十幾頭  挙頭空  スッカリ頭  福助頭  三頭目  千二百頭  二十頭  四十頭  七十頭  九十頭  三十余頭  通り頭  一頭所持  云つて一寸頭  河船頭  ゴマ塩頭  いがくり頭とき  捕手頭  子頭  心もち頭  頭掛け  一日頭  頭棟朝比奈  頭高  ぎつたのをきちんと頭  大小牡牝二十二頭  十九頭  一頭百五十円以上  十頭ぢ  鳥渡頭  頭等元勲  租税権頭  童頭  警固頭  井伊掃部頭様  大老掃部頭  一頭の  頭燃  失つた頭  兵庫頭忠平公  物頭たち  頭五郎吉重  こころもち頭  入道頭  頭腦精神  頭等  頭腦餘  十一頭  小使頭  乳牛一頭  数百頭  十三頭  乳牛十数頭  水瓜頭  今日このごろ頭  頭髮豐  一ぱい頭  七頭  一頭一頭  頭さま  蓬頭垢面そのもの  ぐたりと頭  丶大名士頭  城主土井大炊頭  侍僕頭  何ひとつ頭  頭梁株  赤頭  四角ばった頭  板頭  楽頭職  五頭駕籠  船手頭向井将監  船手頭  彼女頭  頭茂時  乗りかえ馬一頭  ぴらと頭  二頭目  竹頭木屑  頭の  頭足類  一体頭足類  亀頭剥落  開頭  くわい頭  通り坊主頭  熊一頭  一万頭  モジャモジャ頭  頭ざはり  斬髪頭  換え頭  駄馬一頭  みな六頭  胴ヨリ頭小サク  ひとりひとり頭  木槌頭  クワイ頭  臼頭奴  狐頭  五六頭モーモー  私兵頭  酒井雅楽頭  雅楽頭  十頭余  頭音  頭ゴナシ  七十五頭  我慢づよく頭  大炊頭  頭奉行  包頭連  頭ゼノン  囘セバレ頭  ベコベコ頭  朝頭  頭飾  瘡痂頭  一条頭  なかば後頭  二三頭  海頭  頭ニ一嚢  児頭大  一時頭  白長鬚鯨一頭  百五十頭  二千頭前後  七百余頭  一頭三  鰮鯨一頭  頭かざり  アイツ頭ガイイカラネエ  碑頭  ゃ頭  不快さうに二三度頭  おれ頭  脚・頭  左兵衛頭直義  旗本頭  頭尾二つ  四頭立  首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ  頭髷  林図書頭  近来頭  番所頭  瞬間頭  頭ア下げっ放し  頭たち  上つて後頭  二筋三筋扇頭  アア頭  愚頭  アノ鼻頭  ト頭振り  我頭の  醉拂つた頭  大学頭紀  二頭政治  頭板  数千頭  あいだ頭  五六頭店先  折柄有馬玄頭邸  恐々頭  コノール頭  頭飾り等  鉄砲頭磯谷矢右衛門殿  これ頭たち  潮満沙頭行路難  潮沙頭  四つ頭  一枚頭  過去十日間毎朝頭  龍頭壺  犢十頭  二分刈頭  づれて頭  荒駒三百三十頭  内蔵頭忠綱さま  晩頭将軍家桜花  砂頭  内蔵頭忠綱朝臣勅使  勅使内蔵頭忠綱さま  右馬権頭頼茂さま  晩頭雪  右馬権頭頼茂朝臣  頭中将  父頭中将  頭ぐらゐ  頭ふりふり  支配頭屋敷  頭横柄  安井三尺草頭  五六頭  頭みたい  姥頭  したたか頭  生死岸頭  鳥頭  床頭  冬瓜頭め  二十頭ぐらゐの馬  甲種合格十四頭  生れ付き頭  云つて頭  蔵人頭  兵庫頭定実  洋場頭  納屋頭  八つ頭向う  らっきょう頭  耳頭  孤島頭  頭常吉  小作頭  頭杉右衛門  三頭鼻面  長屋頭  今し方頭  頭天  まくら頭  今朝頭  頭ガイッパイニナッテイルノデスガ  頭がい  危く頭  ピツタリ頭  頭垢  仏頭みたい  昨夜仔豚三頭  先刻頭  頭註  焼豚三百十九頭  