「長閑」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

長閑[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
長閑な美しい声に結ばれて  長閑な雲のように微妙な線を張って歪んでいた  長閑な海を眺めながら  長閑に響いてゐた  長閑に話したり歌ったりして  長閑に先へ歩いて行った  長閑に話しながら歩いて来る  長閑になる  長閑な月日を送った  長閑な形で聞えています  長閑な心地がする  長閑にお経を見ている  長閑にしてゐる  長閑な海の上からは朝漁に出発する  長閑なお茶を呑む  長閑に春めく  長閑に立ち上つてゐた  長閑なところがあった  長閑に桜も見で逝きませしか  長閑な煙りが  長閑な村の景色を眺めると  長閑な小春の日影がもうかなり西に傾いていた  長閑な貌様を呈して来る  長閑にからかふ  長閑に聞えて  長閑な凧のうなりは  長閑な楽い  長閑らしく落ちる  長閑だつたのにもよるだらうが  長閑な陽を仰いで云った  長閑に生活し  長閑に臼をひく  長閑に聞こえてくる  長閑な笑い声を立てると  長閑な顔が見たい  長閑に行われていた  長閑に団欒して  長閑に聞える  長閑に棚引いてゐるだけだつた  長閑な朧夜の霞みの  長閑に喉をころがして居ります  長閑な景色は至る  長閑な世間話を語りだす  長閑な事をいうと  長閑に歌を唄い出した  長閑な会話をとり交して歩いてゐても  長閑に話していた  長閑な心持であたりの様子を眺めている  長閑に立っている  長閑な日光が輝いてゐた  長閑なような心持もした  長閑な東山の景が顕はれ  長閑な世間のどよめきが聞えて来る  長閑に河面に響かせて  長閑によしきりが鳴いている  長閑な趣はある  長閑な欠伸でも出  長閑な階律を刻んで居る  長閑にダラダラと時が流れて行く  長閑なる風のかほる景色に見惚れて  長閑な心持になれよう  長閑に紅茶を啜りおるのみ  長閑な気分になりきってゐたにちがひない  長閑な雲のように美妙な線を張って歪んでいた  長閑な気持になってきます  長閑な博多東中洲の野菜畑の間を縫うて行く  長閑な春の小川を降る  長閑な印象をよく表現し  長閑に舞ったり歌ったりしている  長閑に見えた  長閑に枕にひ  長閑なくらしをする  長閑な春の日が涯てしもなく続き初めたので  長閑な顔をしていた  長閑に水車が回りはじめた  長閑な橋になり  長閑な一夜の睦言を遂げさせたい  長閑かな励みが見られるなど  長閑に味わいたい  長閑な間柄が恋ひしくな  長閑な淀み  長閑な話をつづけた  長閑に思われる  長閑な気色が次第に御ところから消えて行く  長閑な村の景色を眺めてゐる  長閑な様を歌ふには  長閑な樣を歌ふには  長閑に打たせていた  長閑な春の歌を唄っていた  長閑な光景は見えず  長閑ではありませんか  長閑に聞こえ  長閑にし  長閑かと見える  長閑なのでどこかとほいとほい  長閑なる流し目を送り  長閑さうな会話を選んで  長閑な陽炎が立つ  長閑に反応させてゐる  長閑に感ぜ  長閑なるに似ず  長閑に感ぜられず  長閑な霞のきれ  長閑な好い情趣のものに定つてゐるが  長閑に煙草を吸った  長閑にして  長閑に眠っている  長閑な気分に満ちていた  長閑な気持になりましてな  長閑に吸い  長閑な夢を誘ひ  長閑になつた暑つからず  長閑な昔がたりのようにきこえる  長閑な風が送られてきて  長閑なものに思われ  長閑に銀粉を刷いた  長閑に烏鷺を戰はしてござる  長閑に暮らしていた  長閑な行楽的な気分が漂っていた  長閑かにこの世を送っている  長閑に出来ないと云われる  長閑にそろうてゐるばかりで  長閑な芝生の隅で青年は故国の草葺の屋根からの便りを展いてゐました  長閑かに鍬を使う  長閑な日の舌に染むかと笑いかけた  長閑な機の音に送られて  長閑な景色でいながら  長閑な天と湯氣のやうな陽炎を身のまはりに深々と感ずるので  長閑な天と湯気のやうな陽炎を身のまはりに深々と感ずるので  長閑な日和だと祝し合いたい  長閑に編物などを弄る  長閑らしく梢の間を消えてゆきます  長閑なはなしをした  長閑とあけそめていた  長閑になり  長閑にきこ  長閑なアカデミアンになる  長閑な平和な日を育って行った  長閑な気分になる  長閑な様子で現われると  長閑に吐き出される  長閑な哀調に富んだ  長閑にきこえてくる  長閑にほほえみ  長閑にあたっていた  長閑な吹雪の下に葬られてゆく  長閑な心持を早くも失わんとしつつある  長閑かな春がその間から湧いて出る  長閑に槌を鳴らし  長閑に消えつつ  長閑なヘチマのやうにぶらついてゐるのに  長閑な日を悠々と此處に暮して  長閑に舞っている  長閑な会話者であるかのやうな表情を浮べてゐた  長閑な姿で鳥を追ひ込んでゐた  長閑な微笑が漂ふてゐた  長閑な光に溶けこんで  長閑でかぎりなき憂鬱のひびきをもつてきこえる  長閑な空には一羽の鳶が諧調的な叫びを挙げながら  長閑に笑ひながら  長閑な村がある  長閑な響きではあっても  長閑に一服吸うて  長閑な世界となった  長閑に眼を視  長閑な道化役者の心をもつてきく  長閑な道化役者の心をもってきく  長閑に光っている  長閑なお茶を呑むなり  長閑な住居にいる  長閑に暮らせたら  長閑な笑い声を聞いていると  長閑にボツボツ歩いて行く  長閑と云っても  長閑かに廻り  

