「雛」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
雛にやるので  雛を見る  雛を出して  雛を見ている  雛をつくり  雛の宵の蠑螺の忍びなきは涙ぢやありません  雛の節供にお雛はん見せとくれといって来る  雛の供物を取ってゆく  雛が逃げ出し  雛に心付いたらしい  雛の剥製を籠から出してしまった  雛に菜ッ葉をやったらね  雛が菜ッ葉を踏んづけて食べられなくした  雛を買ひ集めてみたり  雛を育てる  雛がてんでに時を告げだした  雛を祭れと命ず  雛がとぢ込められてゐた  雛が孵つて  雛を見なかつたが  雛に餌を食べさして  雛が来ては  雛を呼びます  雛はみんな走  雛はもう一度お母さんのまはりを走  雛を拵へる  雛とともに戯れている  雛を並べた  雛に逢着する  雛を一つかりておいで  雛を八羽ほど孵させた  雛が卵を生み始めたので  雛でも孵そうという  雛をくれと云って来たと云ってさわいで居る  雛の鶯の啼く  雛から受け取った  雛でも飾る  雛を誇る  雛の灯に盗人を追ふ  雛を捨てし  雛の句は袂ながらに盗まれし盗まれし  雛その如き真白き影のふと見えぬ  雛から鳥屋で育つた  雛の親鳥の周囲に馳せ集うが如く  雛が水に入って帰らない  雛を待つ  雛などの知識がないんでいちいち訊ねられると困る  雛や五月の幟などを弄ぶという  雛とかのぼりとかいうものは何といっても  雛やのぼりが新しくなって行った  雛を温む  雛の間で一人お客があった  雛だというが  雛の壇を見ましたがね  雛は鼠一疋がたりともさせない  雛がどっと惣立ちになった  雛を大切に取出し  雛の道県だのを持ってる  雛は皆助かりましたし  雛を大事がんなさる  雛を自分ごッこにでも極めているんで  雛かとも見紛うた  雛を孵す  雛の孵えた  雛の頭が覘いている  雛は日にまし大きくなる  雛を畳の上に持って来て  雛の事を思い出す  雛は置こうかと云いますが  雛なんぞはいらんと云え  雛の歴史を調べる  雛を飾り  雛の信仰をもって廻った  雛を祭っているというが  雛を抱える  雛をかえさせるので知られているほどだから  雛の囀りが  雛を隠す  雛と五人囃子なぞをしるしばかりに飾ってあった  雛だけ助けたほど  雛を送り流し  雛の製作にも年代および地方の著しい変化のあった  雛の細工が余りに精巧を尽した  雛に霊がある  雛を水に流す  雛を川に流すとて  雛にもやはり草を結い  雛とか七夕とかに物を貰いにあるく  雛は幾羽となく母鶏の羽翅に隠れた  雛の道具を片づけてゐた  雛も萌えたと云う  雛に早く会いたい  雛を祭らなかったが  雛が一杯蠢いていた  雛が一杯蠢いてゐた  雛でも養う  雛にかしずいている  雛が忽ち会場の天井の高窓から飛び去って  雛のそだてに  雛をあやすとて  雛は親のふところにこそりこそりと潛りこむ  雛の玉の殿を誰が子か見入りて  雛に穀物を啄ませ  雛の声の聞えはじめる  雛をはぐくむ  雛は十日ばかりで斃れてしまったので  雛を磯貝の旅館へ持って行ってみせると  雛をつかみ出して  雛をかへしてゐる  雛に餌を撒く  雛も余さず飛び立つてしまうた  雛が親鳥の来る  雛の雌雄いずれが多いかという事はその親鳥の食餌や鳥屋の温度その他の周囲の状況できまる  雛にも劣らぬほどに  雛を見た  雛を持っていた  雛などを買ってもらって立てた  雛の小さな膳で物を食べてみる  雛は十二年前江戸へ行く  雛の椀や皿見た  雛の衣や薄き夜の市盃の花押し分けて流れけり  雛をかえして  雛が仲よく枝から枝へ飛びうつっていました  雛が両方へわかれて駈けた  雛を片附けた  