毎月頭  豚五頭  三頭政治  頭突込ん  二人一頭  写真頭  頭じゅう繃帯  頭三上  最後頭  四日頭  頭出頭  頭店主人  傘雨宗匠頭  四十四頭  うち数頭  一頭三十貫  知頭郡蘆沢山  赤頭太郎  馬七頭  十余頭  ツイ頭  灰頭土  灰頭土面  赤頭道成寺  猟頭令兄  クリ頭  たくさん頭顱  頭ばつ  頭痛み雲掩  ゴマシオ頭  眞骨頭ナポレオン・ボナパルト  雲間寸觀大木頭  大木頭  大小二頭  こいつ鳶頭  市人鳶頭  三頭共  頭ン中  ょうけんめいで頭  弟子頭  小納戸頭  折柄二三頭  五六頭だて  頭もろとも  馬回頭  番所頭菅右衞門八  此後加藤主計頭清正  鐵砲頭以下數十人  窓頭  方支配頭  みずから頭  頑固頭  川船頭  牢頭  祐筆頭  祐筆頭大口三郎  浅草三番組鳶頭  三番組鳶頭  雜つた頭  學頭  永井玄蕃頭  床頭台上  鉾頭  代々頭  頭元  頭ごと食  物頭ども  坊頭  一頭いるか二頭  四百頭分  百二十二万五千頭  三百二十三万頭  五千六百余頭  頭役人  犬十頭  乞食頭  脳頭  総髪頭  頭腦的  城主土井大炊頭利位  毎日木樵頭  牡馬二頭立  俺ア頭  崖頭  峰頭二裂  円頭顱  二頭立ち  九頭龍川  たくさん頭  詰め頭  一頭背  工夫頭  郡属伊原忠右エ門科頭  三千頭  幾百頭幾千頭  虎鮫七千頭  おまえたちみんな頭  ぢけた鼻頭  ,頭  入れ,頭  エタ頭三吉村関助  其方共之頭京都皮田村  頭中様  髑髏総べて五千五百余頭  仕丁頭中  エタ頭下村勝助指揮  ただ一頭  大抵エタ頭  頭共  十頭馬  六十頭  塑像佛頭  ボクら頭  うに頭  先づゆつくり頭  馬二頭  二つ三つ頭  豹子頭林冲  渡頭守  二頭とも  番組頭  今五十頭  羊一頭  蓬頭  大工頭  父剛造自ら頭  頭抱  垂頭  頭揚  頭押  悄然頭  頭億万遍一罪  犬頭  頭梁  松平仲御徒頭次席  貫レ頭衣レ  馬丁頭  ゎっとなった頭  ゎっと頭  かわり頭  百頭千頭  一頭何千円  一頭数十円  一頭奥州  浪頭  頭分け  一千頭  五百頭千頭もの  五百頭千頭  百千頭  殿頭様  五百頭それ  心持頭  平均十八頭位  猩々一頭  頭工合  蚊頭  蠅頭  酒井雅楽頭様  先代井伊掃部頭  秋田藩物頭役  一大巌頭  穗頭  瘤頭  穂頭  如く樹頭  主計頭  頭つけ候  参謀頭  二頭飼つて  頭像  ジャングル頭  内部的ジャングル頭  頭弁  犬二三頭  づゝ頭  頭平兵衛  年取つて頭  常々頭  平生頭  御纏頭  モクモク頭  独頭かく  三頭九尾  力一ぱい頭  古来龍頭  舞子頭  纏頭用  歌頭  人身象頭  憂日暖堤頭草風涼橋下流人  堤頭  御陵士頭  釘頭  頭ガ大久保上野介ト云イシガ  頭ガ  金次郎ガ頭  頭沙汰ニシテ  頭取扱モ不断ニ敵対シテ  五頭氏  杭頭  汝国之人草一日絞殺千頭云々愛我那邇妹命汝為  頭三個  貰つて頭  秦四書頭  素細工頭支配玉屋市左衞門  楽頭職観世大夫  掻巻頭  拳頭  少時頭  かっぱ頭  図書頭  厩頭  舟頭さん  円坊主頭  豚数頭  頭さ木杭  土頭  陸軍頭  女房頭  女房頭周防  頭爛頭  一頭物  今六十頭  虎頭  頭顱各五箇  蛇二頭  蛇頭天  頭つて  通り蛇頭  者頭  頭扁  飛頭蛮  女優大分頭  頭分子  牛五頭  もの頭大  頭馬  