「酔う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 酔う[動詞]
こゝろよく酔う  たかつた、酔うた、酔う  私は心地よく酔う  昨夜は快く酔う  ひさしぶりに飲んだ、酔う  程度ぐらいにふざけて酔う  招待する、酔う  樹明君が来た、酔う  コツプ酒に酔う  脱線しないでよかつた、酔う  酔ふた、酔う  五月九日晴、酔う  さんと酔う  気にかけてゐる、酔う  鮨を食べる、酔う  買つた、すこし酔う  何だか遣りきれなくて飲む、酔う  焼酎をよぶ、酔う  山頭火は酔う  亡者として、酔う  やうに酔う  樹明、だから酔う  私が酔う  事を思ひだす、酔う  喧嘩をする、かれは酔う  本は安い、酔う  気持よく飲んで酔う  庵、飲んで、出かけてまた飲んだ、そして酔う  例の如く酔う  私は酔う  先夜、酔う  山口へ行く、酔う  散歩する、ほどよく酔う  酒盃をとりかはす、すこし酔う  三味線的情調に酔う  山口へ行く、飲んで酔う  散歩、酔う  店でまた飲む、酔う  一升近く呷つたらう、酔う  眼が覚めた、起きて何やかや片づける、酔う  さんも来てくれた、酔う  買つて貰つた、気持ちよく酔う  チヤンポンでおもしろく飲んで酔う  夕方、酔う  酔ふことも酔う  飲べ酔う  香りも無い、酔う  歌に酔う  おいおいガンベ、酔う  酒に酔う  見境いなしに喰い、酔う  数学博士も、酔う  愛に酔う  昼間から美味に酔う  ウイスキー十杯で酔う  生活に酔う  人力車に酔う  喜びに酔う  Kさんが酔う  大分いけて、ほろりと酔う  鈴木がまだ酔う  彼れは酔う  私は酔うと、ひどく酔う  方では酔えば酔う  音楽に酔う  どこまで酔う  美に酔う  陶然として酔う  恋に酔う  白酒で酔う  酌で、いや、承っても、はっと酔う  いまに酔う  何分か酔う  法、飲まずに酔う  金鯛にも酔う  腰元とみえ、酔う  手前は酔う  お十夜は、酔う  僕が酷く酔う  うちに酔う  ところは呑むなり酔う  彼は酔う  歓喜に酔う  人は酔う  喰べ酔う  我意栄耀に酔う  張飛は、すこし酔う  楽しみに酔う  腰をすえていたが、酔う  勝利に酔う  伊沢もかなり酔う  立小屋に酔う  上戸は酔う  ので酔う  威力に快く酔う  車に酔う  彼自身の自惚れに酔う  草鞋穿くほろほろ酔う  波がおしよせて酔う  一度だけだが、酔う  文華に酔う  豪奢に酔う  倉地が、こんなに酔う  自分に酔う  平岡は酔う  管絃に酔う  感触に酔う  今夜は酔う  酒ばかりに酔う  つた、快く酔う  さとで、ほどよく酔う  云出し兼ていたが、酔う  処、つい酔う  のだよ、酔う  愚痴をいうな、一寸酔う  おれが酔う  それを飲んで酔う  愉快な、酔う  光栄に酔う  Oは酔えば酔う  ためには、いささか酔う  五合分位に酔う  監督は酔う  飲み代に足りないから、いかにして早く酔う  小量で酔う  田中は早く酔う  ためでなく、酔う  白雨さんは、酔えば酔う  のんだが、酔う  酒乱で、酔う  のんではいけません、酔う  気持よく酔う  大分、酔う  甘酒に酔う  香に酔う  ように酔う  感じに酔う  間の山節を聞いて、酔う  霞に酔う  波に酔う  労れて、酔う  はなしを一寸すればこんなに酔う  日々日斜にして空く酔う  機械的に飲んでも、酔う  もっとも、酔う  阿片に酔う  何物かに酔う  神、酔う  俺あ酔う  お酒に酔う  酔は醒めたれども、酔う  いふよりも酔う  此地方では酔う  放哉坊を思ひ出さずにはゐられない、酔う  本当だ、酔う  いふ場合には酔う  郷ちかく酔う  味ふほどに酔う  子供だらけだ酔う  合つた、ほどよく酔う  身心にしみわたる、酔う  さの酔う  冬村君御馳走でした、酔う  カフヱーへ、酔う  つた、酔う  夜明けらしいのですぐ起きる、酔う  いつしよに、だいぶ酔う  帰庵して、すこし酔う  みんなほどよく酔う  酒だ、酔う  一升買つた、酔う  つた、たいへん酔う  早天、酔う  お父さんは酔う  己りゃ酔う  