雛を片付けた  雛を飾った  雛は蒼くなっておどろいた  雛はほっとする  雛の船の艫にあたる  雛はきゃっといって飛び上がる  雛は川へころげ落ちた  雛は夢中で牛の角にしがみついた  雛は牛の角を掴んだ  雛を引揚げて  雛はそれと深くなってしまって  雛は急に立ちすくんでしまった  雛は肯かない  雛の手を引摺って行こうとするが  雛と共に引っ立てられるので  雛はたしかに牛を見たという  雛の頭に強く沁み込んでいたので  雛を待つの  雛は十八の年に菊園の嫁に来て  雛もお福も気ちがいのようになって騒ぐ  雛が食べさせてもらう  雛を得る  雛になっても  雛の足を双方から交叉して  雛にしたり  雛を孵化してみたい  雛の内は雄の方が料理用に適します  雛を連れて来て  雛になるかを知らせてくれと頼んで行ったが  雛に通って来たりする  雛は昨日あたり孵ったかと思われる  雛を河原に持ち出して  雛と言ひ  雛を汝せちに  雛の毛をあらためました  雛の鶯を蹂み躙った  雛つ仔が地に撒いてある  雛ではないかと思われる  雛を捜し出し  雛をお飾りなさる  雛は二百年このかた伝わっている  雛ずつ分けて持って  雛と人と二組みの女夫をめでたくこしらえ納めようというので  雛をご拝借願いましょうかな  雛とかけて  雛を小わきにしながら  雛が十体ほどもある  雛がまた比較にならんほどずばぬけて  雛のでき  雛が売れている  雛をこしれえて売り出す  雛を作るからには  雛をこしらえた  雛も作り  雛どろぼうだろうとにらんだ  雛を売り飛ばし  雛をまにあわせたという  雛をお隠しあそばされた  雛のほうがたいせつじゃといわぬばかりの  雛に餌をやる  雛かなんぞの伏せられた  雛などをつけてあった  雛でも飛べる  雛を売る  雛もわたしのではございますが  雛でも売つたらと  雛を手放す  雛の話になると  雛を手放し  雛は前にも申しました  雛を売り  雛の箱と申す  雛と別れる  雛を手放さずにすまうとは思ひません  雛のことも申しては居られません  雛と別れると申す  雛と一しよにゐる  雛を飾りたい  雛の箱が積み上げてある  雛の箱は今夜一晩過ごしたが  雛のことは二度と云ふなと申しました  雛を出して見る  雛も焼けてしまふ  雛は何処へもやらずに  雛の首を玩具にしてゐる  雛を思うと  雛の御前に罷出れば  雛の話声が聞える  雛らしいものを殆ど持たぬ  雛によく肖た  雛がある  雛は両方さしむかい  雛どりの一羽しか見えない  雛はやはりトマトの影に小さな骸をよこたへてゐる  雛を孵  雛が枝から枝へと危っ  雛の瞬くか  雛の幻がある  雛を持つ  雛なども屋根のある  雛まで娘に持たせてやりたいと言って  雛にはぐくむ  雛の黄色い死骸が猫の膨れた  雛がうっかり地面に置いた  雛をはぐくんだりします  雛にしょう  雛がまじっていて  雛は飛ぶ  雛がその母鳥に貰い  雛が土に触れぬ  雛を産むとて  雛の生まれ出るに  雛に害ある  雛もてる  雛をつれて  雛を伴れて  雛競い拾う  雛を生み  雛のうぐひす夕顔に片頬あたへし  雛をいたずらに驚愕せしめ  雛をかざらう  雛のふくみ  雛を大事に羽根の下にかくす  雛を眉根に寄せて  雛の話をしてゐた  雛にくれる  雛などとかけ代った  雛に関する愉快な思ひ  雛を送つた  雛を一対混ぜて  雛が行列をつく  雛といふ  雛の名義の由来はこの紙雛について求むべき  雛ではありませんでした  雛であるから味の鳥としては推奨できない  雛のうちに巣からさらってきたという  雛をのべていたが  雛は解けて  雛の時には無用の長物となり  雛のように見えた  雛は必要のある  