「響く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 響く[動詞]
尋問というと固苦しく響く  天井へ響く  彼方に響く  脳へまで響く  力を入れると、凛と響く  やうに響く  鼓が響く  やけに響く  ように耳新しく響く  艪が響く  野に響く  底から響く  胸まで響く  彼杖の響く  無意味に響く  雨に響く  微かに響く  源兵衛村中へ響く  赤旗の歌で響く  混り優しく響く  ふうに響く  果迄響く  果まで響く  中に響く  ように響く  ぬいさんが凛々しく響く  福音のごとく響く  耳に響く  霤に落ちて微に響く  空に響く  静に響く  岩屋に入って、凄く響く  僧と響く  音はまだ響く  はつきりと響く  音がガーンと響く  ガンガンと響く  闇に響く  いやに響く  音が響く  あたりに響く  パーンと響く  バクダッドに響く  寒空に響く  梢に響く  胸に響く  心に響く  読者に響く  底に響く  鼓膜に響く  遊里と響く  荘重に響く  調子さえ響く  如く糸と細りて響く  上に響く  音が高く響く  遠音が響く  返事をする、その打てば響く  枕に響く  乳房へ響く  Tut!とも響く  耳にまでも響く  かすかに響く  愚痴つぽく響く  不調和で不釣合いに響く  同情だけ響く  声が響く  余計に響く  のが、響く  繞るごとくに響く  遠近に冴えて響く  声お呼びくだされば、打てば響く  まま、打てば響く  それこそ、打てば響く  頭を投げかけると、よく響く  下腹に響く  貝殻に響く  音が絶えず響く  特に耳に快く響く  声が、おそろしく大きく響く  工合に響く  淀川にも響く  もっと人心に強く響く  パンパンと快よく響く  張りのある響く  経済にさし響く  ーんと響く  窓硝子に響く  声の響く  殘にさへ響く  全身に響く  耳鳴りだけが響く  空洞に響く  調子を取って響く  ジーブッ、ブーブーと響く  岩間に響く  廊下へ響く  音を打てば響く  中村は、よく響く  名に響く  柔かに響く  畑を越えて響く  中で、こまかく響く  今の世にも生きて響く  背後から響く  室に響く  風にのって響く  柔軟な響く  上へ響く  哀切にも響く  無常にも響く、楽しくも響く  んと響く  頭へずうんずうんと響く  廊下中に響く  とんごとんと響く  耳元に響く  耳には際立って鋭く響く  とくに響く  神経に強く響く  空論と響く  言葉として響く  遠くに響く  何かぴんと響く  木村だって打てば響く  さざれに響く  町に、ぽかぽかと響く  ターンと響く  殊に象徴的に響く  中で響く  声がぴんと響く  床へ響く  倉地に響く  一度、ともすれば響く  遠くから響く  ザンブと響く  研究対象とするらしく響く  音は響く  耳に極めて快く響く  耳許で響く  波が響く  谺に響く  第一声が響く  耳にはつきりと響く  山々に響く  餘韻永く響く  真実と響く  音が鋭く響く  間に響く  意味が強く響く  語調が可笑しく響く  いやにぴんぴん響く  遥に響く  秘に響く  山野に響く  ドサンと響く  世間へ響く  丁丁と響く  音が、ぽんぽんと冴えて響く  朗々と響く  天井に響く  非常に強く響く  皮肉にも響く  善悪には響く  こんどは、打てば響く  相手にどう響く  非常に鋭く響く  一時に響く  音なく響く  耳にも響く  一本ずつ響く  朝風に響く  戛然として響く  唐糸の響く  耳まで響く  一声二声高く響く  水に響く  山の上まで響く  頭に響く  路地に入り乱れて響く  敷石道に響く  其独言が響く  常明寺から響く  ように颯と響く  山から響く  底力を持つたよく響く  大脳には、ただもううるさいと響く  ポンポンと響く  曠野一面に響く  チャイムとなって響く  臨場して、遠くまで響く  ガンと響く  広間にがんがん響く  隅々までも響く  ドシンと響く  客間から響く  頭まで響く  裏までも響く  言葉に響く  奇怪に響く  如何に響く  思いのなり響く  