「附い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 附い[動詞]
庭の附い  ものが附い  気が附い  紙片の附い  籠の附い  お祖母さんが附い  耳に附い  名まで附い  札が附い  襟の附い  形が雑然と附い  襟垢の附い  小さな紋の附い  鍔が附い  処から生垣に附い  何時までも附い  側に粘り附い  花の附い  奴が附い  男が附い  奥様に附い  沢山目に附い  手垢の附い  地に附い  拍車が附い  器械油の附い  鼻糞の附い  寄進に附い  はりに附い  柄の附い  気の附い  指が附い  短波長送受信機に附い  氣が附い  側に附い  人が附い  ランプが附い  車に附い  來て附い  お家から附い  うしてゐるだけだから、附い  給仕に附い  バルコニーの附い  自分に附い  恰好で、取り附い  マークが附い  国が附い  私は初めて落ち附い  私達は落ち附い  人乳でも落ち附い  私は深く大きく落ち附い  なんなら附い  標識が附い  部屋に附い  糊の附い  両脚に抱き附い  ドルフにしがみ附い  襟に附い  背後に附い  足が附い  通から市ケ谷へ附い  其横に附い  里から附い  音が附い  酌が附い  僕が附い  台所が附い  蛇の目傘を持って附い  南向に附い  是に附い  日本が附い  云ふと、決して附い  大勢に附い  此波に附い  わたしに附い  西奉行所に辿り附い  長太郎とは附い  あたりに響かせながら近附い  置床の附い  印の附い  跡に附い  控鈕の附い  アラカタ見当が附い  説明文が附い  山號が附い  歴山王に附い  買手が附い  身に附い  酔払いは附い  文字に少しも附い  色の附い  糸巻も附い  銀鈿の附い  紙に附い  しるしが附い  五品も附い  大鳥圭介に附い  殘して氷り附い  名が、附い  関東方に附い  関西方に附い  あたしも附い  設備も附い  幾人も附い  掛へべっとり附い  依代の附い  六七人芸妓が附い  前茶屋のだろう、附い  そこへくい附い  私が附い  市女笠持って附い  髪に附い  家に近附い  傍に附い  際限なく附い  浅山夫婦とが附い  火が附い  叔父に附い  もので、少しばかり附い  蟲でも附い  蟲が附い  定紋の附い  一つ氣の附い  から氣が附い  髪の毛がこびり附い  木村は何やら思い附い  赤札の附い  色が附い  急に思い附い  血が附い  血の附い  泥が附い  穏かに取片附い  患者に附い  女の子が、よちよち附い  古びが附い  時に附い  ベタベタと重なり合って附い  三通りは附い  星が附い  雅楽が附い  遲れて附い  裏の附い  方へ近附い  代り立代り近附い  背後から追附い  一候補生に追い附い  私が近附い  のが附い  時代が附い  名が附い  肉が附い  何か附い  手へ附い  大石軍曹も、ようよう附い  指紋はハッキリ附い  踵に附い  指紋がはっきり附い  珊瑚礁に附い  頭に附い  上に附い  窓に附い  刃物が附い  嚢が附い  眉庇の附い  レイスの附い  頭にこびり附い  弁口もあるし、附い  先づ喪章の附い  上流しが附い  名札も附い  ことを思い附い  狐の附い  あとに附い  ヴェランダの附い  一めんに附い  ねじ込み、どうやら少し落ち附い  あなたに飛び附い  ことを思ひ附い  オッポに附い  肩に附い  心にへばり附い  商標の附い  お側に附い  漸次智慧が附い  そこまで附い  どこまでも附い  目方が附い  家まで附い  火の附い  骨ボタンの附い  浅野が附い  池田が附い  木札が附い  道でも附い  後に附い  治に追附い  よう寝附い  眠りに附い  火縄の附い  搦み附い  音に附い  床の間が附い  別当部屋の附い  苔の附い  鉤が附い  産気が附い  心棒が曲りますと附い  