雛が何十羽となくその草の間に見えかくれしつつ遊んでゐた  雛が懷かしさうに  雛を育てたからあげようと云ってよこした  雛を一羽取出して  雛をだして  雛を少し大人にした  雛と共に淋しく立ち尽し  雛がぎっしり並んでいた  雛が一ぱいに見えるじゃないか  雛を祝って  雛の形に切りたるなど  雛を煮てあった  雛の姿を模する  雛を連れて  雛の色は黒に白き羽まじりたり  雛に與へ終りて  雛は餌をえてその母を視るごとく  雛とともに巣に休みゐたる  雛を蘇生せし  雛が巣立たうとして  雛を育てている  雛が無遠慮でいるのに  雛をかざりひ  雛のこは狼藉ととがめずや  雛によする  

~ 雛[名詞]1
餌を持出してきて雛に  鶏箱から雛を  そうに笑いながら雛を  間にはさまりつつ雛を  これを雛  私は雛の  鳥が雛を  二羽の雛が  掛物も取りのけて雛を  鶏の雛がと  牝鶏は雛を  而して雛を  数羽の雛とともに  上巳の雛に  二度目の雛を  一人前になって来た雛が  鳳凰の雛でも  餌をねだり続ける雛の  祝に雛を  巣にあみてそだちし雛の  帰つて並べて見ると雛でも  盗人に雛を  #寝顔かな雛の  具して雛を  盗人か雛の  しら鳥の雛  餌を待つ雛の  家鴨の雛が  孵化する雛を  僕は雛などの  三月の雛や  巣に留りて雛を  大層な雛  人並はずれて雛を  白鷺の雛かとも  春が雛の  石田は雛を  日本の雛の  子供が雛の  意味の雛の  淡島堂は雛を  親鳥が雛を  雲雀の雛の  羽翅をひろげて雛を  大事がる雛だけ  三月三日の雛の  色の雛は  小園の雛の  今朝抱いて居た雛が  後についた雛に  綾衣は雛を  雪は雛でも  飛竜の雛が  卵から出たばかりの雛に  好みや雛の  時鳥の雛を  巣をかけて雛をかへ  鶏の雛に  内の雛が  名作の雛にも  私は雛が  いくつかの雛を  よそへ行って雛の  内には雛の  祖母の雛は  膳に雛の  三羽の雛を  三羽の雛が  親と雛が  節句の雛を  家でも雛を  現在オイリと称して雛の  三月の雛の  茶色の雛が  無精卵を抱いて雛を  鶏の雛  我邦では雛を  卵を割って飛び出したばかりの雛  楽ですが雛を  鶏の雛を  孵化して雛に  隣へ雛を  何日目に雛に  此が雛の  雛祭りの雛  後の雛と  羽が生えかけたばかしの雛が  やうにして雛の  五六匹の雛  犬も雛  一対の雛では  これなる雛の  因縁のある雛  ものの預かり雛を  こちらの雛を  うちから預けた雛は  にせものの雛を  内藤小町に思い雛と  古島雛のまがい雛  こちらのまがい雛が  古島雛のまがい雛とかいう  古島雛のまがい雛が  たくさんのまがい雛を  古島のまがい雛を  ただの雛  欲得仕事に預かり雛を  代わりにまがい雛を  子よりも雛の  隠しなすった雛の  なかに雛かなんぞの  閑静な雛の  雛市は雛の  鶏の雛などを  鵞鳥の雛でも  亜米利加人へ雛を  云ふ雛  其処へ雛でも  これが雛の  父は雛を  もとより雛の  内に雛を  何時か雛と  ときまつた雛を  わたしは雛と  総桐の雛の  わたしに雛の  わたしも雛を  すつかり雛も  節句以来見なかつた雛が  晩の雛は  一図に雛を  何処で見た雛  母親の雛を  影に見参らす雛の  故郷の雛に  五壇の雛が  奥に雛は  鳥の雛の  夢は雛を  母鳥が雛に  黄色な雛の  職から雛  鶏の雛が  白衣を着せて雛に  あひるの雛の  スワンの雛  燕の雛が  金の雛を  卵より雛の  未生の雛に  十の雛も  #牝鶏が雛を  母鶏が雛を  交合したり雛を  雛をかざらう雛の  中にゐる雛や  袴の雛の  毎日見てござったは雛  三月には雛などと  昔の雛ばかり  自分達は雛を  者を雛と  真の雛の  カナリヤの雛では  鶏肉は雛  家鶏の雛が  頼信紙の雛を  手をひらくと雛は  幽霊の雛の  カナリーが雛を  押絵の雛が  鶏の雛の  鳥ありて雛を  九〇餌を雛に  己がいつくしむ雛とともに  死せる雛を  鳥の雛が  家鴨の雛を  巣をかけて雛を  三羽の雛は  

