「選ぶ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 選ぶ[動詞]
反対を選ぶ  どっちを選ぶ  過程を選ぶ  何を選ぶ  言葉を選ぶ  脚本を選ぶ  材木を選ぶ  罐づめでも選ぶ  案内者として選ぶ  袂などを選ぶ  ところを選ぶ  名前を選ぶ  特にそれを選ぶ  ことを選ぶ  善を選ぶ  ものを選ぶ  代表者を選ぶ  父母を選ぶ  私は、だから選ぶ  自分で選ぶ  型を選ぶ  友を選ぶ  ほうを選ぶ  さかなを選ぶ  浄不浄を選ぶ  娘を選ぶ  われわれの選ぶ  場所を選ぶ  道を選ぶ  自動的に選ぶ  はじめから電子本を選ぶ  自分が選ぶ  我等の選ぶ  本を選ぶ  一篇を選ぶ  そのまま対象として選ぶ  味噌を選ぶ  方を選ぶ  なんの選ぶ  職業を選ぶ  おのおのが選ぶ  道として選ぶ  ために選ぶ  中から書籍を選ぶ  気もちが選ぶ  西洋画と選ぶ  文を作れば、その選ぶ  テーマを選ぶ  種を選ぶ  材料を選ぶ  どれを選ぶ  気儘に選ぶ  自然が選ぶ  木切れを選ぶ  のを選ぶ  どちらを選ぶ  何方を選ぶ  ここを選ぶ  所謂総合評論雑誌を選ぶ  母を選ぶ  自然を選ぶ  いずれを選ぶ  特に関心し、選ぶ  世界を選ぶ  何れかを選ぶ  政党を選ぶ  党を選ぶ  道具を選ぶ  首領を選ぶ  便宜主義から日本を選ぶ  類を選ぶ  住居に選ぶ  二つを選ぶ  三更とを選ぶ  筆を選ぶ  応接室と選ぶ  碁会所と選ぶ  待合室と選ぶ  立場を選ぶ  航路を選ぶ  降伏を選ぶ  それを選ぶ  当時ベストメンバーを選ぶ  死を選ぶ  時を選ぶ  社員を選ぶ  人を選ぶ  図画と選ぶ  世に選ぶ  いふ発表方法を選ぶ  後者を選ぶ  いずれかを選ぶ  人たちをどうして選ぶ  人間として選ぶ  彼等の選ぶ  君を選ぶ  かいを選ぶ  陸地から選ぶ  徒と何ら選ぶ  題材ばかりを選ぶ  山越えを選ぶ  曹操の選ぶ  女房を選ぶ  不幸を選ぶ  ッちかを選ぶ  幾何かを選ぶ  食器を選ぶ  日を選ぶ  手段を選ぶ  これを選ぶ  場面を選ぶ  自由に選ぶ  課題を選ぶ  方法を選ぶ  毒薬死を選ぶ  子供であろうと選ぶ  長所を選ぶ  別にわざわざ選ぶ  ものと選ぶ  名を選ぶ  友人のいくたりかを選ぶ  ミイラと選ぶ  話題を選ぶ  自分がそのいづれを選ぶ  労働者を選ぶ  どちらかを選ぶ  柄を選ぶ  個人を選ぶ  国民は選ぶ  無抵抗を選ぶ  お客を選ぶ  顔だけを見て選ぶ  ニッポンを選ぶ  恋人を選ぶ  女を選ぶ  処を選ぶ  最後に選ぶ  戦備なければ選ぶ  アトツギを選ぶ  中から一つを選ぶ  彼が好んで選ぶ  夏期を選ぶ  交を選ぶ  題材を選ぶ  蚤も選ぶ  禽獣と選ぶ  意見をきいて選ぶ  者を選ぶ  読者は選ぶ  機会を選ぶ  門と選ぶ  時刻を選ぶ  バスを選ぶ  人間であろうと選ぶ  三冊を選ぶだけで、その選ぶ  題目を選ぶ  そつちを選ぶ  王子として選ぶ  線を選ぶ  苗を選ぶ  連中とほとんど選ぶ  境と選ぶ  何の選ぶ  徒歩を選ぶ  死に場所を選ぶ  概念として、選ぶ  其中心問題として、選ぶ  好敵手として選ぶ  像を選ぶ  草を選ぶ  大衆作家を選ぶ  一ツを選ぶ  聟さんでも選ぶ  者と選ぶ  於て選ぶ  大統領を選ぶ  村長を選ぶ  三者中いずれを選ぶ  三者中孰れを選ぶ  善悪美醜を選ぶ  資格を選ぶ  繼承者を選ぶ  わたしには、選ぶ  二者いずれを選ぶ  種子を選ぶ  相手に選ぶ  時候を選ぶ  湯殿を選ぶ  座席を選ぶ  群集を選ぶ  乗客の選ぶ  女王を選ぶ  王様を選ぶ  自分の選ぶ  相手を選ぶ  代表作を選ぶ  人物を選ぶ  横田さんを選ぶ  妻とを選ぶ  種類が沢山あって一々選ぶ  才蔵を選ぶ  ただ死を選ぶ  わしが選ぶ  地を選ぶ  観瀾亭あたりを選ぶ  方角を選ぶ  細筆を選ぶ  客を選ぶ  先に選ぶ  出版屋を選ぶ  学校を選ぶ  子供を選ぶ  仕方を選ぶ  一首だけ選ぶ  お婆さんの選ぶ  どれかを選ぶ  一室と選ぶ  木を選ぶ  上演脚本を選ぶ  宰相の子を選ぶ  方向を選ぶ  場合普通に永楽通宝を選ぶ  