お前様、そんなね酔う  のじゃ、いくら酔う  一漁夫に過ぎぬけれど酔う  恭三は酔う  いで食べ酔う  美辞麗句に酔う  小田原で酔う  船に酔う  弁に酔う  から、酔う  所に、ふと酔う  酒をやめるには及ばないが、飲んだら酔う  これで酔う  酒に食べ酔う  美感に酔う  癖で、酔う  自己眩惑に酔う  ふうだったし、酔う  ポーッと酔う  筆者自身が酔う  日になると酔う  処を通りかかりましたが、酔う  酒間、酔う  あなたはもうお止しなさい、酔う  さに酔う  海に酔う  大観に酔う  男で、酔う  血に酔う  のであったが、飲めば必ず酔う  男は酔う  言葉はあるが、煙りに酔う  ふだんはそんなに酔う  舟も酔う  うつとりと酔う  快感に酔う  空想に酔う  二人は、好い加減酔う  幸福感に酔う  情に酔う  酒を好み、酔う  勝利とに酔う  快感に些か酔う  何をか語りしと問えど、酔う  款を尽して飲むほどに、酔う  真赤に酔う  平吉はただ酔う  憚からぬ酔う  月とに酔う  わしは酔う  悦びに酔う  心持ちに酔う  奈良漬に酔う  好物で、酔う  歓楽に酔う  憲一は酔う  振舞酒に思い切り酔う  座さへ酔う  粋花居へ、よばれて酔う  気がした、話すほどに飲むほどに酔う  みんないつしよに飲む、酔う  払ふ、そしてほどよく飲んで酔う  ためだらう、たいへん酔うた、酔う  労れて酔う  幸にして酔う  中原君は酔う  どちらも酔う  北村は酔う  通りに酔う  牝豕ほど酔う  主人は快く酔う  復た酔う  酒も酔う  ことがあらあ、酔う  こっちが酔う  昆布茶なんぞに酔う  芸術に酔う  哲学に酔う  先から心は酔う  心を酔う  百花に酔う  彼自身それに酔う  適度に酔う  差控えたが、酔う  好きで酔う  たしかに酒に酔う  大好きで、酔う  どこで喰い酔う  マッサアジに酔う  性に酔う  味よりも主として酔う  胴上にしたじゃないかくらい、酔う  委員会席上で、あんなに酔う  心も奪われて、酔う  局外者として、酔う  事を禁じられたごとくに、また酔う  片目は、酔う  好きだった、というより、酔う  草を食うと酔う  男、酔う  おれは酔う  相手の酔う  二本だけ飲もうと、そう思っていると、つい酔う  媚態の甘やかさに酔う  者は酔う  時に酔う  魚は突然光りに酔う  酒をとうべて、たべ酔う  八十馬は、酔う  長谷部大尉は、酔う  闘牛に酔う  かい夕日につまされて、酔う  春風にでも酔う  気もちに酔う  から気軽く酔う  やうではあるが、酔う  つた、酔うたよ、酔う  術に酔う  ことで酔えば酔う  のを見て酔う  酒癖が悪くて、酔う  どこで飲もうと、酔う  相手なら、酔えば酔う  かごに酔う  二人とも酔う  うちから固唾を呑んで、酔う  楽みに酔う  口でありながら酔う  美禄に酔う  お湯に酔う  茶屋酒に酔う  うから、酔う  時でもやはり酔う  ぐたぐたに酔う  風で、酔う  十分に飲め、そうして大いに酔う  酒を飲みに来、酔う  ためには、酔う  男だが、酔う  ツキアイで酔う  牧野信一は酔う  ムリに酔う  ふだんは、酔えば酔う  好きで、酔う  上がすこしよくないので、酔う  月に酔う  歓に酔う  音楽は酔う  ユリは酔う  それで酔えなければ、酔う  肉に酔う  幸福に酔う  自然に酔う  さいしょから、しきりに言っていたが、酔う  流れを飲んで酔う  人も酔う  花が垂れ下がって酔う  酒は、酔う  酒を飲んだが、本当に酔う  祝酒に酔う  



前後の言葉をピックアップ
ヨイヨイ  ヨイヨイヨイ  ヨイヨイヨイサ  ヨイン  余韻  よう  よう      善う


動詞をランダムでピックアップ
送り出そ売り付けよ連添わ護っいきる増さり甦る当てこん引っ掻きうりだす酔いつぶれるおどりかかろ誤魔化し隣合っ行ぜよ霞む暮れ吹き払おゆわえつけ受流さ
形容詞をランダムでピックアップ
狭しかくこのもしく若しせまい度し難し間近うつめたかっ永かっ脆う善し白々しくまだるっこやかましき愛くるしくおそく眠た嘆かわしい面白かろ目映