~ 雛[名詞]2
その雛  この雛  古い雛  其の雛  小さな雛  小さい雛  大きな雛  どの雛  黄いろい雛  ふと雛  まるで雛  畢竟雛  どうか雛  愈雛  わざわざ雛  どんな雛  殊に雛  もう雛  醜い雛  美しい雛  深い雛  まだ雛  

複合名詞
雛型  雛段  雛妓  夫婦雛  雛罌栗  雛鳩汝  雛はん  雛送り  雛買い  雛子  雛小屋  雛小屋みたい  門雛亀  初代弥生庵雛麿  雛亀  師初代弥生庵雛麿  古紙雛  紙雛  雛芥子  夫雛  雛共  雛鶴一羽  雛二個  雛さま事罪  雛鶯欲  雛棚  雛しら梅  雛市  雛さまいつ  雛さま今年  雛さま春  雛さん処  雛祭り  女雛  一寸立上つて雛妓  雛見物  男雛の  女雛の  結局雛  めおと雛  雛さま  雛一羽  雛道具  雛ども  雛いじり  焼物雛  嵐雛丸  花雛さま  雛様  雛さん  雛妓等  雛妓ら  雛僧  雛ッ子  夕雛  夕雛さん  三月雛  雛妓なぞ  雛ゆづる子  雛はま  雛鳩與  雛一丁  雛目  雛段式  雛衣  男雛  雛っ子さん  瀬川菊之丞芳澤いろは嵐雛  雛っ子  たて雛妓  雛鷲  雛鶏  雛衣満袖啼痕血痕  雛窓太夫  雛窓  雛料理  雛二対  人形雛祭り  小田内通久氏写生薩摩雛  三河雛  雛妓就業届出  これら既成雛妓  巣ぐるみ雛  雛妓たち  猛禽雛  祝い雛  思い人思い雛  思い雛恋  雛恋  思い雛  古島雛  源氏雛  光琳雛  駄雛  女夫雛  雛そのもの  偽物雛  女雛男雛一対  雛詮議  雛造り渡世  注文どおり男雛  契り雛  まがい雛  雛一つ  雛っ子連  雛蛙  蒸汽船雛型持出シ  雛型提示  通雛型  つた蒸汽船雛型  雛児  晩雛  雛屏風  独り雛  桜雛  柳雛  花雛  菫雛  春雨雛  豆雛  いちもん雛  雛鶴  雛たち  雛勇本名  雛勇はん  雛勇さん  妙ちゃん雛勇はん  雛鳩  嵐雛助  雛雀  雛加駁位居是也  雛鶴太夫  雛妓隊  雛妓共  鶏さん雛  鶏雛  雛鶏ア  雛卒都婆  一雛  雛長  紙雛さま  雛樣  紙雛一対  半玉雛太  雛太  踊り子雛太  雛妓め  雛妓三四人  雛妓等先頃  雛妓若千代等  古代雛みたい  竹本雛吉  雛吉  雛二對  雛腹  理想的雛男  云つた雛  雛箱  雛妓かの子  雛妓さん  雛妓さん失業  雛妓マニヤ  雛妓がまこと  雛子たち  雛子姐さん学校何年  雛子姐さん  雛子さん矢  雛子姐さん矢張り  雛段形  木彫雛さくら  木彫雛  雛妓花柳章太郎  古代雛  言つて雛  雛ら  市雛  吉野雛  糸雛  雛母體  雛神  雛僧さん  つて雛僧  妻雛子  夕刻雛子  雛仔  たくさん雛  雛僧たち  



前後の言葉をピックアップ
日泊  ヒドラ  日取り  ヒドリノトキハナミダヲナガシ  ひどれ  雛の節句  雛節句  雛菓子  日名  ひな


動詞をランダムでピックアップ
まいろくわそ捻っわきまえろ染め抜き怒りゃ突きつけよのさあめる追い込めよぎっしばり殖えよかけ合わ聘すれねむり積み立てなりあがっ弱め咲き誇
形容詞をランダムでピックアップ
しおらしかっ狭苦しくっ久しき疎うともかろ有難微笑まし荒くむつかしけれ速いせわしき遅い憎かろ潔きねむたきあだっぽいさびし強い乏しおっかなくっ