なかに響く  深夜に響く  耳に快く響く  ように打てば響く  桟敷へはよく響く  妙に物凄く響く  鼓動が高く響く  うち絶えつ、またも響く  政治は、打てば響く  音の凄じく響く  陰々として響く  如くに響く  虚空に響く  小石を潜って響く  風のごとくに響く  お雪さんは、その、きっぱりした響く  川瀬が響く  山に響く  政治綱領めいて響く  達者に弾き、よく響く  もとに響く  チャンと響く  ゴトーンゴトーンと響く  階下まで響く  足音に響く  廓へ響く  雷の鳴響く  耳に籠って響く  チリリンチンテンと響く  爽かに響く  胸底に響く  皆さんにはピンと響く  言葉をかければ、響く  空廊に響く  鈴が響く  ような打てば響く  とどろと響く  わしにどんなに心強く響く  もの空に響く  花のように艶やかに響く  街頭に響く  ブスッと響く  殊にあなたにどう響く  脳天に響く  頭上に響く  逆説めいて響く  方から響く  下々に響く  遠方で響く  講釈を聞きに行かないかとすすめられて、打てば響く  直ちに詩になって響く  胸に高く響く  地に響く  交つて、好く響く  山へ響く  大袈裟に響く  ゴーと響く  廊下へも響く  白山へドーンと響く  可なり響く  古田が、こんなによく響く  表通りまで響く  不可思議に響く  笛が響く  上、おそろしく響く  音がどんどんと響く  野から又野へ響く  筒抜けに響く  きれぎれに響く  駒下駄に響く  こだまに響く  意味に響く  砲声が響く  風に響く  コーと響く  耳にも、響く  根かとも思われて、カタカタ、カタカタと響く  戸障子が鳴響く  谷戸に響く  底へ響く  肩に懸って響く  音も、悲しく響く  頭には響く  諸行無常と響く  是生滅法と響く  寂滅為楽と響く  かたが、どんなにいやらしく響く  颯々と響く  靜けきにかかりて響く  のが際立つて響く  欧羅巴中に響く  廣間に響く  容態に響く  体に響く  音の微に響く  ヴェランダから法螺貝が響く  音、響く  方へ打って響く  のですが、打てば響く  頭がズシンと響く  耳には、なにか力強く響く  足許に沈んで響く  彼方にどうどうと響く  雲間に響く  からからとも響く  松風が渡って響く  まま、ズシンと響く  のに響く  月より響く  底にて響く  どこからか響く  うつろに響く  ビクとも響く  どこからともなく響く  それがどう響く  方に響く  眠む気に響く  遠音に響く  如くぞ響く  裡より響く  頭へ響く  心臓へ響く  平常よりも明かに響く  現実には打って響く  場合、さもしく響く  ほうがよく響く  疲れた頭に響く  雲を破りて響く  絃歌盛んに響く  実状へ、新しく響く  街路に響く  自然に響く  糸が頻りに響く  からんころん、とても澄んで響く  へんに大きく響く  連関と、打てば響く  明らかに響く  女に響く  調子に響く  イヤに高く響く  愛嬌に充ちて響く  谿をわたつて打ち響く  痛切に響く  仕事はいつまでたってもカチンと響く  唄が響く  おだやかに響く  向うまで響く  肝高に響く  都会人の打てば響く  ケタケタと響く  丁々と打ち響く  何処まで響く  華やかなよく響く  音の高く響く  雲にまで響く  一番強く響く  音楽が響く  存在を打てば響く  こだまして響く  タタキに響く  硝子窓が破れるほどに響く  声がしきりに響く  やうに快く響く  異様に響く  綾を流して、響く  音も響く  ぎい、と響く  混って響く  脳にも響く  激して響く  むしろ家じゅう震え響く  けがはっきりと響く  夕やみに響く  雪の下に響く  音があんまり悲しく響く  根に響く  調子で響く  天地に響く  言葉が響く  基礎から響く  足音が響く  猥らに響く  ピーンと響く  胸へ響く  はるかに響く  空にでも響く  キンキンと響く  おかしさが、すぐ響く  問いに、打てば響く  跫音のよく響く  眞實に響く  ガタガタと響く  スクリュウが響く  スクリューが響く  嚠喨と、起って響く  耳にがんがんと響く  