方に附い  人だと思うと心細くって、附い  まわりに附い  背後へ出たり、附い  本床が附い  三個ずつ附い  銚子など附い  鎖に附い  螺鑰が附い  はしが附い  花が附い  ぶつちがひに附い  目印の附い  三人が附い  介添に附い  説明が附い  汚染の附い  アニリン染料が附い  チャンと附い  戸棚が附い  一人も附い  唇にからび附い  折紙が附い  着物に附い  電気が附い  寝間にも夜どおし附い  それが附い  肉も少し附い  邸まで附い  物にかじり附い  から、附い  味いに有り附い  電燈が附い  ろで誘ったら、すぐに附い  からだに附い  たじたじと退ったが、附い  診察所に附い  道がまだ附い  目が附い  ランプの附い  握手して、附い  欄干が附い  子に附い  紋の附い  把手が附い  信長に附い  宇都宮から会津と附い  信雄方に附い  氏郷に附い  つのカツラ師が附い  代人として石見守に附い  一同氣が附い  跡から附い  一同気が附い  垢が附い  家に附い  兄貴が附い  親が附い  兄さんと附い  病床に附い  ように附い  雪に附い  香煎の附い  片が附い  私たちに附い  何も附い  内に直に馴染みまして、取附い  から仕方なく附い  一緒に附い  疵が附い  板塀に附い  それへ附い  極りが附い  電燈の附い  身体に附い  祖母が附い  模様の附い  二人に附い  驥尾に附い  船底にぴったりと附い  向うから附い  先きに附い  川に附い  合印しの附い  自分に取附い  娘が附い  たぶらかしに附い  後から附い  難癖の附い  車の附い  爺いさんが附い  見極めの附い  癖が附い  顔の附い  手にしがみ附い  目に附い  顔をして附い  二親揃って附い  序に、ふいと思い附い  駿河台の下まで広々と附い  一しょに附い  工夫が附い  僕も黙って附い  さんに附い  岩崎邸に附い  住居から附い  手紙に附い  本堂に附い  閭は附い  當が附い  先生が附い  物心地が附い  俺が附い  君ちゃんに附い  そこに附い  屋敷に附い  学士に追い附い  役人に附い  旦那が附い  米友さんが附い  日には執念深く附い  手すりの附い  ハズミが附い  女が附い  段取りは附い  顔をして、附い  白カーテンが附い  馬丁とが附い  若い手代とが附い  デコレーションの附い  仕事に取り附い  前歯にへばり附い  僕ら自身気が附い  鯛なども附い  月収にかじり附い  緊密に結び附い  結論にたどり附い  月給にあり附い  わたしも附い  小姓が附い  ムク犬の附い  網を張って、附い  それに附い  そばに附い  場所に附い  頸部に附い  ものが乾き附い  魔が附い  物が附い  全然出缺が附い  後見が附い  駕籠わきに附い  漁師向きに生れ附い  汽関車に取り附い  宰領の附い  左へ廻って附い  おばさん気取りで附い  気で、附い  窓の附い  角度を持って附い  区別が附い  噛り附い  水が附い  私がふと思い附い  一切始末が附い  名前など附い  賞が附い  中は附い  ためにならぬにかかわらず、のんべんだらりで附い  底に滲み附い  ことで思い附い  金が附い  処、ぴったりと引っ附い  帆の附い  光が附い  調べも附い  こっちへ附い  会名が附い  びくさんが附い  所へ附い  大分目鼻が附い  看守が附い  下げ札が附い  別にこれといって落ち附い  部屋が附い  これで附い  家作の附い  曰くいんねんが附い  何時までも取っ附い  旺んであって、じっと落ち附い  人たちに附い  弁信が附い  虫が附い  良人に附い  書に附い  戰國策に附い  下に附い  序録一卷とが附い  母親が附い  燗の附い  諒解は附い  尾に附い  言葉につい動かされて、近附い  粘土が喰っ附い  蝶番に喰っ附い  鳥喰崎に近附い  お前が附い  