~ 長閑[名詞]1
鶯の啼き交わす長閑  私たちは長閑  陽気な長閑  気分を感じ長閑に  真とに長閑  何時までも長閑に  日ねもす廻っていた長閑  肩上げをした長閑  母や長閑に  霞むともなくうらうらと晴れ渡った長閑  ところを長閑にからか  聲が長閑に  ポトーリポトーリと長閑  内には長閑に  三味線が長閑に  ひとつの長閑  地へ長閑に  日常のくりかえしが長閑に  音が長閑に  厭に長閑に  斯んな長閑  ような長閑  曲節も長閑に  正月らしい長閑  実にも長閑  今も長閑  やうな長閑  片田舎だけに長閑  メロデーを長閑に  どこやらに長閑  ちゃぶりちゃぶりと長閑  震災地とは思われない長閑  国の長閑  差当っては長閑  留守居して長閑に  世間並に長閑  家も長閑  揚雲雀も長閑  春の長閑  浪の長閑  のが長閑に  すべてが長閑  そうな長閑  節も長閑に  一筋の長閑  百姓衆の長閑かな  のは長閑  板谷との長閑  夜半過ぎて長閑  無邪気に長閑  陽炎が燃えるごとく長閑に  話を交しながら長閑  平和な長閑  何んと長閑  声が長閑に  世を長閑に  無尽蔵に長閑かと  一つの長閑  女に長閑  ところは長閑  地面から長閑  唸りを長閑に  時節は長閑に  歌前半の長閑  後半は長閑に  やうに長閑  話を長閑に  水は長閑に  宴よりも長閑  姿も長閑  心にも長閑  これも長閑  野面を渡る長閑  人々が長閑に  小春日和の長閑  縁日らしい長閑  見物も長閑に  音ばかりが長閑に  声が長閑か  立ち昇る煙りまでが見るからに長閑  横になりながら長閑  春を長閑と  聞ときは長閑に  世は長閑  読書をするといふほどの長閑  うちに長閑  今年の長閑に  心もち震えて長閑に  理解しつくしたもののごとく長閑に  肉体は長閑  桶匠は長閑に  なほ吹き鳴らし吹き鳴らし長閑に  何時も長閑  それは長閑  友と長閑  上を長閑に  晩の長閑  二月下旬の長閑  三月下旬の長閑  声のみ長閑  合間でも長閑に  花びらが長閑  寛大さをもつて長閑  寛大さをもって長閑  朝陽が長閑に  隣室の長閑  平和で長閑  水車は長閑かに  樋匠は長閑に  

~ 長閑[名詞]2
何だか長閑  酷く長閑  まったく長閑  如何にも長閑  ない長閑  なく長閑  その長閑  頓に長閑  至極長閑  わざと長閑  何と長閑  実に長閑  まるで長閑  小さく長閑  そんな長閑  あまり長閑  至って長閑  何となく長閑  いつも長閑  この長閑  てひどく長閑  只長閑  まことに長閑  極めて長閑  やがて長閑  こんなに長閑  あんまり長閑  なるべく長閑  あまりに長閑  漸く長閑  美しく長閑  ある長閑  さうな長閑  時には長閑  いかにも長閑  おもしろく長閑  ふさわしい長閑  やはり長閑  あの長閑  とても長閑  こんな長閑  あんなに長閑  一見長閑  どんな長閑  

複合名詞
長閑気  長閑さ  長閑そう  心長閑  乍ら長閑  正月ア長閑  長閑さうに教  大変長閑  長閑げ  なだれ長閑  春日長閑  毎日長閑  天地乾坤自ら長閑  きり長閑  口々長閑  終日長閑  程長閑  ば余り莫迦げた長閑さ  ろ長閑  ぱりした長閑さ  空長閑  たる長閑  長閑さうに  



前後の言葉をピックアップ
能登部  ノトリアス  ノトーリアス  ノド    のどか  長閑け  のどけ  のどけから  長閑けき


動詞をランダムでピックアップ
分から吹き出しむす見下ろさ通い含ま送り届ける見すかすもめよ辿りたよれ立ちどまっいきとどい譏るつまみあげる起あがる釈けるおきとって返すはらえ
形容詞をランダムでピックアップ
珍しから若し気忙しい初々しかっ新しから手重く正し狂わしゅう人間らしけれ泥臭くすくな乳臭く賢けれったらし篤からいたけれなみだぐましき小憎らしかっ蒼から喧しき