頭頸  仏頭  摩頭羅  狗頭猴  狗頭  喜望峰狗頭猴  覓むる狗頭猴  十頭羅刹  昔十頭鬼王  通常人身朱鷺頭  鷹頭  狗頭猴中  狗頭猴旭  持筒頭  徒士頭  いくらハゲ頭  一同ハゲ頭  徒士頭松平若狭守改易  そりゃあ頭  つき頭  一頭丸焼  馬鹿頭  掃部頭士某  矢頭右衛門七  去年内匠頭様刃傷  頭大石内蔵助様  先君内匠頭  オカッパ頭  ゴルゴン頭  頭尾  頭俺  拳頭菜  頭斑身赤文斑  豚百頭  豚二百頭  豕二頭  城代土井大炊頭利位  物頭五人  仲居頭  大黒もと象頭  象頭神ガネサ  二頭会談  釣船頭  頭水  頭ヲナグリツケラレタノデハナクメノマヘニオチテキタクラヤミノナカヲモガキ  水ニハコドモノ死ンダ頭ガノゾキカハリハテタ  頭モ顔モ脹レ上リ  ジヤウナ形ニナツテヰタ頭ガヒドクフクレ  駿馬一頭  豪勇ども各々纏頭  近習頭白須賀源兵衛  大学頭林家  ょこんと一つ頭  八万石大炊頭様  六万石石川主殿頭  土居大炊頭利秀公  総勢二十一頭  塀頭  二十一頭  末頭  其後頭  頭全部  頭勝ち  ヤカン頭  巾着頭  畜生頭  といつて頭  毎年頭  内藤掃部頭正成  土居大炊頭利勝  馬匹九十五頭  生馬六頭  三十数頭  頭はり  物頭井門亀右衛門  鉄砲三十挺頭  鉄砲十挺頭  物頭列  有路上壺頭  國頭  字頭  國頭郡  よう頭  驢馬一頭  近く峰頭  二頭菰包み  熱頭  むつつり默つて頭  頭腦がい  頭付軸木  把頭  頭薬  眉楼頭  思つて頭  不変頭  鼻頭橋  鼻頭稲荷  一パイ頭  カンシャク頭  ぐつたりと頭  痺れ頭  十八九頭  九頭九尾  二度頭  乗つた三頭  翌朝頭  ぢ頭  峯頭  頭自身  消防頭  祠頭  前後三頭一列  頭禿  大部屋頭  頭ぐるみ自分  お針頭  大岡兵庫頭  兵庫頭  ぴょこりとひとつ頭  針頭  とんぼ頭  警護頭  一頭きり  樹頭  小手先きの芸頭  イキナリ頭  看守頭みたい  金杉橋頭  築地橋頭  三柏葉樹頭夜嵐三幕  繊月樹頭  頭深見十左衛門  喧嘩頭  撥髪頭  ひととき頭  ぐらゐではなかなか頭  びとり頭  あたし頭  一部分頭  飯場頭  三人共頭  昨日飯場頭  時飯場頭  頭数割  いが粟頭  頭指  北町奉行榊原主計頭  悩乱説法者頭  長次郎頭十一時二十分  長次郎頭一時半  頭布等  迫つて頭  頭斜  数度頭  襟頭  聴水頭  我知らず頭  イガグリ頭  五分苅頭  女給頭  牛五十頭  冷頭  回頭  組合頭  三十四頭  駒三十四頭  牝馬二百四十頭  三百余頭  時折頭  全体頭  ょこりと頭  ラマ一頭  牝牡二頭  五十余頭  午前十時ごろ一頭  ぎりしめるとひやっこいするどい頭  姫頭  烏帽子頭等  それぞれ頭  努力頭  丁度頭  ぴょこりと一つ頭  殿頭  後世田沼主殿頭  主人田沼主殿頭  木魚頭  このごろ頭  スツポリ頭  ぱ頭  酔つた頭  万蛇頭  プラン頭  頭状  性喜コノム二高阜墻頭  青年部各々頭  萬蛇頭  根頭  花頭  元来頭  むづと頭  抽斗頭  大体頭  うち頭  我むしゃら頭  一頭立て  一人白髪頭  二十三頭出場  四頭立て  二百二十五頭  頭児  牢頭様  三十三頭  港頭  バケツ頭  装飾頭  坊さん頭  百数頭  犬猫四百六十頭  ゆうべ一頭  頭骸  牛三頭  きり頭  念々頭  頭鬼  二頭びき  纏頭散財積ン  