独断めいて響く  雲に響く  陰氣に響く  電車の轟きだけがときどき響く  通りに響く  児に響く  石に響く  未来に響く  耳朶に響く  心霊に響く  瀬が響く  瀬も響く  物音が響く  名前は既に縁遠く響く  礫がぶつかって響く  様に響く  窓から響く  音律に響く  素子は、打てば響く  夫人のものいうと響く  時折内儀の叩くらしいぽんぽんと響く  襖一つ越して響く  国外にどう響く  いふ風に響く  後へ響く  固有名詞として響く  電車が響く  一つ一つ谺に響く  音のみが高く響く  何と響く  絶間なく響く  間断なしに響く  空気を劈いて響く  ものとして響く  Contradictioinadjectoとして響く  真実として響く  階下に響く  皮肉に響く  傷に響く  ワーンと響く  チクタクだけが高く響く  暗闇に響く  しんかんと響く  轟然と響く  霜に響く  心には、ぴんと、響く  淙々と響く  ゅうひゅうと高く響く  歯がよく冴えて響く  街に響く  音なり、ドーン、ドーンドーン、ドーンと幽に響く  心にどうして響く  濃淡も強すぎるほどに響く  さに響く  路から響く  胸には、ぴんと響く  部屋に響く  床にしも等しく響く  胸をゆるがして響く  何う響く  船体全部に響く  轟と響く  大溝へ響く  窓下へ、どしんと響く  全体に響く  力をもって響く  波に響く  骨に響く  かなた遠く響く  中からボーンと響く  何、響く  音立処に高く響く  ヒュウと響く  空腹に響く  さらさらと響く  ますます調子よく響く  森に響く  ズンと響く  からからとよく響く  ように、飛び上がってもカンカンと響く  ッと響く  音羽の滝が響く  頭にピンと響く  地底から響く  あるかのように響く  文句がくりかえし響く  且充分さう響く  上にどんなに響く  それと響く  世に響く  戸長免職がどう響く  飛騨行きにどう響く  庭下駄が響く  ばたりばたりと響く  湖水に響く  有意味に響く  廊下に響く  笑聲が響く  底までも響く  喇叭あたりに響く  ぴいんと硝子の響く  笑声が響く  音優しく響く  壁へ響く  上に、ジーンと響く  詩に響く  印象はおそらく打てば響く  銃声が響く  音色をもって響く  隣室から響く  ゆるやかに句切って再び響く  三町四方に響く  からよく響く  満足の響く  聲透りて響く  一声四辺に響く  空虚らしく響く  外に響く  訛りがいかにもなつかしく快よく響く  こともなく響く  黎明に響く  音に響く  嫋娜かに響く  反逆的に響く  廻転機や、響く  特別に響く  足音が大きく響く  聲のみが忙しく響く  北へと響く  調子が響く  さが響く  脈の響く  心にどのくらい響く  鈴に響く  世界に響く  音がゆるく響く  シューと響く  色に染まって、叩けば響く  深刻に響く  本堂にまで響く  野へ響く  脳髄に響く  時高く響く  から鐘の音が鳴響く  神經系にがりがり響く  全市中に響く  拍子木が響く  夜気に響く  語尾の響く  若い男がよく響く  町に響く  ずいまで響く  皮膚に響く  形容するに響く  村に響く  夜毎襖に響く  かたに響く  内容をもって響く  不思議に響く  ドックに響く  寺中に響く  耳底には異なって響く  頭にもぴんと響く  しんに響く  筒ぬけに響く  ブリリと響く  トンと響く  事務的に響く  必らず響く  俗に打てば響く  きんきんとするどく響く  笑いの響く  



前後の言葉をピックアップ
響きわたり  ひびきわたり  響きわたる  響きわたれ  ひびく  ひびけ  響け  響こ  ヒビスカス  ヒビト


動詞をランダムでピックアップ
はまりこみ噴き上げさきだて乗りこまかせおどりあがら引裂き太っ繋げかりこん加わら凋ましこ捨て去ら打ち出す祭り訊ねれ痛める準じる反り返る
形容詞をランダムでピックアップ
ひもじいふさわしやかまし欲しきくさかっ若々しいもどかしき良きつまんなかっ名残惜しゅう勿体なし水っぽい名高い卑しからけわしく黴臭く細かくっやむなくこわかろうるさかっ