味が附い  ように、いつもぴったりと附い  家庭に落ち附い  一面に食っ附い  頭巾の附い  選挙ブローカーが附い  女中にくっ附い  乳母さんが附い  縁側が附い  湯殿も附い  ちょっと装飾が附い  飾が附い  裝飾が附い  人々は附い  七兵衛が附い  気になって、附い  おいらが附い  黒幕が附い  乳母も附い  襟とが附い  死体に附い  襟が附い  どっちに附い  つて氣が附い  すじが附い  燒き附い  監視しに附い  兄きに附い  あたしが附い  草に附い  逢つて見たらと思い附い  感覺的に附い  客が附い  字が附い  底にこびり附い  何かヒラヒラ附い  よう見定めが附い  根の附い  此杖に附い  皿に附い  何時までくっ附い  人に附い  方へ附い  権威が附い  袖口が附い  萌黄木綿のきれが附い  世話人が附い  萌黄色のきれの附い  獅子が附い  遁れて来ましたが、へばり附い  神が附い  髪の毛エ搦み附い  分別も附い  私達に近附い  ここに附い  枕元に近附い  からだんだん明るく、力強く近附い  遠廻しに附い  そこらまで附い  所に附い  ぴつたり工合好く附い  徽章の附い  首に抱き附い  感が終始附い  欄干の附い  蔦の附い  二處に附い  老爺の附い  板に附い  結論が附い  やうにひよいと近附い  御台所へ附い  黒点が、離れたり附い  二人が、附い  うちに、附い  拙者が附い  車力が追附い  あとから附い  ために附い  傍には附い  房の附い  胸紐の附い  直義へ附い  誰か必ず附い  観音様が附い  番頭や書き役が附い  嫁入道具に附い  浮出たごとく、浸附い  活仏さまが附い  袋戸棚が附い  レエスの附い  スプリングなど附い  いふ懸賞の附い  わしに附い  端に附い  靴に附い  最初に考え附い  ことを考え附い  泥濘や凍り附い  苔が附い  香味でも附い  ベッドの附い  一枚も附い  保科氏に附い  手が附い  一生けん命にしがみ附い  雨が近附い  ここに治るまで寝かせてくれとすがり附い  ちゃんとあらかじめ附い  耳の附い  わたしが附い  三番目に附い  歯の附い  つて歯の附い  調べが附い  だしの附い  形の附い  渡りが附い  私も附い  ぢあ附い  二年近く、附きに附い  両親に附い  お父さんは附い  父ちやんは附い  これに附い  汚点でも附い  便所が附い  あなたにもやっぱり印しが附い  約束で泣き附い  もう一度自分が附い  角さんが附い  金方が附い  土地に居附い  袖がちら附い  一本道の附い  看護婦が附い  男に附い  考へ附い  蕾が附い  それぞれ双方に附い  見当が附い  ものは附い  刃が附い  君がかうして附い  雁首の附い  近ごろメッキリ得意も附い  厄介者まで附い  馬車に附い  握りに附い  黄金がきら附い  蝋燭が附い  黏り附い  つて樵夫に附い  肖像が附い  太鼓樓まで附い  底が焦げ附い  スポンサーが附い  ホースラディッシュは附い  女は、附い  サラドの附い  宅地に附い  家へ近附い  半襟の附い  扶持が多く附い  小伝が附い  錠前の附い  色気が附い  其死体に取附い  サビの附い  恋々としてしがみ附い  それにかじり附い  調子は如何にも落ち附い  静かで落ち附い  身にぴったり附い  血などは附い  へそが附い  携帯品に附い  吹殼のこそげ附い  浜子さんに附い  あとへ附い  それぞれに文句が附い  のを思ひ附い  何を思ひ附い  私に附い  襟裏の附い  これが附い  マイクが附い  気になってくれと、附きに附い  お嬢さんなどに思い附い  足跡が附い  トットと附い  四人も附い  玄關女中部屋湯殿が附い  畠仕事に附い  鍵穴の附い  後始末が附い  像が附い  細君はふと思い附い  決心が附い  火は附い  氣の附い  目録が附い  名前が附い  紐の附い  