十二頭立  白馬三頭立て  牀頭花一片  頭醫者  頭惱  虎頭燕頷  コンナ頭  クリクリ頭  合羽頭  頭無  頭相当  ポックリ頭  掃部頭  頭熱足寒  駱駝一頭分  づち頭  さい槌頭  三頭立て馬車  二禍頭  づ頭  頭ぐらゐの石  もの的頭でっち上げ風  所謂外法頭  へた二頭  白ちゃけた頭  陵頭  大分みな頭  茶筌頭  ぴいんと頭  井伊掃部頭さま  槍一筋馬一頭二百石  ごま塩頭  大老井伊掃部頭様  井伊掃部頭殿  掃部頭十日  掃部頭直弼  瓢箪頭  受取つて心持頭  ぴょこり頭  何度頭  残つて頭  時自ら頭  ふから頭  頭がち  其肆頭  コック頭  気難かしく頭  つた一頭  ぼんくら頭  だし頭  所謂頭  頭いがぐり  隊頭立候者ニ面会可レ致  隊頭立候  先日モ翔鶴丸ハ水夫頭  石田及下等士官水夫頭  イヤト頭  栗頭  びとなくかれの頭  四頭立馬車  六頭全部  痴呆けた頭  水牛六頭以外  獅子座が頭  池頭  ぎますよってとぴょこんと頭  若年寄田沼玄蕃頭  細川玄蕃頭  堀内藏頭  酔ひどれ頭  ぐみ頭  グミ頭  尽き頭  丁髷頭  床頭臺  一頭こっち  七二我頭  一八われ頭  こと頭  彼頭  六三頭さ  頭三  頭處女  三頭三體  五十頭百手  女給頭一人  数十頭雑居  すべて頭  ぎんぎん頭  蔵頭露尾  芸頭  頭はみ  頭クリクリ坊主  ザン切り頭  頭思いの外  じき頭音  老中筆頭田沼主殿頭  田沼主殿頭  頭成  辮子頭  汝等頭  一二六頭  馴染頭  一三二頭  端頭  びあがったほうたいまきの頭  夜頭  頭そのもの  房主頭  衣裳頭  象頭神  一同頭  城主酒井雅楽頭忠実  西丸目附徒士頭十五番組水野采女  三三頭  頭エトナ山下  句頭  王頭椎  従つて頭  頭七個  眠つて頭  ガンダーラ仏頭  菩薩頭  大学頭以下五人  国際茶坊主頭  頭下  起頭  用人頭  青黛頭  三ツ四ツ頭  頭光一氏  頭氏  頭両氏  皆房主頭  ょこと頭  途中一寸頭  こ一丈二尺一頭三面  山人頭  頭ぐらゐの小つぶ  九頭大明神  あんた頭  日本中みな頭  巻物ハ我ガ王父従五位下図書頭殿  漁師頭  相伴頭穴水小四郎  會つて頭  素頭刎  岸頭籬根  頭ツ  会つて頭  復頭  縦頭可  今朝支配頭  六頭立  ぱけなろくでもない頭  まんま頭  小児頭  止針頭大  これ以上頭  何かしら眼頭  唸り声頭  頭膊筋  冷頭靜  頭八つ尾八つ  數十頭  十六頭  十四頭  二頭三頭  半数十頭  内蔵頭信基  オイ頭  加藤主計頭  一梢頭  加藤主計頭清正  乗換馬二頭  霜頭  結局頭  酒井雅楽頭忠清  犬二頭  まま二三度頭  タマラナイ頭  位スゴイ頭  あいだ坊主頭  頭がさつぱりとして室  頭陳謝  五分刈り頭  



前後の言葉をピックアップ
アタビスムス・  アタピン  アタピースグヤー  あたふた  アタフタ  アタマ  頭打  頭株  頭金  頭ごなし


動詞をランダムでピックアップ
願う選ろ気取っ面くらっ転がせつめこん拒もすぎるにぎりひきださせせら笑っよりかかり取り逃がしひっくり返っ吊上がっ書残し現われ端折りきくし棚引か
形容詞をランダムでピックアップ
広し気味悪うなさけない不味かろもどかし上手く面白けれ男らしかっ細かかっ忌いまし好い愉しかろみみっちいあしき見やすき古めかしい狭けれ手ぬるい恨めしきあつくるしく