紅茶を選ぶ  曲目を選ぶ  一つを選ぶ  役割を選ぶ  それとほとんど選ぶ  蔭を選ぶ  彼が選ぶ  しろ死を選ぶ  娘を望み選ぶ  着物を選ぶ  話題に選ぶ  良人に選ぶ  句を選ぶ  題を選ぶ  のと選ぶ  謙遜して選ぶ  地点を選ぶ  貴族的であれ、さらに選ぶ  だれを選ぶ  彼らは選ぶ  乗組員を選ぶ  數曲を選ぶ  ブルジョアを選ぶ  拙者の選ぶ  好みで選ぶ  男を選ぶ  翻案を選ぶ  暇仕事を選ぶ  臣を選ぶ  作品と選ぶ  委員を選ぶ  香水を選ぶ  其方随意に選ぶ  一、選ぶ  応接室を選ぶ  動物と選ぶ  人生の意義に徹すれば選ぶ  妹を選ぶ  處を選ぶ  飾り窓と選ぶ  小児と選ぶ  寒気と選ぶ  態度と選ぶ  婿に選ぶ  夫を選ぶ  表現手段として選ぶ  大通りばかりを選ぶ  経験的直観と選ぶ  上演目録を選ぶ  一本を選ぶ  ベッキイと選ぶ  新に選ぶ  小国より選ぶ  ちの方を選ぶ  相手として選ぶ  夫に選ぶ  下座を選ぶ  種類など選ぶ  まり水と選ぶ  配偶を選ぶ  楽想を選ぶ  特派員を選ぶ  殊さらに選ぶ  烏帽子親を選ぶ  女にも選ぶ  墓銘を選ぶ  決断を選ぶ  場合と、選ぶ  昔を選ぶ  聖母を選ぶ  男性を選ぶ  主人公に選ぶ  容器を選ぶ  結婚のあいてを選ぶ  対象を選ぶ  うちから九人を選ぶ  性質のものを選ぶ  商売として選ぶ  趣味のものを選ぶ  大根を選ぶ  手続きを選ぶ  何れを選ぶ  問題を選ぶ  理論物理学を選ぶ  事物を選ぶ  社長を選ぶ  腸を選ぶ  聴取を選ぶ  プラタヌスを選ぶ  美は選ぶ  乞食と選ぶ  死所を選ぶ  晦渋を選ぶ  鋸を選ぶ  さを選ぶ  父を選ぶ  一つずつ選ぶ  研究実験に選ぶ  天候を選ぶ  場末を選ぶ  自殺行為と選ぶ  しろ破壊を選ぶ  天皇の選ぶ  余を選ぶ  雑品でなくば、選ぶ  品を選ぶ  茶器に選ぶ  乗院を選ぶ  敵として選ぶ  敵に選ぶ  借家を選ぶ  何職業を選ぶ  住居を選ぶ  研究題目を選ぶ  犬を選ぶ  其種類を選ぶ  称名を選ぶ  一を選ぶ  処に選ぶ  書を選ぶ  ものか、を選ぶ  新刊を選ぶ  一篇をも選ぶ  三河万歳と選ぶ  ステッキを選ぶ  宝石を選ぶ  目で選ぶ  宿屋を選ぶ  中から尊者を選ぶ  後嗣に選ぶ  昔と更に選ぶ  カネ万を選ぶ  さに選ぶ  ポデスタを選ぶ  聟を選ぶ  逃げ口に選ぶ  夜を選ぶ  字を選ぶ  家相を選ぶ  相性を選ぶ  代表者として選ぶ  ベイを選ぶ  キャッキャッ団を選ぶ  方から選ぶ  島を選ぶ  変名ばかり選ぶ  加減を選ぶ  んですから、選ぶ  シナリオを選ぶ  一カ所を選ぶ  汝いづれを選ぶ  意志を有し、いづれをも選ぶ  作品を選ぶ  定義を選ぶ  上演目録に選ぶ  宣言と選ぶ  馬を選ぶ  道程を選ぶ  誰しもが選ぶ  庄左衛門と選ぶ  三を選ぶ  光景と選ぶ  仔を選ぶ  商売に選ぶ  感心して選ぶ  アリアン族を選ぶ  自殺を選ぶ  対象に選ぶ  制作に選ぶ  ひとの好んで選ぶ  議員を選ぶ  コオクを選ぶ  余生を選ぶ  なる子を選ぶ  大道商人と何ら選ぶ  女子を選ぶ  処とを選ぶ  所業と選ぶ  夜遅くを選ぶ  上品を選ぶ  人も選ぶ  形を選ぶ  良名を選ぶ  随意に選ぶ  画題を選ぶ  名作を選ぶ  途を選ぶ  死所として選ぶ  場所だとして、進んで選ぶ  言語を選ぶ  君は選ぶ  効果を選ぶ  画家を選ぶ  色彩を選ぶ  間に選ぶ  夕方を選ぶ  雪を選ぶ  審美眼で選ぶ  對象として選ぶ  テンを選ぶ  粹を選ぶ  円タクを選ぶ  かたを選ぶ  



前後の言葉をピックアップ
選び出す  選びだせ  選び出せ  選び出そ  エラフォミケス  択ぶ  撰ぶ  エラブ  えらぶ  豪物


動詞をランダムでピックアップ
とりしまり詰寄る採り入れ遠ざけ吹き出す流れ込み感じ取れとどく担お逃げ惑う連れ出す差掛っゆきとどい落ち延びる惹けてらえむせかえる当てこすり反れ寝入ろ
形容詞をランダムでピックアップ
人なつこい物淋しこわし数多う難く好もしい畏し望ましかっいたわしい弱くよそよそしいすばらしええなくっ物足りなくあくどし弱々ししつこし