手に附い  数よりも多く、そしてその附い  綱こそ附い  姉娘に附い  己も附い  智慧が附い  一人ずつ附い  ところへは必ず附い  摘み手の附い  弦の附い  客火鉢に附い  話が附い  レースの附い  封蝋が附い  一緒に取り附い  血痕が附い  左右に附い  者が附い  頬へ附い  天国様が附い  疵も附い  藁屑が附い  紙帳へ近附い  君も附い  人も附い  頭をゆさぶりながら附い  どこへでも附い  つて静に附い  乳汁の附い  そつと這入つて来て抱き附い  わたしは飛び附い  痕が附い  みな紋の附い  問題は、既に一応片附い  疎らに附い  拍ちあわせて、附い  しろにぴったりくっ附い  出窓の附い  小谷さんに附い  小谷さんが附い  墨の附い  灰皿の附い  長年居附い  惡が附い  手を附い  釣針に附い  空気抜の附い  癖の附い  ナカナカ板に附い  跡がはっきり附い  一本も附い  淵に附い  金縁の附い  先に附い  女等に近附い  弟へ縋り附い  玉子燒などが附い  馬に附い  ものにも附い  御膳ごとに附い  者は附い  音が多く附い  察しが附い  それだって、いつも附い  片方は、附い  壁に附い  舞台裏まで附い  だんだん近附い  ように近附い  徒歩で附い  二人が附い  勇作が附い  お嬢さまに附い  悪い男が附い  人目に附い  勢ひ附い  蟹が附い  紋が附い  草履取が附い  精神に絡み附い  名の附い  それから足が附い  留金が附い  頸環が附い  二人老母が附い  個条書きが附い  健脚とには附い  標準語が附い  茎を持ってそっと引くと、するりと附い  首筋に吸い附い  焼芋を遣るからといっても附い  今年はよく附い  男の附い  彼はあわてて、少しまご附い  絵模様の附い  横に附い  なに美しく生れ附い  急に思ひ附い  生血が附い  鎖の附い  ものがへばり附い  つたタンクが附い  物狂いに喰い附い  此点に附い  方へハッキリ附い  身辺に附い  鉄金具が附い  貼り紙の附い  山へひらみ附い  物には、おりおり附い  密接に結び附い  先づ概論書に取り附い  鼻に附い  方が附い  もんがくっ附い  蛞蝓は附い  自然と絡み附い  物心が附い  娘は附い  しかたなしに附い  庭が附い  釣に行くというので、附い  表紙の附い  小さな目鼻が附い  竪に向いて附い  令嬢も附い  霽波に附い  開き戸の附い  僕は附い  あとは分からずに附い  前書が附い  片言を並べつつ近附い  体へ抱き附い  中に寝附い  扉の附い  藁屑の附い  邊に附い  奧さんとこへ附い  一人團扇を持つて附い  二階には附い  文三気が附い  怖気の附い  ヤッと思い附い  飾りが附い  卓子に附い  飾りの附い  虎井夫人が附い  直ちに秀子に飛び附い  泥の附い  お気が附い  死骸に附い  時忽ち思い附い  時代の附い  道具の附い  鎖が附い  戸に附い  胸へ縋り附い  取り調べは附い  苦痛に噛み附い  水に飛び附い  心が分って居るに附い  幹にしがみ附い  一生でも取附い  手垢が附い  位が附い  此鳴物が附い  塵埃の附い  邊りへ附い  車掌に近附い  かに近附い  立役が附い  砂糖が附い  結晶の附い  跡が附い  六畳の附い  廻しがどうにか附い  苦しみます時傍に附い  紫縮緬の附い  紅が附い  今口紅の附い  今夜は附い  大勢側に附い  目盛の附い  時刻に近附い  真実に近附い  傷が附い  しろへ附い  皿に近附い  から気が附い  鶴見はそう思い附い  通訳に附い  面に附い  一所に附い  折紙でも附い  本質的に結び附い  絵模様がべったり附い  皆わたしに附い  歯に附い  ことに思い附い  尖端に附い  庭口の附い  居間から廊下にかけて、かすり附い  猫板の附い  中庭へ向いて附い  浄瑠璃が附い  風呂場が附い  