「靡い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 靡い[動詞]
炎の靡い  ように靡い  風に靡い  容易に靡い  肱に靡い  方へ靡い  日本全国上下を挙げて靡い  踊り上ったり靡い  横なぐりに靡い  草の靡い  艶やかに靡い  向うへ引かれて、靡い  波形に靡い  傍から薄が靡い  川に靡い  右左へぐらぐら靡い  空に向かって靡い  襖にすらり靡い  こちらへ靡い  こともあり、その靡い  枝葉が靡い  やうに靡い  下流に靡い  上下に靡い  左右に靡い  水面に靡い  枝に靡い  右へ靡い  向うへ靡い  寒い風に靡い  今に靡い  三度上下に靡い  火焔の靡い  憂鬱に這い靡い  小郷に靡い  ひらひらと、靡い  上に靡い  撫肩の靡い  おくれ毛が、ゆれて、靡い  自然と伝ったろう、靡い  下さまに靡い  枝が靡い  西へ靡い  體東へ靡い  かぎり風に靡い  穗が靡い  影が細長く靡い  葉に靡い  そうに靡い  柳が靡い  ように弱く靡い  彼方に吹き靡い  関東も靡い  微風に靡い  どっちへ靡い  莽と靡い  胸に靡い  裾が靡い  萌黄色に長く靡い  草が頻りに搖れ靡い  谷へ靡い  一斉に靡い  二すじ三すじ横に靡い  まり地上に靡い  方角へ靡い  底に靡い  あたりに極めて美しく靡い  /″\に靡い  微かに靡い  柳月のかげに靡い  三度目に靡い  西風に靡い  ものが靡い  むるに足るほどに靡い  秋霞の靡い  下に靡い  ように、美しく靡い  おくれ毛越にはらはらと靡い  雲が軽く靡い  裾野とほく靡い  一文字にさっと靡い  一文字に颯と靡い  煙がくろく低く靡い  左右に吹き靡い  見事に靡い  秋風に靡い  横に靡い  青空をはいて靡い  崖に靡い  どっちへも靡い  裾模様が軽く靡い  樹がさあと靡い  風に吹かれてひらひらと靡い  白いきれが靡い  水が高く靡い  西へ向いて靡い  疎らに靡い  立ち長く靡い  天を焦がして一方へ靡い  赤あかと靡い  提燈を掠めて淡く靡い  ガサコサと靡い  雲の白く靡い  徐かに靡い  山の上に白くふわふわと靡い  流に靡い  川風に靡い  ものに靡い  雲が白く靡い  ひらひらと靡い  濡縁へ靡い  背も靡い  蕭々と靡い  一筋に靡い  霜が靡い  薄が靡い  和らかに靡い  私に靡い  斜めに靡い  むせるように靡い  月が、うらうらと靡い  方嚮に靡い  川藻の靡い  一連に靡い  青嵐が吹き靡い  後ろに靡い  末濃に靡い  横ざまに靡い  草木も靡い  風を孕んで靡い  風に煽られて靡い  端が靡い  さやさやと靡い  



前後の言葉をピックアップ
ナバレテ  魚彦  ナヒモフ  那比  なびい  なびか  靡か  靡かせ  なびかさ  靡かさ


動詞をランダムでピックアップ
かさみ錆びつい作り上げよかなぐり捨てる捕まえ渦巻こむらし見合わ居合せる捏ね入りかわらすれちがっやり遂げる測ろ踏みだすうつらせいすれ弄び刈込まつきもどし
形容詞をランダムでピックアップ
まるし幼かっ敢なく佳きせつな重きうすら寒貴しいたう恋しかっ気軽いめまぐるしするどきぬるからよそよそしかっ涙ぐましく狭き浅くっ浅しこころやすく