あとへ小さくなって附い  前までで好いからと言って附い  私は遅れて附い  注釈の附い  死ぬと諦めが附い  病気労れで寝附い  利代に泣き附い  木の葉が附い  何囘と無く思ひ附い  圖氣が附い  嫖客が附い  沢山に附い  方向へ近附い  墓所に附い  折目の附い  後から、附い  住居に居附い  習が附い  習癖が附い  糸房の附い  玄関まで附い  誰にも附い  背後から自転車で附い  それから夫に附い  十分気が附い  一人、しっかりとっ附い  人が来るまで附い  二階が附い  ケチが附い  スッカリ調べが附い  野田武蔵は大いに勢い附い  わしたち三人が附い  酒を飲みたかったら附い  方角に附い  お松に附い  ように、食っ附い  袖にしがみ附い  肉片が附い  父が附い  船に附い  今私が附い  道の附い  長刀を持って附い  公爵に附い  健行も附い  かたがた京都見物をするといって、附い  その他が附い  汚れが附い  毛に附い  金モオルの附い  おれに追い附い  筆数が附い  記要まで、附い  人のあれば、しがみ附い  見当は附い  つて気が附い  ものに結び附い  私は附い  夜などは無論落ち附い  アタマに焦げ附い  習慣が附い  何時も附い  あとで落ち附い  風呂桶が附い  思つて気が附い  枕に噛み附い  食つ附い  床板にへばり附い  伝六が附い  金房の附い  来年に近附い  小書が附い  いくつか附い  土を払って附い  ゆらゆらさせて、離れまいと附い  まむしをこしらえて、とぼとぼ附い  肋骨の附い  灯が附い  極まりが附い  真田紐が附い  門灯の附い  ただとぼとぼと附い  紐が附い  真青に附い  坊さんが附い  面一面に附い  把手の附い  垣根にぴったり附い  都合が附い  土蔵が附い  養父に附い  素足でぴちゃぴちゃ附い  髷が捩れて附い  令嬢が近附い  一つも附い  光背にだけ附い  そへて附い  イボイボの附い  お前はなぜ附い  佶が附い  途中で追ひ附い  下にでも附い  持口に附い  戸口の附い  路次に附い  心元ないので、附い  角に附い  手附が附い  一歩跡を附い  威圧せられて、附い  扶ける振をして附い  跡が、くっきり附い  背後からむずと組み附い  小道具が附い  壺に附い  気が附けば、附い  さっき気が附い  手すりだけ附い  酒を飲ましたり、かじり附い  手配が附い  舟木にかじり附い  僕に飛びかかって、むしり附い  腕に附い  肩にまで飛び附い  僕たちに附い  笹縁の附い  キーが附い  序文が附い  二つ重なって附い  すべて下へ附い  将士千八百粛々として附い  竹格子の附い  品は附い  鼠が附い  誰だって察しが附い  おらが附い  箱から糸房の附い  圖思ひ附い  幾つも附い  蔕の附い  私達に附い  抽斗の附い  藁草履を穿いて黙々と附い  附箋が附い  道理だ、と勢い附い  紙が附い  毛皮の附い  ふちに、ほんのり附い  船印の附い  専門家が附い  胸にへばり附い  のを喜んで、すぐに附い  格子子の附い  跡から見え隠れしながら附い  女はやはり附い  切りに附い  ボタンが附い  寢ながら附い  足元から火が附い  腰に抱き附い  気は附い  石にかじり附い  いくつも附い  山から出て附い  心持が附い  仏心が附い  把柄の附い  黄螺が附い  



前後の言葉をピックアップ
搗い  点い  付い  つい  撞い  ツイ  接い  継い  嗣い  告い


動詞をランダムでピックアップ
すぼまるかち聞きつける篩っつくり出し歎ぜ浮べんたおはばむあしらう捜し求めるなんなんとす馳せ参ずるいため入れ違う和んため込む伺おたちかかっ拠ろ
形容詞をランダムでピックアップ
黒っぽい古臭い堆い普きたわいな執念深き堆しふるう青白く情なき気軽いくらい人間らしからかよわしそぐわない焦れったく清けれ難しかろ憎々しいか細い